「友達がいない」という悩みは、恥ずかしいという思いが先立ってしまい、なかなか他の人に相談できないものです。

たしかに、一般的には友達がいないというのは寂しいというイメージがあるので、なかなか悩みを打ち明けられないですよね・・・。

友達を作るのが難しいというのは、皆さんも感じていることだと思います。

友達ができない原因はどこにあるのでしょうか?

この記事では、そういった友達ができない原因や特徴を紹介していきます。

「友達がいなくて寂しい!」と思っている方は、ここで自分に友達がいない原因を探って、友達を作るきっかけ作りに役立ててみて下さい。

「友達が出来ない原因」を解消して、逆の行動を取るだけで友達ができやすくなります!

友達ができない理由を診断してみたい人はこちら →

友達がいない人の10個の原因・特徴

それでは、まずは「友達がいない人に共通する原因・特徴」を10個を見て行きます。

世の中には「友達がたくさんいる人」もいます。

そういう「友達が多い人」と「自分」の違いを意識しながら、ここで紹介する内容を見てみて下さい。

「社交的か否か」が違いとも言えますが、もっと具体的な違いがたくさん見つかるはずです!

1.他人の気持ちを考えない

他人の気持ちを考えない人は、なかなか友達が出来ません。

他人の気持ちを察することができなければ、相手は不快な気持ちになってしまうこともあります。

相手の気持ちを考えない発言・行動は、相手のことを傷つけたり、迷惑になってしまう場合があります。

正しい人間関係を築くことができない人間は「空気が読めない」「ウザったい」というレッテルを貼られ、友達になりたいという人がいなくなっていきます。

他人と接する時に「我慢ができない」のも悪いところの1つ

他人の気持ちを考えない人は、他人と接するときに自分のことを押さえられない人間である場合も多いです。

誰もが、本音や建前というものを持っています。

もし、自分自身で「本音で思ったことを言うと、相手を傷つけている気がする」という自覚があるのであれば、まずは本音を隠してコミュニケーションをすることも1つの手です。

そこから発展して親密になっていってから、本音でぶつかり合う関係になっていきましょう。もちろん、これも少しずつ空気を読みながらですが。

最初から本音でぶつかり合える人のほうが、友達としても付き合っていて楽なはずです。ですが、いきなり本音をぶつけるのは危険です。

自分が本当に思っていることを隠して、相手の気持ちを理解して尊重できるようにならないと、本音でぶつかり合える友人どころか、軽い友人でさえもできないでしょう。

自分の気持ちに正直でいるのが大切なこともありますが、友人を作りたいと思っているときには、我慢できる人間にならなくてはいけません。

2.自己開示ができない

友達ができない人の多くは、自己開示ができない性格のようです。

自分のことをあまり話さない人には、自分もあまり深いことを話そうと思いませんよね?

自分の気持ちの深いところまで相手に話さなければ、相手と本当に分かり合うことは出来ません。

自己開示をすることが難しいと感じる人もいるかもれません。

しかし、自分の心を開かない限り相手も自分に心を開いてくれないのです。

まずは自分から自己開示

交友関係はある程度の信頼の上に成り立っています。

その信頼を築くためには、自己開示が大事であると紹介しましたが、でもいきなり自己開示をすることは、誰しもが躊躇することです。

そのため、いくら待っていても、相手から自己開示をしてくれることは、ほとんど無いでしょう。

だからこそ、自分からどんどん自己開示をすることによって、まずは相手からも自己開示をして貰いやすい環境を整えることが最初のステップとして重要になります。

3.人間味がなく感情が乏しい

人間味がなくて感情に乏しい人間も、なかなか友達ができません。

人間味が少ない人とは一緒にいても楽しくないからです。

友人には人間らしい人の方が良いと思っている人の方が多いはずです。

人間味が乏しくて、感情が現れない人は不気味には感じますが親しみは沸きません。

そのような人間とは、友人として楽しく付き合っていくビジョンが見えない人の方が多いでしょう。

それが、人を遠ざけてしまう原因になります。

また、感情が乏しい以外にも、完璧人間すぎて隙がない人も「人間味が乏しい」と思われる場合も多いです。

完璧な人間と一緒にいると「劣等感も刺激される」ので、これも友達が出来にくい原因の1つとなってしまいます。

人間味がないと、掴みどころが無い人と思われて「信頼されにくくなる」

人間味がない人のことを、人はなかなか信頼できません。

相手が人間味や感情を持っている人間なら、「この人なら、人の痛みを分かっているから裏切ることはしないはず」と信頼することができるのです。

人間味がない人を相手にしていると、本当に「この人は私のことを分かってくれるのだろうか」「信頼しても大丈夫だろうか」「私みたいな人間は簡単に裏切らないだろうか」という不安が湧き出てしまいます。

