CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

飲み込みが早い人の16個の特徴!飲み込みが早くなる方法とは?


「飲み込みが早いと」行動も早くなりますし、スムーズに物事が進みますよね。

仕事でも、飲み込みが早い人と遅い人では差がついてしまうこともあるでしょう。

この記事では、飲み込みが早い人の特徴と飲み込みが早くなる方法をご紹介します。

これらのことを意識すれば、今よりは飲み込みが早くなるはずです。

ぜひ実践してみてくださいね。

この記事の目次

飲み込みが早いことは強いメリット

飲み込みが早い人にはメリットがたくさんあって、デメリットはあまりありません。

飲み込みが早いと、周りから見ても頭が良さそうに見えますし、頼れる感じも出てきて、人柄としては「出来る人」と見られるでしょう。

デメリットをあえて挙げるとしたら、仕事が出来るので嫉妬の対象になることぐらいでしょうか。

それぐらいしかデメリットはありません。

ただ気を付けたいのは、「飲み込みが早い」と思って行動しても見込んでいたものと違って、いわゆる「早とちり」となってしまう場合もあります。

そうならないためにも「飲み込みが早い人」の特徴をしっかりと理解しましょう。

飲み込みが早い人は仕事ができる

みなさんの周りにいる「仕事が出来る人」は飲み込みが早い人の可能性が高いです。

そんな人を見ていると「自分もあんなふうになりたいな」と思うことでしょう。

仕事が出来る人は、人間的に多少クセがあっても、仕事をする場所である会社では一目置かれますし、それどころか皆から信頼の目で見られる事が多いです。

飲み込みが早い人は、気が利く人が多くて仕事以外でも気遣いが出来るので、モテる人が多いです。

飲み込みが早いのと、モテは関係ないような気もしますが、実際には飲み込みが早い人は、男女ともに評価が高いので上司からお見合いの話が来るなんてこともあります。

また飲み込みの早い人は、進んで何かをしようとする行動力がある人なので、チームリーダーに抜擢されることもあります。

飲み込みが早い人はデメリットはあまりないので、ぜひ飲み込みの早い人を目標に頑張ってみましょう。

「飲み込みが早い」と褒められたい!

人はいくつになっても誰かに褒められたいものです。

美人だとか可愛いだとかも言われていたいですが、やはり中身も褒められたいものです。

それは優しいだとか、思いやりがあるとかではなく、周りの誰かと比べて「秀でたもの」を褒められたいと思っているのが正直なところでしょう。

ましてや職場でなら、仕事で褒められたいものです。

職場で可愛いだなんて言われても何の得にもなりません。

そこで言われたいのが「飲み込みが早い」という言葉です。

「飲み込みが早いね」と声をかける対象は、新人さんに言うことが多いセリフです。

最近はパソコンの使い方なども刻一刻と変わってきて、飲み込みが早くないと付いていけない世の中になっています。

つまり飲み込みの早さは新人、ベテラン関係なく言われていく時代となったのです。

飲み込みが早い人は、生まれた時から飲み込みが早い訳ではありません。

日々の努力や経験がそうさせていることもありますので、もし周りに仕事が出来るね、飲み込みが早いねと言われている人がいたら、その人は努力している人だと認めてあげましょう。

