CoCoSiA(ココシア)

友達がいない人にあるあるな10個の特徴。少ない原因とは?

友達が欲しいのにできなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

もしかしたら その原因はあなたにあるかもしれません 

自分ではその原因に気付きにくいこともあると思います。

そこでこの記事では、友達いない人にあるあるな10個の特徴をご紹介します。

この機会に原因を探って、友達を作るきっかけにしてみてくださいね。

変わる努力をすれば案外すぐに友達ができるかもしれませんよ!

友達がいない人の10個の原因・特徴

それでは、友達がいない人に共通する原因・特徴を10個ご紹介します。

自分に当てはまる特徴がないかチェックしてみてくださいね。

1.他人の気持ちを考えない

他人の気持ちを考えない人は、なかなか友達が出来ません。

他人の気持ちを察することができなければ、相手が不快な気持ちになってしまうこともあります。

相手の気持ちを考えない発言・行動は、相手のことを傷つけたり、迷惑になってしまう場合があります。

正しい人間関係を築くことができない人間は 「空気が読めない」「ウザったい」 というレッテルを貼られ、友達になりたいという人がいなくなっていきます。

人の気持ちがわからない人について詳細はこちら >

他人と接する時に「我慢ができない」のも悪いところの1つ

他人の気持ちを考えない人は、他人と接するときに自分のことを押さえられない場合も多いです。

誰もが、本音や建前というものを持っています。

もし、自分自身で「本音で思ったことを言うと、相手を傷つける気がする」という自覚があるのであれば、まずは本音を隠してコミュニケーションをすることも1つの手です。

そこから発展して親密になっていってから、本音でぶつかり合う関係になっていきましょう。

最初から本音でぶつかり合える人のほうが、友達としても付き合っていて楽なはずです。しかし、いきなり本音をぶつけるのは危険です。

自分が本当に思っていることを隠して、相手の気持ちを理解して尊重できるようにならないと、本音でぶつかり合える友人どころか、軽い友人でさえもできないでしょう。

自分の気持ちに正直でいるのが大切なこともありますが、 友人を作りたいと思っているときには我慢することも必要 です。

2.自己開示ができない

友達ができないは、自己開示ができない傾向があります。

自分のことをあまり話さない人には、自分もあまり深いことを話そうと思いませんよね?

自分の気持ちの深いところまで相手に話さなければ、相手と本当に分かり合うことは出来ません。

自己開示をすることが難しいと感じる人もいるかもれません。

しかし、 自分の心を開かない限り相手も自分に心を開いてくれない のです。

まずは自分から自己開示

交友関係はある程度の信頼の上に成り立っています。

その信頼を築くためには、自己開示が大事であると紹介しましたが、でもいきなり自己開示をすることは、誰しもが躊躇することです。

そのため、いくら待っていても相手から自己開示をしてくれることはほとんど無いでしょう。

だからこそ、自分からどんどん自己開示をすることによって、 まずは相手からも自己開示をして貰いやすい環境を整える ことが最初のステップとして重要になります。

3.人間味がなく感情が乏しい

人間味がなくて感情に乏しい人間も、なかなか友達ができません。

人間味が少ない人とは一緒にいても楽しくないからです。

友人には人間らしい人の方が良いと思っている人の方が多いはずです。

人間味が乏しくて、感情が現れない人は不気味には感じますが親しみは沸きません。

そのような人間とは、 友人として楽しく付き合っていくビジョンが見えない人の方が多い でしょう。

それが、人を遠ざけてしまう原因になります。