皆さん、唐突ですが恋愛していますか?
皆さんの恋愛はどのような恋愛だと思いますか?いわゆる大人の恋愛をしているのでしょうか?それともそのような関係を目指しつつもなかなかうまくいかないこともいいかもしれませんね。

一口に大人の恋愛といても非常に良いイメージを持たれますが、そもそもこの大人の恋愛とは一体何なのでしょうか?

恋愛は楽しい一方で嫉妬や失恋の辛さなど、いろいろな辛さも一緒に3ことになります。

でも、確かにこのようなマイナスのところはあるものの、大人の恋愛になればそこまでのマイナス要素に縛られることなく恋愛を純粋に楽しむことができるようになります。

だからこそ、程良い距離感で大人の恋愛を楽しみたいものですよね。

では、そもそも大人の恋愛とはどんなものがなのでしょうか?

大人の恋愛ってどんなもの?

「大人の恋愛とは何?」と思いますね。

恋愛は先ほども触れたように楽しいことがある一方で、嫉妬などに振り回されたり、彼や彼女がいないと生きていけないと思うほどの強い依存心が出てくることもあります。

でも、大人の恋愛であればそこまで苦しい感情に縛られることなく、自立した大人同士の恋愛を楽しむことができるのです。

大人の恋愛と言うと、あまり感情出さず、別れが訪れても淡々としているような感じがしますね。

でも、大人の恋愛が必ずしもそうでわけではありません。

では、一口に大人の恋愛といっても様々な特徴があるのかというのは、意外にも知らない人も多いのではないのでしょうか?

今回は、大人の恋愛とはどのようなものかを具体的に見ていきましょう。

大人の恋愛の特徴


皆さん、恋愛はうまくいっていますか?

恋愛がうまくいかない原因としては、大人の恋愛をしきれていないようなところがあるからとも言われています。

確かに、若い頃の燃えるような情熱的な恋愛もいいでしょう。

だけど、そのようなエネルギーもいつまでも続くものではありません。

もし、アラサーやアラフォーになってもなかなか恋愛がうまくいかないということであれば、大人の恋愛の特徴を抑え、うまく恋するように心かけてみましょう。

そうしたら、恋愛特有の嫉妬や依存心などの苦しみに振り回されず純粋に出会い楽しむようなことができるようになります。

1.好きだから付き合う訳ではない

好きだから付き合うわけではないという言葉を見ると、「え?恋愛は好きだからこそ付き合うんでしょ!?」と思うかも知れませんね。

でも、意外にも好きでたまらない状態で付き合うと冷めるのも早い傾向にあります。

大人の恋愛は、「すごく好きだ」と言う状態で付き合ってからではなく、徐々に好きになっていくような恋愛感情を育てていくような感じにすると、冷静に距離感を保ちつつ、大人の恋愛が出来るようになります。

よく、結婚するならタイプではない男性と結婚したほうがうまくいくと言われていますよね。

それはなぜなのかと言うと、やはり好きで仕方のない状態と言うことになれば、おのずと執着心が出てきます。

執着心が出てくると、女性は男性を追いかけるような形になり、基本的に女性を追いかける方が燃える男性としてはだんだんと距離をおきたくなるのです。

男性が逃げ、女性が追いかけるような立場になるとなかなかねぇうまくいかなくなります。

ですので、恋愛関係では追いかける方が性に合っている男性の方が追いかけるような関係のほうがうまくいくことが多いです。

また、とても好きな状態であると、後になって落ち着いてくるといろいろな欠点が見えてくるものですか、初めから期待値が低いということもあり、「こんないいところがあるんだ!」と良い面に気づくことができる傾向にあります。

