人とのコミュニケーションを取る上で大切なのは、相手に嫌な思いをさせないことです。

スマートなコミュニケーションを築く上では、必要最低限のマナーというものがあります。

その中の一つに、「嫌な顔をしないこと。」があげられるのではないでしょうか?

嫌な顔をされることで、不安な気持ちを抱かせてしまったり、コミュニケーションが活発化されなくなってしまい、人間関係にもヒビが入ってしまう可能性もあります。

そして、他人の表情を気にしすぎてしまう人もたくさんいます。

他人の顔色ばかりを意識して、自分の感情を押し殺してしまい、生きづらい毎日を過ごしているという人もいるでしょう。

今回のテーマは「嫌な顔」について。

嫌な顔をされた時、どういう対応をしたらいいか分からないという人も多いはずです。

今日は、嫌な顔をされた時に、どういう対応をするべきなのかを具体的にお伝えしていきたいと思います。

嫌な顔をされると傷つくのはなぜ?

相手から嫌な顔をされると傷つくという人は、たくさんいます。

人はどうしても、相手から嫌な感情を抱いてほしくないと思うものです。

結果、嫌な顔をされてしまうと、「何か悪いことをしてしまったのでは…。」と自分を責め、自分の悪い所を無駄に探すようになり、傷ついてしまうのです。

自分から心を痛めている?

嫌な顔をされて凹むことが多いという人は、相手のことを気にしすぎて、自ら心を痛めているケースもあります。

表情を気にしすぎてしまう人は、相手の些細な表情ですらも気になってしまいます。

気にしすぎて、自分の中に不安な気持ちを増幅させているのです。

心が痛まないようにする方法25選。是非参考にしてみて!

