大好きな人にとるこんな態度にキュン!男性・女性、それぞれの好き好き態度をまとめましたのイメージ写真

大好きな人を目の前にすると、ドキドキしたり緊張したり、普段とは違う態度をとってしまいがちです。

冷静ではいられないのが恋ですよね。

では、大好きな人の前でとる態度にはどのようなものがあるでしょうか。

男性・女性それぞれご紹介していきます!

【無料枠あります】大好きな人にとる態度について、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)

大好きな人への態度は意外とわかりやすい?

相手の気持ちを察するには、顔や姿勢を見るのが一番わかりやすいと思います。

あなたと話す時に少しほほを赤らめていたり、少し照れていたり、優しい表情になっていたとしたら、好意を持っている可能性が高いです。

まだ好きと言うほどでは無いとしても、異性としてあなたを意識しているでしょう。

あとは態度に注目してみてください。

心理学的にも姿勢には様々な感情が現れると言われています。

前のめりになっている時には相手に興味がある証拠です。

また椅子に深く腰掛けて、距離を保っているならば自分を守っている証拠ですし、腕組みも一般的に警戒していると言われます。

その他にも、あなたと話をしている時に、同じタイミングで飲み物を飲んだり、同じような行動をとるのは相手に同調していて、気を許していたり、また気を許してほしいと思っている現れだったりします。

男性が大好きな人にとる6個の態度

恋愛に積極的な男性もいますが、照れ屋さんで大好きだということを素直に表現できない人も多いです。

大好きな人を素直に褒めることができなかったり、ちょっとぶっきらぼうな態度を取ってしまったりすることもあります。

本当は優しくしたいし、好かれたいのに、ついつい思ってることと反対の態度をとってしまったり…。

口では少し冷たいこと言ってしまったなと反省しながらも、荷物を持ってあげたりと行動は優しかったりすることもあります。

女性からしたらあの人に嫌われてるのかな?いや好かれているのかな?と、わからなくなってしまうような態度をとってしまいがちです。

では、実際大好きな人にはどのような態度をとってしまうのでしょうか。

意外に声はかけない

大好きな人には意外に声はかけない男性
意外に好きな人には声をかけられないという男性も多いようです。

本当は声をかけたいと思っているのにタイミングを逃しがちで、気軽に話しかけれる男友達のことを内心では羨ましがっていたりします。

会話に入ればいいのに、なかなか気の利いた言葉も出てこなくて、好きな人がいると大人しくなってしまうなんてこともあるようですね。

こんな風になかなか声をかけることができずにいる男性は結構多いようです。

片思いの段階では特に声はかけにくく、もし相手に少しでも脈があると感じれたら積極的になれるのが男性なのかもしれませんね。

つまり、脈があるかわからないうちはかなり慎重で、なかなか声もかけれないことが多いようですね。

照れ屋でシャイな男性は多い

距離が近いだけでも赤面してしまったり、ちょっとした言葉にもドキッとしてしまったり、男性って好きな人には照れてしまったり、シャイになってしまう人も多いです。

こういう男性は顔に出やすいので、注意深くみていると普段無表情な人でも、好きな人の前では可愛いらしい表情をしていたりします。

女性からしたら男性の照れている時の顔って可愛いですよね。

大好きな人にだからこそ見せる照れた表情は、ある意味男性の武器にもなりますよね。

特に普段はクールな人ほどギャップがあっていいですね。

目を逸らす

照れてしまってとっさに目を逸らしてしまうのも好きだからこそです。

好きな人のことをもっと知りたいのに、目と目を合わせるなんてできなくて、遠くから見るのがやっとです。

女性からしたら嫌われているのかな?と感じるかもしれませんね。

でもやたら目があうということは、相手があなたのことを見ているからです。

それかあなたが見ているかのどちからです。

お互いによく見ているというケースもありえますね。

もしあなたは相手を見ているわけでもないのによく目があうのであれば、それは相手があなたを見ていると思って間違いないでしょう。

興味があることは確かなので、気になるようなら声をかけてみるとか、友達に相談して見ましょう。

見つめたいのに出来ない

本当は見つめたいのにできないのは恥ずかしいからです。

これは女性でも男性でも同じではないでしょうか?

