こんにちわ!!

今回は男女間の関係性について深く考えてみたいと思います!

男女というとやはり真っ先に恋愛関係を思い浮かべてしまいますが…

そうとも言い切れないのが男女の関係です。

真の意味で異性間の友情は成立するのでしょうか?

これは両極端に意見が分かれると思います。

「実際自分友達多いし、普通に成立するでしょ?」と言う人もいます。

「結局は恋愛関係になっちゃうんじゃない?」と言う人もいますよね?

身も蓋もない言い方をすれば…相手によるのでしょう!

あくまで僕の個人的意見ではありますが、男視点では、やはり内心どこかで駆け引きはしてるとは思います。

今は友達だけど、これからはどうなるか分からない相手、今後も絶対にありえない相手、という線引きは心のどこかでしているような気がします…。

「何かしらのきっかけがあったら彼女とは恋に発展するかも…」

というのは、薄々自分で気付いてると思います。

対して女子は、男友達に対して、「完全に友人」として割り切っています。

それを知った時男子は、なぜかちょっとショックを受ける…ということもよくあります。

特に恋愛を期待してるわけではないけど、友人と割り切られてなぜかショック、ということが我々男にはけっこうあったりするのですよ。

そんな時はそのショックが相手にばれないように全力で隠しますが。

そういうこともあるくらいですから、男子が思う友情と女子が思う友情は、少し意味が違うのかなという気がしますね。

少し考察してみましょう!

男女の友情は成立する!?

僕が思うに、「男子の中では成立しづらく、女子の中では完全に成立する」が正しい気がしますね。

なので、一見友人としてよく集まる男女がいたとして、女子は全員何が起きても恋愛関係にはならないことを前提に集まっているかもしれません。

しかし、男子の中で一人くらいは、「なんかあったらAちゃんにより惹かれるかも…」という気持ちをもってその集まりに参加しているのです。

これはかなりの確率であるように思えます。

ただし、それは雰囲気的に「言わない約束」なので、表に出すことはタブーです。

あくまで異性の友人として集まっているので、そこには恋愛の種ですら、本来あってはいけません。

それに気付かれた場合、「友人として集まっていた集団の形」が変わってしまいますから、反則です。

そもそも「なんかあったらAちゃんにより惹かれるかも…」と思ってる時点で…下心丸出しです。

それはもう純粋な友情とは呼べません。

もはや恋の種は植えられているといっていいでしょう。

この微かな友情以上の気持ちは男子の方が持ちやすいように思えますが…はたしてどうでしょう?

女性はただの友達だと思っている人が多数


もちろん上記の女子パターンもあるとは思います。

しかし、大多数は友達と割り切ってるのではないでしょうか?

その結果、さっきも書いたとおり、男子諸君は無意味な落胆をしてしまうこともよくあります。

「私達友達だよね!」

「う、うん…そう…そうだよ俺達は友達だよ!(友達は友達だけど…なんだかそうはっきり言われるとなあ…)」

仮に意識的に恋愛関係を望んでいなくても、なぜか若干傷付くという…。

一方女子は「ありえない」と言ったらほんとにありえないのでしょうね。

女子より男子の方が女々しいと言われる所以はこういったところにあるように思えます。

割り切り方が女子の方が鮮やかなのですね。

これはよく耳にする話ですが、例えば交際して別れてしまったとしましょう。

男子は思い出をパソコンでいうところの「名前を付けて保存」をするようです。

一方女子は「上書き保存」だそうです。

少し嫌らしい言い方ですが、新しく好きな人ができても、男子の中では「別フォルダ」に思い出がしまってあるため、それが時に未練のように感じられます。

「今は新しく好きな人がいるけど、…でもなんか元カノは別格の存在のような…」

と、割り切れない何かがあるようです。

湿っぽくて嫌ですね。

一方女子は「上書き」してるので、もうその思い出は現状に塗り替えられています。

未練などは微塵もありません。

「今好きないるし。え?元カレ?もう過去のことだよねー」

…さっぱりしてますね!!