ですので、なんとなくフィーリングが合うということから恋愛が始まっていくのも大人の恋愛の特徴です。

2.好きになる前に惹かれる


大人の恋愛に発展しやすい関係としては、燃えるような恋愛感情を初めに抱くことではなく、だんだんと人間として惹かれていくようなところにあります。

ですので、そこから徐々に出会い関係に発展していったとすると、そこから穏やかな関係が始めることができるのです。

確かに燃える恋愛もいいのかもしれませんが落ち着いてゆっくりと人間関係を構築していく関係もまた魅力的です。

このような関係になると、熱しやすく冷めやすい状態ているわけではなく、徐々に温められている関係ですので、長続きする傾向にあります。

このような関係になれたら、結婚に発展する可能性も非常に高くなります。

フィーリング

やはり、徐々に友人等の人間関係をゆっくりと築いていき、そこから恋愛関係に発展していくような大人の恋愛でしたら、フィーリングが合うのは第一条件です。

このフィーリングから好きになる前に惹かれるような感情が起こります。

ただこのようなフィーリングが合うような人を見つけるというのは簡単ではないかもしれません。

ですが、自ら人間関係を広げる努力をすれば、自ずとそのような関係が築ける可能性も高くなります。

何か、習ってみたいなと思うようなカルチャーセンターはありませんか?
もしそのような習い事があれば、特に趣味の教室であればそれが好きな人が集まりますのでフィーリングが合う人が集まりやすいです。

もしくは、ゆくゆくは結婚を目指しているということであれば婚活サイトを使うのもありです。

ただ、オススメとしては無料のところ使うのではなく有料のところ使ったほうがいいです。

このようなところは個人間情報管理もしっかりとしていますし、もしもトラブルの時に介入してくれる可能性も高いからです。

やはり結婚の条件としてゆずれないところもあるので一概には言えませんが、どちらかと言うとバツイチの方も受け入れるような感じにすると、そこまでガツガツしていない人に巡り会える可能性も高く、穏やかな関係を築ける可能性が高くなります。

3.好きという言葉は使わない

大人の恋愛ともなると、そこまで好きと言う言葉を使わなくなります。

確かに若い頃や、燃えるような恋愛を体験していると言うことであれば、この言葉こそがすべてになります。

でも大人での恋愛であれば、そこまで言葉で確認を取らなくても確信が持てるようなところがあるのです。

大人の関係になりきれていないとやはり常に確認をしたがるところがあります。

それは言葉で確認しないと、安心できないようなところがあるのです。

その具体例としては、好きと言う言葉の他にも、誰か他の異性と話したら「あの人は誰?」と確認を取りたくなるのです。

確かに、大人の恋愛においても怪しい行動とればそのような確認したくなるのはわかりますが、安定した関係においてはそのような確認は基本的に不要なのです。

4.態度でも示さない

では言葉による確認がなくても大丈夫と言うことになれば、態度でしっかりとお互いの気持ちの確認が取り合えているのかと言うとそうでもありません。

大人の恋愛においては、一心同体というよりは一人ひとりが自立した関係を築けています。

ですので、そこまでベタベタするということもなく、落ち着いた雰囲気で恋愛を楽しむことができます。

また、執拗なまでの束縛もしませんし、価値観を自分に押し付けたり押し付けられることもありません。

言葉を使わないのはもちろんのこと、態度にも表さないなんてどのようにお互いの感情確認をしているのだろう?と思ってしまいますね。

でも、このような関係になるとそんな言葉や態度による確認も必要なくなると言うのです。

著者自身は結婚して12年を迎えますが、ようやくこの胸中になれた気がします。

5.雰囲気を匂わす

言葉も態度も使わないとなるとどのようにしてるのかと言うと雰囲気をにおわせるところがあるのです。

大人にもなるといろいろな経験をしますし、この雰囲気をにおわせる事もできるようになってくる傾向にあります。

ですので、雰囲気をにおわせつつお互いに関係を安定させているところがあるのです。

では、この雰囲気を匂わすというのはどのようにするのか気になりますね。

例えばですがこういう思いを冗談ぽく伝えるなどです。

そんなに改まってあれこれ言うと、お互いに緊張するものですが、冗談ぽくでもこういう事を匂わせることで、相手の女性を築くことができると言うのです。

そんな冗談ぽく言うと、冗談に捉えて何も気がついてくれないのではないかと思ってしまいますが、女性はその後に発言の真意を考えることになりますので、十分に思いが伝わると言うのです。

6.好きになるよりその気にさせる

大人の恋愛においては、相手にその気にさせるようなさりげないアピールも上手です。

先ほどのように冗談ぽく好意を伝えるようないろいろなやり方もいいですが、もしそれが難しければ、少々原始的な心理学の方法使ってみるのも良いでしょう。

それは、皆さんもご存知の方が多いと思いますが、吊り橋心理と言って、心臓のドキドキを恋愛と勘違いさせるようなやり方をするという方法です。

ただ、このドキドキの錯覚は長続きしません。

ですので、このドキドキしている期間をうまく利用して、関係を築きあげていきましょう。

たとえ、そのドキドキするような体験の前は恋愛関係に発展しなくてもいいのです。