聞くと「ああ!」と思ってしまうような教訓がこの世の中にはたくさんありますよね。

若いころには説教臭いと思っていた教訓が、今聞いてみると納得できるというようなものもあるのではないでしょうか。

教訓について調べていると、昔の人の知恵や考え方に頷けることもあり、目から鱗だというものもあり楽しいですよね。

それでは、昔の人の教訓にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

先人の教訓の中には今でも役に立つようなものがたくさんありますから、そうした教訓について見てみることにしましょう。

先人の教訓には深い知恵がいっぱい

教訓と言うとどのようなイメージがありますか?小さなころに教訓を教科書で読んで辟易としていた人もいるでしょう。

老人たちの話に含まれる教訓に対して「説教臭い」と考えていたこともあるのではないでしょうか。

いくつになっても説教されることは嫌ですから、教訓と呼ばれるようなものにはアレルギー反応を持っている人もいるかもしれませんね。

 ですが、教訓の中には先人の知恵がたくさんあります。

これらは、実は普段の生活の中でもとても役に立つものであり、しみじみと身に染みるものもありますよ。

小さなころに説教と併せて聞くような教訓とは異なり、大人になってから見てみると、思わずうなずいてしまうようなものもあるのではないでしょうか。

ある程度年齢を重ねて、色々な経験を積んだからこそ理解できるような教訓もあります。

これらの教訓に含まれる深い知恵を知れば、人生が豊かなものになるのではないでしょうか。

そもそも教訓とはどのようなものなのか、どうして生まれたのか、今の人でも理解できるものなのか見てみることにしましょう。

1. 先人と現代人の違いとは?