もしかしたら今頃彼女も俺のこと…と思っても、実際は彼女はもう別の男子に夢中。

という、なんとも悲しくてバカバカしいすれ違いが別れた後にもやってくるわけです。

これは男子と女子の違いをかなり明確に物語っている一例だと思われます。

個人差はあるでしょうけれど、大きく分けると、やはり異性に対しての割り切り方は男女で全く違うように僕には見えますね。

これは「友人としての集団」においても影響する違いではないでしょうか?

「完全に友人とは割り切れない男子」

「完全に友人と割り切ってる女子」

が大多数な気がします。

なので男子の中では成立しづらく女子の中では成立するもの、それが「異性間の友情」だと僕は考えています。

もちろん男子が友情を持つことは無理、というわけではありませんよ。

あくまで傾向です!

男性は理性で抑えている

割り切れない感情を持っている「らしい」男子でも、さっきも書いたとおり「友人という集団」の中でその微かな感情を出すことはタブーです。

その微かな感情がどういった感情なのか?

本人もよく分からないまま、その男子は理性でその感情をねじ伏せることでしょう。

自分のよく分からない感情で、仲間内の空気を変えるのは最も避けたいはずですから、無理やりにでもその感情を「友情」と呼ぶようにします。

そうです。

強引にでも「理性」でそれを友情に仕立て上げるわけです。

もしそれがうまくいかず、理性で抑えることが辛くなった場合、もうそれは恋愛感情です。

残念ながら友人としてその集団に参加することは遅かれ早かれ限界がくるでしょう。

そんな彼の葛藤にもし彼女が気付いたらどうするでしょうか?

恋に発展する可能性も


パターンとしては三つあります。

やはり友人のままか?

それをきっかけとして初めて「異性」として見るか?

彼女も実はこっそりと男子を男として見ていたか?

こればかりは、それまでの「友人だった頃の感覚」がどう作用するかでしょう。

なので、なんとも言えないのですが…可能性としては友人のままが濃厚でしょうか??

元々その集団の中で近しい距離であったのなら、初めて異性として見ることもあるかもしれません。

三つ目の実はすでに…というパターンなら…

今までの友情は一体何?

というツッコミをせざるをえませんね。

もしも同じ集団にいる他の男子が「実は俺も彼女のこと…」なんてことがあると揉め事になります。

そんなことになる前に、速やかに「友情リミッター」は外してお互い素直になった方がよいでしょう。

男友達が多い女子の15個の特徴

と、色々想像するとどうしても男子の女々しさが目立ってしまいますが…

今回のテーマの主役は「割り切れる女子」ですから、彼女達の特徴を挙げていくことにしましょう。

男子ときちんと一線を引いた友情を結べる「男友達が多い女子」とは一体どういう女子なのでしょう??

1.テンションが高くてノリがいい

まずはこういった女子ですね。

男子のノリにもひるむことなく、というよりもそれ以上にグイグイとテンションを上げてその場での存在感を解き放つ女子ですね。

男子というのは、基本的にノリと勢いを重視するものです(例外の人もいます。)

それについてくるどころか、越えそうな勢いを持つ女子がいると、男子は目を輝かせながら「一緒にあの山を登ろうぜ!!」となります。

困った時などはもはや神扱いですね。

「あいつさえいれば大丈夫!!」とその女子に局面を委ねてしまうこともあるでしょう。

男子からそうした扱いをされるので、彼女には必然的に友達が増えていきます。

人前でも面白いことができる

男子がノリと勢いを重視するのであれば、女子はやはりどこかおしとやかなはずです(例外の人もいますよ。)

