皆さん、唐突ですが恋愛していますか?
皆さんの恋愛はどのような恋愛だと思いますか?いわゆる大人の恋愛をしているのでしょうか?それともそのような関係を目指しつつもなかなかうまくいかないこともいいかもしれませんね。

一口に大人の恋愛といても非常に良いイメージを持たれますが、そもそもこの大人の恋愛とは一体何なのでしょうか?

恋愛は楽しい一方で嫉妬や失恋の辛さなど、いろいろな辛さも一緒に3ことになります。

でも、確かにこのようなマイナスのところはあるものの、大人の恋愛になればそこまでのマイナス要素に縛られることなく恋愛を純粋に楽しむことができるようになります。

だからこそ、程良い距離感で大人の恋愛を楽しみたいものですよね。

では、そもそも大人の恋愛とはどんなものがなのでしょうか?

大人の恋愛ってどんなもの?

「大人の恋愛とは何?」と思いますね。

恋愛は先ほども触れたように楽しいことがある一方で、嫉妬などに振り回されたり、彼や彼女がいないと生きていけないと思うほどの強い依存心が出てくることもあります。

でも、大人の恋愛であればそこまで苦しい感情に縛られることなく、自立した大人同士の恋愛を楽しむことができるのです。

大人の恋愛と言うと、あまり感情出さず、別れが訪れても淡々としているような感じがしますね。

でも、大人の恋愛が必ずしもそうでわけではありません。

では、一口に大人の恋愛といっても様々な特徴があるのかというのは、意外にも知らない人も多いのではないのでしょうか?

今回は、大人の恋愛とはどのようなものかを具体的に見ていきましょう。

大人の恋愛の特徴


皆さん、恋愛はうまくいっていますか?

恋愛がうまくいかない原因としては、大人の恋愛をしきれていないようなところがあるからとも言われています。

確かに、若い頃の燃えるような情熱的な恋愛もいいでしょう。

だけど、そのようなエネルギーもいつまでも続くものではありません。

もし、アラサーやアラフォーになってもなかなか恋愛がうまくいかないということであれば、大人の恋愛の特徴を抑え、うまく恋するように心かけてみましょう。

そうしたら、恋愛特有の嫉妬や依存心などの苦しみに振り回されず純粋に出会い楽しむようなことができるようになります。

1.好きだから付き合う訳ではない

好きだから付き合うわけではないという言葉を見ると、「え?恋愛は好きだからこそ付き合うんでしょ!?」と思うかも知れませんね。

でも、意外にも好きでたまらない状態で付き合うと冷めるのも早い傾向にあります。

大人の恋愛は、「すごく好きだ」と言う状態で付き合ってからではなく、徐々に好きになっていくような恋愛感情を育てていくような感じにすると、冷静に距離感を保ちつつ、大人の恋愛が出来るようになります。

よく、結婚するならタイプではない男性と結婚したほうがうまくいくと言われていますよね。

それはなぜなのかと言うと、やはり好きで仕方のない状態と言うことになれば、おのずと執着心が出てきます。

執着心が出てくると、女性は男性を追いかけるような形になり、基本的に女性を追いかける方が燃える男性としてはだんだんと距離をおきたくなるのです。

男性が逃げ、女性が追いかけるような立場になるとなかなかねぇうまくいかなくなります。

ですので、恋愛関係では追いかける方が性に合っている男性の方が追いかけるような関係のほうがうまくいくことが多いです。

また、とても好きな状態であると、後になって落ち着いてくるといろいろな欠点が見えてくるものですか、初めから期待値が低いということもあり、「こんないいところがあるんだ!」と良い面に気づくことができる傾向にあります。

ですので、なんとなくフィーリングが合うということから恋愛が始まっていくのも大人の恋愛の特徴です。

2.好きになる前に惹かれる


大人の恋愛に発展しやすい関係としては、燃えるような恋愛感情を初めに抱くことではなく、だんだんと人間として惹かれていくようなところにあります。

ですので、そこから徐々に出会い関係に発展していったとすると、そこから穏やかな関係が始めることができるのです。

確かに燃える恋愛もいいのかもしれませんが落ち着いてゆっくりと人間関係を構築していく関係もまた魅力的です。

このような関係になると、熱しやすく冷めやすい状態ているわけではなく、徐々に温められている関係ですので、長続きする傾向にあります。

このような関係になれたら、結婚に発展する可能性も非常に高くなります。

フィーリング

やはり、徐々に友人等の人間関係をゆっくりと築いていき、そこから恋愛関係に発展していくような大人の恋愛でしたら、フィーリングが合うのは第一条件です。

このフィーリングから好きになる前に惹かれるような感情が起こります。

ただこのようなフィーリングが合うような人を見つけるというのは簡単ではないかもしれません。

ですが、自ら人間関係を広げる努力をすれば、自ずとそのような関係が築ける可能性も高くなります。

何か、習ってみたいなと思うようなカルチャーセンターはありませんか?

