海外で活躍したい!日本の企業に務めているのに海外出張もしくは海外での仕事をしている人がうらやましい…!なんてあなたも一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

いわゆる海外赴任に憧れている人は少なくないのです。

とはいっても、実際に海外赴任の可能性のある仕事や職種に就職したとしても、必ずしも海外赴任できるというわけではありません。

実は、海外転勤になる人というのは、共通する特徴がみられるのです。

それに誰もが憧れやすい海外転勤―いわゆる海外赴任においても、素敵だと感じられる点もあれば、そうでもない点も見られるんです。

そこでこの記事では、そんな海外赴任におけるメリット・デメリットをご紹介しています。

また、海外転勤するメンバーとして選ばれやすい人の特徴もお伝えしています。

ぜひ、今後の参考になさってください。

海外赴任とは?


海外赴任とは、海外に赴任することであり、具体的にいうと事業や仕事の拠点となる場所を日本ではなく、海外に移し、さらにその場所で長期間滞在し、仕事をすることを言います。

海外赴任は時に海外へ”転勤する”との言い方としてもあらわされることもあるのです。

もしも家庭を持っている方であれば、家族とともにその事業地点である海外へ一家そろって引越しをすることもあれば、なかには働いている一家の大黒柱である旦那さんだけが海外へ赴任し、単身赴任するなんていう場合もあります。

どのような状況にせよ、海外で仕事をすることになるため、日本からは数年間は離れて外国で暮らす覚悟も必要となるでしょう。

企業によっては、就職面接の際に「海外赴任があるがどうか」という質問をしているところもあります。

その際の受け答えはしっかりと記録されているため、企業における事業において海外に拠点を置かなければならなかった際には「行く」という受け答えをした人が選出されることもあります。

逆に面接の際に「行きたくない」と答えて採用された人であっても、海外での拠点において仕事をしたほうが能率がいいとか仕事ができると認められた際には、海外赴任組に選出されることもあります。

海外赴任組に選ばれる基準についてはのちほどお伝えしますが、海外赴任にはやりたくてやっている人もいれば、やりたくないのにやることになってしまった人もいるということを念頭に置いておきましょう。

海外赴任のメリット


海外赴任に対して、あなたはどのようなイメージを持っていますか?

冒頭文でお伝えしたように、海外赴任に対して憧れの気持ちを持っているという方もいれば、逆に日本にいる家族と離れて暮らしていかなければいけないのでマイナスなイメージをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

