CoCoSiA(ココシア)

支度が早い人と遅い人のそれぞれ15個の特徴


いつも時間ギリギリになってしまうような支度が遅い人もいれば、支度が早い人もいます。

支度が遅い人は少しでも早くなりたいと思っている人が多いかもしれませんね。

いったい支度が早い人との違いはどこにあるのでしょうか?

この記事では、支度が早い人と遅い人のそれぞれの特徴をご紹介します。

支度が遅い原因を知って改善していきましょう!

この記事の目次

あなたは支度は早い方?遅い方?

あなたは支度は早い方ですか?遅い方ですか?支度に時間をかけすぎてしまい、人を待たせた経験が何回もあるという方は、支度に時間を費やし過ぎているかもしれません。

特に女性は、メイクや髪型と、支度に時間がかかってしまいます。

そのため、遅刻が日常茶飯事になっている女性も少なくありません。

そもそも、効率的に支度ができず、時間がギリギリになってしまっている状態というのは精神的にも良くありません。

焦りから、何か忘れ物をしてしまったり、結局メイクが最後まで出来上がらなかったりなど、ボロが出てしまいがちです。

支度が早い人の15個の特徴


逆に、時間は必ず守る…むしろ待ち合わせ10分前には必ず集合しており、支度も完璧にできている人もいます。

支度が早い人というのは、時間の使い方が上手です。

効率的に支度ができ、また無駄な時間の費やし方をしないということを徹底しています。

そのため、人を待たせることはありません。

支度が早い人というのは、共通点があります。

支度を効率的にできるようになりたいと考えるのであれば、まずは支度が早い人の特徴を知っておきましょう。

では、支度が早い人の具体的な特徴をお伝えしていきます。

1.決断力がある

支度が早い人は、「決断力」があります。

一度決めたら、変えることはありません。

決断が翻ることがないからこそ、あーだこーだと悩む時間もなくなるため、支度に時間がかからないのです。

支度に時間がかかる人は「決断力」がなく、優柔不断な傾向があります。

一度決めたことを簡単に変えてしまうため、いつまでたっても結論が見出せなくなってしまうのです。

2.取捨選択ができる

支度が早い人は「取捨選択」をすることができます。

取捨選択ができるというのは、支度には必要不可欠なことです。

「これは必要か否か」の判断が即座にできるため、無駄に物を持っていくようなことはありません。

支度に時間がかかる人の多くが、身に着けるアクセサリーやバッグなどの小物品にまで時間を費やす傾向にあります。

しかし、そこまで時間をかける必要が本当にあるのでしょうか?
取捨選択ができるということは、ファッションの足算引算も即座にできるということです。

そのため、必要のないアイテムに時間をかけることもなく、スムーズに今日のファッションを決めることができるのです。

3.計画性がある


支度が早い人というのは、物事の進め方に計画性があります。

待ち合わせ時間から逆算して、「何時に起きるべきか。」「メイクにはどれくらい時間がかかるか。」等を算出し、スケジュール立てて動いているため、時間の使い方に無駄がないのです。

支度が遅い人は、計画性がないため、いつもギリギリになって行動してしまいがちです。

そのため、支度に時間をかけてしまいますし、あたふたと焦りながら準備をするという傾向に陥りがちです。

4.物事の優先順位を決めている

支度が効率的な人は、物事の優先順位を決めて行動しています。

時間がかかる且つ必ず必要なものは、時間の余裕があるときに先に決めておく。

例えば、メイクや洋服を着ることは早めに行ないます。

髪を巻いたり、アクセサリーを決めたりすることは、優先順位が低いため、後回しにしても良いことです。

支度の段取りが悪い人は、こういった優先順位が低いものから先に手を出してしまいがちです。

髪を巻いたり、アクセサリーを付けたりすることは、時間の余裕があればできます。

むしろ、髪を巻いてなくても、アクセサリーを付けていなくても、他人はそこまで気付きません。

絶対にやらなくてはいけないことを優先的に行うようにしましょう。

5.物の置き場所を決めている

支度が効率的にできる人は、家の中がきちんと整理整頓できています。