「ありがとう」といわれるのが好き!いつまでも誰かに感謝されるような生活を送りたい、誰かのためになるようなことをしていきたい…あなたも、心のどこかでそのようなことを考えているのではありませんか?

誰かにしたことに対して「ありがとう」といわれることはとてもうれしいことですよね。

「ありがとう」といわれるような仕事に就いたことがありますでしょうか。

どのような仕事をしていても、そこに人との関わり合いが存在するのであれば「ありがとう」という言葉が出てくることはあるでしょう。

しかし、そのように当たり前のようにありがとうといわれるのではなく、ありがとうをいわれる仕事をしたい!という方もいらっしゃるはずです。

この記事では、そのような方々のために「ありがとう」を大切にできるホスピタリティのあるお仕事をご紹介しています。

また、ホスピタリティとはどのようなものか、いわゆるサービスとはどのような違いがあるのかをしっかり確認していきましょう。

ホスピタリティとは?

ホスピタリティとは、人と人やモノ、社会や自然など関係を持っていく中で、お互いを思いやり「もてなす」とをいいます。

目の前にいる誰かのことを考えるのも、目の前にある自然や組織や大きな社会について考えることも”ホスピタリティ”にあたります。

とはいえ、あなたが「ありがとう」といわれる仕事…と考えているのでしょうから、仕事にかかわるホスピタリティを考えているかと思います。

仕事面でホスピタリティというと、「もてなし」の行動や考え方をいいます。

もしもお店で働いているのであれば、そのお店に来店なさったお客様に快く買い物をしていただけるようなもてなしをすることをいいます。

あなただって、心から気持ちよく買い物ができたとか、もてなしとして良いサービスを受けた際には自然と心の中から「ありがとう」という気持ちや言葉が出てくるのではないでしょうか。

まさにそのような状況を作り出す店側の空気感やサービスを”ホスピタリティ”といいます。

もっとわかりやすく言えば、温かい心をもってお客様に接することを言います。

あなたがすでに現在、接客業などで働いている場合には、お客様に対して”真心”をもったおもてなしができているか、自分自身の行動を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

ホスピタリティとサービスの違い

「ホスピタリティについてよくわかったけど、よく接客業界で使われる”サービス”という言葉とどう違うの?同じように感じる!」と疑問に感じている方もいらっしゃるでしょう。

たしかにホスピタリティとサービスとは、似ているように感じる言葉ではありますが、まったく意味の違う言葉になります。

ホスピタリティとは、温かい真心をもってお客様に接し、さらにお客様に安心してその場を過ごしていただけるようにすることをいいます。

サービスとは、会社や企業によって決められた”お客様に対するやるべきこと”を行うことになります。

お客様はお金というものを支払い、お店側の方たちが提供するサービスを受け取るんですよね。

例として美容室をあげるのであれば、お客様はお金を支払うことでヘアカットとヘアカラーのサービスを受けます。

そのサービスとは、お金が対価となっているのでしっかりと見合うサービスを提供しなければいけません。

ホスピタリティとは、美容師がお客様に接客している際に見せる”真心”をいいます。

お客様との会話の中でもちょっとした優しさをみせるとか、お客様に寄り添ったサービスを提供するためにお客様の気持ちをしっかりと機構と耳を傾ける意志もまたホスピタリティにあたります。

よく「これはサービスで無料だよ!」なんて言葉も見ますが、ホスピタリティとは無料では渡すことのできないようなモノをいいます。

ホスピタリティ業界と言われる業界は?

