本を読むときにしおりを使うと思いますが、いつもどのようなものを使っていますか?

せっかく本を読むのであれば、あなたが作った手作りのしおりを使って読書を進めてみてはいかがでしょうか。

この記事では、しおりのハンドメイドできる面白アイデアを25個ご紹介しています!

きっとあなたも「やってみたい♪」と感じられるようなアイデアに出会えることでしょう。

ぜひ、世界にたったひとつしかないお気に入りのハンドメイドしおりを作ってみてくださいね♪

しおりは簡単にハンドメイドで作れる

あなたは、『しおり』を作ったことはありますか?

しおりを作るといえば、画用紙やなにかしらの用紙をしおりのサイズに切り取り、さらに上部にリボンなどをくくることで作ってきたのではないでしょうか?

とても素敵なデザインのしおりを購入した方もいらっしゃるでしょう。

購入したしおりも素敵ですが、自分自身でハンドメイドしたしおりを使うというのもまた風情があります。

また、これまで以上に本を読むことが好きになったり、本を読むために時間を確保しようという心の変化が起こるかもしれません。

せっかく手作りするのであれば、オシャレだったり、どこかクセのあるようなしおりが良いのではないでしょうか。

「私は不器用でしおりなんて作れない」なんて思わず、ぜひこれからご紹介するアイデアでしおりをハンドメイドしてみてください!

しおりの面白アイデア25選!短時間で作れる!

ここからは、今すぐにでも簡単にそして短時間で作ることのできるしおりの面白アイデアをご紹介します!

ぜひ気になるものを作ってみてください。

1.押し花


押し花のしおりは、季節感もとりいれながらオリジナルのものをハンドメイドできます。

押し花とは、生きているお花を厚紙で押しこむことで、花の美しさをそのままにして保存する方法です。

まず用意するのは、押し花をする下地となる厚紙、さらに押し花を押すために必要とする分厚く重い本など、また押し花したお花をきれいな状態で保存するために必要不可欠な透明フィルムシートです。

そして重要ともいえる、押し花にするお花類も用意しましょう。

押し花するにあたって、押し花に向いているお花とそうではないお花が存在します。

もともと水分量の少ないと思われる、スミレやカスミ草などがおすすめです!このお花たちを新聞紙ではさみ、重たい本を乗せること数日…お花がしっかり押し花に変化します。

この押し花をあなたのイメージするようにしおりとなる厚紙の上にデザインし、そのままの状態で透明フィルムシートを貼って完成です!

押し花加減が足りない場合には、新しい新聞紙に挟んで数日また放置を繰り返します。

2.マスキングテープ

マスキングテープは、いまやDIYだけではなくモノをデコる際に必要不可欠のものとなってきました。

マスキングテープのハンドメイドしおりを作成するには、まずあなたのお気に入りの柄や模様がプリントされたマスキングテープとそのマスキングテープを貼り付けるしおりサイズの厚紙を用意しましょう。

そして、厚紙にあなたのお気に入りのマスキングテープをどんどん貼っていくだけです。

縦に並べて貼るのもいいですし、横に短く貼りつけるのもいいですね。

また、一度縦にすべて貼り付けたマスキングテープの上に斜めにおおいかぶさるように別の柄や模様のマスキングテープをするのもいいでしょう。

3.毛糸


毛糸を使ってふわふわのしおりを作るのもおすすめです。

毛糸を使ったしおりとは、毛糸で三つ編みや四つ編みなどのヒモを作るものです。

なので、特に高度な技術が必要になるということはありません。

同じ色の毛糸で三つ編みにしたものもいいですし、違う色の毛糸を組み合わせて三つ編みにするのもいいでしょう。

もしも、細かい作業が得意だとか、もっと高度な技に取り組みたいと思う場合には、フィッシュボーン巻きなどにトライしてみるとオシャレなしおりが出来上がります。

出来上がった三つ編みの端っこに玉をつくり留め、さらに毛糸を細かくほうきのようなものにすることで、本を開くときに楽しめるしおりを作り出すことが可能です。

タコ糸なども便利

毛糸のほかにタコ糸や刺繍糸などを使っても、簡単にしおりを作ることができます。

タコ糸や刺繍糸は、毛糸に比べると耐久性が強く、さらにボロボロになりにくいため長持ちしやすいです。

また、さらにそのタコ糸に絵の具で色づけをしたあとに三つ編みをしてみるとカラフルなしおりが出来上がりますよ。

好きな色でハンドメイドすれば、ハンドメイドするテンションもあがりますし、さらに本を読む気持ちもアップしますね!

