私たちは午後のおやつの時間、仕事の休憩時間を「ティータイム」と言うことがありますが、紅茶をいただく時間ではなく、日本茶やコーヒー、もちろん紅茶もですが、世界中のいろいろなお茶をいただきますよね。

ココアやミルクでもティータイムです。

そんなティータイムをあなたはどう過ごしていますか?

気の置けない友人と一緒に優雅なひと時を過ごしてみるのも、一人でゆったり過ごすのも自由です。

お食事をお誘いするにはちょっと大げさかな、と思うようなときにはティータイムに誘ってみてもいいですね。

この記事では、ティータイムをより優雅に楽しむ方法をご紹介します。

ぜひ素敵なティータイムを過ごしてみてください。

普段はどんなティータイムを過ごしていますか?

最近ではイギリス人もコーヒー派が増えてはいますが、それでもイギリスでは目覚めの紅茶から始まります。

日本ではどうでしょうか?

ティータイムと聞くと、私たちは午後のティータイムを思い浮かべますが、イギリスでは目覚めのティータイム、朝食とともにティータイム、午前11時ごろの仕事のちょっとした合間のティータイム、そして最も優雅な時間とされるアフタヌーンのティータイム、それだけではありません。

夕方に軽食をいただくときのティータイム、夕食後のティータイム。

まさに一日中ティータイムです。

紅茶は中国から伝わったものですが、東洋への憧れとともにイギリスで愛されるようになりました。

ティータイムをより優雅に楽しむ方法24選!是非参考にしてみて!

今回は心も体もよりリフレッシュするため、優雅に楽しく「ティータイム」を過ごすための極意、ティータイムのメリットなどをお話しします。

どの時間にティータイムをセッティングするのかによって、準備の仕方や楽しみ方も少々変わってきます。

また、季節によって食器やテーブルセッティングなども変えてみるのも楽しいですよ。

家族や恋人、友人と、または一人のティータイムの参考にしてみてください。

1.贅沢な紅茶やコーヒーを用意する


美味しくてちょっと贅沢な紅茶やコーヒーをいただきましょう。

紅茶やコーヒーには本当にたくさんの種類があります。

何を基準に選べばいいのか迷ってしまいますよね。

一人で楽しむには自分が好きなものを選んでみましょう。

その日の気分に合わせて選ぶ

例えば紅茶の茶葉の種類ですが、インドやスリランカ、中国やケニアが原産地のものがあります。

スリランカで昼夜の寒暖差が大きい地域ヌワラエリアでとれる紅茶は、渋みのある高貴な香りを放っています。

また、ユーカリやミントが自生していて爽やかな味わいを与えていると言われています。

そんなヌワラエリア産の紅茶は、清涼感が欲しいときにぴったりです。

また、世界三大紅茶の一つであるメントールの香りが清々しいウバ地域の紅茶も、清涼感があり、ストレートティーでもミルクティーでも美味しくいただけます。

インドのダージリンやアッサムという名は有名ですよね。

インドの紅茶はコクがあるのが特徴です。

ダージリンはその渋みが特徴的な紅茶です。

世界三大紅茶の一つで上品な渋みがあるにもかかわらず、甘く爽やかさが魅力の紅茶です。

中国のキーマンは世界三大紅茶の一つですが、偽物が多く出回っていて本物が珍しいと言われているのですが、10以上にランク付けされているものの最上級のものは蘭の香りがすると言われています。

ケニア産の紅茶はイギリス人向けのまろやかな風味とくっきりと色の濃さが特徴で、ミルクティーに向いています。

インドネシアのジャワ島産の紅茶は渋みが少なく味や香りもあっさりしているので日本人が食事のときにお茶を飲むような感覚で楽しめますよ。

実は、茶葉はこのように産地によって特徴がありますが、収穫時期によっても違いがあるのです。

お気に入りの茶葉を探すために紅茶を研究してみてはいかがですか?

ティータイムにいただくお茶はその日の気分で選んで正解です!