飲み込みが早い人の16個の特徴


ここからは飲み込みが早い人の特徴をお伝えします。

飲み込みの早さは生まれ持った性格のようなものもありますし、生活習慣や経験から来る後天的なものもあります。

どちらにしても共通点があり、今からでも意識すれば自分に身に付くようなことばかりです。

特徴は全部で16個です、飲み込みが早い人が全部16個当てはまるわけではないです。

1つしか当てはまらない人もいれば、5つくらい当てはまる人もいます。

みなさんはこれから紹介する16個を読んでみて、自分に当てはまるものがあれば、それをどんどん生かして飲み込みが早く出来る材料としていきましょう。

逆に16個どれも当てはまらない人は、落ち込まずに見習ってみてください。

1.想像力がある

ここで言う想像力は、おとぎ話を作るような空想の想像力ではなくて、次の展開を想像できる力のことです。

飲み込みが早い人には想像力があります。

簡単な箱詰め作業をさせても、想像力がある人とない人では作業効率が違ってきます。

想像力のある人は箱に物を詰める時、どう詰めたらキレイに箱に収まるかを考えます。

逆に想像力のない人は、後先考えずに詰めていきます。

「飲み込み」とは予見できる能力でもあるのです。

しかしこの能力は生まれ持って誰もが身に付いている能力ではありません。

経験がそうさせる能力なのです。

先ほどの箱詰めの作業も、キレイに詰められた人は過去に箱詰めのアルバイトをしていたのかもしれません。

もしくは、似たような作業経験があるのでしょう。

しかし想像力は実際に経験したことでなくても、自分が経験してきたことを切り取って、これからしようとしている未経験なことに当てはめることも出来るのです。

つまり色々と経験していないと、想像力を出すのは難しいのです。

2.記憶力がある

記憶力に悩んでいる人はたくさんいると思います。

新しい職場に行った時に、仕事を教えてもらってもなかなか覚えられずにいる人もたくさんいることでしょう。

しまいには「何度も同じ事を言わせるなよ!」なんて怒鳴れたりして。

または、そんな風に言われたくないから、作業内容が分からなくても聞かずにそのまま進めたり。

そして結果的に良くない方向へ進んでしまったりするはよくあることです。

記憶力には個人差があります。

どうでもいい昔のことを1ミリも間違えずに思い起こせるのに、昨日の晩御飯は何食べたか忘れた人などもいて、記憶力にはいろんなタイプがあります。

ただ共通して言えるのは、その時の心のありようです。

何か仕事を教えてもらっているのに、「覚えなきゃ!覚えないと怒られる!」と他のことを考えている人は仕事は覚えられません。

この場合「他のこと」とは「怒られる」と考えてしまったことです。

自分で自分に恐怖を与えてしまうと、パニックになり覚えられるものも覚えられません。

何か教えてもらっている時は余計なことを考えず、そのことだけに集中しましょう。

たとえ一回で覚えられなくても、何度聞いても良いのです。

とにかく覚えるまでは恥かきながらでも覚えていくことが大事なのです。

自分の体裁は横においておきましょう。

3.理解力がある

理解力がある人は飲み込みが早いです。

ただ、この理解力は人によってその能力の差が大きく違ってきます。

小さなころから絵本を読んできた人、読書をしてきた人は理解力が高いと言われています。

勉強をずっと頑張ってきた人も理解力が高い人と言えるでしょう。

しかし世の中、理解力が高い人ばかりではありません。

自分は理解力がないと落ち込んでいる人が大勢いるのも事実です。

理解力が乏しい理由の1つに、自分のレベルに合わない場所にいる。

そんな理由もあります。

いきなり専門的な仕事について、誰かに説明されたとしても分かるものではありません。

理解力に苦しんでいる人は、まずは自分が今どんな所にいて、その場所は自分のレベルに合っているか考えてみましょう。

突然自分の能力に合わない場所にいたとしても、理解力は後でついてくることもあります。

しかし理解力が伴うまでに多くの時間を費やしたり、精神が擦り切れることもありますので、自分の身の丈に合った世界で生きていくのがいい場合もあるのも1つの考えです。

4.観察力がある


飲み込みが早い人は、観察力があります。

観察力とは、ありのままを見る力のことです。

