皆さん、「さとり世代」と聞いてどのような人物を思い浮かべますか?20代前半の若者でしょうか?それとも、「欲のない若者」を想像しますか?「さとり世代」とは、「悟り」世代と書きます。

常に何かを悟るため、ハングリー精神や意欲、またはガッツが足りないなどと周りの人は感じてしまうのかもしれません。

仕事に対しても意欲や出世願望も少ないないために、ストレスが溜まったり行き詰まったら、仕事を辞めてしまう事も・・・。

そのため、仕事も長続きできず転々と職を変えていったり、またアルバイト生活が楽で、正社員になる事に魅了を感じなかったりするのでしょう。

さとり世代の特徴20個を見てみよう

さて、ここからは「さとり世代」の特徴について、20項目の中から当てはまる部分の項目をチェックしておきましょう。

後で、読み返した時に自分の把握ができますので、オススメします。

また、あなたが自分で欠点だと感じる部分については、項目の有る無しに関わらず、前向きに受け止め、改善に努めましょう。

何もしないのであれば、現状を変えることは出来ないのです。

その事を心に留めて、コツコツと毎日少しずつ成長して行けるように、改善出来るところはして行けるように努力していきましょう。

さて、「さとり世代」ですが、一体他人からはどのように見えているのか、またどのようなことが特徴なのでしょうか。

いっしょに見ていきましょう。

1. 非常に冷静


「さとり世代」は、よく言えば非常に冷静な一面があります。

また、おっとりしていたり、なかなか相手の立場になって考えたり、相手の気持ちに気付けたり出来ないのです。

そのため、一緒にいて何かを成し遂げたり、幅広い世代と力を合わせていく事も難しいのです。

ある面では冷静にみえますが、蓋を開けてみたら「あまり何も考えていない」「気づけない」などと周りには思われているのかもしれません。

「さとり世代」が、なぜ「非常に冷静」に映るのでしょうか。

それは、「淡白」な面や性質があるからではないでしょうか。

つまり、恋人や愛情、また何かを成し遂げる事に対する情熱ややる気などに欠けているのか、もともとクールなのか・・・。

「さとり世代」の持つ、独特な一面なのかもしれません。

2. 一生懸命さが感じられない

「さとり世代」は、常に「頑張る」という事が難しいため、側から見ていると一生懸命さに欠けたり、情熱や熱いもの、熱心さも伝わりにくい世代なのかもしれません。

また、冷静に見えたり、どこか冷めた雰囲気があるのも特徴なので、就職にしても仕事にしても、一生懸命さかわ感じられない姿に、先輩方や上司も手を焼いている事でしょう。

また、熱意も感じられにくいので、「やる気が無い」などと思われてしまう事も。

「私がしなくても、誰かがしてくれる」なんて思っている場合もありますので、上司は、怒りが爆発してしまっているかもしれません。

3. あまり恋愛に興味が無い


また、熱意や情熱がないに比例してさらに恋愛に対しても、あまり興味が無かったり、恋愛に対して淡白になりやすく、彼氏や彼女、下手をすれば「結婚なんかしなくてもいい」などと考えているのかもしれません。

