あなたの周りに厚かましい人っていませんか?みんなでご飯を食べに行って、自然に割り勘の流れになっているのに「ごちそう様~」と人にお金を出してもらう気満々の人や、二人で出かける際に、こちらが車を出すような前提で話を進める人など、厚かましい人の言動で、ついイライラしてしまうことってありますよね。

そんな厚かましい人に共通する22個の特徴についてご紹介します。

厚かましい人に困っていませんか?

会社や学校のように大勢が集まるところでは、何十人かに一人は必ず厚かましい性格をした人がいるものです。

その人が自分とあまり関わりのない人であれば、出来るだけ距離を取ってしまえば、直接自分が被害に遭うことはありません。

しかし、自分と仲の良い友達や、会社の上司が厚かましい人の場合、どうしてもその被害に遭ってしまいます。

自分と距離の近しい人や身内など、決して避けられない関係の人が厚かましいと、困ってしまいますよね。

1. 「厚かましい」の定義


「厚かましい」の定義は、「厚顔で遠慮がないこと」です。

厚顔の意味が「恥知らずで図々しいこと」ですので、日本人に多い慎ましく、恥を良しとしない性格を持たない人が厚かましい人ということになります。

2. 「図々しい」との違いとは?

「図々しい」という言葉の意味は、「恥を知らず、平気で他人に迷惑をかける人やさま」となっています。

一見「厚かましい」と意味や定義がほとんど似ていますが、人に対する行動の違いによって、使われ方が変わってきます。

例えば個人のプライベートをやたらと詮索したり、個人の事情に何でも首を突っ込もうとしたりする人に対しては、厚かましい、または図々しいという言葉を用います。

しかし、大勢が並んでいる列に平気で横入りをする人に対しては、図々しいとは言いますが、厚かましいとはあまり言いませんよね?このように、厚かましいという言葉は直接人に対して用いることが多いですが、図々しいという言葉は不特定多数の人や物に対して行われる際に用いることが多いです。

類義語であることには変わりないため、図々しい、または厚かましいという言葉を辞書で調べると、同じような意味として登場します。

3. 厚かましくなる理由


厚かましい人は、そもそもなぜ厚かましい性格になってしまうのでしょうか?人の性格の土台は、3歳までに形成されるといいます。

つまり、3歳までに起こった出来事や周りの環境で、その人の性格の大部分が形成されてしまうのです。

もちろん成長するにつれて、後から自分の細かな性格を決める要因もたくさん出てきます。

厚かましい人の場合、どのようにしてその性格になっていったのでしょうか?

1. 育った環境

子どもの頃から自分が育った環境によって、性格の大部分が形成されます。

例えば生まれてから一度も怒られることも注意を受けることもなく、何不自由なく容認されて育ってきた人では、生きることの不便さや不条理さを知りません。

また、子どもの頃から周りの人たちにちやほやされて育ってきた人では、何でも自分が一番で、根拠もなしに自分の存在は常に周りの人たちから認められ、どんなわがままを言ってもいいのだと思ってしまいます。

厚かましい人も、そのように自分が育った環境の結果、今のように厚かましい性格になってしまった人が多いです。

子どもの頃に自分がわがままばかり言っても怒られることもなく、何でも自分を優先的に扱ってくれて、自分の意見を否定されたことがなければ、自然と「自分は何をしてもいい」のだと勘違いしてしまいます。

また、自分の言動や行動によって他人に迷惑がかかったとしても、それが悪いことなのだということに本人は気付いていないのです。

成長していく過程で自分のその性格を誰かに怒られたり、指摘されたりして「間違っている」のだと気付く機会がなければ、厚かましい性格のまま大人になってしまいます。

社会人になってしまってからでは、性格を直すことがより難しくなってしまいます。

2. 歪んだ自己肯定感

子どもの頃にあまり良い環境で育ってこなかった人は、感情が一般的な人よりも多少歪んでしまうことがあります。

その中でも、自己肯定感に歪みが生じてしまうと、まったく何の根拠もなしに「自分は何をしてもいい」「自分なら許される」と思い込んでしまうのです。

例えば「自分は急いでいるのだから皆が並ぶ列に割って入ってもいい」「自分は人のプライベートにとやかく口を出しても構わない」といったように、自分のことを最優先に考えて行動します。

