CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

スランプに陥ってしまう10個の原因と抜け出す方法

スランプに陥ってしまう10個の原因と抜け出す方法のイメージ写真
この記事を読んでいるということは、あなたは今スランプに陥っているのかもしれませんね。

そんな人のために、今回はスランプに陥ってしまう原因と抜け出す方法について分かりやすくご紹介していきます。

案外簡単な方法で抜け出すことができますよ。

この記事の目次

スランプに陥っているあなたへ

スランプになる時は突然ですよね。

「あっ明日スランプになる!」なんてことわかりませんよね。

急に何をしても上手くいかなくなってしまって、「なんでだろう?」ということが続いてしまうと、「どうせまたダメなんでしょ?」というおかしなサイクルに迷い込んでしまいます。

いつの間にかやってくるのがスランプです。

そんなスランプに向き合うためにはいったいどうしたら良いのかをご紹介していきます。

スランプとは?

スランプとは何かを教えてくれる男性
一般的にスランプとは、「何をやってもうまくいかない時期」のことを言います。

体や心の調子が良くないなど何かしらの理由によって、自分の本来の実力が発揮できないのです。

例えば、あなたが営業の仕事をしているとします。

売上はなかなか好調で、営業成績も社内でトップを争うほど優秀だとしましょう。

ところが、その好調が何か月、何年も続いていたのに、突然営業成績がガクンと落ちてしまい、今までのようにいたなくなってしまいます。

トップだった売上も5位、6位とどんどん下がってしまい、対策を考えるのですが、何をしても上手くいかず、なかなか売上を上げることができません。

この上手くいかない時期が数か月、下手をすれば何年も続いてしまうのです。

これがいわゆるスランプなのですね。

上手くいっていたのに、何かが原因で本来の力が発揮できない状態です。

このような状態になると、仕事以外でも上手くいかないことが起きたりと、何もかも上手くいかないと感じてしまうことが多くなるでしょう。

しかし、ある日突然スランプから脱出できる人もいます。

反対にスランプを抜け出すためにはどんな方法が適切なのか、試行錯誤しながら考えてもなかなか抜け出すことができない人もいます。

人生の中で誰もが経験する

人生の中で、ほとんどの人がスランプは経験することになります。

たまたま調子良くて上手くいく場合もありますよね。

しかし、継続してずっと上手くいくことはあまり多くないのです。

上手くいかなくなって失敗が続いた時期がスランプになるのですね。

完璧な人生なんてない

完璧な人生なんてないと感じているスランプに陥った男性
スランプの無い完璧な人生なんてありません。

もしかしたらあるのかもしれませんが、果たしてスランプの無い完璧な人生は幸せなのでしょうか?

全てが完璧に上手くいってしまうと、上手くいくのが当たり前になってしまいます。

たとえ失敗をしていなくても、上手くいかなかった場合にとんでもなく落ち込んだり、周りから「もっとできるかと思っていた…」なんて言われてしまうこともあるかもしれません。

人生を豊かに幸せにするためには、良いことと悪いことのバランスが非常に重要なんです。

全てが上手くいかなくて良いんです。

むしろ上手くいかない方が人生は豊かになるかもしれませんよ。

上手くいかない時にいつもの普通のことが出来たら、それだけで嬉しく幸せな気分いなれますよね。

完璧じゃないからこそ普通のことに幸せを感じられるんですよ。

スランプは悪いことばかりではない

スランプになってしまうと何をしても、「やっぱり最近スランプだから…」とマイナスなことばかり考えてしまいますよね。

でも、スランプになっているからこそ分かることもありますよね。

今まで普通だと思っていたことがどれだけすごいことだったのか。

仕事の営業で最近全然契約取れず、もしかしてスランプなのかもと思っている人もいますよね。

それってスランプではなくて、今までが順調だっただけなのかもしれません。

今までの営業で契約が取れていたことは、本当は色々な偶然や必然が重なって上手くいっていたことで、勝手に自分の中でそれが普通だと思っていただけなのではありませんか?