「女」を捨てないよう気を配るのが本来女子ですが…

ノリと勢いを持つ女子は、自分の女子力よりもその場の明るさを優先します。

堂々と「変顔」もします。

そして男子も負けじと「変顔」をします。

こうした「おバカなノリを持った男女混合の集団」が完成します。

もしその集団で女子が一人ならば、その存在は紅一点、女ボスとして君臨することも可能でしょう。

2.男友達に気を使わせない

ノリと勢いを持ちながらでも、女子力を発揮する女子がいます。

面白いことをやってもなぜかかわいらしく感じてしまう女子ですね。

この女子はその場では面白女子ですが、結局は自分の「女子力」を捨てきれていません。

どこかで恥じらいがあり、異性間に存在する「越えてはいけない一線」も排除していません。

つまりこの偽物面白女子(偽物?)は…ものすごくモテる女子です。

面白くてかわいらしい…最強の武器と防具を装備した勇者みたいなものですよ!!

本物の面白女子は、事前に男子達に気を使わせないよう配慮しています。

「あなた達といる私は女子ではなく面白い人間です!!」と高らかに宣言し、自分の女子力を先に打ち消しているのです。

ここまで割り切った姿勢で異性の友情をつかむと、周囲からはかなりの好感を持たれることでしょう。

いわゆる人気者ですね!

当然そこまで女子力を抑え込んでいるのであれば、男子から女子と見られることも少ないでしょう。

女を意識させない

男子に混ざってきちんと友情を育むのであれば、こうした裏の努力も必要です。

当たり前ですが、女子を女子として意識するからこそ、男子の心に恋は芽生えます。

真に友情を結びたいのであれば、女子を意識させてはいけません。

やはり男子は「男」ですから、女子と意識すると言動に制限がかかります。

越えてはならない一線というものがありますから。

その異性としての「越えてはいけない一線」を排除した関係。

それすなわち真の友情です。

モテる女子か?

人気者の人間か?

女子はどちらを好むのでしょうね。

3.ボーイッシュである

女子力を捨て去る、とはいえ、「女子」ですから、それには限界があります。

どんなに面白女子でも、やはり「女子」です(当然です!!)

そこで、「ボーイッシュ要素」を取り入れ女子力をさらに抑え込みます。

例えば、髪が短い、スカートは履かない、肌は日焼けしてる、などですね。

つまり内面だけではなく、外見でも「女子力」を封印するわけですね。

そこまで徹底すれば、もう男子の中に混ざっても一人浮く、ということも少なくなります。

周囲の男子も女子ではなく「仲間」としてコミュニケーションをとるでしょう。

男の前で色気を見せびらかさない

さっき男は女々しいと書きましたが…

その理由を一言で言うと「色気」に負けるからです。

その負けっぷりは見事なものです。

もうあっさりと、抵抗することもなく男は色気に敗北します。

色気の前では男は無力とも言えますね。

「色気」に勝てる男は世界中探してもなかなかいないのではないでしょうか…。

女子力を構成する最も大きな要素はこの「色気」です。

この「色気」を何とかしない限り、男女間の友情はありえないかもしれません。

難しいのはこの色気と呼ばれる謎のオーラは、あまり自覚症状がないことです。

彼女は自分では何もしていないつもりなのに、周囲が勝手に色気を感じてしまう、ということが往々にしてあります。

なので女子力を抑えたいのであればまずは意図的に色気を抑えなければいけません。

ボーイッシュにしたりするのも効果的ですね。

そもそも色気をなぜ抑える必要があるのか…僕にはもったいないとしか思えないのですが。

確かに男友達が多い女子は色気を抑え込んで、出さないようにしているようですね。

だからこそ友達も多いのでしょうが…もったいないですね。

4.男が好きなことに詳しい

男友達が多いのですから当然、「男の世界」にも詳しくなりますね。

男が好きなことと言えば…!

たとえどんなにいやらしいことでもその女子は話題に遅れることはないでしょう。

むしろ平気で相談にのったりなど…

もはや「アニキー!!」と叫びたくなるほど頼りがいがある女子です。

話が盛り上がる

盛り上がらないわけがありません。

仮に朝まで男女二人っきりでいても、何の過ちもなく、朝までトークは盛り上がるでしょう。

多分ここが「異性間の友情」における別れ道になるでしょう。

朝まで二人でいても何も起きないか?