恋愛から学べる心の成長は、あらゆる場面で自分を大人にさせてくれます。

ある程度、恋愛の経験を積まなければ、人間的にも磨かれないまま大人になってしまう可能性があるのです。

そうなれば、考え方が幼かったり、自分中心な考え方や周りに合わす事すら出来ないなど、あらゆる場面で支障をきたしてしまうかもしれません。

やはり、恋愛に興味がないのは、心の成長が乏しくなる可能性があるので、恋愛はしてほしいものです。

4. 外出するより家にいたい


さとり世代は、インドア派が圧倒的に多いのです。

その背景には、バブル崩壊後の不況も彼らの世代が影響を受けているのかもしれません。

お金を使う事に執着もなく、外出してお金を使うより、家で楽しみたいと言う気持ちが強いのかもしれません。

また、外出してもお金を使う事もあまりしたくないので、楽しみや面白い事もあまり無いと思い込んでいる傾向にあると言えるでしょう。

また、家に居てもテレビばかりみているか、ゲーム三昧、またスマートフォンでゲームやアプリをしている可能性が高いのです。

家に居ても家事もあまりしたくありません。

休日になればダラダラと寝て過ごしたり、ゲームなどをしながら過ごしているので、家族や同居人はヤキモキしている事でしょう。

5. 財布の紐が堅い

また、さとり世代は「ケチ」なのか、財布の紐が堅いので、まず奢ることはないので、ごはんなども一緒に行きたくなくなりますよね。

奢るまではしなくとも、せめて、割り勘にしてほしいものです。

また、友達の誕生日プレゼントやサプライズで、プレゼントなども出来ればしたくないと考えていますので、お金を出す行為は積極的にはする事はないのでしょう。

その背景には、おそらく「さとり世代」は生まれた時代が不況だったのと、インタネットの普及により、様々な情報を得られる環境で育ったため、無駄に情報をたくさん知っているため、無駄な行動や衝突を起こしたりしたくも無いのです。

そのため、あまりお金も使いたがらない傾向に進むようであります。

6. 忍耐力があまりない


忍耐力も当然なく、ただただあ甘えてくるのは得意なため、社会でも我慢ができなかったりするのでしょう。

上司に遅刻を注意されたり、自分のミスを先輩に指摘されたり・・・。

「さとり世代」は打たれ弱いため、忍耐力にも欠けてしまうのです。

そんな事が続けば、じきに仕事を辞めたくなるのかもしれませんので、忍耐力があまり無く、継続して我慢や努力もする事は難しいのかもしれません。

また、他人との衝突を避けたいとも思っているので、上司や先輩からの注意にも耐えられ無いのかもしれません。

精神力も、かなりか細いのも特徴の一つでしょう。

そのために、転職や仕事が長続きしないのも特徴になります。

就職が苦手なため、ニートやフリーターも多い世代なのかもしれません。

7. 人付き合いは浅く

また、人付き合いも苦手ですので、深く入り込む事もしません。

そのために、なかなか深い付き合いの出来る人間関係を築くことも出来ず、浅く狭い人間関係になってしまう事でしょう。

また、仕事や職場で上司や先輩または、同僚などに仕事上の注意や、遅刻を注意されたり、仕事でのミスをしてしまい、注意されたりしてもその注意した人間が苦手になってしまう事も・・・?なかなか自分が悪い事をしたと言う事を自覚できないまま、注意をしてくれた人に対して拒否するのは、考えが幼すぎたり我慢が出来ないのでしょう。

そのことからも、人とは距離を置いて付き合う方が楽なのかもしれません。

しかし、一方で仲間や友だちとの連携や絆が深い傾向にもあるため、二面性があるようにも捉えられることも・・・。

8. 目立つことは嫌い

「さとり世代」は、何に置いても「目立つことは嫌い」なのです。

自然に多くの人に紛れて生きていきたいので、特別目立つ事や人前に出ることすら拒否したい気持ちになるのでしょう。

また、派手な服装や個性的なファッションについても目立つ事はしたくないので、地味な取り柄のないような服装をしているのかもしれません。

さとり世代は、目立つことや金銭的な事に関して、マイナスな思考になりやすいので、まずは物事を真摯に受け止められるようになる事から、始めてみましょう。

人前に出て演説をする、そんな大きな事はしなくとも、「着実にコツコツと、日々の努力で少しずつ周りに認められていく」そんな、存在にはなれるのではないではないでしょうか。

9. 物欲があまりない


物欲がなければ、もちろん「出世したい!」や「お金をもっと稼ぐようになりたい!」など思う事もありません。

また、物を買う楽しさや嬉しさなどもバブルの世代や他の世代の大人たちは物を買う喜びなどがあるものの、ゆとり、さとり世代にはハングリー精神ややる気などに欠ける部分も大きいでしょう。

