あまり親しくない間柄の人に「遊ぼう」と言われたとき、あなたはどのように感じますか?

また、どのように返事をし、どのように対応していくでしょうか。

仲の良い人から「遊ぼう」と言われたときは、どのように接すればいいのか分かるでしょう。

しかし、あまり親しくない人から「遊ぼう」と言われたとき、相手が社交辞令なのか本気で言っているのか悩んでしまうこともあると思います。

ということで、この記事では「遊ぼう」と言われたときに、相手が本気でそう言っているのかそれとも社交辞令なのかを見分ける方法をご紹介します。

「遊ぼう」と言われたとき、どのように対応すればいいのかを確認しストレスをなくしていきましょう。

「遊ぼう」と連絡!返信や答えに悩む…


冒頭でもお伝えしましたが、あまり親しくない人から「遊ぼう」と言われてしまうと相手にどのように返事をしたらいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。

本気で言っているのかさえ分からないので、本気で遊ぶ気持ちで返事をしていいのだろうか、その気持ちを本気で受け取って「じゃあいつ遊ぶ?」なんて返事をしても、相手としては社交辞令だったら恥ずかしいですよね…。

友達にも恋愛でも使われる「遊ぼう」

あなたは、これまでに「遊ぼう」とどのようなシーンで使用したことがありますか。

「遊ぼう」という言葉は、友達にも恋愛でも使われる言葉であるため、「遊ぼう」という言葉を受け取ってしまうと相手が何を考えているのか、思いをめぐらせることになります。

そして、相手がどのような気持ちで「遊ぼう」という言葉を使っているのか悩んでしまうこともあります。

あなたも今はそのようなことで悩んでいるのではありませんか。

これから相手が「遊ぼう」と言ってくれた際に、迷わないように次の項目で相手がどのように感じているのかを確認できる方法を見ていきましょう。

「遊ぼう」が社交辞令が本音か?真意を見極める3個のポイント


「遊ぼう」が社交辞令か本音かどうかを見分けるためには、3つのポイントに注目してみるといいと思います。

ここでは、相手があなたに対して「遊ぼう」といった際に相手がどのように感じているのかを見分ける方法をご紹介しています。

相手が何を考えているのかわからない…と悩んでいるのではなく、あなたからも相手にアクションを起こせるように行動していきましょう。

「遊ぼう」が社交辞令のパターンを知る

実は相手が「遊ぼう」という言葉を社交辞令であなたに伝えている際には、パターンがあることを知っていますか?

相手が「遊ぼう」という言葉を社交辞令で伝えている場合には、どのようなパターンがあるのでしょうか。

そのパターンを知れば「遊ぼう」という言葉が社交辞令だとわかり、あなたも相手に対して無駄な期待をしなくなることでしょう。

ラインやメールなどに添えてあるだけ

「遊ぼう」という言葉がラインやメールなどに添えてあるだけの場合、相手はあなたに対して社交辞令でその言葉を発している可能性があります。

メインの文章や相手があなたに伝えたい事柄が書かれていて、ラインやメールの最後に「今度遊ぼう」とか「時間が合えば遊びましょう」なんて書かれている場合には、社交辞令だと考えてもよいでしょう。

あなたにメールなどを送る際に、メール内容の文章の切れ目をよくするために「遊ぼう」という言葉を使っています。

「またね」という言葉のイメージと同じだと考えるとわかりやすいと思います。

具体的な日付や内容が書かれていない

相手からのメールの中には、「遊ぼう」という言葉以外に具体的な日付や内容が書かれていますか?

もしも書かれているのであれば、本気であなたと遊びたいと考えているのでしょう。

しかし、社交辞令の場合には実際には会おうとも考えていないため、日時を提案することはほとんどないと思います。

誰彼構わずにそう誘っている場合

あなただけではなく、共通の知り合いにも「遊ぼう」という言葉を伝えている場合にも社交辞令であることが考えられます。

その言葉を使えば、互いの関係を成り立たせることができると考えているのかもしれません。

何度言われても実現したことがない

その相手に今までに何度も「遊ぼう」と言われていませんか?

それにもかかわらず、遊ぶ計画が実行されたこともないというのであれば、相手は本気で遊びたいと思っているわけではないのかもしれません。

逆の立場になって考えればわかりますが、本気で相手と食事をしたいなどと考えている際には、相手がOKな雰囲気を出してくれたらすぐにでも日時を決めようとするでしょう。

「遊ぼう」が本音のパターンを知る

では、相手があなたに対して本気で「遊ぼう」とあなたに伝えている場合には、どのように見分けていけばいいのでしょうか?

ここでは、「遊ぼう」という言葉が本音の場合のパターンをお伝えします。

日頃から仲の良い深い関係性

あなたと相手が日頃から仲良しである場合には、相手は社交辞令ではなく本気で遊ぼうと考えている場合が多いです。

あなたたちは、「遊ぼう」なんて互いに誘うこともなく遊んだり、食事をしたり、出かけたりしていませんか。

言葉なくして通じあえる関係であるにもかかわらず、妙に意識して「遊ぼう」なんて言葉を使ってしまうために本気なのか、社交辞令なのか迷ってしまうのかもしれません。

具体的に場所や内容が示されている

相手からのメールやラインのなかに「遊ぼう」という言葉以外にも、その遊ぶ日時が指定されていたり、何をして遊ぶのかまで書かれている場合にも相手は本気の場合が多いです。

人を誘う側として、ある程度の条件を示しておかなければ会う約束がなくなってしまう可能性もありますよね。

それを避けるために具体的な条件を示しているんです。

前もって声をかけてくれている

「遊ぼう」という言葉以外にも、その言葉が出る前に「これをしたいんだけど、どう?一緒にやらない?」などと前もって声をかけてくれることがあります。

それは、はじめからあなたを誘う予定だったことを示しており、本気であるということになります。

こちらの都合を理解してくれる

相手はあなたの都合を理解してくれますか。

たとえば相手が日時の条件を示してくれたけれど、あなたの都合がつかなかった場合には対応してくれるでしょうか。

そこで「別の日にしよう」なんてあなたの都合を考えてくれる場合は本気でしょう。

相手からの好意が伝わってくる

「遊ぼう」と誘ってくれた相手と交流している際には、なにかしらで相手からの好意を感じていませんか?

