今回は少し趣向を変えて、本当に読みにくい漢字をピックアップしていきたいと思います。

その先頭を切るのが「五月蠅い」です。

はたしてどう読むのでしょうか?「五月蠅い」の読み方から意味の説明を徹底的に行います。

他にも読みにくい漢字を取り上げて説明していきたいと思います。

「五月蝿い」って読める?難しい漢字を学ぼう

日本語の漢字表記には、一読して読むのが困難な難しい漢字が結構あります。

それらの漢字は確かに日常的にはあまり使わないでしょう。

しかし、知っているのといないのとではあなたのボキャブラリーの量に大きな差が出てきます。

今回のテーマである「五月蠅い」をはじめとして、その他の難しい漢字も覚えていきましょう。

読めない漢字っていっぱいある!

私たちが日ごろ、なじみのある当用漢字は1850個とされています。

つまりその中にも読むのが難解な漢字があるということになります。

この1850個の当用漢字全てを覚えることは、これから社会に出ていく人たちにとって非常に重要なことになるのです。

スマホの普及で現代人は漢字が苦手


現代人が漢字をどんどん苦手になってきた大きな原因となるのがスマホの普及です。

漢字というものは、書いて覚えるしかありません。

本を黙読しただけでは漢字を書きとることは出来ません。

自分の指と頭をフル回転させて何回でも紙に書かないと覚えられないのです。

人間の脳はそうなっているのです。

だから、ボタン操作一つでお目当ての漢字をさっと出してくれるスマホに頼り過ぎると漢字力が衰えるのは当然の結果なのです。

人間の記憶力は、読んで書いて初めて可能になるのです。

スマホに内蔵されているコンピューターの力に頼っていては、私たちの脳はますます衰えてしまうでしょう。

「五月蝿い」とは?

それではここから本題に入っていきましょう。

テーマに掲げた「五月蠅い」について解説していきます。

「五月蝿い」の読み方

「五月蠅い」は「うるさい」と読みます。

どうして「五月蠅い」が「うるさい」という読み方になるのか。

その意味を解説していきたいと思います。

「五月蝿い」の意味

「五月蠅い」という言葉の意味について紹介していきます。

不快になる程やかましい


「五月蠅い」の意味は、「不快になる程、やかましい」というものになります。

「不快」になるとは、気分が悪くなること、不愉快になること、快い気持ちになれないこと、という事ですね。

つまり楽しい気持ちに全くなれずに腹立たしい気分になるということです。

そういった気分にさせる要因が「やかましい」という現象です。

つまり自身が好まない音や人の怒声、文句などがそれに当たります。

そういった音声を聞かされたら「うるさい」という気分になるのも仕方ないですね。

音が大きく邪魔になる

「五月蠅い」の意味には「音が大きくてそれが邪魔になる」という意味もあります。

例えば、お気に入りのテレビ番組を見ている時に、横から電車の通過音や車のクラクション、あるいは家族の喧嘩の声などが入ってきたらどうでしょう?

