ダサい人は、自分ではダサいことに気付いていないことが多いです。

本人は格好いいつもりでやっていることや服装、言動などが、周りから見たら「ダサい人」と思われているかもしれません。

あなたは自分のことを、ダサいと思いますか?それとも、ダサくないと思いますか?自分では分からない!という人のために、ダサい人に共通する25個の特徴をご紹介していきます。

ダサい人になりたくない人必見!

あなたは、どんな人が「ダサい」と思いますか?服装がダサいと感じる人、言動がダサいと感じる人、またはやっていることがダサいと感じる人など、一口に「ダサい」とは言っても、そう感じる理由はさまざまです。

あなたから見て誰かを「ダサいなぁ」と思うように、人はそれぞれの価値観で相手のことを「ダサい」と感じています。

人からダサいと思われたくない!と思う人は、ぜひこの機会に自分がダサいか、ダサくないかを確認していきましょう。

1. あなたの周りのダサい人を想い浮かべてみよう


あなたの周りに、ダサいと感じる人はいますか?例えば野暮ったい服装をしていたり、オシャレを勘違いした格好をしていたり、または本人は格好つけているつもりでも、言っていることとやっていることが矛盾してダサいと感じる人など、周囲を見渡してみれば、恐らくあなたの周りに一人はダサい人がいることでしょう。

あなただけがそう感じることもあれば、周りの誰が見ても明らかにダサいと思われる人もいるでしょう。

周りからダサいと噂される人は、果たしてそれを自覚しているのでしょうか?こそこそと人目を気にしていれば、自覚しているかもしれません。

しかし、堂々とダサい言動や格好で動き回っている人は、無自覚な可能性が高いでしょう。

2. 「ダサい」の定義とは?

「ダサい」の定義は何でしょうか?辞書では「野暮ったい人」や「田舎臭い人」などを、ダサい人と定義しています。

つまりは、野暮ったくてあか抜けない人のことを、ダサいと言っているようです。

その定義の通り、ダサいという言葉は基本的に服装を指して言うことが多いです。

例えば派手やカラフルなシャツをズボンにインして、上からベストを着るでもなくそのままの格好をしていたり、統一感のない色合いの服で全身をコーディネートしていたりと、誰が見ても「ちょっと・・・」という印象の人は、ダサいことが多いです。

また、辞書の定義にはありませんが、言動や行動に対してもダサいという表現を使うことも多いです。

3. 反面教師を見つけよう

自分がダサくはなりたくない!と思ったら、ダサい人を見つけて、その人をすみずみまで観察しましょう。

そして、その人を反面教師にして、その人のようにはならないように気を付けることによって、ダサくなるのを防ぐことが出来ます。

お洒落な人の真似をするのは難しくても、ダサい人の真似をしないようにするのは比較的簡単です。

服装のコーディネートの仕方や言動などを注意深く観察して、その人と同じようにならないよう努めましょう。

ダサい人の25個の特徴


ダサい人には、どんな特徴があるのでしょうか?人によってダサいと感じる感覚は違ってきますが、誰が見てもダサいと思える人の場合は、ある程度の共通点が見られます。

ダサい人に共通する特徴を以下にご紹介していきますので、自分がそれに当てはまっていないか確認してみましょう。

1. ファッションセンスが悪い意味で独特

ダサい人は、ファッションセンスが悪い意味で独特です。

また、まったくファッションに関心を払わず、適当な服装でいる人も周りから見ればダサいと思われていることがあります。

前者の場合には、雑誌をまったく見ずにオリジナルのファッションに身を包むことが多いです。

また、仮にファッション雑誌をチェックしていても、そこに自分なりのアレンジを加えてしまうため、結果的にその人独特のファッションになります。

オリジナルファッションでも、センスさえあればダサくはなりません。

しかし、ダサくなってしまう人では、自分なりに「ファッションに力を入れている」という自信があるため、周りから見たらダサいと感じるファッションでも、本人は「かっこいい!」と思い込んでいることが多いです。

