CoCoSiA(ココシア)

卑しい人の25のあるあるな特徴


人には色々な感情があります。

その中には、良いものもあれば悪いものもあるでしょう。

いつでも前向きな気持ちでいる事が出来れば最高ですが、それが出来ないのが人間というものです。

ですから、その負の感情といかに付き合っていく事が出来るかどうかが重要なポイントなのです。

例えば、人付き合いをしていく中でその相手の事が卑しく感じる瞬間があるかもしれません。

そうなると、その人自信と付き合っていく事自体が嫌になってしまう事もあるでしょう。

人の事を卑しく感じる瞬間は人によって様々です。

しかし、どういった時にそのように感じてしまうのかを自分の中で理解しておけば、その時にとっさに相手に対して失礼な行動をとる事が無く、自分の中で気持ちを解決する事が出来るようになるかもしれません。

今回は、人が『卑しい』と感じる時について考えてみたいと思います。

卑しい人の25個のあるあるな特徴

卑しい人の特徴
人に対して不快な思いをさせる方にはある特徴があります。

特に『卑しい』と思われる方々には共通する特徴がいくつもあり、一人に卑しいと思われているのであれば、大概の場合多くの方に卑しいと思われている可能性が多々あります。

人から卑しいと思われる事は、決して良い事ではありません。

どちらかと言えば、マイナスのイメージでしょう。

その為、人からそんな風に思われてしまっている場合は改善する必要があると言えるでしょう。

他人の良くない点を上げる事で、自分の行動をみなす事が出来るかもしれません。

その為、今から上げる『卑しい』と思われてしまう人の特徴を良く理解する事で、自分の行動を振り返る事が出来るかもしれません。

是非、自分の日頃の行動を振りかえり他の人から『卑しい』と思われないような行動をとる事が大切です。

1. お金が大好きでお金に細かい

日本には『金の切れ目が縁の切れ目』と言うようなことわざがあります。

それからも分かる様に、お金に関するトラブルは、その後大きなトラブルに発展する必要があります。

その為、基本的にはお金に関してはどんなに親しい相手に対してもきちんとする事をお勧め致します。

例えば、一緒に食事をした相手が 1円単位まで毎回きっちり割り勘を求めてくるとあなたはどう感じるでしょうか。

ちょっと面倒だなと感じる事はありませんか?

それと同じように、代わりに買い出しにいったガソリン代など、細かいお金まできっちり清算しようとすると、周りの人間が段々と面倒に感じてしまいます。

お金に対してきちんと考え、行動する事は悪い事ではありません。

お金が無ければ生活する事が出来ないので、お金は大切なものです。

しかしながら、余りにも細かくしてしまうと人間関係を壊してしまう事もあります。

その為、お金に関しては出来るだけ相手に負担にならない程度にきっちりする事が重要です。

とはいえ、割り勘を立て替えてばかりなど自分に不利益がある場合にはきちんと相手に対して意見を伝える事も重要です。

その程度が難しい所ですが、多くの経験を積んでいく事でその程度を学んでいく事ができる様になります。

まずは、自分の不利益にならない程度にある程度ラフに行動していく事をお勧めします。

2. 幸せな人に対して強い嫉妬を感じる

人は、他人の不幸を楽しむ節があります。

その為、幸せな話に対して不快に感じたり嫉妬をしてしまう事もあるでしょう。

どんなに出来た人間として知られている方も、時には、人に嫉妬を感じる事もあるでしょう。

それは人間として当たり前の感情であり、さほど珍しい事ではありません。

他人に一度も嫉妬した事が無い人の方がよっぽど珍しいかもしれません。

問題なのは、その嫉妬の心を行動に出してしまうかどうかです。

自分の心の中だけに留めておく事が出来れば問題ありませんが、その嫉妬の心から相手に対して嫌がらせをしてしまったり、周りに対して良くない噂を流すなどしてしまう事は間違った行動です。

他人を羨む気持ちを持った場合は、それを負の行動に移すのでは無く、それをばねに自分も頑張ろうと言う気持ちになるプラスの気持ちに変更しなければなりません。

そうする事が出来れば、自分自身も成長する事が出来るでしょう。

他人に対して羨む気持ちが出てきた場合は、その気持ちが負の行動にならないように制御する事が大切です。

それをする事が出来ず、自分の感情に負けてしまってはいつまで経ってもその羨む気持ちが消える事は無いでしょう。

人を羨むだけの人生は、虚しく自分の人生を無駄にしてしまっています。