今回は「天災」について解説していきたいと思います。

「天災」とはどういう意味でどのようなものがあるのでしょうか?「天災」についてじっくりとみていくことにしましょう。

天災とはどういうもの?

「天災」。

新聞紙上でもニュースでも天気予報でも、「天災」に関する情報はこの近年、とどまるところを知りません。

「天災」とは何なのか。

順を追ってご紹介していきます。

「天災」の読み方

「天災」は「てんさい」と読みます。

特に難しい読み方ではありませんのでそのまま覚えてしまいましょう。

「天災」の意味

それでは「天災」の意味についてみていくことにしましょう。

自然現象によってもたらされる災難

「天災」とは自然現象によって引き起こされた災難や災害のことをいいます。

「自然現象」。

つまり強すぎる風、ひどすぎる降雨、尋常ではない雷。

その他にも火山の噴火による噴煙や火山流や土石流。

突然の地震。

津波、台風、その他雨が降らない干ばつなども天災の一つと数えられます。

「自然災害」とも呼ばれる

つまりは「自然の猛威」によって起こされた「自然災害」ということです。

局地的豪雨によって川が氾濫するのも自然災害です。

台風などの強風によって家屋の屋根が吹き飛んだりするのも自然災害です。

通常の私たちの暮らしに人の力ではないものが何らかの異常をきたすもの。

それが自然災害というものになるのです。

天災は災害の中の1つ

「天災」は災害の1つとして分類されます。

それでは「災害」とはどう定義されているのか。

「人災」との違いは?という疑問について説明していきましょう。

災害の意味

「災害」とは、地震や台風、火事、事故、伝染病などによって予期せぬ時に受けた災いや被害のことをいいます。

災害によって被害を被った人間が発生すればそれは「被害者」と呼ばれます。

また被害の程度を表すのに貨幣の単位で表現したりもします。

森林火災によって燃えて灰となってしまった樹木を「被害総額〇〇円」といった言い方がそれにあたります。

天災と人災の違い

それでは次にまいります。

よく「人災」という言葉が使われることがあります。

「天災」と「人災」。

意味の違いを紹介いたしましょう。

人災の意味

「人災」とは人間の不注意・怠慢などが原因で被害を出してしまう災害です。

水害や地震が発生した場合の備えを疎かにしたり十分な設計を行わず手を抜いた作業で対策を講じたりしたものがそれにあたります。

ポイントは原因となる部分

「天災」と「人災」の見分け方は少々、ややこしいかもわかりません。

これは実際に被害を被った側と起こしてしまった側とで意見の相違が起こるケースもあるからです。

例えば記憶に残る三陸沖大津波。

津波による天災が多くの人命を奪った未曽有の災害として人々の記憶に残っています。

この災害の際、福島原子力発電所の防波堤の高さについての論議はいまだに決着がつかない事件として取り扱われます。

放射能漏れを引き起こしたのは天災か人災か。

自然災害が原因で起こった事故ですが、防波堤の高さをしっかり高くしていれば防げた事故でもありました。

桁違いの賠償金問題に発展してしまう人災。

原因のありかがこの問題のポイントになるのです。

天災の20個の種類の解説

それではここからは事前災害と定義づけされる20個の天災をご紹介していきましょう。

地震


地震とは、大地が四方八方にわたって揺れる現象をいいます。

この際の地震の規模が「マグネチュード」、その土地における振動の強さが「震度」と呼ばれています。

地球の内部にあるマントルの流れによってその上部に位置する断層にエネルギーが蓄積され地殻に変動をきたすもの、ということになるのでしょう。

科学番組などで仕組みや理論は聞いたことがある方も多いでしょう。

地震で困るのはいつ、どこで発生するかが分からない、ということです。

台風のように進路予想もできません。

規模も大きさも事前に把握できません。

だから怖いのです。

日本は火山大国であり地震大国です。

今後も地震への警戒は緩めることなく対策を講じていかなければならないのです。

津波

「津波」は海底地震によって引き起こされます。

海面水位が上昇し圧倒的な波の力が内陸部に襲い掛かります。

津波で記憶に新しいのは何といっても2011年に発生した東北・三陸海岸での大津波でしょう。

想像を絶する被害者を発生させた自然の猛威は、改めて天災の怖さを思い知らせされる羽目になったのです。

