人が我慢をする理由には、2通りあります。

1つは“自分のため”に我慢をするケース、もう1つは“他の人のため”に我慢をするケースです。

世間の中で人間関係を保ちながら日々生活していくためには、我慢をしなければならない状況に直面することがあります。

我慢を必要とする状況に直面したとき、我慢ばかりしてしまう人と、我慢しない人がいます。

我慢ばかりする人は、自分の周りの状況を常に気にする傾向があります。

一方、我慢しない人は、周りの事よりも自分の気持ちを最優先に考えがちです。

自己中心的な考えを持つ人は、我慢しないで生きる人です。

様々な人の人生を顧みるとき、我慢ばかりする生き方を歩むか、我慢しないで生きるかは、その人の人生観で分かれると言えます。

職場での人間関係やプライベートでの人間関係を維持していく中で、我慢が必要な雰囲気に直面することがあります。

我慢をすることで、職場での難しい人間関係を乗り切る方法もありますが、ストレスを溜め込む心理状態になります。

また一方、我慢をせずに自分の考えを押し通すことで、周りとの人間関係を危うくすることもあります。

時と場合によって、“我慢をする”、“我慢をしない”を使い分けることが、社会の中で生活していくためには必要と言えます。

“我慢をする”、“我慢をしない”のどちらかを選択するかは、あなたの人生観で決まります。

この記事の目次

我慢ばかりだとストレスがたまりませんか?

