CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「気休め」とはどういう意味?使い方や例文、類語を解説


皆さんは、気休めという言葉を使いますか?

この記事では「気休め」とはどういう意味なのか、言葉の使い方や例文、類語などを解説していきたいと思います。

この機会に改めて学んでいきましょう。

この記事の目次

「気休め」の意味や使い方を学ぼう!

気休めという言葉はテレビ番組でも聞くことがありますし、本などでもよく見ることがあるのではないのでしょうか。

それほどによく使われています。

「気休め」の読み方

「きやすめ」と読みます。

読んでそのままですので、特に読みにくいという事はないでしょう。

「気休め」の意味


よくダイエットなどにもよく使われていたり、受験勉強が何かやらなければいけない場面について色々と言われる時に、気休めという言葉がよく出てきますね。

では、この気休めの意味について詳しく解説していきます。

その場限りの安心

気休めとは、その場限りの安心のことを指します。

例えば、本当は野菜を食べた方が栄養バランスも良いので、積極的にとっていきたいものです。

しかし野菜がどうしても好きではないなどで、野菜をあまりたくさん食べれない事情もあるでしょう。

そこで、安心のために野菜ジュースを飲むということで対処することもあります。

全く飲まないよりは良いのかもしれませんが、やはりできれば野菜を食べた方が良い一面がありますよね。

このように、一時的な安心のために少し良いことをするのが気休めと言います。

一時的な慰め

一時的な慰めという意味でも、気休めという言葉を使います。

解決に向かって現実的なアプローチをする方が良いのは言うまでもありません。

しかしながら人の話を聞く際に、共感することなく解決方法ばかりを提案するのは賢い方法とは言えないでしょう。

やはり、乗り越えるにはあらかじめ気力も必要となってきます。

たとえ一時的な気休めであっても、そこで安心感を得てから取り組むことができることによって、結果的に解決につながる力を身に付けることができる一面があります。

特に親御さんの場合だと、良かれと思って子供に色々とアドバイスをすることがあります。

確かに的確ではあるのかもしれないけれど、お子さんにもキャパがありますし、気力が消耗しているのにさらに努力するのは難しいです。

したがって、たとえ気休めであっても、お疲れ様という感じで声をかけて、結果的にお子さんの気力回復した方が良い場合もあります。

このように、気休めと言うとあまり良くないような意味合いで使われることもありますが、必ずしも悪いことばかりでもありません。

安心や慰めのための言動

安心や慰めのための言動も、気休めと言います。

先ほども触れたように、安心感を得てから物事を乗り越える力を蓄えるという意味でも、決して気休めは悪いことばかりでもありません。

その一方で、気休めばかりで前に進まないとなるとそれはそれで問題です。

例えば最近はニートなどの問題もありますね。

外に出て行くことへの不安を抱えているからこそ家にいるというような事情を抱えている方もいます。

したがって、働けと言ったり刺激を与えるだけでは解決しません。

その一方で、気休めばかりを言って安心をすることによって、親御さんが亡くなっていた時に全く身動きが取れなくなるようなところもあります。

したがって、気休めも必要ではあるものの、そこから現実的にどうやっていくかと言うことも視野に入れたり対策をしていかなければなりません。

例えばニートに関して例をあげると、まずは現状をそんなに責める必要はありません。

まずは外に出られない原因を取り除くということから始めてみることが現実的でしょう。

そのためにも、心療内科などにかかってプロの力を借りてみることから始めても良いのではないのでしょうか。

そして、いきなり平日に週5日8時間の労働というのは非現実的です。

初めは週に3回程度、かつ3時間程度のアルバイトから始めるのが現実的だと思います。

もし働くことにハードルを感じているのであれば、ボランティアに所属してみたりサークルに所属してみるのも1つの手です。