もしそのような習い事があれば、特に趣味の教室であればそれが好きな人が集まりますのでフィーリングが合う人が集まりやすいです。

もしくは、ゆくゆくは結婚を目指しているということであれば婚活サイトを使うのもありです。

ただ、オススメとしては無料のところ使うのではなく有料のところ使ったほうがいいです。

このようなところは個人間情報管理もしっかりとしていますし、もしもトラブルの時に介入してくれる可能性も高いからです。

やはり結婚の条件としてゆずれないところもあるので一概には言えませんが、どちらかと言うとバツイチの方も受け入れるような感じにすると、そこまでガツガツしていない人に巡り会える可能性も高く、穏やかな関係を築ける可能性が高くなります。

【フィーリングについては、こちらの記事もチェック!】

3.好きという言葉は使わない

大人の恋愛ともなると、そこまで好きと言う言葉を使わなくなります。

確かに若い頃や、燃えるような恋愛を体験していると言うことであれば、この言葉こそがすべてになります。

でも大人での恋愛であれば、そこまで言葉で確認を取らなくても確信が持てるようなところがあるのです。

大人の関係になりきれていないとやはり常に確認をしたがるところがあります。

それは言葉で確認しないと、安心できないようなところがあるのです。

その具体例としては、好きと言う言葉の他にも、誰か他の異性と話したら「あの人は誰?」と確認を取りたくなるのです。

確かに、大人の恋愛においても怪しい行動とればそのような確認したくなるのはわかりますが、安定した関係においてはそのような確認は基本的に不要なのです。

4.態度でも示さない

では言葉による確認がなくても大丈夫と言うことになれば、態度でしっかりとお互いの気持ちの確認が取り合えているのかと言うとそうでもありません。

大人の恋愛においては、一心同体というよりは一人ひとりが自立した関係を築けています。

ですので、そこまでベタベタするということもなく、落ち着いた雰囲気で恋愛を楽しむことができます。

また、執拗なまでの束縛もしませんし、価値観を自分に押し付けたり押し付けられることもありません。

言葉を使わないのはもちろんのこと、態度にも表さないなんてどのようにお互いの感情確認をしているのだろう?と思ってしまいますね。

でも、このような関係になるとそんな言葉や態度による確認も必要なくなると言うのです。

著者自身は結婚して12年を迎えますが、ようやくこの胸中になれた気がします。

5.雰囲気を匂わす

言葉も態度も使わないとなるとどのようにしてるのかと言うと雰囲気をにおわせるところがあるのです。

大人にもなるといろいろな経験をしますし、この雰囲気をにおわせる事もできるようになってくる傾向にあります。

ですので、雰囲気をにおわせつつお互いに関係を安定させているところがあるのです。

では、この雰囲気を匂わすというのはどのようにするのか気になりますね。

例えばですがこういう思いを冗談ぽく伝えるなどです。

そんなに改まってあれこれ言うと、お互いに緊張するものですが、冗談ぽくでもこういう事を匂わせることで、相手の女性を築くことができると言うのです。

そんな冗談ぽく言うと、冗談に捉えて何も気がついてくれないのではないかと思ってしまいますが、女性はその後に発言の真意を考えることになりますので、十分に思いが伝わると言うのです。

6.好きになるよりその気にさせる

大人の恋愛においては、相手にその気にさせるようなさりげないアピールも上手です。

先ほどのように冗談ぽく好意を伝えるようないろいろなやり方もいいですが、もしそれが難しければ、少々原始的な心理学の方法使ってみるのも良いでしょう。

それは、皆さんもご存知の方が多いと思いますが、吊り橋心理と言って、心臓のドキドキを恋愛と勘違いさせるようなやり方をするという方法です。

ただ、このドキドキの錯覚は長続きしません。

ですので、このドキドキしている期間をうまく利用して、関係を築きあげていきましょう。

たとえ、そのドキドキするような体験の前は恋愛関係に発展しなくてもいいのです。

むしろ興味がないと言う相手でも、そのような心理学を用いて、後は自分がうまくアピールすることでうまく恋愛関係に発展させることができるかもしれません。

7.微妙な距離感を大切にする

恋愛関係は、依存しすぎてもうまくいきません。

とても恋愛関係が順調で楽しい時期であれば、束縛であっても、それほどに自分のことが好きなんだと思いますが、だんだんと落ち着いてくるにつれ、だんだんとうっとうしくなってきます。