好きになればなるほど照れてっしまってちゃんと顔が見れないし、直視できなくなってしまうんですよね。

だから相手になかなか伝わりません。

赤面しちゃうタイプの人なら周囲にはバレバレだったりしますが、肝心の本人には伝わってないなんてこともあったりしますよね。

二人きりでは態度が違う

みんなの前では冷たかったり、あんまり関わらないようにしているかもしれません。

ですが、二人っきりの時は話しかけてきたりなんてことないでしょうか?

それはみんなの前では、茶化されるのではないかとか、テンパってる自分をみられる気がして恥ずかしくて喋りかけれなかったりするのかもしれません。

しかし、二人になれた時にはチャンスと思って頑張って勇気を出して話しかけているのかもしれませんね。

みんなの前では冷たいのに、二人の時は優しいなって思う人がいたらこのタイプのようですね。

男性はもともと恥をかきたくないとか、かっこ悪い自分を見せたくなかったりするので、人前で積極的にアプローチできないのかもしれません。

自分に自信がある人や、相手に好かれているかもと脈を感じている場合は別です。

人前でも積極的にアプローチしてくるでしょう。

周りにバレるのが恥ずかしい

学生の頃、告白なんていったら学校中の噂になったり、冷やかされて恥ずかしい思いをするなんてこともあったりなかったり。

恥ずかしいという気持ちは周りからの目を気にしているところがあるようです。

お互いに好きな場合は一緒に照れたりできるので、恥ずかしさも半減しますが、片思いが周囲にバレてしまう状況は避けたいと思うのでしょう。

話している時に前のめりになる

男性は好きな人と話しているとき前のめりになります。

普段男性は緊張して距離を取りがちかもしれませんが、好きな人と対面で話している時は無意識に前のめりになってしまいます。

逆に、椅子に座っている時でも背もたれにもたれるのは相手に興味がないのかもしれません。

よっぽど緊張して近づけないと言う場合は緊張感が相手から伝わってくるはずですし、男性の方が女性より顔に出やすいので、恥ずかしそうにしているかどうかで判断できそうです。

よく助けてくれる

男性は好きな人のことを意識してよく見ています。

そのため、他の女性には気がつかなくても、好きな女性が重たい荷物を持っていたりしたら持ってあげようと動いたりします。

男性として頼られていという気持ちもありますので、力作業や、高いところのものを取る時などいち早く気がついて助けに行こうと思うようですね。

予定を合わせてくれる

誰にでも優しい男性ってたまにいますが、どんな男性でも興味のない人よりも、好きな人を優先させますし、予定も合わせようと頑張ります。

自分の予定に合わせてくれているなと思ったら、あなたのことが大好きだというサインかもしれません。

逆に男性に合わせないといけないようでは、彼はまだあなたのことを本気で好きにはなっていないのかもしれませんね。

【無料枠あります】大好きな人にとる態度について、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)