人は物事をありのままに見られない時があります。

例えば心が擦り切れている時、悲しい時、苦しい時、ありのままを見ようとせずに、自分の都合で見てしまうのです。

そして結果的に間違った判断になってしまい、間違った選択や行動をしてしまうのです。

そうならないためには、心をフラットにして話を聞いたり、見ることです。

人には色んな状態がありますが、なるべくなら平常心を保てるようにして正しく見られるようにしましょう。

正しく見れば、飲み込みも早くなれます。

観察力を高める方法があります。

それは新しい何かを始めることです。

人は新しい事をするとき注意深くなります。

その時に脳の中をフル稼働させて目の前にある新しい物を観察しようとするので、観察能力が高まっていくのです。

大袈裟なことはしなくても良いです。

新しい本を読む、新しい服を着てみる、新しいゲームをしてみる。

この程度で大丈夫です。

気になることがあったらぜひ新しいものにチャレンジしてみてください。

5.行動力がある

行動の後には必ず経験が付いてきます。

この経験こそが、飲み込みの早さを加速させるものとなるのです。

行動力がある人が、飲み込みが早いとされるのはそこに理由があります。

行動力があまりないと自分で思っている人にはだいたい2つの理由があります。

・面倒くさがって動きたくない
・行動を起こして失敗するのが怖い

この2つです。

この2つで、面倒くさがっている方が厄介で、これは何事にも通じる元凶と言ってもいいでしょう。

面倒くさがりは生活全般に関係してくるので、なるべくそのような気持ちは捨てるようにしてください。

失敗が怖い人は、あまり気にしないようにしましょう。

6.集中力がある

飲み込みを早くしたい人に必要なのが「集中力」です。

何かを覚えようとしても、頭の中に何かゴチャゴチャしたものがあるとなかなか覚えられません。

集中力がなくなる原因はいくつかあります。

・疲れている
・朝ごはんを食べていない
・心配事が頭から離れない
・今のことを考えなければいけないのに、次のことを考えている

などです。

朝ごはんは食べないと、脳に酸素がうまく供給できずぼーっとしてしまい集中力が欠けてしまいます。

心配事も大事な局面では忘れるようにしましょう。

4つ目の今のことを覚えなきゃいけないのに…は、せっかちな人にありがちです。

今集中しないといけないのに、次に自分はどうしたら良いか、どう動いたら良いのかと考えてしまうタイプです。

集中力は、普段の訓練で高めていくしかありません。

十分な睡眠、余計なことを考えないようにするなど、自分で意識して改善していきましょう。

7.手先が器用

手先が器用な人は、飲み込みが早い人でもあります。

手先が器用な人は、普段から手を動かしている人、何かしらの作業をしている人なので、何かをやらせても器用に進めていきます。

何かしらの作業とは編み物や模型を作るなどの細かい作業ばかりではありません。

いうなれば、自分の身の周りのことをしているかどうかです。

最低限の家事が出来ない人は、細かい作業も難しいでしょう。

家事には食器洗い、洗濯、掃除などがありますが、意外と細かい作業になります。

人間の手先の器用さはここから来るものです。

もし自分が、手先が不器用だと感じるなら、まずは家事から頑張ってみてください。

8.素直さがある

飲み込みの早い人は、人の話を素直に聞き入れます。

聞いた事をそのまま自分の中に収めて、行動が出来る人です。

逆に素直じゃない人は、誰かに仕事の説明をされていても「え?これって、こうした方が早いんじゃない?」とか「この人、教え方下手だわ。なんかイヤ」などと自分の感情を簡単に入れ込んできます。

結果、説明されていてもあまり覚えていないか、間違った方法で覚えてしまうことが多いです。

素直じゃない人は「でも・だって」が多く、「はい、わかりました」と言うことが少ないです。

性格にもよると思いますが、素直になることは礼儀でもあります。

いつも素直になれとは言いませんが、大事な局面では素直になって話を聞き入れましょう。

9.勘が良い

みなさんも当たりかはずれかは置いといて、「今日は何となく嫌な予感がする」とか、会って間もない人を見て「この人ちょっと関わらない方がいいかも」と思ったことはありませんか。