信頼関係を築くにしても、人間味がない人とはできません。

相手のことが何も分からず、理解することができないので、相手に信頼を置くことができないのです。

交友関係の基盤となる信頼関係ができなければ、そもそも友人などできるはずがありませんね。

4.他人に興味がない

他人に興味がない人も、友人ががなかなか出来ません。

なぜなら、他人に興味がないので、友人と呼ばれる人間のことにも興味を持つことができないからです。

ある程度の興味をその人に持ち続けられないと、友人関係は続きません。

相手の話を興味深く聞くことができなければ、お互いに話していて楽しくないからです。

また、相手に「こいつは私のことをどうでも良いと思っている」ことがバレてしまうと、避けられるようになるでしょう。

友達が少ない人、友達がいない人は、相手に興味を持つことができず、結局は友情が長続きしないということが多いのではないでしょうか。

最初は友人らしき人ができても、交流が乏しくなって「一生の友」はできない

他人に興味がないだけの人は、他の部分に問題がなければ最初は友人ができるでしょう。

浅い付き合いかもしれませんが、友人と呼ばれるような存在もできるのではないでしょうか。

例えば高校や大学に在籍している間には、特に寂しいと思うようなこともなく、友人ができるはずです。

ですが、他人興味がないので、すぐにその交流は乏しくなります。

自分から連絡を取るというようなこともないので、卒業後はすぐに交友関係がなくなってしまいます。

つまり、最初は友人ができるのに、「一生の友」と呼べるような人間関係は作れないのです。

友人だと思っていた人からも、数年後には結婚式に呼ばれなくなっているかもしれません。

そもそも、何年も経ったら連絡先も分からない状態になってしまっているかもしれません。

5.自意識過剰気味

自意識過剰気味の人も、なかなか友達が出来ないでしょう。

何をするにしても、自分のことが大切で、少しでも自分に否定的な言葉を言われると過剰に反応するので、「友達にすると面倒くさい」と思われてしまうのです。

何でも自分のことを話しているように思われるので、どんな話題でも自分の話に繋がり、そのうちに人は辟易して離れて行ってしまうでしょう。

深く知り合って、理解し合っている友達同士なら許されるかもしれません。

ですが、友達を作る、初めて会った人を友達にしたいという状況の中では、その行動はおすすめされません。

何でもかんでも「自分」という態度でいては、一緒にいる人がうんざりしてしまうからです。

友達を作りたいのなら、自意識過剰な態度を少し押さえて、自分の中では少し「おとなしめ」という状態でいた方が良いでしょう。

6.コンプレックスを持っている

コンプレックスを持っている人も、なかなか友達ができない事があります。

何をしているときでもコンプレックスを気にしてしまい、心から楽しくできないからです。

また、人と話している時に、少しでもコンプレックスを突かれると完全防御の姿勢に入ってしまう人は、面倒くさいと思われてしまうでしょう。

最初に友達を作るときには、怖い気持ちはあっても、自分を解放していかなければいけないのです。

コンプレックスを突かれないように自分を守ろうとしている人は、自分を解放することができないために、友達を作ることができません。

コンプレックスを解消するのは少し難しいかもしれません。

そもそも自分の中で「コンプレックス」を無くすか、「コンプレックスを気にする気持ち」を変えなければいけないからです。

ですが、その2つが難しいとしても、そのコンプレックスを突かれた時に「過剰な反応」を辞めることは何とかできるはず。

いきなり激昂するのではなく、やんわりと「やめてほしい」というようなことを伝えられるようにすれば、人間を遠ざけずにいることができます。

7.ネガティブだったり、否定的な考え方をしている

否定的な考え方をする人も、なかなか友達が出来ません。

ネガティブな人と付き合っていると、嫌な気分になるものです。

常に批判的に物事を見る人は、知人の意見でもすぐに批判します。

これは、友人にするには最悪な条件だと言えるでしょう。

「友達」は「一緒にいて楽しいと思える人」でなければいけません。

何事も否定的に見ていることが良いことではないのです。

「この人には何を相談しても否定されるだろう」と思うと、その人を遠ざけたいと思われるようになってしまいます。

それでは友達はできないでしょう。

自分では「毒舌」だと思っている言葉が、相手の心を傷つけている可能性もあります。

物事を全て否定的に見ている人は、相手を傷つけるような毒舌で、人を遠ざけていることもあるでしょう。

友達を作りたいと思ったら「毒舌」は封印して、相手を楽しませることを考えると良いでしょう。

