CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

誤算とはどういう意味?恋愛で嬉しい誤算だったこと5選


「誤算だった!」とよく言いますよね。

私たちが誤算だった、というときはどういうときでしょうか?

今回は誤算の意味と恋愛で誤算だったことをまとめてみました。

一見マイナスに思えることが、よくよく考えてみると嬉しい誤算だったという面があるものです。

ここに書かれていることをきっかけにして、あなたの中の気づいていない誤算を思いながら読んでみてくださいね。

この記事の目次

「誤算」の意味とは?

誤算に意味について見ていきましょう。

計算を間違えること

誤算とは計算を間違えることです。

読んで字のごとくですね。

仕事上、予算や計算を間違えた時に「誤算だった!」と言います。

この場合の誤算は、数字で表されることができる誤算ですね。

見込み違いのこと

それとは違い、「見込み違いだった」と思ったときにも「誤算」と言います。

この場合は数字で表されることもあるし、数字では表されないこともあります。

たとえば、面接のときは好人物だと見えたけれど、人格的にちょっと会社には不適格だなというとき、「見込み違いだったな~」と言うことがあります。

予算を立てるとき、見込み違いで結果として赤字を出してしまった!などとも言います。

見込み違いという表現は、マイナスイメージが前面に出ていますね。

悪いように見込んでいて、それが見込み違いだとすれば、結果オーライです。

あなたにも誤算の経験はありますか?


あなたにも誤算の経験はひとつやふたつはあるのではないでしょうか?

誤算というと、誤という字がついているので悪いことばかりだと考えがちですが、良い誤算というのもあります。

人生にも”誤算”は起こり得る

仕事や数字上ではなく、誤算は人生上にも起こります。

予想通りには物事も人生も進んではくれません。

だからこそ面白いのです。

私たちが考えた通りにすべてが進んでいくなどは考えられません。

なぜなら自分以外のすべての人たちの考えもあるからです。

あの人と結婚したいと思っても、その人の想いや考えがあります。

その人と結婚したい人が他にもいるかもしれません。

すてきな人と結婚したいと思っても、すてきな人がちょうどいい時期に目の前に現れてくれるとは限りませんよね。

あまりにも計算づくで生きていこうとすると思わぬしっぺ返しがくることもあります。

恋愛にも誤算はツキモノ!

恋愛には誤算はツキモノです。

恋愛は一人ではできませんよね。

片思いでもお相手がいるからこそ好きになれるのです。

出会った当初はお互いラブラブで自分の盛り上がった気持ちしか見えていないはずですが、徐々に冷静になるにつれ、誤算だったなということに気づくものです。

それは文字通り誤りだったな~という感覚を持つもの、どちらかというと負の感情ですが、誤算とはそれだけではなく良い誤算もあるものです。

後悔してしまう恋愛の誤算

まずは、後悔してしまう恋愛の誤算とは、自分のすべてを受け止めてくれると思っていたのに、嫉妬心が強くて困ったとか、職場ではとてもしっかりテキパキして見えたのに、プライベートでは依存心がとても強い人だったなど。

自分が勝手に相手に期待を持ったとも言えますが、こんな人だとは思わなかったというわけですね。

良い誤算だった場合もある

もちろんその逆もあります。

頼りない感じだなと思っていたら、心優しい人だったため頼りなさげに見えただけだった。

思いもかけずに家庭思いで子煩悩だったなど。

これらは相手自身の性格に関しての誤算ですが、恋愛で二人をとりまく環境が、最初は恋愛の成就に邪魔になるものだと思っていたら、そのことが二人を固く結びつける力を与えてくれたという誤算もあります。

本当はどのカップルにも良い誤算があるはずなのですが、二人の関係にあぐらをかいていてはそれも見えなくなってしまいます。

恋愛で嬉しい誤算だったこと5選

恋愛で嬉しい誤算だったことはどういったものがあるのでしょうか?

ここからは、恋愛で嬉しい誤算だったことについてご紹介していきます。

ダメ元と思いきや意外とオッケー

相手は高嶺の花、ダメ元だと思って告白したら、意外にもオッケーをもらえたという経験はありますか?