女性が大好きな人にとる6個の態度

では、女性は好きな人にはどういった態度をとる傾向にあるのでしょうか。

男性と比べて大差があるわけではないですが、女性の方が覚悟を決めたら大胆な行動をとることがあるようです。

例えばいつもは目で追ってばかりでなかなか話しかけられないのに、会社の飲み会などではちゃっかり近くに座ってたり、意外と大胆な気づいてアピールをしているようです。

多分男性は自分が好かれているなと気づくパターンが多いようです。

男性に比べて女性の方が表現上手なのかもしれませんね。

視線がよく合う

女性も男性と同じで好きな人を目で追ってしまうものなので、自然と目が合いやすくなります。

でも男性と違ってプイッと逸らすのではなく、恥ずかしそうに目を伏せるといった感じです。

男性は見ていることを気づかれないようしているとしたら、女性は見ていることを気づいてほしおいという感じかもしれませんね。

なので当然視線もよく合うわけです。

なんだかよくあの子と目が合うなと思ったら、気に入られていると思っていいでしょう。

もし目が合った時に、逸らさずにじっと見つめ返してみて頬を赤くするようならほぼ間違いないでしょう。

しかし、見つめすぎると私のこと好きなのかも!と勘違いされるかもしれませんので気をつけてくださいね。

ボディタッチをする

これもわかりやすい態度ですが、女性は基本的に好きな人に触れたいという気持ちが強く、自然とボディタッチが増える傾向があるようです。

逆に男性は、好きな人に触れたいけど過剰に意識しすぎて触れられないという人も多いようです。

女性は飲み会などで少し酔った時などは大胆な行動になりやすく、ボディタッチが増えます。

嫌いな人には触れたくないので、触れられている=好きの可能性は高いと言えます。

小悪魔的な女性ならわざとしているかもしれませんが、基本的には女性は好きな人に触れてしまうものなのです。

嬉しそうな笑顔を見せる


女の子って好きな人と話をしている時って自然とすごく笑顔になっちゃうんです。

これが好きな人にしか見せない顔ってやつです。

恥ずかしかったり、嬉しかったり、そんな気持ちが入り混ざって自然となるものなので意識してできるものではないようです。

そのため、女性は好きだとすぐにバレちゃうかもしれないですね。

女性はそもそも好きな人のことを考えているだけで、笑顔になれちゃったりします。

好きな芸能人の見ているだけで笑顔になれたり、好きな先輩のことを思い出すだけで胸が高鳴ったり、デートの前日に服を考えているだけでもウキウキしたりして、気づけば笑顔になっています。

女性の方が恋すると楽しそうで生き生きして見えるのはこの性質があるからでしょうね。

可愛く笑っている女性は周りも癒されますよね。

それだけでも恋をするっていいことですね。

テンションが高い

好きな異性のを前にしたらテンションが上がるのは、男性も女性も同じだと思います。

テンションが上がって空回りしたり、ミスしてしまったり、恋愛中の女子にはあるあるなことかもしれせん。

それだけではありません。

好きな人の言動一つでテンションが下がることだってあります。

女性は相手の望む自分のなろうとしがちです。

なので好きな男性がストレートヘアが好きだとか、大人っぽいファッションが好きだとか言ったとしたらそれを意識してしまうという人も多いです。

そして自分のファッションや外見や内面と、相手の好みはかけ離れていたりしたら落ち込んでしまってテンション下がりまくることもあるかもしれません。

好きな男性によってテンションが左右されてしまうのも、恋にはよくあることですよね。

他の人と話しているときと態度が違う

女性は無意識のうちに好きな人にだけ特別な態度をとっていることが多く、興味ない人との差別を自分でも知らないうちに行っているようです。

他の人と話している時の態度や口調とは違うので、わかりやすいかもしれません。

好きな人には少し高い声になりがちですが、興味のない人には少し低め、また安心していて素をを見せている友達や家族には低い声になるようです。

「声色」だけでも好きの度合いを測ることができちゃいますね。

また声だけでなく態度にも差が出ます。

それは「距離」です。

好きな人と話す時の距離は比較的近く、興味のない人とは遠くなり、近づかれると不快に感じます。

しかし好きな人の場合は近づいていることにさえ、もしかしたら触れていることでさえ気付いていないかもしれません。

つまりこの距離感も無意識なのです。

人にはパーソナルスペースというものがあり、自分の近くに他人が入ってくるのを嫌う傾向があります。

しかし、好きという感情がある場合はその方式が取り払われるのです。

他の女性と話しているとやきもちを焼く

女性は好きな人の言葉に気分が左右されがちです。

そして女性の行動や態度は気分に左右されがちです。

好きな人に挨拶してもらっただけでウキウキしたり、髪型やファッションを褒めてもらえたら一日中笑顔で楽しく過ごせたりします。

しかし、綺麗な女性が好きな人と楽しそうに話していたりしたら、自分なんか好きになってもらえないんだろうなってテンション下がったり、ちょっと不機嫌になる女性もいます。