一方で、後者の場合はファッションそのものに対する興味がまったくないため、雑誌なども見ず、家にある服を適当に着て満足していることが多いです。

そのため、例え周りからダサいと言われても、本人はあまりそれを気にしないか、気になってもそこから努力しようという気持ちにはなりません。

2. 髪の毛をきちんと手入れしていない

どんなにファッションセンスがあり、服装がおしゃれでも、髪型が整っていなければダサく見えてしまいます。

雑誌に載っているモデルや、街中のおしゃれな人の写真を見れば、服装のみでなく髪型にも必ず気を遣っていることが分かります。

一見ぼさっとして適当に見える髪型でも、ぼさっと見えるようにわざわざワックスで固めていたり、くせ毛を作っていたりします。

そして、必ず服装と髪型が合うように工夫されています。

ダサい人は、そんなふうに服装と合った髪型を作ることはせず、髪の毛の手入れもきちんとしていないことが多いです。

きちんと髪の毛の手入れがされていないと、ダサいだけでなく不衛生な印象を周りに与えてしまいます。

3. 安っぽい服ばかり着ている

安っぽい服ばかり着ている人は、例えファッションセンスが悪くなくてもどこかダサく見えてしまいます。

手頃な値段でおしゃれなデザインの服を購入することはとても賢いですが、安い服を買う時には多少の注意が必要です。

ユニクロやしまむらなど、値段の割にシンプルでおしゃれな服はたくさんありますが、買った服の組み合わせに気をつけなければ、「いつも安っぽい服ばかり着てダサい人」と周りからは思われてしまいます。

安く買った服でもおしゃれに着こなしたければ、「どうすれば安っぽい服装に見えないか」ということに気をつけて、服の組み合わせを工夫しなければなりません。

しかし、ダサい人ではそういった工夫をしていないため、いかにも安っぽく見えてしまうのです。

4. 全身ブランドも逆にダサい

安っぽい服はダサく、全身ブランドなら良いかというと、そういうわけではありません。

全身をブランドもので着飾ることは、ある意味安い服でコーディネートするよりも難しく、よりファッションセンスを問われます。

服からアクセサリーまで、すべてをブランドもので固めると、ゴテゴテとした印象になりおしゃれどころか逆にダサく見えてしまいます。

また、あまりにブランドものの主張が激しいと、人によっては下品にも見えますし、周囲に対する嫌味に受け取られてしまうこともあります。

全身をブランド品で統一するのであれば、使うブランドも一種類で統一感を出すなり、シンプルな素材のものを選ぶなど、スマートに着こなせるような工夫をする必要があります。