我慢をすることによるストレスの溜まり具合には、2通りあります。

自分の立場を守るために我慢をするときは、ストレスはあまり溜まりません。

しかし、他の人のために我慢をするときは、大きなストレスが溜まるものです。

我慢を求められる状況によって、ストレスが大きく溜まるときと、溜まらないときがあります。

職場やプライベートでの人間関係の中で、我慢ばかりしていると、ストレスが溜まってきます。

一方、周りの人への思いやりの強い人は、周りのために我慢をすることが自然な振る舞いとして出来るため、ストレスとして感じない傾向があります。

しかし、自己中心的な考え方をする人は、他の人のために我慢をすることはありません。

その人の人生観によって、ストレスの溜まり具合に違いが出てきます。

我慢するメリット・デメリット


我慢をすることのメリット・デメリットは、その人の価値観の違いにより、受け止め方が違ってきます。

つまり、我慢をする人にとってのメリット・デメリットと、我慢をしない人にとってのメリット・デメリットには大きな違いがあるのです。

我慢をする人は、周りの人との人間関係を大切に考えます。

周りとの人間関係を大切にする人は、他の人の考えにも耳を傾ける思いやりを持っています。

ですから、他の人のためには、自分が我慢をするという気持ちになることができるのです。

他の人の考えを大切にできる人は、我慢をすることで周りの人との人間関係が快く保たれるのでメリットとして受け止めます。

ですから、我慢をすることによるデメリットを感じることはありません。

一方、我慢をしない人は自分本位な考えを持っていますので、周りとの人間関係を大切にすることをしません。

自分本位の考えをする人は、他の人との人間関係を築くことよりも、自分の考えを押し通すことを第一に考えがちで、我慢をすることをしません。

自分本位の人は、我慢をすることで自分の考えを押し通すことが出来ませんので、デメリットとして受け止めます。

ですから、我慢することをメリットとして感じることはありません。

我慢するメリット

職場やプライベートの人間関係を快く保つことを大切に考えている人は、時には我慢をすることが人間関係をスムーズにする“特効薬”としての役目を果たすと考えています。

ですから、我慢をすることにメリットがあると考えるのです。

人それぞれに考え方が異なりますので、100人の人が集まれば、100通りの考えが集まることになります。

職場は、様々な人生観や価値観を持つ人が共に仕事をする場です。

ですから、お互いに自分の価値観や考えを主張していては、仕事は1歩も前に進みません。

お互いが、状況に応じて我慢をすることで、職場の人間関係が成り立ち、仕事も成り立つのです。

我慢をすることは、職場の人間関係をスムーズにするための“潤滑油”としてのメリットがあります。

また、プライベートの人間関係の中でも、お互いの間に考え方の違いが生じます。

様々な人生経験から様々な人生観や価値観が生まれてきます。

お互いの考えや価値観を尊重し合うことで、プライベートな個人同士の人間関係が成り立ちます。

お互いの考えを尊重し合うためには、時には我慢をすることで、人間関係がスムーズに流れていきます。

我慢をすることは、お互いの個人同士を尊重し合うための“譲り合い”という役目を果たします。

我慢をすることは、譲り合い精神としてのメリットがあるのです。

周りの人からの好感度が上がる

周りの人との人間関係を快い間柄にしていくためには、お互いの間に信頼感が育まれていることが大切です。

お互いに自分の考えを主張し合っていては、考えがぶつかり合って、信頼感は生まれてきません。

時と場合によっては、自分の考えを抑えて我慢することで、人間関係がスムーズになり、信頼関係が生まれてきます。

信頼関係が生まれることで、周りの人からの好感度が上がります。

我慢ができる人は、周りの人も大切にする心の持ち主と言えます。

ですから、周りの人からの好感度が上がるのです。

失敗するリスクがない

我慢をすることで、一呼吸置くことができます。

一呼吸置くことで、冷静さを取り戻すことに繋がります。

我慢をする行為は、心を落ち着かせ、“間合い”を持つ効果があります。

物事を進めるとき、時間に追われるように結論を急いで突っ走ることがあります。

冷静さを失って、先を急いで突っ走ることで、目的とは違った方向に進んでしまうこともあります。

焦る気持ちを抑えるための手段として、我慢をすることで、進む方向を正しく軌道修正できます。

我慢をすることは、失敗をするリスクを無くすための手段にもなります。

我慢するデメリット

我慢をすることで、貴重なチャンスを逃すことがあります。

少ないチャンスが訪れたにもかかわらず、我慢をしたためにチャンスを逃してしまうことがあります。

我慢することで、チャンスを逃すデメリットは避けなければなりません。

大切な物事に取り組んで目的を達成するためには、貴重なチャンスを活かすことが大切です。

