男性と女性の大好きな人にとる行動とはどのようなものがあるでしょうか。

男女別に見てみましょう!

男性が大好きな人にとる態度

男性は女性に比べて照れ屋さんが多く、素直に表現できない人が多いようです。

大好きな人には素直に褒めることができなかったり、ちょっとぶっきらぼうな態度を取ってしまったりするもの。

ツンデレって言葉がぴったりだけど、本当は優しくしたいし、好かれたいのに、ついつい思ってることと反対の態度をとってしまったりするものなんです。

口では少し冷たいこと言ってしまったなと反省しながらも、荷物を持ってあげたりと行動は優しかったり。

女性からしたらあの人に嫌われてるのかな?いや好かれているのかな?と、わからなくなってしまうような態度をとってしまいがちです。

意外に声はかけない


意外に好きな人には奥手で声をかけれません。

タイミングを逃しがちで、気軽に話しかけれる男友達のことを内心では羨ましがっていたりします。

会話に入ればいいのに、なかなか気の利いた言葉も出てこなくて、好きな人がいると大人しくなってしまうなんてこともあるようですね。

こんな風になかなか声をかけることができずにいる男性は結構多いようです。

片思いの段階では特に声はかけにくいものです。

もし相手に少しでも脈があると感じれたら積極的になれるのが男性なのです。

つまり脈があるかわからないうちはすごく慎重で声もかけれないことが多いようですね。

男は基本照れ屋

距離が近いだけでも赤面してしまったり、ちょっとした言葉にもドキッとしてしまったり、男性って好きな人には結構照れを隠せない人多いですよ。

顔に出やすく、注意深くみていると、普段無表情な人でも、好きな人の前では可愛いらしい表情をしていたりします。

基本的に男性は照れ屋さんが多いようです。

女性からしたら男性の照れている時の顔って可愛いですよね。

好きな人にだからこそ見せる照れる表情はある意味男性の武器にもなりますよね。

特に普段はクールな人ほどギャップがあっていいですね。

ナンパとはわけが違う


もちろん大好きな人への振る舞いは軽いナンパとは大違いです。

ナンパは顔や雰囲気が好みだなと思って声をかけるのでしょうが、声をなかなかかけられないのが本気の好きです。

2人でお出かけできるくらい仲良くなってからもドキドキして上手く話せなかったりするんです。

ナンパから始まる恋も結婚もあるので否定しませんが、大好きな人と仲良くなりたいと勇気を振り絞って声をかける能登は、声のかけ方からしてまず違うでしょう。

ナンパのイメージはその日に出会った人に声をかける感じですが、
大好きな人に声をかけるには、ずっと思いを募らせてきて、何度も声をかけようとしては失敗してといった感じだと思います。

なので緊張感が全く違うのではないでしょうか。

好きな女性には弱い生き物

男性は好きな女性にほど奥手なことが多くなかなか話しかけけれません。

しかし友達としか思っていない人や特別な感情がない人には気楽に話しかけたり、長話なんてこともできちゃうようです。

好きな女性にはなぜか上手く話せなかったり、かっこいいところを見せたいのに緊張して失敗してばかりなど、なかなか上手くアピールできずにいるようです。

どうやら男性は好きな女性には弱い生き物のようです。

またその方が上手くいくのかもしれませんね。

女性からしても愛されているかどうか分りやすいはずです。

自分にはすごく合わせてくれているなと感じたらそれはあなたを気遣ってくれている証拠。

誰にでも優しい男性ってたまにいますが、どんな男性でも興味のない人よりも、好きな人を優先させますし、予定も合わせようと頑張ります。

逆に男性に合わせないといけないようでは、彼はまだあなたのことを本気で好きにはなっていないのかもしれませんね。

目を逸らす

照れてしまってとっさに目を逸らしてしまうのも好きだからこそです。

好きな人のことをもっと知りたいのに、目と目を合わせるなんてできなくて、遠くから見るのがやっとです。

女性からしたら嫌われているのかな?と感じるかもしれませんね。

でもやたら目があうということは相手があなたのことを見ているからです。

それかあなたが見ているかのどちからです。

お互いによく見ているというケースもありえますね。

もしあなたは相手を見ているわけでもないのによく目があうのであれば、それは相手があなたを見ていると思って間違いないでしょう。

興味があることは確かなので、気になるようなら声をかけてみるとか、友達に相談して見ましょう。

見つめたいのに出来ない

本当は見つめたいのにできないのは恥ずかしいからです。

これは女性でも男性でも同じではないでしょうか?
好きになればなるほど照れてっしまってちゃんと顔が見れないし、直視できなくなってしまうんですよね。

だから相手になかなか伝わらない。

赤面しちゃうタイプの人なら周囲にはバレバレだったりしますが、肝心の本人には伝わってないなんてこともあったりしますよね。

だって照れている時の顔を逸らしていたら相手は見れていないのですから気づかなくても納得ですよね。

集団と一人では態度が違う

みんなの前では冷たかったり、あんまり関わらないようにしているかもしれません。

二人っきりの時は話しかけてきたりなんてことないでしょうか?
それはみんなの前では、茶化されるのではないかとか、テンパってる自分をみられる気がして恥ずかしくて喋りかけれなかったりするのかもしれません。

しかし二人になれた時にはチャンスと思って頑張って勇気を出して話しかけているのかもしれませんね。

みんなの前では冷たいのに、二人の時は優しいなって思う人がいたらこのタイプのようですね。

もしくはみんなの中に本命や狙っている人が他にもいる遊び人タイプかのどちらかです。

男性はもともと恥をかきたくないとか、かっこ悪い自分を見せたくなかったりするので、人前で積極的にアプローチできないのかもしれません。

自分に自身がある人や、相手に好かれているかもと脈を感じている場合は別です。

人前でも積極的にアプローチしてくるでしょう。

意識している

とにかく好きな人前ではいろんなことを意識しすぎてしまうそれが恋心です。

こうしたらかっこよく見えるんじゃないか、こんなことしたら嫌われるんじゃないか、とか意識しすぎて空回り・・・泣
心あたりある人多いのではないでしょうか。

意識するあまりに自分の良さを逆に殺してしまってたりもします。

本当の自分自身ををみてもらえて、好きになってもらえたらもっといいのですが、そうできれば誰も苦労しませんよね。

素直に表現できるか、できないかは、元々の性格もあるかもしれませんが、若い時ほどできない人が多いように感じます。

これは恥ずかしい気持ちが強いからで、年と共に経験値が上がるので素直に表現できるようになったり、余裕ある態度ではなることができるようになったりします。

恥ずかしい心理

恥ずかしいという心理は一体なんなのか・・・
学生の頃とかは告白なんて行ったら学校中の噂になったり、冷やかされて恥ずかしい思いをするなんてこともあったりなかったり。

恥ずかしいという気持ちは周りからの目を気にしているところがあるようです。

好きな人に照れている自分を周囲にもみられているのは確かに恥ずかしい。

自分の弱点を周囲にさらけ出しているような感覚なのではないでしょうか。

お互いに好きな場合は一緒に照れたりできるので、恥ずかしさも半減しますが、片思いを周囲に知られている状況は一人恥ずかしい状況のようです。

女性が大好きな人にとる態度

では女性は好きな人にはどう行った態度をとる傾向にあるのでしょうか。

男性と比べて大差があるわけではないですが、女性の方が覚悟を決めたら大胆な行動をとることがあるようです。

例えばいつもは目で追ってばかりでなかなか話しかけられないのに、会社の飲み会などではちゃっかり近くに座ってたり、意外と大胆な気づいてアピールをしているようです。

多分男性は自分が好かれているなと気づくパターンが多いようです。

なので男性に比べて女性の方が表現上手なのかもしれませんね。

視線がよく合う

女性も男性と同じで好きな人を目で追ってしまうものなので、自然と目が合いやすくなります。

でも男性と違ってプイッと逸らすのではなく、恥ずかしそうに目を伏せるといった感じです。

男性の方がみているのを気づかれないようにみているとしたら、女性はみているのを気づいてって感じかもしれませんね。

なので当然視線もよく合うわけです。

なんだかよくあの子と目があうなと思ったら、気に入られていると思っていいでしょう。

もし目があっても逸らさずじっと見つめ返して見て頬を赤くするようならほぼ間違い無いですね。

しかし私のこと好きなのかもと勘違いされるかもしれませんので気をつけてくださいね。

ボディタッチ

これもわかりやすい表現ですが、女性は基本的に好きな人に触れたいという気持ちが強く、自然とボディタッチが増える傾向があるようです。

逆に男性は好きな人ほど触れたいけど過剰に意識しすぎて触れられないものです。

女性はよくに飲み会などで少し酔ったり時などは大胆な行動になりやすく、ボディタッチが増えます。

女性はわかりやすくて、嫌いな人には触れたくないので、触れられている=好きの可能性は高いと言えます。

水商売などはこの心理を上手く利用して、好きでも男性にでもボディタッチを積極的に行い、男性に「もしかして僕のことが好きなのかな?少なくとも嫌われてはない」といういい気分にさせて再来店に繋がるようにしています。

一般の女性でも小悪魔的な女性ならたまにあるかもしれませんが、基本的には女性は好きな人に触れてしまうものなのです。

いつもより笑顔

女の子って好きな人と話をしている時って自然とすごく笑顔になっちゃうんです。

これが好きな人にしか見せない顔ってやつです。

恥ずかしかったり、嬉しかったり、そんな気持ちが入り混ざって自然となるものなので
意識してできるものではないようです。

なので女性は好きな人には好きってすぐバレちゃうかもしれないですね。

というか女性はそもそも好きな人のことを考えているだけで笑顔になれちゃったりするんです。

好きな芸能人のみているだけで笑顔になれたり、好きな先輩のことを思い出すだけで胸が高鳴ったり、デートの前日に服を考えているだけでもウキウキしたりして、気づけば笑顔になっています。

女性の方が恋すると楽しそうで生き生きして見えるのはこの性質があるからでしょうね。

まぁ女性は暗いよりも可愛く笑っている方が周りも癒されますよね。

それだけでも恋をするっていいことですね。

テンションが違う

女性だって好きな人を目の前にしたら緊張したりはします。

基本的には好きな異性のを前にしたらテンションが上がるのは男性も女性も同じだと思います。

女性だってテンション上がってしまって空回りしたり、ミスしてしまったり、恋愛中の女子にはあるあるなことかもしれせん。

それだけではありません。

好きな人の言動一つでテンションが下がることだってあります。

女性は基本的に好かれたいと思う傾向が強くて、相手の望む自分のなろうとしがちです。

なので好きな男性がストレートヘアが好きだとか、大人っぽいファッションが好きだとか言ったとしたらそれを意識せざるを得ません。

そして自分のッファッションや外見や内面と、相手の好みはかけ離れていたりしたら落ち込んでしまってテンション下がりまくることも・・・
つまり好きな男性にテンションが左右されるということです。

本気で好きな場合

本気で好きな場合は女性も待っているだけでなく行動に移します。

気づいてオーラを出していても一向に気づいてもらえない場合には女性のアピールはさらに強くなります。

まずは彼にみて欲しくて彼好みの服装や振る舞いを心がけます。

そして周りから固めていきます。

彼周辺や職場の同僚などみんなに良い女性と思われるように心がけて振る舞い、周りからもプッシュしてもらえるように協力者を作っていきます。

しかしこうした頑張る本気の女性は、上手く好きな彼をゲットできるケースと、気づかないふりをしているのに、エスカレートしていくアピールに惹かれてしまうケースの2パターンに分かれます。

上手く落とすには相手に合わせ過ぎないことです。

誰だって芯のない人には惹かれないものです。

そして意外と人は好みと違う人と付き合っていたりするものです。

理想と好きになる人は違うなんてことはよくある話だと思います。

だから外見の好みなどはあまり合わせ過ぎずに、その人の求めている内面の重視して、磨いていくようにした方がよっぽど落としやすいのではないでしょうか。

狙っている場合

女性は彼の気を引けないと思った場合には時にとても大胆な行動に出ます。

女で責めるのです。

露出の多い服装や、飲んだ席で酔ったふりして甘えるなど。

これは完全に落とそうとしている行動ですが、軽い女性にも見えてしまう恐れがあるので注意が必要です。

また素男性は基本的に守りたくなるような女性を好みますので、あまり攻めの姿勢で行くと惹かれてしまいかねません。

しかし世の中には強い女性に魅力を感じるM体質な男性もいますので、思い切って攻めてみるのも結果を求める上で良いかもしれませんね。

文字通りの「当たって砕ける」になるかもしれませんが、上手くいけば体から始まる付き合いや結婚もあります。

誰にでも軽い女と思われずに、自分にだけそれくらいの本気と思わせることができれば翔さんがあるかもしれません。

話しているときの態度が変わる

女性は無意識のうちに好きな人にだけ特別な態度をとっていることが多く、興味ない人との差別を自分でも知らないうちに行なっているようです。

話している時の態度や口調が違うのもそのせいです。

好きな人には少し高い声になりがちですが、興味のない人には少し低め、また安心していて素をを見せている友達や家族には低い声になるようです。

「声色」だけでも好きの度合いを測ることができちゃいますよ。

また声だけでなく態度にもさが出ます、それは「距離」です。

好きな人と話す時の距離は比較的近く、興味のない人とは遠くなります。

また近づかれると不快に感じます。

しかし好きな人の場合は近づいていることにさえ、もしかしtら触れていることでさえ気付いていないかもしれません。

つまりこの距離感も無意識なのです。

人にはパーソナルスペースというものがあり、自分の周囲1メートルほどに他人に入って来られるのを嫌う傾向があります。

しかし好きという感情がある場合はその方式が取り払われるのです。

女性は基本的に男性に甘えたいそんな願望が強くあるようです。

どちらも素直ではないケース

女性にも男性と同じようなツンデレのような天邪鬼タイプもちょくちょくいます。

好きと上手く伝えられず、むしろ恥ずかしいからバレないように振舞っているうちに、ついつい好きな人への態度がきつくなって決まったケースです。

このように意地っ張りな表現下手なタイプの二人が好き同士になった場合は本当に大変ですね。

なかなか進展できません。

みている方からすれば初々しくて可愛いですし、楽しいですが、本人たちからすればどうすればいいのかもうわからなくなっているかもしれません。

そんな時に役に立ってくれるのは友達と、やはり今の時代ならケータイですね。

グループで遊んだりして会う機会を増やしたり、FACE BOOKなどのSNSなどを上手く活用して少しずつ距離を縮めて行くといいでしょう。

連絡先GETの仕方

まずは連絡先を交換できるように頑張りましょう。

自然に自分で聞くことができれば一番良いですが、友達やみんなを巻き込んで遊びにいける環境を作ると聞き出すチャンスを作ることができますよ。

普段あっている時には上手く表現できないのであれば、まずは文章から少しずつ表現していきしましょう。

何気ない会話やお礼の言葉などを伝えることで好感度も上がりますし、いいことを言ってもらえると相手も素直に言葉を伝えやすくなります。

お互いにあっていない時にはメールで気持ちを伝え会えたなら、あとは時間の問題で、きっと付き合いに発展するのもそう遠くもないでしょう。

まずは文章でそれとなく好意があることを伝えることからです。

相手の反応も悪くなかったら、遊びに誘って、を繰り返していけば距離もどんどん縮まって行きますよ。

大好きな人への態度が分かるコツ

基本的には相手の気持ちを察するには顔や姿勢を見るのが一番わかりやすいと思います。

あなたと話す時に少しほほを赤らめていたり、少し照れていたり、優しい表情になっていたとしたら、好意があると思っていいでしょう。

まだ好きと言うほどでは無いとしても、異性としてあなたを意識していることは間違い無いでしょう。

あとは態度に注目してみてください。

心理学的にも姿勢には様々な感情が現れると言われています。

前のめりになっている時には相手に興味がある証拠。

また椅子に深く腰掛けて、距離を保っているならば自分を守っている証拠ですし、腕組みも一般的に警戒していると言われます。

その他にも、あなたと話をしている時に、同じタイミングで飲み物を飲んだり、同じような行動を撮るのは相手に同調している証拠で、気を許していたり、また気を許してほしいと思っている現れだったりします。

男性の場合

特に男性の場合は女性よりは緊張して距離を取りがちかもしれませんが、これは緊張や恥ずかしさの現われで、決して近づきたく無いわけではありません。

しかし椅子に座っている時でも遠のめりになるのは相手に興味が無いと言えます。

よっぽど緊張して近づけないと言う場合は緊張感が相手から伝わってくるはずですし、男性の方が女性より顔に出やすいので、恥ずかしそうにしているかどうかで判断できそうです。

また男性は好きな人のことをもちろん女性として意識していますので、他の女性には気がつかなくても、好きな女性が重たい荷物を持っていたりしたら持ってあげようと動いたりします。

男性として頼られていという気持ちもありますので、力作業や、高いところのものを取る時などいち早く気がついて助けに行こうと思うようですね。

女性の場合

女性の場合は男性よりもポーカーフェイスがうまい場合がありますが、基本的には好きな異性と話す時には、頬を赤らめるのは誰でも同じようですが、女性の場合は恥ずかしそうに視線をそらす人と、しっかりと目を見て話す人に分かれそうです。

目を見るのが恥ずかしく無いわけではなく、その人に釘付けになっているイメージですね。

女性の方が男性よりも積極的でもあるようですね。

また話をする時などの姿勢で女性は男性よりもわかりやすい点があります。

距離感です。

男性に比べて女性の方が明らかに好きな異性に対しての距離が近くなります。

話を聞いている時には前のめりになりますし、ただ横を歩いているだけでも、嫌いな人や興味ない人と歩く時に比べて距離が近くなります。

きっとこれは無意識に触れたいとか、触れてほしいと言った気持ちから、すぐに触れる距離にいるのかもしれませんね。

急に機嫌が変わるのは

人は誰でも恋をすると相手次第で気分を左右されてしまったりするものです。

挨拶しただけで幸せな気持ちになったり、些細な言葉やちょっとしたことで落ち込んだり・・・友達を羨んでみり、嫉妬してみたり・・・
恋愛に依存するタイプの人ほど、好きな人の一喜一憂に気分が左右されがちで、機嫌がコロコロ変わってしまうようです。

恋愛ドラマや漫画などの主人公たちはほとんどがこれに当てはまるのではないでしょうか。

自分では顔や態度に出していないつもりでも、身近な人にはバレていること多いようです。

でもこれは悪いこととは限りません。

恋してる自分に酔うのも恋する楽しみの一つですので、ウキウキしたり、落ち込んだりするのも日々のスパイスと思って 楽しんじゃいましょう♬

男性の態度

好きな人に声をかけられてテンションが上がったり、好きな人が自分ではない男性を好きだという噂を聞いたら落ち込んだり・・・こんなテンションの変化は可愛らしいですよね。