それらを総じて「勘」といいます。

飲み込みの早い人は、勘が良い人が多い傾向にあります。

勘が良い人は次に来ることをいくつか予測パターンを用意しています。

でもそれをすぐに出したりはしません。

しっかり観察してから行動に移します。

勘が良いのとせっかちは紙一重なので気を付けましょう。

勘が良い人は生まれながらに、勘が良いわけではありません。

いろんな経験をして勘を積み上げてきたので、人生経験をもっと豊かにして勘を育てていきましょう。

10.センスがある

あなたセンスがあるわね。なんて褒められたことありませんか。

センスと言ってもいろんなセンスがあります。

服を選ぶセンス、芸術的なセンス、料理のセンスなどなど。

飲み込みが早い人もセンスが良い人が多いです。

しかしそれは、その人の得意分野で違ってくるでしょう。

料理を覚える飲み込みは早いのに、裁縫のセンスは全然ダメなんてこともあります。

飲み込みの早さは、個人差がありますし、今立たされている状況によっても変わってきます。

もし自分は飲み込みが遅いなと思っている人がいるなら、その原因は自分の苦手とする分野だからかもしれません。

11.立ち回りが上手

「立ち回り」とは、芝居で使われる言葉です。

演技が上手いという意味ですが、芝居をしていない、私たちのような普通の人間にも使われます。

手際が良い人を想像するとわかりやすいかもしれません。

そういえば職場にこんな人いるなと思い浮かべた人もいるでしょう。

なんでもそつなくこなして、誰からも好かれるような人です。

もちろん仕事の飲み込みも早くて、嫉妬しちゃうくらい羨ましくなりますよね。

でもこのような人たちは、決して天性の才能とかではなくて、努力して勝ち得たものなのです。

立ち回りの良い人は、いろんな人間関係を経験してきた人です。

そして誰かに気を遣うことを苦と思っていない人なので、うまく立ち回れるのです。

そのような人の飲み込みの早さは、やはり経験から来ているものなので早いのです。

12.成長速度が速い

ここで言う成長速度とは、肉体的な成長ではなく、精神的や能力的なことを意味します。

飲み込みが早い人は、仕事を覚えるのが早いので、人より経験値が多くなり成長速度も早いです。

しかし成長速度は人それぞれです。

人と比べてしまうと虚しくなるので、比べるのはやめましょう。

人と比べてしまうと、その思いが頭の中でいっぱいになり、覚えなければいけないことを邪魔してしまいます。

飲み込みが早くなりたいなら、覚えることだけに集中するようにしましょう。

13.効率が良い

仕事の早い遅いは、効率がいいかどうかにもよります。

別な言い方をすると、要領がいいかどうかということです。

周りから見ていても不器用で、仕事の合間にも別なことを考えたりすることは効率が悪いです。

とはいえ、家庭内の仕事なら誰にも邪魔されず1つのことをこなせますが、大勢が集まる会社などでは、1つのことをしていても、次から次へと仕事が入ってきて効率よく仕事ができません。