我慢をするデメリットは、自分の可能性を自ら狭めることにあります。

また、好きな趣味に取り組んでいる時、貴重なチャンスが訪れたにも関わらず、我慢をして掴み損ねることがあります。

我慢をすることで趣味の楽しさが半減するデメリットがあります。

チャンスは、“掴むもの”と言われています。

我慢をせずにチャンスを掴んで、趣味の楽しさを満喫しましょう。

好きなことができない

人それぞれに趣味や好きな事には色々あります。

プライベートの仲間と楽しみを満喫しようとするとき、自分と相手との間で趣味が違っている時があります。

お互いの間で趣味が違っている時は、どちらか一方が我慢をして譲ることで、“丸く収まる”ことになります。

我慢をすることで、相手に“花を持たせる”ことで、快い関係が保たれるものです。

我慢をする立場の人は、自分の好きなことが出来ないけれど、仲間同士の人間関係のためには、時には必要なことと言えます。

チャンスを逃してしまう

物事を進めていく中で、目標の達成に向けて役立つチャンスは、何度も訪れるものではありません。

少ないチャンスが訪れた際には見逃さずに、“掴む”ために積極的に行動することが必要です。

周りの“目”を気にして我慢をすることで、訪れたチャンスを逃してしまうのは、勿体ないことです。

日本人は、海外の人に比べると、周りの人の視線を気にする傾向が強いです。

このため、貴重なチャンスが訪れても、周りの視線を気にして我慢をすることが多々あります。

周りの視線を気にする余り、自分の考えを抑えて我慢をして、チャンスを逃してしまうことがあります。

周りの視線を気にして我慢をすることは止めましょう。

貴重なチャンスは、何度も訪れるものではありません。

一度逃したチャンスは、二度と訪れることは無いと言えます。

我慢をしてチャンスを逃してしまうことは、目的に向けた歩みを遅らせることになります。

自分の人生を大切にするなら、周りの“目”を気にせずに、我慢することなくチャンスを掴みましょう。

我慢ばかりしてしまう人の特徴


我慢ばかりしてしまう人の特徴は、常に周りの人と比べることを繰り返すことです。

自分の考えや行動について、周りの人と比べることを繰り返すうちに自信を失ってしまい、我慢ばかりしてしまいます。

また、周りの人と比べることを繰り返すことで、自分の短所ばかりが気になり出します。

自分の持つ長所が心の奥に隠れてしまい、短所ばかりが前面に出てきて、自信を失っていく心境に包まれます。

自信が無くなることで、自分の考えを周りに向かって表現しなくなります。

我慢ばかりしてしまう人は、周りの人の視線や考えを気にする特徴があります。

1.自分に厳しく周りに甘い

自分に厳しく周りに甘い人は自分自身のことを、“二の次”にする傾向があります。

自分は我慢をし、周りの人に甘くして、“花を持たせる”ことをする人は、積極性を失くしていきます。

我慢を繰り返していると、自分の考えを周りに向かって表現する機会がなくなります。

このため、周りの人の目には、“何も考えていない人”として映ります。

何も考えていない人として、誤解されないようにするためには、我慢をすることを止めましよう。

自分に厳しく周りに甘くする考えを改めて、我慢せずに自分の考えを表現することを心掛けましょう。

自分の考えを表現することで、周りの反応を観ることができます。

周りの反応を観ることで、自分の考えの至らなさに気付かされることもあります。

我慢をせずに、自分の考えを表現することで、自分の考えをレベルアップさせることに繋がっていきます。

2.相手の気持ちになって考えられる

自己中心的で自己顕示欲の強い人は、周りの人の言葉に、耳を貸すことをしません。

自己主張することに専念します。

このため、相手の気持ちになって考えることをしませんので、周りの人との間に信頼関係が生まれることはありません。

周りとの間に信頼関係が築かれていなければ、孤独感に包まれていきます。

周りの人との信頼関係を築くためには、相手の気持ちになって考えられる広い心と謙虚さが必要です。

謙虚さを示す行為として、自分の考えを抑えるために、我慢をすることです。

我慢をして、相手の気持ちになって考えられるようになることで、自分自身の至らなさに気付かされることがあります。

相手の気持ちになって考えることで、多くの学びを受け取ることができます。

自分にとって、多くの学びを受け取ることで、人間性の面で成長していきます。

人間性の成長は、周りの人との信頼関係を築くためのキッカケとなっていきます。

ですから、他の人のために自分が我慢をすることは、お互いの間の信頼関係を築くための“架け橋”となっていきます。

3.自分の優先順位が低い

他の人のために自分が我慢をすることは、自分の優先順位を低くすることになります。

自分の優先順位を低くすることは、相手の立場を第一に考えることです。

自分が我慢をして、相手の立場を優先することで、お互いの間の信頼関係を築き易くなります。

