支度に時間がかかりすぎて、いつも時間ギリギリになってしまう。

相手を待たせる事に罪悪感を感じつつも、改善ができない。

世の中には支度に時間がかかる人というのがたくさんいます。

明日、着ていく服を事前に決めていたものの、いざ着てみたら自分に合わない気がする。

今日の気分の服ではない。

支度に時間がかかる人というのは、優柔不断な傾向があります。

辿り着くわけもない「完璧な支度」を目指して、あーでもない、こーでもないと、時間を費やしてしまいます。

時間というのは有限ではありません。

また、支度に時間をかけることで、自分だけではなく、あなたに関わっている人の時間まで奪ってしまっていることも…。

有限ではないからこそ、もっと有益なものに時間を費やすべきではないでしょうか。

今回のテーマは「支度」について。

支度が早い人の特徴、そしてあなたが支度に時間がかかる理由について徹底解剖していきます!支度時間を改善するために、是非参考にしてみてください。

この記事の目次

あなたは支度は早い方?遅い方?

あなたは支度は早い方ですか?遅い方ですか?支度に時間をかけすぎてしまい、人を待たせた経験が何回もあるという方は、支度に時間を費やし過ぎているかもしれません。

特に女性は、メイクや髪型と、支度に時間がかかってしまいます。

そのため、遅刻が日常茶飯事になっている女性も少なくありません。

そもそも、効率的に支度ができず、時間がギリギリになってしまっている状態というのは精神的にも良くありません。

焦りから、何か忘れ物をしてしまったり、結局メイクが最後まで出来上がらなかったりなど、ボロが出てしまいがちです。

支度が早い人にはこんな特徴がありました


逆に、時間は必ず守る…むしろ待ち合わせ10分前には必ず集合しており、支度も完璧にできている人もいます。

支度が早い人というのは、時間の使い方が上手です。

効率的に支度ができ、また無駄な時間の費やし方をしないということを徹底しています。

そのため、人を待たせることはありません。

支度が早い人というのは、共通点があります。

支度を効率的にできるようになりたいと考えるのであれば、まずは支度が早い人の特徴を知っておきましょう。

では、支度が早い人の具体的な特徴をお伝えしていきます。

1.決断力がある

支度が早い人は、「決断力」があります。

一度決めたら、変えることはありません。

決断が翻ることがないからこそ、あーだこーだと悩む時間もなくなるため、支度に時間がかからないのです。

支度に時間がかかる人は「決断力」がなく、優柔不断な傾向があります。

一度決めたことを簡単に変えてしまうため、いつまでたっても結論が見出せなくなってしまうのです。

2.取捨選択ができる

支度が早い人は「取捨選択」をすることができます。

取捨選択ができるというのは、支度には必要不可欠なことです。

「これは必要か否か」の判断が即座にできるため、無駄に物を持っていくようなことはありません。

支度に時間がかかる人の多くが、身に着けるアクセサリーやバッグなどの小物品にまで時間を費やす傾向にあります。

しかし、そこまで時間をかける必要が本当にあるのでしょうか?
取捨選択ができるということは、ファッションの足算引算も即座にできるということです。

そのため、必要のないアイテムに時間をかけることもなく、スムーズに今日のファッションを決めることができるのです。

3.計画性がある


支度が早い人というのは、物事の進め方に計画性があります。

待ち合わせ時間から逆算して、「何時に起きるべきか。」「メイクにはどれくらい時間がかかるか。」等を算出し、スケジュール立てて動いているため、時間の使い方に無駄がないのです。