男性からしたら「なんかした?嫌われた?」と思ってしまうかもしれません。

ですが、自分以外の女性と楽しそうに話している姿を見て拗ねているだけなので、可愛いやきもちだと思ってください。

【無料枠あります】大好きな人にとる態度について、占いで診断するにはこちら →
(PR:Tphereth)

恋をすると相手次第で気分を左右されてしまうもの

人は誰でも恋をすると相手次第で気分を左右されてしまったりするものです。

挨拶しただけで幸せな気持ちになったり、些細な言葉やちょっとしたことで落ち込んだり・・・友達を羨んでみり、嫉妬してみたり・・・。

恋愛に依存するタイプの人ほど、好きな人の一喜一憂に気分が左右されがちで、機嫌がコロコロ変わってしまうようです。

恋愛ドラマや漫画などの主人公たちはほとんどがこれに当てはまるのではないでしょうか。

自分では顔や態度に出していないつもりでも、身近な人にはバレていること多いようです。

でもこれは悪いこととは限りません。

恋してる自分に酔うのも恋する楽しみの一つですので、ウキウキしたり、落ち込んだりするのも日々のスパイスと思って 楽しんじゃいましょう♬

好きな人の連絡先をGETする方法

好きな人と仲良くなるには、まずは連絡先を交換できるように頑張りましょう。

自然に自分で聞くことができれば一番良いですが、友達やみんなを巻き込んで遊びにいける環境を作ると聞き出すチャンスを作ることができますよ。

また、飲み会などがあれば写真を送るからという理由で聞き出すのもいいかもしれません。

もちろん、ストレートに「連絡先教えてもらえないかな?」とお願いしてみるのも好感度が高いでしょう。

普段会っている時には上手く表現できないのであれば、まずは文章から少しずつ表現していきしましょう。

何気ない会話やお礼の言葉などを伝えることで好感度も上がりますし、いいことを言ってもらえると相手も素直に言葉を伝えやすくなります。

お互いに会っていない時にはメールで気持ちを伝え合えたなら、あとは時間の問題で、きっと付き合いに発展するのもそう遠くもないでしょう。

まずは文章でそれとなく好意があることを伝えることからです。

相手の反応も悪くなかったら、遊びに誘って、を繰り返していけば距離もどんどん縮まっていきますよ。

大好きな人への接し方は基本的に男女似ている

総合的にみて女性も男性も好きな人への接し方は似ているようです。

目で追ってしまったり、相手の言葉や行動など些細なことでテンションが左右されたり、話しているだけで恥ずかしくて赤くなってしまったり、恋をすると皆同じようですね。

だけど好きな人と幸せになれるか、つまり相手を幸せにできるか、そして自分も幸せになれるかは、あなたの行動次第です。

誰かを好きになった時に、本当にその人のことを大好きなのか、恋している自分に酔っているのかどうかは意外と簡単に判断できます。

本当に大好きで愛にも近い感情ならば相手の幸せそうな顔をみたいと思うはずです。

「いつも笑っていてほしいな。」「自分が笑わせたいな。」と思います。

そして相手の幸せを心から願えるはずです。

だから相手が何を好きで何を喜ぶのかと考えるのです。

つまり基準が相手なのです。

しかし恋に恋している状態では、相手のことをまだ本気で好きではないので、自分の思うようしたいと考えます。

こんなことすれば喜んでくれるんじゃないだろうかと考えはするのですが、自分の基準で考えているので、相手がそれで喜んでくれなかったら「なんで?」と思うわけです。

これは自分の思う優しさで喜んでほしいと考えてます。

つまり自分が主体になっていて、基準が相手ではなく自分なのです。

これって同じ好きでも全然違うと思いませんか?

この相手が基準に考えるという思いやりの感情、これに気づくことができた人が本当の意味で相手を幸せにして、かつ自分も幸せになれるのかもしれませんね。

まずは本気で好きになれるかどうかですが、好きな人ができたかもと思った時にこの文を思い出してもらえたら嬉しいです。