人間関係を築くためには、お互いに自分の考えを主張し合っていては難しくなります。

お互いに譲り合うために、時には我慢が必要です。

我慢をすることで自分の優先順位が低くなっても、相手の立場を考えることで、相手から信頼される存在になっていきます。

4.周りに嫌われたくない気持ちが強い

我慢には、“他の人のため”の我慢と、“自分のため”の我慢があります。

周りに嫌われたくない気持ちが強いときは、“自分のため”に我慢をしましょう。

一方、自己主張の強い人は、自分の考えを周りに押し付けようとします。

自分の考えを周りに押し付ける行為は、周りからの信頼を失うことになります。

ですから、周りに嫌われたくない気持ちが強い人は我慢をして、自分の考えを周りに押し付けることは止めましょう。

周りの人に嫌われないためには、自分が我慢をすることも、時には必要な手段と言えます。

5.努力家

世間には、周りから「努力家」と言われる人は少なくありません。

「努力家」と言われている人は、一見目立たない存在として映りますが、周りからは観えないところで、自己研鑽に励んでいるのです。

自己研鑽に励んでいる人は、自己主張することよりも、内面の成長に向けた努力を第一に考えています。

内面の成長は人間性の成長をもたらします。

人間性の成長を目指す人は、周りの人の考えを大切にします。

ですから、周りの人の考えに心を寄せるために、自己主張はせずに我慢をすることを心掛けます。

「努力家」と言われる人は、周りの状況に応じて我慢をすることが出来る人です。

6.愚痴や悪口は言わない

人は、自分の思い通りに事が進まないとき、我慢できずに愚痴や悪口を言って、他の人の責任にすることがあります。

自分の思い通りにならないとき、愚痴や悪口を言って、他の人を非難することは、責任逃れの1つの手段です。

物事が思い通りに進まないことの責任は自分自身にあるにも関わらず、責任逃れすることは、周りからの信頼を失うことになります。

一方、物事が思い通りに進まない状態に直面したとき、愚痴や悪口は言わずに、自らの反省として受け止める人がいます。

責任逃れをせずに、自分自身の反省材料として受け止めることの出来る人は、自然体として我慢ができる人です。

我慢ができる人は、愚痴や悪口を言わない謙虚さを持っています。

また、物事の成り行きを冷静に見極めることの出来る人は、思い通りに進まない状況に直面しても、自然な振る舞いとして我慢をし、事の成り行きを見守ります。

事の成り行きを見守る中で、挽回のチャンスを見付けて良い方向へと軌道修正していくことが出来るのです。

愚痴や悪口は言わない人は、自然な振る舞いの中で我慢をし、挽回の機会が訪れるのを待ち、目的を達成するのです。

7.頼まれたことを断れない

頼まれたことを断れない人は、他の人のために我慢ができる人です。

自分本位にならずに、他の人の立場で考えることの出来る人は、頼まれたことは断れない性格の持ち主と言えます。

他の人が頼んでくる事には、無視できない理由があるとして受け入れる思いやりがあるのです。

一方、自己中心的な考え方をする人は、他の人のためには我慢できません。

ですから、他の人から頼まれたことを安易に断るのです。

他の人の立場に立って考えることが出来ない人は、自分の都合を第一に考えがちです。

このため、頼まれたことであっても理由に関わらず断ります。

8.負けず嫌い

負けず嫌いな人は、周りの人に自分の弱みや欠点を見せることをしません。

自分の強さを誇張して見せようとする姿は、負けず嫌いな人の特徴と言えます。

負けず嫌いな人は、我慢をすることは、“相手に負けたことを認める”行為として考えています。

ですから、相手に負けないための意思表示として、我慢することはしません。

一方、勝ち負けを気にしない人は、相手が負けず嫌いな人であれば、我慢をします。

自分が我慢をすることで、負けず嫌いな相手との意見の衝突を避けることができます。

ですから、物事を平安に収めようとする人は、我慢のできる人と言えます。

9.周りから頼りにされる

物事には、自分の思い通りに進まないことがあるものです。

思い通りの結果を出せない状況に直面したとき、自分が今まで取り組んできた方法について冷静に振り返る人がいます。

また一方では、思い通りの結果を出せなかった原因が他の人にあるとして、責任を他の人に押し付ける人がいます。

物事には、様々な状況の中で、思い通りの結果が出せた時と、出せない時があります。

思い通りの結果を出せない時、不満な気持ちに我慢できない人は、周りの人に向かって責任を押し付けようとします。

自分が取り組んできた方法を省みずに、周りの人に責任転嫁する人は、周りからの信頼を失います。

ですから、周りから頼られることはありません。

一方、思い通りの結果を出せなかったことを自分の責任として受け止め、我慢ができる人は冷静に物事を客観視できる人です。

物事を冷静に観ることができる人は、的確な判断が出来ますので、周りから頼りにされる存在になります。