しかし、それが出来ない人の場合は、「とにかくブランド品を身につけていればおしゃれだし高級感が出る」と勘違いしていることが少なくありません。

せっかく質の良いものを身につけているのに、それを台無しにしてしまっては、ブランド品も泣いていることでしょう。

5. 自分自身を客観的に見ることが出来ない

ダサい人は、自分自身を客観的に見ることが出来ません。

自分を客観的に見ることが出来る人は、周囲の空気を読んだり、場に合った行動を取ったりすることが出来ます。

また、服装のセンスも、「このファッションだと周りからはどう見えるか」ということを常に意識しているため、おかしな服装には決してなりません。

しかし、客観的な見方が出来ない人では、「自分が良ければそれでいい」と思っていることが多いです。

そのため、自分のファッションが周りからどう思われていようがお構いなしの人や、または周りからの冷たい視線を羨望の視線と勘違いしている人も中にはいます。

客観的に物事を見ることが出来ない人は、ファッションセンスもそうですが、性格の面でもダサいと思われるようなことが少なくありません。

6. 地味過ぎる

地味とシンプルとでは、まったく意味が異なります。

シンプルというのは、あれこれと飾らずにスマートにしたり、落ち着いた意味合いがあり、言葉自体は良い意味として用いられることが多いです。

一方で、地味という言葉はとにかく目立たず、暗い印象を与えます。

そのため、言葉自体もあまり良い意味で用いられることはありません。

ファッションの場面でも、「あの人はシンプルで落ち着いた服装だね」という言葉と、「あの人の服装は地味だね」という言葉では、かなり好感度が変わってきます。

シンプルなファッションの人は、決してダサくはありません。

どんなに悪く表現しても、せいぜい「無難」です。

しかし、地味なファッションの人は、ダサいことが多いです。

自分で地味だと自覚している人もいれば、地味をシンプルと下手に勘違いしている人もいます。

7. 年相応の服装をせず年齢不詳に見える

ファッションにおいては、年相応の服装をしない人もダサいと判断されることが多いです。

まだ10代なのに30代の女性の服装を真似してみても、周りから見ればいかにも「背伸びをしてちぐはぐな格好」に見られてしまいます。

また、40代なのに10代の子のような服装をしている人では、「ダサい」を通り越して「痛い」と周りからは思われてしまいます。

子どもでも大人っぽい雰囲気の人であれば、多少は背伸びをした服装をしても良いでしょう。

しかし、それで年齢不詳に見えてしまうと、どうしても実年齢との差が違和感となり、それが雰囲気として出てしまうため、着こなし方によってはダサく見えてしまいます。

また、いい歳をしているのに若者の格好にこだわる人は、その分気持ちが若い人が多いです。

しかし、気持ちと外見とは必ずしも比例するものではありません。

どれだけ精神年齢は20代のつもりでも、外見が40代では若者の格好をするのには無理があります。

しかし、本人は「似合っている」と自信満々か、「まだいける」と思い込んでいる可能性が高いため、なかなか服装が改善されることはありません。

ファッションは多くが自己満足ですが、周りに不快感を与えるセンスだと、周囲との人間関係にも悪影響が出てくるおそれがあります。

8. 方向音痴である

方向音痴とダサいとは、一見何の関係もないように思えます。

しかし、主に男性においては、大事な場面で方向音痴を発揮してしまうと、女性からダサいと思われてしまうことがあります。

例えばデートの際に、基本的には男性がリードすると思います。

あらかじめランチやディナーのお店をチェックして予約しておいたまでは良いものの、お店までの道のりで迷ってしまい、女性を連れて右往左往してしまうと、女性は「この人大丈夫?」と不安に感じてしまいます。

また、最近ではスマホのナビの機能も充実していますが、せっかくのデートでナビを片手に目的地まで案内するような男性は、女性からすればダサく見えてしまいます。

それがダサいことだとよく分かっている男性は、例え方向音痴でも、当日までに一通りデートのシミュレーションをして、お店の場所なども完璧にエスコート出来るように努力します。

しかし、それをせずにぶっつけ本番で道に迷いながら女性を連れ歩く男性は、「ダサい」の一言に尽きてしまうでしょう。

9. 好き嫌いが多過ぎる

好き嫌いがあまりに多過ぎる人も周りからはダサく見えてしまいます。

例えば会社の飲み会や仕事の付き合いでの食事の席で、「あれは食べられません、これもダメです」などと好き嫌いが激しすぎると、その場の空気も悪くなりますし、周囲がどれなら食べられるのかと気を遣う羽目になります。

また、取引先の上役の人と食事をする際に好き嫌いをしていると、最悪今後の仕事の取引にも影響が出てしまうことだってあります。

また、デートの際などには、女性の好き嫌いは男性にはわがままに映りますが、男性の好き嫌いは女性から見るとダサく思えてしまいます。

あれもこれもと好き嫌いをしている姿は、いかにもみみっちく、人間的にも器が小さく見えてしまいます。

ダサい人は、自分が周りからそう見られていることに気付いていないため、いつも自分の好き嫌いを優先させてしまうのです。

10. 軽過ぎる言動

言動があまりに軽過ぎる人は、「おちゃらけている」を通り越してダサいと思われてしまいます。

日頃から適当なことを言って物事を真剣に考えなかったり、ヘラヘラといい加減な態度で人と接したりしている人は、近くにいる人を不快にさせ、遠巻きにいる人からは「ダサいやつ」と思われてしまっています。

本当に物事を適当に考えているのか、それとも本心を隠すためにヘラヘラしているのかは本人にしか分かりませんが、誰が見ても頼りなく、ふざけていて軽々しい言動をしていると、周囲からの印象は悪くなってしまうことが多いです。

ダサい人の場合は、そのことにも気づいていないため、自分の言動によって自分自身をダサくしている自覚もまったくないのです。

11. 決断力がなく優柔不断

ダサい人は言動が軽くいい加減なだけでなく、優柔不断で決断力がないことが多いです。

普段は大きなことを口にしているわりに、いざトラブルに巻き込まれるとどうしたら良いか分からずにパニックになってしまったり、大きな決断を迫られるといつまでも優柔不断に悩んでいたりと、いざという時に情けない姿をさらすことが多いです。