物欲がありすぎるのも問題ですが、物欲が無さ過ぎるのも、それはそれで問題なのかもしれません。

また、お金を使う事に興味がなければ、将来保険や生活費などの金銭感覚をも欠けてしまう危険性がありますので、物欲やお金の使い方をあまり知らないのも、実は非常に怖い事なのかもしれません。

10. 好奇心が旺盛ではない

あまり、自分以外に興味の無い「さとり世代」は、これまた「好奇心も旺盛ではない」のです。

好奇心がないのは、つまり外に興味がないので、それ以上の発展は見込めないのです。

なにか一つでも、自分の得意分野や好きな事、自信を持って出来る事があれば、そこに特化した何か賀出来るはずなのですが、興味や好奇心が無いのであれば、なかなか情熱ややる気を起こす事は難しいのかもしれません。

まずは、趣味からでもいいので、何かに夢中になれる物を見つけてあげる事が大切なのかもしれません。

「さとり世代」は、そのような姿からも「やる気がない」や「冷めている」などのように見えるのかもしれません。

11. マイペースを貫きたい

さとり世代は、あくまでも自分のペースを貫きます。

周りが焦ってバタバタしていようが、周りがのんびりなペースになろうが、あまり関係がないようなのです。

マイペースを崩されることを何よりも嫌い、また自分のペースに持って行こうとするのも特徴かもしれません。

「このままでは、いけない」と、自分がどこかで気がつかないと、なかなか直すことすら難しいのです。

その気づきもいつになるのかは、分かりません。

とにかく、人に焦らされたり、お尻を叩かれるような事は苦手なのです。

また、マイペースを貫きたいと思っている他、非常に冷静な態度でもありますので、周りの人や上司はマイペースな上に焦る様子も見られな事から、ゆとり、さとり世代には、イライラしているかもしれません。

12. 夢は見ず現実的

足元をしっかりとみている「さとり世代」。

欲は無いのに、夢など見ずにかなり現実的な考え方は、しっかりとしているようにも映ります。

しかし、現実的な感覚やる気を考え方には、やはりバブル崩壊後の、不況の波しか知らないため、そこは現実的なのかもしれません。

また、インターネットなどの普及により、あらゆる事をいつでも場所や時間を選ばす調べる事が出来る様になったので、「待つ」という事や「忍耐」などの事が同時に苦手になってしまっています。

つまり、じっくりと待つ練習や我慢をする練習などの訓練をされてきていないので、好きな時に調べられる、知りたい情報をどこでも見られるという便利な世の中から調べ尽くした結果、夢を見ることを諦め、現実的思考へと移行していったのかもしれません。

13. 将来の目標は特にない

また、夢は見ずに現実的なところからも、将来の夢や希望すら考えられないのでしょう。

目標も特にはないため、競争心や負けない心、強さなども必要ないのでしょう。

将来の夢があるからこそ、頑張ったり踏ん張ったり出来る事を将来の目標やビジョンが無い場合には、なかなか伝えにくい事ばかりでしょう。

もともと、生きるために備わっているはずの希望や夢や目標が無いという事は、将来の自分の設計ができていないので、社会に出てからも周りの人や仕事仲間にも迷惑をかけてしまう事にも繋がるのでしょう。

将来の目標を持たない背景には、バブル崩壊後、不況の時代に入ってから生まれている世代なので、「将来の不安」「今、この現状が大切」などという考えに至ってしまったのかもしれません。

