CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

友達のSNSでウザいと思ってしまう投稿25選。そんな時の対処法もご紹介


友達のSNSの投稿を見て、ウザいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか?

そのような投稿ばかりをしていると、友人関係が破綻する可能性もゼロではありません。

本人は無意識でも周りを不快にさせている場合があります。

では、友達のどのようなSNS投稿でウザいと感じているのでしょうか。

この記事では、友達のSNSでウザいと思ってしまう投稿25選と対処法をご紹介します。

自分がこんな投稿をしていないかどうかもチェックしてみてくださいね!

この記事の目次

友達のSNSでウザいと思ってしまう投稿25選

友達のSNSでウザいと思ってしまう投稿には、どんなものがあるのかをご紹介します。

1.恋人との恋愛日記風

「○○君と今日もデート♪もう会いたい気分だよぉ」なんて恋人との恋愛日記は、自分だけの日記に書いて欲しいと感じる人もいます。

遠まわしにラブラブアピールされてイラッとする人も多いでしょう。

2.連投している

「今日は○○でランチ☆」「明日は雪みたい、寒くなるかな」「お兄ちゃんがケーキ買ってきてくれたよん」など連続投稿されるとタイムラインがその友達の投稿で埋まることもあります。

そのような投稿が続くとうんざりしてしまう人も多いようです。

3.におわせ投稿が多い

「#今日も会えた #指のふれた瞬間 #甘くトロける」など、ハッシュタグを使ってにおわせ投稿する友達はウザがられる傾向があります。

そのような投稿をしている人は控えるようにしましょう。

4.自撮り写真が多い

投稿には必ず自撮り写真がアップされているとウザいと感じる人が多いようです。

あまりにも自撮り投稿が多いとナルシストだと思われてしまうでしょう。

5.結婚生活の自慢

結婚したら新生活のを自慢したくなるものです。

だからといって細かいところまで投稿されると独身としては傷つくし、マウント取られてるのかとウザい気持ちになることもあります。

6.子供やペットに関するもの

子供やペットの投稿は、時に癒されるものです。

しかし、それが何回も続くとウザいと思われることもあるので、ほどほどにしましょう。

7.手料理を掲載

おいしい料理ができると誰かに見てもらいたくなりますが、いかにも”映え”を意識して写真撮影されているとウザいと感じる人もいるようです。

8.自慢投稿

「今日は○○デキた!」なんて自慢したいこともあると思いますが、自慢話をされていい気持ちになる人はあまりいないでしょう。

自慢投稿にはウザいと感じる人も多いようです。

9.忙しさアピール内容

「今日もアレした!明日も忙しい!」と、忙しいのは誰もが同じなのに、いちいちアピールされるとウザいと思われてしまいます。

10.リア充アピール

旅行、外食、デート、買い物、フェス…いかにも「私は充実してます感」を出している投稿にもウザいと感じる人が多いようです。僻みだと分かっていても自慢されるとイラッとしてしまいます。

11.旅行やおでかけ投稿

旅行先の写真と一緒に旅行投稿、遠出した場所の写真と一緒に遠出写真…とてもキラキラ楽しそうな思い出で素敵!と思いつつも、自分には行けないという虚しさからウザく感じてしまうこともあります。

12.意識高い系内容ばかり

「肌に良い野菜を使ったスムージーをチャージ」「日々の積み重ねこそ自分を成長させる」など意識高い系をアピールされるとウザいと感じてしまいます。

また自ら#意識高い系なんてハッシュタグをつけている人もいます。そのような投稿をしている人はウザいと思われているかもしれません。

13.自分を載せてくれない

一緒に写真を撮ったはずなのに別の友達との写真は載せて、自分の写真は載せてくれていないとウザく感じます。

「見せたくない友達」なのかと遠まわしに気づいてしまうこともあります。

14.英語など外国語での投稿

「Hello」なんて分かりやすい英語ならまだしも「それ、どこの国の言葉?」と感じるような外国語や難しい単語を使った英文があると、語学力を自慢しているように感じウザいと感じる人もいるようです。