たとえ恋愛関係においても距離が近すぎてもうまくいかないのです。

また、距離が遠すぎて無関心になっても危険です。

浮気をしてもなんともない感じもまた恋愛が長続きしません。

ですので、恋愛関係においては、付かず離れず大切なのです。

このような微妙な凝り距離感を保ち続けるのは大変かもしれません。

でもそこが大人恋愛の楽しさでもあります。

ですので、このような関係をうまく維持する方法を考えていくことが大切です。

近過ぎず、遠過ぎず

先ほども触れたように近づいてもうまくいきませんし、遠すぎてもうまくいきません。

ですので、ついつい嫉妬してしまったりして、相手との距離が近すぎる方は、なるべくその距離を詰めないようにしましょう。

女性であれば、もし放置してしまえば彼からの連絡は来ないかも!と焦っているのであれば、いっそのこと自分から返信しないなど、時に冷たくあしらうことも必要です。

それはなぜなのかと言うと、先ほども触れたように、男性は基本的に女性を追いかけた人が多いです。

ですので、女性の方がどんどんと近づいてきてくれているのであれば、「この人は自分から離れない」と安心してしまって、興味がなくなってしまうのです。

ですので、自分ばかりが連絡していると思うのであれば、いっそのこと連絡をしないなど所々冷たくあしらってみましょう。

そうすることで、男性は、「あれ?」と思い、あなたに興味を抱く可能性が高いです。

また遠すぎてもうまくいきません。

恋愛において、遠距離恋愛がうまくいかないのはこの距離感にあります。

ですので、無関心も大変危険です。

8.言葉の駆け引き

大人の恋愛においては、やはり言葉の駆け引きと言うと重要なのではないかと思いますがいろいろ調べていくと、案外そこまで言葉の駆け引きも必要ないと言うのです。

駆け引きは、基本的に自己防衛と言うようなところがあり、あまり相手のことを思っていないと言うような一面もあります。

ですので、そのような駆け引きで手に入れた恋愛も長続きしないと言われています。

恋愛においてはそうかもしれないので、その関係を続けていくにはことで、駆け引きが必要になるということになると、その関係は続かない可能性があるようです。

もちろん、全く駆け引きが必要ないわけではありません。

先ほども少々触れたように男性から冷たくあしらわれるのであれば、女性も1歩引いてみるなどのちょっとした駆け引きが必要なこともあります。

でも、駆け引きばかりですがお互いの本心が分からないということであればそのような駆け引きはやめ、純粋な大人の恋愛を楽しむようにしましょう。

第一印象から勝負は開始

やはり恋愛関係に発展する時において、第一印象は大変大切です。

ですので、第一印象が良いに越した事は無いのです。

ただ、第一印象が悪かったからといって諦める必要はありません。

第一印象が悪いと言う事は、どちらかと言うとマイナスからのスタートですので、色々と知っていくうちに、「こんないいところがあったんだ。」と気づくような可能性もあり、そこから恋愛関係に発展することがあります。