14. 人の話をあまり信じない

他人の話やうまい話などには、あまり興味を示さないので、まず悪徳業者や詐欺などにに引っかかる事は少ないでしょう。

もともと、人を疑う性質も備わってしまっていますので、ある意味今の時代にはいい傾向なのかもしれません。

しかし、身近な先輩や、仕事での上司の話などもあまり信じない傾向にもありますので、互いの信頼関係なども浅い関係になりやすいといえるでしょう。

まずは、仕事や周りの人と協力をして、何かを成し遂げたい時には、相手や周りの人を信じることは、パートナーシップや信頼関係に繋がります。

思い込みだけで、「人の話をあまり信じない」のは、ある意味偏りのある考えなので、仕事上や周りの人など関わりがある人とは、信頼関係を築ける努力は必要です。

15. 親や兄弟とは非常に仲が良い

さとり世代の、大きな特徴として、だいたいが親や兄弟、また家族とは非常に仲良しな家庭が多いのです。

仲良しなので、親や兄弟、家族にはたくさんの事を話します。

それだけ家族のキズナが深い事はとてもいいことなのですが、そのせいでなかなか親元や兄弟の元を離れる事ができなかったり、社会人になってからも、会社を休む時に親から電話で上司に連絡を入れてもらうなど、曲がった形の親子関係や、社会人のモラルなど見直さなければならないのかもしれません。

また、社会人になれば親も子離れをさせていかないと、なかなか社会に馴染んでいく事も出来なくなりますので、早いうちから外に出ていくのも賢い選択なのかもしれません。

16. ストレスを感じやすい

またさとり世代は、非常にストレスを感じやすいのも特徴です。

経験値やキャパシティもかなり狭いものになりますので、ちょっとした事にもイラっときたり、また都合が悪い事があればストレスを感じるため、何事も長続きしないのです。

もちろん、忍耐力もあまりありませんので、自分に合わないと感じることの全てがストレスに感じてしまうのでしょう。

社会に出れば、いかに自分の苦手と向き合い、受け入れていくのかを考えたりもがき苦しんだりしてきた世代の方々からみれば、ちょっとやそっとの事で弱音を吐かないで欲しい。

などと感じるのは当たり前の事でしょう。

17. SNSやネットを見るのは好き

SNSやネットで育った世代なので、その分野に関してはかなりのスペシャリストです。

フェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどあらゆるアプリやソーシャルネットワークを駆使して、友達の様子や会社の概要などを調べ尽くします。

また、普段友達と大きなやりとりはしなくとも、近況などで友達の様子を知る事で充分なのです。

そこで、「いいね!」をして関係は終わりの場合もあります。

また、会った事もない異性とソーシャルネットワーク上で繋がる事にも怖さなどはありません。

もっともっと調べ尽くして、仲間を増やし繋がりを求めているのかもしれません。

18. リーダーシップが無い

「リーダー」や「皆んなを引っ張っていく!」などと言える「さとり世代」の人は居るのでしょうか?それくらい、リーダーシップのない世代は少ないことでしょう。

中には、「さとり世代」も関係なくしっかりしている方もたくさんいるのでしょうが、たいていの「さとり世代」は、「人の影に隠れて生きていきたい」と思うところもありますので、やはり意欲やハングリー精神などにも欠けてしまうのは、当然のことのように感じてしまいます。

また、他人にあまり興味もないため、「自分が動いて他人の気持ちを動かしたい」などという気持ちも当然ありません。

また、リーダーになって目立つこともしたくないので、当然リーダーシップはないでしょう。

19. コミュニケーションや社会性に問題ある人が結構いる

やはり、コミュニケーション能力が低かったり、社会性に問題がある人が多いのではないでしょうか?忍耐力に続き、将来の目標もなく、ストレスを感じやすいのであれば、仕事はどんな職種に就こうが、働こうが、長続きが出来る事は難しいのでしょう。

ある意味、コミュニケーション能力が高い人はどの職場へ行っても可愛がられますので、あらゆる職場で欲しい人材にもなる事でしょう。

また、コミュニケーション能力は「生きる力」とも言われるくらい、生きて行く上では欠かせない分野になります。

そのため、コミュニケーション能力が低い人は、人との関わりはおろか、接する事すら苦手になりますので、どの職場へ行ってもトラブルや仕事を辞めてしまいがちになります。

20. 保守安定型

意欲や将来の目標なども特にはありませんが、保守安定型なので、安全で保守的な道を選択して行く事でしょう。

しかし、コミュニケーション能力の低下や、人との関わりが苦手なのであれば、どの職場へ行けたとしても長続きは見込みにくいでしょう。

安全な道を選べば選ぶ程、自分を守り、不安定な道へ進んで行ってしまう事でしょう。

まずは、保守的な考えや安定を求めるなら、それなりの努力は必要なのです。

そこを無くして安定は得られないのでしょう。

さとり世代とうまく付き合うためには?

