充実した生活ってなんだと思いますか?
充実した生活を送るというのは、人生最大のテーマ。

みんなきっと、充実した毎日を送りたいと願い、充実することを目標に、日々試行錯誤を繰り返しているのではないでしょうか?
もちろん筆者もそのひとりです。

ただ、充実した生活を送るって、とても漠然とした目標なんですよね。

充実感を得たいと思うものの、その“充実”っていうのが何なのか。

それが分からないという人も多いんじゃないかと思います。

漠然とした目標に向かい、闇雲に頑張っている人。

充実感というものが分からなくなって、立ち止まってしまう人。

充実の意味をはき違えて、間違った方向に突き進むものの、いつまでたっても充実感が得られない人…。

筆者は、何を充実と捉えるかは、人それぞれだと思っています。

自分にとっての充実感が何かっていうことが分からなければ、充実した生活は一生手に入らないかもしれません。

それくらい「簡単なことではない」。

でも一方で、実はとても簡単なことだとも筆者は思います。

何故かというと…「充実した生活を送っている」と思えるかどうかは、それぞれの主観によって大きく違うはずだからです。

人生は充実すれば100倍楽しい

充実感とは、自分が感じるものですよね?
他人から見て、充実しているかどうかという問題ではないし、他人と比較するものでもありません。

筆者の姉が以前、「SNSのリア充投稿を見ると、落ち込む」って言ってたことがありました。

他人のリア充投稿をみて落ち込むのは、その人を羨ましいと思うと同時に、その人と自分を比較しているからです。

もちろん、羨ましい気持ちがあるのですから、その人と同じようなことをすることが、姉にとっての充実感を感じられる事柄になるのかもしれません。

でも実際は、“他人に充実していると思われたい”という気持ちのほうが強いんですよね。

他人に充実していると思われることが本人にとっての充実なら、それもひとつですが…本来それは、ちょっと歪んだ考え方だと思います。

他人にリア充アピールして得られる満足感は、“イイネ”が押されるほんの一瞬だけ。

その投稿が埋もれていけば、あっという間に寂しさに襲われるはずです。

それが嫌で、さらにリア充アピールをする。

充実した投稿をするために、充実している風の行動をする…そんな無限ループにハマってしまいます。

それが本当に、充実感を得ていることになるのでしょうか?筆者には、どんどん心が空っぽになっていくように思えます。

姉の場合でいうと…筆者から見れば、薄っぺらいリア充アピールをする人たちよりも、姉のほうがよっぽど充実した生活を送っているように見えるんです。

本人は気づいていないようでしたけどね。

でも、他人からどう思われたいかっていうことに拘る思考さえなくなれば、自分がいかに充実した人生を送っているかが見えてくるはずなんです。

“充実”をどう捉えるか、自分にとっての本当の充実が何なのか。

それが分かれば、人生今より100倍楽しく生きられるのではないでしょうか?

充実していない人生とは?


一方で、充実していない人生とは何なのか?
簡単に言ってしまえば、“充実感を得られていない人生”なんだと思います。

人生が充実しているかどうかを量るモノサシなんてないのですから、「あなたはこのレベルに達していないから充実していません」「あなたは富と名声を得ているから充実しています」なんて決めることも出来ませんし、他人がとやかくいう問題ではないのです。

