CoCoSiA(ココシア)

卑しい人の25のあるあるな特徴(続き5)

人によってはその行動が、『卑しい』と感じてしまう原因となります。

子供の頃は自分の育った環境について気が付く事が出来ないかもしれませんが、大人になると他の家との違いが段々と分かって来ることでしょう。

その為、自分の家が他の家と違うと感じる事があるのであればそれを意識して直していかなければならないかもしれません。

自分の家の中の常識が世間の常識とは限りません。

世間に適応し、多くの人と上手に関係を作っていく為には自分の行動を冷静に判断する力も必要でしょう。

それを行う事が出来るようになると人から『卑しい』と言われてしまう事は少なくなるはずです。

2. 両親の人間性

子供は、まっさらな状態で産まれてきます。

その為、基本的な素質などもあるかもしれませんが多くの場合は育った環境によって大きく変わっていきます。

例えば、両親がしっかりとした考えを持ち教育を行った子供はその後どんなに自由奔放に過ごしたとしても、行動や言動にどこか育ちの良さが感じられる事があります。

しかしながら、両親が常識の無い家の場合、その家の子供たちも勿論常識の無い子供として育っていくでしょう。

最近では怒らない育児と言う考え方が浸透していますが、怒らない育児としつけを行わない育児とは違います。

教育する義務を放棄した子育ては、周りに迷惑を与える事となるでしょう。

そんな環境でそだった子供たちは、幼稚園や小学校など集団生活が始まるとその育ちの悪さが如実に目立ち始めます。

その結果『あそこの家の子は卑しい』と言われてしまう事があるかもしれません。

問題は、子供達では無くそれを育てた両親にあります。

両親がきちんと常識というものを教えないと、子供たちはそれに気が付く事が出来ません。

その為、知らず知らずのうちから社会からはみ出してしまう事も十分に考えられるのです。

多くの場合、このような家庭は連鎖をしています。

その為、両親がしつけを出来ていない家庭の方は、そのまた上の年代も常識が無い場合が多々あります。

そうなってしまうと一家揃って常識の無い家庭になってしまう事も珍しい事ではありません。

損な負の連鎖を止める為には、自分自身の育った環境や育児を冷静に判断する事が必要でしょう。

それをする事が出来れば、自分の育った環境の問題点に気が付く事が出来るかもしれません。

それを気が付く事が出来れば、改善していく事もあり得るでしょう。

人はいつでもやり直す事が出来ます。

例え、自分の育った環境があまり良いものでは無かったとしても、自分の子供に対してはきちんとした教育をしてあげる事は十分に可能です。

社会で生きていく為には、きちんと周りとの調和をとる事も必要です。

是非、子供たちが将来困る事の内容にしっかりと教育をしてあげてください。

3. 人にいじめられたり騙されたトラウマ

人にいじめられたり騙されたトラウマがある卑しい人
一度嫌な思いをした記憶はなかなか消す事が出来ません。

その為、過去にいじめにあった経験がある方は、人に対して警戒心を持ったりして上手く溶け込む事が出来なくなってしまう事もあるかもしれません。

そうなってしまうと、時に相手に不快な思いをさせたり『卑しい』と悪口を言われてしまう事があるかもしれません。

そうなってしまうと、余計に自分の殻に閉じこもってしまう事になるでしょう。

心に傷を抱える人は、世の中に沢山います。

その中で、その事を隠し明るく過ごす事が出来る人もいれば自分の中に閉じこもってしまう方もいるでしょう。

どちらが正しくて、どちらが間違っていると言う事はありません。

どちらも正しく、それぞれ自分にあった行動をとれば良いのです。

自分の中に閉じこもってしまう方も、それが心を守る方法なのであれば無理をして外とのつながりを持つ必要は無いでしょう。

しかしながら、もしあなたが一人でも自分の事を分かって欲しいと思う人が現れたのなら、その時はきちんと自分の心を開くようにしてみてはいかがでしょうか。

全ての人に心を開く必要はありませんが、自分の中で大事だと思う人を決めて心を開く事が出来ればそれだけでも人生は大きく変わっていく事でしょう。

その為には、自分が卑しいと言われてしまった原因を考え、行動を改めてみる事も重要なポイントです。

少しでもあなたが変わる事が出来たら。

周りの人が変わってくれるきっかけを掴む事が出来る様になるかもしれません。

卑しい人が周囲にいるなら

世の中には様々な人がいます。

その中には、あなたが大好きになる人もいれば大嫌いになる人もいるでしょう。

学校では『誰とでも仲良くしなさい』と教えますが、実際問題それは無理な話です。

合う人もいれば、合わない人もいる。