教訓がありがたいものだとは言っても、現代人とはやはり違う部分があると考える方も多いでしょう。

もちろん、先人と現代人ではかなり異なる部分も多くあります。

現代人は機械化した世界の中で生きていますし、先人が言葉を残した時代に比べると、とても忙しくて発展した世界の中で生きています。

まして、色々な世界との交流ができるような広い世界の中では、先人の言葉は全く意味がないように思われるかもしれません。

ですが、先人と現代人の間にはそれほどの大きな違いは本当にあるのでしょうか。

生きている世界が少し違うからと言って、その言葉が意味のないものになるのでしょうか。

先人と現代人の違い、先人が教訓を残すうえで持っていたその特性について見てみましょう。

1. 不便から生み出される賢さ

先人たちが生きた時代はとても不便な時代でした。

今は機械が発達して、グローバル化と叫ばれるようになっています。

多くの人が世界との交流をして、日本にとどまらずに世界で活躍するようになってきているのです。

そして、機械化が進みあらゆる場所で便利な仕組みが現れるようになりました。

これは、先人と現代人では大きく異なる部分です。

ところが、だからと言って先人の残した言葉が意味のないものだということにはなりません。

先人たちはとても不便な世界の中で生きていました。

現代人なら暮らすことができないような不便さもあったはずです。

ですが、その世界の中で生きるために見に着けた賢さは、バカにされるものではありません。

不便な世界に生きていたからこそ見抜ける真意というものもあるのです。

便利ではない世界だからこそ自分の頭を使って生きることが大切だった時代の先人の言葉は、今の便利な世界に慣れた人にとっては厳しいものもあるかもしれませんね。

ですが、決して、昔の不便な時代に生きていたからと言って意味のない言葉を残しているということはありませんよ。

2. 人を見つめる目の繊細さ

先人たちはSNSなどが発達していない世界に生きていました。

つまり、人とのかかわりを作るのは手紙か、実際に直接会って会話をするかのどちらかだということです。

ネットという目に見えない世界を介しての出会いがなかった分だけ、先人たちは人との直接のかかわりを大切にして暮らしていました。

自分の生きている世界が、自分が目の前にしている世界だけだとすると、その分だけ人とのかかわりはとても濃いものとなります。

その濃い人間関係、そして直接かかわっている人との関係の中では、人間を見つめる目がとても繊細なものになります。

人とのかかわりに関して人を見る目が育てられ、現代の人よりもずっと細かく、そして敏感に人のことを感じることができていたのです。

それは、現代人にはできないことではありますが、一方で、現代人にとっても必要な「人との直接のかかわり」という面で参考にしなければいけないことでもあるでしょう。

先人が人を見る目はとても繊細であるがゆえに、とても厳しいものにもなります。

その厳しい視線での人間観察から生まれた言葉が、全く違う世界に生きているとは言え、現代人の役に立たないわけがありませんよね。

3. ゆったりとした時の流れから生まれる人生観

現代人はとても忙しい世界で生きているからこそ、あまり自分の人生について考える時間がないのではないでしょうか。

それに比べて、先人たちはとてもゆったりした時の流れの中で生きていました。

ゆったりとしたときの流れの中では、たくさん考える時間を取ることができるでしょう。

その分だけ、人生について深い考察を行うことができました。

ゆったりとしたときの流れの中で生きている人の人生観は、厳密に言えば現代人の物とは異なるかもしれません。

「そうは言っても、この忙しいのに実行なんてできないよ!」と思われるかもしれません。

ですが、その人生観の中には納得してしまえるものもあるのではないでしょうか。

人生に関する深い考察は、今の人ができないことだからこそ、人間の本質をついているものがあります。

忙しい人生の中で、自分一人ではここまで考えることができなくても、本質を突く言葉にハッとすることもあるはずです。

2. 人生は一度切りだからこそ、先人の後悔を知るべき

 先人たちの教訓には、その先人の人生で後悔したことを言葉にしていることが多くあります。

自分の人生を後悔しているからこそ生まれた言葉には深い重みがあります。

誰にとっても人生は一度きりですよね。

人生は一度きりであるからこそ、誰かが後悔したことを自分も公開する必要はありません。

人の人生を反面教師にするというのもおかしな話であるかもしれませんが、誰かの失敗を踏襲する必要はありません。

先人が深い後悔として残した言葉には、人生をより良く過ごすためのコツが含まれています。

その言葉を無駄にするわけにはいきませんよね。

一度きりの人生を後悔なく過ごすためにも、先人の後悔を知っておくべきなのではないでしょうか。

3. 死ぬ瞬間に後悔のない人生を

誰でも、死ぬ瞬間には公開のない人生を送りたいと思っているでしょう。