そしてそれを指摘されても、「自分はいいんだ」と自己を肯定するために、考えを改めようとはしないのです。

3. コミュニケーション障害

人とのコミュニケーションが上手く取れない人は、自分の心の殻に閉じこもってしまうか、もしくは人並み以上に出しゃばることがあります。

相手の気持ちや意志を理解出来ないために、それを相手に聞くこともなく、勝手に自分で判断してしまうのです。

そして、それを正しいと思い込んでしまうため、例え相手から非難されても、「自分はいいことをしたのになぜか文句をつけられた」と感じます。

そうしたコミュニケーション障害が、厚かましい性格を助長させてしまうことがあります。

4. 「人の振り見て我が振り直せ」で気付かせよう

厚かましい人に、自分の厚かましさを気付かせるのは相当に難しいです。

しかし、もしその人とこの先も一緒に過ごしていく必要があるのなら、やはり気付いてもらうに越したことはないでしょう。

「人の振り見て我が振り直せ」という言葉にあるように、厚かましい人にそれを気付かせるには、自分がされたら嫌なことを相手にするのが効果的でしょう。

例えば相手が並んでいたら、その前にわざと割り込みをして、相手に怒られたら「自分もいつもやっているでしょ?」と言ってみると、その言葉で気付く可能性はあります。

厚かましい人がされて嫌だと感じることは、他の人も当然されたら嫌なことです。

それを相手自身がいつもしているのだと気付かせるなり、直接指摘するなりしてみましょう。

もしそれで「自分はいいんだ」と言い張ったら、「なぜ自分だけは許されるのか」を、相手が答えに窮するまで問い続けても良いかもしれませんね。

言い合いになる可能性はありますが、それくらいやらなければ気付かせることは難しいでしょう。

厚かましい人の22個の共通点

たくさん人が集まれば、そこには必ず厚かましい人もいます。

すべての厚かましい人に共通するのは、一体どんなところなのでしょうか。

厚かましいといわれる人に共通する22個の特徴を挙げていきます。

もし、自分が厚かましい人間ではないか気になる人がいれば、これから挙げていく特徴が自分に当てはまっていないか確認してみても良いでしょう。

1. 自分さえ得をすれば良いと思っている

厚かましい人は、自分さえ得をすれば良いと思っていることが多いです。

元々「自分だけは何をしてもいい」と勘違いしやすいタイプなので、何をするにしても常に自分のことだけを最優先にします。

自分を最優先にするのは悪いことではありませんが、厚かましい人は自分さえ良ければ、後の人のことはどうなってもいいと考えています。

だからこそ平気で他人を傷つけるような発言をしたり、皆のために配られたお菓子でも、自分の分だけはたくさん確保したりします。

2. ケチである

厚かましい人は、基本的にケチな人が多いです。

そこまでお金に困っているというわけでもないのに、一緒にご飯を食べに行けば、奢ってもらうのを期待するか、一円単位まできちっと割り勘をしたがります。

仮に誰かに多めに支払ってもらっても、次のご飯の時に「この前は多めに出してもらったから、今日は自分が出すよ」なんて絶対に言わないタイプの人が多いです。

とにかく細かいところまでお金を割りたがり、かといって自分が多めに出してもらうと平気でそれを受け入れます。

「申し訳ない」といった感情はまったくありません。

どこかへ旅行に行く際にも、少しでも宿代や交通費を安くするために、特別親しくない人まで平気で誘うような真似もしますので、一緒にいる人からすれば困ってしまいます。

3. 自分のことが好き

厚かましい人は、自分のことが大好きです。

とにかく何をするにも「自分が最優先」であろうとします。

仮に自分より先に誰かがいても、無視して前へ回り込んだり、何かにつけて文句を言ったりして、何だかんだと自分の方が先に行こうとします。

元からいる人の存在など、平気で押しのけて前へ出ていく図々しさも持ち合わせていますので、周りの人からすれば迷惑な存在になります。

