CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「ずっと前から好きでした」と言われたら嬉しい?言われた側の25個の意見


告白するときの言葉はどのようにしようかと悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

では、男性が告白される時に言われて嬉しい言葉とは、どのような言葉があると思いますか?

ずっと前から好きでしたと言われる言葉について、男性はどう思うのかについて詳しく解説していきます。

この記事の目次

告白の定番「ずっと前から好きでした」

もちろん、言い方を少し工夫する必要はありますが、ずっと前から好きでしたと言われて決して悪い気はしません。

あまりにもジトッとした感じで言うと、なんとなくストーカー気質のような感じで怖がられてしまうこともあります。

明るくカラっとか、ちょっと照れながら程度がベストです。

爽やかに言うのも良いですし、なかなか気恥ずかしくてもじもじしてしまうということがあったとしても、恥ずかしがっていることを前面に出すような感じにしましょう。

そうすることによって、嬉しいと感じる男性は圧倒的に多いのではないでしょうか。

「ずっと前から」で時間を意識させる

では、「今ずっと前から好きでした」の「ずっと」という言葉、前から一途に想い続けていたのだなという印象を与えることができます。

だからこそ、ここで一途そうな印象を与えることができるのです。

もちろん清楚な感じの女の子が言うのは様になっていますが、一見派手そうに見えるような女の子でも、そのようなキャップが男性の心に刺さるところがあります。

だからこそ、「ガラじゃないからちょっと…」などと気にする必要はありません。

どちらかと言うと、ガラではないというような感じの女の子が一途さを出すというのは告白を成功させやすいところがあります。

男性女性問わず異性に惹かれるポイントとして、ギャップをあげている人が多いです。

ギャップがあるという事はその驚きというのが、好印象につながったりするというところもあります。

例えば、強面な男性にもかかわらず虫が怖いというようなこともギャップといえます。

どちらかと言うと、表情1つ変えずに虫を殺しそうな印象がするような強面の男性が、虫に驚くという様子を見て、かわいいと感じる女性も多いです。

特に女性は母性本能が強い人が多いので、それで守ってあげたいなどと思うようになり、男性として意識するようになるとも言われています。

このようなキャップは、女性であっても使うことができます。

大人しそうな女の子であればもちろんですが、たとえ派手そうな女の子でも、ずっと前から好きだという事は嘘ではないとしたら、このように告白するのも手です。

「好きでした」というストレートな言葉

好きでしたというのも非常にストレートで、素直な気持ちだからこそ心に刺さる一面がありますよね。

いろいろな男性がいるので一概には言えませんが、男性は女性に比べると、空気を読むのが得意ではない人が多いです。

それがうまい人だと、女性慣れをしているような人も多いでしょう。

そうでないタイプだと、直接的に言われないとわからないところもあります。

そのような意味で、好きでしたというストレートな言葉は、多くの男性に響く言葉となるでしょう。

言われた側の意見にはこんなものがありました


では、実際に言われた側は、どのような思いを抱いているのでしょうか。

実際にずっと前から好きでしたという言葉で告白された男性の方にアンケートを取ったデータがあるので、紹介します。

このように思う男性がいるということで、告白をする勇気になったらいいなと思いますね。

確かに告白は勇気がいることですが、この言葉が付き合いの第一歩となることがあります。

では、言われた側の意見について見ていきましょう。

1.想いの強さが伝わった

やはり、このように言われることで想いの強さが伝わるようです。

好きでしたという言葉がストレートで逃げ場のないような言葉ですので、後で弁明をするのは難しいです。

このように、勇気を出して告白してくれたということで、想いの強さが伝わるという事は男性側も強く感じているのでしょう。

このように告白してもらうことで、伝わる思いや、そこまで自分を好きでいてくれたのだという喜びを感じている人が多いです。

2.出会った頃からの思い出が蘇った

その女性と初めて出会った時の思い出が蘇ったという人もいます。

今までは、数多く出会った中の女子の1人というような印象を抱いていて、そこまで印象深く思っていなかったという場面ではあっても、告白されることによって、出会った頃からの思い出が蘇ることもあるでしょう。