誰かのためになる仕事がしたい…常に誰かの助けになっていたい…もしもそのように感じるのであれば、ホスピタリティ業界を目指してみるといいでしょう。

とはいっても、ホスピタリティ業界とはどのような業界なのか、その業界にはどのような仕事があるのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ホスピタリティ業界とは、サービス業界の中でも特に”おもてなしの心”を大切に接客をおこなったり、それらのサービスを提供する業界でもあります。

のちほどホスピタリティ業界にはどのような職種があるのかをお伝えしていきますが、あなたの心にお客様の気持ちを満足させたいという感情や思いやり、そしてその気持ちのままにお客様のために行動できるのであれば、どのような仕事であってもあなたの”ホスピタリティ”を発揮することができますよ。

ホスピタリティを活かすメリット

ホスピタリティの仕事に就きたい!でも必ずしもお客様の心を満足させることができるかといえば、そうではないこともありますよね。

また、お客様に満足のできるサービスを提供したとしてもホスピタリティに見合うお給料がもらえないこともあります。

つまり、ホスピタリティとはサービスのように必ずしも見合うお給料がもらえるとも限らないものです。

とはいえ、それでもホスピタリティを活かせる仕事に就きたい!と考えているそこのあなた。

ホスピタリティを活かすことであなた自身にどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

お金がもらえなくてもあなたの”心の成長”を促してくれるのがホスピタリティなんです。

ありがとうの言葉をたくさんもらえる

ホスピタリティを活かす仕事に就くと「ありがとう」という言葉を毎日どこかのシーンで必ず聞けるようになります。

つまり、ホスピタリティを活かせる仕事に就くということは、常に相手(お客様)に感謝されるサービスやおもてなしを提供することになるのです。

「ありがとう」といわれると「これをやってよかった」とおこなったことに対して、自分自身にも自信がもてるようになるんですよね!

誰からも信頼される

誰かから感謝され、さらに”信頼される”ようになるのもホスピタリティを活かすような仕事に就くメリットといえます。

あなたは今、かかわっている人たちから信頼されていますか。

人は、信頼されるまでに時間がかかってしまいますが、逆に信頼を落とすようなことをすると一瞬で築き上げてきた信頼を失ってしまうともいわれています。

ホスピタリティのある仕事をしていると、常に相手のことを考えて行動するようになります。

また、相手にいやな気持を感じさせないために一般的にいうような”悪いこと”をおこなうことはありません。

そのため、誰からも信頼されるようになるんですよね。

つまり、仕事上で関係している人たち以外にもプライベートでかかわっている人にも信頼されるようになります。

なぜなら、仕事でお客様のために動いているその姿勢は、プライベートでの姿にも反映されるからなんです。

主体的に行動できる力が身につく

あなたは、常に自分自身で考え、主体的に行動できていますか。

ホスピタリティの仕事をするようになると、”主体的に行動”することに対して恥ずかしさや謙虚さを持つことがなくなります。

なぜなら、自分自身が行動することによって相手に良い思いをさせることができることも、どうすれば相手を満足させるのかも考えられるようになるからです。

相手のために行動することが当たり前になってくるために、相手の反応を待たずに主体的に行動できるようになるんです。

今はまだ自分の考えに自信をもてずになにもできていないという場合でも、ホスピタリテイのある仕事に就くことによって、驚くほどまでに主体的に考えて行動できるようになりますよ!

ホスピタリティを活かせる仕事15選!あなたに最適な仕事は?

ホスピタリティを活かす仕事がしたい!でもどのような仕事があるのか分からない…という方もいらっしゃるでしょう。

そのような方にホスピタリテイを活かせるお仕事を15個ご紹介します。

ぜひ今後のバイト選び、仕事選びの参考になさってください!

1.ホテルスタッフ


ホテルスタッフは、ホスピタリティの精神をもつ一番の仕事といえます。

なぜならば、ホテルスタッフというのは、ホテルを利用するお客様の立場になって寄り添ったサービスを提供する必要があるからです。

あなたがホテルに宿泊しに行ったときに、フロントにてあまりにも面倒くさそうな態度をとられてしまったらどう感じますか?