そんなスランプになってから最初の契約を取った時、今までの契約を取った時とは比べ物にならないぐらい嬉しいはずです。

今までは沢山ある契約の内の一つでしかなかったことが、スランプになったことで一つ一つの契約に一喜一憂できて、喜びや有難みを感じることができますよね。

そして、契約した人のことも親身に考えることが出来て、今後も良好な関係を気付くことだってできるはずです。

他にも沢山スランプになったからこそ分かることはあるんですよ。

スランプになる事は決して悪いことではありません。

スランプとどう向き合うのか?どう乗り越えるのかが、今後の人生に大きくかかわってくるんです。

スランプに陥ってしまう10個の原因

ではここからは、スランプに陥ってしまう原因の中から、今回は10個の原因について分かりやすく説明していきますね。

あなたがスランプに陥ってしまう原因を考えてみましょう。

1. それまでがあまりに順調すぎたから

スランプに陥ってしまう一番の原因は、この順調すぎるためにスランプになってしまうことなんです。

人は誰でも調子の出ない日や、上手くいかない日というのがあります。

人生は上手くいくことばかりではないはずですよね。

しかし、それまでがあまりにも順調すぎた場合、そんなことも忘れてしまうのです。

上手くいくのが当たり前になっているため、ちょっとした失敗でもスランプだと思い込んでしまいます。

そして、その失敗を引きずってしまえば、さらに上手くいかなくなります。

そうやってスランプに陥る人も多いのかもしれませんね。

「順調にいく時があれば上手くいかない時だってある」と考えることができれば、スランプに陥ったとしても思い悩むことはないはずです。

2. 周囲からの期待が徐々にプレッシャーになってしまった

周囲の期待値が過剰に上がってしまった時も、スランプに陥りやすいかもしれません。

周囲の期待は急に上がるものではなく、あなたの実績などを見て、期待値がどんどん上がっていきますよね。

周囲が過剰に期待することで、ただの成功だけでは物足りず、「もう少し上手にできるんでしょ?」「なぜもっとできるのに手を抜いたの?」と言われてしまいます。

そこで、「もしかしてスランプなの?」なんて言われてしまった場合、自分ではちゃんとしていたつもりでも、周囲からの期待値には及ばず「私って今スランプなんだ」と思ってしまうんですね。

3. やり方や形がルーティン化してしまった

スランプになってしまう原因は、何をするにしても同じやり方、同じ結果などルーティーンワークになってしまっていることも考えられます。

ルーティンワークは使い方を正しく行えば、自分自身のメンタルトレーニングやメンタルケアなどに非常に役立つ方法です。

しかし、なんでもルーティンワークに当てはめてしまうと、ルーティンをしたのに結果が出なかった時に、「なぜできなかったのか?」という比較検証をすることが困難となってしまいます。

「なぜこうなった?次はこうしよう」という向上心がなくなってしまうのです。

時には新しいやり方やアイディアを取り入れることで、スランプを回避することができるはずです。

4. 自分の限界を自分で決めてしまった

自分の限界を決めてしまうことでスランプに陥りやすくもなります。

自分で限界を決めてしまうと、やる前から「どうせできないだろうな」と決めつけてしまいますよね。

そうなれば、本来ならできることでもできなくなってしまうのです。

そんな事が続いてしまったらどうですか?