人間関係がネックになっているということであれば、非営利団体に属してみることから始めて、徐々に人と共にいることに慣れていったほうが良いでしょう。

このように気休めを何度も挟みつつ、無理のない程度でちょっとずつ前進していくことが大切なのです。

「気休め」の使い方


では、次に気休めの使い方について見ていきましょう。

精神を休める「気休め」

気休めとは主に精神を休めるということを指します。

やはり精神がフル稼働というのは非常に疲れるものです。

中にはバイタリティー溢れる人であれば、精神がフル稼働であってもそんなに疲れないかもしれません。

しかしそれは人によりけりですので何とも言えないところがあります。

例えば、習い事などをきっちりと詰めるのが好きな人がいます。

このように忙しくしている方が好きな人というのは一定数います。

このような人は肉体的にはもちろんでしょうけれど、精神的にもいろいろなものがいっぱい詰まっていると言うことでやり遂げる充足感を感じているところがあります。

しかし精神をフル稼働していたら心のエネルギーが切れるかもしれません。

だからこそ、気休めのような時間も重要なのです。

精神を休めて、また活躍するということを繰り返すことによって長く活躍することができます。

この考え方は生き方に当てはめても考えられるところがあります。

やはり、たくさん稼げるけど精神的に辛い仕事を無理にこなすよりかは、自分ができる仕事ならこなしたほうが結果的に生涯年収は上がる傾向にあります。

例えば看護師の仕事は、稼げる仕事だと言われています。

命を預かる重要な仕事ですし、何より夜勤等があったり不規則であることから、精神的にも肉体的にも重労働だと言われています。

しかし条件は良くても、このように心身の問題から離職する人も多いです。

したがって、離職率が非常に高い仕事と言っても良いでしょう。

看護師の仕事をずっと勤め続けるのは素晴らしいことです。

しかし体調を崩してリタイヤをしてしまったとしたら、高収入を得るということもできなくなります。

だからこそ、無理をしてしゃかりきに働き続けるというよりかは骨休めもしつつ、自分ができることをコツコツやっていくことも結果的に重要になってくるのです。

体を休める「骨休め」

気休めは主に精神的に休めることを指すところがありますので、体を休めるときは骨休めと言います。

骨を休めると言うと、必然的に全体的に体を休める形になるので、どちらかと言うと長い休息の時に使われる一面があります。

したがって、少しの休憩時間というような意味では骨休めという言葉を使わないところがあります。

文章では名詞として使用

気休めという言葉は文章では名詞として使われるところがありますね。

だからこそ、本などを読んでいると、色々と見る機会があるのだと思います。

会話で気軽に使える言葉

会話でも気楽に使える言葉です。

例えば、気休め程度に野菜ジュースを飲んでいるということを言ったり、気休め程度に10分の体操しているということを言ったりします。

確かに野菜はできればきちんとしたものをとるのが1番です。

ただどうしても、忙しくて料理がままならないとか、どうしても野菜が苦手という場合に、やはり全くとらないよりかは良いということで野菜ジュースを飲んだりします。

「気休め」の例文

では、気休めについての例文をいろいろと見ていきましょう。

いくらフォローされてもただの気休めにしかならない

生活をしているとフォローするという場面もありますが、やはり気休めにしかならない場面もあります。

確かにそれを行っては終わりといったところはありますが、やはりフォローされる側はそう感じてしまうこともありますよね。

しかし、気休めであってもだんだんと改善に向かって努力をしていくことを求められるケースも多々あります。

問題を後回しにしたところでそれはただの気休めだ

問題を後回しにするというのはよくやりがちですが、後回しにされただけで問題はそのままです。

例えば夏休みの宿題を例にとってみましょう。

夏休みの初めに全く手をつけない状態にしていた場合、初めは宿題がないように見えて楽かもしれません。

しかし、夏休みが終わっていくに従ってだんだんと現実に突きつけられるところがあります。

皆さんは、宿題をコツコツとやったりするタイプでしたか?