連絡先を交換できた

グループで遊びに行く仲の一人に恋心。

だんだん「好き」という気持ちが膨らんではくるものの、相手は自分のことを友達の一人としか見ていない様子。

友達同士で遊びに行っていたことがかえって仇になり、告白などできるムードでは無くなっていたという人がいます。

遊びに行くときの約束はグループの中心人物から回ってくるし、連絡先交換なんてする必要性もない状態でした。

連絡先を聞くなんてこと今更できないと思いきや、職場にひょんなことからお目当ての彼が営業にやってきたではないですか。

仕事にかこつけて連絡先を交換することができたと言います。

デートの約束ができた


ダメ元と思えたらなんでもできるものです。

でも引っ込み思案だったり、自分に自信がない人はなかなかできないものですよね。

男性目線から見てみます。

女性とLINEでのキャッチボールができても、そこから中々デートの約束を取り付けることが出来ない場合、もたもたするのはダメですが勇み足は禁物です。

急に女性をデートに誘っても断られることは目に見えます。

相手にも予定があるはずです。

まずは、相手の学校やバイト、仕事などをヒアリングすることです。

いつが暇で、どういう生活スタイルを持っているのかを知ることが大切です。

思いもかけずデートの誘いにオッケーをもらえたという人でも、ちゃんと手順を踏んでいるのです。

成功は偶然ではないということですね。

女性の心理としては「この人私の仕事を理解してくれている」とOKしてもらえる可能性が高くなります。

ナンパに成功した

ダメ元と言えばナンパです。

ナンパといっても素敵な出会いかもしれませんね。

本当の恋に発展する可能性だってあります。

声をかけなければ始まる事もないわけですから、ダメ元で声をかけてみましょう。

ダメ元で声をかけるきっかけをご紹介しましょう!

《 デパートやファッションモールで一人の女性がいたら「服を選んでもらえますか?」 》

オシャレな女性を見つけたら、声をかけてみるといいですよ。

自分に似合う服が分からないからとか、コーディネートしてほしい、妹や母へのプレゼントだけれど選んでいただけないでしょうか?などですね。

そのとき、あなたのセンスがとても良いなあと思ってお願いしたいと思った、と言うといいですよ。

そう言われると誰でも悪い気はしないでしょう。

《 「一緒に軽くお茶(食事)しませんか?」 》
スポーツジムやジョギングで汗をかいた後は喉も渇くしお腹も空きます。

そんなときに、お茶や食事を誘ってみてはいかがでしょうか?

