CoCoSiA(ココシア)

天災とは何?20個の種類を詳しく解説


今回は「天災」について解説していきたいと思います。

「天災」とはどういう意味でどのようなものがあるのでしょうか?「天災」についてじっくりとみていくことにしましょう。

この記事の目次

天災とはどういうもの?

「天災」。

新聞紙上でもニュースでも天気予報でも、「天災」に関する情報はこの近年、とどまるところを知りません。

「天災」とは何なのか。

順を追ってご紹介していきます。

「天災」の読み方

「天災」は「てんさい」と読みます。

特に難しい読み方ではありませんのでそのまま覚えてしまいましょう。

「天災」の意味

それでは「天災」の意味についてみていくことにしましょう。

自然現象によってもたらされる災難

「天災」とは自然現象によって引き起こされた災難や災害のことをいいます。

「自然現象」。

つまり強すぎる風、ひどすぎる降雨、尋常ではない雷。

その他にも火山の噴火による噴煙や火山流や土石流。

突然の地震。

津波、台風、その他雨が降らない干ばつなども天災の一つと数えられます。

「自然災害」とも呼ばれる

つまりは「自然の猛威」によって起こされた「自然災害」ということです。

局地的豪雨によって川が氾濫するのも自然災害です。

台風などの強風によって家屋の屋根が吹き飛んだりするのも自然災害です。

通常の私たちの暮らしに人の力ではないものが何らかの異常をきたすもの。

それが自然災害というものになるのです。

天災は災害の中の1つ

「天災」は災害の1つとして分類されます。

それでは「災害」とはどう定義されているのか。

「人災」との違いは?という疑問について説明していきましょう。

災害の意味

「災害」とは、地震や台風、火事、事故、伝染病などによって予期せぬ時に受けた災いや被害のことをいいます。

災害によって被害を被った人間が発生すればそれは「被害者」と呼ばれます。

また被害の程度を表すのに貨幣の単位で表現したりもします。

森林火災によって燃えて灰となってしまった樹木を「被害総額〇〇円」といった言い方がそれにあたります。

天災と人災の違い

それでは次にまいります。

よく「人災」という言葉が使われることがあります。

「天災」と「人災」。

意味の違いを紹介いたしましょう。

人災の意味

「人災」とは人間の不注意・怠慢などが原因で被害を出してしまう災害です。

水害や地震が発生した場合の備えを疎かにしたり十分な設計を行わず手を抜いた作業で対策を講じたりしたものがそれにあたります。

ポイントは原因となる部分

「天災」と「人災」の見分け方は少々、ややこしいかもわかりません。

これは実際に被害を被った側と起こしてしまった側とで意見の相違が起こるケースもあるからです。

例えば記憶に残る三陸沖大津波。

津波による天災が多くの人命を奪った未曽有の災害として人々の記憶に残っています。

この災害の際、福島原子力発電所の防波堤の高さについての論議はいまだに決着がつかない事件として取り扱われます。

放射能漏れを引き起こしたのは天災か人災か。