2.場所にこだわる


お茶や食事は、おしゃれなカフェやレストランでいただくと気分が上がって味や香りまで違う感じがします。

ティータイムも場所にこだわってみましょう。

自宅の庭にテーブルを置いて

庭にお花が咲いている時期なら最高ですが、季節外れならお庭にテーブルを置いてその上の花瓶に美しい花を飾ってみませんか。

3.服装にこだわる

テーブルやテーブルクロス、花瓶、カップ&ソーサーだけでなくティータイムには服装にもこだわってみましょう。

女性は特に、着ているものに気分が左右されますよね。

普段はスポーティーに決めていてもティータイムにはほんの少しエレガントさをプラスしてみませんか?

間違ってもジャージスタイルでティータイムを過ごそうとなんてしないほうがいいでしょう。

座っていて楽なもの、かつ優雅さがある女性的なワンピースやブラウスとスカート、パンツスタイルでももちろんOKです。

自宅のお庭でも、シューズにもちょっとこだわりたいですね。

バレエシューズやフラットシューズなどいかがでしょうか?

ドレスコードを指定しても楽しいかも

お友達を招待するのなら、ドレスコードを指定しても楽しいかもしれませんよ。

お呼ばれされる側もちょっと緊張感があり、おしゃれ心が刺激されます。

近頃はファッションがどんどんカジュアル化していて、よほどの超がつくほどでなければ、高級ホテルやレストランでも、カジュアルスタイルで出入りできます。

「優雅なティータイムパーティーを開催します!」と宣言して、「ドレスコード指定」としてみると新鮮かもしれません。

ホテルやレストランのドレスコードで指定されることが多いのがスマートカジュアルです。

スマートカジュアルなら、たいていの人は1着や2着持っているのではないでしょうか?

スマートカジュアルの代表格は女性ならワンピース、ブラウスにスカートなどです。

ジーンズや露出が大きいキャミソールやタンクトップ、短すぎるスカート、ショートパンツ、スニーカーやブーツはNGです。

4.おしゃれなティーカップや食器を用意

ティータイムはお茶やコーヒーだけを楽しむのではなく、ティーカップや食器とともに楽しむものです。

季節や時間帯によって変化させてみるといいですね。

季節に合った気分を上げてくれるお気に入りのティーカップを探してみましょう。

例えば、夏なら海や青空をイメージさせる青を基調としたティーカップ、実りの秋にはシックなティーカップ、冬のクリスマスをイメージした真っ赤なティーカップ、日本の桜をイメージした淡いピンクのティーカップは早春に、など色を基準にして、お気に入りを探してみることをおすすめします。

ティータイムの食器のイメージとして銀食器ではないでしょうか?

実は、銀食器は銀色を主張するのではなく、ともにティータイムを彩るティーカップなどの食器を映し出し、まるで染まっているかのごとくに輝くのです。

ただ染まるだけでなく銀色の輝きをもちろん反射させてくれます。

銀食器やおしゃれなティーカップは、ほんのひととき自分がまるで英国王妃や貴族になったかのような錯覚を与えてくれるかもしれません。

予算の関係上、すべての季節に合ったティーカップが揃えられないのであれば、自分がとても好きな色やデザインのものをまずは1セット選んでみましょう。

ティーカップ&ソーサーとケーキ皿をセットで購入するのをおすすめします。

この3点はぜひおそろいのものにしましょう。

スプーンやフォーク類、そしてミルクピッチャーとシュガーポット、ティーストレーナーも必要です。

ミルクピッチャーはミルクティーのときに牛乳を入れます。

シュガーポットとミルクピッチャーはセットで売られている場合も多いです。

どんなティーカップにでも合うシンプルなものもいいですが、逆にティーカップ&ソーサーがシンプルなものなら、インパクトのあるものでもいいですね。

次に、ケーキサーバーやサンドイッチプレートもあれば便利です。

そして、ケーキスタンドがあればテーブルが華やかになりますよ。

ケーキスタンドはホテルのティールームなどでよく見かけるあれですが、本場イギリスでも一般家庭では使ってはいないんです。

でも、優雅なティータイムを演出したい方にはおすすめします。

5.テーブルや椅子などの家具にこだわる

食器だけでなく、テーブルや椅子などの家具にもこだわってみてはいかがでしょうか?