ですので、例え生活水準が高かったとしても、寂しさや苦しみを抱えていたり、虚無感を感じているのなら、充実していない人生なのかもしれません。

一方で、生活水準が低くても、充実感を得ている人もいるでしょう。

充実した人生とはなんなのか?それは、他人に聞いても答えは出ません。

他人に聞いたところで、それはその人の主観。

その人が充実する術であって、同じようにすれば充実するとは限らないんです。

つまり、答えは自分の中にあるということ。

自分の周りの世界に“充実感”が転がっているわけではありません。

充実感は、他人に求めるのではなく、自分の中から見つけ出さなければ…いつまでたっても満たされることはないはずです。

と、偉そうに言っている筆者ですが…自分が充実感を得られているかというと、半々といったところでしょうか。

充実感を得つつも、まだまだ自分の人生に不満もあります。

でも、どうすべきかっていうのは見えているつもりだし、その足りない部分を埋めるための人生を送るのもまた、充実した人生だと思っています。

充実感を得るのには、バランスが何よりも大事なんだと思うんです。

筆者を例にすると…やりたいことをやり、常に自分の心と向き合って毎日を過ごしているので、そういった部分では日々充実感を得ています。

ただ一方で、やりたいことを優先することで、生活水準は低め。

生活を維持するために、ちょっとやりたくない仕事をやることもありますし、食費を切り詰めるようなこともあります。

一番は、“やりたいこと”と“生活”のバランスが整うことなんですよね。

筆者の場合、生活が苦しいとまではいかないように気を付けています。

ですので、充実感の方を強く感じています。

でももし、生活が成り立たなかったり、あまりに苦しい状況だとしたら、いくらやりたいことをやっていても…やはり充実していないと感じてしまうでしょう。

やりたい事さえも辛いことに思えてしまうようなら、そのやりたいことをやることにも意味が無くなってしまいます。

筆者が自分の心に正直に、充実を求めて試行錯誤してきた結果今思うのは…充実していない人生とは、バランスのとれていない人生だと思うんです。

これには、自分・家族・友達・仕事・趣味・お金・健康…等々、あらゆるものが含まれています。

どこかが足りなければ充実していないと感じてしまうし、どれが必要か、どれに重きを置くべきかっていうのも、人それぞれで比率も違うと思います。

自分にとって充実感を得られるバランスがどこなのか…。

それを見つけ出すのが、充実した人生を送る最大の鍵なのではないでしょうか?

充実した生活をするためにやるべきこと10選

自分にとっての充実した人生を送る最大の鍵。

今回は、そのヒントを見つけていただけるよう、“充実した生活をするためにやるべきこと”をまとめました。

…やるべきというよりは、やってみて欲しいことと言った方がいいかもしれませんね。

いろいろと試しながら自分の心と向き合い、充実とは何なのかを考えていくことが、何よりも大事なことだと思います。

充実感と自分の人生にどう折り合いをつけ、どうバランスをとっていくのか。

自分にとって何が必要で、何が大切なのか。

それを考えるキッカケになるのではないでしょうか?

筆者もまだまだ未熟者ですが、やりたいことをやることや、自分の心に従うことは、何よりも大事にしてきました。

この生き方が“充実”というテーマで考えた時に、はたして正解なのかどうかは…人生終わってみないと分からないのかな?とも思っています。

でも少なくとも、今日人生が終わっても後悔はありません。

それは、今それなりに、自分にとっての充実を見つけられているからだと思います。

みなさんも、自分にとっての充実感を見つけてくださいね!

