CoCoSiA(ココシア)

海外赴任の5個のメリット・デメリッ...(続き2)

周りの友達たちもあなたを見る目が変わることもあるため、周りの人たちを見返したいという方にとってメリットでしょう。

4.日本について客観的に考察できる

日本にいると日本のことが当たり前のように感じるので、当たり前のように過ごしてしまいがちです。

日本にいて海外のニュースを見ると「これは悲惨だ」とか「どうしてこんなに良いものが作れるのだろうか」なんて悲しくなったり、感心することもありますよね。

その反対で、海外赴任することになると日本の情勢や状況について客観的に考察できるようになります。

つまり、日本で起きていることについて客観的にとらえられるので、日本にいる際には考えることもできなかったようなことを思いつくこともあるのです。

そしてその考えや案を日本に持ち帰り、日本において素晴らしい商品やサービスを産み出すなんていうこともよくあることです。

身の回りに起きていることを疑うのは難しいものだからこそ、海外赴任することでいつもは見ることのできない日本の景色をのぞくことができるんですね。

5.手当が多くあり、給与が高い

海外赴任できるとなると海外で暮らすことはできるし、海外のおいしいご飯を食べることはできるし、何よりも日本にいるだけでは出会うことのできないような海外の方たちとの出会いがあります。

そんな素敵な生活を手に入れ、さらに日本では体験できないような大きなプロジェクトを任されることもあるんです。

要するに海外赴任とは、自分自身を成長させ精神をタフにするためには適している環境ともいえます。

そんなに素敵な境遇だというのに、海外赴任することによって、海外赴任者には手当が多く支給されます。

海外赴任していることに対する手当、住宅手当や日本に家族を残して単身赴任している場合には、その家族のための手当などです。

さらに基本的に海外赴任するようになると、年収は高くなっていきます。

毎月支給される給与が増えていくからなんですよね。

また、海外赴任における参加した事業で何かしらの功績を残すと臨時ボーナスがもらえることも少なくありません。

海外赴任は、とても働きがいのあるお仕事と言えるでしょう。

海外赴任のデメリット

これまでに海外赴任することのメリット面をご紹介してきました。

しかし、海外赴任することには良いこともあれば、悪いこともあるものです。

良い面だけを見てそのやりたいことにチャレンジするのももちろん良いのですが、そこで起こりうるデメリット面を先に知っておくだけでも心のダメージが少なくなります。

ということで、ここでは海外赴任することのデメリット面をお伝えします。

物事には必ず良い面があるのであれば、悪い面も存在するのです。

1.安全面に不安がある

海外赴任する場所によっては、安全性が確保されないこともあります。

あなたも日ごろから海外情勢や海外で起こったニュースを見ることがありますよね。

その際に海外で起きるテロやデモ、さらには日本人を標的とした詐欺や殺人事件などのニュースも見聞きした覚えがあるのではないでしょうか。

海外赴任をすれば、まさにその標的になってしまう可能性も少なくはないのです。

企業側が事業を展開するということは、それなりの安全が確保されていることが多いものです。

しかし、場合によってはまだ日本企業が入ったことがないエリアで初めて日本人がその地に足を踏み入れる…なんてよくあることなんです。

その際には、現地の方々はやはり部外者である日本人を信じようとしませんし、できる限り早く日本人たちがその場所を撤退するようにいやがらせをすることもあります。

そのようなことを考えると最悪の場合に安全が確保できず、何か問題が起きる可能性もあるのです。

生きて帰ってこれないというわけではありませんが、海外赴任をすると日本のような安全が確保されていないために自分自身で身を守らなければいけなくなります。

2.日本のものは高額で販売していることが多い

長い間日本で生活してきた人にとって、日本のものはパワーの源になるものです。

そのため、海外赴任をしていると時折「日本のものが食べたい」とか「日本の文化に触れたい」なんて思うものです。

長期間海外へ旅行したことがある方であれば、すでに感じた経験があるかと思います。

海外でも日本のものは簡単に手に入れることができるのですが、日本で販売されている価格より数倍の高い値段で販売されていることが多いです。

中には、良心的なお店もあり日本人には日本適正価格で販売してくれるようなお店もありますが、ほとんどが高額販売となります。

さらにその土地の物価が高い場合には、日本のものを手に入れるだけのためにかなりの出費を強いられることになるのです。

もしも海外赴任先で日本が恋しいと感じる可能性があると少しでも思うのであれば、国際便であらかじめ配達しておくか海外でも安く手に入れられる場所を探しておくといいでしょう。

3.日本で働けなくなる可能性がある

海外赴任をしていると次第に日本で働けなくなるリスクが伴います。

その理由は大きく分けて2つになります。

1つ目はやはり給料の面です。

海外赴任をしているとかなり高給取りになることをお伝えしました。

さまざまな手当が受けられるだけではなく、海外で期待され始めると取引先からも手当や給料がもらえることもあります。

そのような甘さを一度でも知ってしまい、さらに海外での暮らしにそこまで苦労することがないと、日本に帰ってまで仕事をしたいと思わなくなるのです。

それだったら日本に帰国せずにこのまま海外での仕事を続行し、その場所で生涯を終えたいと考える人までもいます。