人が我慢をする理由には、2通りあります。

1つは“自分のため”に我慢をするケース、もう1つは“他の人のため”に我慢をするケースです。

世間の中で人間関係を保ちながら日々生活していくためには、我慢をしなければならない状況に直面することがあります。

我慢を必要とする状況に直面したとき、我慢ばかりしてしまう人と、我慢しない人がいます。

我慢ばかりする人は、自分の周りの状況を常に気にする傾向があります。

一方、我慢しない人は、周りの事よりも自分の気持ちを最優先に考えがちです。

自己中心的な考えを持つ人は、我慢しないで生きる人です。

様々な人の人生を顧みるとき、我慢ばかりする生き方を歩むか、我慢しないで生きるかは、その人の人生観で分かれると言えます。

職場での人間関係やプライベートでの人間関係を維持していく中で、我慢が必要な雰囲気に直面することがあります。

我慢をすることで、職場での難しい人間関係を乗り切る方法もありますが、ストレスを溜め込む心理状態になります。

また一方、我慢をせずに自分の考えを押し通すことで、周りとの人間関係を危うくすることもあります。

時と場合によって、“我慢をする”、“我慢をしない”を使い分けることが、社会の中で生活していくためには必要と言えます。

“我慢をする”、“我慢をしない”のどちらかを選択するかは、あなたの人生観で決まります。

我慢ばかりだとストレスがたまりませんか?