もし文句を言われたとしても、常識が通じないため「何がいけないんだ」と言い返されてしまいます。

4. 甘やかされて育った

厚かましい人は、子どもの頃から甘やかされて育った人が多いです。

一人っ子であればもちろん、男兄弟ばかりで女の子が一人だけ、または逆の場合にも同じように甘やかされている可能性が高いです。

甘やかされてきた人は、大人になってからでも何でも自分のわがままが当然のように通じると思っていることが多く、また都合が悪くなれば誰かのせいにすることも多いです。

子どもの内はまだ可愛らしさが残るものの、大人になってからもそれではトラブルメーカー扱いされてしまいます。

5. 客観的に自分を見ることが出来ない


厚かましい人は、いつでも自分中心です。

どんな時でも、何をやっても「とにかく自分のことが最優先だ」と考えています。

そのため、いつでも主観で物事を考えることしか出来ません。

客観的に見れば、自分のしていることがどれだけ自分勝手で、また周りに迷惑をかけているのかが分かりますが、それが出来ないといつまでたっても自分のことしか見えず、成長も出来ないのです。

6. 自分は特別な存在だと信じている

厚かましい人はいつでも自分中心の考え方です。

育ってきた環境の影響も大きいですが、どんな時でも「自分だけは良い」と考えがちです。

その考え方は、口に出さずとも「自分は特別な存在で、他とは違う」と言っています。

だからこそ、人を傷つけることも、他人を押しのけて自分だけが前に出ることもまったくいとわないのです。

冷静に考えてみれば、どんな大富豪や芸能人でも、人間として見れば皆一緒です。

ただの一人だけが他とは違う特別な存在であるわけはないのです。

しかし、厚かましい人にはそれが理解出来ません。

7. 愛情に飢えている

散々甘やかされて育つと、いつでも周りの人間から愛されて、甘やかされることを当然と勘違いしてしまいます。

しかし、大人になるにつれて、出会う人たちのすべてがいつでも自分を特別扱いしてくれるわけではなくなります。

あくまでも、同じ人間として平等に見てくれるだけです。

それが厚かましい人にとっては不満に思えます。

「自分は特別な存在のはずなのに、周りの人から常に特別扱いされず、愛されてもいない」状態が、不満で仕方ありません。

いい大人になってからでも、常に人からの愛情に飢えて、自分を甘やかしてくれる人を見つけようとします。

8. 真の友達がいない

わがままで自分勝手、常に自己中心的な行動を取るため、本当の友達には恵まれません。

自分のことばかりで、他人を大切に出来ない人は、同じように他人からも大切にはされません。

自分の性格が本当の友達を作れない大きな原因であるにも関わらず、たちが悪いことに本人はまったくそれに気づくことが出来ません。

だからこそ、いつまで経っても真の友達が出来ない、いないのです。

9. 人の迷惑を顧みることができない


厚かましい人は、いつでも自分のことしか考えてはいません。

そのため、自分がされて嫌なことはハッキリと不平不満を口にしますが、自分が人に迷惑をかけることに関しては、何とも思っていないことが多いです。

自分のことしか考えないということは、人の気持ちを考えることが出来ないということです。

人の苦痛や悲しみの気持ちを想像することも出来なければ、人の迷惑を顧みることも出来ません。

また、自分のことを特別な存在だと思っているため、仮に誰かが「自分がされて嫌なことは人にしてはいけない」と注意しても、「自分だけはしてもいいんだ」と開き直ることもあります。

開き直ってしまう人に対しては、それ以上何を言っても無駄でしょう。

10. 繊細さゼロ

厚かましい人は、図々しくもあります。

また、自分のことだけを考え、人の気持ちを気遣うことが出来ないため、繊細さはまったくないと言ってもいいでしょう。

心の琴線や繊細な心配り、気配りといったものが一切ないため、人間関係においても円滑で、円満な関係を築くことは不可能に近いです。

必ず何かしらのトラブルの原因となってしまうことが多いです。