ただ、好きの反対は嫌いではなく無関心だと言うような言葉がありますよね。

第一印象が特にない人は諦めないといけないのかと言うと、それもそうでもありません。

意外と色々な人の馴れ初めを聞いていくと、第一印象は特に印象に残っていないところからスタートする恋もまたあります。

このようなことからすでについてしまって第一印象について悲観することはありません。

でも、この第一印象で勝負できる時であれば、その印象は良いほうにしたほうがより恋愛関係に発展しやすいのは言うまでもありません。

9.胸のドキドキは表情に出す

大人の恋愛と言うと、言葉にも態度にも出さないと言うことで、クールにしないといけないと言うとそうでもありません。

やはり、初めて会った時と言うのは全く無表情であると、その感情読み取ることができず、どのように接したらいいか分からなくなってしまいます。

言葉にも態度にも出さないのは、ある程度関係が安定してからになりそうです。

ですので、会って間がない場段階であればある程度、表情に出すことが大切です。

よく女性は、男性から好きだ好きだと言われると、だんだんと自分がその気になることを言われます。

ですので、しっかりと態度に出してアピールすると、だんだんと、「あ、私、この人のことが好きかも…。」となるかもしれません。

ですので表情は惜しみなく出しましょう。

出し惜しみは損

態度にも出さず、雰囲気でお互いのことを認め合うというのはある程度関係が進んでからです。

ですので、そのような時々の表情は出し惜しみをしないようにしましょう。

ただ、大人の恋愛になると、言葉で執拗にアピールするという事はなくなってきます。

周りの雰囲気からしても、そのようなアピールの仕方というのはしにくくなってくるのではないのでしょうか?

態度はもちろんですが、趣味の話をするなどして、お互いの共通点を探し、そのような楽しい話で盛り上がるようにしつつ、関係をせずに築いていくようにしましょう。

もしかしたら、運命の人に出会えるかもしれませんよ。

恥ずかしがるくらいがベスト

大人の恋愛となると、スムーズに、全く恥ずかしがることなくアピールできるのかというとそうでもない人も多いのではないのでしょうか?

異性と接するのは、そこまでスマートにできないから自分は大人の恋愛無理と言えばそうでもありません。

意外と、大人の恋愛においても少々恥ずかしがる位がベストだと言われています。

大人にもなると、そこまでストレートに感情出すということもなくなってきます。

恋愛の激しさがないことから、だんだんと穏やかな関係が築けるようになっていくのです。

ですので、大人の恋愛だから恥ずかしがらず、スムーズにアピールできないといけないと思ってしまいますが必ずしもそうではありませんので、臆することなくどんどんと徐々に恋愛関係に発展させるアピールしていきましょう。

デートに誘うには?

では、大人の恋愛において、どのようなデートの誘い方をしたらよいのでしょうか?
やはり、どんなに遊び人であっても、初めての告白は少々ひるむところがあります。

告白の前なのか後なのかにもよりますが、告白の前と言うことであれば非常に緊張しますね。

そこは、ぜひともうまくしたいものです。

では、大人の恋愛において、そのデートに誘う方法としてはどのようなものがあるのでしょうか?

また、やはり中には一度は断られてしまうようなこともあります。

断られてしまったときの対処方法など大人の恋愛において、どのような方法でデートに誘ったらいいのかと言うのを見ていきましょう。

【デートの誘い方については、こちらの記事もチェック!】

デートという言葉は禁句

ここで大切なのは、「デート」と言うような言葉を使わないようにしましょう。

お互いに好意を持っているということがはっきりとわかれば大丈夫ですが、付き合う前の人にこの言葉を使うと相手は身構えてしまいます。

ですので、初めは友達感覚でアピールするということが大切です。

「デート」と言う言葉を使わず、「ちょっと一緒に出かけない?」とか「一緒にご飯食べようよ」的な言葉に置き換えて相手を誘うことによって、「それなら行ってもいいかな?」と思うような誘い方をするようにすることが大切です。

どちらかというと、男女のカップルではないと行きにくいようなところではなく、友達同士でもいけるような気楽なレジャーに誘うようにすることが大切です。

食事がベストですが、そうではなくても短時間で終わるような人の方が、より身構えることなくオーケーしてくれる可能性が上がります。

誘うのは「食事」

ともにおいしいものを食べるという行為は、お互いの親密度を増します。

そして、基本的に食べ物を食べない人はいませんので、食事のほうが無難と言うのもあります。

例えばですが、スポーツとなるとスポーツがどうしても苦手と言うな人もいますし、カラオケでは歌が歌うのが嫌いと言う人もいます。

そのようなことから、食事以外と言うと結構当たり外れがありますが、食事でしたらそこまで外れる可能性はありません。

ただ、できる事でしたら共通の知り合いの方がいたら好き嫌いなどもはっきりと聞いておいた方が良いです。

気楽に話せるような関係でしたら、食事の好き嫌いもさりげなくリサーチしておくとより確実でしょう。

食事も、基本的に食べる料理にもよりますが短時間で済む程度になりますので、あまり気構えることなく素直に参加してもいいかな?と思えるようなデートの1つです。

断られても諦めない

初めは、食事やちょっとしたレジャーなど短時間のデートから始めるのがベストですが、そのような誘いも断られてしまうことがあります。

でも、1回で断られても諦めてはいけません。

本当に都合が悪かったと言う可能性もあります。

ですので断られたから、縁がないって言うわけではありません。

結婚した人の話によると、結構断られても諦めずに何度も誘っていることが多いです。

初めは「しつこくて嫌だ!」と思っていたけど、連絡がぱったりと読んだら寂しくなってついつい連絡をしてしまったと言うような女の人もいます。

ですので、断られても諦めず、何度か誘ってみるといいです。

よく、社交辞令だと思って、誘うのを諦めるのは人によって基準が違いますが3回ぐらい誘ってから断られたら「また都合の良い日を連ら良くして!」と引くと言うような人が多いようです。