8.言葉が詰まり会話が続かない

友達になるためには、会話はとても大切な要素です。

人と人は言葉でコミュニケーションを取るものなので、コミュニケーションが取れなければ友達になることはできません。

もちろん長年の付き合いがあるため、多くの会話がなくてもお互い分かり合っている人達はいます。

でもそういった人たちも、最初の頃はたくさんの会話をして、お互いに理解を深めたり、共感することが多かったり、一緒にいて楽しいと思っていたはずです。

言葉が詰まって会話が続かないというのは、極端にシャイな人にはありがちなことです。

この欠点があるために、話すのを怖がってばかりいては、会話力が身に付きません。

治すためには、勇気を持って色々な人と会話をして行くしかないのです。

言葉が詰まってしまっても、表情で語ることを増やすなど、相手とのコミュニケーションが円滑に進むような工夫もできるでしょう。

【会話が続かない原因は、こちらの記事もチェック!】

9.常に無表情

人と喋っている時に、無表情になっていませんか?

確かに無表情は楽です。

顔の筋肉を使わなくて良いですし、相手から自分の考えていることを悟られずに済むという意味でも、無表情でいることは楽でしょう。

ですが、話している時に常に無表情の人が相手では、会話が楽しくなりません。

「この人は私と話していても楽しくないらしい」「何を考えているか分からないから、話しかけにくい」と思われてしまうのです。

普段からポーカーフェイス気味の人は、知人と話すときに表情をクルクル変えるのは難しいかもしれません。

ですが、だからと言って自分が楽だと思う表情をしていては、「つまらない」と思われてしまいますよ。

「友達」は確かに利益に関係なく付き合うことができる人間のことを言います。

お互いのことを理解し合っているので、無表情な相手でも構わないという人もいるでしょう。

友達になって深く付き合ってしまえば、相手がポーカーフェイスであることも気にならないはずです。

ですが、最初からそうではありません。

最初はやはり「一緒にいて楽しい人間」「一緒にいて自分が気持ち良く話をすることができる人間」と友達になりたいと思うものでしょう。

本当は楽しんでいても、表情で楽しんでいることが伝わらなければ、相手は「つまらないと思われている」と考えてしまうのです。

相手に気持ちが伝わるように、最初だけでも笑顔でいることを心がけましょう。

深く知り合ってお互いを理解し合うことができたな、と思ったら少しずつポーカーフェイスに戻しても良いですが、最初から無表情を保っていては友達はできないのではないでしょうか。

10.不潔な外見

不潔な外見をしている人は、人から敬遠されやすくなってしまいます。

髪にフケがついている、髪やヒゲが伸ばしっぱなしで整えられていない、爪が汚い、服が汚い、靴が汚い、不快な匂いがするなどは最悪です。

男性で言うと、加齢臭がするのは嫌がられるタイプです。

また、男性の場合では、服の裾が黒ずんでいる、髪がワックスの付け過ぎで油っぽい、鼻毛が出ている、などは女性から避けられる原因になります。

同性では気にならないという人もいるかもしれませんが、異性から見ると嫌がれる原因になることもあるのです。

また、女性では、バサバサの髪や伸びすぎた爪、きつい香水、整理していない鞄などが不潔だと思われる原因になるようです。

特に、異性の友達ができないと悩んでいる方は、こうした不潔な外見が原因しているのかもしれません。

同性でも容認できないレベルなのか、異性だからこそ容認できないレベルなのかは人によって異なりますので、思い切って周囲に聞いてみた方が良いかもしれませんね。

生理的嫌悪を感じられやすい

不潔な外見をしている人間は、そもそも生理的な嫌悪感を抱かれやすいものです。

生理的に嫌悪感を感じる人間とは、友人になる前に知人にもなりたくないでしょう。

生理的な嫌悪感とは難しいもので、「相手にも何か事情があるのだから、こんな対応をしてはいけない」と理性では思っていても、無理だという感情の方が先立ってしまうものなのです。

色々な人から避けられており、友人どころか知り合いさえもできないという場合には、相手から不潔だと思われているのではないでしょうか。

自分では気付かなくても、匂いや外見の異常さは、たくさんの人の中に入ると目立ちます。

本当に自分が浮いていないのか、自分の外見におかしなところがないのか、しっかりと鏡を見てチェックした方が良いでしょう。

友達ができない理由を診断してみたい人はこちら →

やっぱり友達は居たほうが良い。いないと寂しいものです。

ここまでで紹介した内容で、友達がいない原因に心当たりはありましたでしょうか?

