あなたは、ムキになったことはありますか?

自分のしていることにケチをつけられたり、好きなことに対して批判的な気持ちにさせられたりするとムキになってしまうこともあるでしょう。

とはいえ、ムキになっている人を相手にすると少し疲れてしまうこともあると思います。

どうして人は時に”ムキになってしまう”のでしょうか?

この記事では、「ムキになる」ことについて特集しています。

「ムキになる人」がどうしてムキになってしまっているのかの理由や、その心理についてもお伝えしています。

この記事を読めば、ムキになってしまう理由、そしてムキになっている人への対応の仕方がわかると思います。

ムキになっている人を真に受けることなく、ストレスの少ない生活をしていきましょう!

この記事の目次

「ムキになる」の意味とは?

そんな気はなかったものの、ついつい誰かに対してムキな態度をしてしまったことがあるのでないでしょうか?

何かに対してムキになったことがある人もいれば、なかにはまったく”ムキになる”行為を経験したことがないという方もいらっしゃることでしょう。

よく「そんなにムキになるなよ」なんて声掛けを聞いたことはあるものの、”ムキになる”という言葉の意味が分からないという方も多いのです!

「ムキになる」とは、”細かいことが気になってしまい、さらに怒りを感じてしまうこと”と”とっても小さなことなのに気になり本気で腹を立ててしまう”という意味を持っています。

もっとわかりやすく言うと、周りのだれもが「そんなのどうでもいいな」と思うようなことに対して気になってしまい、さらにはそのことについて自分の思い通りにならないと腹を立ててしまうという意味を持っています。

あなたの周りにも、あまりにも細かいことを気にしすぎている人はいませんか?さらにそのことについて自分なりのこだわりを持っていて、周りを敵に回しているような人はいないでしょうか?そのような人こそ”ムキになっている人”といえるでしょう。

また、あなた自身にも”ムキになる”行動があてはまってはいませんか?

ムキになるの類義語

”ムキになる”という言葉の類義語は知っていますか?

「カッとなる」「理性を失って目の前のことが見えなくなる」「激情に駆られてしまい動物のように(理性なく)動いてしまう」という類義語があります。

さらに「意地を張ってしまい前のめりになる」という類義語も存在します。

つまり、「ムキになる」ということは、本来の理性的で冷静な自分を見失っており、周りの目を気にすることなく行動してしまうことを指しているんですね。

理性を失ってしまっているからこそ、自分自身が周りの人たちにどのように思われているのかがわからない状態です。

そのため、ムキになると周りの人からの評判が悪くなってしまうこともあります。

ムキになる人の18個の心理


あなたはこれまでにムキになったことはありますか?ムキになったことがある人であれば、どうして自分がムキになっているのか自分の気持ちを分析することはできるかもしれません。

その場合には、自分がムキになっている気持ちを受け入れて自分自身を改めることができます。

しかし、自分ではなく付き合いや交流のある相手が”ムキになっている”場合、相手に対してどのような態度をとればいいのかわからないものです。

「相手がどうしてムキになっているのか」がわからないので、どのような態度をとればいいのか、どのように接すればいいのか分からないですよね。

そんなあなたのために、ここではムキになっている人の18個の心理をご紹介しています。

ぜひ、18個の心理を確認してこれからあなたが相手に対してどのような態度をとればいいのかを見ていきましょう!