真の友情であれば、絶対に何も起きません。

が…女子が色気を放ち、男子がそれに敗北した場合…言うまでもありませんね。

何が起きるか分からないので、あまり男子を過信してはいけませんよ!!

我々男子はいつでも「ビースト化」する特殊能力を持っているのですから…。

5.いつもポジティブである

女子力よりも「人間的魅力」が強く出ていることが、男子の友人を増やす大きな要素でしょう。

ポジティブで、爽やか。

たったこれだけでも人は魅力的に見えたりするものです。

案外ネガティブ男子もいますから、女子がポジティブであれば、友人として励まされることも多いはずです。

そうして「彼女のいい奴レベル」はどんどん向上していきます。

一緒にいて楽しい

話も合って、面白くて、ポジティブであれば、一緒にいて楽しいでしょう。

その雰囲気は楽で居心地がいいはずですから。

でも…あまりにも高い好感を持つと男子がどうなるか。

もしかしたら彼は悩んでいるかもしれません。

友人として好きなのか、それとも…。

6.何事にもチャレンジする

男子の友人が多い女子は非常にエネルギッシュでパワフルです。

チャレンジ精神も旺盛で、だからこその友達の多さとも言えますね。

物怖じしない姿勢には周囲の男子達も一目おいていることでしょう。

精神が鍛えられている

やはりメンタルが非常にタフですよね。

はっきりいって男子のメンタルより相当強いです。

多分その女子は、「男子的メンタルのタフさ」にあこがれ、精神的に鍛えたのでしょう。

ところが鍛えてるうちに、当の男子よりも強くなってしまったという…。

例えば、スポーツ選手などはそうですよね?

男女入り混じることが多い世界では、あまり男女間の差はないように見えます。

その中でタフでいる為には相当鍛えなければ男子には負けてしまいます。

メンタルもフィジカルも、その気になったら、女子は男子よりも強くなりますよ。

7.親戚などの身内に男が多い

家庭環境であまり女子がいないので、子供の頃に自然に男社会での生き方が身についてしまったという女子ですね。

成長しても、すんなりと自然に男の中で生きていける免疫を持っています。

こういった女子は、慣れているせいか、言葉使いなどもやや男子よりになったりなど、身も心もボーイッシュに近いのかもしれません。

自然に接することができる

免疫を持っているので、物怖じせず、男子との友情も育むことができるでしょう。

その関係性はごく自然で、何も問題はないように見えます。

が…むろん、何の努力もせず、家庭環境のみで生きていけるほど世の中は甘くありません。

彼女は接し方こそ自然ですが…

確かな女子力を持っています。

本人は自覚してないかもしれませんが、相手の男子は敏感にそれを感じてしまいます。

本人は自分の色気など頭の片隅にもなく、自然に接しているわけですが…

色気を感じてしまった男子は理性で感情をコントロールしなければなりません。

にも関わらず相手の女子はあまりに普通に接してくる…

これはもう「一見友情に見えるもの」でしかありません。

見方によっては「思わせぶりな態度」ということになりかねません。

友情を感じているとしても、それが一方通行では、男子があまりにも不憫です…。

自然に接しているから大丈夫、とその友情を過信しては後で誰かを傷つけるかもしれません。

8.誰に対しても平等

これがきっと男友達が多い女子の最大の理由かもしれません。

分け隔てなく接するということは、もちろん男女関係ないわけですから、人は多く集まってくるでしょう。

逆に言うと、分け隔てると、友人もまた偏った友人になります。

女子とばかり接すると、もちろん女子ばかり、男子とばかり接すると男子ばかり…

かつ女子には嫌われます。

女子としての自分よりも人間としての自分で接しているのですから、同性異性関係なく、友人は増えるでしょう。

男女で態度を変えない

これは必須中の必須です!!

