CoCoSiA(ココシア)

ダサい人の25個の特徴。こんな性格、言動は女も男もダサく見える


ダサい人は、自分ではダサいことに気付いていないことが多いです。

本人は格好いいつもりでやっていることや服装、言動などが、周りから見たら「ダサい人」と思われているかもしれません。

あなたは自分のことを、ダサいと思いますか?それとも、ダサくないと思いますか?自分では分からない!という人のために、ダサい人に共通する25個の特徴をご紹介していきます。

ダサい人になりたくない人必見!

あなたは、どんな人が「ダサい」と思いますか?服装がダサいと感じる人、言動がダサいと感じる人、またはやっていることがダサいと感じる人など、一口に「ダサい」とは言っても、そう感じる理由はさまざまです。

あなたから見て誰かを「ダサいなぁ」と思うように、人はそれぞれの価値観で相手のことを「ダサい」と感じています。

人からダサいと思われたくない!と思う人は、ぜひこの機会に自分がダサいか、ダサくないかを確認していきましょう。

1. あなたの周りのダサい人を想い浮かべてみよう


あなたの周りに、ダサいと感じる人はいますか?例えば野暮ったい服装をしていたり、オシャレを勘違いした格好をしていたり、または本人は格好つけているつもりでも、言っていることとやっていることが矛盾してダサいと感じる人など、周囲を見渡してみれば、恐らくあなたの周りに一人はダサい人がいることでしょう。

あなただけがそう感じることもあれば、周りの誰が見ても明らかにダサいと思われる人もいるでしょう。

周りからダサいと噂される人は、果たしてそれを自覚しているのでしょうか?こそこそと人目を気にしていれば、自覚しているかもしれません。

しかし、堂々とダサい言動や格好で動き回っている人は、無自覚な可能性が高いでしょう。

2. 「ダサい」の定義とは?

「ダサい」の定義は何でしょうか?辞書では「野暮ったい人」や「田舎臭い人」などを、ダサい人と定義しています。

つまりは、野暮ったくてあか抜けない人のことを、ダサいと言っているようです。

その定義の通り、ダサいという言葉は基本的に服装を指して言うことが多いです。

例えば派手やカラフルなシャツをズボンにインして、上からベストを着るでもなくそのままの格好をしていたり、統一感のない色合いの服で全身をコーディネートしていたりと、誰が見ても「ちょっと・・・」という印象の人は、ダサいことが多いです。

また、辞書の定義にはありませんが、言動や行動に対してもダサいという表現を使うことも多いです。

3. 反面教師を見つけよう

自分がダサくはなりたくない!と思ったら、ダサい人を見つけて、その人をすみずみまで観察しましょう。

そして、その人を反面教師にして、その人のようにはならないように気を付けることによって、ダサくなるのを防ぐことが出来ます。

お洒落な人の真似をするのは難しくても、ダサい人の真似をしないようにするのは比較的簡単です。

服装のコーディネートの仕方や言動などを注意深く観察して、その人と同じようにならないよう努めましょう。

ダサい人の25個の特徴


ダサい人には、どんな特徴があるのでしょうか?人によってダサいと感じる感覚は違ってきますが、誰が見てもダサいと思える人の場合は、ある程度の共通点が見られます。

ダサい人に共通する特徴を以下にご紹介していきますので、自分がそれに当てはまっていないか確認してみましょう。

1. ファッションセンスが悪い意味で独特

ダサい人は、ファッションセンスが悪い意味で独特です。

また、まったくファッションに関心を払わず、適当な服装でいる人も周りから見ればダサいと思われていることがあります。

前者の場合には、雑誌をまったく見ずにオリジナルのファッションに身を包むことが多いです。

また、仮にファッション雑誌をチェックしていても、そこに自分なりのアレンジを加えてしまうため、結果的にその人独特のファッションになります。

オリジナルファッションでも、センスさえあればダサくはなりません。

しかし、ダサくなってしまう人では、自分なりに「ファッションに力を入れている」という自信があるため、周りから見たらダサいと感じるファッションでも、本人は「かっこいい!」と思い込んでいることが多いです。

一方で、後者の場合はファッションそのものに対する興味がまったくないため、雑誌なども見ず、家にある服を適当に着て満足していることが多いです。

そのため、例え周りからダサいと言われても、本人はあまりそれを気にしないか、気になってもそこから努力しようという気持ちにはなりません。

2. 髪の毛をきちんと手入れしていない

どんなにファッションセンスがあり、服装がおしゃれでも、髪型が整っていなければダサく見えてしまいます。

雑誌に載っているモデルや、街中のおしゃれな人の写真を見れば、服装のみでなく髪型にも必ず気を遣っていることが分かります。

一見ぼさっとして適当に見える髪型でも、ぼさっと見えるようにわざわざワックスで固めていたり、くせ毛を作っていたりします。

そして、必ず服装と髪型が合うように工夫されています。

ダサい人は、そんなふうに服装と合った髪型を作ることはせず、髪の毛の手入れもきちんとしていないことが多いです。

きちんと髪の毛の手入れがされていないと、ダサいだけでなく不衛生な印象を周りに与えてしまいます。

3. 安っぽい服ばかり着ている

安っぽい服ばかり着ている人は、例えファッションセンスが悪くなくてもどこかダサく見えてしまいます。