CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「一点張り」とはどういう意味?使い方・例文・類義語を解説します


今回は「一点張り」という言葉について紹介していきます。

この言葉は日常会話でもよく使う言葉ですね。

正しい意味からその使い方、例文や類義語も交えて紹介していきたいと思います。

この記事の目次

「一点張り」の意味とは

「一点張り」とは、他のことに一切目もくれず、今自分が行っていることだけを押し通すさまを言います。

ある意味、融通の利かない態度ともいえますし、自分の意見に絶対の自信を持っている気持ちの表れともいえますね。

「一点張り」の例文


それではここからは「一点張り」の例文をご紹介してまいりましょう。

1.彼は「自分の意見が正しい」の一点張りだ

こういった例文のやり取りは、日常よくあると思います。

人間の意見というものはどういうわけか、自分の意見が正しいと思っている人も多いです。

本当はそこまで自信がないのに、意見の言い合いになると全く相手の話を聞かなくなって自分の意見を通そうとします。

こういったパターンを「一点張り」というのです。

2.彼女の作る作品はかわいいの一点張りで若者に人気だ

彼女が作りだす作品が何なのかは断定されていませんが、その出来上がった作品はいずれもかわいいモチーフで満載のものなのです。

誰がどう言おうと彼女は自身の作風を変えません。

かわいい作品こそが彼女の創作活動の原点なのでしょう。

今後も彼女にはかわいい作品を世の中に発表してもらいたいものです。

3.彼は仕事一点張りの生活をしているので、家族が寂しがっている

例文に登場する男性には家族がいます。

恐らく一家の大黒柱なのでしょう。

そんな彼の生き甲斐は一にも二にも仕事です。

三度の食事を忘れるくらい仕事に没頭するようです。

彼の仕事にかける生き方は確かに頼もしい生き方でしょう。

しかし、問題は仕事人間すぎて家族の誰とも接点を持とうとしないことです。

だから彼以外の家族の人はいつも寂しい思いをしているのです。

人間、仕事と家庭のバランスは保つべきです。

一点張り過ぎる生き方はいつか大切なものを失ってしまいかねませんからね。

4.テスト前は勉強一点張りだった彼も、テスト後は全く勉強しなくなった

多くの学生さんたちの典型的なパターンでしょう。

テストが行われる前の1週間はそれこそ死に物狂い。

目を皿のようして脇目もふらず一心不乱に勉強一転張りの生活を送っていました。

ところがテストの期間が過ぎてしまえばたちまち以前の勉強しない暮らしに戻ってしまいました。

まあ、これが世間一般の学生さんのありようなのでしょう。

とにかくテストが始まる前に勉強一点張りになるだけでも良しとしなければならないでしょうね。

5.彼女の「やっていない」の一点張りのおかげで私たちも先生に叱られずに済んだ

彼女は私たちのグループの一員なのでしょう。

その彼女はなかなか一本筋が通っている性格のようです。

強情なところもありますが正義感に燃えたいい人なのです。

その彼女が「やっていない」と意見を通してくれたおかげで、先生に叱られずに済んだようです。

持つべきものはいい友なのかもしれませんね。

「一点張り」の類義語


それではここからは「一点張り」の類義語をご紹介していきましょう。

1.頑固

「頑固」とは自分の意見に固持し、他者の意見を一切聞き入れないさまをいいます。

このような状況は「一点張り」とほぼ同じ意味となります。

ただ「頑固」の方が付き合いにくい印象があるでしょう。

皆さんもあまりにも周囲の意見と足並みを揃えない人のことを「頑固者」と呼んだことはありませんか?