とはいえ、実際に海外赴任をしている方の中には、海外赴任をすることにメリット面を感じられるという方もいらっしゃいます。

では、その方たちは海外赴任におけるどのような点で海外赴任にメリットがあると感じているのでしょうか。

ここでは、まず海外赴任のメリットについてお伝えします。

1.海外の文化を身をもって体感できる

昨今の日本国では、海外からの外国人観光客が増えたり、日本で暮らす外国の方たちが増えてきました。

そのため、数年前に比べると外国の方とコミュニケーションが取りやすい状況となっています。

つまり、海外の文化や情勢についてその方々から実際の話を聞けるチャンスがあるということです。

しかし、積極的に日本に滞在している海外の方と交流する日本人はほんの一握りです。

ですが、海外赴任をするとなると確実に周りにはほぼ”外国の方たち”である生活を送るようになります。

買い物をしても、家に帰る途中の道でも、マンションやアパートの廊下でも出会うのは海外の方たちです。

それに何をするにしても海外が舞台になるために、無意識のうちに海外の文化を体験することになります。

そのような毎日を送ることで、日本と海外の違いを体感し、さらに海外の文化を学ぶことができるのです。

日本にいても海外の話を見聞きすることができる世の中ですが、動画では学ぶことのできないその場の”外国のリアル”を体験できます。

2.外国言語が身につくスピードが早い

海外赴任をするとなるとほとんどの場合で、外国の方たちと一緒に仕事をすることになります。

どのような場所でも仕事をするためには、同じ現場にいる方たちとコミュニケーションをとる必要がありますよね。

日本で外国語を学ぶのとその実践できる現場である海外で外国語を学ぶのとでは、外国でその言語を習得しようとしたほうが言語が身につくスピードは早いです。

なぜならば、常にリスニングを学んでいる状態であり、さらに外国の方たちがよく利用しているような話し言葉も学ぶことができます。

それにだれかとコミュニケーションが取れない状態だと、どうしてもほしいものが買えなかったり、仕事上においても困ることになってしまいます。

それでは海外赴任先の仲間たちにも迷惑をかけてしまいますし、さらに海外赴任させてくれた日本企業側にも迷惑をかけることにつながります。

自分のためにも他人のためにも、心の中に焦った気持ちが出てくるため自然と外国語が早々と身につくんですね。

3.海外経験は転職に有利になる

今は転職することを考えていない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ゆくゆくは今の考えがなくなり、もっと年収を高くしたり自分の能力を高めるために別の企業に転職を考える機会が出てくる可能性もあります。

その際に、海外赴任をした経験がひとつでもあると活躍の幅が広い人材として企業側からみられることになります。

つまり、海外経験が少しでもあるだけで転職を有利にすることができるんです。

海外赴任をこなすためには、異文化で暮らしてきた海外の方たちに気持ちややりたいことを伝え、さらに相手があなたに伝えようとしていることを理解しなければいけません。

つまり、どんな性格の人でも国籍が違っても協力して仕事を成し遂げるだけの力があるとみなされるのです。

海外を拠点にしている日本企業ではもちろんのこと、日本国内だけで展開している会社であっても転職に有利になるのは代わりありません。

周りの友達たちもあなたを見る目が変わることもあるため、周りの人たちを見返したいという方にとってメリットでしょう。

4.日本について客観的に考察できる

日本にいると日本のことが当たり前のように感じるので、当たり前のように過ごしてしまいがちです。

日本にいて海外のニュースを見ると「これは悲惨だ」とか「どうしてこんなに良いものが作れるのだろうか」なんて悲しくなったり、感心することもありますよね。

その反対で、海外赴任することになると日本の情勢や状況について客観的に考察できるようになります。

つまり、日本で起きていることについて客観的にとらえられるので、日本にいる際には考えることもできなかったようなことを思いつくこともあるのです。

そしてその考えや案を日本に持ち帰り、日本において素晴らしい商品やサービスを産み出すなんていうこともよくあることです。

身の回りに起きていることを疑うのは難しいものだからこそ、海外赴任することでいつもは見ることのできない日本の景色をのぞくことができるんですね。

5.手当が多くあり、給与が高い

海外赴任できるとなると海外で暮らすことはできるし、海外のおいしいご飯を食べることはできるし、何よりも日本にいるだけでは出会うことのできないような海外の方たちとの出会いがあります。