1. 人間関係を良好に保ち、敵を作らない


充実した生活をするためにやるべきことその1は、“人間関係を良好に保ち、敵を作らない”ということ。

心理学者アルフレッド・アドラーは『人間の悩みは全て対人関係の悩みである』と言ったそうです。

とても人間心理をついた言葉だと思いませんか?
本当に全ての悩みが対人関係なのかどうかは分かりませんが、ほぼ全てとは言えると筆者は思っています。

人として生きていく上で、人との関わり合いを持たずして人生を送っていくなんて有り得ない話です。

だからこそ、人間関係は人生にも大きく影響するのです。

“充実した生活”を考えた時、人間関係は人生のバランスを取るために外せない、重要な役割を担っているはずです。

人間関係がこじれていれば、それは気持ちにも生活にも大きな歪みを生むでしょう。

それが悩みの種となり、その悩みを抱えたまま充実した生活を送ろうとするのは…無理がありますよね。

もし、周囲の人との人間関係が良好に保てておらず、悩みとなっているのなら、そこを改善することで充実感が得られるようになるかもしれません。

ただ筆者の場合…案外敵は作りやすいほうなんですよね(笑)でもそれは、自分に正直であることを心掛けている結果。

時に嫌な思いをすることもありますが、悩みの種となることはありません。

自分にとって何が大事かということを間違えると、良好な人間関係を築けていても、心には歪みを生じているかもしれません。

自分を押えつけて、無理をして保った人間関係なら、逆にそれが悩みの種になることもあるということです。

人間関係が良好に保てていても、敵を作らずにいても、充実感を得られないのなら、どこかでバランスを崩していることになります。

だとしたら、自分にとっての“良好な人間関係”とは何なのかを、まずは見つめ直してみることです。

2. 人のためになることをする

充実した生活をするためにやるべきことその2は、“人のためになることをする”ということ。

人生において、人間関係は切っても切り離せないものですから、人とどう向き合うかは、“充実感を得る”という点においても外せません。

人のためになること…これは、筆者もまだ足りていないと感じていることです。

今思う、“今後の人生でやっていきたいこと”のひとつにもなっています。

“人のためになること”って一言で言っても、これにはいろんな考え方がありますよね?
きっとみなさん、人のためになることと言われると、ボランティアなんかを思い浮かべるのではないでしょうか?実際筆者も、今後やっていきたいと思っているボランティア活動があり、もちろんそれも正解だと思います。

でも、たぶん多くの人が、意識していなくても日々人のためになることをしているはずなんですよね。

家族がいれば、働くことやご飯を作ることなど、家族のためになることをしているはずです。

仕事もそう。

お金を稼ぐためにやっていると思っている人も多いかもしれませんが…例えば農業なら、その食料が誰かの胃袋を満たし、その人に満足感を与えていることでしょう。

もっというと、それによって誰かの命を繋いでいるんです。

農業っていうと、分かりやすすぎる人のためになる仕事ですが、直接的に命に関わらなくてもどんな仕事でも、人のためにならない仕事はありません。

人のためにならない仕事なら、仕事として成り立っていないはずですから。

充実した生活を送るために、新たに人のためになることをしようっていうのも、とても素敵な心掛け。

ですが、まずは自分の身の回りの人とどう向き合うかっていうのも、とても重要なことだと思います。

今まで何気なく、嫌々していた仕事でも、“人のために”という思いを持つだけで、その仕事に対するモチベーションは全く違ってくるはずです。

それが、充実感にも繋がっていくのではないでしょうか?

人のためになることをするというよりは、“人のために”という意識を持つこと。

まずはこれが大事だと、筆者は思います。

もちろん、“人”には“自分”も含まれます。

自分を無視して他人ばかりに尽くしていても、やはりバランスが崩れていくでしょう。

それに、自分のためになることを出来ない人は、他人のためになることが何かも、分からないはずです。

自分が充実感を得ていれば、自然と他人のためになることをしたくなり、それがさらなる充実感を生むものだと、筆者は考えています。

自分が充実感を得たいがために、人のためになることをするっていうのは、見返りを求めていることにもなってしまいますからね。

3. 無駄な時間を過ごさない

充実した生活を送るためにやるべきことその3は、“無駄な時間を過ごさない”ということ。

この“無駄な時間”の定義も、“充実した人生”同様に難しいものですよね。

何が無駄で、何が無駄じゃないのか…これって、人によって違うと思うんです。

よく「悩んでいる時間は無駄」「行動しない時間は無駄」「人生には無駄だらけ」なんて言葉を耳にしますが…筆者はいつもモヤっとします。

他人からみれば無駄な時間に思えても、本人にとっては必要な時間ってこともあるんじゃない?って思うんですよね。

悩んでいる人に向かって「悩んでる時間は無駄無駄!」って言っても…その時間を排除したところで悩みは解決するんでしょうか?って。

その悩みを「無駄」と否定された気持ちは、どこへやったらいいんでしょうか?って。

やるべきこととして“無駄な時間を過ごさないこと”を取り上げておきながら、自分で反論してしまいましたが…要は、「自分で無駄な時間かどうかを見極めることが大事」ですよねってことが言いたいんです。

