今回は「ひねくれる」という言葉についてみていきましょう。

意味や使い方を例文を参照にして説明していきます。

また「拗ねる」との意味の違いについても解説していきたいと思います。

「ひねくれる」の意味とは

「ひねくれる」の意味とは、「性質・考え方などがねじけていて、素直でない状態。」となります。

つまり、「素直さがない」、という事です。

周囲の意見に同調せず自分の我を押し通す考え方といえるでしょう。

「拗ねる」との違いとは

一方「拗ねる」の意味は、「すなおに人に従わないで、不平がましい態度をとる。」という意味になります。

つまり、どういった態度をとっているか、ということになります。

しぶしび意見に従うから、それが態度にはっきりと表れている状態をいいます。

「ひねくれる」の例文


それではここからは「ひねくれる」の例文を紹介していきます。

例文の中身をよく理解して「ひねくれる」を正しく理解しましょう。

1.彼はひねくれ者なので、彼に対して反感を抱く人が多い

彼はひねくれ者=素直でない人、ということになります。

組織で決まったルールや規則に従わず自分勝手に振る舞うような行動をとる人のことをいいます。

このような人物があなたのチームや組織にいたら、確かに嫌でしょう。

反感を抱かれるのも仕方ないかもしれません。

2.彼女はある事件をきっかけにひねくれてしまった

恐らく、例文に登場する彼女は、そのある事件が起こるまでは普通の人間性だったのでしょう。

その事件をきっかけにして彼女はひねくれてしまったのですから、相当、心に傷を残した出来事だったのでしょう。

一旦、ひねくれてしまうと自分の力だけではどうしようもないものなのです。

3.彼のひねくれた言い方が気に入らない

「彼のひねくれた言い方」は、周囲にいる全ての人間にとって聞くに堪えない内容なのです。

そのような言い方を容認してくれる人物は、そうそう現れないでしょう。

気に入らない状況を作る、ひねくれた言い方とはつまり、誰かの悪口、批判、罵り、悪意を込めた攻撃的な発言や差別的な言葉です。

そのような言い方をされたら、ほとんどの人間はその人と距離を取る羽目になるでしょう。

4.授業でひねくれた態度をとっていた生徒が先生に注意されていた


この生徒は授業中に何かあったのでしょう。

それを先生に注意されて全くもって素直に授業を受ける態度になっていなかったので、さらに注意を受けたようです。

それで態度がますますひねくれたようです。

授業中は大人しく、授業に専念しましょう。

おしゃべりや騒いだりする行為はご法度に決まっています。

それを注意されてひねくれてしまうのなら、授業を受ける資格すらないという事になってしまうでしょう。

5.スマホのコードがひねくれている

この場合の「ひねくれる」は、コードが真っすぐにならずに複雑にこんがらがっている状態を指しています。

これではスマホが使いにくくてしょうがないでしょう。

ひねくれるという状況は、万人を困らせる状況なのです。

「ひねくれる」の類義語

それではここからは「ひねくれる」の類義語についてみていきましょう。

1.性格が歪む

「歪む」とは、真っすぐにならずに四方八方にそれてしまうような状態をいいます。

つまり、素直でない、ということになります。

性格的な表現でみると、「ひねくれる」の方がまだ、まともかも分かりません。

「歪む」になると、もはや手遅れの印象を受けてしまうでしょう。

2.天の邪鬼

「天の邪鬼(あまのじゃく)」とは、人の言うことや言いつけなどに素直に従わなかったり、世の中の常識と違った行動をとることをいいます。

そういった意味では「ひねくれる」と似た言葉です。