ですが、何も後悔することなく生き抜くというのは難しいものです。

死ぬ瞬間に最高の人生だったと言うためには、誰かの後悔を教訓として生きなければいけません。

後悔のない人生を送るためには、誰かの言葉を生かすしかないのです。

そんな人生を送るために必要なのは、やはり先人の深い言葉でしょう。

先人の教訓22選

ここでは、先人の教訓をいくつかご紹介します。

忙しい毎日の中で、良く理解できるというようなものも、耳が痛いという教訓も見つかるのではないでしょうか。

子どものころに見て知っているようなものとは違い、人生の酸いも甘いも分かっているような年代になってから見る教訓は、昔とは違った印象で受け取ることができるでしょう。

特に身に染みる、理解してもらえそうな教訓を集めました。

先人のありがたい教訓を見て、何か自分の人生において輝きそうな言葉を見つけられると良いですね。

1. 仕事一筋の人生ではいけない

仕事一筋の人生ではいけない、というのは深い後悔から生まれた言葉のようですね。

確かに、若いうちには仕事一筋の人生を送ってしまうこともあるでしょう。

それは、自分を養うためであったり、家族を養うためであることもありますが、時には仕事が楽しくて仕方がないからと言こともあるでしょう。

今の時代では、ブラック企業に勤めてしまったので、仕事一筋にならざるを得ないということもあるかもしれませんね。

ですが、仕事一筋に生きてしまうと、仕事以外の時間の過ごし方が分からなくなってしまいます。

仕事を辞めたとき、仕事を退職した後、仕事がなくなってしまったときにはもう、どうしてよいか分からないでしょう。

家族のために働いていたのに、仕事を終える年齢になったときにはもう既に、家族との間には埋めることのできない溝ができてしまっていたということもあるようです。

また、そもそも人生の伴侶を見つけることもできずに終わってしまったということもあるでしょう。

仕事は確かに、自分自身を養うために、そして生きがいを見つけるためには絶対的に必要です。

人生のうちの大半の時間を仕事で過ごすのですから、それなりにしっかりと責任をもってしなければいけないことには違いないでしょう。

ですが、一方で、人生が仕事だけと言うのも悲しいものがあります。

仕事一筋に生きて、途中で自分自身に足りないものがあるということに気づいたときの虚しさはあまり考えたくありませんよね。

そんな空しい人生を送らないためにも、仕事一筋ではいけな医と言うこともあるのではないでしょうか。

2. 親孝行を親が元気なうちにたくさんすべきである

親との関係には難しいものもあります。

「親孝行をしたい時分には親はいない」という言葉もありますが、これを自分に当てはめて考えてみると、ちょっと悲しい気分になってしまうのではないでしょうか。

親が生きているときに、素直に親孝行するのは難しいものです。

親との関係が複雑だという方はなおさらそうでしょう。

ですが、自分の人生に後悔をしないためにも、親が生きているうちにきちんと親孝行をしなければいけません。

親孝行をしようと思っても、親が死にかかっている時なら何もできませんよね。

親が元気なうちに旅行に一緒に行くなど、たくさん親孝行をするべきでしょう。

時間を巻き戻すことはできませんから、親孝行をしたいときには既に手遅れということにならないようにしてくださいね。

また、これは少し趣旨が違いますが、親との関係が複雑な方は、親とどうしていきたいのかは早めに考えておくべきでしょう。

「色々あったけれどやはり親孝行は」と思ったときには親が生きていないということもあります。

また、「こんなことになる前に縁を切っておくべきだった」と言うことになってしまうこともあります。

自分にきちんと体力と時間があり、親の意識がはっきりして痴呆になってしまう前に、親とどのような関係を築くのかは決めておきましょう。

逃げているだけでは解決しないこともあります。

3. 自分の身体をもっと労わっていれば良かった

後悔の中でもかなり大きなもののように聞こえる言葉ですね。

自分の身体は若いうちはいたわることができないものです。

多少の無茶をしても身体がついてこれるので、何でもやってしまおうと思えるのではないでしょうか。

ハードな残業も、厳しいダイエットも、過剰な飲酒・喫煙であっても、若いうちにはそのダメージは感じられないでしょう。

ダメージが感じられないからこそ、たくさんの無茶なことをします。

そして、それを後悔するのは、もう手遅れになってしまってからなのです。

若いうちに身体に与えたダメージは、大人になってから訪れることもあります。

また、いつまでも若いと思ってダメージを与え続けていると、いつの間にか加齢で弱った身体が耐えられなくなっているということもあるでしょう。

自分の身体は自分が一番にいたわってあげなくてはいけません。

後悔した時には遅いというようなことがないように、最後までお付き合いをする自分の身体を大事にしてあげてくださいね。