我慢をすることによるストレスの溜まり具合には、2通りあります。

自分の立場を守るために我慢をするときは、ストレスはあまり溜まりません。

しかし、他の人のために我慢をするときは、大きなストレスが溜まるものです。

我慢を求められる状況によって、ストレスが大きく溜まるときと、溜まらないときがあります。

職場やプライベートでの人間関係の中で、我慢ばかりしていると、ストレスが溜まってきます。

一方、周りの人への思いやりの強い人は、周りのために我慢をすることが自然な振る舞いとして出来るため、ストレスとして感じない傾向があります。

しかし、自己中心的な考え方をする人は、他の人のために我慢をすることはありません。

その人の人生観によって、ストレスの溜まり具合に違いが出てきます。

我慢するメリット・デメリット


我慢をすることのメリット・デメリットは、その人の価値観の違いにより、受け止め方が違ってきます。

つまり、我慢をする人にとってのメリット・デメリットと、我慢をしない人にとってのメリット・デメリットには大きな違いがあるのです。

我慢をする人は、周りの人との人間関係を大切に考えます。

周りとの人間関係を大切にする人は、他の人の考えにも耳を傾ける思いやりを持っています。

ですから、他の人のためには、自分が我慢をするという気持ちになることができるのです。

他の人の考えを大切にできる人は、我慢をすることで周りの人との人間関係が快く保たれるのでメリットとして受け止めます。

ですから、我慢をすることによるデメリットを感じることはありません。

一方、我慢をしない人は自分本位な考えを持っていますので、周りとの人間関係を大切にすることをしません。

自分本位の考えをする人は、他の人との人間関係を築くことよりも、自分の考えを押し通すことを第一に考えがちで、我慢をすることをしません。

自分本位の人は、我慢をすることで自分の考えを押し通すことが出来ませんので、デメリットとして受け止めます。

ですから、我慢することをメリットとして感じることはありません。

我慢するメリット

職場やプライベートの人間関係を快く保つことを大切に考えている人は、時には我慢をすることが人間関係をスムーズにする“特効薬”としての役目を果たすと考えています。

ですから、我慢をすることにメリットがあると考えるのです。

人それぞれに考え方が異なりますので、100人の人が集まれば、100通りの考えが集まることになります。

職場は、様々な人生観や価値観を持つ人が共に仕事をする場です。

ですから、お互いに自分の価値観や考えを主張していては、仕事は1歩も前に進みません。

お互いが、状況に応じて我慢をすることで、職場の人間関係が成り立ち、仕事も成り立つのです。

我慢をすることは、職場の人間関係をスムーズにするための“潤滑油”としてのメリットがあります。

また、プライベートの人間関係の中でも、お互いの間に考え方の違いが生じます。

様々な人生経験から様々な人生観や価値観が生まれてきます。

お互いの考えや価値観を尊重し合うことで、プライベートな個人同士の人間関係が成り立ちます。

お互いの考えを尊重し合うためには、時には我慢をすることで、人間関係がスムーズに流れていきます。

我慢をすることは、お互いの個人同士を尊重し合うための“譲り合い”という役目を果たします。

我慢をすることは、譲り合い精神としてのメリットがあるのです。

周りの人からの好感度が上がる

周りの人との人間関係を快い間柄にしていくためには、お互いの間に信頼感が育まれていることが大切です。

お互いに自分の考えを主張し合っていては、考えがぶつかり合って、信頼感は生まれてきません。

時と場合によっては、自分の考えを抑えて我慢することで、人間関係がスムーズになり、信頼関係が生まれてきます。

信頼関係が生まれることで、周りの人からの好感度が上がります。

我慢ができる人は、周りの人も大切にする心の持ち主と言えます。

ですから、周りの人からの好感度が上がるのです。

失敗するリスクがない

我慢をすることで、一呼吸置くことができます。

一呼吸置くことで、冷静さを取り戻すことに繋がります。

我慢をする行為は、心を落ち着かせ、“間合い”を持つ効果があります。

物事を進めるとき、時間に追われるように結論を急いで突っ走ることがあります。

冷静さを失って、先を急いで突っ走ることで、目的とは違った方向に進んでしまうこともあります。

焦る気持ちを抑えるための手段として、我慢をすることで、進む方向を正しく軌道修正できます。

我慢をすることは、失敗をするリスクを無くすための手段にもなります。

我慢するデメリット

我慢をすることで、貴重なチャンスを逃すことがあります。

少ないチャンスが訪れたにもかかわらず、我慢をしたためにチャンスを逃してしまうことがあります。

我慢することで、チャンスを逃すデメリットは避けなければなりません。

大切な物事に取り組んで目的を達成するためには、貴重なチャンスを活かすことが大切です。

我慢をするデメリットは、自分の可能性を自ら狭めることにあります。

また、好きな趣味に取り組んでいる時、貴重なチャンスが訪れたにも関わらず、我慢をして掴み損ねることがあります。

我慢をすることで趣味の楽しさが半減するデメリットがあります。

チャンスは、“掴むもの”と言われています。

我慢をせずにチャンスを掴んで、趣味の楽しさを満喫しましょう。

好きなことができない

人それぞれに趣味や好きな事には色々あります。

プライベートの仲間と楽しみを満喫しようとするとき、自分と相手との間で趣味が違っている時があります。

お互いの間で趣味が違っている時は、どちらか一方が我慢をして譲ることで、“丸く収まる”ことになります。

我慢をすることで、相手に“花を持たせる”ことで、快い関係が保たれるものです。