そこで、効率よく仕事を進めるために考えたいのが優先順位です。

自分の仕事を一番にして、断れるものは断りましょう。

断ることで評価が下がるとかは考えないようにしましょう。

飲み込みを良くするためには、余計なことは考えずに自分のするべきことをしていきましょう。

14.信頼される

飲み込みが早い人は、周りから信頼されることが多いです。

何故なら頭が良さそうですし、素直な人間に見られるからです。

しかし、信頼されたいがために分かったふりをするのは良くありません。

飲み込みが早くなるまでには時間が掛かるものです。

焦らずにじっくりと自分と向き合い努力していくしか方法がないと思っておきましょう。

それに人の信頼は職場だけで分かるものではありません。

人から認められたいと思うあまりに、間違った方向で頑張ってしまうこともあるので気を付けましょう。

15.評価されやすい

飲み込みが早い人は、周りからの評価が高いです。

新入社員でも飲み込みが早い人は「あの人、仕事ができるね」と良い評価をされます。

その場での評価が良いと、他の評価も良くなる傾向があります。

職場は仕事をするところなので、人を仕事でしか評価できません。

なので仕事の評価が高いと、私生活での人間像が分からなくても自ずと評価が高くなっていきます。

とても羨ましいことです。

でもこれは決して過大評価ではなく、普段の真面目な私生活が仕事に反映されていることもあるのです。

16.失敗しても諦めない

飲み込みの早い人は、すぐに理解できる人を言います。

しかしすぐに理解する人は初めからすぐに理解してきたかと言えば、そうではないのです。

その場では、飲み込みが早いねと褒められても、過去にはたくさんの失敗をして、覚えてきたことが役立っている場合もあります。

結局のところ、飲み込みが早い人はこれまでにたくさんの色んな経験をしてきた人なのです。

何度も何度も失敗を繰り返して、飲み込みの早さを手に入れたのです。

なので、飲み込みが早い人になりたければ失敗を恐れずに経験を積んでいくしかないのです。

飲み込みが早い人になる方法

ここからは、飲み込みが早い人になるための方法をお伝えします。

誰もが理解を早めて、仕事を覚えたい。

趣味や生活に生かしたいと思っているものです。

ですが、どうやってその能力を身に付けて良いかはあまり知られていません。

最初にお伝えしておきますが、飲み込みが早い人になるには、努力が必要となります。

それはもしかすると何ヵ月、何年とかかるかもしれません。

気が遠くなりそうなこともありますが、でも身に付いたものは一生モノなので、頑張ってみましょう。

話をしっかり聞く

自分が物覚えが悪いと嘆いている人の特徴の1つに、話を聞いていないことがあります。

その人は、「聞いているフリ」はとても上手だったりします。

相手に良く見られたいと思うあまり、わかったような相槌を打ったりする、相手のご機嫌を取ったりと余計なことをしてしまうのです。

話を聞くというのは、簡単なようで難しいことです。

短い言葉や指示なら聞いて覚えることが出来ますが、長いと集中力が欠けてくることもあります。

ただの世間話なら、聞くとこは聞いて、あとは適当に相槌を打ってもいいのですが、仕事はそうはいきません。

仕事で話を聞くことのコツは、1つは余計なことは考えない、もう1つは聞くことに集中することです。

真剣に聞いているかどうかは、相手にわかってしまうものなので、真剣に聞いてください。

メモを取る

仕事を覚えたいから、飲み込みが早くなりたいという前提ならば、メモを取ることをおすすめします。

説明してくれている人の話を聞きながら、大事だと思われることはメモを取るのです。

そして後で分からないことがあれば見返すのです。

メモの取り方のコツとしては、説明してもらっている時にもメモを取りますが、後でもう一度メモを整理することです。

書いている時はメモするので精一杯ですから、グチャグチャになっているはずです。

ですので、もう一度書き直してみると仕事も復習できますので一石二鳥となります。

自分で調べる

飲み込みを早くしたいなら、事前に調べておくことをおすすめします。

これからしようとしている作業を事前に調べておくと、まったく知らない状態からするのよりは飲み込みが早く作業を進められます。

勉強もそうですよね。

授業を受ける前に予習をしておくと、すんなり頭に入ってくるものです。

また、事前に調べておくことで、説明を受ける時に質問をする時間の余裕も生まれてきます。

それに事前に調べておいたことを上司などが知れば、仕事に熱意がある人だなと評価も上がることでしょう。

見えない場所での努力が、飲み込みが早い人を成長させていくのです。

質問をする

たまに自分の分からないことを質問するのを怖がる人がいます。

質問することで、自分が頭の悪い奴だと思われたらどうしようとか、質問して嫌な顔をされたらどうしようと考えてしまいます。

そして分かったフリをしてしまうことがあります。