4. 周囲の人に流されずに自分の意見をしっかり持って生きるべき

これは日本人の心にはとても良く刺さる教訓なのではないでしょうか。

周囲の人に流されて生きるのはとても楽ですよね。

和を乱さないようにするのは日本人の特性とも言えますし、自分の意見を持っていてもそれを主張できないこともよくあるでしょう。

主張して周囲から浮いてしまったらどうしよう、などと考えると、何もできなくなってしまう人も少なくないはずです。

ですが、周囲の人に流されて楽に生きていると、結局自分が生きていた意味はどこにあるのだろうと考えてしまう日が、いつか訪れるでしょう。

自分を主張するのは怖いことです。

まして日本の文化の中では難しいこともあるかもしれませんが、ここは先人の教訓に従って、少しずつでも自分の意見を持って生きることが大切なのではないでしょうか。

自分という人間が生きた証をしっかりと持ち、自分がどのように生きてきたか、その軌跡をたどることができるような生き方をしたいものですね。

5.何とかなると思って貯金をしなかったが、何ともならなかった

深いうえに、心に刺さる教訓でしょう。

世の中には貯金が趣味という人もいますよね。

ですが、多くの人は貯金がとても苦手です。

何とななると思ってしまっている人もたくさんいるでしょう。

ですが、先人の言葉によると、何ともならないものであるようです。

何ともならなかったときの人生が怖いので、しっかりと貯金はするようにしましょう。

特に浪費家ではなくても、貯金ができない人もいるのです。

甘い考えは捨ててしっかりと将来のことを見据えなければいけないことがよく分かりますね。

6. 若いうちはとことん勉強をすべき

若い人にとっては「うざったい説教」ととられかねない言葉ですね。

勉強が好きだと言う人は滅多にいませんから、若いうちにこんなことを言われたら、言った人のことを嫌いになることが目に見えています。

ですが、この教訓を学校を卒業して数十年たった人間が見ると、また違う感想を抱くのではないでしょうか。

例えば、大して勉強をしてこなかったがゆえに、学歴社会の中で生きにくい思いをしてきた人もいるでしょう。

社会人になってから様々なことに興味が出てきたのに、もう勉強する時間がなかったという方もいるでしょう。

勉強できる時間は若いうちしかないのです。

しっかりと勉強したいと思っているうちに勉強しなければ意味がありません。

勉強が仕事だと言われているうちは幸せだということですね。

7. 元気で健康なうちに出来るだけ旅に出るべき

これはどちらかと言うとポジティブな教訓ですね。

そして、この言葉の意味はすぐに分かるときが来るのではないでしょうか。

旅には体力が必要です。

もちろん財力も必要ですが、若いうちには、多少無茶な旅をすることができるほどの体力があるでしょう。

そんな若い体力があるうちに、世界のいろいろな場所を訪れるのです。

ゆったりとした旅行をできるような年齢になってしまうと、若者が楽しむような旅行はできません。

健康面で不安なことがあると、少し長めの旅行もできなくなってしまうでしょう。

旅行はそう簡単に行けるものではない、お金がないと言わずに、貧乏旅行でも良いので、できるだけ度に行っておくべきですね。

早いうちに旅行に出ると、それだけ経験も増えますから、人生にとって悪いことはないはずですよ。

8. 若いうちから肌の手入れを怠ってはいけない
これは特に女性向けの教訓ですね。

若いころには肌がぴちぴちしているので、スキンケアなど無駄なことのように思えてしまうでしょう。

ですが、肌は20代半ばを超えると曲がり角に差し掛かります。

また、30代、40代になると誤魔化すことができないほどに肌は老化します。

すぐにアンチエイジングが必要になってしまうのです。

その時に、若いころに肌を丁寧に扱わなかった後悔をすることになるのです。

スキンケアはお金もかかりますし、面倒くさいことだと思っている方もいるでしょう。

特に、肌が強い方には無縁のことかもしれません。

ですが、そんなことを言って肌の手入れを怠っていると、それが一気に40代ころになって訪れることになります。

将来の美容のためにも、きちんと若いうちから肌の手入れを怠らずに行った方が良いでしょう。

9. 良い友人をたくさん作り人脈を広げるべき

良い友人を作るというのは人生においては大切なことですね。

家族ももちろん大切ですが、家族とは違う意味で頼りになるのが友人です。

友人は時には自分を犠牲にしても、助けてくれることがあるでしょう。

本当に困ったときに頼りにできるような大事な友人を作ることは大切です。

また、人脈を広げておくのも良いですね。

社会の中で生きていると、良い友人を持っていることが助けにいなることもあります。

人脈があったことで助かったという経験をすることもあるでしょう。

社会に出てしまうと友人は作りにくくなってしまうので、学生のうちにたくさんの友人とを作っておきたいですね。