宿泊するお部屋が汚かったり、行き届いたサービス(アメニティや浴衣)が用意されていなかった場合にもどのように感じるでしょうか。

ホテルスタッフとは、そのようにお客様が宿泊する際に「あったらいいな」「こうだったらいいな」というものを察して早めに提供します。

また、宿泊するお客様から「このようにしてくれてありがとう」などと感謝されることになります。

まさにホスピタリティの精神の極みの仕事といえるでしょう。

2.テーマパークスタッフ

ディ○ニーランドや遊園地などのテーマパークのスタッフもまた、ホスピタリティ精神が必要となるお仕事になります。

特にディ○ニーランドというのは、お客様の立場になって考えるホスピタリティ理論やおもてなし理論を確立しており、テーマパーク内で働いているすべてのクルー(スタッフ)に対してその理論を共有しています。

そのため、お客様が居心地良くそして最高の思い出を作れるような環境を作り出しているのです。

テーマパークでは、あなたも素敵な思い出をもっているのではないでしょうか。

テーマパークスタッフになって、お客様の素敵な思い出を作るお手伝いをしましょう。

3.旅館スタッフ

ホテルと同じようにお客様に宿泊施設を提供する旅館のスタッフも、ホスピタリティを活かすことのできるお仕事になります。

また、ホテルスタッフとは違い、旅館スタッフはお客様の宿泊施設を提供するだけではなく、さらに旅館スタッフが一眼となって素敵な時間を提供することになります。

例えば、素敵な客室の提供、おいしく見た目も豊かなお料理の提供、さらに温泉の提供…などなど日常シーンでは味わうことのできないような旅館サービスを提供することになります。

そのため、旅館スタッフの人たちはお客様に対して旅のワンシーンが少しでも良くなるようにと、旅館内でホスピタリティのあるサービスを提供するのです。

あなたも過去に旅行した際に宿泊した旅館にて、旅館スタッフの方との出会いによって素敵な旅の思い出になったのではないでしょうか。

旅館は、旅の中でも実は重要になりやすいものでもあるため、旅館スタッフの方は特に厳しく教育されていることが多いです。

しかし、お客様のために常にお客様の視点に立って考えることができれば、旅館スタッフになっても特に苦労することもないでしょう。

4.バスガイド


あなたはバスツアーなどに行ったことはありますか?

バスツアーとは、バスがさまざまな観光名所をまわってくれるものであり、日帰りのパッケージもあれば宿泊プランが組まれているプランも存在しています。

そのようなバスツアーのおともをしてくれて、さらに観光名所などの説明をするのが”バスガイド”になります。

そのため、バスガイドはさまざまな観光名所について知っていなければいけませんし、バスの運転手とうまく連携をとることによってバスツアーをさらによいものに盛り上げていく必要があります。

バスガイドになるために必要な資格などはありませんが、常にお客様と顔合わせするお仕事であり、常にお客様と対話できる立場にいるお仕事になります。

例えば、お客様の乗っているバスにてその場の空気を盛り上げるためにカラオケ大会をしたり、率先してお客様の健康を把握したりなどやるべきことがたくさんあるのです。

バスツアーには多くのお客様が参加していますから、バスガイドになるといろいろな人たちとのかかわりが持てるようになります。

このようにお客様のことを考えて常に行動しなければいけないバスガイドだからこそ、ホスピタリティ精神の高い仕事といえます。

5.ショップ販売員

あなたは、買い物をする時にショップ店員さんから話しかけられたことはありますか。

ショップ店員は、お客様が探しているものを一緒になって損得関係なしに提供するお仕事になります。

まさにその精神はホスピタリティの高い仕事ということができるんですよね!また、ショップ店員は常に店頭に立ち、お客様とコミュニケーションをとりながらでもショップの仕事をこなしていくことになります。

このお仕事に就くためには特に資格などは必要ありません。

しかし、ショップ店員になると教育等があり、接客のノウハウなどを学ぶチャンスがあります。

そこでホスピタリティの精神について学習させてくれる企業もありますが、多くの場合それらについては教えてくれることはありません。

そのため、ホスピタリティのある店員の売上がアップし、逆にホスピタリティについて何も知らない人の売り上げが下がってしまうという事態が発生します。

つまり、お客様に何かを購入してもらうためにもホスピタリティが必ず必要になるということなんですよね。

もしもお客様の気持ちに寄り添って、素敵なものを販売できるというのであればショップ店員を目指してみてもいいでしょう。