あなたは何か不愉快なことがあったり、友人とふざけた話をしているときによく「キモい!」と使ったりしていませんか?

私は、芸人を見て笑いながらよく「キモーーい」って言っていたり、はたまた情報番組で変質者のニュースなどを見ていても「キモい!!」と怒りながら言っていたりします。

『きもい』という言葉は、時としてとても重い意味になったり、それとは正反対のに冗談として使われたりと、その場でニュアンスが多様に変化する興味深い性質があります。

今回は、私たちが日常で連発する「キモい」というワードについて徹底分析してみようと思います!

きもいって言われていませんか?


キモいとよく使う人、もしかして自分が誰かからキモいと言われていることはありませんか?

変顔をして遊んでいる最中にキモいと言われたり、妄想を人に話したらキモいと言われたり相手の言い方で本気度が変わってくるキモいを、陰で言われていらたかなりショックですよね。

ところで、キモいという言葉は一体いつから誰が使い始めたのでしょうか?

まずは、最初にキモいについて勉強した後で、キモい男性やキモい女性についての特徴をまとめてみたいと思います。

「きもい」について知ろう


キモいを使いだしたのはギャルの様な気がしますが、実はそれより昔からきもいと言う言葉は存在していました。

きもいという言葉が出来てのは1970年代後期というから結構驚きです!

そして1990年ルーズソックスを履いたコギャルが街を埋め尽くした時代に、急激に使用頻度が増加し、現在ではギャルだけに留まらず当たり前のようにキモいを使う人が大勢いるのです。

てっきりギャルが作り出した造語かと思いきや、それよりかなり昔から存在していたとはやっぱり不思議な言葉ですね。

一般的な意味


キモいは気持ち悪いと言う意味で使われます。

気持ち悪いの略語がきもいとなり、今では一般的に使われるようになりました。

さらに、とても気持ちが悪い場合には、前に「超」と付けて超キモいとなります。

平仮名できもいと書いたりカタカナを用いてキモイやキモいと表すこともありますが、どれも意味は一緒です。

使い方


キモいの例文をいくつか挙げてみたいと思います。

・あいつはいつも独り言ばかりでキモい
・アニメにハマりすぎてキモい
・笑い方がキモい
・人体模型はなれるまでキモいと感じる
・ニュースでやっていた事件の犯人がキモい
・見たこともないキモい虫を発見した
・モノマネが似すぎていてキモい      等 

どんな物や相手に対しても使える言葉なのがキモいの特徴となるでしょう。

また、キモいをさらに略し「キモ」だけで気持ち悪いことを表現する場合もあります。

勢いを付けたい時、強調したいときなどは「きもっ!!」と感情を込めて使うことができます。

類義語


キモいは気持ち悪いを略した言葉ですが、その類義語には同じように略語で使われる「きしょい」があります。

きしょいは気色が悪いという意味で、この言葉は完全に若者が作り出した言葉になります。

もともとは関西地方から広がったとされており、きしょいだけではなく、きしょーやめっさ(めっちゃ)きしょいなどの言い方があります。

「きもい」は思ったより軽い言葉


本気で気持ち悪いと思った時は、ギャルでも「気持ち悪くない?」と略さずに使う事があり、どちらかと言うとキモいは話の最中に軽いノリで使うことの方が多くあります。

若者同士では、冗談の延長線上にキモいと相手に使ったりウケを狙い自虐でキモいなど使ったりします。

年齢層の高い大人が聞くと「なんて失礼な言葉」と思うかもしれませんが、若者や若いママ世代では当たり前に、キモいを軽いノリとして相手に使っているのが今では常識なのです。

年齢間で少々ジェネレーションギャップが生じる言葉ではありますが、言われた時の相手の表情を見れば冗談だと伝わってくるはずです!

現代人が使うのは当たり前?!