相手からの好意を感じているのであれば、相手はあなたに本気で誘っている可能性が高いです。

それもあなたが断るかもしれないというイチかバチかの状況で誘っています。

「遊ぼう」と言われた後の対応を見る

「遊ぼう」という言葉が送信されてきた後にも、なんらかの内容で相手とのメールやラインのやりとりをするのではないでしょうか。

誘われた後の相手の対応でも、相手が本気なのか社交辞令なのかを見抜くことができます。

それきりにせず連絡をくれる

相手は「遊ぼう」という言葉を使ったきり、あなたの返事にも返答しないなんていうことはありませんか?

もしも、連絡をそれきりにするのではなく、あなたと連絡をしているというのであれば相手は本気の可能性が高いです。

本気だからこそメールやラインを途切れさせないように努力しているのです。

その遊びについての話が弾む

「遊ぼう」という内容が出て、どんな内容で遊ぶのかを話し合ったことはありますか?

これしたいね!あれしよう!…なんて話しているだけで楽しい気持ちになるものです。

しかし、そのようにその遊びについての話が弾むというのは、相手が本気であなたと遊びたいと考えている証拠です。

自分の欲だけではなく、あなたの楽しみも優先させようとしてくれています。

後日改めてお誘いをしてくれる

相手が「遊ぼう」と伝えてくれたあと、少しの間連絡が取れなくなったものの、後日改めてお誘いしてきたのであれば、本気であなたを誘っている可能性があります。

少しの間を空けたのは、すぐにあなたを誘ってしまうのは迷惑かと考えているからかもしれません。

心の準備期間をくれていると考えるといいでしょう。

行きたいところなど質問してくれる

相手は「遊びたい」「遊ぼう」というだけではなく、あなたに「どこに行きたい?」などあなたの好みを聞いてくれますか。

あなたに本気で遊びに誘っている場合、自分だけの意見を通すのではなく、あなたの意見を聞いてくれます。

それは自分だけの希望を通すのではなく、あなたの希望も必ず聞いてくれます。

それはあなたのことを考えている証拠でしょう。

「遊ぼう」の連絡で気をつけたい注意点

「遊ぼう」と言われて、相手の気持ちに期待してしまうことってありますよね。

しかし期待したものの、そのあと期待通りにならないとショックを通り越して恥ずかしい気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

そんな気持ちにならないように、「遊ぼう」と言われた際には以下の点に気を付けましょう。

その気のない社交辞令

「遊ぼう」という言葉を使う人の中には、その気もないのに社交辞令で使っていることもあります。

そのため、「遊ぼう」と言われたら”誘ってくれている”と思わないようにしましょう。

社交辞令だとはじめからとらえておけば、相手が本気でなかったとしてもそこまで落ち込まずに済みます。

軽くて誰にでも言う

「遊ぼう」という言葉をよく使う人は、軽い感じで誰にでもその言葉を伝えていることがあります。

あなたの知り合いも、あなただけではなくいろいろな人にその言葉をかけていませんか?

「自分だけ特別!」なんて最初から思わないほうが傷つかずに済むでしょう。

思っていても他人任せ

「遊ぼう」と気持ちを伝えてくれるものの、具体的な日時を指定してくれないなんてことはありませんか?

それは、相手は本当に遊びたいと思っているにもかかわらず、他人任せにしている可能性があります。

つまり、あなたが遊びの計画を立ててくれるのを待っているのかもしれません。

自分の何かに目的がある

あなたと本当に遊びたいがために「遊ぼう」と伝えてくる人もいますが、中にはあなたに何らかの目的を持っていてあなたを誘っている可能性もあります。

では、いったいどのようなことであなた目当てとしているのでしょうか。

お金

お金目当てで近づいている人もいます。

たとえば、あなたと会えば「奢ってもらえる」「何かを買ってもらえる」「どさくさにまぎれてお金がもらえる」なんて考えていることも!

もしも、遊んでいる最中に少しでもお金をせがんでくるようなしぐさが見えたのであれば、今後遊ばないほうがいいでしょう。

主に相手が男性の場合に多いのですが、女性の体目当てで遊びに誘っている可能性もあります。

その人と会うなり、体に触れてくるとか、必ず夜の時間帯に会うことを望んできたりしませんか?

あなたの身を守れるのは、あなた自身です。

そのような人にはきっぱり断る勇気を持ちましょう。

「遊ぼう」と言われたときの相手の真意を見抜こう!

今回は「遊ぼう」と言われた時の相手の真意についてお伝えしてきました。

本気で「遊びたい」と思っている人もいれば、なかにはあなたのことを利用しようと考えている人までいるとのことでした。

誰かに「遊ぼう」と言われたら、少なからず嬉しい気持ちになりますよね。

しかし、自分の身を守るためにも相手は本気なのか、本気だとしても何が目的なのかまで見抜けるようになりましょう。

その際には、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね!