CoCoSiA(ココシア)

教訓22選。先人の知恵を活かすためにチェック!

聞くと「ああ!」と思ってしまうような教訓がこの世の中にはたくさんありますよね。

若いころには説教臭いと思っていた教訓が、今聞いてみると納得できるというようなものもあるのではないでしょうか。

教訓について調べていると、昔の人の知恵や考え方に頷けることもあり、目から鱗だというものもあり楽しいですよね。

それでは、昔の人の教訓にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

先人の教訓の中には今でも役に立つようなものがたくさんありますから、そうした教訓について見てみることにしましょう。

この記事の目次

先人の教訓には深い知恵がいっぱい

教訓と言うとどのようなイメージがありますか?小さなころに教訓を教科書で読んで辟易としていた人もいるでしょう。

老人たちの話に含まれる教訓に対して「説教臭い」と考えていたこともあるのではないでしょうか。

いくつになっても説教されることは嫌ですから、教訓と呼ばれるようなものにはアレルギー反応を持っている人もいるかもしれませんね。

 ですが、教訓の中には先人の知恵がたくさんあります。

これらは、実は普段の生活の中でもとても役に立つものであり、しみじみと身に染みるものもありますよ。

小さなころに説教と併せて聞くような教訓とは異なり、大人になってから見てみると、思わずうなずいてしまうようなものもあるのではないでしょうか。

ある程度年齢を重ねて、色々な経験を積んだからこそ理解できるような教訓もあります。

これらの教訓に含まれる深い知恵を知れば、人生が豊かなものになるのではないでしょうか。

そもそも教訓とはどのようなものなのか、どうして生まれたのか、今の人でも理解できるものなのか見てみることにしましょう。

1. 先人と現代人の違いとは?

教訓がありがたいものだとは言っても、現代人とはやはり違う部分があると考える方も多いでしょう。

もちろん、先人と現代人ではかなり異なる部分も多くあります。

現代人は機械化した世界の中で生きていますし、先人が言葉を残した時代に比べると、とても忙しくて発展した世界の中で生きています。

まして、色々な世界との交流ができるような広い世界の中では、先人の言葉は全く意味がないように思われるかもしれません。

ですが、先人と現代人の間にはそれほどの大きな違いは本当にあるのでしょうか。

生きている世界が少し違うからと言って、その言葉が意味のないものになるのでしょうか。

先人と現代人の違い、先人が教訓を残すうえで持っていたその特性について見てみましょう。

1. 不便から生み出される賢さ

先人たちが生きた時代はとても不便な時代でした。

今は機械が発達して、グローバル化と叫ばれるようになっています。

多くの人が世界との交流をして、日本にとどまらずに世界で活躍するようになってきているのです。

そして、機械化が進みあらゆる場所で便利な仕組みが現れるようになりました。

これは、先人と現代人では大きく異なる部分です。

ところが、だからと言って先人の残した言葉が意味のないものだということにはなりません。

先人たちはとても不便な世界の中で生きていました。

現代人なら暮らすことができないような不便さもあったはずです。

ですが、その世界の中で生きるために見に着けた賢さは、バカにされるものではありません。

不便な世界に生きていたからこそ見抜ける真意というものもあるのです。

便利ではない世界だからこそ自分の頭を使って生きることが大切だった時代の先人の言葉は、今の便利な世界に慣れた人にとっては厳しいものもあるかもしれませんね。

ですが、決して、昔の不便な時代に生きていたからと言って意味のない言葉を残しているということはありませんよ。

2. 人を見つめる目の繊細さ

先人たちはSNSなどが発達していない世界に生きていました。

つまり、人とのかかわりを作るのは手紙か、実際に直接会って会話をするかのどちらかだということです。

ネットという目に見えない世界を介しての出会いがなかった分だけ、先人たちは人との直接のかかわりを大切にして暮らしていました。

自分の生きている世界が、自分が目の前にしている世界だけだとすると、その分だけ人とのかかわりはとても濃いものとなります。

その濃い人間関係、そして直接かかわっている人との関係の中では、人間を見つめる目がとても繊細なものになります。

人とのかかわりに関して人を見る目が育てられ、現代の人よりもずっと細かく、そして敏感に人のことを感じることができていたのです。

それは、現代人にはできないことではありますが、一方で、現代人にとっても必要な「人との直接のかかわり」という面で参考にしなければいけないことでもあるでしょう。

先人が人を見る目はとても繊細であるがゆえに、とても厳しいものにもなります。

その厳しい視線での人間観察から生まれた言葉が、全く違う世界に生きているとは言え、現代人の役に立たないわけがありませんよね。