冒険と聞いて何を連想しますか?

たとえばアマゾンに一人で出かけるとか、ヨットで世界一周をするなど、命の危険を顧みずというような冒険を思い浮かべるかもしれませんが、生活の中でも小さな冒険はたくさんあふれているものですよね。

今回は冒険好きな心を持っているのはどういう人なのか、冒険心がある人にはどんな特徴があるのかをまとめてみました。

冒険心とは?

冒険心とは、「危険な状態になることを承知であえて行おうとする心、成否が確かでなくてもやってみようとする心」ということです。

危険を顧みない、リスクを負ってもやりたいと思うことをやっちゃう心ですね。

小さな子どもは、一人ではできないことが大いにもかかわらず、怖いもの知らずなところもあります。

大人になるにしたがって、慎重になってしまう部分がありますが、人によって冒険心がある人と冒険心がない人、様々です。

冒険心がある人の25個の特徴


冒険心がある人にはある特徴があります。

あなたはどのくらい当てはまっているでしょうか?また、あなたの身の回りの人はどうでしょうか?

人から、冒険心があるね!と言われるけれど自分のどこを見てそう思うのだろう?と不思議に思っている人もいるかもしれません。

自分のことは案外自分ではわからないものです。

冒険心を持ちたいと思っている人は、冒険心がある人の特徴を見て実生活に役立ててみましょう。

1.好奇心旺盛

まず、冒険心がある人というのは、好奇心旺盛だということです。

好奇心旺盛な人というのは自分が知らない事柄や不思議だなと思う物事に対して、強く心が惹かれ、興味がわく人です。

知らないことを探求したい、不思議だなと思うことを不思議なままにしておかず「なぜ」「どうして」という気持ちを解決すべく行動しようとする人でもあります。

好奇心が旺盛だけれど行動力はないということはなく、必ず好奇心の先に行動があります。

2.縛られるのが苦手

冒険心がある人は行動力があるものです。

そしてその行動を制御されるようなシチュエーションがとにかく苦手ですね。

シチュエーションだけでなく、行動を止めようとしてくる人も苦手としています。

エネルギーをもぎ取られるような感覚を持つことでしょう。

それは日々の生活の些細なことに対しても感じるようです。

例えば歯みがきやお風呂の入り方など、自分がこうしようと思ったことに横やりが入るだけでも、自分の行動を制御されていると思ってしまうのです。

3.行動力が有り余っている

冒険心のある人は、いろんなことに興味や関心を持つ好奇心と同様に行動力も兼ね備えています。

冒険心が旺盛だけれども行動力がないとうことはまずあり得ません。

冒険心があり行動力がある人はそれだけ経験値が上がります。

経験値は上がれば上がるほど失敗する確率が下がります。

机上の空論ではなく、自身の経験はいざという時の判断力やトラブル回避能力の向上につながります。

こういうことを聞くと、冒険好きだけれどたとえば体が不自由で何もできない人は行動力を発揮できるのでしょうか?という質問をされそうです。

答えは、もちろんです!ということです。

行動力というのは体を動かすことのことだけではないからです。

冒険心や好奇心は実際に行動をして自分で経験しなければ解消されないのですが、たとえ体を動かさなくても積極性を持って工夫する心を持つこと、向上しようとすること、そういったことも行動力と言えるのです。