支度が遅い人は、計画性がないため、いつもギリギリになって行動してしまいがちです。

そのため、支度に時間をかけてしまいますし、あたふたと焦りながら準備をするという傾向に陥りがちです。

4.物事の優先順位を決めている

支度が効率的な人は、物事の優先順位を決めて行動しています。

時間がかかる且つ必ず必要なものは、時間の余裕があるときに先に決めておく。

例えば、メイクや洋服を着ることは早めに行ないます。

髪を巻いたり、アクセサリーを決めたりすることは、優先順位が低いため、後回しにしても良いことです。

支度の段取りが悪い人は、こういった優先順位が低いものから先に手を出してしまいがちです。

髪を巻いたり、アクセサリーを付けたりすることは、時間の余裕があればできます。

むしろ、髪を巻いてなくても、アクセサリーを付けていなくても、他人はそこまで気付きません。

絶対にやらなくてはいけないことを優先的に行うようにしましょう。

5.物の置き場所を決めている

支度が効率的にできる人は、家の中がきちんと整理整頓できています。

物の置き場所をきちんと定めているため、物がなくなったり、どこに行ったか分からなくなってしまったということがないのです。

物の置き場所を決めていると、準備などにも手間取らず、スムーズに行うことができます。

そのため、支度などに無駄な時間をかけず、最短で準備をすることが可能です。

整理整頓されていると、「どこに行ったっけ?」と慌てることもないため、アタフタせずに済みます。

物を探す手間がない

支度に時間がかかる人は、物を探す時間が長い傾向にあります。

普段から整理整頓していないと、どこに何があるか分からなくなるので、物を探すときにどうしても時間がかかってしまいます。

支度が早い人は、置く場所をきちんと決めているため、物を探す手間がありません。

いつも決まった場所に片付けているため、どこに何があるかきちんと把握ができているのです。

そのため、物を探すことに時間を費やすことはありません。

6.集中力がある

支度がスマートにできる人というのは、集中力が高く、支度をしている時は支度をすることに集中しています。

一方で、支度がスマートにできない人は、支度途中なのに、スマホを触ったり、テレビを見たり、はたまた掃除をし始めたり…と、他のことが気になりだして、支度に集中できていません。

結果、時間がどんどん経過していき、準備が間に合わなくなってしまうのです。

7.完璧を求めすぎない

支度が遅い人というのは、「完璧に支度をしなくてはいけない。」という固定概念があります。

メイクの崩れはないか、髪型は整っているか、服装は合っているか等、全てに完璧を求めてしまうため、ついつい支度に時間がかかってしまいます。

しかし、完璧に支度をしたとしても、時間の経過ともに、メイクや髪型は崩れていきます。

むしろ完璧に支度をしたら、その分だけ、メイクや髪型が崩れていくのが気になってしまうもの。

また、洋服やアクセサリーなど、良いものを身に着けてきてしまったばかりに、洋服が汚れたらどうしよう、アクセサリーがなくなったらどうしようという不安から、存分に楽しめないというケースもあります。

足りないものは現地調達も◎

支度には完璧を求めすぎないことも大切です。

メイクや髪型が崩れていたら、現地で直せばいいやという軽い気持ちで支度をすることがとても重要です。

完璧に支度をするよりも、その場でササッと対応ができる臨機応変力を持ちましょう。

また、「忘れ物をしたらどうしよう。」という不安から、何度も持ち物をチェックするという人もいます。

結果、持ち物が増えてしまって、鞄が重い…なんてケースに陥る人も多いのではないでしょうか?