もしかしたらこの頃から、自分のことを好きでいてくれたのかなと思うような思いに駆られることから、出会った頃からの思い出を思い出すこともあるようです。

ここまでの思い出が蘇ったのだとしたら、告白されたら皆さんがそこら辺の女子から、特別な女子に変わった瞬間になったと表現しても良いのではないでしょうか。

3.健気さが伝わった

男性は多かれ少なかれ、なんだかんだで女性に健気さを求めているところがあります。

男性には保護本能がありますので、健気に努力をする女性を守ってあげたいという気持ちになることがあるのです。

男性はこのような保護本能を引き出すタイプの女性は、女性として意識することが多いです。

男性の本能レベルを刺激するようなタイプの女性ですので、一気に恋愛対象になるということも十分にあります。

4.驚きがあった

その男性にとってどんなタイプの女性だったかにもよりますが、やはり驚きを持って見た人が非常に多いようです。

ただの友達の1人と思っていたら非常に驚きを感じるのではないでしょうか。

明らかに、好きそうだというような態度を出さない限りは、全く気付かなかったこともあるかもしれませんね。

特に女性の多くは対人スキルも高く、男性ほど単純ではない人が多いです。

男性にもいろいろな人がいるので一概には言えませんが、基本的に男性は単純な人が多い傾向にあります。

ずっと前から好きでしたという告白をされることで、喜びを感じるのは圧倒的に男性の方が多いです。

なぜ女性はそこまで多くないのかと言うと、本当に好きな男性から告白されたのであれば、女性は単純に喜ぶものです。

しかしともすれば、ストーカーのような気質を感じて薄気味悪く感じるようなタイプの人もいます。

この言葉の裏を読むのが、女性はうまい傾向にあります。

もちろん男性でもそのような人はいますが、どちらかと言うと男性は素直にその好意を感じて嬉しく感じるところがあるのではないでしょうか。

だからこそ、どちらかと言うとずっと前から好きでしたと告白されることによって、嬉しい驚きを覚える男性の方が多いのではないかと推測されます。

5.より一層嬉しく感じた

基本的に好意をもたれるのは人間的には悪い気がしません。

たとえ異性として意識してなかったとしても、やはり人に好かれるのは非常に人間としては嬉しいものです。

逆に、人に嫌われるのが怖いと感じるのは、理由があります。

なぜなら、もともと人は群れで生活をするからです。

その群れから外れると、基本的に人は生きていけません。

いじめなども、そのようなことから起こってくるところがあります。

いじめをなくそうと言っているにもかかわらず、なかなか問題が解決しない理由としては人間がそのような本能的な部分があるからです。

人は敵と一緒に戦う時が団結力を増す一面があります。

良く無い傾向ではありますが、例え特に害を及ぼすタイプの人ではなくても、攻撃をしやすいタイプの人を選んで、群れの中の共通の敵と見なしてしまう傾向にあります。

魚の世界でもいじめはありますので、集団で暮らすタイプの生物の性なのでしょう。

だからこそ逆に、好きと言われると群れの中で肯定され、居場所ができる事から自分に敵意があるとか、自分の敵になり得る人に向けられる恋愛感情ではなければ、嬉しく感じられる傾向にあります。

だからこそ、多くの場合は、好きだと言われると嬉しく感じられるものです。

だからこそ、告白されたら迷惑なのではないかと不安に思うことなく、臆することなく告白して欲しいなと願っています。

6.シンプルで伝わりやすかった

基本的に男性には回りくどい言い方をするよりかは、シンプルに伝えた方が伝わりやすいところがあります。

せっかく告白したのに、意味を理解してくれていないとせっかく勇気を出して告白してもらったにもかかわらず意味がない状態になってしまいます。

だからこそ、シンプルで伝わりやすい言葉で告白するということが非常に大切です。

そのような意味では、ずっと前から好きでしたというような告白の仕方は非常に理にかなっています。

いつから好きなのかということも説明していますし、何より好きでしたという気持ちを正直に告白しているというのが、ストレートに気持ちが伝わりやすい良い一面があるのでしょう。