もしかしたら先に終わらせるようなタイプの方もいるかもしれませんが、終わりの方になって焦ってやっているという人も多いです。

終わり頃になって現実に直面し、精神的な圧力を感じているということもあるのではないでしょうか。

だからこそ、そのような問題の後回しは、基本的に気休めにしかならないところがあります。

やはり、なるべくそういうのは後回しにせずに早め早めにやったほうが精神的に楽になるのは言うまでもありませんね。

気休めにでもなればと思い彼女に優しく声をかけた

人間は生きていれば自分の力ではどうにもならない事も起きます。

例えば大型の地震が来たとか災害に見舞われたという場合は、人間の力では結局はどうすることもできません。

こんなにも文明が進んでいるにもかかわらず、地震は直前にしか予知する事ができません。

100年単位で災害がやってくるということもあり、忘れた頃にやってくることから、やはり災害の被害者が増えるところがあります。

具体例をあげると、以前に大きな津波に襲われた地域は、多くの場合は石碑が立っています。

この石碑より下に家を建てないほうが良いということが書かれているのです。

ただ漁師などで生計を立てている人がいます。

漁師で生計を立てている人にとっては海が職場です。

できれば海から近い方が仕事も楽にアクセスできますよね。

だからこそ、やはり海の近くに家が建ってくるのです。

そうすると、忘れた頃にまた津波がやってくるということになり、結果的に災害に見舞われてしまうこともあります。

効果のない風邪予防なんて気休めにすぎないだろう

風邪予防というのは非常に難しいです。

風邪自体が対処療法はできるけれど、風邪に根本的に効くような薬はまだ開発されていません。

だからこそ風邪予防も、効果がないものは気休めにしかならないところがあります。

日本人は昔から手洗いとうがいについて言われることがよくありますよね。

手洗いについては有効ですが、うがいについては科学的な根拠がないと言われています。

一時的にのどの表面を水でゆすぐ程度では風邪の菌は落ちないと言われています。

ではどうしたら良いのかと言うと、定期的に飲み物を飲んで風邪の菌を胃酸で溶かすようにするのが1番良いとされています。

だからこそ、うがいをするよりかは、こまめな水分補給のほうがよほど風邪予防になると言われているのです。

2020年時点でそのようなことが言われていますが、科学が進むことによってまた違う結果が生まれる可能性もあります。

気分の落ち込みが続くので気休めに散歩に出かけよう

気分がずっと落ち込んでしまうので、散歩に出かけるというの非常に有効な手段です。

基本的に明るい人は色々と外にいて楽しい気持ちを味わうことで充足感を得ているところがあります。

それは2020年のコロナウィルスショックによって、それが表に出たところがあるでしょう。

やはり、アクティブに出かけることによって気分転換ができる人も多いと言われています。

では、内向的な性格の人が外に出なくても良いのかと言ったら決してそうではありません。

おとなしい人ほど、内にいろいろなものを秘めてしまうところがあります。

だからこそ、気持ちが落ち込む人であれば、ある程度は散歩したりするなどで外に出ることが重要です。

例えば精神疾患として有名な鬱に関しても、外に出なかったりすることによって鬱になりやすいリスクがあると言われています。

また趣味がないとか、人とあまりコミュニケーションを取らない場合であっても、鬱になるリスクが高いと言われています。

しかし、あくまでもリスクという程度ですので、必ず鬱になるというわけではありません。

もしどうしても気持ちが沈んでしまうとか、嫌な感情がぐるぐると自分の中でぐるぐる回ってしまうということであれば、散歩に出かけてリフレッシュをするのは非常に有効です。

また、うつの精神疾患の治療に関しても、7分間の運動が幸福度を上げると言われています。

だからこそ、運動が大切なのですね。

初めは少々面倒に感じられるかもしれませんが、だんだんとそれが習慣になることによって、幸福度が上がってくるでしょう。

広い目で見ていたら、だんだんとそれは気休めではなく本当に良い気分転換になるのではないでしょうか。

「気休め」の類語

では、気休めの類義語にはどのようなものがあると思いますか?