ですので、そのような方法採用してみるのも良いでしょう。

たいがいはNOから始まる

願いが成就して結婚した人の話を聞くと、案外みんな初めは断られています。

大概は脳から始まるといっても過言ではありません。

でも、そこでめげずにアピールできた人が、ゆくゆくは結構へとつながっていることがあります。

断られると、ついつい自分が嫌がられているのではないか?と不安になってしまうかもしれません。

でも、案外、嫌がっていることではなく本当に都合が悪かったということや、いきなり2人きりになるということにちょっと抵抗感じたと言うようなことで、そこまで嫌われてないというケースもあります。

ただ、引くタイミングっていうのも大切なのかなと思ってしまいますよね。

そのような時は先ほども言ったように、3回誘って3回とも断られたときにまた考えましょう。

ただ、このケースも、親族の方の介護があったりするなど、何かの事情で長期間遊びに行けないようなこともあります。

ですので、なぜノーと言うのかも視野に入るましょう。

1回目は時間を気にしてOK

さて、無事にデートに行行つけられたら、次に気になるのはデートの時間です。

元は時間を気にしましょう。

そこで約束の時間には帰れると言うことを誠実さを見せましょう。

やはり、女性は夜遅くまでと言うような事はあまりしない子が良いです。

ですので、時間を気にし、きちんと誠実に家に送り届けてあげるようにしましょう。

時計ばかりをチラチラ見るっていうの考えものですが、やはり、タイミングを見て時間を見ることが大切です。

2回目は雰囲気を読んで…

2回目以降は、そこまで時間を気にすることなく、雰囲気を読んでどうするかを決めましょう。

未成年と言うことであれば、やはり早めに家に帰してあげることが大切ですが、大人の恋愛に関してはどちらかと言うとアラサーやアラフォー以降の方も多いことかと思いますので、そこまで時間を気にする必要はありません。

相手の方が帰りたくなさそうということであれば、もっと一緒にいてもいいでしょう。

ですが明日は仕事であったり、疲れている様子であれば早めに切り上げることも大切かもしれません。

この雰囲気を読むのは難しいかもしれませんが、そこをうまく制することによって大人の恋愛がうまく発展していきます。

恋愛に臆病な人は

さて大人の恋愛と思ってもなかなか1歩が踏み出せないような人もいるかもしれません。

やはり恋愛に臆病な人というのはいます。

では、そのような恋愛に臆病な人が大人の恋愛に発展させるにはどのようにしたらよいのでしょうか。

意外と、大人の恋愛に発展させる方法もそこまで難しくなかったりします。

ではその特徴を一つ一つ見ていきましょう。

成功よりも失敗の記憶が大きい

なぜ恋愛に臆病になってしまったのでしょうか?

それは、どちらかと言うと成功より失敗の記憶の方が大きく、次のこのような失敗したらどうしよう?と思ってしまうからです。

そのような時は恋愛をして成功したことを思い描くようにしましょう。

数々の恋愛をしてきたのでしたら、成功した経験だってあるのではないのでしょうか?
もし例に失敗してばっかりのであれば、どのような点で失敗してしまったのかということを分析して、その逆の方法すれば失敗しない可能性の方が高いのです。

確かに、傷つくのは怖いですし勇気が要ります。

でも、その勇気を出す先に恋愛の幸せがあります。

ですので、勇気を出して一方踏み出してみませんか?