7.思わず「俺も」と言いたくなった


もし、自分も実は気になっていたとなると、「俺も」と言いたくなってしまうこともよくあるようです。

むしろ、「俺も」と言ってしまった人もいるかもしれませんね。

そこから、お付き合いがスタートすることから、お付き合いのきっかけにもなります。

恋愛においては、結婚している夫婦に比べて自由であることから、関係性も保証されていません。

だからこそ思いがあるということであれば、早く伝えた方が良いのは言うまでもありません。

そのような意味で、先手必勝で告白をして思いを伝えるようにしましょう。

もしかしたら「俺も」という言葉を聞きだすことができるかもしれません。

8.女性として意識するようになった

女性もそのような人はいるかもしれませんが、男性の多くはもっと単純で告白をされただけで、すでに女性として意識してしまうこともあります。

たとえその時に「考えさせて」と言われて終わったとしても、諦める必要はありません。

告白をされてから、すっかり女性として見るようになってしまったということもあり得ます。

もしかしたら、踏ん切りがつかなくて友達からと言うかもしれません。

いきなり、何も意識していなかった人が意識をし始めたということで、恋人になるのは難しいかもしれません。

しかし一方で、告白をされてからは、単純に友達としてみるのは難しくなってしまいます。

そこで、友達としては付き合いになったとしても、決してあせらずあきらめずに付き合いを続けてみてはいかがでしょうか。

なんだかんだで女性として意識してしまい、結果的に友達から恋人関係に発展するということもよくあります。

9.大事にしたいと思った

自分を好きでいてくれる人は基本的に大切にしたいと思うものです。

特に男性は保護本能がありますので、その気持ちは非常に大きいものがあります。

もし友達として仲がいいけど、まだ付き合うには発展していないのだったら、思い切ってずっと前から好きでしたとか告白してみてはいかがでしょうか。

ただの友達として付き合っていても、大切にしたい恋人に昇格する可能性が十二分にあります。

10.これからも一緒にいたいと思った

告白された男性の方が、女性の方は気にいっていたり、もしくはちょっといいなと思っていたとか、付き合う姿が想像できる位であれば、これからも一緒にいたいという印象にさせることができます。