今から10年以上前に私が高校生の頃、きもいと言う言葉はまだ母親より上の世代には斬新な言葉だったのか、私のキモい発言に驚かれたのを覚えています。

今の時代、小学生でも普通にキモいという言葉を使っています。

また、キモいが急激に使われ始めた時期に当時ギャル世代だった若者も立派な大人になってからも尚、キモいという言葉を使うことを考えてみると「きもい」を使っているのはかなり幅広い年代だと判明します。

もはや「きもい」という言葉を使うのは現代人からすれば当たり前なのです!

友達同士で使うことも


幅広い年代に広がったキモいには、気持ち悪いとただ否定や拒否をする意味だけではなく友達間でふざけあったり、冗談としてキモいが使われるのも当たり前になっています。

気持ち悪いなんて言葉を友達同士で言い合っていれば、よほど仲が悪いのかと思ってしまう年配の人もいそうですが、仲が良いからこそ軽いノリや冗談としてキモいと言えてしまうのです。

若い子が写真を見ながら変顔に対して「この顔やばすぎ!きもっ!」と笑いながら言っていたら、それは仲の良い証拠とも言えるでしょう!

高齢者は使わない


キモいは1970年には存在した言葉ではありますが、流行り出したのは1990年頃若者を中心に使われ始めたので、ほんの27年前になります。

その当時の若者が今大人になり単純計算で45歳前後になっているのです。

ですから、団塊世代までいくとキモいという言葉は使う人はいないでしょうし、キモいは人を罵るだけの意味でしかないでしょう。

さらに、もっと高齢になればなんでそんな言葉を使うのかすら理解してもらえないかもしれません。

正直、キレイな日本語とはお世辞にも言えないですが、時代の流れが生み出した言葉なのでしょう。

きもい人の特徴(男女別)


さて、「キモい」について色々と知識を身に付けたところで、ここからが本題とも言えるのではないでしょうか。

あなたの周りにキモい人はいませんか?

本当に気持ち悪い人はしゃれにならなと感じますよね?

それは男性でも女性でも一緒です。

今回は、誰も感じるキモい男女についてともに12パターンで書き出してみようと思います。

もしかしたら、自分に当てはまる行動があるかもしれません!

陰でキモい何て言われないようにするためにも、ここでしっかりチェックしておきましょう。

きもい男性の特徴12パターン


まずは、キモい男性について12パターンの行動を見てみましょう。

世の中の男性の皆さん、自分は大丈夫と高を括っていませんか?

世の中の女性達から「わかる~!」という声が聞こえてきそうなほど、リアルな行動になっていますので、もし自分に心当たりがあったら今すぐにその行動を辞めましょう!!

近くにいる女性の心の声が現れていると思って心して読んでください。

会話に割り込んでくる


女性同士の会話が盛り上がっているところに、急に割り込んで話を中断させたりしていませんか?

会社のランチタイムの愚痴や女子トークに割り込んでくる上司には、愛想笑いこそするものの、女性達からはかなりブーイングな行動ですし、分かったような感じで話に入り込んでくるような男性ですとキモいの称号が付けられてしまうかもしせません。

ジロジロ見てくる


人の事をジロジロ見てくる人って意外と居るものです。

ジロジロとみられると女性は失礼だと感じますし、キモい男と同時に変質者などの要注意人物として見られてしまうかもしれません!

女性の後ろに何か気になるものが有ったとしても、女性がいなくなるまで待つか、じっくり確認することは諦めるにこしたことありません。

そもそも、ジロジロと見られる事は男性、女性関係なく不愉快にさせる行為なのでジロジロみる癖が有るような人は辞めた方が無難です。

自分の自慢話しかしない


男性が自分の自慢話を自信満々にしていると、女性はどんどん冷めていく事を知っていますか?