足りないものは現地で調達するというくらいの軽い気持ちを持つことも大切です。

街に出ればデパートもありますし、メイク道具はコンビニやドラッグストアでも買えます。

街にお出かけするくらいであれば、足りない物はすぐに手に入ります。

そのため、「足りなかったらどうしよう。」なんて不安を抱く必要はないのです。

8.ポジティブ思考

支度に時間がかかる人は、マイナス思考な傾向があります。

「こんな服を着ていったら笑われてしまうのではないか。」「自分に似合わないのではないか。」そんなマイナスな感情が、支度の時間が長くなってしまう原因かもしれません。

支度に時間をかけない人は、プラス思考な傾向があります。

自分が選ぶものは、自分に似合っているという自信があります。

そのため、「あれにしようかな。」「これにしようかな。」という迷いもなく、支度をすることができます。

9.他人の意見に左右されない

そもそも、支度に時間がかからない人は、「自分が何を着たいか。」「自分のお気に入りのアクセサリーはなにか。」という軸で、洋服やアクセサリーを選んでいます。

他人にどう思われるかではなく、自分が何を身に着けたら、気分が上がるかという軸で選んでいるため、支度に時間がかかることはありません。

人の趣味というのは千差万別。

そのため、他人の意見に左右されていては、いつまでたっても悩みが尽きません。

他人の意見ではなく、自分が何を身に着けたいか。

その軸で支度をすれば、自然と支度にかかる時間も短縮できます。

10.一気にするのではなく、毎日少しずつ進める

支度が遅い人というのは、土壇場になって準備をしようとする傾向があります。

土壇場になってあれこれ決めようとすると、迷いが生じて時間がかかってしまいます。

支度の時間を短縮したいのであれば、毎日少しずつ自分に似合うチョイスを固めておくといいでしょう。

支度が早い人というのは、洋服のチョイスというのを予めしています。

このシャツにはこのズボン、スカートと、組み合わせを事前に決めているのです。

支度に時間がかかる人というのは、「このシャツには何を合わせよう。」というコーディネートから始めるので時間がかかりがちです。

支度に時間がかかる人は、新しい洋服を買う時に、「可愛い。」「欲しい。」という気持ちで購入しています。

一方、支度に時間がかからない人は、「あの服に合わせよう。」と、事前に何に合わせるか決めて、洋服を購入しています。

そのため、無駄なく洋服をコーディネートできるのです。

11.物事を先延ばしにしない

支度に時間がかからない人は、物事を先延ばしにしません。

やるべきことは、先延ばしにせず、すぐに対応する。

焦って対応する状況を作らないことを心掛けています。

物事を先延ばしにしなければ土壇場で焦ることもなく、落ち着いて処理をすることができます。

「焦る」という状況を作り出さないこと。

そのことが、支度に時間をかけないコツだということを肝に銘じておきましょう。

12.何事にも冷静に対応できる

支度に時間がかからない人というのは、何事にも冷静な対応ができます。

それは、時間に余裕があるからできることです。

前もって準備をしておくことで、何が起きても冷静に対応ができるのです。

「時間の余裕=心の余裕」でもあります。

いざという時に焦らないためにも、気持ちと時間には余裕を持てるように備えておきましょう。

13.柔軟な対応力がある

支度が効率的にできる人は、柔軟な対応力があります。

何かあった時も、臨機応変に対応できる瞬発力と度胸があり、戸惑ったり、アタフタすることはありません。

一方、支度に時間がかかる人は、自分が想像していた通りにいかないと、すぐにアタフタしてしまい、パニックに陥ってしまいがちです。

焦って、あれやこれやとやっているのに、なかなか決まらない。

決断力がないばかりに、悪い方向にどんどん向かっていってしまうのです。

14.さらに効率化できる方法を常に考えている

効率化を常に考えている人は、支度もテキパキとこなすことができます。

そもそも、無駄な時間を費やしたくないと考えているため、支度であれやこれやと悩む時間すらもったいないと感じています。

そのため、頭の中で自然に「効率的にできる方法」を考えているのです。

効率化するためには、時間を逆算していくことが大切です。

終わりをきちんと定めて、それまでには何をしなくてはいけないかということを、きちんと段取りを決めていくこと。

そうすることで、物事を効率よく対応できるようになります。

15.荷物が少ない

支度に時間がかからない人は、必要最低限の荷物しか持ちません。

鞄なども小さい…時によっては、手ぶらに近いこともあるくらい、荷物の量が少ない傾向にあります。

そのため、物を探す手間もないですし、鞄の中に何を入れようと考える手間もなくなります。

荷物が少ないということは、効率的に支度ができるということ。

どこに何があるか分からないということも無くなるため、迷いが生じることはなくなります。

もしかしたら使うかもしれない物は持たない

支度に時間がかかる人は、「これも必要なのではないか。」と不安になってしまい、ついつい物を多く鞄の中にしまいがちです。

結果、自分の鞄の中に、何が入っているか分からず、いつも支度するときに、鞄の中身を確認するということを繰り返しています。

支度に時間をかけない人は、もしかしたら使うかもしれないというものは持たないと決めています。

必要となったら、買えばいい。誰かに借りればいい。

そんな軽い気持ちでいるからからこそ、不安な気持ちを抱えることなく、スマートに支度することができます。

支度が遅い人にはこんな特徴がありました

支度が遅い人の特徴には、共通点があります。

自分自身が支度が遅い方だと感じるのであれば、支度が遅い人の特徴を知って改善することが大切です。

自分が陥ってしまいがちな傾向を知ることで、対策をすることができます。

それでは、具体的に支度が遅い人の特徴をお伝えしていきましょう。

1.優柔不断である

支度が遅い人は、「優柔不断」な傾向があります。

一度決めたことなのに悩んでしまって、あれやこれや考えて振り出しに戻ることもあります。

他人の意見にも左右されがちで、流されてしまうためなかなか決めることができません。

優柔不断な人は周りからの目や、他人の意見を気にしすぎてしまうため、自分の考えや意見がぶれてしまい、ゴールが見えずにさまよっている状態です。

2.優先順位をつけられない

支度が遅い人は、優先順位をつけることが苦手です。

物事には必ずといっていいほど優先順位があります。

支度でも、優先的にやらなければいけないことから取り掛かるべきなのにも関わらず、つい他のことに手を出してしまい、最終的には何も終わっていない…なんてことに陥りがちです。