15.一言のみ

「嬉しい」などと一言の投稿では、読んでいる人には意味がわかりません。

自分にしかわからないような投稿はウザいと思われてしまうこともあります。

16.謎のポエム

どうしてそれを書いたんだ?と思えるような謎のポエムばかりを投稿している人もいますよね。

詩人じみた自分に酔っているのか、本気で詩人デビュー目指しているのかもわかりません。

17.かまって欲しいアピールが強い

「返事ほしいな」「誰かメールして」など、ここで寂しさ&かまってほしいアピールはやめましょう。

そのような投稿が続くと周りから距離を置かれてしまう可能性もあります。

18.政治に関する内容など評論家風

難しい政治に関する用語を出して語るSNS投稿もウザいと思われてしまう可能性があります。

勉強しているし政治に関心があるのは素晴らしいけれど、身内だけのSNSで語るべきコトではないと感じる人も多いようです。

19.同僚や知り合いの悪口

当事者も見ているかもしれないSNSで悪口が書けてしまうという心の狭さと想像力のなさに幻滅する人は多いです。

多くの人が見ているSNSでそのような投稿をするのはやめた方がいいでしょう。

20.同じ内容を何度も投稿する

数時間前だとか数日前にした投稿を何度も何度もする投稿…。

その内容は見飽きたし、なぜまた同じ内容を書いてるのかとイライラしてしまうこともあります。

21.下ネタ内容の投稿

男女ともに見てるのにガチな下ネタをSNS投稿されるとウザくなります。

そのような投稿を見たくないと思っている人もいることを考えなければいけません。

22.「#コメントいらないです」

これは遠まわしにコメント欲しいって言ってるようなもの…。

そんな回りくどい表現をしているとウザいと感じてしまいます。

23.「#ありがとう」

わざわざハッシュタグにして言う言葉ではないし、どこかオシャレな投稿だと勘違いしているところと自分のSNS投稿に酔っているところにウザさ感じます。

24.「#イイネいらないです」

そんなこと言って本当は「イイネほしいです」という心境なんだろうと相手のかまってアピールにウザいと感じる人が多いようです。

25.自分の写りの良い写真だけ掲載する

皆で写真を撮影したとき、なぜかその友達のSNSに掲載されていたのは投稿者以外みんな半目の写真。

このように自分だけ写りの良い写真を載せているとウザいと思われてしまうでしょう。

SNSでウザい投稿を見たらするべき5つの対処法

SNSでウザい投稿を見た後は、イライラやモヤモヤした気分になってしまいますよね。

そんなときの対処法を5つご紹介します。

1.非表示設定にする

ウザいSNS投稿をしている友達を特定できているのであれば、その友達のSNS投稿を非表示設定にしましょう。

非表示設定にすると、フォローを外さなくてもその友達の投稿があなたのタイムラインに流れなくなります。

2.フォローを外す

ウザい投稿ばかりする友達と会話も連絡もしない、リアル世界では疎遠になっている場合には、思い切ってフォローを外しましょう。

ウザい投稿をする友達のフォロワー数が少ないとフォロー外しがバレますが、非現実世界を楽しむためのSNS世界を邪魔されるよりはマシです。

3.SNSを見るのをやめる

友達のフォローを外せないけどウザい投稿を見てイライラしたくないのであれば、SNSを見るのをやめましょう。

このSNS断食をする方は増えており、行なうことによって自信を取り戻すことができたり、身の回りにある小さな幸せに気づけることもあります。

4.「他人は他人」と割り切る

有名な格言ですが自分を変えることはできても、決して他人を変えることはできません。

つまり、ウザい投稿をやめさせることはできないのです。

あなたが相手にどうこうするよりも「他人は他人」と割り切ってウザい投稿にいちいち反応しないようにしましょう。

5.SNSをやめる

SNSに対してさほど執着もやる気も感じられないのであれば、時間の浪費になりかねないSNSをこの際やめてしまいましょう。

なぜかSNSを開くのが習慣になっていませんか。

その時間をあなたの人生に役立つ別のものに有効活用しましょう。

SNSは見ない選択ができる!イライラで精神消耗する前によく考えてみよう!

SNSは、表現の自由を可視化させたとても便利なツールです。

リアル生活では発言できなくても簡単に発言できるのがとても魅力的に感じます。

しかし投稿内容によっては、見ている側にウザいと感じさせてしまうことがわかりました。

それも誰もが日常的に投稿している内容であることに驚きですね。

とはいえ、必ずしもSNSは見なければいけないというものではないため、イライラすると分かっているなら初めから見るのをやめてみてはいかがでしょうか?

友達のSNS投稿内容にイラッとし始めたら、ぜひSNSの利用の仕方を変えるきっかけと捉えてみましょう。

ページトップ