夫妻や夫妻という言葉を使うことがあると思いますが、その違いについて考えたことはありますか?

普段なにげなく使っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、夫妻と夫婦について見ていきたいと思います。

「夫妻」と「夫婦」は何が違う?

この夫妻と夫婦の違いとはどのようなものがあるのでしょうか?

意味合い的には同じなのですが、使うシチュエーションが違うなど特徴があります。

この機会に、夫妻と夫婦の違いについて覚えておきましょう。

どちらも結婚している男女の意味


夫婦と夫妻は、基本的にどちらも結婚している男女という意味です。

そのため、どちらを使ってもいいのではないかと思ってしまいますよね。

確かに、どちらを使っても意味が通じます。

ただ使うシチュエーションが異なります。

意味は同じなのに使い方が違う

意味は同じだけど使う場面が違います。

後に詳しく触れていきますが、どちらかというと夫妻の方が改まった感じがしたり、目上の方に使っても失礼のないような言い方に感じます。

このようなことから、この夫妻という言葉を使えるときちんとしている印象を与えることができます。

特に仕事上の付き合いのある人であれば、改まった言い方をすることも多いと思うので、使う機会もあるのではないかと思われます。

「夫妻」と「夫婦」の読み方

「夫妻」は「ふさい」、夫婦は「ふうふ」と読みます。

どちらかと言うと、夫婦という使い方の方が馴染みがありますよね。

「夫妻」と「夫婦」の違い


どちらも同じように見えるけれど、夫妻と夫婦の違いにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

「夫妻」の方が「夫婦」より丁寧

先ほども少し触れたように、夫妻の方が夫婦より、より丁寧な印象を与えることができます。

ですので、上司の方だったり、結婚するにあたって仲人の方を立てた場合であれば、お世話になった夫婦のことを夫妻ということもあります。

改まった場で目上の方の夫婦の方に使うことがよくあります。

言葉を使用する相手によって異なる

相手によって使い方が異なるというのが、この夫婦と夫妻の特徴です。

特徴を覚えれば、うまく使い分けられると思います。

では、使い方について見ていきましょう。

自分たちには「夫婦」を使う

自分たちの場合は、夫婦と言います。

「我々夫婦は…、」という言い方をすることもありますよね。

自分たちの時は、基本的に夫妻という使い方はしません。

仲良しの友達には「夫婦」を使う

仲の良い夫婦に関しては、夫妻と言い方をせずに、夫婦という言い方をします。

仲の良い夫婦ということになると、友達関係のような対等な立場であることが多いでしょう。

上司や仲人夫妻などとは、また違うところがあります。

このように仲良しの夫婦には、夫婦という言い方のほうが正しいです。

親族や家族には「夫婦」を使う

基本的に日本人は、内と外というのは明確に使い分けます。

社会人の方であれば、社内では上司を〇〇さんと呼んだり、社長のことを社長と呼んだりしますよね。

ただ取引先の方から電話がかかってきたとしたら、話が別です。

上司でも基本的に呼び捨てにしますし、社長のことも〇〇社長というような言い方はしないと思います。

それは、プライベートでも同じことです。

親族や家族というのは、基本的に内側の人達です。

そのため、自分の親御さんや兄弟の関係性の時に夫妻というのは不自然になります。

さらには、それは親族にも及びます。

いとこであっても、基本的に夫妻という言い方はしません。

基本的に身内同士では、夫婦で統一するということを覚えておきましょう。

目上の人には「夫妻」を使う

この夫妻という言葉は、基本的に目上の人に対して使うことが多いです。

さらに改まった文章を書く時には、ご夫妻でお越しくださいというような言い方をすることもあります。

このように目上の方に対して、夫妻という言葉を使うのが正しいです。

自分たちや家族親族などの身内などに関しては夫婦、そして目上の方には夫妻を使うと覚えておくといいと思います。

友達夫婦に関しては対等な立場であることが多いですので、夫婦という言い方で大丈夫です。

知り合いには相手に応じて使う

知り合いというのが、どのような知り合いなのかによって違ってきます。

お世話になる立場であったり、立場的に上の方であったりということになると、夫妻という使い方をするところがあるでしょう。