10.ストレスを溜め込む

自分が我慢をする理由が、自分のための我慢なのか、他の人のための我慢なのかを見極めることが必要です。

自分自身のために我慢をするなら、ストレスを溜め込むことは少ないでしょう。

しかし、他の人のために自分が我慢をしなければならない時は、大きなストレスを溜め込むことになります。

我慢ばかりしてしまう人は、自分の感情を抑えるため、ストレスを溜め込む傾向があります。

しかし、自分が我慢をしたことで、物事が好転して喜ばしい結果に至ったときは、ストレスを感じることはありません。

自分が我慢をしたことで、周りの人にとって良い効果を出せた時は、喜びに包まれてストレスは生じません。

しかし一方では、自分が我慢をしたにも関わらず、物事が好転しない状況が続いたなら、ストレスを溜め込む結果になります。

我慢をした結果の状況によって、ストレスが溜まる時と、溜まらない時があるのです。

我慢をしたことで物事が喜ばしい結果に至ったときは、ストレスは溜まりません。

しかし、自分が我慢ばかりしてきたにも関わらず、物事が良い方向に向かなければ、ストレスを溜め込むことになります。

我慢しないで生きる方法

「我慢」とは、もともとの意味は「慢心」を表すコトバとして使われていました。

しかし、現在では「耐える」意味として使われることが多いです。

我慢しないで生きることは、自らの慢心を捨てる生き方になります。

様々な考え方を持つ人の中で、我慢しないで生きるためには、自分の感情のコントロールが必要になります。

特に、職場の人間関係やプライベートの人間関係の中で、快い関係を保つためには、我慢をしなければならないこともあります。

様々な人生観や価値観を持つ人同士で織り成される人間関係の中で、我慢しないで生きる方法を探っていくことも必要です。

1.周りの評価を気にしない

日本人の特徴の1つに、“他の人と比べる”ことが挙げられます。

他の人と比べることで、自分の欠点ばかりが気になり、次第に自信を無くしていくことがあります。

他の人と比べることは、周りの評価を気にしている心理状態を表しています。

また、日々の生活の中で、自分が周りの人から、“どう観られているか”を常に気にしている人も少なくありません。

自分自身を振り返るとき、自分の考えよりも、周りからの評価を気にして、自分の考えが埋もれてしまうことが多々あります。

周りの人の目を気にすることを繰り返していると、自分の考えを表現できずに我慢ばかりすることになります。

我慢をしないで生きる方法を見出すためには、周りの人の“目”を気にしないことです。

周りからの評価を気にしない生き方を見つけることは、我慢をしない生き方を見つけることになります。

周りからの評価は、浮草のように、漂いながら常に変化します。

ですから、常に変化する周りからの評価を気にして、一喜一憂することには意味がありません。

周りからの評価を気にせずに、自分の考えを大切に育てましょう。

自分の考えを大切に育んでいくことで、自信が湧いてきます。

自分に自信が湧くことで、我慢をしないで生きることが出来るようになります。

我慢しない方が好感度が上がる可能性も

我慢ばかりして自分の考えを表現しない人は、周りからの目には、“何も考えていない人”として映ります。

我慢ばかりしていると、自分の人物像が周りから誤解されることになります。

日々の生活の中で、我慢をせずに自分を表現することで、誤解されることが無くなります。

周りの人に、自分の人間性を知ってもらうことで、お互いの間の理解が深まってきます。

ですから、我慢しない方が好感度が上がる可能性も生まれてきます。

2.自分の意見を大切にする

自分の意見を大切にせずに、我慢ばかりしていると、職場やプライベートの人間関係の中で、お互いに理解し合うことが難しくなります。

また一方、我慢をせずに、自分の意見を表現することで、周りからも理解され易くなります。

お互いの意見を大切にすることを心掛けることで、お互いの考えが理解し易くなります。

我慢をせずに、自分の意見を表現することで、お互いの理解が深まり、人間関係をスムーズにしていく効果が期待できます。

3.断る勇気を持つ

職場やプライベートの人間関係を保つために、頼まれ事を断れないケースは少なくありません。

頼まれ事があるとき、自分が我慢をして、断らないようにすることがあります。

自分が断らないことで、人間関係を保とうとするのです。

自分が我慢をすることで保たれる人間関係は長続きしません。

我慢ばかりしている間柄は、ストレスを溜め込むことになるため、長続きしないのです。

ですから、我慢をせずに、時には断る勇気を持つことで、お互いに無理のない自然な人間関係が生まれてきます。

4.やりたいと思ったことは我慢しない方が好感度が上がる可能性も

自分が我慢をする理由の1つに、他の人のために我慢をすることがあります。

しかし、“他の人のために”と思って我慢をしても、周りからは良く思われないこともあります。