ほとんどの人が大きな音に対して嫌な思いをするでしょう。

それは自分が今、行っていることを邪魔されるからです。

自分の興味あることを大きな音で邪魔されたら、誰もが「五月蠅い」という心境になるのです。

細かいことにまで文句を言う

細かいことにまで文句を言われたりすると、人は思わず「五月蠅い」と言ってしまうでしょう。

これは文句というものが心地よくないものであるからです。

その文句をさらに細かく切り刻んで言われたら誰だって怒りを我慢できなくなるでしょう。

細かい文句を言う行為。

これも明らかに「五月蠅い」対象となるのです。

面倒臭くて嫌になること

人は仕事や作業などを行う際、それに対してやる気が起こらず面倒臭いという気持ちになってしまう時があります。

そのような時に、「五月蠅いなあ」という気持ちになってしまうのです。

つまり「嫌だ」という気持ちのことになります。

「嫌」イコール「五月蠅い」という事なのです。

あるいは「五月蠅い」が「うざい」という思いにもなるでしょう。

「五月蠅い」には、面倒臭くて嫌になるという思いが備わっているのです。

嫌になる程優れている様子

ある機能を持つ機械や装置などが、性能が良すぎてそれがかえってあだとなって「五月蠅い」という思いに変わってしまう場合もあります。

例えば、自動車に装備されることがある速度超過警報機。

一定の速度を超えれば自動的にアラーム音が鳴ってドライバーに知らせてくれる装備です。

この装備が車についていれば、速度違反になる可能性は極めて低くなるでしょう。

ところが性能が良すぎてあらゆる場所でアラームがピーピー鳴りだすものもあります。

こうなってくるとありがたさを通り越して「五月蠅い」存在となってしまうでしょう。

度を超えて優れた性能は、かえって人間にとって「五月蠅い」対象となってしまうということです。

細かいところまで気にする様子

人は自分が行っている仕事や作業などに対して細かすぎるくらいの注意や指示などを出されると、嫌になってしまって思わず「五月蠅い」という心境になってしまいます。

これは恐らく集中力が途切れてしまうから余計なことまでは言わないでいて欲しい、という発想でしょう。

ところがそういった配慮に気付かずに細かいことを言い過ぎたりするケースは世の中にごまんとあります。

細かいところまで気にしだすと、確かに「五月蠅い」という心境になるのが人間の質のようですね。

わざとらしくて嫌味な様子

わざとらしくて嫌味な様子も「五月蠅い」を表す意味となります。

一般的に、私たちは自分自身の行動規範というものを持っています。

朝、起きたらトイレに行って歯を磨いて朝食を摂って、出かける。

このような一定的で同じ事の繰り返し(ルーティンワーク)ながら本人にとったら気持ちが落ち着いて安心できる行動パターンになるのです。

それを他者から妨害されたりわざとらしい行為で自らの行動範囲内に入ってこられると、人は相手のことを五月蠅い存在として認知しはじめます。

つまり自分の中に入ってきてほしくない距離というものがあるのです。

それを邪魔してくる存在は、例え相手がそのつもりがなくても「わざとらしくて嫌な行為」と取るわけです。

「五月蠅い」という概念は、自分が主体に立った判断、ということになるでしょう。

「五月蝿い」の漢字の成り立ち

さて今度は「五月蠅い」という漢字の成り立ちをみていきましょう。

五月のハエが特にうるさいことから

「五月蠅い」という漢字は「五月」と「蠅」という漢字から成り立っています。

つまり昔の暦でいえば五月というのは今の七月頃。

ちょうど蠅が活発に活動を開始する頃合いです。

自分の周りをぶんぶん、いつまでも飛び回っている蠅になぞらえて「うるさい」という漢字に当てはめてしまった、という説が広く認知されているのです。

「五月蝿い」と「煩い」の違い

ここで「五月蠅い」には「煩い」という漢字も存在することを触れておきたいと思います。

意味は両方とも同じ

両者とも意味に違いはありません。

どちらも大きな音が邪魔でうるさい、という意味になります。

また、どちらの漢字を使っても意味的には相手に正しく伝わります。

微妙なニュアンスの違い

ただ、ニュアンスの面で分類すると、「五月蠅い」の方は「不快で鬱陶しい」。

「煩い」の方は「面倒だ」という解釈が成り立ちます。

それぞれのニュアンスを考えて場面に応じて使ってみましょう。

知っているのに意外と読めない漢字17選

それではここからは、知っている漢字でありながら読み方がはっきり学習されていないと思われる漢字たちを紹介していきましょう。

強ち

「あながち」と読みます。

「あながち」という言い方は日常的に広く使われている言葉です。

つまり「断定しきれない」という気持ちを表しています。

普段は漢字で表現することはあまりないでしょう。

ただ、知っていれば博識な部分をアピールできるかも分かりません。

ただ、この漢字を難なく読める人は少ないでしょう。

使う場面を考慮して使った方がいいかもしれませんね。

遂行

「すいこう」と読みます。

任務や仕事をやり遂げる様をいいます。