もし自分が学生だった時の学校の恩師とお付き合いがあるとしたら、夫妻という言葉を使った方が正しいかもしれません。

そして友達のような感じで、対等の付き合いがあるということであれば、夫婦という言い方が正しいでしょう。

このような関係性はなかなか難しいところがありますが、知り合いの方がどのような立場なのかということを考えていくことが必要になります。

言葉を使用する状況によって異なる

言葉を使用する状況によっては、また異なってくるところがあります。

特に使い道が分かれてくるのが、上司に対するご夫婦の呼び方なのではないでしょうか。

言葉を使用する状態や、使い方が異なるとは、どのようなことなのかということを見ていきましょう。

気軽な会話では「夫婦」を使う

基本的に上司の方のご夫妻に関しても、昼休憩の間にちょっとした会話をするような場面では、夫婦という言葉を使うのが正しいです。

ちょっとした雑談で「ご夫婦でお出かけをされたんですか?」という聞き方をすることもあるかもしれませんね。

この時に改まって「ご夫妻でお出かけしたのですか?」というような聞き方をする必要はありません。

このように日常会話でちょっとした会話として、夫婦のことを取り上げる時は夫妻と言う必要はありません。

どちらかというと、この時はご夫婦という言い方をするのが正しいかもしれません。

このように気楽な会話で夫婦の話が出た時は、夫妻ではなく夫婦でも大丈夫です。

正式な場では「夫妻」を使う

結婚式の招待状を出すなどの、正式な場でご夫妻という言葉を使うことがあります。

正式な場は色々なシチュエーションがありますよね。

このような正式な場において、改まった言い方をする時に、この夫妻という言葉を使います。

他者を指すときは「夫妻」が多い

夫妻というのは、基本的に他者を指すことが多いです。

自分たちの夫婦のことを夫妻と言うことはなく、身内の場合も夫婦という言い方が正しいです。

他者ではあるものの、身内であるということであれば夫婦という言い方をしますので、社外の方であったり、仲人ご夫婦など自分の身内ではない人は夫妻という言い方をするのが正解になります。

名詞として使われるのは「夫婦」

基本的に、この夫婦というのは名詞として使われることも多いです。

だからこそ夫妻という言い方よりも、夫婦という言い方の方が馴染みがあるのでしょう。

夫婦が使われている言葉はいろいろありますが、どのような意味なのか見ていきましょう。

おしどり夫婦

おしどり夫婦というような言い回しについては、よく聞いたことがあるのではないのでしょうか。

ワイドショーなどを見ていても、このような話をよく聞くことがありますよね。

芸能人夫婦のニュースで、おしどり夫婦というような言い方をすることがあります。

離婚になってしまった時に、よく「おしどり夫婦として有名な〇〇ご夫妻が離婚した」というような言い方をすることがあります。

このおしどり夫婦とは、非常に仲がいい夫婦のことを指します。

おしどりというのが夫婦にになったら離れずに、ずっと仲良くしていることから、おしどり夫婦と言われていたようです。

その一方で、本当にこのおしどりが、おしどり夫婦と言われるぐらいに仲がいいのかと言うと案外そうでもないようです。

なんと、毎年パートナーを変えると言われています。

さらに子育てに関して言うと、卵を温めたり子育てをするのは雌だけのようです。

人間に例えて言うと、ワンオペというような状態で育児をするのですよね。

おしどり夫婦と言うとすごく仲の良いイメージがありますが、おしどり自身は決しておしどり夫婦ではないようです。

ただ写真などを見ると、つがいになると仲が良いような写真が多いですので、このようなおしどり夫婦という言葉の使われ方をするようになったのでしょう。

仮面夫婦

仮面夫婦という言い方もありますよね。

この仮面夫婦とは一体何かと言うと、離婚はしていないけれど、夫婦の仲が冷え切っているという状態のことを指します。

家が広いと家庭内別居というような感じで、結婚しているという体裁を保ちながらも、実質は心が繋がっていないという状態のことを指します。

最近は3組に1組の夫婦が離婚すると言われており、離婚についてもそこまで問題視されることはなくなってきました。

昔は女性は離婚したら一人で生きていくというのは難しかったことから、離婚という選択肢がなかったところもあります。

しかし最近は、仕事を持って自立している女性の方も大変多いですし、また仮にそのような仕事を持つことが難しかった人でも、手当などを受けながらも普通に仕事をして、子供を養っている方もいます。