親しい友人などプライベートの人間関係では、お互いに自由に考えを表現し合うことで、快い関係が築かれていきます。

一方、お互いの中で、1人でも我慢をする人が居ると、快い関係が冷めていく原因になることがあります。

ですから、やりたいと思ったことは我慢しない方が好感度が上がる可能性もあります。

お互いに我慢しないことで、自然な気持ちで理解し合えるようになるのです。

5.自分と向き合う時間を作る

色々な考えや価値観を持つ人で構成される職場での人間関係には難しい面が多々あります。

人間関係が織りなす“渦”の中に飲み込まれそうになった時は、安易な気持ちで我慢することは止めましょう。

我慢をせずに、一歩距離を置いて冷静に自分と向き合う時間を作りましょう。

自分と向き合う時間を作ることで、最良な対処方法に気づくことがあります。

最良な対処方法により、人間関係が好転することもあります。

また、我慢をすることは、自分の考えを抑えることになりますので、消極的な行為と言えます。

しかし、我慢をせずに、自分と向き合う時間を作ることで、より良いアイディアが湧いてくることがあります。

より良いアイディアを活かすことで、目の前の課題を解決できることもあります。

6.やりたくないことから距離を置く

人は、やりたいことには積極的に関わって取り組んでいきます。

しかし、やりたくないことに直面したときは、今にも逃げ出すような“逃げ腰”になり、我慢をしながら嫌々取り組むことがあります。

やりたくないことを、嫌々取り組んでも良い結果を出すことはできません。

良い結果を出せないことで、周りに迷惑をかけることになります。

ですから、周りに迷惑をかけないためには、やりたくないことに直面したときは、距離を置いて関わらないようにする方法が賢明です。

我慢をせずに、やりたくないことから距離を置くことで、周りに迷惑をかけずに済みます。

7.自分を否定しない

我慢をすることは、自分の考えを抑えることになります。

自分の考えを抑えて、他の人の考えを認めることは、自分を否定することになります。

我慢をして自分を否定することは、自信を失くすことにつながります。

我慢をして自分を否定する行為を繰り返していると、消極的な人になっていきます。

消極的な人にならないためには、我慢することなく、自分を否定しない姿勢を心掛けましょう。

我慢せずに、自分の考えを表現することで自信が湧いてきます。

8.固定概念を捨てる

閉塞感に包まれた今の社会には、多様な価値観を受け入れない風潮があります。

多様な価値観を認めない風潮には、既成概念や固定観念に縛られている状況を垣間見ることができます。

このため、斬新な考えを受け入れるための“受け皿”を見つけることが難しいと言えます。

一方、海外には多様な価値観を受け入れる“受け皿”が数多くあります。

斬新な考えを表現したいときは、我慢をせずに、固定観念を捨てましょう。

固定観念を捨てて、閉塞感に包まれた社会に“風穴”を開けましょう。

9.我慢しなければいけない理由をなくす

我慢をしなければならない理由には、2通りあります。

自分の立場を守るために我慢をすることがあります。

また、他の人のために我慢をしなければならないこともあります。

いずれの理由も、物事が好転することを期待して我慢をするのです。

物事を好転させるための手段には、我慢すること以外にも色々あります。

安易に我慢することを選択せずに、他の手段も模索することが必要です。

物事を好転させるための手段として、他の方法を見つけ出すことで、我慢しなければいけない理由をなくすことが出来ます。

10.失敗を恐れない

目的に向かって取り組んでいるとき、難しい状況に直面すると、失敗を恐れて消極的になる人がいます。

また、一方では、難しい局面を乗り越えるために積極的に最善を尽くしながら目的に向かう人もいます。

目的を達成させるためには、我慢をせずに最善を尽くしましょう。

最善を尽くす意欲が湧いてくると、失敗を恐れない自信が生まれてきます。

自分に素直になると人生が変わるかも!?

我慢をすることは、自分の持つ可能性を自ら“摘む”結果になります。

自分の人生を大切に考えるなら、我慢することは止めましょう。

将来に向けた人生の可能性を大きく広げるためには、自分の考えを最大限に発揮しましょう。

我慢をせずに、自分の本心を素直に表現することで、将来に向けた道筋が築かれていきます。

我慢をする選択は、消極的な選択になります。

我慢をせずに、自分に素直になると人生は大きく変わります。

素直になることで、今まで気づかなかった、自分の優れた面を新たに発見するキッカケになるでしょう。

世間を包み込んでいる固定観念から抜け出すためには、我慢をしないことが最善の選択です。

我慢をせずに、斬新な考えを発揮しながら、自分の将来に向けた人生をステップアップさせましょう!

“我慢”という“首輪”を取り外して、自分に素直になりましょう。

自分に素直になって、斬新な発想力を活かして、素晴らしい人生を切り拓いていきましょう!