優先順位を決めることができないと、どうしても迷いが出てきてしまいます。

行動にも一貫性がなくなり、注意力散漫になり、集中力も途切れてしまうようになります。

何事にも優先順位を決めて行動する癖を身に着けることが大切です。

3.目についたものから始めている

支度が遅い人の多くが、目についたものからとりかかる傾向があります。

しかし、本来であれば、優先的にやらなくてはいけないことがあります。

すっぴんでは出かけることができなかったり、メイクに時間がかかるのであれば、メイクから先にとりかかる。

メイクは後回しでいいのであれば、まずは洋服を着て準備に取り掛かる。

きちんと、順番立てて物事には取り組みましょう。

目についたものから始めると、後から抜けが出てきます。

「あれをやっていない!」と気付き、あたふたして、結局待ち合わせに間に合わない…なんてなってしまわないように、目についたものから始めるということは避けましょう。

4.片付けが苦手

支度が遅い人は、片付けが苦手な傾向があります。

片付けができないため、どこに何が置いてあるかわからない…結果、物を探すのにも時間がかかり、支度が段取り良くできなくなっているのです。

片付けが苦手な人の多くが、「どこに何を置くか決めていない。」という傾向にあります。

その日の気分で置く場所を変えるため、物がなくなってしまうのです。

服を脱ぎっぱなしにしたり、アクセサリーをその場に置いてしまうのは、悪い癖だと認識しましょう。

また、整理整頓ができていないと、自分の持ち物を全て把握できなくなります。

結果、無駄な買い物が増えたり、物が多くなってしまうというパターンに陥ってしまいがち。

段取り良く物事を進めたいのであれば、まずは片付けをしましょう。

5.集中力があまりない

支度が遅い人は、集中力があまりありません。

集中力がないため、目についたものが気になってしまい、ついつい支度以外のことをしてしまいがちで、気付いたら待ち合わせ時間に間に合わない…なんてこともあります。

集中力がない人は、時間管理が苦手な傾向があります。

何時までに何をやらなくてはいけないという認識を持てず、その場その場の気分で、物事に取り組むので、時間に間に合わないことがあります。

やらなくてはいけないことは集中して、集中力を身に付けることで時間を短縮できます。

すぐにスマホを触ってしまう

集中力のない人がやりがちな行動としてあげられるのが、「スマホを触る」ということです。

スマホというのは、ありとあらゆる情報が閲覧できるため、一度触ってしまうと、色んな事を調べてしまい、ついつい時間が経過してしまいがちです。

集中力を高めるのであれば、スマホを触らないと決意することが大切です。

この時間まではスマホを一切触らないと決めて、集中力を高めて、物事に取り組みましょう。

スマホを触らない時間を定めると、スマホを触らないことにも徐々に慣れてきます。

6.完璧主義である

何事も完璧でなくては気が済まない完璧主義な人は、どうしても支度に時間がかかってしまいます。

自分が目指すメイクができない、このファッションじゃ気に食わない、今日の髪型の気分ではない…。

自分の求める完璧に忠実だからこそ、支度時間がいくらあっても足りなくなってしまうのです。

7.タスクを忘れてしまうことがある

支度が遅い人は、タスクを忘れてしまいがちです。

やらなくてはいけないことが、すっぽり頭の中から抜けてしまうため、ギリギリになって対応をするということも多くなります。

そのため、ミスも多く、上司からの評価が低い…なんて悪循環に陥っています。

タスク管理というのは、社会人としてはできなければいけません。

スケジュール管理ができていない

タスク管理ができていない人は、スケジュール管理が出来ていない傾向にあります。

この日までに完成をさせなくてはいけない場合、逆算して、物事の段取りを決めていきます。

しかし、スケジュール管理ができない人は、何の考えもなしに目の前のものから取り組んでいくため、納期通りに完成できないことが頻繁に起こります。

8.1日でやろうとする

支度が遅い人は、何事も1日でやろうとしがちです。

日頃きちんと準備をしておけば慌てなくて済むにもかかわらず、なぜか1日でやろうとしてしまいます。

そのため、期日までに間に合わなかったり、慌ててしまい、ミスが起きやすくなるのです。

段取り良く物事を進めるためには、何事も準備をすることが大切です。

日頃から、きちんと準備をしておけば、慌てることがなくなるため、心に余裕も生まれてきます。

整理整頓も、コーディネートも、パターンを決めておけば、支度に時間がかかることもなくなります。

日頃から、きちんと段取り良く進めましょう。

9.物事を先延ばしにすることが多い