だからこそ、あえて仮面夫婦をしなくてもよい家庭もあるのです。

夫婦別姓

最近は、夫婦別姓も話題になっていますね。

今の法律上は、どちらかの苗字に統一するようになっていますが、仕事を続けているのであれば、通り名として旧姓を名乗っている方もいます。

このように夫婦別姓が日本において正式ではないにしても、実際にこの夫婦別姓を使っているような人もいます。

夫婦円満

こちらもお守りなどの効能でもよく挙げられていると思います。

やはり精神的な安定は、家庭の安定が第一です。

そのために、肝となるのは夫婦が円満であることです。

先ほども少し触れた仮面夫婦についてですが、このような冷え切った家庭では、子供の心に悪影響を及ぼすこともあります。

よく仮面夫婦の元で育ったお子さんが「そんなにいがみ合うのなら離婚してくれたらよかったのに」というようなことを発言することがあります。

たとえ表面的に喧嘩をしていなくても、それは同じです。

子供は夫婦の冷たい雰囲気などを感じ、心に影を落としているということはよくあります。

だから夫婦円満こそが家庭の安定に繋がってくるところがあるのです。

だからこそ、夫婦円満というのは大切な所なのですね。

夫婦喧嘩

よく言葉として使われるこの夫婦喧嘩ですが、この時も夫妻喧嘩という言い方しませんよね。

基本的に夫婦げんかという言い方をします。

結婚されている皆さんは、夫婦げんかをすることはありますか?

著者はあまり夫婦喧嘩はしませんが、やっぱり言いたいこともあるけど、あまり言い過ぎると家庭円満に響くかなという思いもあります。

ひょっとしたら、妻も同じような思いをしているのかもしれませんね。

ただ、思ったことを言いあった方がいいというところもあります。

その一方で、ただ言えばいいというわけではないのが難しいところです。

このバランスをとるのが夫婦円満で難しいところなのでしょう。

なんだかんだ言って、激しい喧嘩をなんだか何回もするのに、どういうわけか夫婦円満という事も、よくあるようです。

ちなみですが、妻側の親族の人で夫婦喧嘩が激しく、なんと車で来ていたにも関わらず、奥さんの方がご主人を置いて帰ってしまったということもあったようです。

そこで妻の母がその後、親戚の方を送ってあげたというようなエピソードもありました。

このように夫婦喧嘩をしながらも、なんだかんだで長く連れ添っているというような関係性もあります。

このように夫婦喧嘩というのも色々とありますが、夫妻喧嘩と言い方はせずを夫婦喧嘩という言い方をするのが自然です。

夫婦関係

夫婦というのも人間関係ですので、その関係というのも、よく使われるところがありますよね。

もしかしたら一番、維持するのは難しい人間性なのではないのかと思います。

一番近い家族なのに、もし喧嘩をして離婚をしてしまったら、あっさりと他人になってしまいます。

子供や親と言うと、関係性を切ることができないということから、感情面でも非常につながっているところがあります。

仮に衝突をしてしまったとしても、話し合えば分かり合えるというところもあります。

もし親子間で揉めたとしても、なんだかんだ言って親子の情というのがあって、うまくまとまることもあります。

もちろん最近は毒親というような言い方もあり、決して許されないというようなことまでしてしまったということであれば、修復は難しいのかもしれないので、それは一概には言えません。

