CoCoSiA(ココシア)

バッシングとはどういう意味?バッシングされたときの15個の対処法


「バッシングをされて傷ついた」ことがある方や「あなたってバッシングを受けているのに何とも思わないのね」なんて周りの人から言われたことがあるそこのあなた。

バッシングといえば、芸能人などの有名な人たちが受けるものだと感じているために「まさか自分が第三者の人間からバッシングを受けるようなことがある」とは想像もつかないんですよね。

そのため、バッシングを受けていることに気づいたときに「どのようにバッシングに対応すればいいのかが分からない」と悩んでいる人もいるでしょう。

そのため、バッシングを受けたままの状態が続き、精神的にまいってしまう方がとても多いのです。

この記事では、バッシングを受けて困っている方のためにバッシングされたときの対処方法をお伝えしています。

また、バッシングとはそもそもどのような意味があるのかもお伝えしているため、バッシングについて深く理解できることでしょう。

バッシングで悩まず、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

この記事の目次

バッシングの意味とは

「バッシングを受けてかわいそうに…」など、日常会話の中でも時折登場するのが”バッシング”という言葉です。

おそらくあなたも、これまでに日常会話やSNSでつぶやく際に”バッシング”という言葉を使用した経験があるのではないでしょうか。

”バッシング”という言葉を日常的に使っている方でも、実はバッシングという言葉にどのような意味があるのかをしっかりと理解している人は少ないものです。

バッシングとは、通常だと思われるくらいの度を越して対象となる人やモノのことを非難することをいいます。

最近ではテレビニュースでも取り上げられるようになった炎上にあたるものといえば、分かりやすいのではないでしょうか。

ある日突然、これまでなら心のどこかで味方だと感じていた人たちや個人がなにかにつけて苦情を伝えて来たり、「それはおかしい」とあなたのことを批判してくることをいいます。

もしも、実際に現段階で意見を述べる程度以上にあなたの存在やあなたの気持ちをつぶすような勢いで非難してきている場合、あなたは実際にバッシングにあっていると判断しても良いでしょう。

バッシングが多いのはSNS


インターネットを利用するのが当たり前となっている現代社会において、バッシングが起きやすいのは私たちが生きているリアル社会ではなく、SNSなどのネット社会だといわれています。

いわゆる”ネット内における炎上”がバッシングにあたります。

ネットであれば、匿名性がいきているため「ネット通信を通じて相手になにを言っても、自分の姿を知られることもないし、素性も知られていないのでコチラ側に利害はない」ということで、バッシングをする人が多いのです。

もしかしたら、あなたも過去にバッシングをしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この世に存在するすべての人は、未完成の生き物です。

それは心の奥深い部分でしっかりと理解している気持ちでいるのですが、ときに自分に対するいらだちなどを他人にぶつけることでその気持ちを鎮めようとする人たちもいます。

自分の心の中にあるわだかまりを他人にぶつけるなんて、リアル社会(ネットではない対人となる社会)でそのようなことをおこなうとそれこそ人として否定されることになりかねません。

それを理解し、さらにそのような状況から逃れるためにネット社会―それもSNSにてバッシングを行う人が多いのです。

つまり、あなたもSNS内では知らない人や知り合いからなど様々な人々からバッシングを受ける可能性があるといえます。

バッシングされたときの15個の対処法!是非参考にしてみて


「今まさにバッシングされている」「バッシングされていることで毎日悩んでいるので生きた心地がしない」…このように悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

知り合いや芸能人がバッシングされている場面に遭遇すると「あんな発言(ツイート)しなければよかったのになあ」なんて思うこともあったことでしょう。

しかし、自分自身がバッシングの餌食になるなんて誰しも予想できないのですが、予期せぬように突然バッシングされることになります。

そのため、自分がバッシングされたときにどのように対処していけばいいのかなんて誰もわからないんですよね。

ということで、ここではバッシングされたときにどのように対処していけばいいのかをお伝えしています。

まさに今バッシングされているあなたも、今後バッシングされる可能性のあるあなたもぜひ参考にしてみてください。

1.深く考えない

バッシングを受けた際には、まずは深く考えないようにしましょう。

バッシングを受けるとそれまでに受けたことがないために「どうして自分自身がこんな目に合わなければいけないのか」「どうして自分ばっかりが狙われるのか」など悩みに悩んでしまうことが多いものです。

実際にバッシングを受けているあなたも、まさにどうして自分自身がバッシングに悩むことになってしまったのかと心苦しい毎日を過ごしているのではないでしょうか。

たしかにバッシングを受けている理由はもちろんのこと、バッシングをしている人の気持ちなども考えてしまうものです。

しかし、バッシングをしている人の大半は”暇つぶし”でバッシングをしていることが多いのです。

そのため、「どうして自分だけが…」「なぜなんだろう」と悩めば悩むほど、あなたにとって人生の無駄な時間を過ごすことになりかねません。

だからこそ、バッシングにあったとしても深く考えないようにしましょう。

2.こういう人もいると割り切る

世の中には、バッシングをする人もいると現実を受け入れるのもいいでしょう。

これまでの人生の中では、あなたはあなたのことや周りの人たちのことをバッシングする人に出会うことはなかったかもしれません。

しかし、この世の中には46億人もの人間が暮らし、それぞれにそれぞれの性格を持っているものです。

そのため、他人のことを大切にできない人もいると割り切るといいかもしれません。

相手の気持ちを考えられない人だと憐れむ

あなたは、他人の気持ちになって考えることはできていますか。

バッシングをする人というのは、他人や相手の気持ちを考えることができていない傾向があります。

つまり、常に自分のことばかりを考え、周りの人たちのことを考えないので、周りの人たちからバッシングをくらうことになりかねないのです。