話し上手よりも聞き上手

やはり恋愛するにおいては、うまく話ができないと!と焦っている人もいるかもしれません。

でもそれは思い違いです。

どちらかと言うと人間は話した人の方が多いのです。

ですので聞き上手に徹することによって、相手に気持ちよく話してもらうことができ、良い印象を抱いてもらうことができます。

ですので、相槌はもちろんのことですが、もし相手の話を聞き出したいのであれば、なるべく共感することが大切です。

例えばですが、「それは大変だったね。」「辛かったんだね。」と言うように相手の気持ちを代弁してもらうことで、「話を聞いてもらえた!」と思うようなことができます。

ですので話が苦手だと思う人はうまく話を聞き出す方法を考えていき、うまく相手に話を引き出せるようにしましょう。

【聞き上手になるには、こちらの記事もチェック!】

信頼感から

大人の恋愛において、信頼感は大変大切です。

やはり信頼があるからこそ、言葉や態度に出さなくても安定した関係が気づくことができるのです。

もし、恋愛に臆病になっているのであれば、誠実な態度を心がけましょう。

「この人なら間違いない。」と思えば、そこから徐々に恋愛関係が生まれていくことがあります。

逆を言えば、「この人はいつか浮気をしてしまうのではないか?」とか「秘密をペラペラと喋ってしまうのではないか?」と思うとその人との信頼関係を乱すことができず、恋愛関係はおろか友人関係も築けなくなっていきます。

ですので、そのような不信感を抱かせるような行動せず誠実に生きていくことで、ゆくゆくは大人の恋愛を手に入れることもできるかもしれません。

強引さはNG

確かに、1回断られても諦めずにアピールするということが大切です。

ですが強引な態度はよくありません。

相手の意思を確認しないようなやり方は、その相手との信頼関係などを奪います。

確かに、ちょっと強引な人が好きと言う女の人もいるかもしれませんが、そのような人はどちらかと言うとドキドキした激しい恋愛を求めている人が多いです。

ですので、大人の恋愛関係を築きたいのであれば強引にするのではなく、相手にその気にさせ、徐々にアピールしていくような態度をとることが大切です。

ただ、どちらかと言うと恋愛に対して臆病な人であれば、その強引な態度で接することはあまりないかもしれませんね。

声をかけられたい女性

最近は女性も積極的にアピールできるようになってきた人も多いですが、まだまだちらかと言うと恋愛は男性にリードしてほしい人も多いです。

ですので、自分からアピールせずに声をかけられるのを待っている女性もいます。

ではそのような声をかけられたい女性はどのような心理でいるのかや、どのような場所にいるのかを見ていきましょう。

またそのような声をかけられた女性に声をかければ非常に脈があるということです。

ですので口説き方も一緒に見ていきましょう。

心境

基本的に女性は自分からアピールすると言うよりかは自分の気持ちを察してほしいと思っている人が多いです。

ですので、その心をうまくつかむことができれば彼女が出来るようなチャンスがあります。

やはり、女性は男性に求められたいという気持ちが強いです。

ですので、彼女が欲しいと言う人は、そのような声をかけられたい女性の気持ちを上手にさしてうまくアプローチをしていくことでその彼女をゲットするチャンスが出てくるのです。

どんな場所にいるか

大人の恋愛を望む女性がどんなところにいるのかにもよりますが、多くはカルチャーセンターなどでは無いのでしょうか?

例えばバーのナンパ箱と言われるような場所もありますが、落ち着いた関係を望んでいる方にとってはそのようなところに行くのはハードルが高いものがあります。

落ち着いた関係を築きたい人でしたら、自分が好きなものにのサークルに入ってみると良いでしょう。

やはり共通項がある人とは仲良くなりやすく、趣味を楽しむ一方で出会いを探していることもあります。

こちらも可能性の話ですが、明らかに男性の人が多いような趣味にも関わらず、女性がほぼ紅一点状態で参加しており、しかもその趣味についてあまり上達している様子がないのであれば、異性との出会いを求めて入っている可能性が高いです。

口説き方

基本的に女性は男性から大切にされたい気持ちがあります。

それは本能に基づいた気持ちですので、自分がサバサバしていると言うような女の人でもそのような気持ちはあります。

ですので、どれぐらい自分のことを大切にしているかや、どれくらい本気なのかということがわかるかをアピールすることが大切です。

確かに、そこまで必死にする必要は無いのかもしれませんが、やはり大人の関係につながるためにはそこそこのアピールもないと、さすがにその心理がわかりません。

ですので、初めのうちは態度等でしっかりとアピールをしましょう。

大人の恋愛とは

大人の恋愛とは、嫉妬等のマイナスの感情に振り回されることなく、落ち着いた関係を築けるようなことを言います。

確かに初めからそのような胸中になるのは難しいかもしれません。

でも友人から初めて行って関係を温めて行き、そこから徐々に発展した関係であればそのような安定した関係につながりやすいです。