CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「テッパン」とはどういう意味?テッパンネタを持っておくべき9個の理由と使えるシーン


テッパンという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

テレビなどを見ていると、テッパンネタというのがお笑い芸人の中であったりしますよね。

今回はそのテッパンという言葉について取り上げていきます。

「テッパン」の意味

テッパンとはどのような意味があるのでしょうか。

テレビなどでよく聞かれる言葉ですが、意味について詳しく解説していきます。

必ずウケるネタや作品のこと

必ずウケるネタであったり、作品であったりする事を指します。

お笑い芸人でテッパンネタがあるのは、「この人がこう言うと必ずウケる」と言うものがあるからです。

例えば最近ワイドショーなどのコメンテーターとしても活躍していますが、ハリセンボンの近藤春菜さんはいろいろなテッパンネタがあります。

例えば、「今日はラーメン屋さん休みですか?」と聞かれて、「角野卓造じゃねーよ!」というような言い方をしたりしますよね。

似ているということが非常に話題になったのですが、このように話を振られてこう答えたら必ずウケるというのがテッパンネタとしてあるのです。

近藤春菜さんはとても頭のキレの良い人ですので、角野卓造にとどまらず「緑の人」と言われて「シュレックじゃねーよ!」と言ったりします。

いろいろなバリエーションがあり、「〇〇じゃねーよ!」シリーズはすごくテッパンでウケています。

一発屋という芸人の人も多い中で、非常に活躍している人なのではないでしょうか。

絶対に成功するであろうこと

テッパンはギャグばかりではありません。

絶対に成功するであろうことに関して、テッパンという言葉を使うこともあります。

料理などにおいても、テッパンと言うことがあると思います。

これを出すと必ず家族に喜ばれるというメニューはテッパン料理と言います。

狙い通りに確実的である様子

また狙い通りに確実な様子を指します。

テッパンという表現を使うのが正しいのかどうか分かりませんが、投資においても成功しやすいようなジャンルの方法についてはテッパンの方法と言えるところがあります。

投資話の相場は生き物ですので必ず成功するとは限らないところがありますが、高い確率で成功するものに関してはテッパンと言っても良いかもしれません。

このように、狙ったものは必ず成功させられるというような事はテッパンと言ったりします。

「テッパン」の由来

よくテッパンという言葉が使われますが、そもそもこのテッパンの由来とは何だと思いますか?

ここからは、テッパンの由来について解説していきます。

鉄が硬いことから由来

テッパンのそもそもの意味は鉄製の板を意味しており、非常に硬い事から必ず成功するというような意味合いで使われるようになってきました。

ちなみにテッパンネタというようなことで、必ずウケるというような話題や冗談については、カタカナ表記されることもあります。

そもそもは鉄の板という事ですが難いことから展示、成功が固いというような言われ方をされるようになってきたところがあります。

ギャンブルで使われていた?

またテッパンというのはギャンブルでも使われていたと言われています。

主なギャンブルのジャンルとしては、競馬などでよく使われていたと言われています。

また競馬ばかりではなく、競輪などにのギャンブルで使われることがあったのです。

競輪にしても競馬にしても、圧倒的に強い人や馬はいます。

その人(馬)に賭けていれば間違いないということで、テッパンというような言い方をするところがあったのです。

TVタレントの影響で一般化


テッパンネタはテレビタレントの影響で、多くの人に伝えられるようになってきました。

やはり、芸人の人は特にテッパンのネタがあります。

この人はこのようなネタをやることが期待されていて、それをやると必ずウケるということがテッパンネタということになってきたのです。

先ほども触れたように近藤春奈さんのテッパンネタは、「〇〇じゃねーよ!」シリーズです。

「角野卓造じゃねえよ!」でウケてそこからシュレック、マイケルムーア監督など自分が似ていると思う人は、どんどんネタにしていったところがあります。

よく使われる「テッパン〇〇」

テッパン〇〇という言葉は非常によく使われますね。

テッパングルメやテッパンネタはよく使われる言い方です。

必ずウケるもの、必ず流行るものというものがあれば、それをどんどん取り入れることによって人気が出てくる一面があるでしょう。

最近はSNSなどをしている人も多く、この人気というのが非常に気になる人も多いです。

ページトップ