自慢話をする男性は、見栄っ張りやビックマウスで嘘くさく感じますし、その人の本当の姿が見えないので女性からすれば信用出来ない男性として見られてしまいます。

また、しつこくて面倒臭い人といった印象を与えますし、自慢話の内容によっては女性から気持ち悪がられてしまいます。

男性は、自分を大きく見せる様な話をするものではないと覚えておいてください。

クサイセリフを放つ


今どきくさいセリフを言う男性は珍しいですが、極稀に居ます。

そもそもクサイセリフって何?っと思う女性も多いかもしれません。

ひと昔前にトレンディードラマで男性が告白するシーンなどで多用していた、ナルシストな雰囲気で発言するキザな言葉のことを指します。

例えば「君がそばにいないと僕は寂しくて眠れないんだ」「世界中の宝石をかき集めても君の輝きにはかなわない」「会えない夜は君の夢の中で会おう」など。

だたしこれには例外もあり、大好きな人から言われるなら少々クサイセリフでもトキメキに変化するのが女性の特徴です。

ですから、男性はやたらに女性を前にしてクサイセリフを言わないように注意しましょう!

ケチ


ケチと節約は大違いですし、割り勘にする場合でも1円単位まで細かく計算すると、「何て小物なんだろう」と女性に引かれてしまうかもしれません。

そしてケチな男性は同性からも嫌われるでしょうし、かっこ悪いこと思われがちです。

お金を節約するのは良いことですが、周りにいる人を不愉快にしては人脈に傷がつくでしょうし、器の小さい男と自ら言っている様なものです。

仕事の付き合いなどならともかく、女性とデートなどで食事に行くのなら、奢る勢いで行く事です。

例え割り勘にしても100円単位は男性が負担するなど、大らかな姿勢で居ることが大切です。

しつこくついてくる


しつこく話しかけてくる男性はキモいと思われてします。

女性の愛想笑いを見抜けないと、本当はうざがっているのに何度も何度も1人の女性に話しかけたりする男性がいます。

女性はクールで物足りないくらいの男性に惹かれるものです。

興味のない男性から、毎回話しかけれる事にストレスを感じる事すらあり、キモいと噂にされることにも繋がるので脈の無い女性にしつこく絡もうとするのは辞めましょう。

メール・電話を頻繁にしてくる


返事が来ていないのに、待ちきれずにまたメールを送った経験はありませんか?

最近ではLINEが主流ですが、未読なのにバシバシ自分の気持ちばかりを送りつけてしまうと、そのままブロックされることになりますよ!

人の事を考えられない、相手のペースを無視する態度は嫌わる原因にもなります。

それに、返事をしていないのに勝手にどんどんメッセージが来ることは女性からすると気持が悪く、また恐怖に近い気持ちになります。

電話も同様で、相手が電話に出ないからと言って何度もかけると着歴がしっかり残りすし、着信回数も記録されます。

ほんの数分目を離しただけで、鬼のように着信があればキモい男として着信拒否されるでしょう。

不潔


不潔な男性は当然キモいですし、周囲からも避けれることでしょう。

体臭や口臭もしっかりケア出来ることですし、身だしなみにも気を遣うのが人として当たり前です。

「自分には彼女なんて出来る訳がない」と思っている男性でも、清潔感を出し、身なりに気を使っていることはとても大切です。

また、爪を噛む癖など他人が見て不潔だと思うような癖が有る人も、癖を治していく事が大事でしょう。

キモい男性には、性格だけでなく外見も大きく関わってくることを自覚しましょう。

男尊女卑タイプ


男性・女性を差別し格差をつけて接するような態度は確実に嫌がられますし、「男に従え」なんて考えを現代の女性に押し付けるような発言はキモい男性として見られます。

現代女性の多くは仕事と家庭を両立し、外に出て働くことで家庭を支えたり自分の生活を誰かに頼ることなく逞しく自立しています。

男性ばかりが偉く「女性は何でも言うことを聞くもの」なんていう風潮は、今では珍しい考え方になってきています。

やたらと女性のファッションに口出ししてくる


ファッションは今や自分の個性を主張できるツールの1つです!