ここからは、さとり世代とうまく付き合っていける提案をしていきます。

もしらあなたがさとり世代と、接するのに手を焼いていたり困っているようなら、ぜひご参考に明日からでもコミュニケーションの一環として使ってみてはいかがでしょうか?まずは、自分が動いてみせる事で、相手の心を動かす原動力に繋がるかもしれません。

また、さとり世代と上手く付き合っていけるようになれば、あなた自身の勉強にも繋がる事ですし、またあなたの枠を広げられるチャンスにもなるかもしれません。

1. こちらから逐一声かけしないと何もしない

まずは、自分から動こうとしないさとり世代は、こちらから、声かけをして行く事で動いていけるようになるのです。

入社したてのさとり世代であるのなら、やる気はあってもどのように動いて行ったらいいのか、パターンがよくわかっていないので、慣れるまでに時間がかかってしまう事もしばしば。

まずは根気よく教えてあげるようにしてみて下さいね。

また、さとり世代に「見て覚える」事はなかなかできないので、しっかりじっくり向き合いながら、さとり世代のペースでサポートしてあげるようにしてみるといいかもしれません。

2, マイペースな点は多めに見てあげよう

また、マイペースな点は多めに見てあげる事が大切です。

なかなか自分のペースを崩されてしまうと、全てを投げ出したくなったり、パニックや要領オーバーになりやすいので、ペースを守れるように配慮してあげる事も大切なのです。

ある程度、仕事内容にも慣れてきたら、放ったらかしておいても出来るようにはなりますので、そうなるまでは地道にじっくりと根気よく教え続けてあげてくださいね。

3. 効率的で機械的なことは得意なので、任せられる

創造的な事や、クリエイティブ的な事はなかなか難しいのですが、効率的な事や、機会的な事はとても得意なので、任せておいてもミスは少ないかもしれません。

ただ、万が一ミスがあったとしても怒鳴ったり攻めたてたりする事は控えておきましょう。

本人にも、悪気があったわけではないですので、何度も同じミスを繰り返したり、出来る仕事をやらないのは問題ですが、基本的にやる気があるのに怒るのは、「怒られた」と、いう気持ちばかりが残ってしまい、却って仕事の効率を落としかねません。

なかなか扱いにくい世代にはなりますが、それでも扱いには、細心の注意をしながら、慎重に行いたいものですね。

そもそもさとり世代って何?

「さとり世代」とは、「ゆとり世代」に育った世代を示します。

堅実、高望みもしない、また目標や夢を 持たないので、さまざまな物事に対する意欲ややる気に欠けるところがあります。

また、一部の説ですが、ゆとり世代の若者たちが「ゆとり」と言われたくないために「悟り」つまり「さとり」と自ら提案した名前とされています。

「さとり世代」の特徴は上記にも挙げた項目以外にも、「打たれ弱い」「極端に失敗が怖い」「無責任なところがある」「ブランドには興味がない」などが挙げられます。

いい面と悪い面の二局が極端にあらわれているのも、このさとり世代の特徴です。

また、一部の説では同じ目標を持った集団の中で好む傾向にあり、無駄遣いしない割に趣味などには惜しみなくお金を使う傾向にもあるため、アニメやアイドルオタク、暴走族などが多い傾向にもあります。

語源は?

