CoCoSiA(ココシア)

「いつの間」はどういう意味?「いつ...(続き2)

しかし、忙しい人は、やるべきことを沢山抱えていますので、「もっと時間が欲しい」と思いつつ、時間の経過を早く感じるのです。

時間の経過を早く感じる人には、次のような例があります。

・色々な人との関わりの多い人。
・周りの人の存在を何時も気にかけていて、「自分の人生は周りの人のお蔭」と考える人。
・責任感の強い人。
・人生を大切に考えて、一日一日の生活を有意義に過ごすことを心掛けている人。

このような人は、時間を大切に考えていますので、時間の経過を早く感じる傾向があります。

忙しくてやることがたくさんある


忙しくてやることが沢山ある人は、一日「24時間では足りない!」と感じています。

ですから、忙しい合間に時間の経過を振り返って「いつの間に?!」と思い、慌てることがあります。

常に忙しい人にとっては、時間は早く過ぎていきます。

一方、暇な人にとっては、時間は遅く流れていきます。

時間は、その人の生活スタイルに応じて、早く過ぎたり遅く流れたりするのです。

時間の経過する早さは、人によって感じ方が違います。

忙しい人の口癖は、「時間に追われている」です。

忙しい人は、仕事の進み具合と時間の流れとで競争し合っているため、「いつの間に?!」と感じながら、時間に“追われて”いるのです。

一方、暇な人は時間を持て余しているため、時間の経過を遅く感じています。

暇な人にとっては、時間は“遅く”過ぎていきます。

しかし、忙しい人にとっては、時間は“早く”流れていき、「いつの間に?!」と感じるのです。

ことわざにある「光陰矢の如し」とは、何時も忙しく感じながら、時間に追われて物事を解決している人を表わしています。

忙しくて、やることが沢山ある人は、様々な物事をタイミング良く解決に導くために、時間と競争しています。

時間と競争している人は、人生の中で色々な経験を積み重ねています。

忙しい人は、世の中の様々な場面を乗り越えてきているのです。

いろいろな経験があり、世の中のことが大体分かっている

忙しい人は、世の中の色々な場面を乗り越えてきていますので、“見聞の広さ”が身に付いています。

見聞の広さが身に付いていることは、世の中の仕組みなど色々な事が分かっていることを意味します。

色々な経験から、見聞の広さが身に付くことで、世の中のことが分かり、物事への的確な判断力が備わってきます。

的確な判断力が身に付いている人は、周りから信頼される立場になっていきます。

周りから信頼されることで、色々な仕事や相談事が来るようになり、忙しくなります。

色々な物事に追われ忙しくしている責任感の強い人は、目の前の物事を解決するために、時間を忘れて打ち込みます。

目の前の物事が解決して、ホット一息ついた時、多くの時間の経過に気付き、「いつの間に?!」と感嘆するのです。

集中力の高い人

責任感の強い人は、難しい物事であっても手を抜かずに最後までやり遂げようとします。

難しい物事を最後までやり遂げる解決策を見出すために集中力を高めます。

集中力が高くなることで、自分の周りの物事に関心を抱くことが稀になってきます。

集中している間は、時間の経過に全く関心が向きませんので、我に返ったときには、多くの時間が過ぎたことに驚くのです。

集中力の高い人は、時間が過ぎていくことを忘れて、自分のやるべきことの責任を果たそうとします。

集中力の高い人は、時間を大切にする責任感の強い人とも言えます。

時間の経過が遅く感じられる人とは?

時間の経過が遅く感じられる人は、暇な人が多い傾向があります。

日々の生活では、時間を持て余して、時間の経過が遅く感じられます。

時間の経過を遅く感じる人は、時間の大切さを実感しにくいです。

時間を大切にしない人は、自分の人生も大切にしないため、惰性に流された無気力な日々を過ごすことになります。

一方、日々の生活で時間を大切にする人は、自分の人生も大切にします。

人生を大切にする人は、将来に向けてステージアップを目指しますので、行うべき物事が多くなります。

行うべき物事が増えることで、忙しくなってきますので、時間の経過が早く感じられるのです。

時間を持て余している人


時間を持て余している人は、自分の人生を前向きに考えない傾向もあります。

人生に目的も無く漫然とした無気力な日々の生活をしている人は、取り組むべき物事から逃げています。

このため、解決すべき物事が無いため、時間を持て余すことになります。