我慢をする立場の人は、自分の好きなことが出来ないけれど、仲間同士の人間関係のためには、時には必要なことと言えます。

チャンスを逃してしまう

物事を進めていく中で、目標の達成に向けて役立つチャンスは、何度も訪れるものではありません。

少ないチャンスが訪れた際には見逃さずに、“掴む”ために積極的に行動することが必要です。

周りの“目”を気にして我慢をすることで、訪れたチャンスを逃してしまうのは、勿体ないことです。

日本人は、海外の人に比べると、周りの人の視線を気にする傾向が強いです。

このため、貴重なチャンスが訪れても、周りの視線を気にして我慢をすることが多々あります。

周りの視線を気にする余り、自分の考えを抑えて我慢をして、チャンスを逃してしまうことがあります。

周りの視線を気にして我慢をすることは止めましょう。

貴重なチャンスは、何度も訪れるものではありません。

一度逃したチャンスは、二度と訪れることは無いと言えます。

我慢をしてチャンスを逃してしまうことは、目的に向けた歩みを遅らせることになります。

自分の人生を大切にするなら、周りの“目”を気にせずに、我慢することなくチャンスを掴みましょう。

我慢ばかりしてしまう人の特徴


我慢ばかりしてしまう人の特徴は、常に周りの人と比べることを繰り返すことです。

自分の考えや行動について、周りの人と比べることを繰り返すうちに自信を失ってしまい、我慢ばかりしてしまいます。

また、周りの人と比べることを繰り返すことで、自分の短所ばかりが気になり出します。

自分の持つ長所が心の奥に隠れてしまい、短所ばかりが前面に出てきて、自信を失っていく心境に包まれます。

自信が無くなることで、自分の考えを周りに向かって表現しなくなります。

我慢ばかりしてしまう人は、周りの人の視線や考えを気にする特徴があります。

1.自分に厳しく周りに甘い

自分に厳しく周りに甘い人は自分自身のことを、“二の次”にする傾向があります。

自分は我慢をし、周りの人に甘くして、“花を持たせる”ことをする人は、積極性を失くしていきます。

我慢を繰り返していると、自分の考えを周りに向かって表現する機会がなくなります。

このため、周りの人の目には、“何も考えていない人”として映ります。

何も考えていない人として、誤解されないようにするためには、我慢をすることを止めましよう。

自分に厳しく周りに甘くする考えを改めて、我慢せずに自分の考えを表現することを心掛けましょう。

自分の考えを表現することで、周りの反応を観ることができます。

周りの反応を観ることで、自分の考えの至らなさに気付かされることもあります。

我慢をせずに、自分の考えを表現することで、自分の考えをレベルアップさせることに繋がっていきます。

2.相手の気持ちになって考えられる

自己中心的で自己顕示欲の強い人は、周りの人の言葉に、耳を貸すことをしません。

自己主張することに専念します。

このため、相手の気持ちになって考えることをしませんので、周りの人との間に信頼関係が生まれることはありません。

周りとの間に信頼関係が築かれていなければ、孤独感に包まれていきます。

周りの人との信頼関係を築くためには、相手の気持ちになって考えられる広い心と謙虚さが必要です。

謙虚さを示す行為として、自分の考えを抑えるために、我慢をすることです。

我慢をして、相手の気持ちになって考えられるようになることで、自分自身の至らなさに気付かされることがあります。

相手の気持ちになって考えることで、多くの学びを受け取ることができます。

自分にとって、多くの学びを受け取ることで、人間性の面で成長していきます。

人間性の成長は、周りの人との信頼関係を築くためのキッカケとなっていきます。

ですから、他の人のために自分が我慢をすることは、お互いの間の信頼関係を築くための“架け橋”となっていきます。

3.自分の優先順位が低い

他の人のために自分が我慢をすることは、自分の優先順位を低くすることになります。

自分の優先順位を低くすることは、相手の立場を第一に考えることです。

自分が我慢をして、相手の立場を優先することで、お互いの間の信頼関係を築き易くなります。

人間関係を築くためには、お互いに自分の考えを主張し合っていては難しくなります。

お互いに譲り合うために、時には我慢が必要です。

我慢をすることで自分の優先順位が低くなっても、相手の立場を考えることで、相手から信頼される存在になっていきます。

4.周りに嫌われたくない気持ちが強い

我慢には、“他の人のため”の我慢と、“自分のため”の我慢があります。

周りに嫌われたくない気持ちが強いときは、“自分のため”に我慢をしましょう。

一方、自己主張の強い人は、自分の考えを周りに押し付けようとします。

自分の考えを周りに押し付ける行為は、周りからの信頼を失うことになります。

ですから、周りに嫌われたくない気持ちが強い人は我慢をして、自分の考えを周りに押し付けることは止めましょう。

周りの人に嫌われないためには、自分が我慢をすることも、時には必要な手段と言えます。

5.努力家

世間には、周りから「努力家」と言われる人は少なくありません。

「努力家」と言われている人は、一見目立たない存在として映りますが、周りからは観えないところで、自己研鑽に励んでいるのです。

自己研鑽に励んでいる人は、自己主張することよりも、内面の成長に向けた努力を第一に考えています。

内面の成長は人間性の成長をもたらします。

人間性の成長を目指す人は、周りの人の考えを大切にします。

ですから、周りの人の考えに心を寄せるために、自己主張はせずに我慢をすることを心掛けます。

「努力家」と言われる人は、周りの状況に応じて我慢をすることが出来る人です。