先ほども、触れましたように「さとり世代」とは「ゆとり世代」の若者が「ゆとり」と呼ばれる事を嫌う傾向にあるという説があります。

その背景には「ゆとり」と呼ばれるようになった「ゆとり教育」からきているいわゆる「若者言葉」です。

2013年の受賞はならずとも、新語・流行語大賞の候補に上げられています。

また、「さとり世代」の言葉通り悟るように、または悟るような感覚で、生きている世代を表しています。

地に足をつけたような現実をしっかりと見ていること、また目標や夢などの高望みはしない傾向にある世代です。

このように、「さとり世代」の語源は、ゆとり世代の若者たちが、「ゆとり」と呼ばれる事を嫌う事から派生し、「悟るように生きる」ことから「さとり世代」と呼ばれるようになったことが分かります。

意味の定義

詰め込み授業から一転、ゆとりのある教育に学習内容が変更されたことにあるようです。

また、ゆとり教育から賛否両論の意見はありますが、主にネガティヴな意見に捉えられる事が多く、「学力」や「社会性」などの「低下」がみられるとされています。

そのため、社会に馴染めない世代だったり、打たれ弱い世代とされているため、人とのコミュニケーションの能力や関わりなどにも否定的なところもあります。

さとり世代は、バブル崩壊後に出生した世代のため、不況自体を味わい、そのためお金には困りたくないという気持ちから、質素な生活を好む傾向にあります。

また、このような生活傾向からも「悟る」ような感覚が生じているなど、言われています。

何歳から何歳くらいまでを言うの?

ゆとり世代とは、はっきりとした何歳から何歳までという年齢の定義はありませんが、1987年の4月2日からの生まれを「第一ゆとり世代」とマスコミが称した事からスタートした「ゆとり世代」がゆとり世代の始まりとされています。

主に30歳くらいまでの世代を示すのですが、2002年から「思考力」を主に「総合的な学習の時間」の新設など大幅な改革が行われました。

それでも学力の低下の不安からは脱却できず、2011年度より小学校は、また2012年度より中学校は、2013年度より高等学校では、学習指導要領の再改定が実施されました。

この改定以降、マスコミなどからは「脱・ゆとり教育」と、呼ばれるようになったとされています。

ゆとり世代との違い

「ゆとり世代」と「さとり世代」の違いは、呼び方くらいです。

内容は、同じ意味になりますので、特にどちらが「いい」とか「悪い」という意味はありません。

なので、「さとり世代」と聞いたら「ゆとり世代」、また「ゆとり世代」と聞いたら「さとり世代」と理解や解釈してもかまいません。

敢えて「違い」と言うなら「ゆとり世代」は、マスコミなどが名付けた名前に対し、ゆとり世代の若者たちは、「ゆとり」と言われる事に対して「さとり世代」と呼ぶようになったため、「ゆとり世代」と呼ぶ人と「さとり世代」と言いたい若者の違いはあるかもしれません。

つくし世代、というのもある

「失われた20年間」と言われた時代を駆け抜けた彼らは、学習指導要領が大きく変更された1992年以降、小学校に入学した若者が対象になり、「ゆとり世代」「さとり世代」と年代が被ります。

また、さらに「ゆとり世代」「さとり世代」より下の学年も「つくし世代」の対象になるようです。

「つくし世代」は、「つくし」=「尽くす」世代とされており、他人に尽くすことの出来る世代とも言われているようです。

仲間との繋がりや絆を大切にするようで、友だち同士のサプライズや仲間との「共感」する若者用語や言葉が流行るのもこの世代の良さもと言えるでしょう。

また、ネガティヴに受けとられがちな「ゆとり世代」「さとり世代」ですが、仲間意識や共感する、また絆を深めたい世代として、プラスに見られる一面も、彼らにはあるようです。

最後に

「さとり世代」について、理解を深めていくことは出来たでしょうか?また、「ゆとり世代」「さとり世代」などネガティヴに見られている事の多い世代ですが、バブル崩壊後から「失われた20年間」と言われる中で、彼らが育ち学んで来た環境が、「ゆとり世代」や「さとり世代の世代」を育ててきたと言われても不思議ではありません。

その世代により、そのカラーがあるのも当たり前の事なのです。

「ゆとり世代」や「さとり世代」のネガティヴな麺ばかりにフォーカスを当てるのではなく、彼らが学んできた「自分だけが頼り」「不透明な未来より今の現実を充実させたい」と考えるようになってしまったのかもしれません。