相手の心理面がわかるだけでも、あなたの心の悩みを解決することができるでしょう。

1.自分が1番正しいと思っている

ムキになっている人ほど、自分がしたことに対して「正しい」と思っている傾向があります。

例をあげてみましょう。

学校で習った公式について「それは間違っている」と誰かに言われたとします。

正しいと言われて習っているから間違っていないし、教科書にも載っているとあたかも”自分は間違っていない”と主張してしまうこともあるのではないでしょうか。

人は、自分に非がなく自分が正しいと思っているときには、どんなに弱い性格の人であってもその場合だけにも強くなる傾向があります。

また、何かを根拠にして自分は正しいとムキになっています。

そのため、そのムキになっている理由を解明するまではなかなかムキになっている心を溶かすことは難しいかもしれません。

2.自分の意見を通したい


ムキになっている人は、自分の意見を通したいところに対してそうなっていることが多いです。

なぜならば、少しでも相手に隙を見せてしまえば、「相手にその案件をもってかれてしまうかもしれない」「自分が少しでも不利になってしまう可能性がある」と感じています。

つまり、相手との関係性や相手の出方など先を見越して自分の意見を通すために、ムキになっているんです。

自分の意見や願望を通す際に、自分が不利になるような事象や相手の立場が有利になるような出来事を伝えないのではないでしょうか。

ムキになっている人の中には、自分の将来のためにそうしている方もいるということですね。

3.承認欲求が強い

ムキになっている人の多くは、「自分が正しい」「相手が間違っている」と感じているためそのような態度をとっている傾向があります。

本来、そのように感じていたとしてもわざわざ他人に主張する必要はないですよね。

しかし、ムキになってしまう人は”誰かに自分の意見を認めてもらいたい””常にだれかに自分を見ていてもらいたい”という気持ちがあります。

つまり、ムキになる人は承認欲求が強いために通常であれば主張しなくてもいいことでも主張し続けてしまうことがあります。

承認欲求が強い人は、もともと自分で自分自身を認めることができていないことも多いものです。

そのため、ムキになっているので強く見えるような人でもその人の心の奥底をのぞいてみると常に孤独感を感じているということもあります。

4.心に余裕がない

心に余裕がないとなかなか他人の意見を受け入れることが難しいです。

そのため、心に余裕のない人は自分の意見や考え、さらには知識が正しいと感じてしまうため、周りの人たちの意見や声に耳を貸すことができなくなったりします。

そして、周りの人たちに対してムキになっている態度をとってしまうんですね。

あなたも心に余裕のないときほど、周りの人に対してムキになっているなんていうことはありませんか?