「頑固」は一度決めたら頑なな態度をとるからそのように言われるのでしょう。

2.従わない

「従わない」も「一点張り」と同じ意味を持ちます。

つまり、自分の言い分を最も尊重するがため自分以外の誰からの意見も聞き入れない、という態度のことです。

組織においてリーダーの言うことに対して従わない態度をとっていたら、その組織の統率はガタガタになってしまうでしょう。

3.反抗する

「反抗」とは指示や言いつけを守らず協力しない態度のことです。

大きくみたら「一点張り」とさほど本質は変わらないでしょう。

ただ、反抗の方が長期間に渡って相手にそういう態度をとり続ける印象があります。

よって、あなたご自身が社会に出たときはそのような人間に見られないよう努力する必要があるでしょう。

4.反発する

「反発」も「反抗」と同じような意味を持ちます。

ただ、「反抗」が長いスパンを指しているのに対して「反発」の方は短期間の、あるいは一時的なものという側面があるでしょう。

いずれにしても大きくみれば「一点張り」状況です。

周囲の和に合わさない部分は同じだということです。

5.素直じゃない

「素直」は自分の主張ばかりを通さず相手の意見も聞き入れて判断を急がないさまをいいます。

つまりは組織において上からの指示や任務を反抗せずに受け入れる姿勢のことをいいます。

「素直じゃない」は、この姿勢が全く逆なのですから「一点張り」と同じ意味合いになるということになるのです。

6.不服

「不服」は自分の考えや意見を認めてもらえず、不満や怒りの心情があふれている状況です。

「一点張り」になるときの心情と全く同じだといえるでしょう。

ただ、多くの場合、自分の「不服」を表したところで実社会においては黙殺されます。

「不服」は個人感情の最たるものだからです。

組織というところは多くの矛盾があるのは仕方ありません。

それに対していちいち「不服」や「異議」というものを申し立てても事の解決には至らないということを認識しておくべきでしょう。

7.聞き分けがない

「聞き分けがない」とは、他人の意見や言いつけを素直に受け入れず、自分の主張を押し通す状況ですね。

このような状況を体現してしまう人は幼児や子供に多いものといえます。

つまり多くの人間は精神的に成長すれば他者の意見や主張もある程度は容認して聞き入れるということだからです。

いずれにしても一点張り状況も「聞き分けがない」ということで一致します。

自己主張も大切ですが「個」を優先したいのか「組織」を優先させるのか。

よく考えて行動しましょうね。

8.意固地

「意固地」は「いこじ」と読みます。

これも自分の意見を譲らず他者の意見を全く聞き入れない状態をさしていいます。

まだ精神的な成長が未熟な人物によくみられるパターンです。

「意固地」も自分の意見の押し付けの一点張りです。

およそ社会性に欠けた性格といえるでしょう。

そういった意味ではまだ「一点張り」の方が可愛さがあるかもわかりませんね。

9.諦めが悪い

「諦めが悪い」も「一点張り」と似たりよったりの状態です。

つまり自分の意見に固執しすぎていて、周りの意見を聞かず和を乱してしまう結果になるからです。

ただ、諦めが悪くてもいつかは諦めがついて従順になるのが人間というものです。

そのためにも多くの経験を積んで自身の精神面を鍛えていく姿勢が求められますね。

10.しぶとい

「しぶとい」も協調性や和というものを乱す要因です。

こちらも自分の主義主張を変えようとしない行動です。

いつまでも自分の正当性を主張します。

議論の余地なしという点では「一点張り」と大きく似通ったものといえるでしょう。

一般的にここまでご紹介してきました「一点張り」の類語。

いずれも組織への順応性が乏しくリーダーを困らせる要因ばかりです。

現代社会は「個」の存在よりも「組織」の存在意義がクローズアップされています。

つまり企業においてものを言うのは、個人の力よりも組織がらみで協調し合って大きな利益を追求していく姿勢が求められているからです。

自身のどうしても譲れない部分も分かりますが、企業に所属する構成員であるならば何をもって貢献するのか。

そのあたりをじっくりと考えましょう。

「一点張り」の反対語

それでは今度は「一点張り」の反対語についてみていきましょう。

1.抵抗しない

「抵抗しない」は、すなわち従順で従う姿勢があるということです。

相手の意見や主張を素直に受け入れるつもりがあるということになるでしょう。

ただ、心から抵抗していないのかどうかは不明です。

表向きは抵抗しないポーズをとっているだけかも分かりませんからね。