トレンドを押さえたファッションを楽しむ女性や、自分の好きなカラーやデザインを楽しんでいる女性は生き生きとして輝いています。

そんなオシャレを楽しんでいる女性に対して「スカートは辞めな~」「あまり肌は露出しない方がいいよ」など口を出しすぎるのは厳禁です。

また、思春期を過ぎた娘のファッションに口を出すお父さんもキモがられる原因の1つです。

あれやこれやと女性のファッションに口出すと確実にキモい男性だと思われますので、ある程度距離を保ち、寛容に受け止めることが大事です。

女性のプライベートを聞き出そうとする


「明日は休みだけど、なにするの~?」と聞いていい相手は彼女だけです!

もしくは仲のいい友人関係での会話なら許されるでしょうが、女子社員やバイトの女子などに聞くのはNGです。

好みでもない男性からプライベートのことを聞かれても、答えたくないのが女性の本心です。

今はあまり個人的な質問を安易に聞くとセクハラとまで言われる時代ですし、男性は世間話のつもりでも、過剰になる女性は大勢います。

そんな女性たちからするとプライベート情報を聞いてくる男性はキモいと言われてしまうのです。

仕事場なら特に、仕事の話以外を積極的に話題にするのは避けましょう。

口を開けば下ネタ


下ネタを鼻の下を伸ばしながら話してくる男性は、女性から見れば大変キモいものです。

男性側からすれば、冗談交じりなのかもしれませんが、下ネタは場面を選び話す相手を選ばなければ、かなりの破壊力があることを認識しておかなければいけません。

昼間の下ネタを我慢するせいか、キャバクラでは別人のように下ネタ全開の男性がいますが、それだって実は働いている女性から見ればキモいと思われている事を知っていますか?

基本的に、下ネタを話して笑い合えるのは同性同士という事です。

女性の前では、あまり口にしないほうが良いでしょう。

【キモ男については、こちらの記事もチェック!】

きもい女性の特徴12パターン


では、続きましてキモい女性の12パターンに移ります。

キモい男性の特徴には、内面的なことが多かったように思いますが、女性はどう違うのでしょうか。

ここからは、女性の気持ち悪がられる人に見られる特徴をあげていきますが、案外自分や周りにいる女子にも当てはまる部分があったりして驚くかもしれません。

女子同士ならキモいとは思わない事でも、男性から見るとキモいと感じることも含まれているので、女性の方は自分を客観視してチェックしてみて下さい。

一人称が「俺」とか「ワシ」という人


いい歳をした女性がよく自分の事を「〇〇は~」と名前をそのまま言いながら話をしていることがありますが、それはまだ許せるほうで女性なのに「俺」や「ワシ」と男性のように使う人がいます。

または「僕」など、男性に憧れているのか、はたまた男性のようなサバサバした女子を目指しているのかは不明ですが、女性として言葉遣いはなるべく気を付ける方がいいです。

男性から見ても、「俺」や「ワシ」と自分に対してい使っている女性は気持ち悪いですし、品の無さを感じるでしょう。

SNSと日常のギャップ


流行りのSNSですが、最近ではインスタグラムがとても人気ですね。

写真をアップ出来るSNSは見ているだけでもとても楽しめるツールです。

オシャレな人がたくさんいるなぁと関心したりお手本にしたりと女子力の高さをアピールしたものがとても多いです。

ですが、蓋を開けて見るとSNSにアップした写メとは大違いな事がたくさんあります!