そして、時間が経って心に余裕が戻ってきた時に、他人に対してムキになっていたことを後悔してしまうなんてよくあることです。

5.感情が表に出てしまう

ムキになっている人は、ムキになっているときは感情が表に出てしまうことが多いです。

感情が表に出ているからこそ、ムキになってしまうんですよね。

自分の感情をむき出しにせず、常に冷静でいることができれば、周りの人たちと衝突することはありません。

でもムキになってしまう人は、第3者から自分のこだわりを持っていることに対してちょっかい出されることを嫌います。

さらにそこに心に余裕がなくなっているとき、感情を抑えたくてもなかなか抑えることができなくなってしまうんです。

あなたは、感情を表に出してしまいませんか?気持ちを外部へ伝えずにいることもできますが、多少は自分の気持ちを外部へ出さないと生きるのがつらくなってしまいますよね。

だからといって、他人と衝突してしまうほどまでに感情を表に出さないように気を付けましょう。

6.短気

あなたの周りにいるムキになる人というのは、ムキになっていないときであっても常に短気な性格をしているのではないでしょうか。

何か些細なことでもキレる、常に怒鳴っている、周りの人は大して気にしていないことに対して常にイライラしている…そのような人たちは、自分が正しいと感じています。

そのため、周りの人が自分の持っている”常識”に反対するようなことがあるとイラついてしまうんですよね。

また、その気持ちを相手に伝えないと気が済まない性格(自分の中で自分の気持ちを消化することができない)であるために、周りの人に対してあたってしまうことがあります。

その際にムキになり、衝動的に相手を批判したり、相手に中傷的な言葉をあびせてしまうこともあります。

7.完璧にこなさないと気が済まない

ムキになる人の多くは、完璧主義であることが多いです。

周りの人に負けたくないという気持ちも強いですし、さらに周りの人から自分の弱点を握られたくないと考えていることもあります。

自分自身は常に完璧で何事も終えているため、関わっているすべての人に対しても自分と同じレベルを求めてしまいがちです。

周りの人たちにそのようなものを求めても良くないとわかっていても、どうしてもまわりの人たちにも同等レベルを求めてしまうんです。

それに自分も周りの人にも完璧にこなさないと気が済まないと考えているため、周りの人からすると少々面倒くさいと思われることもあります。

8.こだわりが強い

完璧に物事を進めたがる人というのは、物事に対するこだわりがとても強い傾向があります。

何かにムキになる人というのは、こだわりが強いからそうなってしまうんです。

自分のこだわりをどうにかしてでも実現したい、周りの人にも同じようなこだわりを貫いてほしい・・・そのためにこだわりを持ってムキになっています。

ムキになる人は、自分の求めているこだわりを一緒にやって貫いてくれる人に対してムキになってしまうことはありません。

しかし、自分の思っているものとはまったく別のものを行おうとしているとか、作り出そうとしている人に対しては自分では気づかずにムキになってしまっています。

9.プライドが高すぎる

プライドが高い人は、何かに対してムキになる傾向があります。

その理由は、これまでにご説明したことにあてはまります。

たとえば、何かに対するこだわりが強く、さらにどんな状況であっても”思い描いている自分を実行する”のが彼らのモットーです。

そのため、その高いプライドのために周りにも同じようなレベルを求めてしまうことがあります。

それに高いプライドがあるために、一度決めた目標をクリアできないようなことがあると(未来を想定してクリアできないことがわかると)自分を許せなくなり、ムキになります。

高いプライドを崩すことができないのです。

そのため、ムキになっている人の中には、自分の掲げてしまったプライドに苦しめられ心の余裕がなくなり、その結果として他人に対してムキになっていることもあります。

10.自分に自信が持てない

あなたは、自分に自信を持つことはできますか?また、自信を持っているでしょうか。

実は、ムキになっている人というのは自分の意見を正しいと思って主張しているために、周りの人からは「自分に自信のある人なんだな」と思われがちです。

しかし、実際はそうではないんですよね。

どういうことかというと、自分に自信が持てないために「自分が正しい」と思いたいがために周りの人に対してムキになってしまっています。

つまり、自分の弱点を周りの人の目にさらさないようにするために、ムキになっているんです。

「弱い犬はよく吠える」なんて聞いたことがありませんか?弱い犬も周りの犬たちに「自分が弱いところは見せない」ために思いきり吠えているんです。

ムキになっている人もムキになることで、自信のない自分を隠し、そして自信ないことにマイナスに感じている自分を否定しているのです。

11.批判されるのがこわい

誰かにあなたの意見を主張するとき、できれば誰からも受け入れてほしいですよね。

しかし、中にはあなたのことを受け入れてくれない人もいます。

そんなとき、周りの人に批判されるのは嫌ですよね。

自分に自信を持つことができなくなってしまうでしょう。

そんなとき、ムキになっていれば、自分の意見ややっていることが正しいと遠まわしに相手に伝えることができるのです。

つまり、相手に批判されるような隙を与えないので、他人から自分の主張することに対して批判されることがないですよね。

批判されるのが怖い―つまり小心者であるほど、ムキになってしまう傾向が高いということでもあります。

12.コンプレックスを持っている

あなたは、自分自身に何かしらのコンプレックスを持っていますか?

コンプレックスを持っている方であれば共感できるかと思いますが、コンプレックスがあるとそのコンプレックスを隠すために強気に出てしまうことがあります。

コンプレックスに関する話題になることを察知する力もついているため、コンプレックスに関する話題にならないように別の話題でムキになるなんていうこともあるものです。

ムキになっている人は、自分のことを弱い部分を隠すためにやはりムキになってしまうんですね。

自分自身を一度でも強く見せれば、少しでも弱くは見せたくないですよね。

弱い自分に対してもコンプレックスを感じていることが多いので、どうにもこうにもムキになることをやめることがでません。

13.どうしても負けたくない

あなたは、どうしても負けたくないようなことはありますか?それこそ昔からこだわりを持って取り組んでいる趣味やスポーツなどなど、他人には絶対に負けたくない!と思うことはあるでしょう。

どうしても負けたくないと思うからこそ、ムキになってしまいます。

それは、これまでの経験や知識があるので「誰にもこの分野では負けるはずがない」と自分を信じているからだと思います。

自信がなくてムキになっている人もいますが、なかには自分に自信を持っているからこそ周りの人たちに対してムキになっている人もいるんです。

それに何が何でも周りの人には負けたくないという気持ちが強いため、負けないようにムキになってしまいます。

14.不安なことがある

人は、不安なことが常にあると心に余裕がなくなってしまうだけではなく、常に情緒不安定になってしまうこともあります。

あなたにはそのような経験はありませんか?何をしていても、その心配な出来事のことが頭の中にあるので、どんなに好きなことに取り組んでいても気が気ではなくなってしまうんです。