ダイエットの為に来ている人も多いので、ヘルシーな食事ができるようなところをチョイスするといいでしょう。

OKがもらえたら、女性に希望を聞いてもいいですね。

1人で行くのも寂しいので、良かったら付き合っていただけませんか?などと誘ってみましょう。

《 「大丈夫ですか?」 》

偶然待ちですが、街中で転んでしまった女性や、スキー場などで転んだ女性がいたら声をかけてみましょう。

ダメ元で声をかけてみて、誰かと一緒ですか?と聞いてみて、女友達同士なら食事をみんなで一緒にと言ってみましょう。

《 「これ、良かったですよ」「ぼくもこれ好きです!」 》
同じ趣味や興味のものがある者同士は親近感も湧きやすいです。

女性のほうも、共通の趣味や好みだからと、安易にナンパに乗っているわけではないという大義名分がつきます。

プレイボーイと言われている人たちは、そこのところをよくわかっていて、女性がOKを出しやすいのはどういう時なのかということを実践しているのです。

本屋さんや、CDレンタルショップでダメ元で声を掛けてみましょう。

あまり大きな声では誘えませんが、図書館で声を掛けられて交際に発展したというカップルもいます。

上手く声を掛けられないと心配する必要はありません。

少しぐらいぎこちなさがあるほうが女性は警戒心を持ちにくいものです。

告白して見事付き合えた

ナンパがきっかけで、ダメ元で告白したら思いのほかあっさりOKが出て見事付き合えたというカップルもたくさんいますよ。

嫌われた…と勘違いしていた

男性も女性も表現の仕方がぶっきらぼうな人というのがいます。

てっきり自分は嫌われていると思っていたら、誰かから「あなたのことタイプだって言ってたよ」なんて聞くことがあるかもしれません。

それならそうと態度や言葉に表してくれたらよさそうですが、それができない人もいるものです。

そういう人と一度恋人関係になったとしたら、誰彼構わずいい顔をするわけでもないので安心感がありますね。

既読スルーは忙しかっただけ

嫌われたと勘違いしてしまう出来事で多いのが既読スルーですね。

男性の場合をお話しします。

男性が女性からのLINEを既読無視してしまう理由はいくつかあります。

性格や仕事の忙しさなどによっても理由が変わってくるので、すべての人が同じだとは限りません。

彼の場合はどれにあてはまるのか想像しながら読んでみてください。

《 そもそも返信が必要だと思っていない 》

こちらから送ったLINEの内容が返信を求めているものではなかったと思っていることがあります。

たとえば、今日食べたごはんの報告メッセージにいちいち返信をする必要がないと思っているかもしれません。

どんなに好きな相手でも「あっ、そう」という感じです。

女性は気遣いから「良かったね」と返事をするかもしれませんが、男性はめんどくさいというか、そもそも返事をするものだとは思っていません。

メッセージを読んだことで二人の会話が完結したことになってしまっているのです。

《 返信がめんどくさい 》
男性は「手っ取り早さ」を求める傾向があります。

最低限のやり取りでいいじゃないかと思っています。

悪気はないけれどLINE自体が面倒なのです。

《 なんて返せばいいのか分からない 》
女性は取り立てた話がなくても世間話ができます。

井戸端会議をするのは女性ですよね。

男性は、女性に比べていわゆるたわいのないやり取りというのが苦手なのです。

別に相手のことが嫌いなわけではないので、既読スルーになってしまうかもしれません。

《 忙しくてLINEをしている暇がない 》
本当に仕事が忙しくてLINEをしている暇さえないという男性もいます。

時間に余裕がある人には、LINEしている暇さえないということが理解できないかもしれませんが、本当に忙しかったということが後でわかって「ごめんなさい」という場合があります。

照れ隠しによる「ただの友達」

照れ隠しで、ただの友達を装っているということがあります。

照れ隠しは脈ありの好意のサインです。

好きだから照れるという一面と、そもそも照れてるということを隠したいから照れ隠しをする場合があります。

好きな人に照れ隠しをする恋愛心理です。

照れ屋さんかもしれませんし、プライドが高いのかもしれませんが、恥ずかしがっていると思ったら、行為を持たれていたということがあります。

特に男性は、好意を持っている女性に照れ隠しをしてしまう人が多いです。

素っ気無さは好き避けだった

素っ気ないなと思ったら、好きだから避けられていたということがあります。

褒めたつもり、相手が喜ぶだろうと思って掛けた言葉に対して、無表情になられると驚いてしまいますよね。

これは自分の嬉しい気持ちを悟られたくない男性心理が働いているのです。

照れ隠しのときに男性は下を向く人が多くいます。

これも照れ隠しの態度で、照れてる顔を見せたくない、表情を隠す心理が働いています。

「え?」って不思議に思うくらいに無表情なのは逆から考えると不自然ですよね。

なんとも思っていなければ逆に笑みくらいは浮かべるものです。

意識してポーカーフェイスを装っているのです。

そういう点では男性より女性のほうが褒められることには素直ですね。

忘れられた演技のサプライズ

お誕生日当日。

職場で「おはよう」と挨拶をしたときからだれもがお祝いの言葉をかけることはありませんでした。

普段通りに仕事をして、さあ、「お疲れ様~」というとき、当の本人は「あ~あ、みんなこのまま帰ってしまうのね、大好きな彼も・・・」なんてとっても寂しくなってきた時突然、ドアが開いて、前からバースデーケーキを持った彼が登場!!

