CoCoSiA(ココシア)

「気休め」とはどういう意味?使い方や例文、類語を解説


皆さんは、気休めという言葉を使いますか?

この記事では「気休め」とはどういう意味なのか、言葉の使い方や例文、類語などを解説していきたいと思います。

この機会に改めて学んでいきましょう。

「気休め」の意味や使い方を学ぼう!

気休めという言葉はテレビ番組でも聞くことがありますし、本などでもよく見ることがあるのではないのでしょうか。

それほどによく使われています。

「気休め」の読み方

「きやすめ」と読みます。

読んでそのままですので、特に読みにくいという事はないでしょう。

「気休め」の意味


よくダイエットなどにもよく使われていたり、受験勉強が何かやらなければいけない場面について色々と言われる時に、気休めという言葉がよく出てきますね。

では、この気休めの意味について詳しく解説していきます。

その場限りの安心

気休めとは、その場限りの安心のことを指します。

例えば、本当は野菜を食べた方が栄養バランスも良いので、積極的にとっていきたいものです。

しかし野菜がどうしても好きではないなどで、野菜をあまりたくさん食べれない事情もあるでしょう。

そこで、安心のために野菜ジュースを飲むということで対処することもあります。

全く飲まないよりは良いのかもしれませんが、やはりできれば野菜を食べた方が良い一面がありますよね。

このように、一時的な安心のために少し良いことをするのが気休めと言います。

一時的な慰め

一時的な慰めという意味でも、気休めという言葉を使います。

解決に向かって現実的なアプローチをする方が良いのは言うまでもありません。

しかしながら人の話を聞く際に、共感することなく解決方法ばかりを提案するのは賢い方法とは言えないでしょう。

やはり、乗り越えるにはあらかじめ気力も必要となってきます。

たとえ一時的な気休めであっても、そこで安心感を得てから取り組むことができることによって、結果的に解決につながる力を身に付けることができる一面があります。

特に親御さんの場合だと、良かれと思って子供に色々とアドバイスをすることがあります。

確かに的確ではあるのかもしれないけれど、お子さんにもキャパがありますし、気力が消耗しているのにさらに努力するのは難しいです。

したがって、たとえ気休めであっても、お疲れ様という感じで声をかけて、結果的にお子さんの気力回復した方が良い場合もあります。

このように、気休めと言うとあまり良くないような意味合いで使われることもありますが、必ずしも悪いことばかりでもありません。

安心や慰めのための言動

安心や慰めのための言動も、気休めと言います。

先ほども触れたように、安心感を得てから物事を乗り越える力を蓄えるという意味でも、決して気休めは悪いことばかりでもありません。

その一方で、気休めばかりで前に進まないとなるとそれはそれで問題です。

例えば最近はニートなどの問題もありますね。

外に出て行くことへの不安を抱えているからこそ家にいるというような事情を抱えている方もいます。

したがって、働けと言ったり刺激を与えるだけでは解決しません。

その一方で、気休めばかりを言って安心をすることによって、親御さんが亡くなっていた時に全く身動きが取れなくなるようなところもあります。

したがって、気休めも必要ではあるものの、そこから現実的にどうやっていくかと言うことも視野に入れたり対策をしていかなければなりません。

例えばニートに関して例をあげると、まずは現状をそんなに責める必要はありません。

まずは外に出られない原因を取り除くということから始めてみることが現実的でしょう。

そのためにも、心療内科などにかかってプロの力を借りてみることから始めても良いのではないのでしょうか。

そして、いきなり平日に週5日8時間の労働というのは非現実的です。

初めは週に3回程度、かつ3時間程度のアルバイトから始めるのが現実的だと思います。

もし働くことにハードルを感じているのであれば、ボランティアに所属してみたりサークルに所属してみるのも1つの手です。

人間関係がネックになっているということであれば、非営利団体に属してみることから始めて、徐々に人と共にいることに慣れていったほうが良いでしょう。

このように気休めを何度も挟みつつ、無理のない程度でちょっとずつ前進していくことが大切なのです。

「気休め」の使い方


では、次に気休めの使い方について見ていきましょう。

精神を休める「気休め」

気休めとは主に精神を休めるということを指します。