10. 黙ってばかりで自分の気持ちを言わないのは弱い人間

「黙ってばかりで自分の気持ちを言わないのは弱い人間」というのは深い教訓です。

上述のように、人は誰かの意見に流されて生きることの方が楽です。

自分の気持ちを出すことがどれほど難しいことかは、ひとたび人間関係の中に組み込まれてしまうと、嫌と言うほどに分かるのではないでしょうか。

ですが、だからと言って、何も言わない人間は卑怯ですし、弱い人間です。

自分の気持ちは自分のためにもきちんと外に出すべきなのです。

また、貴方の気持ちを伝えることで、他の人が助かることもあります。

他の人間の助けになることだってあるのです。

黙ってばかりでいるのは楽かもしれません。

ですが、それでは自分の周りは変わりませんし、自分と言う人間を分かってもらうこともできないでしょう。

何も言わずにやり過ごすのは楽ではありますが、そんな弱い自分を捨てるのも時には大切ですよ。

11. 素直に自分の感謝や反省を人に伝えるべき

人生の中では素直になることももちろん必要です。

素直に自分の感謝や反省を伝えることで、人間関係が良くなることもあるのです。

自分が悪かった時、とても感謝しているときというのは人生の中でも素直になるチャンスです。

時にはそうして素直になることも大切なのです。

自分を守るのに必死になっている人は、なかなか素直な気持ちを人に伝えることができないでしょう。

ですが、そうした殻を破って人に対してストレートな気持ちを伝えることで何かが開けることもあるかもしれません。

12. 何事も何歳からでも始められるのに、すぐ諦めてはいけない

これは、人生を諦めかかっている方にはぜひ知っておいてほしい教訓です。

何を始めるにも遅すぎるということはありません。

何歳であっても何でも始めることができるのです。

確かに、50代になってアイドル活動を始めるというような極端なことはできないかもしれません。

ですが、大学に入り直してもう一度学生を始めることは可能です。

もう一度勉強をすることもできるのです。

新たな趣味を見つけるのに遅すぎるということもないでしょう。

始める前から諦めているのではなく、何事も遅すぎることはないということを頭に置いておきましょう。

13. 人に迷惑をかけたり欺いては絶対にいけない

これはある意味では人として当たり前のことでしょう。

人に迷惑をかけ、欺くのは最低なことです。

人間としての評価を落としてしまうことには違いないですね。

絶対に人に迷惑をかけないように生きようと思っても、どうしてもどこかで人に助けられて生きているのが人間です。

せめて自分の中だけでも、人に迷惑をかけないことは目標としておくようにしましょう。

まして欺くことは人間として、してはいけないことですよ。

14. 自己中心的ではなく人のために助けになるべき

人間は誰もが自己中心的です。

ですが、どこかで人に助けられて生きているのです。

それに気づくことができるのなら、どこかでお返しをしたいですよね。

自己中心的に生きることも楽しいと言えば楽しいですが、どこか底の浅い人間になってしまいます。

人のためだけに生きていると自分が犠牲になってしまいますが、人を助けていると、自己中心的に生きるだけでは得られない達成感や生きがいを得られます。

時には、自分以外のもののために生きてみるのも悪くないですね。

15. 時間は有限であるということを常に考えて生きるべき

人は生きている限りは必ず死にます。

時間は必ず有限なのです。

限りある時間しか自分には残っていないということは常に考えましょう。

時間が有限であることを頭に置いておくと、無為に過ごすことはできなくなりますよね。

限りある時間を無駄にせずに、とことんまで楽しむようなつもりで生きている方が人生を後悔せずに済みますよ。

16. 早寝早起きして身体に良いリズムで生きるべき

健康に留意した教訓ですね。

早寝早起きは確かに大事です。

それを分かっていてもできない人が現代にはいるので、これを守ることが一番だとは言いません。

仕事で疲れて帰ってきて、昼過ぎまで寝ているのが休日の一番の楽しみだと言う人もいるでしょう。

ですが、頭のどこかで「早寝早起き」「身体に良いリズム」という言葉を覚えておくべきです。

そして、人生の中で余裕のある時にはそれを実行するようにしましょう。

当たり前のように不健康な生活を送って、それが健康的だと信じ込んでいると、どこかで身体に無理が来るでしょう。

17. お金にばかりとらわれた人生を送ってはいけない

お金ばかりにとらわれた人生を送っていると、いつか自分の人生がすべてお金のように思えてしまいます。

確かに、お金は大切です。

そこはきれいごとを言っていては意味がありません。

ですが、お金だけが人生だけではないことも確かですね。

だからと言って、愛が人生にとって一番重要であるとは言いません。

そこは人によって異なるでしょう。

ただし、お金ばかりにとらわれているのは、とても底の浅い人生になってしまいますよ。