そこで「ハッピーバースデー!!」すてきな忘れられた演技のサプライズです。

交際しているカップルの二人っきりのお誕生日でも、職場でお目当ての彼女がいる男性が周りに頼み込んですてきな告白にもなりますよ。

周囲の協力に感謝しましょう。

付き合った後の意外なギャップ

告白前、お付き合いする前の誤算、ギャップもありますが、付き合った後の意外なギャップ、意外な展開もあります。

恋は意外性からと言われます。

最初から優しい人だとわかっている人より、最初は「ちょっと冷たそうだな」くらいに思われていた人が本当は優しかったという場合のほうがより優しさが際立つものです。

自分だけに甘える姿が可愛い

恋人の前でだけ「甘えん坊タイプの女性」が好きという男性は多いようです。

職場では男性顔負けのクールさが魅力なのに、好きな人の前だと途端に甘えん坊に大変身!
男性受けするその理由は、自分を信用してくれているのが嬉しいからだそうです。

自分にしか甘えないということは自分を信用していると思えるのだそう。

甘えるということは気を許してくれているということですよね。

そして、彼女を独占した気分になれるから嬉しいのだそうです。

自分にだけ!というところが肝心です。

彼女は自分のものだと安心できるようです。

甘えた声、甘えた表情に、ついキュンとしてしまう男性が多いようです。

また、自分だけが彼女の本当の姿を知っているというひそかな優越感をおぼえるのです。

普段は強がりでテキパキした女性であればあるほど、そんな彼女の本当の姿を知っているという優越感が大きくなります。

恋人の前でだけ甘えん坊な女性があまり好きでない男性の意見として、いつも甘えてほしいからという人もいるようです。

想像以上に理解してくれていた

自分のことを1番に理解してくれる人と一緒にいたいという人はとても多いです。

幸せな生活を送るためには、好きな人が自分のことわかっていると実感できることが大切です。

生きていくためには男性も女性も仕事をしなければいけません。

家庭の主婦だって仕事です。

忙しい自分を気遣ってくれる人がそばにいると心強いですよね。

仕事が忙しくなると、他のことが疎かになってしまうのは仕方ありません。

そんな自分を理解し気遣ってくれる女性に対して「理解してくれていた」と感じます。

かまってくれないからと不機嫌になるのは、相手のことではなく自分のことばかりを考えているということです。

自分の気持ちが自分でもわからないとき、本当は自分が何がしたいのか察してくれているときにも理解してくれているという感謝の念がわいてくるものです。

相手のことを大切に思い、観察しているからこそわかるからです。

大きなことでなくても、日常の些細なことでも何かをしたいなというとき、察してくれる女性のことを「俺のことわかってくれている」と実感できるのです。

一人になりたがっているなというときそっとしてあげるのも愛情ですね。

不器用なだけで優しかった

表現方法が少し不器用なだけで優しい心を持っている不器用な人がいます。

上手な表現はできませんが、じっと相手の目を見て話を聞いてくれる人。

頼まれたら断れないところがあり、結局は自分のことが後回しになってしまう人。

要領がよくないと自分でも自覚しているので、何事も一生懸命取り組む誠実な人。

ウサギと亀ならまさに亀タイプかもしれませんが、結局コツコツ努力できるため時間がたつと成功していたなんてことも多くあります。

要領がよくないのでイレギュラーな出来事には弱いけれど、失敗も多いため人の失敗にも寛容で優しい人だったという嬉しい誤算が少なくありませんね。

実はハイスペックだった

ハイスペック男子というのはよく聞くと思います。

ハイスペック男子とは高学歴、高身長、大企業に勤めている、ルックスが良い、高収入、家柄が良いなどの条件を持っている男性のことです。

一つだけでもハイスペックになりうる条件もあれば、高身長だけではハイスペックとは言わないかもしれません。

そのほかにも家事をすべてこなせて、しかもやってくれる男性は仕事をバリバリやっている女性から見ればハイスペックですね。

付き合い始めた時はそれほどでもないと思っていた男性が、実はお料理がバリバリにできて、しかも料理することが大好き、若いころは中小企業のサラリーマンだったけれど、優秀さを見込まれてヘッドハンティングされたり、独立して社長になり事業が大きくなって収入も激増なんてことも嬉しい誤算ですね。

別れの危機…?そこから大逆転

一見マイナスの出来事も、それがあったからこそ今がある、絆が深まったということがあるものです。

修復は不可能かと思えるほど最悪の状況を迎え、別れの危機。

そこから大逆転したというカップルがいます。

激しい口論でお互いを深く知れた

喧嘩をして別れることになるのは、相手のことが本当は大切だと思っていなかったのかもしれませんね。

喧嘩をする理由はお互いの価値観の違い、たとえばとても神経質な人にとっては耐えられないことが、ちょっとずぼらな人にとっては当たり前でお互い譲らないということがあるかもしれません。

ちょっとした言い合いから激しい口論になることもあるかもしれません。

喧嘩をしなければお互いが心の中で「いやだな」と思いながら自分の気持ちに蓋をして相手に悟られないようにしていたかもしれませんが、その気持ちは自分のなかでくすぶり続けることになります。

お互いが嫌だと思っていたことをぶつけ合うことで、相手はこう思っていたんだなということがわかり、より深くお互いを知りえるきっかけになるものです。

仲直りをして絆がより深まった

ぶつかり合うだけでなく、そのあと仲直りをしてこそ絆がより深まるのです。

喧嘩をするカップルほど仲が良いということが言われるのはこういう理由からです。

喧嘩をしたときはカッとして、相手をののしるかもしれません。

でも自分の言い過ぎを反省したり、相手の言い分を聞く耳を持つことができたら、喧嘩をすることで別れることにはなりません。

仲直りをするたびに二人の関係は前進できるのです。

ただ、だからと言って、無駄に喧嘩はしないに越したことはありませんよ。

浮気をされるも主導権を握れた

浮気は、二人の関係が終わる可能性の高い出来事の一つです。

男性にとっても女性にとっても一大事ですよね。

でも、浮気をされたから大逆転ということがあります。

それは愛し合っている二人のうちどちらかが、ついフラフラっと浮気をしてしまった場合です。

心の底から相手に詫びて、相手を大切にしていこうと決心がつき、相手もそのことをすぐには忘れられなくても、二人の関係を無しにするくらいなら許そうとなったとき、それまでの関係が一変することがあります。