しかし、あまり好きなタイプではなかったというようにあまりいい印象がなかったとしても気にすることはありません。

印象が悪いという事は、少なくとも無関心ではないことです。

だからこそ初めは印象が最悪でも告白するのは可能です。

だからこそ、第一印象が最悪にも関わらず、なんだかんだで付き合い始めてから結婚するという流れもよくあることです。

11.独占したくなった

独占したい気持ちになったのならば、恋人になるチャンスもぐっと近づいてきています。

どうでもいい人は、どうなろうとあまり気にならないところがあります。

ただ、他の誰にも渡したくない気持ちになったとしたら、告白はほぼ成功しているのではないでしょうか。

このような気持ちになることから、ずっと前から好きでしたという告白は非常に有効であるといえます。

12.誠実さが伝わった

ずっと前から好きだったと告白されることによって、同じ人をずっと想い続けることができる誠実さを理解してもらうことができます。

だからこそ、このように告白をされた男性は、その女性の誠実さが伝わったところがあるのです。

例えば、女性として付き合っていく事は考えられなかったとしても、親切でいい人なんだなという印象を与えることができるでしょう。

そのような点では、良い印象を与える告白方法と言っても良いのではないでしょうか。

13.一途さが伝わった

ずっと前からという言葉があるように、一途な気持ちをアピールすることができます。

一途というのは、やはり人間にとって魅力的な部分と言えるでしょう。

若い頃はモテる人が魅力的に見えても、だんだんと年齢を重ねてくるとこの誠実さに非常に助けられる部分があります。

例えば結婚生活にしても、また新たに好きな人を作ってくるとしたら生活は安定しません。

経済的にという意味ではなく、精神面においても安定しない一面があるでしょう

実際にそのようにモテる人でなおかつ浮気性の人と付き合っている人は、いつまた違う人を連れてくるのではないかと不安を感じながら一緒にいる人が多いです。

14.幸せにしてあげたいと思った

これからこの人と女性として付き合っていこうという時に幸せにしてあげたいと思ったと答える男性もいます。

男性はプロポーズをされるよりかはする方が、うまくいくと言われています。

それは何故かと言うと、自分でこの人を幸せにしてあげたい想いから、その覚悟でプロポーズをするからです。

最近は女性からのプロポーズもありますが、覚悟が決まりきっていないとうまくいかないこともよくあると言われています。

確かに告白がきっかけだったのかもしれませんが、このようにして幸せにしてあげたいと思えたという事は、うまくいく予兆と言っても良いでしょう。

15.感動した

ずっと前から好きでしたという告白は、非常にストレートであることから感動を引き起こしやすいですよね。

非常にストレートで、誤解のしようがない言い方と言っても良いのではないでしょうか。

だから、まっすぐな言葉を勇気を出して言った事は、言われた側の反動を引き起こすことになります。

だからこそ、この告白の言葉に感動する男性の方も多いのではないでしょうか。

16.特別感を感じた

告白をする事は、つまりその人が特別だからというところもあります。

そこでストレートな気持ちを言ってくれたことで、特別感を感じたという声が非常に多いです。

やはり、好きな異性に特別視をされるのは非常に嬉しいものです。

だからこそ、この特別感を感じたのは非常に良い意味と捉えても良いでしょう。

17.真剣さが伝わった

やはり、この言葉というのはストレートで、嘘がない事から真剣さが伝わるところがあります。

真剣だからこそ、このようにストレートに告白してくれたと感じるところがあります。

だからこそ真剣さが伝わったという感想を言う人が大変多いです。

やはり真剣なこの気持ちを伝えるには、このようなストレートな告白の方が良いのでしょう。

18.付き合った後のことも想像できた

このストレートな告白の後に、付き合ったことも考えられるということになると、ほぼ付き合いが現実のものとなるでしょう。

男性は女性のようにそこまで強い想像力は持ち合わせていない可能性が高いです。

いろいろな人がいるので、男女差があるとは言い難いところがありますが、やはりどちらかと言うとそのように想像して、どのように事を運んでいったらいいのかということを想像するのは、どちらかと言うと女性の方が得意としています。

しかし、そのような男性でもこのように想像ができるという事は、現実に近づいていると言っても良いでしょう。

そう考えると、このように素直に告白をすることによって、相手の男性にこのような想像をかきたてるような感じの告白をしてみるのも1つの手でしょう。

19.いい子だなと思った

とにかく、男性には良い子だなと思ってもらったほうが良いのは言うまでもありません。

やはり第一印象はその人の印象の7割を占めると言われています。

悪い印象だからと言って、もうダメになってしまうわけではありません。

先ほども触れたように無関心ではないということから、印象を逆転させる方法だってあります。

だからこそ悪印象だからといってあきらめないといけないわけではありません。

しかし、印象が良い方が話を聞いてもらいやすい可能性が高いです。

例えば、同じことを注意されたとしても、「お前に言われたくない」というような感じの人から言われると素直に聞けなくなるでしょう。

ただ、それが好きな人だったりすると、素直に言うことが聞けたりするのではないでしょうか。

だからこそ、第一印象が良いというのはそれが強みになります。

告白をすることによって、いい子だなという第一印象を良くすることができるという可能性もあります。

もちろんもう出会ってしまって、認知されている状態だとしても、意外にもこの子はいい子かもしれないと思ってもらえる事は、付き合いのきっかけになることもあります。

先ほども触れたように、印象が最悪だったとしても、ひっくり返すことができますので、告白をきっかけにこの子はいい子なのかもしれないと思ってもらうという方法もあります。

20.女の子らしさを感じた

やはり男性も人間ですので思いがあるということであれば、言ってもらったほうが素直にわかる一面があります。

そこで、どんなに照れながらであっても、素直に言葉を伝えることができたということで、そこに女の子らしさを感じるということもあります。

まるで友達のようで、普段は色々と男友達と同じような接し方をしていても、やっぱりこいつも女の子だったんだなと感じさせるものがあります。

ただの友達だったとしても、ここで女性として強く印象づけることができることもあるのです。

21.リードしてあげたいと思った

どちらかと言うと男性はリードしたいと思う人の方が多いです。

だからこそ、このような告白をすることによってリードしてあげたいという気持ちを引き出すことができたとしたら、気持ちは告白をしてくれた女性に傾いてくるところがあるのではないでしょうか。