ただ、いたずらに抵抗しても自分にとっていいことはないという事は、世の中非常に多いです。

抵抗しても何も始まらない、ということを学習しておくことでしょう。

2.従順

「従順」は相手の意見や言いつけなどに反抗せず大人しく全てを受け入れる姿勢をいいます。

一般的に世の中で人間関係を含めて上手にやっていこうと思うならこの「従順」という姿勢を会得するべきです。

相手に対してしつこい反抗心を燃やしても、いたずらに嫌われてしまうでしょう。

3.逆らわない

「逆らわない」とは、相手からの指示や言いつけに対して、素直に「イエス」と受け入れる姿勢です。

人間関係は難しそうで案外、単純なものでもあります。

つまり「逆らわない」「服従」という姿勢さえとっていれば自分に危害が及ぶ危険性は減るからです。

人間とは疑心暗鬼の生き物です。

特に権力を持ってしまうとその暗鬼心はますます増幅されます。

「逆らわない」姿勢は、多くの組織で重宝される能力なのです。

4.賛同する

「賛同」も自分以外の他者の意見や主張に対して容認し、受け入れる姿勢をいいます。

もちろん、そこには反抗したり抵抗するような余地はありません。

身も心もその主義主張に同意しているからです。

もし、そこに自分の意見を通そうとして一点張りの態勢をとったら、それは心から賛同していない証明になってしまうでしょう。

5.意見を聞く

「意見を聞く」とは文字通り、相手の意見に耳を傾けて聞き入れることです。

これができるかどうかによって社会人として通用するかどうかが決まるスキルとなるのです。

人の意見を聞く。

こんな簡単なことが実は非常に難しいのです。

人間は基本的に自分の言いたいことを一方的に言っているときに快感が起こります。

欲求解消の手段ともなっているからです。

それが「一点張り」というものです。

人の意見を聞いているふりでもいいので聞くようにすると、きっとあなたの人当たりが今までと変わってくるでしょう。

6.受け入れる

「受け入れる」という姿勢も重要です。

「一点張り」のように強情に自分の意見を押し付ける行動と真逆になるのですから。

人間関係を円滑に進めたいと思うなら、多少気に入らないことでも一旦は受け入れるのです。

そこから話が進んでいくのです。

何でもかんでも話の入り口で遮ってしまっては何もスタートしませんからね。

7.妥協する

「妥協する」とは、自分の意見や言い分を引っ込めて相手の意見に足並みを揃える行動です。

これが上手にできる人は組織において上位に進出できる可能性を秘めています。

つまり「妥協」には「一点張り」のようなわがままさは皆無だからです。

世の中に全ての人間を納得させられる意見はそうあるものではありません。

しかし、どこかに妥協点をみつけているから人の世は成り立っているのですよ。

8.素直

相手の言うことに対して反論したりせず、きちんと聞き入れて肯定する。

このような態度を「素直」といいます。

そして「素直」こそ人が仕事を上達させることができる恰好のものなのです。

人間が「素直」さを失ったら殺伐とした世の中になるでしょう。

社会通念には規則や上からのお達しごとがごまんとあります。

多くの人が素直にそれらを受け入れて守っているから世の中は成り立っているのです。

自分の意見の方が正しいと言って、自分の正当性を主張するという一点張りになってしまったら、あなたは社会から追放されてしまうかも分かりません。

9.諦める

「諦める」とは、自分の欲しかったものや通したい意見をやめてしまう行動です。

志半ばともいいます。

しかし、この「諦める」という行為は重要です。

それが世の中を生き抜く賢い生き方になるからです。

ただ何でもかんでも諦めてしまうと忍耐というものが育たなくなります。

諦めずに頑張った先にどのような結果が待っているか。

それによって諦めるかどうかの判断を下したいものですね。

10.弱気

「弱気」とは、自分の主張に自信がないためすぐに人の意見に賛同してしまう根拠になる気質です。

反対に強気になってしまうと「一点張り」といった行動に出てしまう根拠にもなります。

つまり弱気な性格なら人前で「一点張り」になることもないというわけですね。

あなたはどちらの位置づけになっていますか?

「一点張り」を正しく使おう

今回は「一点張り」についてみてまいりました。

「一点張り」はどちらかというと、組織において協調性の欠けた行動とみられてしまいます。

しかし、それだけしっかりした生き方や指針を持っているともいえますので一概に否定されるべきものでもないのです。

意見を押し通す時と妥協するタイミング。

このバランスをつかむことが生きてゆく上で大切になるということです。

ページトップ