しかし自分の思い通りに展開が進まないと、スネたり怒ったり機嫌が悪くなる男はハッキリ言って器の小さい男です。

好きな女性のことが気になって仕方なくても、相手を不快にさせることのないように、自分本位な行動や言動は慎みましょう。

周りの空気を悪くしないようにスマートに行動できるのが大人の男ですよね。

ちょっとした独占欲は好きな人に出されると嬉しいものですが、興味ない人からされてもちょっと気持ち悪いだけです。

もし同僚が気になる女性と楽しそうに話していたら自然と話に寄れる関係性を作ることから始めてみましょう。

まずは好きな人の幸せにするのは自分だったらいいなと努力するのは大切ですし、もし自分でなくても幸せになってほしいと願えるくらいが男らしいですよね。

そんな風に思ってもらえてたら女性も気持ちの大きさに気づいてくれるかもしれませんよね。

女性の態度

女性は好きな人の言葉に気分が左右されがちです。

そして女性の行動や態度は気分に左右されがちです。

好きな人に挨拶してもらっただけでウキウキしたり、髪型やファッションを褒めてもらえたら一日中笑顔で楽しく過ごせたりします。

また綺麗な女性が好きな人と楽しそうに話していたりしたら、自分なんか好きになってもらえないんだろうなってテンション下がったり、目があったのにそらされたりしたら嫌われてるんじゃないかって不安になったり、女子は好きな人次第で一日が決まるくらい左右されてしまう人が多いです。

男性からすれば好きな女の子が自分のことを考えてテンションが上がったり下がったりしているんだとしたら、可愛くて嬉しいかもしれませんが、好きでもない子にあんまり気にされたり干渉されると少しめんどくさく感じるかもしれません。

しかもそれが態度に出やすい子だと仕事をする上では扱いにくいかもしれません。

女性も男性と同様に、心の中をあまり態度に出しすぎないように気をつけた方がいいと言えますね。

大好きな人への接し方は基本的に男女似ている

総合的にみて女性も男性も好きな人への接し方は似ているようです。

目で追ってしまったり、相手の言葉や行動など些細なことでテンションが左右されたり、話しているだけで恥ずかしくて赤くなってしまったり、恋をすると皆同じようですね。

だけど好きな人と幸せになれるか、つまり相手を幸せにできるか、そして自分も幸せになれるかは、あなたの行動次第です。

誰かを好きになった時に、本当にその人のことを大好きなのか、恋している自分に酔っているのかどうかは意外と簡単に判断できます。

本当に大好きで愛にも近い感情ならば相手の幸せそうな顔をみたいと思うはずです。

いつも笑っていてほしいな。

自分が笑わせたいなと思います。

そして相手の幸せを心から願えるはずです。

だから相手が何を好きで何を喜ぶのかと考えるのです。

つまり基準が相手なのです。

しかし恋に恋している状態では、相手のことをまだ本気で好きではないので、自分の思うようしたいと考えます。

こんなことすれば喜んでくれるんじゃないだろうかと考えはするのですが、自分の基準で考えているので、相手がそれで喜んでくれなかったら「なんで?」と思うわけです。

これは自分の思う優しさで喜んでほしいと考えてます。

つまり自分が主体になっていて、基準が相手ではなく自分なのです。

これって同じ好きでも全然違うと思いませんか?
後者では二人が幸せになれる可能性が前者に比べて低いことがお分りいただけるのではないでしょうか?

本気で誰かを好きになった時にはその人を幸せにしたいと思えるはずです。

その気持ちが相手の望むものは何なのかを考えさせるきっかけを作ることになりますし、
相手の望む言葉や態度を示すことができるようになります。

失敗しても気にしません。

それも新しい発見になるのです。

なのでお持ち通りに行かなくてイライラするなんてことがないのです。

こうした行動を繰り返しているうちに
結果として相手はあなたの魅力や優しさ、愛情に気づくと言えますね。

極論から言えば相手に振り向いてもらえないならば、あなたの愛情もその程度だということです。

本気で好きになれば相手にも伝わるだけの思いやりを持つことができるはずなのです。

どんだけ好きだと言っても相手の嬉しいと思うものを見つけることもできないのであれば、あなたの気持ちはその程度なのです。

この相手が基準に考えるという思いやりの感情
これに気づくことができた人が本当の意味で相手を幸せにして、かつ自分も幸せになれるのかもしれませんね。

まずは本気で好きになれるかどうかですが、好きな人ができたかもと思った時にこの文を思い出してもらえたら嬉しいです。