こちらの漢字は日常的に用いる事も多いかと思います。

読み方もそれほど難解ではありませんしね。

所謂

「いわゆる」と読みます。

「しょせん」ではありません。

「俗的にこう言う」という念を押した意味合いの言葉ですね。

訃報

「ふほう」と読みます。

死去の知らせになります。

こちらの漢字は日常生活において頻繁に接する言葉です。

よく覚えておきましょう。

目眩く

「めくるめく」と読みます。

なかなか難しい読み方の漢字になります。

正しい読み方をしっかり暗記しましょう。

意味的には「まばゆい」「目がくらむ」となりますね。

姦しい

「かしましい」と読みます。

意味は「大いに耳障りである」とか「やかましい」となります。

この漢字も読み方に馴染みはないでしょう。

「かしましい」という言葉は日常的にはよく使いますが、ほとんど平仮名で使われる事が多いと思います。

漢字になると難しいと感じるのも仕方ないかも分かりません。

定石

「じょうせき」と読みます。

意外と読み方はそのままの漢字でした。

意味は「最上の方法」という事になります。

その方法で行えば成功間違いなしという事です。

この言葉は比較的よく使われます。

意味をしっかりと頭に入れておきましょうね。

蔑ろ

「ないがしろ」と読みます。

なかなか読み方の難しい漢字です。

意味は「あってもないかのように軽く扱う」様相をいいます。

世間的には「ないがしろ」という言葉はよく使います。

ただ、漢字で表記する機会は少ないでしょう。

それだけに漢字でしっかり覚えておけば何かの時に役に立つ言葉といえるでしょう。

逸る

「はやる」と読みます。

意味は「焦る」「勇みたつ」ということになります。

つまり事の結果を急ぎすぎて準備不足で事を行うような様をいいます。

ただ、この言葉、日常的にはあまり使わないでしょう。

使うとしたら「焦る」の方が圧倒的に多いでしょう。

ただ、文学作品などに目を通せば必ずやお目にかかる言葉として覚えておきたい言葉の一つといえます。

非ず

「あらず」と読みます。

「そうではない」「違う」といったように打ち消しの用途に使います。

「あらず」という言い方は日常会話においてよく使います。

ただ平仮名での使い方が多いでしょう。

「非ず」と漢字で登場すると読み方に苦労する人が出てくると思います。

漸く

「ようやく」と読みます。

長い間、首を長くして待ち望んでいたことがやっと叶う様をいいます。

人々の苦労がかなって願望が達成される喜びを表現する際に使われる言葉です。

ただ漢字で表記されると読み方に躊躇してしまうでしょう。

それほど平仮名で使う事に馴染んでいる漢字だからです。

ただ、漢字での読み方や書き方をマスターしておけば、それだけコミュニケーション能力の進歩にはなりますよ。

挙って

「こぞって」と読みます。

「全員で」「一人も残らず」といった意味があります。

「こぞって」という言い方もよく使います。

映画やドラマでもよく耳にする言葉です。

ただ漢字で表記されると読み方が分からず正しく読めないという方が多いでしょう。

正しく知っておけばそれだけ自分の役に立つということですね。

小賢しい

「こざかしい」と読みます。

何かにつけ抜け目がなく要領よく生きるさまや、利口ぶっていたり生意気な態度といった意味があります。

この言葉はまだ読み方が難解というほどではないでしょう。

しっかり覚え込んでコミュニケーションの幅を広げるために使いましょう。

凡例

「はんれい」と読みます。

本の冒頭のページにおいて、その使い方や編集の目的、方針などを箇条書きにしたものです。

会話の中ではあまり使わない言葉かも分かりません。

しかし、知識として知っておきたい言葉です。

目次とは意味が全然違いますからね。

鎬を削る

「しのぎをけずる」と読みます。

激しく競い合う、力を出す、などの意味があります。

この言葉はよく使いますね。

ただ、漢字で書かれると読み方が分からないでしょう。

頻繁によく耳にする言葉であっても、漢字だとさっぱり分からない代表のような言葉でしょう。

準える

「なぞらえる」と読みます。

「真似て作る」「似せる」「仮の決定」といった意味があります。

こちらの言葉も耳にはよくする言葉ですが、漢字で書かれると読めないですね。

意味的には何となくニュアンスがつかめても正しく読めない漢字で多いことが分かります。

具に

「つぶさに」と読みます。

「細かく」「詳しく」という意味になります。

この言葉も漢字になると読めませんね。

聞く方には問題なく頭に入ってくるのですが。

日本語の難しさが本当に思い知らされた感じです。

難しい漢字も、みんなの前で読めたらかっこいい!

今回は「五月蠅い」という漢字などの難解な読み方のものを取り上げて、その読み方や意味についてみてまいりました。

普段、耳から入ってくる言葉には何の違和感もなく受け入れているのに、それが漢字で表記されると思考が止まってしまうケースは多々あります。

意味は分かっていても読み方が難解な漢字。

たくさん覚えて自身のボキャブラリーを豊富にしましょう。