それでは、自分の好きなことを楽しむこともできないですし、常に不安と共に生活することになります。

そんな状況の時に、自分の得意とすることや正しいと思っていることに対して批判されたりすると、ムキになってしまいます。

心に心配事があって情緒不安定で、いつものように冷静に対応することができないからです。

不安なことはあなたにもありますか?もしも不安なことが常に心や頭を埋め尽くしている場合、あなたも誰かに対して知らず知らずのうちにムキになっている可能性があります。

15.柔軟な発想が苦手

物事は、見る人によって見方が異なります。

だからこそ、いろいろな角度から物事を見ることで状況を改善することができます。

しかし、ムキになってしまう人はものの見方を柔軟にすることが苦手です。

つまり「こうであるならばこうだ」と常識で物事を決めつけたり、他の角度から出来事や物事を見たいと思わないのです。

あなたは、柔軟な発想をすることはできるでしょうか?自分自身では”これは柔軟な発想だ”と感じていても、周りの人から見れば「一方的な考え方だ」と思われていることもあります。

あなたの常識は、周りの人から見ると常識ではないということもあるのでしっかり確認しておきましょう。

16.ストレスを溜め込んでいる

心に余裕がない人ほど周りの人に対してムキになってしまう…とお伝えしました。

では、どうして心に余裕がなくなってしまうのでしょうか。

たいていの場合は、日々の生活が忙しく自分と向き合う時間が持てないときや何かしらのストレスを感じているときが多いと思います。

ストレスを常に感じ続けるような状態になると、自分の気持ちに気づくことができない場合があります。

そのため、さらに自分の気持ちと向き合うことができなくなってしまうので、唯一の自分の味方であるはずの自分からストレスを感じることになります。

つまり、生きていて何をするにしてもストレスを感じ、生きる希望さえも失ってしまうことがあるんです。

ストレスを感じると誰しも気持ちをコントロールできなくなってしまうものです。

ムキになってしまう人は、何かしらにストレスを抱えてしまい、そのことで頭がいっぱいなのでちょっとしたことでも腹が立ってしまう傾向があります。

17.下に見られたくない

周りの人に下に見られたくない!と感じると、自分の弱みを周りの人に見せられなくなるものです。

なぜならば弱みを見せたところで、「あの人は自分より格下だ」なんて思われてしまうからなんですよね。

そのようにしないために、下に見られないようにムキになることもあります。

さきほどもご紹介しましたがムキになるということは、些細なことでも怒る、ちょっとしたことでも衝動的に批判するという意味があります。

そうすることで周りの人たちに「自分は強いんだぞ」と示すことができるんですよね。

その結果、下に見られずに自分の立ち位置をキープできるということになります。

18.過去を引きずる

あなたは、現状に満足していますか?現状に満足していない人のなかには、過去の栄光に縛られている人もいます。

つまり、過去を引きずってしまっているんです。

あなたもそのようなことはないでしょうか。

過去の栄光に縛り付けられていると、未来にも現代にも素敵だと思うことがあったとしても素直に喜ぶことができません。

なぜならば、心の中に「過去のほうがもっとよかった」という考えが根付いているからです。

そのため、「過去の出来事のほうが素晴らしかった」という気持ちと「現在でも楽しめている」という認めたくない気持ちが出てくるので、複雑な気持ちもあり心に余裕がなくなりムキになってしまいます。