4.紐

毛糸やタコ糸とくれば、単なる紐を使ってハンドメイドする方法もご紹介します。

紐というのは、ものを運ぶ際に利用する綱引きなどで利用する紐のことです。

この紐にあなたの好きな色を絵の具や髪染め剤で作り、さらに紐同士をくるくる巻いたり、毛先を三つ編みにしたりすることで作れるしおりです。

もしも使われていない紐があるのであれば、今すぐに本にはさんでみてください。

その紐をどのようにしたら、オシャレでかわいいものにすることができるのかを考えてみましょう。

また、本にもともと付属されているようなテロテロの薄いヒモを作成するのもいいでしょう。

なんだか高級な書物だったり、昔から大事にされている本を読んでいる気持ちになり、テンションがあがります。

この場合は、ただお気に入りの色のヒモを手に入れて、しおり代わりに本にはさめばいいのでモノさえあれば、すぐに実行できますね!

5.クロスステッチ

小学校や中学校の家庭科の授業で習った方もいるかもしれないですね。

クロスステッチをするためには、専用の布および器具、さらには縫い針、糸が必要になります。

これらはすべて100円ショップで手に入れることができるため、すぐに作ることができます。

そして、しおりにしたいと思うイラストや画像を用意しましょう。

それらをクロスステッチ柄にあてはめ、色を決め、そのレシピに沿うように縫っていくだけです。

あなたが読書をしていて気分のアガるものを柄に採用してみてくださいね!

6.フェルト

次におすすめするのは、フェルトで作るしおりになります。

フェルトとは、ふわふわしている生地のことです。

フェルトのしおりとは、好きな模様や柄の形にフェルトを切り、そのフェルトをしおりとして利用する方法です。

単色でハート型のものを作ってもいいですし、当たり前のデザインと思われているような長方形にカットし、2枚を重ねて縫い合わせ、厚さを出したものでも構いません。

また、切り取ったフェルトの上にさらに好きな模様や柄のフェルトを縫い合わせるのもいいでしょう。

7.服や布の切れ端

あなたの家に、いらなくなってしまった服や布の切れ端などは残っていませんか。

いらなくなったものとはいえ、これまでに愛着のあるように使ってきたものだからこそ、なかなか捨てることのできないモノもあるのではないでしょうか。

そんなときこそ、不要になってしまった服や布の切れ端を使ってしおりを作ってみましょう。

まず、いらなくなってしまった布などを用意します。

そしてその切れ端を丁寧に、しおりサイズになるように折っていきます。

例えば、しおりのサイズとしてメジャーといわれるような長方形に見立ててみましょう。

そして、そのままにしてアイロンで長方形になった布の曲がり角をクセづけしていきましょう。

長方形のようにクセがついたら、しっかりと長方形サイズにするために木工用ボンドで布をくっつけます。

それだけでもいいですが、出来ればその長方形の大きさに合わせて糸で縫い合わせていきましょう。ミシンがあるとすぐに完成しますよ!

服や布の切れ端を使う際には、残っている生地の大きさによっては、長方形以外にも星形だったりハート型、さらには丸型などのしおりを作ることも可能です。

布の切れ端を使うことで、おしゃれなしおりに仕上がりますし、大事なものをリメイクしてまで使い続けるという気持ちが周りの人に伝わり、見直されることもあります。

8.マグネット

いらなくなってしまったマグネットを使って、しおりにすることも可能です。

マグネット同士がくっつくというマグネットの習性を用いて、読みかけている部分にしおりを作ります。

つまり、マグネット磁石のN極とS極が1枚のページをはさむかのように貼り付けるのです。

マグネットを100円ショップで購入するのもいいですし、マグネットのしおりを作っている方の中には時折ポストに入れられている水道関連会社のマグネットを使っているという方もいます。

