あなたは、ご自身の指先に自信を持っていますか?指先がきれいな人って指輪が似合うだけではなく、あらゆる動作が華やかに見えるようになるのでとても素敵ですよね!

しかし、「自分はあんなにも素敵な指先は持っていない」なんて思っているのではありませんか?実は、指先の“見せ方”によってもその指先の美しさが変わってくるのです。

ということで、この記事では、どんな人でも指先が美しく見える指先の動作をご紹介しています!

あなたは、指先をきれいに見せたいと思っているだけできちんと対処できていないのではありませんか?この記事を読むことで数か月後のあなたは周りの人から「指先がきれいだね」なんて言われるようになるかもしれません!ぜひ参考にしてみてください。

指先がきれいだととても上品に見える

多くの人が相手の年齢を察する場所ってどこだと思いますか?あなたも経験あるかもしれませんが、多くの人が「顔」よりも、指や手で判断している傾向があります。

あなたの手はキレイですか?人に見られて実年齢より老けているなんて思われるような手先をしてはいないでしょうか?とはいえ、自分の姿は客観的に見ることが難しいかもしれません。

だったら、あなたの憧れている方のことを思い出してみてください。

おそらく手先指先まで美しく、それらを動かすときの動作もとてもなめらかで上品なのではないでしょうか。

ある程度潤っていてまるでシルクのような美しい肌が、その人の上品さをさらに格上げしているのは間違いないかと思います。

指先がきれいなだけでその人の印象をさらに上品で素敵なものにしてくれるのです。

あなただって、指先の動きなどを美しく意識するだけで全体的なイメージをよくすることだってできるのです。

しかし、具体的にどのようなことをすればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、実際に指先がきれいで上品な人たちの特徴をご紹介しています。

次の項目で詳しく見ていきましょう。

指先をきれいに見せる方法20個!あなたも今日から実践しよう

指先をきれいに見せることができれば、あなたという存在そのものが美しいものとして判断されるようになります。

あなただって、「きれいな人」「美しい人」など周りから上品に見られたいですよね。

上品になれば上品な人との交流も増えてきますから、あなたの人生そのものを変えるきっかけになるかもしれません。

ということで、さっそく指先がきれいな人が意識している“指先をきれいに見せるための方法”を20個ご紹介していきます。

これらのポイントをぜひとも活かしていき、あなたの指先も多くの人から「美しい」と見られるように頑張りましょう!

1.指を閉じることを意識する

あなたは、手で何もしないときには手はどのような動きをしていますか?おそらくなにも動かさずに停止状態にあるのではないでしょうか。

手元や指先が美しい人というのは、指を閉じているとき(指で何もしないとき)であっても、あることを意識しています。

ずばりそれは、指を閉じていることです。

あなたの憧れの人や美しい印象のあるモデルや芸能人を思い出してみてください。

おそらく多くの人が、手を使わないときには指先を閉じているのではないでしょうか。

そのように指先を閉じているだけでも、上品な印象を周りの人たちに与えることができます。

なぜなら腕から手元へのびるなめらかな曲線は、指先を閉じていることによってさらにその曲線が助長され、美しい印象を与えるのです。

あなたはこれまでに写真館などで写真を撮影したことはありますか?ある場合にはその時のことを思い出してほしいのですが、おそらくカメラマンの方に「指先は閉じてください」と言われたはずです。

そして仕上がった写真は実物のあなたよりも何倍も美しく華やかで“上品”になっていたのではないでしょうか。

それは指先を閉じていたからなんです。

これは、電車の中などで癖づけることもできるので日々取り入れていきましょう。

2.爪のケアをする

美しい指先をしている人は、肌がきれいだけではなく爪までも美しくしています。

あなたは、ご自身の爪のケアをしていますか?まさか伸びきったままにしているとか、ハゲたネイルをそのままにしているなんてことはありませんか?