浮気をされたほうが主導権を握り始めるのです。

それまでは、力関係としては相手が強かったのに、浮気をした負い目から強く出られなくなるのですね。

ある政治家同士の夫婦が、夫の浮気が世間にバレて、これは離婚かと思いきや、夫のほうは今は主夫をやってオシドリ夫婦のごとくメディアに登場していますよね。

夫のほうが反省し、妻もそれを認めたからこそですが、マスコミにも少しほほえましく取り上げられています。

障害を乗り越えてこの人と決めた

出会った時から何事もなく、ゴールインというのもいいですが、いろいろな障害を乗り越えた二人の絆はこれから先、何があっても切れないものになることでしょう。

障害があったからこそ、この人と決められたということもありますね。

恋愛の障害をいくつか見てみましょう。

まずは、遠距離恋愛です。

なかなか会えないですよね。

お金がないことも障害になります。

遠距離でお金がなければ、新幹線や飛行機を使って会いに行くにも行けません。

結婚したくても、この収入じゃ無理だから、もうちょっと待とうということになってしまうかもしれません。

周囲の反対も大きな障害ですね。

反対されればされるほど燃え上がるとも言われますが、あまりに強すぎる反対はお互いが疲れてしまうのです。

結婚は当人同士の問題ではないから祝福される結婚を選びたくなるかもしれません。

恋愛なんて面倒と思っていたら

恋愛体質の人と、恋愛なんてちょっと面倒だと思っている人がいます。

恋愛体質の人にとっては信じられないかもしれませんが、恋愛より楽しいことが世の中にはたくさんあるのも事実です。

でも、好きな人ができたら思わぬ展開で自分自身が変わり始めることがあります。

性格が明るくなったと言われた

自分では気づいていなくても、恋をすることで性格が明るくなるものです。

恋の最初のころは、見るもの聞くものすべてが新鮮に思えてまるで子どものころに返ったようにウキウキするかもしれません。

それも時間が経つにつれ落ち着いてくるのですが、それでも明るくなれるのです。

孤独感がなくなるからでしょうか、二人で生きているという安心感が表情を明るくしてくれるのかもしれませんね。

人の気持ちを考えるようになった

好きな人を思う気持ちと、好きな人に大切にされることで心が安定して、人の気持ちを考えられるようにもなります。

自分は良かれと思ってすることでもよくよく考えると自己満足では?と一呼吸置くことができます。

自分からの立場ではなく相手の立場に立って新しい考え方が発見できます。

相手にとってメリットになることはどういうことだろう、何が相手が喜んでくれることなのだろう?と想像して行動するようになれるのです。

幸せを感じられるようになった

恋愛なんてと思っていたけれど、大きな誤算はというと、「幸せ」を感じられるようになることです。

どんなに良いことでも自分が幸せを感じなければどうしようもないですよね。

愛されているという嬉しさと、愛情を感じていること自体で満足感が生まれます。

将来への希望にも胸が躍りますよね。

恋をしていないときには考えられない誤算です。

自分磨きをするようになった

好きな人に好かれたい、好かれ続けたいと思うと、もっと素敵になりたいという思いが出てきます。

自然に自分磨きができるようになりますね。

女性は見た目から入るかもしれません。

メイク方法やおしゃれを研究したり、彼好みに近づこうと頑張るかもしれませんね。

外見だけでなく、彼の趣味に興味がわくかもしれません、ハイスペックな彼に釣り合うように努力をしたくなるものです。

失恋がきっかけで自分磨きを始める人もいますね。

振った彼を見返してやりたいとか、自分に自信を持つため、次の恋に向けてという場合もあります。

夢や目標を持つことができた

相手との将来に目を向けること自体が夢や目標にもなり得ますし、そうでなくても自分磨きをしていくうちに夢や目標が見つかることも多いものです。

彼や彼女と温かい家庭を築きたいという夢もあるし、彼女を幸せにするために仕事を頑張ろうということもあります。

最初は恋人に好かれたいがためのものが、もっと大きな意味での自分磨きへと発展することもあります。

恋愛での良い誤算、あなたも前向きに考えてみよう

いかがでしたでしょうか?今回は恋愛での誤算をまとめてみました。

気づかぬうちに恋愛での大いなる誤算をあなたも経験しているのではないでしょうか?

前向きに考えてみたらたくさん見つかるかもしれませんよ。

良い誤算を数えることで、二人の関係の素晴らしさや、かけがえのない相手だということがわかることでしょう。

ページトップ