このマグネットにあなたの好きな模様や柄を書き込んだり、さらにはマスキングテープやシールを貼り付けることによって、マグネットのしおりの完成です。

布系のしおりは、すぐになくなってしまうことが多いのですが、マグネットのしおりは磁石で強力にくっついているため、なくなってしまってどこから読み始めればいいのかが分からないなんていうことにはならないでしょう。

9.付箋

あなたは、日頃”付箋”を使っていますか。

付箋とは、書類などで主張したい場所に貼りつけておくものだったり、今後の忘れてはいけないような予定を書き込んでおくこともあるものです。

その付箋を読書している書物の途中のページに貼り付けるやり方です。

付箋のシールの粘着部分は、数回はがしたり貼ったりを繰り返しても長持ちし、利用できます。

そのため、しおりとして利用できるんですね。

しおりとして利用する付箋に好きな模様を書くのもいいですし、今ではかわいい柄がプリントされている付箋も販売されているため、市販の付箋を購入してそのまま利用するのもいいでしょう。

これまでにご紹介してきた付箋とは異なり、付箋はなくなってもすぐに別の付箋をしおりとして使うことができますし、新しいしおりをハンドメイドする必要はありません。

また、しおりとして使っていた付箋が用済みとなり、使わなくなってしまったとしても別の案件でその付箋を再利用することも可能なのです。

つまり、利便性を考えてしおりをハンドメイドしたい、気軽におしゃれなしおりを手に入れたいと考えている人には、付箋をしおりにするのがおすすめです。

10.紙や折り紙

知らない間に家にたまってしまうドコから来たのかわからない用紙や折り紙などは、あなたの家に眠っていませんか。

「いつか何かの役に立つかもしれない」なんて思って保存しておいてもなかなかなくならないし、増えるだけですよね。

そんな用紙や折り紙を使ってしおりを作ってみましょう。

まず、厚紙を用意し、あなたの作りたいしおりの大きさ・模様の形に切り取りましょう。

長方形、星形、丸型、三角…などあなたの作りたい模様を思い浮かべ、切り取ってください。

そして、その切り取った厚紙の上に折り紙や用紙を好きなように貼り付けていくだけなのです。

折り紙といえども、単色のものもありますが、なかにはお弁当模様のもの、かわいいキャラクターもの、キラキラ輝くもの、まるで和紙のようなもの…など様々な模様が販売されていますよね。

家にあるものだけではなく、買い物している際に一目ぼれして購入した紙などがあれば、それらも一緒に利用してみるといいでしょう。

紙に刺繍してもかわいい

用紙や折り紙を厚紙に貼り付けてしおりにすることもできますが、上級者の中には紙に刺繍をする方もいます。

花柄だったり、星柄やかわいいスマイル柄などを作ってみてもいいでしょう。

単色の用紙しか持っていない場合には、刺繍をすることによって明るくかわいらしいしおりや、美しいデザインのしおりを作り出すことができますよ☆

紙を編むのも人気

紙を使ってしおりを作るとなると、多くの方が貼り付けることを想定します。

しかし、紙でも細長くしておくことによって”編む”ことができるのをご存知ですか?用紙は、とても繊細なものなのでコツコツと繊細な作業になってしまいます。

しかし、出来上がった時には、完全にこの世界にたった一つしかないようなしおりを作り出すことができるんです。

さきほどご紹介したような毛糸やタコ糸を使ったものと同じように三つ編みにしたり、フィッシュボーン巻きにしてみるといいでしょう。

また、編むのが終わり終了するポイントには、必ずボンドで貼り付けるか、糸でくくるか、またはホッチキスで止めるのを忘れないようにしましょう。

切り絵

いらなくなった紙だからこそ、思う存分切り絵にしてしまうのもおすすめです。

切り絵というのは、イメージしている模様のように紙を切っていくことをいいます。

あなたがイメージしたものを切ったのであれば、その切ったものを別の用紙などに貼りつけ、それをしおりとして利用していきましょう!

おすすめなのは、白色の用紙で切り絵を作り、その切り絵を黒色などダーク系の色合いのものに貼り付けるやり方です。