友達がいると、煩わしい人間関係に悩ませられることもあります。

それでも友達が欲しいと思っている人は多いです。

その最大の理由は寂しさ。

家族とは違う良さが、友達にはあります。

時に、家族には言えないような悩みも相談することができるのが友達なのです。

でも、まだ友達が本当に必要か分からない人もいるでしょう。

ここからは、具体的にはどのような時に友達がいない寂しさを感じるのかを紹介していきます。

これを見て、「友達を作らなきゃいけない!」という焦りをもっと高めて、明日から早速友達作りに励んでみて下さい。

【寂しい時①】誰からもメールやLINEが来ない

誰からもメールやLINEが届かないというのは、寂しいものです。

特に、同じ空間にいる人が、友達と楽しそうにメッセージのやり取りをしているところを見ていると、一通もメールやメッセージが届かない自分が寂しく思えてしまうのではないでしょうか。

顔を合わせれば話はするけれど、メッセージのやり取りが全くないということは、「相手が全く自分のことを気にかけていない」ということです。

目の前にいる人を気にかけるのは当然のことですが、離れているときには大事な人以外は頭にありません。

つまり、メッセージが全く届かないということは、自分のことを気にかけてくれる友達が全くいないということになるのです。

誰からもメールが来ないときには、そんな自分の状況を思い知らされているようで寂しくなるでしょう。

メールが来ても、ただのお知らせ

メールが来ても、ただのお知らせメールだったというのは寂しいものです。

メッセージが全く来なくて寂しいと思っている人は、少しでもメッセージの着信があることが分かると浮かれるでしょう。

ですが、それがお知らせメールであることが分かると、ひどくがっかりします。

その落差がさらに辛いのです。

お知らせメールばかりが溜まっていくメールボックスを見ていると、それはそれで疎外感を感じて悲しくなるでしょう。

【寂しい時②】気軽に連絡できる相手が居ない

気軽に連絡できる相手がいないというのも、寂しさを感じる瞬間の1つです。

何かあったときでも、気軽に相談できる相手がいることは大切です。

自分の家族に話すほどではないけれど、何かを話したいということもありますよね。

そんなときに誰もいなくては自分の孤独がひしひしと感じられ、友達がいないことの寂しさを感じてしまいます。

特に、一人暮らしの人では寂しい気持ちが増長されるかもしれませんね。

家に帰れば誰かいるという状況ではなく、家でもどこでも独りぼっちという状況では、友達がいない辛さを身にしみて感じるのではないでしょうか。

悩みなど話を聞いて貰えない

友達がいれば!と思う一番の瞬間は、悩みなどを聞いてもらえないということです。

楽しかったことは、楽しかったこととして誰にも報告せずにいることができるでしょう。

Twitterなどで呟いて発散することもできます。

ですが、悩み相談は、聞いてくれる相手がいなければできません。

相手からアドバイスを欲しいと思っているのに、その相談相手がいなければ意味がないのです。

家族に相談できないようなことでも相談できるのが友達という存在です。

その友達がいなければ、全て自分の中でため込んでしまうこととなるので、寂しさと同時に苦しさを感じるのではないでしょうか。

【寂しい時③】休日、やる事がない

友達がいなくても構わないという人は、自分一人で楽しむことができる趣味を持っている人です。

友達がいなくて寂しいと思う人は、休日にすることがなくて困るのではないでしょうか。

友達がいれば、一緒に遊びに行くことができます。

ですが、友達がいなくては一人で出かけることになってしまいます。

買い物なら一人でも行くことができますが、それでも一緒に話しながらするのと、一人で自分の欲しいものを買うのでは楽しさが違うでしょう。

他にもたくさん行く場所はありますが、海もテーマパークも山も、人と一緒じゃなければ楽しくありません。

結果的に、一人で家にこもることになってしまうのです。

起きて寝るだけでつまらない

休日に一緒に出歩く友達がいない人は、結局、家にいて引きこもる生活になります。

起きて眠るだけになってしまうので、休日が楽しくないのではないでしょうか。

何か仕事や勉強がある平日の方が楽しいかもしれませんね。

起きて寝る間にネットや本を読むだけが楽しみになってしまうので、自分の中に籠る生活を送ってしまうと、平日の生活にも影響があります。

普段、人と話すような生活を送っていないので、友達を作れるようなチャンスがあっても、うまくコミュニケーションを取ることが出来ずに、友達をゲットすることができないのです。