自分だけのティータイムなら、ティーテーブルと言われる小さな丸いテーブルがあるとグッと雰囲気が出ます。

天板の下に1本の脚、そこから3本に枝分かれした脚のあるテーブルです。

脚部分や天板に装飾が施されているものが多く、アンティークテーブルも人気です。

おしゃれなテーブルクロスをかけてもいいですが、テーブルのデザインを楽しむためにそのまま使用するのもいいです。

春から夏にかけてのお庭でのティータイムならエレガントなデザインのガーデンセットも素敵です。

パラソル穴付きのものなら、日差しを気にしないでティータイムを楽しめます。

鋳物素材でテーブルと椅子がセットになっているものをお庭に設置して、ティータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?

育てたお花を愛でながら、お気に入りのティーカップで、木漏れ日を浴びながらゆったり優雅な時間を過ごせます。

6.時間帯にこだわる

ティータイムを優雅に過ごして心も体もリフレッシュするためには、ティータイムの時間帯にこだわってみましょう。

先にお話ししましたが、私たちがティータイムと言うのは昼下がりのイメージがありますが、イギリスでは朝目覚めた時から夜寝るまで何度もティータイムを楽しむ習慣があります。

私たちはそうはいきませんが、午後のティータイムにとらわれず、自分にとって一番心地よい時間を見つけてみましょう。

ただ、お友達を招待する場合は昼下がりが一番都合が良いかもしれませんね。

午前中ならどうしてもランチの時間にかかってしまいます。

ということで、ランチをご一緒にということになりますよね。

その場合は、ティータイムにサンドイッチやちょっぴりボリュームのあるケーキやフルーツやアイスクリームとともに、美味しいお茶やコーヒーを楽しみましょう。

7.前もって計画する

優雅なティータイムを楽しみたいと思っても、ついいつものマグカップで、いつものお茶でということになってしまいかねません。

もちろんどんなカップでいただいても同じお茶に変わりはないのですが・・・いただいてみればわかると思いますが、器やテーブル、お茶をいただくときに視界に入るものによって味まで違ってくるものなんです。

優雅なティータイムには、行き当たりばったりではなく、前もってティータイムを計画してみましょう。

お友だちを招待したり、家族でティータイムを楽しむ場合はもちろん時間やみんなの都合を合わせなければいけないですが、一人のティータイムでも、前もって計画を立てることで、心にも余裕が生まれます。

8.ティーポットと茶葉を使って紅茶を入れる

ティータイムでは、ティーバックやマグカップを使うのではなく、ティーポットと茶葉を使って紅茶をいただきましょう。

ティータイムはお茶を飲むことだけではなく、お茶を入れるところから香りや色からお茶を目で、鼻で、五感すべてでいただいています。

そして、実はティーポットやカップ&ソーサー選び、計画を立てるときからティータイムは始まっているのです。

茶葉の種類は多めに

紅茶の茶葉はその日の気分やティータイムの時間帯によって茶葉の種類を変えてみましょう。

そして1回のティータイムの間に何種類かの茶葉を楽しむため茶葉の種類は多めに準備しておくと楽しいですよ。

これを機会に、お茶の葉の勉強をしてみてはいかがでしょうか?

何かについて人より深く知っているということがあると、自信につながります。

誰かに披露するのが目的では無く、仕事に活かすでもなくていいのです。

忙しいからお茶はティーバッグでいいなんて考えずに、丁寧に茶葉を選びゆったりとした気持ちでお茶をいただきましょう。

9.いつもはしない濃いメイクやアクセサリーをする

おうちでティータイムでも、メイクや服装、アクセサリーにちょっとした非日常を取り入れてみましょう。

いつもはしない濃い目のメイク、たとえば、いつもはブラウン系のアイシャドウだけれど、ブルーのティーカップとおそろいの水色シャドウにするとか、チークをいつもより強めに入れてみるとか。

ティーカップに口紅がつくので、気にしながら過ごすより、ティータイムには淡い色のリップクリームだけにして、アイシャドウやチークをいつもと違う雰囲気にしてみることをおすすめします。

カップ&ソーサーを持つ手は自分自身の視界に入ることも多く、誰かと一緒のティータイムのときにも目立つので、ネイルもいいですね。

アクセサリーも普段は着けないようなものを選択してみてはいかがでしょうか?