CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

一緒にいると心がモヤモヤ…関わりたくないママ友の25個の特徴!


付き合いたくないけど、付き合わなければいけないのが、ママ友の辛いところ。

育った環境も年齢も性格もバラバラ。

子どもは仲が良いけど、ママとは仲良くなりたくない。

でも、我慢して付き合わないと、子どもにも影響が出てしまう。

そんな悩みを抱えている人はたくさんいます。

今回のテーマは「関わりたくないママ友の特徴」について。

一緒にいるとなんだかっ心がモヤモヤしてしまうママ友をご紹介していきます!

この記事の目次

一緒にいると心がモヤモヤ…関わりたくないママ友の25個の特徴

最初は親しく話しかけてくるけど、知れば知るほど関わってはいけないママ友だった。

とはいえ、気づいた時には人間関係を切ることができず、無理してでもお付き合いを続けている状態になっている人は多いでしょう。

関わってはいけないママ友は、事前に把握して、うまく付き合っていく必要があります。

では、関わってはいけないママ友の特徴を具体的にお伝えしていきます。

1.噂話が大好き!ゴシップネタでしか会話を楽しめないママ

「あの人達は不倫している。」「あそこの夫婦は離婚しそう。」等、何かと他人のゴシップネタを楽しんでいるママ友。

真実か否かわからない噂話を楽しむような人とは、まともな会話はできないでしょう。

2.人の不幸は蜜の味!悪口ばかりをいうママ

人の不幸を話すことで、「自分は幸せ」という安心感を得ているママ。

自分の幸せを確かめる回数が増えるほど、悪口の数は増えていきます。

人の良いところを見つけられないのは、心が弱っている証拠。

実際は、悪口ばかりいうママが一番不幸である可能性が高いのです。

3.みんなで口裏合わせ!仲間外れにするママ

仲良しグループを作って安心するママというのは意外にも多いもの。

グループにこだわるママは、そのグループに固執するために、お気に入りの人しか仲間にいれたがりません。

仲良しグループを維持するために、言葉巧みにみんなをうまく誘導します。

みんなと口裏を合わせて仲間外れ。

大の大人がするべき行動ではありませんよね。

4.いつでも自分が一番!自分優先なママ

どの世界でも、自分が一番でないと気が済まないママ友。

自分が一番注目されたいし、自分が輪の中心でないと気が済まない。

他人をマウントしてでも、自分が一番になりたがる唯我独尊タイプなのです。

5.自慢話ばかり!自分が大好きなママ

「旦那の仕事」「家族旅行」「子どもの塾」等、何かと自分の自慢話をしたがるママ友。

誰よりも自分が一番幸せだということをアピールしたいため、会話も自慢話が多くなります。

こちらが少しでも自慢話をすると、その何倍もの自慢話を返してきます。

自分が一番幸せでないと気が済まない性格ですので、付き合っていても疲れてしまいます。

6.高級品が大好き!金銭感覚が違うママ

高級品を身に着けてこそ自分の価値と考えている人は多くいます。

高級品が好きなママは、旦那の稼ぎが高い場合、もしくは自分自身でもきちんとした稼ぎを確立できているケースが多く、金銭感覚は一般人と異なります。

その感覚に合わせられるタイプであれば、付き合って楽しいかもしれません。

しかし、背伸びをしなくてはいけないことを苦痛と感じるのであれば付き合うべき相手ではありません。

7.依存度高すぎ!かまってちゃんママ

仲良くしたら最後、何をするにもついてくるし、メールも頻繁に来る…依存度の高いかまってちゃんママは、付き合っていてもしんどくなるだけです。

家族の世話に、彼女の世話…となると、どうしても我慢できなくなってしまいますよね。

依存体質のママとのお付き合いは避けましょう。

8.根ほり葉ほり聞いてくる。プライベート詮索ママ

他人の家のことが気になって仕方ないママは、プライベートを詮索しがち。

当たり障りのない会話ならまだしも、突っ込んだ質問ばかりになると、答えづらくなってしまうものです。

ましてやプライベートを詮索した挙句、他人にベラベラ話されたり、自分と比べられたりは避けたいところ。

距離感を適度に保てる人とのお付き合いを優先にしましょう。

9.人の家に興味深々!仲良くもないのに家に来たがるママ

家というのは、その人の暮らしが見えるもの。

家の大きさや家具などによって、世帯年収なども見えてきます。

だからこそ、人の家に来たがるママは多いもの。

生活水準の覗き見をしたいのです。

「旦那から許可がでない。」等、うまく断ることが大切です。

10.人によって態度が変化。ランキングを付けるママ

「この人は自分にとって得な人か。」「付き合っているとメリットはあるか。」という目線で人をランキング付けし、人によって態度を変えるママ友。

権力者にはいい顔をして、力のない人にはそっけない態度。

裏表がありすぎるママは、付き合っていても疲れるだけです。

11.常にシカト!挨拶をしない非常識ママ

挨拶というのは大人のマナー。

人間関係を良好なものにするためにも、挨拶というのは欠かせないものです。

しかし、中には明らかに挨拶を無視するママもいます。

「仲良くしない人だからいいや。」という気持ちからの態度でしょうが、常識がないその態度はママとして失格です。

12.年齢も考えずキャピキャピ!異様にテンションが高いママ

いつまでも若くいることは大切ですが、年相応というものもあります。

会話をすると異様にテンションが高く、どこにいてもうるさいママとは関わりたくないと思ってしまいます。