いろいろな出来事がありますので見ていきましょう。

心休め

気休めの意味は、心を休めると言う意味ですので心やすめというのは非常に似ている言葉と言っても良いでしょう。

やはり、心身ともに走り続けたり前に進み続けるということでは疲れてしまいます。

ときには休むことも必要です。

例えば、勉強の際にも休憩なしでずっと勉強する方が凄いと思われるところがあります。

ただその一方で、いろいろな方にテストした結果、ところどころで休憩を取った方が結果が良くなっていると言われているのです。

皆さんは、「進め電波少年」と言う番組で、東大受験をした坂本さんと言う芸人さんを覚えていらっしゃるでしょうか。

結果的には東大ではなく、手当たり次第に受験をすると言う結果になりましたが、非常に有名な大学にも合格したと言うことで、8ヶ月の勉強の成果が出ているところがありました。

テレビ番組ですので、当初はできなければご飯の抜きと言うような感じでしたが、このように追い詰めて勉強するよりかは、頭を働かせるためには糖分が必要と言うことで、急遽砂糖などは食べても良いことになっていましたね。

このように、ぶっ続けでやれば何でもいいわけではありません。

ときには、休みも必要なのです。

それは、精神面についても言えることでしょう。

一息つく

一息つくと言うのも気休めと同義語と言っても良いでしょう。

先ほども触れたようにがんばり続けるというのはどうしても無理が出てきてしまいます。

バイタリティーにあふれる人でしたら話は別ですが、なかなかそうはいかないでしょう。

例えばYouTubeのHIKAKINさんを例に挙げると、タイムスケジュールを見ているとブラック企業並みに働いています。

しかし彼は好きだからそのような仕事ができているところがあります。

娯楽をやり続けてもそんなに疲れませんよね。

ゲームなら何時間でもできるという方も多いのではないでしょうか。

楽しいからこそ疲れないところがありますが、そうでなければ精神を病んでしまいます。

そこを敷き詰めることができるからこそ、大きく成長ができたと言うところでしょう。

したがって、凡人の場合は基本的にどんなに好きなことの場合でも、ある程度は一息つく必要があります。

やはり、走り続けたりやり続けるというか非常に疲れます。

だからこそ、一息つくというのは非常に重要ですね。

和らぎ

和らぎというのも類義語の1つと言っても良いでしょう。

どんなときにも基本的に和らぎが必要です。

特に受験勉強のような忙しい時期であっても、勉強ばかりと言うのでは疲れてしまいます。

だからこそ、受験勉強の休みと言うことでも和らぎますようなところがあります。

それは受験勉強ばかりではなく、大人になってから勉強が必要になることもあるのではないのでしょうか。

それが時に和らぎがあると言うのがいかにリラックスするのかというのがよくわかるところがありますね。

気を緩める

緊張状態が続くと言うのはやはり疲れてしまうものです。

2020年のコロナショックから見ても、それがよくわかるところがありますね。

やはり、基礎疾患などがあったり高齢者の方が亡くなっているところを見ると、怖い病気だと言うことで気を引き締めていると言うところがあります。

ただ、感染者数が減っていくにあたって、気の緩みが出てきていると言われています。

やはり、自粛生活は疲れてくるものです。

特に外食を趣味にしていたり、買い物を趣味にしていたりと、人が多くいるところこの方にとっては、非常に窮屈な自粛生活だったのではないのでしょうか。

だからこそ、少し感染者数が減るとだんだんと緩みが出てくると一面もあるのです。

その一方で、気が緩んだ時にまた第二波が来るということも言われています。

確かに気を緩めるのは良くないかもしれないけれど、あまりにも自粛ばかりだと疲れるので、上手に気分転換したいものですね。

それは、コロナが流行ってない時でも同じようなことが言えて、何かを制限しないといけないけれどうまく気分転換をしないとやっていけない時に、上手に息抜き方法を考えていきたいものです。

気を楽にする

気休めと同義語の言葉として気を楽にするという言葉もあります。

やはり、休みというのは気を楽にするところがあります。

ただ現実的にはかなり厳しいところがあっても、気休めでもポジティブなことを言ってもらえると頑張ろうという気持ちになったりしますよね。

そこで気を楽にするということもある程度必要な一面があるのです。

だからこそ、気休めと同義語なのですね。

楽観

気休めと言うとあまり良くないような感じもしますが、楽観的と聞くと良いイメージがあります。

根拠のない楽観的と言うと、そのまま転落してしまうようなイメージがあります。

しかし、厳しい現実を受け止めつつも楽観的に捉えられる人は、なんだかんだ言ってみんなが「どうするんだろう?」と思うような状態も軽々と超えているような人もいます。

何とかなると言って本当になんとかするような人がいますが、このような人は大抵楽観的です。

例えば年収が少ないことで悩んでいる人であっても、中古をうまく使ったりすることによって生活コストを下げて生活をしている人もいます。

しかしそこを悲観的に思うのではなく、「このようにしたら生活コストが下げられるし、あれもこれも持ってるし」と言うような感じでポジティブに捉えられる人の方が、明るく人生の生きることができる一面があります。