その時間が必要なのか無駄なのか。

それは、今後充実した生活を送るにあたって、“この時間が自分にどんな影響を与えるか”という視点で考えれば、おのずと答えも見つかるはずです。

4. 計画的に日々を過ごす

充実した生活を送るためにやるべきことその4は、“計画的に日々を過ごす”こと。

“無駄な時間を過ごさない”ことが充実した生活を送るために必要だと考えれば…そのためには計画的に日々を過ごすことが必要なことになってきますよね。

ただ…充実した生活を送るためには“計画的に日々を過ごすこと”と言われると…無駄な時間を作らないようにみっちり計画を立てて、きっちり計画通りに進めなければならない。

と考えてしまう人がいると思うので、ここでもちょっと異論を唱えておきたいと思います。

先ほども述べたように、筆者は何でも「無駄」と捉えるのには疑問があります。

無駄な時間を排除して、そこに予定を詰め込めば、充実感を得られるのでしょうか?筆者はそうは考えません。

“計画的に日々を過ごす”ということは、とっても大事なことだとは思います。

でもそれは、無駄な時間を排除して、計画的に日々を過ごすことが充実に繋がるという単純なものではないと思うのです。

確かに、計画通りに一日を終えたら、満足感や充実感を得られるでしょう。

でも、立てた計画通りに過ごせなかったら?充実していないことになるのでしょうか?
ここに、“計画的に日々を過ごす”ことの落とし穴があると思うんです。

この落とし穴にはまらずに充実感を得るためには、“出来たこと”に目を向けることと、無駄を“ゆとり”と考えて計画を立てることが大切だと思います。

みっちり計画を立ててしまうと、毎日がフル回転。

毎日計画的に日々を過ごせたとしても、心や身体のほうがバランスを崩してしまうかもしれません。

計画的に過ごせなかったら、「計画通りに行かなかった」と落ち込んでしまうかもしれません。

それだと充実感を得るどころか、逆に自分の首を絞めることになってしまいますよね?
“計画的に日々を過ごす”にあたっては、気楽な気持ちでやってみることが大切です。

もちろん、充実感を得るためにも、自分の心と向き合いながら、楽しんで試行錯誤をしてみることの方が大切だと、筆者は思っています。

5. 常に新しいことを取り入れて自分を成長させる

充実した生活を送るためにやるべきことその5は、“常に新しいことを取り入れて自分を成長させる”こと。

新しいことを取り入れたりすることは、自分への刺激になりますよね。

それが、自分の成長にも繋がっていけば、充実感を得ることにも繋がるかもしれませんね。

日々の生活で充実感を得られればいいものの、変わり映えのない日々には充実を感じなくなってしまいがちです。

そういった日々を悶々と過ごしている人は特に、生活に刺激を与えてあげることが効果的かも。

新しいことを取り入れることって、充実感を得やすいことだと思います。

筆者も新しいことにはワクワクしたり、楽しい気持ちになったりしやすいです。

充実感を得るために新しいことを取り入れるってことは無かったですが、新しいことを始めた時、新しい何かを知った時は特に充実した気持ちになれる気がします。

これもきっと、充実感を求めてやるというよりは、何かワクワクと心が突き動かされるようなことがあったら迷わずやってみる!そんな心がけが大切なんじゃないでしょうか。

6. たくさんの出会いを通して人脈を広げる

充実した生活を送るためにやるべきことその6は、“たくさんの出会いを通して人脈を広げる”こと。

また“人”ですね!充実した生活には“人”は切り離せないんですよね。

沢山の出会いを通して人脈を広げるっていうのは、先に挙げた“新しいことを取り入れる”ことにも繋がるんですよね。

人には人それぞれの価値観や感情があります。

それに多く触れることで、自分の心も動かされるんですよね。

そんな出会いがキッカケになって、新しいことを知れたり、考え方の変換が出来たり。