TPOをわきまえることができないママはもってのほかです。

13.異性にベタベタ。男にだらしないママ

いくつになってもモテることが女性の価値だと考えているママ友。

旦那がいるにも関わらず、好みの異性がいるとベタベタしたり、同性の前とでは態度が変わったりもします。

不倫することに対しても罪悪感がなく、その自由奔放さに嫌気がさしてしまいそうです。

14.お金勘定、損得計算!ケチで図々しいママ

子育てというのは何かとお金がかかります。

また、子どもの友達付き合いなどで、出費があることも。

請求をしたときに、「高い。」と文句を言われたり、内訳を事細かに聞かれたりと、何かとケチなママ友にはモヤモヤしてしまいます。

15.毎晩飲み歩き。夜遊びばかりしているママ

息抜きは必要ですが、それでも「息抜き」のし過ぎは禁物。

毎日のように遅くまで飲み歩いているようなママは、仲良くならないほうが身のため。

飲みに誘われる機会が増えると、なかなか断りづらくなり気まずくなります。

また、家にいないことが多くなる家族の関係性も悪くなるでしょう。

子どもが小さいうちは特に、子育てを優先にするべきです。

16.責任感が強すぎ。異様に仕切りたがるママ

リーダーシップを取ってくれるのはよいことですが、全てにおいてきっちり仕切られるとやりづらくなるもの。

ママ友というのはプライベートの世界であり、仕事の付き合いではありません。

しかし、責任感が強く、リーダーシップを取りたがるママは、部下と上司のような関係になりがち。

萎縮して付き合うこととなります。

17.自分の子どもが一番!マウントを取ってくるママ

自分の子どもが可愛いのは誰もが同じ。

しかし、他の子どもに負けたくないからと、マウントを取ってくるママ友には、毎回モヤモヤしてしまいます。

ママ友の世界に勝ち負けは存在しないのですが、マウントを取り勝ちなママは、ついつい勝負事のように接してきがち。

話していてストレスとなります。

18.自分は悪くない!謝罪ができないママ

子ども同士の付き合いだからこそ、時には泣かせてしまったり、怪我をさせてしまうこともあります。

謝罪をすることえ穏便におさまるものの、プライドが高いママはなかなか謝罪ができず、相手を責めてしまいがち。

結果、モヤモヤとした気持ちが残り、仲良くすることが難しくなってしまう人は多くいます。

19.一匹オオカミ!団体行動ができないママ

話しかけても無視。

お誘いをしても無視。

団体行動ができずいつも一人でポツンといるママ。

話しかけても会話が続かず、仲良くなれる要素が見つかりません。

そもそも、向こうのママが、「ママ友」という存在に意味を感じておらず、無駄な関係性は築きたくないと考えています。

そのため、仲良くなろうとする時間が無駄です。

20.誰にでもペラペラ話しちゃう!口が軽いママ

信頼して話したことが、いつの間にか色んなママに知れ渡っているという経験をした人は意外にも多いもの。

他人の秘密話を黙っていることができず、ついつい色んな人に話してしまうママ友。

この手のママは、コミュニケーションも取りやすく、人当りも良いため、信頼してしまいがち。

しかし、長い付き合いをしたいのであれば、「口が堅い」ということは大切なことになります。

21.グループ意識が強すぎ!仲良しアピールが強いママ

「私たちのグループは…」とグループ意識を全面にだしてくるママ。

SNSを除いても、仲が良いママ達との写真ばかり。

タグ付けをして、その仲の良さを強調しています。

他人から仲良しグループで羨ましいと思われたいのかもしれませんが、周囲からは「もういい年齢なのに…。」と思われてしまう人です。

22.いつも言い訳!とにかく遅刻が多いママ

時間にルーズな人というのは、だらしがないです。

ママに限らず、遅刻が多い人というのは、時間管理が甘い証拠。

何より、人の時間を奪っている感覚がないことが問題。

「時間泥棒」といっても過言ではありません。

23.自分が一番正しい!自分の意見を押し付けてくるママ

考え方は人それぞれ。

しかし、中には頑なに自分の意見を曲げずに、押し付けてくるママがいます。

自分の考えが正しいと考えているため、自分とは違う意見を受け入れることを頑なに拒否するタイプ。

柔軟な考え方ができず、凝り固まった考え方をしているため、価値観が合わないと辛いタイプです。

24.ちょっとしたことに敏感!神経質すぎるママ

「それって私のこと言っている?」「今、悪口言ってた?」と常に自分のことを卑下されていると感じてしまう被害妄想意識が強いママは要注意。

下手に付き合って逆恨みを買うケースが多く、恨み妬みをぶつけられる可能性があります。

25.「それいいね?」言葉巧みにおさがりを貰おうとするママ

他人の物に興味深々。

よさそうなものは、できれば手にいれたいという図々しいママ友。

もらったことに対しての罪悪感もないため、お返しなどの気遣いもできません。

しかし、物をもらうことに対しては貪欲であるため、相手側としては「あげようか?」と言わざるを得ない雰囲気に持っていくことは得意。

ターゲットにされると、根こそぎ物を取り上げられるので要注意です。

距離感を保って、ストレスを溜め込まないようにしよう!

子ども同士が仲が良いからといって、母親同士も仲良くする必要はありません。

無理をして付き合いを続けると、精神的にも負担を感じるようになってきます。

親の関係性は子ども同士には関係ありません。

子どもは子ども、親は親。

きちんと割り切って、当たり障りのないお付き合いをしましょう。

ページトップ