もしも、そうであるならば上品な指先からはほど遠くなってしまうので必ず爪のケアを行うようにしましょう。

爪のケアにはどのようなことをすればいいのか分からない方も多いかと思いますので、以下でぜひとも必ずやってほしい爪のケア方法をご紹介いたします。

参考にしてみてください。

爪の形を整える

あなたの爪の形はどうなっていますか?欠けたり切るのを忘れたりしてガタガタになっていませんか?美しい指先をしている人は、爪の形までもとても美しくしています。

それは生まれつきということもありますが、たいていの人たちは自ら爪の形を整えています。

カットするとき、つめやすりをするときなどに形を整えているんです。

また、人によっては自分でカットしたり爪の形を整えるのが苦手なので、ネイルサロンなどに行くこともあります。

あなたも自分で行うのが怖い場合には、ネイルサロンなどのプロに頼るのもいいでしょう。

トップコートなどを塗るようにする


栄養状態が悪かったり体の調子が悪い状態が続いていると、爪までももろくなってしまうことがあります。

そうすると爪が簡単に割れやすくなってしまいます。

その爪の割れやすさをカバーするためにトップコートだけ塗っておくのもおすすめです。

本来トップコートは、ネイルカラーを塗った後にそのネイルが取れないようにネイルを強化してくれるものです。

つまり、トップーコート単体で塗っておけば爪の強度をあげることができるようになります。

3.ゆっくり動作をする

あなたは、いつもがさつで荒い動きをしていませんか?もしもそうであるならば、これからはあらゆる動作を“ゆっくりと”行うようにしてみてください。

よくよく考えてみると上品な雰囲気を出している人は、せかせか焦っていることはないかと思います。

心の中ではもしかしたらとても焦っていたりすることもありますが、ゆっくり動作することによって上品なイメージを確保しているんです。

特に指先という細い部分をゆっくりとした動作にすることによって、より上品さを醸し出すことができます。

お箸を持つとき、飲み物を持つとき、そんなありふれたシーンでも指先をゆっくりと動かしましょう。

たったそれだけで周りからの印象が大きく変わっていきます。

4.毎日保湿する

あなたはこまめに指先および手の保湿をしていますか?手はいろいろな時に使う場所でもあるので、他の肌の部分に比べると肌の水分を失いやすい場所になります。

そのため、こまめに保湿をしないと肌がボロボロになりやすくなってしまいます。

なめらかな肌ではないだけでガサツな印象を与えてしまうこともあります。

だからこそ、面倒くさがらずにこれからは毎日のように保湿を心がけましょう。

手を濡らしたら都度保湿するのが理想

ではどのタイミングで保湿すればいいのかと悩んでいる人もいるかと思います。

手を濡らした場合には、その都度保湿するのが理想です。

手を洗ったとき、お皿などを洗ったときはその都度しっかり保湿するようにしましょう。

爪や指に丁寧に塗り込むことが大切

ハンドクリームを塗るときは手のひらや甲だけに塗って終わりという方も多いのではありませんか?

それでも肌の保湿としてはいいのですが、これからは指先にも塗るようにしてみてください。

爪や指先は、思っているよりも乾燥しやすい場所になります。

丁寧に塗り込んでみると、パックリ割れやささくれができにくくなるのを感じられると思います。

5.ハンドパックやネイルパックをする

指先が美しい人は「生まれつきあのような手をしているに違いない」と感じてしまいがちなのですが、指先が美しい人はそれなりの努力をしている人も多いです。

なぜなら指先というピンポイントの場所が周りの人へ大きなイメージを与えると分かっているからです。

指先がきれいな人たちは、ハンドパックやネイルパックをしていたりします。

専用の保湿クリームも販売されていますが、それ以外にもお手持ちのいつも使っているクリームをたっぷり手先や爪先に塗り込んで手袋やラップをして、しっかり肌の内部に入れ込みます。