充実感を得るっていう点においても、様々な人の生き方に触れることで、自分の充実した生活へのヒントがもらえることもあるでしょう。

また、先ほどやるべきこととして挙げた“自分を成長させる”ということは、新たな出会いや人脈が広がることにも繋がります。

例えば、学生だったら学生同士の付き合いがほとんどですよね?でも、アルバイトをすることで社会人との出会いが生まれます。

社会人になれば、最初は同僚との付き合いがメインですが、成長していけば年上の上司や取引先の経営者との人脈が生まれます。

政治に興味を持てば、同じ思想をもった政治を志す人との交流が生まれたりもするでしょう。

自分がレベルアップしていくと、その時その先々で、新たな出会いや人脈が広がっていくのです。

7.近付くべきではない人はきっぱりと交流を絶つ

充実した生活を送るためにやるべきことその7は、“近づくべきではない人はきっぱりと交流を絶つ”こと。

先ほどやるべきこととして“人脈を広げる”を挙げたのに、今度は“交流を絶つ”って真逆のようにも思えますが…。

これは、人脈を広げる上での注意点でもあると思います。

たくさんの人との出会い。

それによって人脈を広げることは、自分にとって大きな財産ともなります。

でも一方で、その広がった人脈によって、悩みを抱えることもあるんですよね。

世の中本当にいろんな人がいます。

人との交流が多いほど、自分にとって必要のない出会いを生むこともあるんです。

筆者も昔、自分をオープンにしていくことで人脈を広げていった時代がありました。

自分の状況によって、出会う相手もどんどん変化していくので、それによって自分が成長していることを実感できる所もありました。

それはそれで、とても充実感を得ていたのですが…その全てが、自分にとってプラスになっているかというと、そうとは限りません。

それに、人脈を広げるのって、人によって向き不向きがあるとも思っています。

筆者はどちらかといえば、さほど向いていません。

人との交流が増えるほど、疲れてしまうほうだからです。

なので一時期は人脈を広げていましたが、今はセーブしていますし、広げていった人脈の中で、今も付き合いを続けている人はわずかです。

自分の人間関係を、整理したんですよね。

なので、今付き合いのある人は、今後もずーっと大切にしていきたいと思える人達だけですし、それは限られた人数です。

でも、人脈を広げたことは後悔していませんし、その経験があったから本当に大切な人も見えてきたと思っています。

それにこの経験によって、自分に必要な出会いかそうじゃないかも、すぐに見極められるようになったと思います。

ですので、人との出会いに無駄はありません。

そこから多くを学ぶことが出来るんですから。

ただ、自分にとってどうかっていうのを見極める時は見極めるべき。

そして近づくべきでない人とは、きっぱりと交流を絶つということは心掛けておいたほうがいいでしょう。

人付き合いが洗練されていくと、充実した生活も送れるようになっていくはずです。

8. 嫌なことはなるべくすぐ忘れて気持ちを切り替える

充実した生活を送るためにやるべきことその8は、“嫌なことはなるべくすぐ忘れて気持ちを切り替える”こと。

嫌なこと、嫌な気持ちに囚われたままでいると、充実感なんて得られませんよね?
充実した生活を取り戻すためには、気持ちを切り替えなければなりません。

ただ、無理やり忘れようって思っても、“嫌”と言う気持ちは沸いて出てきてしまうものだったりもしますよね。

筆者としては、嫌なことを「忘れよう」と意識するというよりは、嫌だという気持ちと向き合って、“消化する”といった感じにしています。

嫌なことに対して、自分はどうして嫌なのか。

何を嫌と思ったのか。

まず「嫌だ」という気持ちに耳を傾けます。

そして、その感情が暴れている間は怒ったり泣いたり、思いっきり吐き出すんです。

そして、「私こういうことが嫌なんだな」と落ち着いて考えられるようになったら、嫌なことを回避する方法を考えたり、自分が納得する落としどころを見つけるようにしています。