私生活のみでなく、職場でも優柔不断な態度を取っていると、周りの人からはダサく見えてしまいます。

本人は自分のことでいっぱいで精神的な余裕がないため、周りの人からのそんな呆れや冷めた視線にもまったく気づくことはないのです。

12. マザコン、ファザコンで親離れしていない

男性ならばマザコン、女性ならばファザコンで親離れしていない人は、周りから見た印象もあまり良くはありません。

海外ではマザコンやファザコンは当たり前という考え方もありますが、それはあくまでも子ども自身がしっかりと自立した上で親を大切にしているため、自分たちの生活には何ら支障はありません。

しかし、日本でいうところの親離れできていない人は、自分一人では何を決断することも出来ず、少しでも困ると直ぐに親に助けを求めたり、または親がいつまでも子どもの私生活に介入してくるため、とても「自立した上で親を大切にする」という状態とは言えません。

男性のマザコンでは、行き過ぎると女性とのデートのシチュエーションや男性の服装も母親が決めるという話も聞きます。

また、女性のファザコンでは、付き合う男性すべてに自分の父親と同じような振る舞いや言動を求めることがあるため、男性が付き合いきれずに離れていくことがあります。

日本人は二十歳を過ぎれば立派な一人前の大人として社会から扱われます。

すなわち、何でも一人で自立して生活することが当然と考えられています。

それなのに、いい歳をしていつまでもマザコンやファザコンでいると、周りの人からは親がいないと何も出来ないダサい人と思われてしまいます。

13. 自分に自信が無い

自分に自信が無い人は、あらゆることに消極的で、他人の意見に流されやすいです。

また、自分に自信が無いために、アイデンティティを持っていないか、持とうとしないことが多いです。

本心ではマルだと思っていても、誰かがそれをバツだと言えば、自分の気持ちをころりと変えて自分もバツだと主張します。

また、自信が無いから常に周りの人の顔色や機嫌を伺っています。

しかし、だからといって上手に相手の機嫌を取ることも出来ません。

そして発言する時には、自信が無いから声は小さく、ぼそぼそと話します。

表情も暗いか、または他人を不快にさせないようにヘラヘラと愛想笑いを浮かべていることが多いです。

勘違いして自信満々な人も周りの人にとっては厄介な存在ですが、自分に自信がなくいつもおろおろとしている人も、周りから見ればダサい人に思えてしまいます。

14. 向上心がない

自分に自信が無いと、向上心もなく、物事をネガティブに考えてしまうことが多いです。

せっかく仕事を任されても、「ミスをして怒られたら嫌だなぁ」「きちんとやれるか自信がないから出来ればやりたくない」と悪いことばかりを想像して、チャンスを活かそうとはしません。

むしろ、チャンスをピンチに捉えてしまうことも少なくありません。

そのように後ろ向きの考え方で向上心がないと、何をしていても現状より良い方向へと進むことが出来ません。

しかし、当人はそんな自分の考え方がどんどん状況を悪くしていることには気づいていないため、気持ちだけは「どうにか良い方向へといかないかなぁ」と考えています。

自分で努力をすることをまず考えず、誰かや何かが自分の状態を良くしてくれるように望んでしまうのです。

15. 人の言いなりになる

ダサい人は自分に自信が無いため、人の言いなりになることが多いです。

確かに人の言いなりになっていれば、自分の意志で動いているわけではないため自信も何も関係ありません。

また、自分で何かを考えて行動しなくても良いため、楽だとも思えます。

しかし、本人が何の意志もなく努力もせずに、ただただ人の言いなりになっている様は、周りの人から見ればこの上なく「ダサい」ことでしょう。

例えるなら、学校で昼休みの時間に、数人の生徒の使いっぱしりをしている生徒を見ているような気持ちです。

暴力を振るわれているわけでもないのに、何の抵抗も反論もせずに大人しく使いっぱしりの立場に甘んじている人は、周りの人から見れば同情の対象ではなく、ダサいと思う対象になってしまうのです。

