CoCoSiA(ココシア)

試験が終わった後の不安を解消する11個の方法。これで結果待ちのストレスを軽減!


就活をして面接を受けて結果が出るまでの時間は、ハラハラドキドキですよね。

連絡がなかなか来なくて、せっかく面接にまでこぎつけたにもかかわらず、落ちたらどうしようと不安で夜も眠れないという人もいます。

そこで今回は、合否待ちの不安を解消する方法と、なぜ連絡が遅れるのかということをまとめてみました。

不安になっている人は参考にしてみてくださいね。

合否待ちの間は緊張と不安でいっぱい

合否待ちの時間は緊張と不安の暗黒の期間ですね。

でももう試験や面接は終わってしまったのです。

あとはどんなに不安になろうが緊張しようが結果は神のみぞ知るです。

合否の結果を出すまでの期間は、書類選考では10日くらいまでが多いそうです。

絶対とは言えませんが、目安にしましょう。

合否は合格と不合格のこと

「合否」は合格と不合格のことです。

今回は合否に関して、結果が出るまでの不安について、そして合否の連絡が遅れる理由などについてもお話ししていきますね。

少しでも不安を解消していただけますように、参考にしてみてください。

結果が出るまでみんなが抱える不安

景気が悪い昨今、業種にもよりますが仕事を探している人のほうが募集している人員より多い中、自分の思い通りの就職を決めるのは難しいですよね。

応募してなんとか試験や面接にこぎつけるだけでもラッキーという場合もあります。

ときには即決で「はい、明日から来てください」というラッキーな場合もありますが、結果までに2週間、3週間という場合もあります。

ぜひこの会社に就職したいと思って期待に胸を膨らませていればいるほど、結果までの不安は大きくなります。

入学試験の合否待ち


入学試験の合否待ちもありますね。

まだ若いころは、入試に落ちたら人生がそれで終わりのような衝撃を受ける人もいます。

人生経験を重ねていくと、結果オーライ、あの時に落ちたからこそその後の人生が開けたというパターンも少なからずあるということがわかってきます。

でも若いときにはそんなことはわかりません。

それまで良い成績をとり、親兄弟からも期待されている人にとっては入試は人生の一大事です。

検定試験の合否待ち

英検、日本語検定を始めとしてさまざまな検定試験の合否を待っている人もいるかと思います。

仕事に必要な検定試験で、会社からどうしてもいついつまでに合格をしなさいと言われる検定から、趣味の延長で受ける検定もありますね。

運転免許の合否待ち

運転免許も仕事にプライベートにと必要になることが多い免許ですね。

ただほかの免許と違い、お金はかかりますがたとえ不合格でも何度も受けなおすことが比較的容易な免許です。

落ちたら数か月、もしくは浪人するかどうかを考えて1年後という大学入試と違います。

就職活動の合否待ち


就職活動の合否待ちもヒヤヒヤドキドキものです。

手当たり次第にどこかに就職したいと思っている人、なんとしてでもここに就職したいという会社を狙っている人、アナウンサーにどうしてもなりたいということで職種を絞っている人、落ちたら希望する職種そのものが変わってしまう場合はまさに人生が変わる瞬間ですね。

オーディションの合否待ち

スターを目指してオーディションを受け続けている人がいます。

今、輝かしいスポットライトを浴びている俳優やタレントさんの話を聞いていると、売れるまでに数百のオーディションを受けた、来る日も来る日も不合格だった、と言っている人は一人や二人ではありませんね。

どうしてもスターになりたい、演技の道を極めたい、など強い思いを感じます。

それでもメディアでそういう話ができるということは、願いが叶ったごく少数の運のいい人たちです。

合否待ちの不安を解消する11個の方法

どんな合否待ちでも、思いを遂げようとする本人にとっては不安な日々がしばらくは続くことになります。

その不安を解消するための方法をご紹介します。

同じ思いをしているのは自分だけではないと知ることも心の安定につながりますよ。

1.一旦忘れて趣味に没頭する

何かに没頭しているときは不安が入り込む余地がありません。

合否の結果を待っている間の不安なときには、趣味がある人はいったん忘れて趣味に没頭してみることをおすすめします。

嫌なことは忘れるに限ります。

就活のように、いくつかの企業を受ける場合は、前の会社の合否の結果は気にはなるけれど比較的忙しくしていられるかもしれませんが、合否を一つだけ待っているとなると、その一つがダメだったらどうしよう!と不安はマックスになるでしょう。