嫌な顔をされると、どうしもて心が痛んでしまうものです。

気にしすぎてしまう人は、長い時間、気に病んでしまい、他のことが手につかないくらい悩みすぎてしまうという人も多いのではないでしょうか。

相手の表情に一喜一憂しないことが、穏やかな人生を送るためには大切です。

相手の事を気にしすぎてしまうと、その感情に引っ張られてしまい、自分らしい人生を過ごすことができなくなってしまいます。

嫌な顔をされても、心を痛めない強い自分になることが、何よりも大切です。

では、心が痛まないようにするにはどうしたらいいのか。

具体的な対応策をお伝えしていきましょう。

1.相手の気持ちを深読みしない


嫌な顔をされて傷つくのは、相手の表情から、気持ちを深読みしてしまっていることがあげられます。

相手の表情に気持ちが100%現れているとは限りません。

もともとそういう顔つきの人もいますし、その表情をするのが癖の人もいます。

相手の気持ちを深読みしてしまう人は、相手の思ってないことを無駄に想像してしまっている可能性があります。

2.表情ではなく、言葉に注目する

人間の感情は表情に表れることもありますが、信じるべきなのは、その人から発せられている「言葉」です。

言葉というのは相手に伝えたいことを発言しています。

そのため、深読みすることなく、相手の言葉を素直に受け止めるようにしましょう。

3.自分を好きになる

相手の表情が気になってしまうのは、自分に自信がない現れでもあります。

「こんなことを言ったら嫌われるのではないか。」「この感情は隠しておいた方がいいのではないか。」と相手に嫌われることを恐れ、無駄な気遣いをしてしまっているのです。

無駄な気遣いをしないために大切なことは、自分を好きになること。

自分を好きになることができれば、相手の表情のひとつひとつに振り回されることはなくなりますし、自分の感情にも自信が持てるようになるはずです。

4.自分だけではなく他の人にも同じ嫌な顔をしていると思う

嫌な顔をする人というのは、他の人にも同じように嫌な顔を見せています。

あなただけにその表情を見せているわけではありません。

そのため、「なんで自分にだけ、こんな表情をするのだろう。」と、自分を責めすぎるのはやめましょう。

みんなに同じような顔をしていると思うようにしましょう。

5.すぐ嫌な顔をする人だと受け入れる

嫌な顔をする人というのは、嫌な顔をするのが癖になっている可能性もあります。

そのため、表情から感情を読み取るのは難しい人であるということを知ることです。

表情を気にしすぎるのではなく、「この人は、この表情をするのが癖になっているんだ。」と思うようにしましょう。

6.そういう顔なんだと思う

また、人によっては「嫌な顔」に見えてしまう顔つきの人もいます。

眉毛が吊り上がっていたり、目つきがきつかったり、口角が下がりがちな顔だと、どうしても周囲から嫌な顔をしていると見られてしまいがちです。

本人もコンプレックスを抱えているケースもあります。

嫌な顔をしている人は、そういう顔つきなのだと認識してあげることも大切でしょう。

7.自分に自信を持つ

自分の発言が、相手を嫌な気持ちにさせるものでなければ、相手は嫌な感情を抱くことはないはずです。

相手を嫌な気持ちにさせようと考えていないのであれば、自分には絶対の自信を持つことが大切だといえるでしょう。

8.なぜ嫌な顔をされたのか納得できる答えを見つける

知らず知らずのうちに相手を傷つけるような発言をしているケースもあります。

相手が自分に対して嫌な表情をしがちなのであれば、相手が嫌がることを無意識に言ってしまっている可能性もあります。

自分自身の発言を分析し、相手を傷つけているワードは何なのかを真剣に考え、納得できる答えを見つけましょう。

納得できる答えが見つけられれば、同じような発言はしなくなると思います。

9.話を聞いてもらう

露骨に嫌な顔をされた時は、相手に対して「悪意がなかった。」ということを聞いてもらうことも大切です。

発言というのは、相手に誤解を与えてしまうこともあります。

誤解を与えたままにしておくと、人間関係が崩れたままになってしまいます。

そのため、誤解を与えてしまった可能性がある場合は、きちんと自分の気持ちと、なぜその発言をしたのかを話すようにしましょう。

その上で、誤解を与えていたようであれば、きちんと謝罪をすることも大切です。

10.素直に受け入れすぎない

嫌な表情をされたからといって、「相手を嫌な気持ちにさせたかな。」と考え過ぎないことも大切です。

相手の表情を素直に受け入れすぎるのはやめましょう。

表情というのは、感情が現れるものでもありますが、他人から読み取るのは難しいものです。

そのため、表情を素直に受け入れすぎないことも大切です。

11.見なかったことにする


嫌な表情をされた時は、見なかったことにするという精神も大切です。

特にあまり深い関係性でなかったり、今後も長く付き合おうと思っている人ではない場合は、考え過ぎないようにするといいと思います。

そのため、嫌な表情をされても、ときには見なかったことにするのも大切です。

12.相手に短気でかわいそうな人だと同情する

嫌な顔をしてしまう人=短気な人。

自分の感情を上手くコントロールするのが苦手な人です。

自分の感情を上手く扱えない人は、周囲の人に嫌な感情を生み出してしまいがちです。

そのため、周りからは嫌われている可能性もあります。

「短期でかわいそうな人」だと同情し、深く関わらないようにするのがいいでしょう。

13.相手に期待をしない

相手と接するとき、自分に対して良い感情を抱いてもらいたいと考える人は多いと思います。

しかし、何をしても相手から好かれないケースはあります。

そのため、相手に対して「自分を理解してもらいたい。」と期待しすぎないようにしましょう。

14.嫌な思いをしたことを思い切って伝える