スランプになってしまったと思いますよね。

ただ単に自分の限界を決めてしまったことでできなくなっているだけなのに、今はスランプだからできないんだと勘違いをしてしまうのです。

5. マイナスの思考回路になってしまった

スランプの原因として、マイナスの思考回路になってしまったということも多いです。

マイナスの思考回路になると、突然すべてのことが上手くいかなくなってしまったように感じるのです。

一つの小さなミスがきっかけで、マイナス思考になってしまえば、そこからどんどんマイナスなことばかり起こるようになります。

そうしてスランプに陥ってしまう人が多いのです。

マイナスな思考回路になってしまった時は、なるべく早く気持ちを立て直すことが大切です。

気分転換をしてマイナス思考を断ち切れば、スランプから抜け出せるかもしれません。

6. すぐ人と比べてしまい自分はダメだと決めつける

すぐに人と比べてしまい、自分はダメだと決めつけてしまうこともスランプの原因になります。

本当はできているし、自分の実力を発揮しているはずなのに、自分よりもできる人とつい比べてしまうのです。

例えば、試験勉強をして、自分にとってとても良い成績をとれたとしましょう。

本来ならこれだけ頑張って良い成績がとれたのだから、自分を褒めてあげるべきです。

ですが、他にもっと成績が良い人を見てしまうと、「自分なんて全然ダメじゃないか…」と落ち込んでしまいます。

人と比べたときに、「あの人を追い越せるようにもっと頑張ろう!」と前向きに捉えることができれば良いのです。

しかし、人と比べたときに自分が劣っていると感じてしまう場合、そこからさらにやる気はなくなり、頑張ろうという気持ちも消えてしまうでしょう。

そうなれば何もかもうまくいかなくなり、スランプ状態に陥ってしまうのです。

7. 頑張ることに疲れてしまった

頑張りすぎてしまうと、いつか突然途切れてしまう時がきます。

頑張っていることはとっても良いことです。

しかし、頑張りすぎていると、何か困難を迎えた時に突然頑張ってもできなくなってしまってスランプに陥ってしまうのです。

【壁を乗り越える方法については、こちらの記事もチェック!】

8. 心と身体のバランスが崩れている

心と身体のバランスが崩れている時も、スランプに陥りやすくなってしまいます。

体は健康に見えたとしても、心が疲れていたりストレスを抱えていたりすると、自分では気づかないうちにバランスが崩れていってしまいます。

そうなると、いつものパフォーマンスを発揮できなくなり、仕事でも上手くいかないことが増えてしまうのです。

これは、「自分は大丈夫」と思っている人に多いかもしれません。

もしスランプに陥っていると感じたら、少し体と心を休ませてあげるといいかもしれません。

9. どんどん視野が内向きになっている

視野が内向きになっているとは、自分のことばかり考えているということですね。

周りやその他の環境なんて関係なく、自分が思った通りに行動していると、突然スランプに陥ることがあります。

外に視野を向けるだけで解決することなのですが、そういう時は自分にばかり意識が向いているため、なかなか外に視野を向けられないんですね、

まわりがいくら意見をしても、外に視野を向けていないのでアドバイスが届いていないんです。

自分自身で全て招いて勝手にスランプになってしまっているんですね。

スランプかもと思っているのであれば、一度周りの人や環境に視野を向けてみるといいかもしれません。

10. 具体的な目標を見失ってしまった

目標があるからこそ、その目標に向かって努力して自分を成長させることができますよね。

その目標が無くなってしまったらどうでしょうか?

何をしたら良いのか分からなくなってしまうのです。

そうなってしまうと、迷走をしてやらなくても良いこと(いらないこと)までしてしまったりします。

自分でもどうしたら良いのか分からず、何をしても空回りしてしまうのです。

スランプから抜け出す方法とは?

では、スランプになってしまった時にどうしたら脱出できるのでしょうか?

スランプからの脱出方法を具体的にご紹介していきます。

1. プラス思考になり、自分は出来ると言い聞かせる

スランプに陥った時は、とにかくプラス思考になりましょう。

そして、「自分は出来る!」と言い聞かせるのです。

スランプの時にはなにもかも上手くいかず、きっと誰もがマイナス思考になってしまうでしょう。

そして、マイナスな考えが頭の中を支配して、失敗する方向へと自分の行動を促してしまうのです。

そうなってしまえば、なかなかスランプから抜け出すことはできませんよね。

もし少しでもマイナスな考えが浮かんだら、「大丈夫!すぐにスランプを抜け出せる!」と自分に言い聞かせましょう。

プラス思考になることで、次にすべき最良の方法が浮かんだり、上手くいくような行動が自然とできるようになるはずです。

2. 困難を乗り越えた先に高みがあると信じる

スランプを乗り越えた先に高みがあると信じることで、スランプを抜け出す方法を色々な角度から見つけることができます。

自分自身が成長するための一つの方法としてとらえてしまうのです。

そうすることでスランプがスランプではなくなっていますよ。

3. 自分を客観的に、冷静に見つめる時間を作る

スランプに陥っていると、自分を客観的に見ることができなくなっているんですね。

同じ考えばかりが巡ってしまっています。

一度冷静になって、色々な角度から客観的に見ることで、スランプから脱却することができるはずです。

4. 一度向き合っているものから離れる期間を作ってみる

スランプの原因となっているものから一度離れてみるのも良いでしょう。

一度離れてからもう一度同じことをしてみたら、なんてことなかったなんてこともあるかもしれません。

他の事をしてリフレッシュする時間を作りましょう。

5. 小さなことを気にしない強い心を鍛える

スランプの原因は、実はほんの些細なことなのかもしれません。

客観的に見ることで、恥ずかしいぐらい小さなことだったかもしれません。

他の人からしたら小さなことでも、スランプに陥った人からしたらとてつもないことに思えてしまうのです。

小さなことにくよくよしない心を持つことで、スランプに陥りづらくなります。

6. 成功している人に会ってエネルギーをもらう

成功している人でもきっと、スランプから脱出して今があります。

成功している人に会うことでスランプからの脱出するヒントになります。

直接聞いてみても良いですね。

7. 視野を広げるためにいろいろな所に出かけてみる

スランプになっている時には同じことばかりを考えがちです。

そんな時には、今まで行ったことない所へ出かけることで、はじめての経験を沢山して視野を広げることができますよ。

8. 長期的なスパンで物事を考えてみる

今だけを見つめないで長期的なことを考え、スランプを抜け出したことを考えてみましょう。

長期的にみれば、上手くいかない時期があっても当然だと思えるはずです。

まとめ

スランプに陥ってしまうのには必ず原因があるはずです。

その原因さえ分かればスランプから脱出することは簡単にできます。
スランプは決して悪いことではないです。

上手に付き合って自分自身を高めていきましょう!

この記事を読んだ皆のコメント

仕事でスランプになったとき、尊敬できる上司に話を聞くと前向きになれます。
エネルギーのある人と話すことは大事だと思います。
私も過去にスランプがあったけど、諦めないで少し考え方を変えてやり続けることで、駄目な時期を抜け出すことができました。
うまくいかなくて、自分は駄目な人間だと思ってた。
でも、その考え方自体が間違っているのかも。ネガティブに捉えるのはやめようと思った。
頑張っても認められなくて、悔しい気持ちでいっぱいでした。
スランプになる時期は誰にでもあると思ったら心が軽くなりますね。
ページトップ