18. 大事な人を心から愛して大切にすべき

大事な人を心から愛して大切にする。

簡単なことのように思えますが、失敗している人も多くいます。

失敗の理由は、愛が分からなくなってしまったということもありますし、自己中心的に行き過ぎたという理由もあるでしょう。

ですが、手からこぼれてなくなってしまったものを愛することはできません。

なくしてしまって後悔をする前に大事な人のことは心から愛して大切にするべきなのです。

19. 常に先を読んで行動するべき

常に先を読んで行動するということも大切ですね。

転ばぬ先の杖ということわざもありますが、まさにその通りと言うことでしょうか。

常に先を読んで行動していれば、失敗を防ぐことができます。

また最大限に準備をして臨むことができるので、良い成績を収めることもできるでしょう。

先を読んで行動するのは余裕のある人間にしかできないことではありますが、先を読んで行動すること自体が、その余裕を生み出しているとも言えます。

今、自分自身のことでいっぱいいっぱいになっている方は、どこかで一呼吸ついて先を読むように心がけてみてください。

そして転ばぬ先の杖を持っていれば、次第に余裕が生まれるでしょう。

その余裕がさらにその先を読む行動にもつながるため、一度先を読んで余裕を手に入れてしまえば、その後の人生が楽になりますよ。

20. 自分に厳しく、人に優しくあるべき

人間関係を円滑にする意味では「自分に厳しく、人にやさしく」と言うのは大切な教訓です。

人間は誰もが、自分に優しく、他人に厳しくなってしまう生き物です。

自分にばかり優しくしてしまうのは、自分の心が弱いからではなく、自分のことを守るためには必要なことなのです。

ですが、そのような態度では、人間関係を良くすることはできないでしょう。

誰だって、自分に厳しくしてくる人のことは嫌いです。

その人がその人自身には優しくしているところを見るといら立つでしょう。

せめて、自分自身も他人のことも公平に扱うべきですね。

できるならば、自分に厳しく人にやさしくあるべきです。

こうすることで、他人との人間界を築きやすくなると言うだけではなく、自分人の精神を強くすることができます。

高潔な人間だと言われることもできるのではないでしょうか。

21. 人生は一度切りだから、心ゆくまで楽しむべき

これは本当に「その通り」と言うような教訓ですね。

人生は一度きりしかありません。

どんな宗教に入っていても、来世を信じるタイプの人であっても、自分が自分自身でいられるのはこの一度きりなのです。

死んでしまえば、自分自身を保つことはできません。

だからこそ、この一度きりは思う存分に楽しむべきなのです。

一度しかない人生をどのように扱うかは自分次第です。

自分の人生だからこそ、誰に決められることでもなくしっかりと心行くまで楽しむのが一番でしょう。

いわば、人生は楽しんだもの勝ちなのです。

自分がしたいと思っていることを全てしてから死ぬのだという気持ちで、とことんまで楽しんでくださいね。

22. 自分のことを好きになってあげるべき

これは深い教訓ですね。

自分のことを好きになる、というのはある意味で一番難しいことかもしれません。

なぜなら、自分の失敗や欠点を目の当たりにしているのは自分自身だからです。

人に嫌われたこともあれば、どんどん自信はなくなるでしょう。

自分自身の欠点ばかり目についていては、精神的に不安定になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、そんな中で一番大切なことは、自分自身のことを好きになるということなのです。

自分のことを好きにならなければ、誰もあなたのことを好きになってくれないと考えましょう。

一番よく知っていて理解しているからこそ、自分のことを好きになってあげましょう。

自分のことを好きになることができれば、何か失敗をしても落ち込みすぎずに済むことになります。

人間関係で嫌なことがあっても、死んでしまいたいと思うこともなくなります。

先人の教訓は説教臭いものではない!

いかがでしたか?
何世代前に同じように生きてきた人間の言葉は重みをもって受け取られるのではないでしょうか。

何世代も前の言葉は埃をかぶっていそうなものですが、同じように赤ん坊から老人までを生き抜いた人の生きた言葉であったことを考えると、そう簡単に古臭いと切り捨てることはできなくなりますよね。

まして、今の時代にも通じそうな言葉がたくさんありますし、教訓について深く考える時間を取るのも悪くないでしょう。

先人の教訓を見ても、すぐには自分の人生は変えられないかもしれません。

ですが、どこか自分の人生で違和感があったところを解決してくれる言葉を見つけたのなら、そのときには先人の教訓を胸に自分の人生に少し変化を起こしてみると良いのではないでしょうか。

身に染みる言葉を見つけたときには、それを人生の座右の銘とすることもできます。

ありがたい言葉を忘れずにいてくださいね。