あなたの周りには、到底手が届かない程の容姿端麗でよく言う”高嶺の花”のような人が存在しますか?きっとこの記事に辿り着いたと言うことは、高嶺の花に憧れを抱きつつも自分ではどうすれば仲を深められるのか、分からずに迷っている人に違いないはずです。

自然の流れに身を任せていては、いつまでも経っても高嶺の花はあなたに振り向くことはありません!!
今回はそんな高嶺の花に恋をしてしまったが、アタックする前から諦めモードの人に向けた戦略的に恋を物にする恋愛術を伝授しようと思います!

高嶺の花は実はモテない?!

高嶺の花が本当のところそこまでモテない事を知っていますか?!よく褒め言葉として使われている”高嶺の花”ですが、実は本人からしたらあまりいい言葉ではないかもしれません。

なぜなら高嶺の花のようなあまりにも美人過ぎる人やかっこよすぎる人は、実は予想以上に憧れだけの存在で終わってしまい、そこから何も発展しないことが多いそうです。

モテるというといつもパートナーの存在があったり、いなくてもデートの相手には困らない人の事になり、高嶺の花はデートのお誘いをする事すら出来ないようなレベルの違う人を言います。

高嶺の花には簡単に近付いてはいけないイメージを勝手に持ってしまう気持ちはとても共感できます。

でも、美人で非の打ち所がない人でも他の人と変わらず同じように恋愛をするのが普通なのです。

意外とモテないからこそ、高嶺の花と諦めるのではく逆にチャンスは多いかもしれません!嘘だと疑う人のために、なぜ高嶺の花がモテないのかその理由をご説明しておきます。

1. 手が届かないから最初から諦める


まずは、誰しもが思いつく高嶺と言う言葉道り「手が届かないから、アタックする前に諦めてしまう」という理由です。

カッコいい人や美人な人、そして性格も良しと成れば人気になるのは当然のことです。

自分と比べてあまりにも世界が違うと感じると、人は憧れとしてその存在をキープしそれ以上の距離を縮める事が出来ないと諦めの気持ちが勝ってしまうのです。

外見も内見も魅力的なのになぜがフリーの人は、もしかしたら周りにいる人が”高嶺の花”と諦めてしまっている可能性があるのです。

2. 完璧じゃないほうが可愛げがある

これは、とてもリアルな意見ですが以外と多い理由の1つかもしれません。

何でも完璧にこなす非の打ちどころが無い女性と、ちょっとおっちょこちょいでたまにミスをする女性では、たまにはミスをする女性の方が可愛げを感じたり人間味を感じ、フォローしてあげたいなど男性の守ってあげたい願望をくすぐられるのが本心ではないでしょうか?
男性から見て、完璧な女性は魅力的ではあるけれど時間を一緒に過ごすなら、完璧ではない人の方が気持ちもラクに感じ、また守ってあげたいという男心を刺激してくるはずです!その点などから、普通の子の方が等身大の自分でいるれと感じる人が多く、高嶺の花は意外とモテないという事です。

3. 男性が草食系になってきた


最近女性と出会う為にコンパをしたのはいつですか?
高嶺の花とかの問題以前に、そもそも最近の若い男性があまり女子に対してガツガツしなくなった事も原因の1つになっているかもしれません!
恋愛に対して奥手な男子から見たら、キレイすぎる人とどうやってコミュニケーションを取れば良いのかすら考えてしまう事になるでしょう。

恋愛の経験が少ないような草食系男子は、ただでさえ自分に自信がない人が多く上手に自分をアピールするのが苦手です。

また、草食系男子がいきなり高嶺の花にアタックできるほどの根性を持っている事も稀でしょう。

こんな感じで草食系男子が増加した分、あまりにもキレイな人は彼女として選んでもらう事が出来なくなってしまっているのです。

肉食系男子を見習って女性を口説く事も、男のとして磨きが掛かるのではないでしょうか♪

4. 簡単に振られると思ってしまう

よく漫画やドラマのワンシーンで学校の中で1番の美人に告白をしてそく「ごめんなさい!」と断られているのが脳裏に浮かびますが、”高嶺の花”を想像すると何だかハードルを勝手に上げてしまい、自分の様なごく普通の人間で眼中にすら入っていないのではないかと感じませんか?
憧れの存在の人に恋をした経験がある人は、誰しも感じると思いますが「告白したって瞬殺されて終わりだ…そんな事分かり切っている」と考えた事があるはずです。

その辺の男性を相手にしないような雰囲気を持っているのが、高嶺の花の可哀想なところでもあります。