よく心理学上でも、男性は右側で立ちたがるというような話を聞いた事はありませんか。

そうすると男性は右側に立つことによって、女性は左に来ることになります。

もし何か外敵が襲ってきた時にも、右が空いていることによって、利き手の右手で攻撃をすることができることから、リードする立場の方は、右側に立ちたがる傾向があるようです。

もちろん、女性でもリーダーシップがある人もいますので、そのような方もいるのかもしれませんが、このように男女関係においては右側に立ちたがるのは圧倒的に男性の方が多いです。

男性にリードしたい気持ちにさせたとしたら、その付き合いはうまくいく可能性が高いです。

22.自分の気持ちも正直に伝えたいと思った

以前から好きだった女の子から告白されたら、自分の気持ちも正直に伝えたいと思うようになるものです。

しかも、この1番勇気がいる告白を好きな女の子がしてくれたという事を考え、自分の気持ちを正直に伝えたいと思っているところもあります。

これは元から両想いだったという時に、言いたくなるようです。

もうここまで気持ちが固まっているということであれば、お付き合いするならそう時間はかからないでしょう。

23.真剣に向き合いたいと思った

このようにストレートに告白されることによって、真剣さが伝わった事から真剣に付き合いたいと思ったとコメントをしている方も大変多いです。

やはり真剣な思いには真剣に答えたいと思うのが人情です。

告白された男性がたとえ照れてしまって、ふざけてしまったとしても内心はそのように思っていることが多いでしょう。

真剣な思いだからこそ、試験真剣に答えたいというのは人としてよくある心情なのではないでしょうか。

それは、女性のみならず男性も同じです。

24.いつから好きになったのか気になった

ずっと前からと言うと、いつからなのかがちょっと気になるというのはやはり人間としては当然の真理なのでしょう。

ずっと前と言うと非常に抽象的なものです。

出会った頃かもしれないし、1年前からかもしれません。

そんなに気になるのなら、いつからかと言うことをちゃんと言ったほうがいいのかというと、そうでもありません。

このようにちょっと気になることがあることによって、結果的に告白をした女の子のことが四六時中気になるという状態になるからです。

そして、なんだかんだ言って意識をしてしまうことになります。

皆さんも、あいつはあなたのことが好きなんだよということを言われると、ついついその人のことが気になってしまうという事はありませんでしたか?

やはり自分のことを好きになってくれている人はどうしても気になりますよね。

そこから付き合いも発展したということもよく聞かれるのではないでしょうか。

直接的にストレートに告白してくれるけれど、その一方でいつからというがあまりはっきりとしないのは、ある意味戦略と言っても良いでしょう。

「ずっと前っていつなんだろう?」と気にさせることによって、だんだんと意識を向けさせることが可能です。

もし、もう気持ちが固まっているということでない限りは、「友達から付き合っていきたい」と言われることもあるでしょう。

それは何故かと言うと決め切れないので、どのような人か見極めたいという気持ちがあるからです。

25.抱きしめたくなった

ずっと前からという気持ちと告白自体で、抱きしめたくなったと言っている方も大変多いです。

ここまでの言葉が出るのでしたら、あともう1歩と言っても良いかもしれません。

そして、めでたく付き合いに発展すれば、この告白も良い思い出になるのではないでしょうか。

やはり、このようなストレートな言葉には、男性をそのような気持ちにさせるような言葉といってもいいのでは無いのでしょうか。

「ずっと前から好きでした」という告白は高評価!

ジトっとした気持ちの悪い言い方をすれば、印象の悪い言葉にもなりえます。

ただ、照れながらでも何とかその気持ちを伝えたり、爽やかにその気持ちを伝えることができれば高評価である可能性は高いです。

だからこそ、前から好きな人がいるのであれば、そのように告白してみるということも1つの手です。

例えば、今まで接点がなかったのに知り合って間もない状態で、明らかに嘘だとわかる場合は印象が悪くなってしまいます。

しかしそうではない限りは、疑われることもなく良い印象を持ってもらえる可能性が高いでしょう。

気持ちを伝えるのは非常に大切なことです。

少し照れるかもしれませんが素直に気持ちを伝えて、めでたく好きな人とのお付き合いをしましょう!

ページトップ