仕事で説明をされてわからないことがあれば、どんどん聞いていきましょう。

中には先ほど書いたように、嫌な顔をする人もいるかもしれません。

でもそれでもいいのです。

仕事を覚えるためには必要な傷つきなのです。

それに、説明する側も質問を待っていますし、質問された方が助かるのです。

その場でわかったふりをされるよりは数倍助かります。

なので、質問はしていきましょう。

そしてそのことを忘れずにメモして残しておきましょう。

まずチャレンジする

飲み込みを早くしたい、早く覚えたい。

それにはどうすればよいのか。

その答えは行動を起こすこと。

これが一番だと思います。

やはり行動して経験を積まない事には、全てにおいて飲み込みが遅くなるでしょう。

なのでまずは行動です。

何もしていないのに、飲み込みが早くなるなんてありえませんからね。

自分には〇〇がないと考えている人の大半は、行動力に欠けている可能性があります。

行動して経験を積めば、自分のコンプレックスなんて消えていきます。

もちろん覚えが悪いなんて悩むこともなくなるでしょう。

シミュレーションをする

先ほどお伝えしたように、飲み込みを早くするには事前に調べておくことが大事です。

調べておくことの他にもシミュレーションしておくことをおすすめします。

シミュレーションには大きな意味が2つあります。

1つは事前にしておくと、当日緊張しなくても済むこと。

もう1つは、シミュレーションをしておくことで、作業を早く覚えて進められることです。

面倒くさいかもしれませんが、やるとやらないとでは、雲泥の差がありますので、シミュレーションをすることをおすすめします。

あれこれ考えすぎない

何かを覚えようとしている時は、あれこれと余計なことは考えないようにしましょう。

あれこれと余計なことを考えている人の考えている内容は、たいてい自分に関することです。

覚えないと叱られる、覚えたら褒められるかな?難しいな覚えられるかな…。

という感じです。

自分が覚えられなかったらどうなるのか、という恐怖感も一緒に感じている人が多いです。

これは仕方のないことなのですが、できるなら集中力で仕事を覚えましょう。

自分のやり方を見つける

飲み込みが遅くなってしまうのは、自分に合ったやり方ではない可能性があります。

そう感じた場合は、自分のやり方でやった方が作業をスムーズに進められるかもしれません。

ただ、職場でだと説明を受けているのに、自分のやり方でやってしまうのと角が立ってしまいます。

その場合は、まずは説明されたやり方でやってスムーズに進むようになってから、自分のやり方でやってみましょう。

または、説明を受けた後に「このやり方はほんの一例です。もし自分に合ったやりかったがあったら、やってみてね」と言われたら、自分のやり方でやってみましょう。

後回しにしない

飲み込みが早い遅いは人それぞれですが、遅いからといって途中で投げ出すようなことはしないでください。

飲み込みが悪いのは仕方のない事です。

問題はその後どうするかでしょう。

飲み込みが悪いと嘆くより、根気よくそのことに取り組むことをおすすめします。

根気よく何かをするのは面倒くさいので、つい後回しにしがちです。

でも後回しにしてしまうと、後で後悔することになりますので、気持ちがあるうちにやってしまいましょう。

反省を活かす

失敗は成功のもと。と言います。

飲み込みが早いと覚えたつもりになっても、それが勘違いだったり、早とちりだったりすこともあります。

そんな時、大きな失敗をしてしまうこともあるでしょう。

そしてガックリと落ち込むこともあります。

そうなると失敗を恐れて新しい事をしたくなくなるものです。

でもそれでは、新しい道へは進めません。

怖いかもしれませんが、反省すべきところは反省してみて、もう一度トライしてみましょう。

そうして経験を積んでいけば、いつか飲み込みが早い人になれますよ。

失敗を引きずらない

失敗をすれば誰でも落ち込んでしまうものです。

または、失敗をしてそのことでパニックに陥る人もいるでしょう。

きっと誰もがそうなんだと思います。

しかしいつまでも失敗を引きずってしまっては、次へと進めません。

飲み込みが早いと言われている人は、たくさん経験をしている人です。

その中には大きな失敗をしたり、恥ずかしい思いもしてきた人たちなのです。

自分の失敗は自分が思っているほど重大なものではありません。

自分が気にしすぎているだけなのです。

なので失敗はいつまでも引きずらずに前を歩いていきましょう。

飲み込みが早い人になるには毎日の努力が必要

飲み込みが早い人の特徴と、どうすれば飲み込みが早くなるかをお伝えしました。

飲み込みが早くなるには、やはり努力が必要のようです。

そして時には悲しい思いや辛い思いをすることもあります。

でもこれは「飲み込みを早くする」ために必要なことなので、根気よく取り掛かっていきましょう。

ページトップ