16. 八方美人である

八方美人も、ダサい人の特徴の一つです。

ダサい人の中でも、自分に自信がある人は、例えそれが勘違いだとしても八方美人になることはあまりありません。

むしろ、自己主張が大変強く、人に合わせることが出来ない特徴があります。

しかし、自分に自信が無い人の場合には、八方美人に徹していることが多いです。

自分に自信が無いため、自分の意見よりも人の意見に同調したり、合わせたりします。

また、自分のことにはあまり触れず、相手のことを持ち上げたり、褒めたりすることが多いです。

特定の相手だけにそうしているのであれば気にはなりませんが、誰に対しても同じようにしていると、その内周りの人たちからは「あの人は八方美人だ」と噂されてしまいます。

仮にその噂に自分で気づいたとしても、人に同調することしか出来ないため、噂を撤回させることも出来なければ、どうすることも出来ず、ただおろおろと悩んでしまうのです。

学生の頃にはよく見られることですが、いい大人になってもそれをしているようでは、周囲からはダサく映ってしまうことでしょう。

17. 人の真似ばかりする

人の真似ばかりするのもダサい人にはよく見られます。

一見、「人の真似をするのなら、ファッションセンスも自然と良くなるのでは?」と思えますが、実際のところはただ真似をしているだけでまったく本人に似合いのファッションにはなっていないため、ダサいことには変わりがありません。

例えば友達のファッションを見て「いいなぁ」と思い、それをそのまま真似してみても、友達との体格や髪型、顔つきの違いをまったく考慮していないため、ファッションだけが浮いてしまっている状態になります。

しかしそれに気付けないため、「何か違うなぁ」とは思ってもそれ以上の工夫もしなければ、似合っていると勘違いして自信をつけてしまうこともあります。

また、雑誌モデルの服装を真似るならばともかく、周りにいる人の真似ばかりしていると、真似される方は少なからず不快に感じることでしょう。

人間関係にも悪影響を与えてしまう可能性がありますが、当人はどこ吹く風でせっせと人の真似を繰り返します。

18. 自分はイケてると勘違いしている

人真似をするにしても、自分でオリジナルのファッションを考案するにしても、それが自分に「似合っている」と思い込んでしまう人は、そのまま自分のことも「イケてる」と勘違いしてしまうことが多いです。