某テレビ番組では、インスタグラムにアップしたいが為にわざわざ親しくない人でも集めてパーティーを行っていたり、写真に移らない部分はとっても汚れた部屋だったりなど、本当の事とは全く別の日常を送っている様な女性がいます。

これは同性から見てもキモいですし、インスタ狂いと言えるでしょう。

写真ではうまく加工して映らないように工夫さえしておけば、普段の生活感を消すことなど簡単に出来てしまうのです。

ですが、ここまでやる必要はないでしょう…と思うレベルの女性はキモいと言われてしまうでしょう。

変な言葉を使う人


オタク女子に多いのがオタク用語を使っている事です。

またオリジナルな言葉を使っている女性の人は、周囲がキモいと感じているかもしれません。

ある程度、自分のテリトリー内で話すならいいとは思いますが、まったく興味がない人もたくさんいる事を自覚して、キレイな言葉で話すことを心がけないとオタク全開のキモ女子と思われてしまう事になります。

オタクに対してイメージは以前に比べると、ポジティブにはなりつつも、まだまだ根暗なイメージは根強く残っています。

共通の趣味を持った人同士で楽しむようにして、日常ではなるべく封印することをおススメします!

そして普段は正しい日本語を使いましょう。

恋愛体質の女


いつでも、どんな場面でも恋愛対象を探している女性は、にぶい男性でも伝わってきてしまいキモいと思われます。

トキメクのは自由ですが、それが恋愛に発展するかは全くの別問題です。

ちょっと、優しくされたからといって何でもその気になって勝手に舞い上がっている女性は、男性から見れば軽くも見えますし、「誰でもいいのかよ!」と突っ込みたくなってしまいます。

女性としての恥じらいは忘れずに、また誰にでもすぐに恋愛モードになるのは自分を下げる事にもなるので気を付けましょう!

ぶりっこ


同性からすら気持ち悪がられるのが、ぶりっこをする女性です。

男性は比較的寛大なので、どこからぶりっこしているのか気がつかない事がありますが、同性はぶりっこしている人を一目瞭然で見抜くことが出来ます。

ぶりっこをすることで、周りからチヤホヤしてもらえると勘違いしている女性はかなり痛いですので即辞めましょう。

また、同性に対してもぶりっこキャラを継続するとキモいし、ウザいと距離を取られる事にもなるので、友達がたくさん欲しいならせめて同性の前ではぶりっこをしないことです。

あまりにもぶりっこが過ぎると男性にもバレて、適当にあしらわれることになるでしょう…

他の女とは違いますよアピールしてくる女


自分を他の女性とは差別化を図る為に、いろいろな方法でアピールする女性は男性からしたらキモい女性の類になります。

興味のない女性から「私と付き合ったらこんな特別なことがありますよ♡」といったアピールをされても男性側からしたらキモいと思われることもあるし、あまり関わっては面倒なタイプだと思われてしまいます。

好きになった女性だから他の女性とは違うわけで、興味のない女性がどんなにアピールをしても方法が間違えば所詮はそれまでなのです。

奢ってもらうのが当たり前


女子は奢って貰えるのが当たり前的な態度を取っていると、男性陣は不愉快になります。

「奢って貰える=イイ女」と勘違いしているのが伝わり、その勘違いぶりがキモいとなってしまうのです。

奢って貰うのが当たり前ではなく、きちんと支払う姿勢を見せることや、奢って貰えたら感謝を伝えることが大事ですし、その言葉があるから男性も快く奢ってあげるのです。

また、本当にイイ女と言うのはその辺がきちんと出来ている女性の事を指します。

ですから、高飛車な態度で「お金を払うのは男性」と言わんばかりの態度の女性は周りから見ていても下品で気持ち悪いと思われてしまうので、気を付けましょう。

リア充なSNSの投稿


リア充とはリアルな日常生活が充実していることを指しますが、そんな充実した生活をSNSに投稿することでより多くの人の注目を集めようとする女性は度を超すと気持ち悪がられてしまいます。

最近ではネットの世界でしかコミュニティを持てない若者が増えたため、『リア充』という言葉には、「現実世界で満足出来ている人達や充実出来た生活基盤を持っている人たちが勝ち組」といった考え方を含みます。