ムキになる人の上手なかわし方10個

あなたの周りにはムキになっている人はいますか?ムキになっている人がいると、人によってはイライラをもらってしまうこともあるでしょう。

そのような人とできれば関わりたくないものですが、業務上どうしても顔を合わせなければいけないこともあるでしょう。

そんなときには、これからご紹介するムキになる人への上手なかわし方を参考にしてみてください。

1.受け入れられるところのみ受け入れる

ムキになっている人は、自分を認めてもらいたいためにそうなってしまっていることがあります。

そのため、少しでも受け入れてもらえるとムキになりづらくなる傾向があります。

そのため、受け入れられるところだけでも受け入れてあげましょう。

「~な部分に関しては賛成です」など

このように伝えることで、一部だけでも受け入れてもらえていると相手は感じることができます。

もしムキになっている人のすべてを受け入れてしまうと、さらに自己主張が強くなる可能性があるので気を付けましょう。

2.一旦時間と距離を置く

ムキになっている人は、理性を失ってしまい冷静な状況ではなくなっています。

そのため、一旦距離と時間を置くようにしましょう。

あなたもムキになっている人といつまでも一緒にいるとイライラしたり、気がめいってしまうのではありませんか。

今後ムキになっている人と長い付き合いがある人ほど、今後のことを考えてあなたのイラだちも抑えるようにしましょう。

また、一旦距離を置くことによって相手の感情のヒートアップも収まっていることが多いです。

3.下に見られている可能性があるので普段から堂々とした態度で接する

ムキになっている人というのは、「自分よりレベルが下だ」と思っている人に対してそのような態度をとっていることが多いです。

敬っている人に対してなら、イライラをぶつけたりするなんてことはないですよね。

相手に気遣いをするものです。

下に見られている状況であなたが相手を受け入れてしまうと、さらにあなたのことを格下に見てくる可能性があります。

そして今後さらにあなたに対して無理難題を押し付けてくるかもしれません。

そうしないためにも、ムキになっている人に堂々と接するようにしましょう。

あなたが堂々と接することで相手の気持ちをヒートアップさせることもありますが、今後のことを考えれば一時の我慢です。

4.勝てないと言っておく

ムキになっている人は、あなたに対して潜在的にライバル意識を持っていることがあります。

そのため、あなたに勝ちたいし、あなたに認められたい(そうすれば受け入れてもらえているし、自分が勝利したことになる)ためにムキになっています。

今後もあなたに対してムキになった態度を押し付けてくることがあるため、「あなたには勝てない」と伝えておきましょう。

相手にとって”敵”にならないことが大切です。

5.余計なことを言わないように気をつける

ムキになっている人というのは、あなたの揚げ足をとったり、あなたに対して嫌味を伝えてくることもあるでしょう。

ムキになっている人に対して何をしても無駄だとわかっていても、あまりにもイラだってしまい余計なことを言ってしまうこともあるでしょう。

しかし、その発言があなたへのムキになる態度を悪化させてしまいがちです。

そうしないためにも、どんなに相手に伝えたいことがあってもムキになっている人に対して、余計なことを言わないように気を付けましょう。

6.結果や理由から話すようにする

ムキになっている人は、あなたの話し方に苛立ちを感じているケースもあります。

これからは、ムキになっている人だけでもいいので物事や話題の結果や理由から話すようにしましょう。

結果や理由から話せば、相手が知りたいことを簡潔に伝えていることになるので、その後のあなたの話の内容にも答えてくれるでしょう。

7.下手に出る

ムキになっている人は、何度もお伝えしているように気持ちが激情しています。

そのような人に対して、悪いところを指摘したり、相手よりも上手(うわて)に立つような発言をすると相手をさらにムキにさせてしまう可能性があります。

また、嫌味を言うのも厳禁です。

そのため、ムキになっている人には下手に出るようにしましょう。

8.聞き流す

ムキになっている人ってなぜだかムカつくことばかり言ってくることがありますよね!

しかし、さらにムカついてあなたもムキになってしまっては、相手の思うツボです。

そうしないためにも相手の発言はそのまま聞き流すようにしましょう。

相手がムキになってあなたに話しているときには、真剣に聞いているふりをして別のことを考えておくといいでしょう。

9.不安や悩みを聞いてみる

何か悩むことがあるからこそムキになってしまっている人もいます。

もしも、あなたに対してムキになっている人の中で、気持ちに余裕がないように見える場合には相手の不安や悩みを聞いてあげるといいでしょう。

しかし「悩みを聞いてあげる」というスタンスではなく、「何かあった?大丈夫?」と相手を心配しているようにするといいと思います。

10.気にかける

ムキになっている人の中には、生きている中で孤独を感じている人もいます。

ムキになっている相手は、どこか孤独そうにしていることはありませんか?

また一匹狼になっているようなことはないでしょうか。

そんなとき、人は少しだけでも気にかけてもらうだけで心が癒されるものです。

相手に気配りする言葉をかけて、相手が何を考えているのかを探ってみるといいでしょう。

ムキになる人の心理を把握してうまく付き合っていこう

今回は、ムキになる人の心理についてお伝えしてきました。

ムキになっている人の中には、自分を強く見せたい人、孤独を感じている人などなどいろいろな心理状態がありました。

そのため、「この人は○○だからいらいらしてる」なんて決めつけるのはよくありません。

相手の立場を考え、そして心理面を理解し対応することであなたまでイライラする必要はなくなります。

ぜひ今回の内容を参考にし、ムキになっている人とうまく付き合っていってください。