最近は不動産も場所によっては非常に値段が安く手に入りやすくなってきました。

このようにポジティブに考えられる人が、人生を渡り歩きやすいといったところなんです。

そのような意味で楽観的なのは非常に大きなメリットと言っても良いでしょう。

気休めと同義語ではあるけれど、ポジティブに捉えると言う意味では非常にポジティブに捉えられる意味なのではないのでしょうか。

光が刺す

また光が差すという言葉も気休めと近いものがあります。

確かに気休めと言うと1時的な光と言うような感じと言っても良いでしょう。

ただ、やはり一瞬の光であっても全くないよりはマシといったところです。

だからこそ、気休めであってもポジティブに捉えたりすることでうまく乗り切ることができるところがあるのです。

安んじる

また安じるいうのも、気休めと同義語と言っても良いでしょう。

ちょっと安心するというような感じですので、気休めと同じような感じです。

気晴らし

気休めと言うのは、ある程度の気晴らしに近いものがあります。

先程の恵にあげたように、気分が鬱々とするから散歩に出かけて気分を変える時にも、気晴らしになるところがあります。

気持ちが晴れない時にあえて明るいお笑い番組を見たりすることによっても気晴らしになるところがあります。

今は、コロナショックで未知の病との戦いがあります。

このような時は、免疫力が大切なのです。

コロナウィルスに感染しても無症状の人もいますし、風邪のような感じすぐに治ってしまっている人がいます。

ここにも免疫力が関係しているところがあるのでしょう。

このように不安の多い時代だからこそ、笑ったり心の安息を得て免疫力を上げるということが大切になってくるのです。

だからこそ気晴らしは今現在非常に大切なのではないのでしょうか。

大丈夫

気晴らしに声をかけるという例文もありましたが、大丈夫という意味で声をかけてあげると言うこともあります。

やはり、どんな不安があっても大丈夫だと思うことで乗り越えられることもあります。

大丈夫と言う事ばかり乗り越えられるわけではありませんが、何かを乗り越えるには精神的な安定も必要です。

だからこそよくない事態でも、ふてぶてしく笑うことができるようなタイプの人の方が乗り越えられることもあるのではないのでしょうか。

リラックス

気休めと同義語に見えないかもしれませんが、リラックスと言うのも気休めと同様です。

やはり、自転車でも遊びがないとうまく走らないと言うことがあるように、緊張ばかりではどうにもならないところがあるのです。

だからこそ、ある程度リラックスするということも人間には大切なのではないのでしょうか。

そのために色々と気休めなども言ったりすることもあります。

大変なことを乗り越えるときにはついつい頑張れと言ってしまうけれど、人間は頑張ることばかりでは息が詰まってしまいます。

ときには休憩が必要ですし、リラックスすることも必要です。

「気休め」を正しく使いこなそう!

いろいろなところで気休めと言う言葉を使われるところがありますが、どちらかというとあまりポジティブな意味合いではないところがあります。

だからこそ、使い方には注意が必要なところがあります。

確かにあまりポジティブな意味では使われていないかもしれませんが、一方で人間には気休めもある程度必要です。

2020年はコロナで自粛生活をしていましたが、ずっと家にいるばかりで息が詰まると言う人は、ときには散歩に出ても良いのではないのでしょうか。

基本的に人がたくさん密集するところに行くのは良くないと言われています。

だからこそ、そうではなくあまり人がいないところを歩くと言うだけでもリラックスできます。

あまりポジティブには聞こえない言葉ではありですが、このようにある程度の気休めは必要です。

ポジティブな意味合いを感じないために使い方には注意が必要ですが、うまく気休めをしていくようにしましょう。

ページトップ