リア充を勝ち組だと思い込み誇らしげにSNSに投稿する事は、一般的に言えば特別な事でもなんでもない事に気が付けていない残念な女性だとも考えられてしまいます。

本当にリア充な人は、SNSをこまめに更新している時間すら勿体ないと感じているかもしれません。

金持っている人が全て


お金持ちしか興味がない、またはお金があれば何でも許すような浅はかで安易な考えをした女性はキモいと思われます。

若い娘ならまだしも、ある程度年齢がいっている女性は特に品の無さが滲み出てしまうので、お金を持っている人が全てという考えは卒業するべきでしょう。

人は、自分が持っていない物を持っている人に惹かれるものでもありますが、お金ばかりに執着しては逆に視野を狭くすることにもなります。

また、金欲が強い女性はガツガツしているイメージもあり下品ですし、男性から見たら気持ち悪いと思われるのは当然でしょう。

少女漫画や恋愛ドラマのような夢を期待している女


マンガのような恋愛やドラマのような出会いや告白を夢見すぎて、現実とのギャップにショックを受けている女性はしませんか?

夢のような設定に憧れを抱くのは仕方がありませんが、度が過ぎると男性はキモいと感じてしまうでしょう。

例えば、お姫様抱っこなんて現実世界の男性で経験者は数パーセントしかいない事や、壁ドンがカッコよく決まる一般人男性なんてめったにいない事など、キュンキュンするような事が起こるのは異次元の世界だけの話と心得ておく必要があります。

現実世界に、あまり過度な期待はしてはいけません。

とにかく仕切りたがるやつ


仕切りたガールな女性は、自称姉御肌と自分を良く捉えすぎていて実際は周囲からウザがられていたり、キモいと感じられている事があります。

仕切り屋な女性に多いのが、声が大きかったりリアクションが大きかったり、また何でもハッキリとした受け答えが出来る人です。

これは男性からは可愛い女子とはほど遠く、またお節介が過ぎる人も多いようです。

また自分のやり方を無理やり通そうとしたり強引な部分が見え、周囲と合わせる事が出来ない人が多いので、思いやりのない女性として男性から嫌われる原因になります。

下ネタを堂々と話す


あまりにオープンな下ネタを話す女性は男性から見ると気持ち悪がられることを知っていますか?

男性は下ネタを嫌う人が少ないのになぜと思うかもしれませんが、あくまで自分で話すのはありだけれど、女性には最低限の恥じらいが必要だと思っているのが男性の心理です。

自らペラペラと下ネタを話す女性を男性は軽視しますし、内心ではなかり引いている事すらあります。

しかも、女子の方が下ネタが具体的なことが多いので、真っ向から女性の下ネタを聞いてしまうと男性はショックが大きいようです。

男性のプライドを傷つけないように、下ネタも場の雰囲気に合わせた方がいいでしょう!

きもい人の対処法はたった2つ


あなたの周りでキモいと感じる人はいませんか?

意外とちょっとした事でも自分にない習慣や癖を持っている人に対してキモいと思う事は多いのではないでしょうか。

キモいと感じてしまう人がいたらどうすればいいのでしょう。

答えは簡単です。

キモい人に対する対処法は、次にご紹介するこの2つに限るでしょう。

とりあえず関わらない


まずは、とにかく関わらないようにすることです。

気持ち悪いという感情を抱くことが無いようにするには、その人との関係を遠ざけるに限ります。

キモいと感じることは生理的に無理な状態ですので、ストレスも多く掛かってきてしまいます。

嫌いな人や、気持ち悪い人とはわざわざ関わらないようにすることも、ある意味大事な防御方法と言えるでしょう。

話は無視する


相手のペースに飲まれずにうまく話を流したり、無視することも時には必要になります。

真面目に相手をしてしまうと、いつも話しかけられる事になってしまうかもしれません。

キモいと相手に言えない代わりに、意思表示を態度に出すようにしましょう!

冷たい態度を取っていればそのうち相手も話しかけてくるのを辞めるでしょう。