例えば人間関係でいえば、いつも嫌な思いをさせられる人との交流を絶つというのが、回避する方法になりますよね。

交流を絶てない相手だとしたら、相手にその気持ちを伝えて自分だけが我慢をしないことが、納得できる落としどころになります。

また、相手の性質を理解して「あの人にはこういう時に嫌な思いをさせられるから、その時には相手の話に乗らないようにしよう」とか、「嫌な思いをさせられることもあるけど、それ以上に大切な存在だし、そういう所がある人だから」と、我慢でもなく、押さえつけるでもない気持ちの落としどころを見つけるんです。

ですので、すぐに気持ちを切り替えられるかどうかは、状況にもよります。

でも、ただただ“嫌だ”という悶々とした気持ちだけに囚われているのは、それこそ“時間の無駄”に成り得ますよね。

嫌な気持ちを対処する時間は無駄にはならないと思いますが、嫌な気持ちがくすぶったままでいるのは、やはり充実した生活を送ることを考えれば邪魔になってしまいます。

無駄になるかどうかは、その時間をどう使うか。

それに尽きると思います。

9. 本当にやりたい仕事をする

充実した生活を送るためにやるべきことその9は、“本当にやりたい仕事をする”こと。

これは筆者も心掛けていて、充実した生活を送る上で、自分が一番大切にしていることです。

仕事って、生活の基盤となるもので、人生を語る上でも切り離せないことですよね。

生きていくためにはお金が必要で、そのお金を得るのが仕事です。

そしてその仕事が一日の大半を占め、そこに人付き合いや、仕事をする上で得られる充実感など…様々な要素が詰まっています。

その仕事がやりたい仕事であったなら、それによって良い人付き合いが生まれているなら、その仕事で得たお金で生活が豊かになっていくのなら…それは大きな充実感を得られるのではないでしょうか?
もちろん、人付き合いがうまくいかなかったり、筆者のように金銭面が伴っていなかったりすれば、いくらやりたい仕事をしていても充実感を得られないかもしれません。

でも、仕事・人間関係・お金の3つで考えた時、その仕事に対するモチベーションっていうのは、充実感を得るにあたって大きな要素になると筆者は思います。

やりたい仕事をやっていれば、多少の人間関係のいざこざも我慢出来たり、自分から良い関係を築いていこうと行動も出来たりすると思うんです。

仕事に対してやる気がなければ、人間関係もどうでもいいって思いがちですよね?
お金に関しても、嫌々した仕事で得たお金と、やりたいことをやって得たお金では、その満足感は大きく違うはずです。

やりたい仕事をして得たお金っていうのは、たとえ少なくても、言葉では言い表せない喜びがあるものです。

もちろんバランスが大事なので、あまりに生活が成り立たなければ…“やりたい仕事をやれば充実する”という簡単な方程式にはなりません。

でも、やりたい仕事をすることで得られる充実感は、計り知れないものがあると思います。

10. 人と自分を比較しない

充実した生活を送るためにやるべきことその10は、“人と自分を比較しない”こと。

人と自分を比較しないことは、自分の人生に充実感を得るための最大のポイントだと思います。

自分の充実感を量るとき、ほとんどの人が他人との比較をしているのではないでしょうか今までそうやって充実感を得られていなかったのなら、やはりそれが間違っているということです。

充実感は量るものではなく感じるもの。

自分の中にあるんです。

自分を信じ、自分で自分を好きになってあげて…自分にとっての充実感を追い求めれば、きっと充実した生活も送れるようになるはずです。