そんな素敵な生活を手に入れ、さらに日本では体験できないような大きなプロジェクトを任されることもあるんです。

要するに海外赴任とは、自分自身を成長させ精神をタフにするためには適している環境ともいえます。

そんなに素敵な境遇だというのに、海外赴任することによって、海外赴任者には手当が多く支給されます。

海外赴任していることに対する手当、住宅手当や日本に家族を残して単身赴任している場合には、その家族のための手当などです。

さらに基本的に海外赴任するようになると、年収は高くなっていきます。

毎月支給される給与が増えていくからなんですよね。

また、海外赴任における参加した事業で何かしらの功績を残すと臨時ボーナスがもらえることも少なくありません。

海外赴任は、とても働きがいのあるお仕事と言えるでしょう。

海外赴任のデメリット

これまでに海外赴任することのメリット面をご紹介してきました。

しかし、海外赴任することには良いこともあれば、悪いこともあるものです。

良い面だけを見てそのやりたいことにチャレンジするのももちろん良いのですが、そこで起こりうるデメリット面を先に知っておくだけでも心のダメージが少なくなります。

ということで、ここでは海外赴任することのデメリット面をお伝えします。

物事には必ず良い面があるのであれば、悪い面も存在するのです。

1.安全面に不安がある

海外赴任する場所によっては、安全性が確保されないこともあります。

あなたも日ごろから海外情勢や海外で起こったニュースを見ることがありますよね。

その際に海外で起きるテロやデモ、さらには日本人を標的とした詐欺や殺人事件などのニュースも見聞きした覚えがあるのではないでしょうか。

海外赴任をすれば、まさにその標的になってしまう可能性も少なくはないのです。

企業側が事業を展開するということは、それなりの安全が確保されていることが多いものです。

しかし、場合によってはまだ日本企業が入ったことがないエリアで初めて日本人がその地に足を踏み入れる…なんてよくあることなんです。

その際には、現地の方々はやはり部外者である日本人を信じようとしませんし、できる限り早く日本人たちがその場所を撤退するようにいやがらせをすることもあります。

そのようなことを考えると最悪の場合に安全が確保できず、何か問題が起きる可能性もあるのです。

生きて帰ってこれないというわけではありませんが、海外赴任をすると日本のような安全が確保されていないために自分自身で身を守らなければいけなくなります。

2.日本のものは高額で販売していることが多い

長い間日本で生活してきた人にとって、日本のものはパワーの源になるものです。

そのため、海外赴任をしていると時折「日本のものが食べたい」とか「日本の文化に触れたい」なんて思うものです。

長期間海外へ旅行したことがある方であれば、すでに感じた経験があるかと思います。

海外でも日本のものは簡単に手に入れることができるのですが、日本で販売されている価格より数倍の高い値段で販売されていることが多いです。

中には、良心的なお店もあり日本人には日本適正価格で販売してくれるようなお店もありますが、ほとんどが高額販売となります。

さらにその土地の物価が高い場合には、日本のものを手に入れるだけのためにかなりの出費を強いられることになるのです。

もしも海外赴任先で日本が恋しいと感じる可能性があると少しでも思うのであれば、国際便であらかじめ配達しておくか海外でも安く手に入れられる場所を探しておくといいでしょう。

3.日本で働けなくなる可能性がある

海外赴任をしていると次第に日本で働けなくなるリスクが伴います。

その理由は大きく分けて2つになります。

1つ目はやはり給料の面です。

海外赴任をしているとかなり高給取りになることをお伝えしました。

さまざまな手当が受けられるだけではなく、海外で期待され始めると取引先からも手当や給料がもらえることもあります。

そのような甘さを一度でも知ってしまい、さらに海外での暮らしにそこまで苦労することがないと、日本に帰ってまで仕事をしたいと思わなくなるのです。

それだったら日本に帰国せずにこのまま海外での仕事を続行し、その場所で生涯を終えたいと考える人までもいます。

次に2つ目の理由ですが、感染症や疫病の流行などによります。

働いている国(海外赴任している国)において感染症が流行するとその場所で働いている人にも感染リスクが高まります。

もしもその病原体を日本国内に持ち込まれることになってしまっては、日本での流行を避けられなくなります。

そのような点から、日本国が海外で働いている日本人までも帰国させない(鎖国する)なんていうのも起こりうるのです。

日本で働けなくなるということが自分の身にも降りかかる可能性があると懸念しておくべきです。

4.冠婚葬祭への参加が難しくなる

海外赴任をするとなると、海外での生活を強いられます。

日本に帰国できるのはプロジェクトの合間であったり、年末年始だけです。

その期間だけでも日本に帰国できればいいと考えている方もいるかもしれないですが、それだとどうしても冠婚葬祭に参加しにくくなってしまいます。

冠婚葬祭は、あなた自身が予期しない日に行われることが多いですし、海外赴任だとどうしてもその冠婚葬祭に合わせて休日をとるのが難しくなります。

つまり、最愛の家族の冠婚葬祭にも参加できない、家族が病気で苦しんでいる際に病院に看病することさえもできないという可能性があります。

そのためその際のスケジュールの兼ね合いは、赴任先の事業先にてしっかり話し許可をもらうようにする必要があります。