CoCoSiA(ココシア)

嫌な顔をされても心が痛まない25個の方法


人とのコミュニケーションを取る上で大切なのは、相手に嫌な思いをさせないことです。

スマートなコミュニケーションを築く上では、必要最低限のマナーというものがあります。

その中の一つに、「嫌な顔をしないこと。」があげられるのではないでしょうか?

嫌な顔をされることで、不安な気持ちを抱かせてしまったり、コミュニケーションが活発化されなくなってしまい、人間関係にもヒビが入ってしまう可能性もあります。

そして、他人の表情を気にしすぎてしまう人もたくさんいます。

他人の顔色ばかりを意識して、自分の感情を押し殺してしまい、生きづらい毎日を過ごしているという人もいるでしょう。

今回のテーマは「嫌な顔」について。

嫌な顔をされた時、どういう対応をしたらいいか分からないという人も多いはずです。

今日は、嫌な顔をされた時に、どういう対応をするべきなのかを具体的にお伝えしていきたいと思います。

嫌な顔をされると傷つくのはなぜ?

相手から嫌な顔をされると傷つくという人は、たくさんいます。

人はどうしても、相手から嫌な感情を抱いてほしくないと思うものです。

結果、嫌な顔をされてしまうと、「何か悪いことをしてしまったのでは…。」と自分を責め、自分の悪い所を無駄に探すようになり、傷ついてしまうのです。

自分から心を痛めている?

嫌な顔をされて凹むことが多いという人は、相手のことを気にしすぎて、自ら心を痛めているケースもあります。

表情を気にしすぎてしまう人は、相手の些細な表情ですらも気になってしまいます。

気にしすぎて、自分の中に不安な気持ちを増幅させているのです。

心が痛まないようにする方法25選。是非参考にしてみて!

嫌な顔をされると、どうしもて心が痛んでしまうものです。

気にしすぎてしまう人は、長い時間、気に病んでしまい、他のことが手につかないくらい悩みすぎてしまうという人も多いのではないでしょうか。

相手の表情に一喜一憂しないことが、穏やかな人生を送るためには大切です。

相手の事を気にしすぎてしまうと、その感情に引っ張られてしまい、自分らしい人生を過ごすことができなくなってしまいます。

嫌な顔をされても、心を痛めない強い自分になることが、何よりも大切です。

では、心が痛まないようにするにはどうしたらいいのか。

具体的な対応策をお伝えしていきましょう。

1.相手の気持ちを深読みしない


嫌な顔をされて傷つくのは、相手の表情から、気持ちを深読みしてしまっていることがあげられます。

相手の表情に気持ちが100%現れているとは限りません。

もともとそういう顔つきの人もいますし、その表情をするのが癖の人もいます。

相手の気持ちを深読みしてしまう人は、相手の思ってないことを無駄に想像してしまっている可能性があります。

2.表情ではなく、言葉に注目する

人間の感情は表情に表れることもありますが、信じるべきなのは、その人から発せられている「言葉」です。

言葉というのは相手に伝えたいことを発言しています。

そのため、深読みすることなく、相手の言葉を素直に受け止めるようにしましょう。

3.自分を好きになる

相手の表情が気になってしまうのは、自分に自信がない現れでもあります。

「こんなことを言ったら嫌われるのではないか。」「この感情は隠しておいた方がいいのではないか。」と相手に嫌われることを恐れ、無駄な気遣いをしてしまっているのです。

無駄な気遣いをしないために大切なことは、自分を好きになること。

自分を好きになることができれば、相手の表情のひとつひとつに振り回されることはなくなりますし、自分の感情にも自信が持てるようになるはずです。

4.自分だけではなく他の人にも同じ嫌な顔をしていると思う

嫌な顔をする人というのは、他の人にも同じように嫌な顔を見せています。

あなただけにその表情を見せているわけではありません。

そのため、「なんで自分にだけ、こんな表情をするのだろう。」と、自分を責めすぎるのはやめましょう。

みんなに同じような顔をしていると思うようにしましょう。

5.すぐ嫌な顔をする人だと受け入れる

嫌な顔をする人というのは、嫌な顔をするのが癖になっている可能性もあります。

そのため、表情から感情を読み取るのは難しい人であるということを知ることです。

表情を気にしすぎるのではなく、「この人は、この表情をするのが癖になっているんだ。」と思うようにしましょう。

6.そういう顔なんだと思う

また、人によっては「嫌な顔」に見えてしまう顔つきの人もいます。