男女で態度を変える女子ほど、女子の世界で弾劾される人はいないでしょう。

あの子さあ、男子と話す時…

「声オクターブ高くない??」

「サービス業の店員かっ!!」

的な女子、まれに見かけます。

これは絶対にやめた方がいいですね…。

男はおバカなので騙されるかもしれませんが、女子の世界はそこまで甘くはありません。

恐るべき陰口が待っていることでしょう。

9.好奇心旺盛で多趣味である

さっきエネルギッシュでタフだと書きましたが、そのメンタルを生かしてチャレンジするので、趣味も数多く持っています。

これもまた女性特有の趣味ではなくかなり幅広いようです。

男性も女性も楽しめる趣味がある

友人が多いので、男女どちらの世界でも楽しめる趣味を持っているのも特徴ですね。

例えばアウトドアなどです。

自分で運転して、テントも自分で張ったりするなど、

「サバイバル能力に長けている女子」もいます。

だいぶ男子からも頼りにされそうですね。

10.サバサバしている

これもなかなかよくみられる特徴の一つですね。

女子は感情で生きるなどよく耳にするものですが、この理屈がこの女子たちには当てはまりません。

この「サバサバ感」は色気を隠し、女子力を封印するのに役立ちます。

男子も気を使うことなく接することができるので気が楽です。

明らかに恋愛に興味もない態度なので、男子が勝手に舞い上がるということもかなり可能性が低いでしょう。

もしかしたら男女間の友情において最も必要な素質なのかもしれません。

男女関係なく同じ態度である

さっきも書きましたが、男子の友達が多い女子は決して態度を変えることはしません。

そもそもサバサバしてる人は男女というより、その空間自体に対して自分を合わせるということを好みません。

「え?何か?変える必要があるの?」とあっさり質問すらしてきそうなほど、サバサバしています。

こういう性格をしてる女子は男子から見ると「めんどくさいことをしない女子」として、信頼されます。

逆を言えば感情的になりやすい女子は男子から敬遠されるという意味ですね。

男視点で見ると感情的になる女子は、「何かあったら面倒を起こしそう」という危険性があります。

友情を深めたいというよりは、むしろ少し距離をおきたいと思われるでしょう。

11.交友関係が広い

学校などでは、中が特に良い「グループ」がありますよね?

友人が多い女子は、どのグループにも入っていくことができます。

もちろん男子のグループでも可能です。

それが嫌味に映らないので、女子からもきちんと信頼されているでしょう。

ここで態度を変えようものなら…

恐ろしい学生生活になってしまうでしょう。

そんなことが起こらないからこそ、その女子はどのグループにも溶け込むことができるんですけどね。

人見知りがない

サバサバしてる、というとやや冷やかな感じを受けるかもしれませんが、実はそうではありません。

感情の沸点が低いだけで、感情の温度が低いわけではないのです。

サバサバしてても協調性もありますし人見知りもしません。

これでいて多趣味、エネルギッシュにチャレンジ精神まで加われば…

交友関係が広くなるのも当然ですよね。

基本、相手がどんなタイプの人間でもきちんとしたコミュニケーションがとれるでしょう。

さらにそこにポジティブさが加われば、広い中にも深さがある交友関係が成立します。

「昨日は男子の友人宅でゲーム」

「今日は女子の友人とショッピング」

「明日は色黒マッチョマン達と海」

など、かなり幅広い世界で生きることができます。

…幅広すぎますね。

12.フットワークが軽い

ノリがよいので、行動力もあります。

こういったタイプの女子は「人生を貪欲に満喫する気持ち」が強いように思えますね。

休みの日に家でまったりなんてもったいない!!

すぐさま色黒マッチョマン達に連絡をとり海へGo!!