ただ、「天の邪鬼」にはまだ一抹の可愛さも残っています。

本人自身がそれを分かっていて、わざとそう振る舞っているそしりもあるでしょう。

3.へそ曲がり

「へそ曲がり」は、ほぼ「ひねくれる」と同じような意味合いでしょう。

つまり、自身の考えが正しいと言い張って、断固として折れないところがあるからです。

ただ、「へそ曲がり」な人は、「ひねくれて」いる人よりも、陰湿性においてはまだ大丈夫な印象は受けます。

それくらい「ひねくれる」という性格は根が深いということになります。

4.根性曲がり

「根性曲がり」も書いて字のごとく、素直さがないということです。

周囲の人と同調する気がなく、物事の根幹を決める部分が一般人とは大きく違っている印象を受けます。

ただ、当の本人にはそのような印象はなく、かえって自身の考え方に自信を持っている様子も伺えるでしょう。

5.性格が悪い

「性格が悪い」は、ほぼ「ひねくれる」と同義の類義語といえるでしょう。

世の中の多くの人がひねくれた人間のことを「性格が悪い」と判断するようなものです。

この両者は、ほぼ表裏一体。

意味的な相違はほとんどないといってもいいでしょう。

6.不良になる

「不良」とは、世の中の公序良俗に反して、ルールや規則を守らず羽目をはずした行動や言動をとってしまう行為です。

「ひねくれた」結果、不良になってしまうとしたら、この両者は同じ意味合いとなります。

しかし、「不良」には様々な遠因があります。

単に「ひねくれ者」が不良になってしまうという図式は少々、短絡的かも分かりません。

7.心根が腐る

「心根が腐る」は「根性が曲がっている」状態よりもひどい状態といえるでしょう。

そういった意味では「ひねくれ」の行き着く先という印象も受けます。

ただ、いくらひねくれさんだとしても、心根までが腐っているかどうかは判断できかねます。

それくらい「心根が腐った」人というのは、もはやひねくれた人を相手にするような感覚ではなくなっている、ということになります。

8.偏屈者

「偏屈者」とは、素直さがなく偏った考えを自身の判断基準にしている人物を指していいます。

そういった意味では「ひねくれ者」とほぼ同じ意味として捉えていいでしょう。

まあ、両者とも考え方がそうであって、悪意自体は持っていません。

ただ、周囲の人間からみたら付き合っていくのに骨の折れる相手といえるでしょう。

9.悪堕ち

「悪堕ち」は落ちるところまで落ちた状態であり、人の道を逸脱して救いようのない境界を超えてしまった人のことをいいます。

よって、単なるひねくれ者とは実態が大きく異なります。

もはや「悪堕ち」してしまうと元の世界に戻すのは至難の業です。

そういった意味で捉えると、ひねくれている人物はまだ、かわいい方ともいえるでしょう。

10.人の道を外れる

「人の道を外れる」も、「悪堕ち」同様、救いようのない悲劇性を感じさせます。

よって、単なる「ひねくれ」とは次元の違うきわどさがあります。

恐らく、ひねくれてしまった先に「悪堕ち」や「人の道を外れる」ことになってしまうのでしょう。

そういった意味では「ひねくれる」という行為は、取り返しのつかない事態への最初の一歩といえるかも分かりません。

できることなら、自分の考え方をよく吟味し、周囲の人とどれくらい分かち合えているのか。

自己判断する必要があると思います。

「拗ねる」の例文

それでは、ここからは「拗ねる」の例文を紹介していきましょう。

1.甥っ子は欲しいものを買ってもらえなかったので拗ねている

こちらは可愛い中身の「拗ねる」です。

皆さんも一度くらいはこのような経験があるのではないでしょうか?