どういった人が行動力があると言えるでしょうか?行動力がある人は自分の目的や目標設定がはっきりしています。

今現在の自分の状況を把握して、目標を達成するためにどんな努力をすればよいのかということがわかっています。

たとえすぐにわからなくても、わかろうという努力ができます。

そのことがすでに行動力と言えますね。

どうしても欲しいものがあるとします。

行動力がない人は自分にはお金がないから欲しいものを手に入れることができない、と言います。

なんとか稼いで欲しいものを手に入れようとするかもしれませんが、賃金に文句を言うかもしれません。

自分が欲しいものをすでに手にしている人に対して敵対心を持ったり、嫉妬するかもしれません。

行動力のある人も嫉妬したり敵対心を持つかもしれませんが、それだけに終わりません。

そのエネルギーを力に変えていきます。

自分には何が足りないのか、お金を稼ぐためには何をしたらいいのかを一生懸命考え、いつまでも不平不満を持つことはありません。

不平不満を持つ暇がないのかもしれません。

欲しいものを得るための方法を一生懸命考えるのです。

一生懸命考えるから目標設定につながり、方法論も手に入れていけるのです。

行動力が有り余っているといえますね。

でも行動力がある人イコール無謀な人ではありません。

4.失敗を怖がらない

冒険心旺盛な人は失敗を怖がらないという特徴があります。

失敗することは恥ずかしいものと思っている人もいますが、冒険心旺盛な人は失敗は成功するまでの過程のひとつだととらえられます。

この方法ではうまくいかなかったということを知る機会、経験ととらえます。

失敗を恐れると前には進めなくなります。

冒険心が旺盛な人が持つ特徴の一つは行動力があるということですが、失敗を怖がらないからこそ行動力もあるのです。

もちろん、何も考えずに思いついた行動ばかりを繰り返すのはよくありません。

失敗を怖がらないから失敗をしてもいいんだという考えは無鉄砲なだけです。

失敗を怖がらないことと無鉄砲は似て非なるものです。

失敗するかもしれないけれどそのリスクを十分理解したうえで、行動することを選択できるのです。

失敗からも何かを掴み取るたくましさがあるのですね。

5.何事もポジティブに考えている


冒険心旺盛な人は何事もポジティブに考えられます。

下手なポジティブシンキングは危険ですが、正しいポジティブシンキングを持っています。

下手なポジティブシンキングとは、気分に任せて自分の都合の良いように考え、危険を避ける行動をとらなかったり、用心しなかったり、リスクを甘く見たりすることです。

正しいポジティブシンキングは、明るい未来のためになにをしなければいけないのかという緻密さが必要です。

そのうえで明るい気持ちを持ち続けられるのが冒険心旺盛な人の特徴です。

好奇心で満ち溢れているので、明るい気持ちを持ち続けられるとも言えます。

いくら明るい気持ちを持ち続けられる人でも、ときに落ち込んだり悩むこともあるでしょう。

ただ、いつまでも落ち込んだりせず気持ちを早く切り替えることが大切です。

落ち込みが激しいときは、そこから回復することが難しいときもあるかもしれません。

そういうときは、問題やつらい気持ちをいったん脇に置いておいて、気分転換を図りましょう。

好きなものに囲まれて過ごすとか、何もかも忘れて今日一日だけはぐうたらに過ごすと決めてみる、海を見に行くなどなんでもいいです。

自分にとって、とっておきの気分転換方法を取り入れてみることをお勧めします。

ただ一つだけ注意点があります。

過去の幸せな体験や成功も引きずらないほうが良いということです。

嫌なことは引きずらないようにしたほうが良いということは誰でも知っていますが、逆もしかりです。

良いことであってもそこにとらわれてしまえば、そこから前に進みにくくなり視界も狭くなってしまいます。

6.勇気がある

冒険心がある人は勇気がある人です。

勇気がある人というのはやりたいことを躊躇なくやれる人と思われているかもしれませんが、決してそうではありません。

勇気がある人と無謀な人は違います。

勇気がある人というのは、恐怖心があることを認め、どのようなリスクがあるのかを計算もできる人です。

計算ができるということはしっかり考えることができているということで、成功するためにはどうしたらよいかということを考えられているということでもあります。

失敗はしないにこしたことはないのですが、失敗は成功の母とも言われ、失敗しなければわからないこともありますね。

だからと言って、失敗礼賛をすることはないです。

前向きで今後の為になる失敗ならOKですが。

為になる失敗というのは、恐怖心を認めて考え続けている人がする失敗です。

7.情報収集能力が高い

情報収集能力が高い人というのは、早く、本当に欲しいもの必要な情報を収集できる人です。

そのためには幅広い情報源にコンタクトしなければいけなく、その能力もあるということです。

また、得た情報源からの情報の信憑性を判断できる能力もあるということです。

仕事で必要な情報を得ようとして、思いのほか時間がかかってしまうことがあります。

結局本当にやらなければいけないことがおろそかになると困りますよね。

情報収集の能力というのは仕事に限らず、人が行動をする上でとても重要な能力になります。

現代は情報過多な世界に私たちは生きています。

無限とも思える情報の中から、自分が必要な情報を精査、判断することができる能力は冒険するうえで大きな武器になります。

ネット社会では、情報は簡単にすぐに手に入ると思われているかもしれませんが、ほとんどの人は情報収集のための情報収集、つまりダラダラとネットサーフィンに明け暮れたり、得た情報を活用できない、するつもりもないということになりがちです。

