CoCoSiA(ココシア)

肝心な時に頼りにならない男性の15個の特徴と対処法


肝心な時に頼りになる男性に憧れる人は多いと思います。

自分の彼氏には、いざという時に頼り甲斐のある、憧れのヒーローのような存在でいてほしいという女性は多いのではないでしょうか?

お互い信頼し合い、尊敬し合い、尊重し合えるカップルに憧れる女性は多い事でしょう。

いざという時に助けてくれて、彼女のSOSにもきちんと気付いて手を差し伸べることができる彼氏。

そんな彼氏こそ、あなたが求めている彼氏ではないでしょうか?

しかし、現実は自分がいないと何もできない彼。決断力もなく、甘えん坊で、彼女に頼ってばかり…。

「こんな頼り甲斐のない彼のどこが好きなんだろう。」と疑問を抱く瞬間もあるのではないでしょうか?

この記事では、肝心な時に頼りにならない男性の特徴と対処法についてご紹介していきたいと思います。

自分の彼氏が頼り甲斐がないと感じている人は、是非参考にしてみてくださいね♪

もしかして肝心な時に頼りにならない?!

彼氏には頼り甲斐のある男性でいてほしいと願う女性は多いでしょう。

しかし、現実の彼をみていると「この人はもしかして頼り甲斐の無い人なのでは?」と疑問を抱く瞬間があるのではないでしょうか?

物事の判断ができず、いつも彼女任せだったり、重要な判断を押し付けてきたり。

さらには何かあるとすぐ人のせいにしてくる。

そんな彼の優柔不断な行動に嫌気が差してきているという女性は意外にもたくさんいるようです。

肝心な時に頼りにならない男性の15個の特徴と対処法

自分の彼氏が頼りにならない男性かどうか見極めたいという人は多いのではないでしょうか?

また、自分の彼氏が頼りないため、改善してほしいと願う女性も多いでしょう。

頼り甲斐のある男性だと思って付き合ってみたら女々しい人だったということもあるかもしれません。

付き合いたての頃はかっこつけていても、徐々に本性が見えてくるものです。

ここからは、具体的に頼りにならない男性の特徴と、その対処法についてお伝えしていきますので参考にしてみてください。

1.決断力がない


物事を決断することができず、判断をするのは人任せ。

大きな判断なら相談してくれてもいいけど、些細なことでも決断できない彼を見ているとイライラしてしまうという女性は多いでしょう。

デートに行く場所が決められない、食事のメニューが決められない、判断を迫られるとどうしようとウジウジ悩む。

そして、判断を彼女に求めてくる姿をみていると、愛情が冷めてしまうという女性は少なくありません。

デートプランはいつも彼女任せで、誕生日やクリスマス、記念日等のイベントの日のデートプランは、いつも彼女が立てていて、彼はついてくるだけ。

そんな他力本願の彼氏は、理想の彼氏とは程遠く、嫌気が差してきているという人も多いでしょう。

【対処法】一度決断したら他とは比較しない

決断力がない彼には、一度決断したら他とは比較しない癖をつけさせるといいでしょう。

後から「やっぱりこっちの方が良かったのではないか。」と言い出した時は、決めたのだから他のことは考えないように叱ってみましょう。

決断した後の迷いは彼女に叱られるとインプットしておけば、彼もウジウジ悩まなくなる可能性があります。

また、彼が決断したことを後からグチグチ言わないことも大切です。

「あのデートプランはだめだった。」「本当はあのプレゼントが良かった。」など、彼が一生懸命立てたプランにケチをつけるのは避けましょう。

彼も、一生懸命考えたことを否定されてしまっては、考える気も失せてしまいます。

彼が決断したことは、他とは比較しない。

そして、決断したことをきちんと褒める。

彼のチョイスしたものは、最高に楽しんで喜ぶということが大切です。

そうすれば、あなたの笑顔を見るために彼は頑張ろうと思えるでしょう。

2.責任感がない


口では偉そうなことを言っていても、責任感がないという男性もいます。

むしろ、小心者であるのを隠すために、大きな口を叩いているという男性は少なくありません。

いざという時はいつも彼女が判断して、その決断が誤りだった場合、彼女を責めたてるという無責任な彼氏もいます。

また、彼自身が「無責任」という自覚がないためタチが悪く「俺はこう思ってた。」「こうなると思っていた。」という後出し発言をしがちです。

【対処法】責任から逃げられない環境を作る

無責任な彼は責任から逃れられない環境を作ることが大切です。

「あなたが決めたこと」「あなたが決断することを放棄して任せたこと」というのをきちんと伝え、いざという時に彼が責任逃れしないようにしておくことが大切です。

無責任だということに気付かせるためには、あなた自身が彼を言い負かせられる状況を作っておきましょう。

彼が無責任にあなたのことを責めてきたら、「あなたがこうだったからだよね?」ときちんと伝え、彼の逃げ道を無くしましょう。