幼子が欲しいものを買ってもらえなかった時の態度は歴然です。

あからさまに不満が態度に出ます。

泣く、叫ぶ、わめく。

これが拗ねるの最も象徴的な感情の表れでしょう。

中には大人になっても拗ねる方はたくさんいます。

しかし、さすがに泣いたりわめいたりはできません。

子ども時代の拗ね方が許されるのは、当然ながら幼かったうちまで、ということになります。

2.甥っ子が友達と喧嘩をして拗ねていた

幼い時の友達というのは、仲が良い場合と何かが原因で喧嘩になった時とで態度がコロッと変わります。

特に喧嘩をしてしまうと大変です。

ふくれっ面になり顔の表情から笑顔は消えます。

ただ、こうしていられるのもしばらくの間です。

時間が経てばケロッとした顔でまた仲良く遊べます。

これが子どもの時の拗ね方です。

ところが大人になってから拗ねてしまうと、大変です。

特に根の深い内容が原因だったら始末が悪くなります。

拗ねるのは、せいぜい子どものときのうちに終わらせておきたいですね。

3.彼女が拗ねてしまい、言うことを聞いてくれなくなった

付き合っている彼女を、何かの原因で怒らせてしまったのでしょう。

恋人同士で片方が拗ねてしまう光景は、さして珍しいことではありません。

拗ねるのも、女性の一つの武器です。

言う事を聞かないのも相手の様子を伺っているだけですから。

それに対して男性の方がどれだけ器の大きい所を見せられるか。

とにかく、彼女を拗ねさせてしまった原因をよく考えて、早めに対処してくださいね。

4.拗ねているような態度をとったので、理由を聞いた

人間、拗ねてしまうということは何か、原因があったからです。

原因もなしに拗ねる人間はまずいないでしょう。

「拗ねる」という態度をとってしまうのは、こちらの要望や要求を全く相手にしてもらえなかったから。

つまり、自身のプライドを傷つけられたからです。

よって、何が原因で拗ねてしまったのか。

それを聞き出してみることです。

この作業を通して、拗ねた人間とのより深い人間関係が構築される機会を作ることもできるのですから。

5.彼は拗ねているので機嫌が悪い

ほとんどの人間は、一旦拗ねてしまうと機嫌が悪くなってしまうものです。

これは男性・女性関係ありません。

機嫌が悪い人間の相手は骨が折れます。

時間をおいてから相手をした方がいいでしょう。

また、その人の器量の大きさを図るいい機会ともいえます。

つまり人間のできたスケールの大きい人は、もし拗ねてしまったとしても回復が早いということです。

できる事なら、時間が経ったらケロッとしてさっきまでの事を忘れているくらいの度量の大きさを培いたいものです。

「拗ねる」の類義語

それではここからは「拗ねる」の類義語についてみていきましょう。

1.素直じゃない

「拗ねる」という行為は見事に素直さのかけらもありません。

つまり、「拗ねる」=「素直じゃない」という公式が成り立ちます。

それだから拗ねているうちはまだ可愛い、ともいえるのでしょう。

拗ねるを通り越してしまうとひねくれになり、更に手の付けられない状態になりますからね。

2.真っ直ぐではない

人間、「拗ねる」状態のときは、真っすぐにはいられません。

必ずや曲がった態度になります。

自分の言い分を聞き入れてもらえないのですから仕方ないでしょう。

不満や不服がるようでは、とても素直に相手の意見を聞き入れる余裕がなくなるからです。

拗ねるという行為は、人間致し方ないですが子どものうちならまだしも、大人になってもそのような態度をとってしまったら、出世を含めて自身に損が舞い降りてくるだけになるでしょう。

3.駄々をこねる

「駄々をこねる」のも拗ねてしまった態度の表れです。

特に子どもにはその傾向がよくみられます。

困ったのは、だいの大人がそのような行為をとることがあるときです。

相手が恋人や彼女ならまだしも、職場の上司や立場ある人がこのようなことをやってしまったら、その人の立場も危うくなってしまうでしょう。

4.いじける

「いじける」は、拗ねる行為とかなり近い関係にあります。

ただ、態度の出し方が「拗ねる」よりも小さめだということです。

また、自尊心も傷つけられるので、自信を失ってしまう状況になります。

そういった意味では、まだ拗ねている方がましなのかもわかりませんね。

5.やさぐれる

「やさぐれる」とは、自分の思うような結果や状況が見込めなかったとき、半分、ふてくされてしまっって周囲の人に反抗的、反感的な態度をとることをいいます。

こうなってくると、拗ねるどころではありません。

場の雰囲気を悪くしてしまいます。

やさぐれないようにするためにも、物事を客観的にポジティブ思考で捉えたいものです。

6.なげやりになる

「なげやりになる」は、全ての事に対して、愛情も執念も持てなくなり、やりかけにして放置してしまう状態をいいます。

このような状態になるのも、「拗ねる」「ひねくれる」という過程を通過して起こってしまうのです。

なげやりになると、責任感を失ってしまい自暴自棄に陥るケースもあります。

ただ、人によっては立ち直りの早い人もいます。

その人の気持ちの持ちようによって結果が変わってくるでしょう。

7.ひん曲がる

よく「心がひん曲がる」というような言い方で代弁されます。

「ひん曲がる」も「拗ねる」の発展形といえるでしょう。

拗ねているうちは可愛いですが、心がひん曲がってしまっては取り返しがつかなくなります。

8.ふてくされる

「ふてくされる」は、ほぼ「拗ねる」と類義語扱いでいいでしょう。

人間、拗ねているうちは大抵、ふてくされています。

愛想も可愛さもなくなって顔つきは怖くなります。

これではいつまでたってもいいことが起こりません。

ふてくされた状態からいかにして立ち直るか。

あなたの器の見せどころでしょう。

9.口を尖らせる

「口を尖らせる」も「拗ねる」状況と大同小異でしょう。

つまり、怒りの表情ということになります。

何かに腹を立てているから口が尖ってしまうのです。

拗ねたときも同様に、口が尖ってしまうのです。

10.自暴自棄

自暴自棄は、拗ねる状況の発展形といえます。

拗ね方の程度にもよりますが、拗ねているときというのは気持ちが怒り一辺倒のはずです。

怒り方が度を過ぎてしまうと、冷静な気持ちでいられるはずもないでしょう。

そのようなとき、人間は自暴自棄に陥ります。

時間が解決する場合もあれば、別の要因が解決してくれる時もあります。

ただ、立ち直るのが困難な場合もあります。

腹を立てるのは人間ですから仕方ないですが、自己コントロールする術を覚えないとキリがないことにもなりかねません。

「ひねくれる」と「拗ねる」を正しく使い分けよう

今回は「ひねくれる」について解説してまいりました。

「ひねくれる」と「拗ねる」は似ているようで意味合いは微妙に違ってきます。

2つの言葉を正しく理解してあなたのコミュニケーション能力を高めるために使っていきましょう。