というわけですね。

アクティブである

友人が多いので自分から誘わなくても、どんどん誘いの連絡がきます。

気分が乗らないから行かないということはまずしません。

誘ったら基本的には行きます。

この付き合いのよさも人気の秘訣ですよね。

本来面倒だったら、かなり渋るはずなのですが、彼女はそんなことはしません。

仮に断る時も、しっかり誠意を込めて断ります。

つまり断り方もアクティブなのですね。

優柔不断な感じは、相手に不信感を与えますから、きっぱりと、自分の意志を伝えます。

これもサバサバしてる人の良いところですね!

【フットワークが軽い人については、こちらの記事もチェック!】

13.可愛くて愛嬌がある

女子として、ではなく人としての愛嬌とでも言いましょうか?

人として好感を持てる愛嬌、憎めない可愛らしさを存分に彼女達は持っています。

これはもう先天的なものなのかもしれません。

真似すると鼻について、逆に嫌われたりするので、ご注意ください。

男友達を惹きつける魅力がある

ここで言う惹きつける魅力とは、もちろん恋愛に至るような魅力ではありません。

女子が持っているからこそ光る魅力なのは間違いありません。

しかし、それで恋に落ちるのではなく、より人としてのカリスマ性が増し、友人として惹きつけられるということです。

この場合における可愛らしさや愛嬌には色気は混ざっていません。

妙な例えですが、猫が持っている魅力に近いかもしれません。

猫のように可愛らしいのですが、その魅力が恋の種になることはないでしょう。

人としての愛嬌が深いということなのでしょうね。

14.女友達も多い

分け隔てなく接しているので、当然女子の友人も多いですね。

分かりやすく言うと、友人が多い女子とはだいたいが「屈託がない人」です。

他人に対してのハードルがものすごく低く接しやすいのですね。

さらに裏表もないので、信頼もされます。

それでいて嫌味にならない愛嬌と可愛らしさがあれば…

これもまた最強の武器と防具を装備した勇者並みのポテンシャルを持っていると言えるでしょう!

同性からも好かれる

変な意味ではなく、人として魅力がある人はまず同性から好かれます。

同性からの信頼を得た上で異性からも友人として信頼されるようになります。

ここでバランスが崩れる人は考え方、もしくは接し方に問題がある人です。

まれに女子が「女子の世界は面倒だから男友達の方が一緒にいて楽」という人もいます。

しかし、あまりにバランスを悪くするのもあまりおススメはできませんね。

やはり同性には同性の、異性には異性の友情の良さがあるでしょうから

面倒と言わず、コミュニケーションをとるように心がけましょう。

孤立してるように見えて男子の方が心配になっちゃいますからね…。

15.自分から積極的に話しかける

屈託がないので、積極的に他人とコミュニケーションをとることができます。

あまりに自然すぎて初めは不審がられるかもしれませんが、信頼関係を作るのにはそう時間はかからないでしょう。

初対面の人ともすぐに友達に

特に意識することもなく、連絡先を交換したりもしますよね。

これが男子なら初めは「え?いきなり?そんな…まだ俺達会ったばかりだし…」と驚くかもしれません。

がしかし、決して他意はありません。

変な期待はしないように!

屈託なく話せる人は、どんどん自分のスピードで関係を築いていくので、そのペースに成れない人は戸惑うこともあるかもしれません。

でももちろん、友情マスターの彼女がきちんと引っ張っていってくれるので、気付けば友情が育まれているはずです。

まとめ

今回は異性における友情の真偽と、それを容易に作れる女子の特徴を挙げてみました!

いかがだったでしょうか?

自分で書いてて思ったのですが…その女子はすごいカリスマ性を持っていますね。

これくらい情に厚い人間が増えれば世の中もっと良くなるのでは…?

とさえ思ってしまいました。

実際男女問わず、友人は大いに越したことはありません。

人生、ポジティブ&アグレッシブです!

ぜひみなさんも屈託ない姿勢で、たくさん友人を作って素敵な時間を過ごしてください。

でも…危険でもありますから、女子のみなさん、男子のことは過信してはいけませんよ!

【男女友情あるあるは、こちらの記事もチェック!】