相手に、嫌な顔をすることを直してもらいたいと考えるのであれば、嫌な顔をされて、不安になった気持ちを思い切って伝えることも重要です。

相手が無自覚に、嫌な顔をしていることもあります。

それであれば、嫌な顔をしていることに気付いてもらうことも大切です。

思い切って嫌な思いをしたことを伝えてみましょう。

15.なぜ嫌な顔をしたのか理由を聞いてみる

嫌な顔をされたことがどうしても気になるのであれば、「私、何か嫌なこと言ったかな?」と思い切って聞いてみましょう。

嫌な顔をされて不安に思っている旨を伝えてみましょう。

嫌な顔をされた原因が分かることで、今まで以上に良い関係が築けることもあると思います。

自分に向けたものじゃない可能性もある

時と場合によっては、自分に向けた表情ではない可能性もあります。

感情というものは、コントロールすることが難しいものです。

そのため、発言と感情が伴わないこともたくさんあるのです。

16.相手の立場になって考えてみる

あなた自身が悪気がなかったとしても、相手にとっては非常に嫌な発言だったと捉えているケースもあります。

自分自身がその発言を向けられたらどう思うかということを、相手の立場になって考えてみることも大切だといえるでしょう。

自分だったら嫌な顔をしていたかどうか考える

自分が相手の立場で、その発言を聞いたときにどう思うかと感じることは大切です。

自分も同じように嫌な顔をしてしまうのではないかと感じるのであれば、発言を改める必要がありますし、相手に対して謝罪をする必要もあります。

17.あえて明るく対応してみる

相手に嫌な表情をされたのであれば、あえて明るく対応することで空気を変えてみましょう。

嫌な顔をされたことを気にしすぎてしまうと、その後のコミュニケーションも嫌な雰囲気が漂ってしまいます。

だからこそ、あえて明るく対応することで、嫌な雰囲気をなくしましょう。

相手が罪悪感を感じることがある

また、あえて明るく対応することで、相手が嫌な顔をしてしまったことを反省することもあります。

「気を遣わせてしまったな。」と感じてもらえれば、相手も自分の感情とうまく付き合おうと思ってくれるはずですよ。

18.他の楽しいことを考える

嫌な顔をされて凹んでいる時間があるのであれば、他の楽しいことを考えて、気持ちを前向きにさせることが大切です。

負の気持ちに引っ張られ過ぎてしまっては、無駄な時間を過ごしてしまいます。

楽しい事を考えて、前向きな気持ちで物事を捉えていきましょう。

19.思い出さないようにする

嫌な表情をされたことを思い出してしまうと、悩み事が次から次へと生まれてきてしまいます。

そのため、嫌な表情をされたことは思い出さないことが肝心です。

忘れることで精神状態に負担をかけないようにしましょう。

特に一人になるときや寝る前には注意

気にしすぎてしまう人というのは、一人になるときや寝る前に、どうしても嫌なことを思い出してしまいがちです。

一人でいるときに思い出してしまうと、その悩みはエンドレスに続いてしまう可能性があります。

考える時間が長くても、良い見解を得られることがありません。

それどころか、悩みが増幅してしまい、要らぬことまで考えてしまうこともあります。

一人で悩み事を考えすぎるのはやめましょう。

20.できるだけ関わらないようにする

嫌な表情を他人に向けてしまう人は、あまり性格がいい人とは言い難いです。

本来であれば、他人とコミュニケーションを取るときに、嫌な顔をするというのは厳禁ですし、相手を嫌な気持ちにさせているという自覚を持つべきです。

そのため、「この人は自分とは合わない人だ。」と見極め、できるだけ関わらないようにするのも対策としては良いでしょう。

気持ち良いコミュニケーションを取れる人を大切にしましょう。

21.自分を褒める

嫌な顔をされて凹んでいるときは、あえて自分を褒めることで、「自分は悪くない。」と考えることが大切です。

相手に対して敵意を出した発言をしていないのであれば、それは相手のコミュニケーションが間違っている場合があります。

自分を褒めることで、自分に対して自信を持ちましょう。

22.自分の意思をしっかり持つ

人の事を気にしすぎてしまうのは、自分の意思がない表れでもあります。

人の事を気にしないようになるためには、自分の意思をしっかり持つことが大切です。

自分の意思がしっかりしていれば、他人の事を気にならないようになると思います。

23.嫌な顔をされることを正しいことだと思わないようにする

コミュニケーションを円滑にするためには、表情にも気を付ける必要があります。

そのため、嫌な顔をして他人の話を聞くということは、いいコミュニケーションではありません。

嫌な顔をされることは誤ったことであると思うことが大切です。

24.自分を大切にする

他人の事ばかり気にしてしまうのは、自分を大切にできていない証拠でもあります。

自分の気持ちや精神面を保つことを誰よりも大切にしてあげれば、他人の嫌な顔は気にならないようになるはずです。

25.自分を責めない

嫌な顔をされたからといって自分を責めないことも大切です。

嫌な対応をしているのは、相手にも悪いところがあります。

そのため、自分を責めすぎず、自分は自分で守ってあげることを心掛けましょう。

嫌な顔をする方は無自覚でしている可能性が高い

嫌な顔をしている人というのは、無自覚でその表情をしている可能性もあります。

もともとそういう表情をすることが癖な人もいますし、そのような顔つきである人もいます。

また、別に凹んでいることがあって、感情と表情が伴っていないケースも充分にありえます。

自分自身が、相手に対して嫌な発言をしたと思わないのであれば、嫌な顔をされても深く考えないことが大切です。

負の感情に引きずられてしまうと、今後のコミュニケーションも上手くいかなくなります。

「気にしすぎない。」ということが、他人とコミュニケ―ションをとることで、一番大切なことであるといえるでしょう。