そうして自分に妙な自信がつくと、言動や行動がいちいち周りを巻き込むようなものに変わったり、何かにつけて目立ちたがろうとします。

本当にイケてる人は、自分がイケてると思っていても、それをおくびにも出しません。

ファッションや言動には気を配り、極力ナルシストな部分を周りに見せないようにします。

そうすることで、余計に周りからは格好いいと思われることをよく知っているからです。

しかし、ダサい人は勘違いの末に、人からイケてると言われたいがために暴走してとにかく目立ちたがります。

派手な言動を繰り返しては、「こんなことが出来る自分はイケてる」とさらに勘違いします。

誰かが思い切り「お前はダサい!!」と断言でもしない限り、本人は勘違いに気付くことはないでしょう。

19. 自己中で全く気が利かない

自分がイケてると勘違いして自信のある人や、または自分にまったく自信が無い人でも、ダサい人はどちらも自己中心的で全く気が利きません。

前者の場合は自分のことをイケてると思うあまり、常に自分が中心で、自分のことしか考えていません。

周りの人を気遣うこともなければ、周りのために考えて行動することもないため、周囲の人たちからすればとても自己中心的で、気が利かない人物だと思われやすいです。

また、自分のダサい言動や格好で周りの人に不快感を与えていることにも気づいていません。

一方で、後者の場合でも同じように自己中心的で全く気が利きません。

なぜなら、自分に自信がないために常に自分のことしか考える余裕がなく、他の人や周囲への気遣いなどすることが出来ないのです。

心に余裕が無いため、例えば非常時にも自分の身を守ることだけで精一杯です。

その行動は結果的に周りから見れば「自己中心的で気が利かない人」となるのです。

20. 常にダルそうにしている

ダサい人は服装も野暮ったく、悪目立ちすることも少なくありません。

しかし、外見のみでなく、中身がダサい人は先に挙げたようにネガティブだったり、八方美人だったりします。

さらには、向上心がないため常にダルそうに過ごしています。

勉強をしている時も、仕事をしている時も、どこか集中出来ておらず、ため息まじりでダルそうな態度で過ごしていることが多いです。

そんなダルそうな態度では、周りからの印象は良くありませんし、仕事を任せる際にも「この人に任せても大丈夫なのか?」と不安に思えてしまいます。

仕事だけでなく、私生活でも常にダルそうにしていると、遊びや飲み会の誘いを受ける機会も減り、人付き合いも自然と狭まってきてしまいます。

しかし、やはり本人には自覚がないことが多いです。

21. おやじギャグが多い

ファッションセンスのみでなく、冗談のセンスも良くない人がいますが、本人はまるきり自分の口にする冗談が寒いおやじギャグだとは気づいていないことが多いです。

「アルマーニじゃあるまいに」や「トイレにいっといれ」など、定番で皆が当たり前に知っているおやじギャグは誰が口にしても大抵笑いは取れません。

もし笑いが取れるとするならば、それはほとんどが愛想笑いでしょう。

特に会社の中では、男性上司や社長が口にするおやじギャグを、無理矢理に笑って返さなくてはならないという暗黙の社交辞令がありますが、これは無理に笑わなければならない側にとっては大変な精神的苦痛です。

おやじギャグを言う人はコミュニケーションのつもりで言っていても、それを聞かされる側の内心はほとんどが冷めています。

ダサいおやじギャグで笑いを取ろうとする人は、社交辞令の笑いを本気で笑ってくれていると勘違いしていることも多いため、なおのこと質が悪いです。

22. 何に対しても適当である

ファッションにまったく関心がなく、適当な服装でダサく見える人の中には、内面も適当な人がいます。

そういった人の場合は、何をする時にも、どんなことに対しても適当に済ませようとする傾向があります。

例えば仕事や勉強に対して、まったく熱を入れたり集中したりすることなく、ただ最低限のことだけを淡々とこなします。

そのため、何か一つ指示を受けたら、指示の内容だけを行い、それ以上はやろうとはしません。

どんな作業でも、やっている内に自分なりに効率の良いやり方が分かってくるものですが、何に対しても適当だと作業の効率化などは最初からまったく考えていないため、最初と同じやり方をただひたすらに繰り返します。

また、私生活でも適当なので、友達との約束をうっかり忘れたり、遅刻することも少なくはないため、あまり適当過ぎると人間関係にも影響してしまいます。

23. 非常にケチである

例えば一緒に食事に行った際に、そう高くないお店で食べたにも関わらず、1円単位まできちっと細かく請求してくる人っていますよね。

何もそれ自体は悪いことではありませんが、あまりにそれが頻繁だと、「この人ってもしかしてケチ?」と思えてしまいます。

また、一緒に出掛けた先で、少しでも節約したいからと何かにつけて遠慮したり、細かくお金を分けられると、一緒に過ごす時間が何だか楽しくなくなってしまいます。

友達同士でもそう思えてしまうのに、もしもそれがデートの場合、男性があまりにケチだと、女性は「いちいちケチでダサい人」と思えてしまいます。

デートの際には必ずしも男性が奢る必要はありませんが、あまり会計時に細かいことをしていると、女性からはみっともない姿に映ってしまいます。

24. 食べ方が汚い

食べ方が汚い人は、ダサくもあり、また一緒に食事をしたいとは到底思えません。

食べる時にくちゃくちゃと音を立てて食べていたり、食べながら大口を開けて話をしたり、または犬食いをしたりと、食事のマナーが悪い人や、食べ方が汚い人とは誰も一緒に食事をしたがりません。

その結果周りの人たちは離れていってしまうのですが、本人はまったく無自覚なのでなぜ周囲が自分から離れるのかが理解出来ません。

25. バッグやスマホに飾りを付けすぎ

バッグやスマホにやたらと飾りを付けすぎる人も、周りからすればダサく見えてしまいます。

ブランド品の服でもゴテゴテと着飾っているとダサく見えてしまうくらいですので、飾り物が多すぎると余計にダサく見えます。

また、キャラクターものの人形やキーホルダーなど、いかにも安っぽい雰囲気のものをチャラチャラと付けていると、見ているだけで騒々しさも感じさせます。

その飾りが薄汚れていると、さらにダサくみっともなく見えてしまいますので、飾りの付けすぎには注意が必要です。