冒険心のある人は行動するための情報収集をしています。

冒険心がある人は情報収集能力が高いのはある意味当然です。

情報収集能力が高くなるのは冒険心があるからとも言えるからです。

8.知らない人ともすぐに仲良くなる

冒険心がある人は、恐怖心があるということを素直に認められる人です。

人間関係、対人面においても、知らない人というのは自分にとって未知な世界との接点になるものです。

どんな人でもある程度の緊張感を初対面の人には持つものですが、それでも未知の世界との接触を拒否しないという意味において、冒険心のある人は知らない人ともすぐに仲良くなれるのです。

相手に傷をつけられるかもしれない、自分を理解してもらえないかもしれない、自分が理解をできる相手とは限らず、限りなく不愉快な想いをするかもしれないということより、未知への世界に対する好奇心が強いのですね。

人は世界とつながっていると考えれば、世界に心が開かれているとも言えます。

9.意志が強い

本当の意味で冒険心のある人は意思が強い人です。

意思が強い人は、周りがやっているからとか、親に言われて言うことを聞かなければいけないからという理由からではなく、心から自分がやりたいことやたどり着きたい目標を持っています。

自分の本質をわかっているので焦りはあまりないのです。

人間なら誰しも泣き言を言いたくなる状況に陥ることもあります。

くじけそうな気持ちになりかけることもあるでしょう。

でも、意思が強い人はココというときに踏ん張れるのです。

できるかどうかをあれこれ考えて悩むくらいなら、まず一歩踏み出そうという勇気を持ち冒険できるのは意志の強さあってこそです。

周りの意見に流されることがあまりない

冒険心旺盛な人は周りの意見に流されることがあまりありません。

冒険心旺盛な人は柔軟な心を持っています。

意思が強くブレることがないのは強さばかりではありません。

柔軟さも必要なのです。

人と自分を比べることはあまりなく、自分と違う人の言動や人生、好みを尊重することができます。

自分にとっての価値観を大切にしているからこそ人の価値観を尊重できるのです。

尊重できるということは、決めつけたり、自分の意見や価値観を押し付けることはありません。

周りの意見に流される人というのは自分の中に確固たるものがないので、フラフラ流されるのです。

流されることがないということは、自分の軸を保ちながら、そして好奇心を持ちながら行動できるため、思いもかけないチャンスにめぐり合うこともできるのです。

10.判断力がある

冒険心のある人は判断力があるものです。

判断できないのに冒険し続けることは難しいと思います。

判断できない人が冒険をしたとしたら、最初はたまたま上手くいくか、もしくは失敗が重なりすぎ、いずれはにっちもさっちも行かない状況に陥り、挫折してしまうことでしょう。

ところで判断力と決断力は言葉はよく似ていますが似て非なるものです。

判断力は、たとえば知っている事柄や物事についてどうすればよいか、どれをチョイスすればよいかということを判断する力と言えます。

もしくは、今は知らないわからないことでも過去の経験やパターンから自分自身で判断できる能力が判断力ですが、決断力というのはよくわからないこと知らないことでも、「こうだ、こうしよう」と決めること、決める力のことです。

知っていようがいなかろうが心一つなのです。

冒険心のある人というのは決断力があるだけの人だと勘違いされがちですが、実は判断力もとてもある人なのです。

これも逆から考えるとわかりやすいことなのですが、判断力がなければ冒険をしてもすぐに失敗をしてしまいます。

失敗しても挑戦し続けるからこそ冒険心があるのかもしれませんが、執拗に失敗が続ければ自分自身も嫌になり、周りにも迷惑が掛かり冒険どころではなくなります。

小さな成功体験を重ねて成功へ続くためには判断力が必要なのです。