洪水

「洪水」は河川等の水位が上昇し、氾濫して陸地に水が溢れだす状態を指して言います。

一たび、河川が氾濫すると洪水の勢いは止められません。

大昔から河川の氾濫によって町や村落が大被害を被ってきたのは歴史の事実です。

近年は異常降雨の影響により雨量が増えて河川の氾濫・決壊が起こりやすい状況に陥っているのです。

豪雨


通常の降雨の常識を覆すのが豪雨です。

「ゲリラ豪雨」とも呼ばれ狭い箇所に集中的に雨を降らすのが特徴になっています。

都心部で豪雨が発生すると、あっという間に地面に水が溜まり交通インフラの麻痺をたちどころに発生させ都市機能をストップさせてしまいます。

地球温暖化の影響は通常の雨を豪雨に変えてしまったのです。

豪雪

日本海側や山陰地方といった従来からの降雪地帯の雪の量が近年、半端ないレベルで上がってきています。

異常寒波の影響により降雪量が従来の常識を覆してきているからです。

豪雪に見舞われてしまうと交通機関がストップするほか、雪の重みに耐えられなくなった家屋の倒壊も起こります。

人家がある地域における3メートル級以上の積雪は安全に生活を送る上での危険信号となるでしょう。

暴風

暴風は以前から台風発生時に観測されてきましたが、近年は台風の威力が増大し、それに伴って雨や風の威力も増してきてしまいました。

暴風の基準レベルは風速18メートル級以上とされていますが、近年はその数値をはるかに超える風速のものが記録されています。

暴風の影響によりタンカーが関西国際空港の連絡橋に衝突してしまった事故も記憶に新しいのではないでしょうか。

台風

「台風」は大昔より日本を悩ませてきた天災の代表格です。

通常、夏から秋にかけて20個以上の台風が発生し我が国に尋常ない被害を起こしています。

ところが近年、台風の威力・勢力が年々大きくなってきています。

「スーパー台風」と呼ばれるくらいの超大型台風が年に数個、発生するようになっているのです。

台風の威力は何といってもその猛烈な風と雨による被害です。

暴風雨は洪水を引き起こし町や都市に甚大な被害を与えます。

また田畑も台風の被害により大きな被害を被ります。

この台風の威力が年々、強くなってきている事態をどうとらえるか。

人類の人知の試されどころでしょう。

高潮

高潮は台風などによって風速が強まることによって海面の高さが上昇してしまう現象です。

これが満潮時に重なってしまうと堤防を突破してしまい港や民家に被害を与えてしまうということです。

高潮は従来までの台風でも認められてきた天災ですが、近年の台風の大型化により高潮もその威力を増大させています。

台風にまつわる天災は複数に及ぶということを認識しましょう。

噴火

「噴火」とは火山が活動を始めた現象です。

一たび、噴火活動に入ってしまうとその天災ぶりは尋常なレベルでは片付けられません。

噴火による溶岩や土石流、火砕流の威力も強大ですが何より怖いのは噴火によって噴煙される煙です。

噴煙は風の流れに乗って遥か遠方にまで及びます。

噴火によってまき散らされる煤塵は人の気管支に侵入して様々な障害を引き起こします。

また太陽光が遮断されますし、煤煙によって都市部の交通機関にも想像できない障害が起こります。

もし、富士山が噴火してしまったら東京は壊滅的な被害を受ける、というシュミレーションも発表されています。

噴火は爆発する山の位置次第ではとてつもない天災となってしまうのです。

落雷

雷による天災です。

雷雲から発生した放電が地上の物体に落下して受ける被害です。

電圧にすると最大10億ボルト。

電流計算だと時に50万アンペアにも達するといわれています。

もちろん、人が落雷の直撃を受けたら即死です。

命が助かったら奇跡というしかないでしょう。

昔から大気が不安定になって空が急激に暗くなったら危険信号です。

電気を通さないところへ大至急、避難するしかないでしょう。

土砂災害

近年の集中豪雨や地震の影響により土砂が緩くなってしまい、山肌がごっそり土砂崩れを起こしてしまう事態が増えてきています。

特に山あいの集落や新興住宅地域などで被害が発生しています。

従来の常識内での降雨なら大丈夫だったでしょうが、近年の降雨の桁は常識が通用しません。

山の斜面などへは近づかないようにしたいものです。

地盤沈下

頻発する地震や豪雨による地面のゆるみなどが起因して地盤沈下が多く発生するようになっています。