そうすることで簡単にパックできてしまうんです。

冬場など乾燥しやすい時期には、毎晩寝る前に行うようにすると乾燥知らずの手元に大変身します。

6.マッサージをする

指先にマッサージ!?と驚いてしまう方もいるかもしれません。

指先にはあらゆるツボもありますし、それになんといっても血行が悪くなりやすい箇所でもあります。

そのため、気が付いた時だけでもいいのでしっかりマッサージをすることによって、血行促進を促し、指先に血液を送れるようになります。

そもそも肌が荒れてしまう原因のひとつに血行不良があげられます。

血行が悪いためにその付近に必要な栄養素を届けることができないだけではなく、冷えているので治りが遅くなってしまうのです。

冬場になると毎年のようにしもやけに悩まされてしまう方は、血行不良になっている可能性があるので、毎日クリームを塗るときには指を反対の手の指でつまむようにしてマッサージしてみてください。

7.指輪をする


あなたは、指輪をしていますか?お気に入りの指輪がある方、結婚している方、大好きな人に指輪をもらった経験がある方は、指輪をはめていることでしょう。

実は、指輪をすることによって指先が美しく見える効果があります。

指先に華やかな輝きを持つ指輪をしていること、指先のマイナス面をカバーし、さらに指先を美しく上品に見せてくれるようになります。

8.ネイルをする

あなたはネイル(マニキュア)をしていますか?ネイルは、手元や指先が美しい人がするものだなんて考えていませんか?

ネイルをしているからこそ指先を美しく見せる効果があります。

ネイルを塗ると自然と指先が輝くようになりますよね。

だからこそ、美しい指先にするためにはネイルをしておくといいのです。

ネイルデザインも重要!爪の形に合ったものを

とはいえ、なんでもかんでもネイルすればいいというわけではありません。

自分の指先の形に合ったネイルデザインを選ぶ必要があります。

それにイエローベースの肌なのか、ブルーベースの肌なのかによっても選ぶ色合いも変わってきます。

あなたの肌色に合っていないカラーを塗ってしまったりすると、本来の指先の美しさを発揮できないどころか逆に老けて見えてしまったり、指先の肌の悪い部分が目立ってしまうこともあるので注意が必要になります。

爪の縦じわが気にならないようにする

また、ご自身でセルフネイルする場合には、爪の縦じわが出ないように気を付けましょう。

縦じわは、年齢を映し出してしまうことがあるので消してしまいたいものです。

そのために、ネイルカラーを塗る前にベースコートを塗るようにしましょう。

ベースコートは、爪のボコボコをとりのぞきネイルカラーの発色をよくするためのものです。

ベースコート → ネイルカラー → トップコートの順番にすることによって、強度もある美しい指先を作り出すことができます。

100円ショップでも販売しているので、ぜひ使ってみてください。

9.爪を切りすぎないようにする

あなたは、爪を切りすぎていませんか?子供のころは爪を切りすぎてもおかしくありませんでしたが、大人になってから爪を切りすぎると爪の形に上品さを出すことが難しくなってしまいます。

長すぎずあまりにも短すぎないように気を付けながら切っていきましょう。

基準としては手のひらから見て指先に爪が見えない程度で大丈夫です。

10.見られていることを意識する

指先が美しい人の多くは、指先までも周りの人から見られていることを意識しています。

そのため、指先まで緊張感を保ちながら日々の仕事や雑用をこなすことができるんです。

そして指先まで美しい上品なオーラを醸し出すことも可能です。

あなたも、この瞬間から誰かに指先まで見られていることを意識してみてください。

そうすることで、嫌でも指先まで緊張感をはしらせ、指先を使うときにはゆっくりとした動作になっていきます。

とはいえ、あまりにも意識しすぎてしまうとガチガチの動きになって、逆に下品になってしまうことがあるので、ほどほどに意識しながら「私は上品な人だ」と感じて生きるようにしましょう。

人は自分が誰なのかを意識したとたんにその人になろうと勝手に脳が働くようになります。

ぜひお試しください。