【寂しい時④】周りが友達と楽しそうにしている

周りが友達と楽しそうにしているときには、特に友達がいなくて寂しいと思うようです。

例えば、自分の周りで友人同士が楽しく笑っているときに、自分は一人でご飯を食べている、というような状況では寂しくてたまらないでしょう。

友達とメッセージのやり取りをしようと思っても、その友達もいないのです。

「寂しい」という顔をするのは惨めなので、結局、スマホを弄りながら平気な顔をしている自分が寂しい、という状況は「友達がいない人あるある」なのではないでしょうか。

疎外感・孤独感をひどく感じる

疎外感や孤独感をひどく感じてしまうのが、友達がいないことの寂しさです。

例えば、同じクラス、同じ部署などでも、友人かただのクラスメート、ただの同僚かでは扱い違います。

友人なら、友人同士で遊びに行くこともあるでしょう。

ただのクラスメート、ただの同僚ではその輪に入れてもらうことができません。

同じようなグループに属しているはずなのに、自分は外されているというようなシビアな状況で、友達の大切さを実感することはよくありそうですね。

【孤独感については、こちらの記事もチェック!】

友達ができない理由を診断してみたい人はこちら →

芸能人も友達がいない人もいるの?

芸能人というと、何となく社交的でコミュニケーション能力が高い人のように思えませんか?

また、一般人よりも狭い世界で暮らしているようなイメージがあるため、友達ができやすそうな環境にあるように思えますよね。

テレビの中でキラキラ輝いているように見える人たちには友達が多そうですが、そんな芸能人でも友達がいない人はいるのでしょうか。

あれほど社交的で人と接する職場にいる人でも友達がいないと知ると、少しは気分が励まされそうです。

友達がいない芸能人がどれくらいいるのか見てみることにしましょう。

芸能人でも友達がいない人はいる

美形の人も多いですから、友達付き合いには困らないと思ってしまいますよね。

ですが、想像とは異なり、友人が少ないという芸能人も意外と多いようです。

もちろん、全く友達がいないということではないでしょうが、一般人が想像するよりも地味な交友関係を築いているという人が多いようです。

それはやはり生来の性格的なものもありますし、仕事の忙しさから友人を作る暇がないというようなこともあるようです。

例えば、芸能人で友達がいない女性芸能人には、北川景子さん、中川翔子さん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、西野カナさんが挙げられます。

男性では櫻井翔さん、香取慎吾さん、有吉弘行さん、山崎弘也さんなどがいるようですね。

この方たちも、全く友人がいないというわけではないでしょう。

ですが、やはり友人が少なく、どちらかというと狭い交友関係の中で楽しんでいるような印象がありますね。

変わる努力をすれば何歳でも友達は作れる!!

友達がいない人は芸能人にもいるくらいですし、周りを見れば、全員が全員、友人付き合いが上手いというわけではないでしょう。

ですが、意外と周りに話を聞いてみれば「色々悩みを相談できる友達がいる」ということを知って、自分ばかりが独りぼっちだと落ち込んでしまうこともあるはずです。

友達がいない原因には性格的な問題も、行動的な問題もあります。

これらの原因があるからこそ、なかなか友達ができないのです。

ですが、こうした問題を解決すれば、友達を作るのはそう難しいものではありません。

友達を作るのに年齢制限はないのです。

自分を変える努力をして、知人を求めて新しい世界に出て行けば、新しく友達を作ることもできるでしょう。

一人ぼっちで寂しいと思っている方はまず、原因を特定して、それを変える努力をすることにしてくださいね。

【友達を作る方法は、こちらの記事もチェック!】

また、友達がたくさん出来たとしても、それはそれでまた別な悩みも増えます。

「友達」は人生に楽しみを与えてくれるものでもありますが、付き合い方やその時間を考えると、意外と友達が多いのも大変だと感じるようになるのです。

それに、友達と呼べるような人を作ったとしても、悩みを打ち明けられる信頼関係を築くのは話が別ですから、知り合いがいっぱい増えたところで意味がないと考える人もいるでしょう。

そういった「友達が多い事による悩み」については、また別の機会に紹介したいと思います。