特に山間部の道路が突如、地盤沈下によって陥没してしまうというニュースも耳にします。

どこに行くにも油断ならない事態になってしまったようです。

雪害

雪害は雪による天災です。

本来ならばあまり雪の降らない太平洋側地域でも近年は積雪の便りが聞かれます。

そしてその雪が都心部に降って降雪してしまうと交通機関に重大な影響を与えてしまいます。

道路の凍結による車のスリップ事故は重大な交通事故を引き起こします。

また積雪によって各種の通信網にも影響がでて情報の乱れが一気に起こってしまいます。

寒さに弱いという都市の欠陥がクローズアップされたのも記憶に新しいですね。

吹雪

冬山登山などで遭難してしまう原因の一つにこの「吹雪」が挙げられます。

一旦、吹雪かれてしまうと万事休すです。

周囲の視界は遮られ寒さが体温を奪います。

凍傷や凍死寸前に救助されればいいですが、そのまま息絶えてしまうケースも珍しくありません。

冬の山の気象は予想できません。

さっきまで好天だと思っていたら一気に悪天候に変わります。

吹雪は人知では抗えない冬の天災です。

冬山登山などでは十分、注意しましょう。

雪崩

「雪崩」は山の斜面に積もった雪が温度の上昇によって崩れ落ちる現象です。

この雪崩に出くわしてしまったら助からないと思って諦めるしかありません。

それほど殺傷能力の高い自然の驚異というわけなのです。

まれにスキー場でも雪崩の被害が起きます。

冬の山の自然の猛威をなめてはいけないという事です。

山火事

山火事も天災がもたらす大自然の猛威といえるでしょう。

一旦、発生してしまったら自然鎮火するまで手が付けられないほどの規模と猛威を誇ります。

タバコの不始末などで起こる人災的山火事もありますが、小規模ならば人間の消化作業でも何とかなるでしょう。

しかし、もっと広範囲な山火事は地球の至る所で発生します。

温暖化による気温の上昇が続けば、今後も大規模な山火事は頻発していくでしょう。

異常高温

「異常高温」も近年、地球規模で起こっている天災です。

原因の多くは地球温暖化による弊害でしょう。

大気層に巨大なガス室が出来てしまっているのですから速効性のある効果的jな対策は打てないに等しい状況です。

異常高温は熱中症や体調不良など人類の身体に確実に悪影響を与えます。

長期的展望にたって二酸化炭素の排出量を減らしていく対策がないことにはどんどん、地球環境は悪化の一途をたどってしまうでしょう。

異常低温

異常低温も近年、頻繁に発生する天災です。

本来なら30年に1度、起こるかどうかの現象のようですが異常高温と並んで度々、その発生回数を増やしていっています。

原因はやはり地球温暖化による弊害なのでしょうか?人類が自分たちの満足を得るための産業活動が自分たちの首を絞める結果になっているとしたら、早くその過ちに気付いて適正な対処を講じるべきでしょう。

疫病

「疫病」は過去においても大流行した記録は残っています。

ペスト、赤痢、コレラ。

あるいはスペイン風邪といった疫病が地球規模で流行しました。

しかし、近年は過去のデータを覆すほど新たな脅威が私たちを襲ってきています。

最も顕著な例が「コロナウイルス」です。

2020年の初頭に確認されてから一気に地球規模で大流行し、多くの感染者と死者を生んでしまいました。

「コロナウイルス」が本当に天災かどうかは議論が分かれますが、先にあげましたペストやコレラも不衛生な環境が引き起こした結果です。

疫病は天災とは言いにくい要素も多分に含んでいるのです。

蝗害

「こうがい」と読みます。

バッタの大群が自然発生して農作物を食い荒らしてしまう被害をさしていいます。

バッタの大量発生もハリケーンやサイクロンなどの大型台風が密接に影響しているようです。

大雨が降る事によって本来なら草の生えていない地域にバッタが住みつき大量の卵が一気にふ化してしまうという仕組みのようです。

天災によって引き起こされる2次天災のような様相を呈しているということになりますね。

天災は私たちの生活の中にも起こり得るもの

今回は「天災」について説明してまいりました。

「天災」は都市で暮らしている人にも容赦なく襲い掛かってきます。

自然の驚異は今や場所を特定しなくなってきています。

「天災は忘れた頃にやってくる」という諺もありますが今や年がら年中、何かの天災に悩まされているのが現状でしょう。

自らの生命の安全は身近ら守っていく覚悟と自決が必要でしょう。