支度が遅い人は物事を先延ばしする傾向があります。

物事を先延ばしにして、期日が来た時に慌てて対処する。

この繰り返しだと焦ってしまいますし、ミスも増えて信用もなくしてしまいます。

物事は計画的に進める必要があります。

いざという時、リカバリーができるくらいのスケジュールの余裕があれば、心にも余裕が生まれ、落ち着いて対応できるようになります。

物事は先延ばしにせず、前倒しで対応していくようにしましょう。

10.計画性がない

支度が苦手な人は、計画性がなく、時の流れに身を任せるように生きています。

そのため、間違えたことに気付かず、気付いた時には取り返しのつかないことになっていたということも頻繁に起こります。

きちんと計画を立てて行動していれば、自分のミスにも気づきやすいですし、リカバリーもしやすくなります。

また、段取りよく物事を進めることもできます。

計画性のなさが、段取りの悪さを引き起こしているのです。

11.自信がない

支度が遅い人は、あれこれ考え過ぎてしまう傾向が強く、自分の考えに自信が持てません。

そのため、「これで良いのだろうか。」という迷いが生じやすく、一度決めたことに対しても不安を感じてしまうようになるのです。

物事というのは、決断をする場面が幾度も訪れます。

そして、達成していくためには自信が必要です。

そして、この自信は「自分ならできる。」という根拠のない自信です。

誰しもが不安な気持ちは抱えていますが、前に進むために、勇気を振り絞っています。

自信がないからと、行動するのを諦めるのはずるい人間のやることです。

12.他人のことを考えすぎる

他人にどう思われるかということを考えすぎて支度が遅くなることもあります。

他人の目を気にして自分が着たい服さえも着れず、他人の顔色ばかり窺っているのです。

他人のことを考えすぎる人は、一度自分のやりたいように生きてみましょう。

案外、他人から指摘されることは少なく、のびのびと生きている自分に出会えるはずです。

他人がどうかではなく、自分が何をしたいかを考え、行動しましょう。

13.他人の意見に左右される

自分の考えに自信がない人は、どうしても他人の意見に左右されがちです。

誰かの意見に言いなりになっていたり、自分の考えとは違ったとしても、意見の多い方に従ったり…。

自分の感情を押してしまいがちです。

他人の意見に流されるということは、責任をとることもないですし、意見の言い合いになることもなくて、無駄な争いがなく生きられるかもしれません。

しかし、自分の考えとは違う方向に進んでいくことは、精神的にも辛いものですし、我慢をしなければいけないことがたくさんでてきます。

他人の意見ではなく、自分の意見を大切にすること。

自分は何をしたいのか、何を考えているのか。

きちんと整理をして、周囲に伝えましょう。

そこで関係性が終わってしまうのであればそれまでの関係です。

しかし、必ずあなたの意見を受け止めてくれる人はいるはずです。

14.目の前のことだけ考えている

支度が遅い人は、目の前のことだけ考えて行動しがちです。

落ちてくるタスクを淡々と、何も考えずにこなすだけ。

ゴールも見えずに行動していくと、あとで求められていたものと違うものが出来上がっていたなんてことにもなりがちです。

少し先の未来のことを考えられると◎

目の前の事だけ考えて行動するのではなく、「このような行動をしたら、どういう結果が生まれるだろうか?」という少し先の未来を考えられるようになると、行動や考えに変化が生まれるようになります。

自分の今の行動が無駄かどうかも判断できるようになるでしょう。

15.荷物が多くて重い

支度が遅い人は、荷物が多くて重い傾向があります。

そして、鞄の中身を見てみると、必要のないものばかりが入っていることが多いのです。

これは、鞄の中身だけではありません。

メイクポーチの中身がグチャグチャだったり、財布の中がレシートだらけだったり…。

とにかく、整理整頓ができていない傾向にあります。

鞄の中身、メイク道具、財布の中身は、必要最低限のものにすること。

不必要なものは、置いていくようにしましょう。

たとえば、メイク道具であれば外出時に必要なのは、「化粧直し」の道具だけです。

しかし、支度に時間がかかる人は、化粧下地やリキッドファンデーションなど、フルメイクの道具を入れがち。

荷物は最低限使うものを入れることで自然と整理整頓ができていきます。

自分の支度を見直してみよう!

支度が遅い人は、何が理由で支度が遅くなっているのかをしっかりと見つめ直してみましょう。

問題点が分かれば、解決に向けて行動するのみです。

考えが行動が変われば、段取りよく準備もできるようになります。

支度に無駄な時間を費やさず、スマートに支度ができるようになりましょう。