CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

飲み込みが早い人の16個の特徴!飲み込みが早くなる方法とは?


「飲み込みが早いと」行動も早くなりますし、スムーズに物事が進みますよね。

仕事でも、飲み込みが早い人と遅い人では差がついてしまうこともあるでしょう。

この記事では、飲み込みが早い人の特徴と飲み込みが早くなる方法をご紹介します。

これらのことを意識すれば、今よりは飲み込みが早くなるはずです。

ぜひ実践してみてくださいね。

飲み込みが早いことは強いメリット

飲み込みが早い人にはメリットがたくさんあって、デメリットはあまりありません。

飲み込みが早いと、周りから見ても頭が良さそうに見えますし、頼れる感じも出てきて、人柄としては「出来る人」と見られるでしょう。

デメリットをあえて挙げるとしたら、仕事が出来るので嫉妬の対象になることぐらいでしょうか。

それぐらいしかデメリットはありません。

ただ気を付けたいのは、「飲み込みが早い」と思って行動しても見込んでいたものと違って、いわゆる「早とちり」となってしまう場合もあります。

そうならないためにも「飲み込みが早い人」の特徴をしっかりと理解しましょう。

飲み込みが早い人は仕事ができる

みなさんの周りにいる「仕事が出来る人」は飲み込みが早い人の可能性が高いです。

そんな人を見ていると「自分もあんなふうになりたいな」と思うことでしょう。

仕事が出来る人は、人間的に多少クセがあっても、仕事をする場所である会社では一目置かれますし、それどころか皆から信頼の目で見られる事が多いです。

飲み込みが早い人は、気が利く人が多くて仕事以外でも気遣いが出来るので、モテる人が多いです。

飲み込みが早いのと、モテは関係ないような気もしますが、実際には飲み込みが早い人は、男女ともに評価が高いので上司からお見合いの話が来るなんてこともあります。

また飲み込みの早い人は、進んで何かをしようとする行動力がある人なので、チームリーダーに抜擢されることもあります。

飲み込みが早い人はデメリットはあまりないので、ぜひ飲み込みの早い人を目標に頑張ってみましょう。

「飲み込みが早い」と褒められたい!

人はいくつになっても誰かに褒められたいものです。

美人だとか可愛いだとかも言われていたいですが、やはり中身も褒められたいものです。

それは優しいだとか、思いやりがあるとかではなく、周りの誰かと比べて「秀でたもの」を褒められたいと思っているのが正直なところでしょう。

ましてや職場でなら、仕事で褒められたいものです。

職場で可愛いだなんて言われても何の得にもなりません。

そこで言われたいのが「飲み込みが早い」という言葉です。

「飲み込みが早いね」と声をかける対象は、新人さんに言うことが多いセリフです。

最近はパソコンの使い方なども刻一刻と変わってきて、飲み込みが早くないと付いていけない世の中になっています。

つまり飲み込みの早さは新人、ベテラン関係なく言われていく時代となったのです。

飲み込みが早い人は、生まれた時から飲み込みが早い訳ではありません。

日々の努力や経験がそうさせていることもありますので、もし周りに仕事が出来るね、飲み込みが早いねと言われている人がいたら、その人は努力している人だと認めてあげましょう。

飲み込みが早い人の16個の特徴


ここからは飲み込みが早い人の特徴をお伝えします。

飲み込みの早さは生まれ持った性格のようなものもありますし、生活習慣や経験から来る後天的なものもあります。

どちらにしても共通点があり、今からでも意識すれば自分に身に付くようなことばかりです。

特徴は全部で16個です、飲み込みが早い人が全部16個当てはまるわけではないです。

1つしか当てはまらない人もいれば、5つくらい当てはまる人もいます。

みなさんはこれから紹介する16個を読んでみて、自分に当てはまるものがあれば、それをどんどん生かして飲み込みが早く出来る材料としていきましょう。

逆に16個どれも当てはまらない人は、落ち込まずに見習ってみてください。

1.想像力がある

ここで言う想像力は、おとぎ話を作るような空想の想像力ではなくて、次の展開を想像できる力のことです。

飲み込みが早い人には想像力があります。

簡単な箱詰め作業をさせても、想像力がある人とない人では作業効率が違ってきます。

想像力のある人は箱に物を詰める時、どう詰めたらキレイに箱に収まるかを考えます。

逆に想像力のない人は、後先考えずに詰めていきます。

「飲み込み」とは予見できる能力でもあるのです。

しかしこの能力は生まれ持って誰もが身に付いている能力ではありません。

経験がそうさせる能力なのです。

ページトップ