CoCoSiA(ココシア)

誤算とはどういう意味?恋愛で嬉しい...(続き2)

ここからは、恋愛で嬉しい誤算だったことについてご紹介していきます。

ダメ元と思いきや意外とオッケー

相手は高嶺の花、ダメ元だと思って告白したら、意外にもオッケーをもらえたという経験はありますか?

連絡先を交換できた

グループで遊びに行く仲の一人に恋心。

だんだん「好き」という気持ちが膨らんではくるものの、相手は自分のことを友達の一人としか見ていない様子。

友達同士で遊びに行っていたことがかえって仇になり、告白などできるムードでは無くなっていたという人がいます。

遊びに行くときの約束はグループの中心人物から回ってくるし、連絡先交換なんてする必要性もない状態でした。

連絡先を聞くなんてこと今更できないと思いきや、職場にひょんなことからお目当ての彼が営業にやってきたではないですか。

仕事にかこつけて連絡先を交換することができたと言います。

デートの約束ができた


ダメ元と思えたらなんでもできるものです。

でも引っ込み思案だったり、自分に自信がない人はなかなかできないものですよね。

男性目線から見てみます。

女性とLINEでのキャッチボールができても、そこから中々デートの約束を取り付けることが出来ない場合、もたもたするのはダメですが勇み足は禁物です。

急に女性をデートに誘っても断られることは目に見えます。

相手にも予定があるはずです。

まずは、相手の学校やバイト、仕事などをヒアリングすることです。

いつが暇で、どういう生活スタイルを持っているのかを知ることが大切です。

思いもかけずデートの誘いにオッケーをもらえたという人でも、ちゃんと手順を踏んでいるのです。

成功は偶然ではないということですね。

女性の心理としては「この人私の仕事を理解してくれている」とOKしてもらえる可能性が高くなります。

ナンパに成功した

ダメ元と言えばナンパです。

ナンパといっても素敵な出会いかもしれませんね。

本当の恋に発展する可能性だってあります。

声をかけなければ始まる事もないわけですから、ダメ元で声をかけてみましょう。

ダメ元で声をかけるきっかけをご紹介しましょう!

《 デパートやファッションモールで一人の女性がいたら「服を選んでもらえますか?」 》

オシャレな女性を見つけたら、声をかけてみるといいですよ。

自分に似合う服が分からないからとか、コーディネートしてほしい、妹や母へのプレゼントだけれど選んでいただけないでしょうか?などですね。

そのとき、あなたのセンスがとても良いなあと思ってお願いしたいと思った、と言うといいですよ。

そう言われると誰でも悪い気はしないでしょう。

《 「一緒に軽くお茶(食事)しませんか?」 》
スポーツジムやジョギングで汗をかいた後は喉も渇くしお腹も空きます。

そんなときに、お茶や食事を誘ってみてはいかがでしょうか?

ダイエットの為に来ている人も多いので、ヘルシーな食事ができるようなところをチョイスするといいでしょう。

OKがもらえたら、女性に希望を聞いてもいいですね。

1人で行くのも寂しいので、良かったら付き合っていただけませんか?などと誘ってみましょう。

《 「大丈夫ですか?」 》

偶然待ちですが、街中で転んでしまった女性や、スキー場などで転んだ女性がいたら声をかけてみましょう。

ダメ元で声をかけてみて、誰かと一緒ですか?と聞いてみて、女友達同士なら食事をみんなで一緒にと言ってみましょう。

《 「これ、良かったですよ」「ぼくもこれ好きです!」 》
同じ趣味や興味のものがある者同士は親近感も湧きやすいです。