ただ逆を言えば深い関係性だからこそ、何かこじれると解決が難しいというところもあるのでしょう。

少し話がそれましたが、夫婦関係の時においても夫妻関係と言い方をすることは、あまりありません。

夫婦関係を改善したいという時は、夫妻関係を改善したいと言い方をせず、夫婦関係という言い方をします。

似たもの夫婦

この言い方も良くするところがありますよね。

ネタ元夫婦と言うと、やはり似た者同士が夫婦になっているというような感じのニュアンスです。

どちらかと言うと掲示板などにおいては、悪い意味で使われるというところがありますね。

例えば、ご主人の困ったところについてご相談している方に、何か問題が発覚すると「やはりあなたたちは似た者夫婦ですね」という言い方がされることがあります。

「割れ鍋に綴じ蓋」というな感じのいい方をされることもありますし、あまり良い意味で使われていない一面もあります。

ただ夫婦は結構長年生活していると、価値観なども似ているところもあるといいます。

なんと顔が似てくるという言い方をされることもありますよね。

実際に学校に通っていた頃に、当時付き合っていた妻と顔が似ているということを言われたことがあり、すごくびっくりされたことがあります。

やはりものように心が通じて付き合っていくことに関して、顔が似てくるというところはあるのでしょうか。

「夫妻」の使い方例文

では、次は夫妻という言い方についての例文について見ていきます。

会には田中夫妻も招待するつもりだ

田中ご夫妻も正体するつもりだというような言い方をするところがあります。

この田中ご夫妻は、基本的にその方より目上の方であるというのは確かです。

そしてビジネス上で、何かそのような話をするというシチュエーションなのではないのかという想像ができるところがあります。

夫妻というのは、基本的に改まった場でそのようなことを言うところがありますので、会にご招待するということになると、何かビジネス上の付き合いがあるというような感じの想像をさせられるところがありますね。

もちろんそれだけではなく、結婚を仲介してくれた方のご夫妻ということであれば、またそのようなことを使われることがありますね。

ぜひご夫妻でおいでくださいませ

改まって何か招待状を出したりする時に、このような言い方をするところがあります。

ご夫婦をご招待するということになった時に、是非ご夫妻でおいでくださいませという言い方をするところがあります。

この時にご夫婦というよりかは、ご夫妻という言い方をしたほうがより丁寧なところがあり、より改まった印象を受けるところがあります。

このような時に、このご夫妻という言葉を使っておいた方が、ご夫婦というよりかきちんとしていて失礼がないと言ったところがあり、そのようなところでご夫妻という使い方をするところがあります。

あちらに社長ご夫妻がいらっしゃる

改まった場で、「社長のご夫妻がいらっしゃる」と言うことがあります。

この時はどちらかと言うと、社内の方だけの集まりという時であれば、自社の社長の方に対しても、このような使い方をするのはおかしなことではありません。

その一方で、取引先の方がいらっしゃる時に自分の会社の社長のことをそのように言うと、少々不自然に思ってしまうというところがあります。

もしそのような社外の方がいらっしゃる場合であれば、その取引先の社長の方であれば社長ご夫妻という言い方も不自然ではありません。

先ほども触れたように、日本では内と外というのはきちんと区別をしているところがあります。

ですので社長が、どこの社長なのかということや、どのような集まりなのかということをきちんと考えた上で使うことが大切です。

橋本様ご夫妻にはお世話になりました

こちらもお見合いなどでお世話になったとか、ビジネス用のお付き合いでお世話になったという時に、このような言い方をすることはあります。

橋本様ご夫妻に直接言うということもありますが、改まった場で話をするときにも、このような言い方をすることがあります。

そのようなシチュエーションであれば、きちんとご夫妻という言い方を使用するべきというところがあります。

ご夫婦という言い方をするということもなきにしもあらずですが、やはりご夫妻と言った方がきちんと改まったと印象を受けるので、このような使い方をした方が良いところがあります。

「夫妻」と「夫婦」の違い分かりましたか?

夫婦と夫妻の使い方について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

基本的に夫妻というのは、改まった言い方をするというのと、目上の方に言うというのは覚えておきましょう。

何か改まった招待状を出す時は、絶対にご夫妻にした方が良いというところがあります。

ただそれも関係性によるところがあるので一概には言えません。

基本的に身内などに対しては、夫婦という形をした方が良いでしょう。

そして夫妻に関しては改まった場であること、そして目上の方であるということは押さえておき、使うシチュエーション間違えないようにしましょう。

先ほども具体例に話をいたしましたが、社長の場合は社内なのか社外なのか、それとも出席している人は取引先もいるのか、社内の人だけなのかということも判断基準になってくるところがあります。

このように少し使い分けが難しいところがありますが、もし新社会人ということであれば周りの様子を見て、どのような使い分けをしているのかというのも、しっかりと見て勉強してみてはいかがでしょうか。