同性の友人と違い、男友達の基準は難しいものです。

学生時代男女ともに友人の多い人は、友人としての判断基準が分からなくなってしまっているかもしれません。

実は意外に異性の友人がいる人の方が少ないんですけどね。

そんな男友達とキスや手つなぎはあり?男友達とどこまでならOK?

そして一線を超えてしまうように気をつけて欲しい事とは何かを、リアルな例をご紹介しつつ説明いたしましょう。

男友達と彼氏は違う事を前提にして下さいね。

男友達とどこまでならOK?

結論から言いましょう。

私は男女に友情はありえないと思っています。

仕事仲間ならともかく、友達となるととてもやっかいだからです。

私には同性の友達はそれなりにいますが、異性の友達はあえて作らないようにしていました。

その理由は至ってシンプル、男友達が出来たとしてもその人に恋心を抱かない保証はないからです。

同性の友達には信頼や尊敬の念はあったとしても、さすがに恋心を抱く事なんてありませんよね?
しかしやはり異性なので、もし万が一家に泊めてと言われた時、何か一線を超えてしまったという事になってしまっては迷惑だからです。

実際にお酒で酔っ払って勢いでそうなってしまったという人がいました。

古い考えかもしれませんが、何か間違いがあってはお互い気まずくなってしまいます。

そうなると友達ではいられません。

ただ私の姉は私とは正反対に同性の友達だけではなく、男友達がとても多い人でした。

姉は美人で服装のセンスもよく、社交的な性格の上に誰とでも意見を合わせる方だったので、私より友達は多かったそうです。

しかしそれゆえに面倒な事もあったとぼやいていた事がありました。

男友達から告白される事が何度もあったそうです。

ただ姉はあくまでもその男友達を、友達としてしか見ていなかったため、全てお断りしていました。

話を聞いている分には、凄いイケメンやお金持ちなど一般的に見れば良い人達だったそうですが、彼氏として付き合うなら難がある人物ばかりだから嫌だったとか。

男友達なので遠慮がない分断るのも一苦労だったそうですが、友達として付き合うなら当たり障りのない程度にしておかないと面倒くさい事になりますよ。

友達基準はどこまで?OKなもの

男友達の基準はどこまでなのか?

ややグレーゾーンも交えた基準もありますので、一線を超えてしまわないか注意しましょう。

友達だから大丈夫、なんて過信は絶対にありえません。

男性は常にハンターだという事をお忘れないようにして下さいね。

2人でご飯

2人でご飯を食べるのは大丈夫です。

特に問題はありません。

ただご飯を食べに行く程度なら、何か間違いを起こす心配はないでしょう。

しかしご飯を食べる時に、お酒は控えておきましょう。

アルコールが入った事によりたかが外れてしまい、男女の関係を持ってしまうケースは本当に多いので、お酒が弱い人は飲まない方が良いです。

お互いに恋人がいる、またはどちらかに恋人がいる状態であれば、一応パートナーに男友達と2人でご飯を食べに行く事を伝えておいた方が無難かもしれません。

当人達はそんなつもりではないと思いますが、パートナーからすれば異性と2人きりでご飯に行く事を嫌がってしまう人もします。

もちろんそうでもない人もいますが、男友達と言えど黙って行くと基本的に良い顔はされませんので、最低限のマナーだけは守って下さいね。

悩み相談

悩み相談は若干グレーに当たるかもしれません。

悪い訳ではないのですが、男友達に恋人の悩みを相談していて、いつの間にか相手が自分の事を好きになってしまったケースが多発しています。

このケースは悩み相談を行う事により、自分の弱い姿や本性を見せているので、かなり気を許している状態にあると思っておいて下さい。

男性は弱っている女性に加護欲を抱く習性があり、自分が守ってあげないといけないと思うのだとか。

俗に言う男性はか弱い女性の方が好きというのは、ここから来ているのです。

何故弱っている女性に加護欲を抱くのか、男性には元々優位に立ちたいという本能が備わっています。

そのため弱っている人を見ると守ってあげたいという本能が働くそうです。

男性には弱っている姿をあまり見せない方が良いかもしれませんよ。

悩み相談は異性よりも同性にしましょう。

2人でお出かけ

ウィンドウショッピングや、恋人へのプレゼント選びに付いて来てもらうなど普通に遊びに行く程度なら良いですね。

上記の恋人へのプレゼント選びは、同性の友達よりも男友達に付いて来てもらう方が、良い意見をもらう事が出来ます。

男女共に価値観が違うので、新しい発見になりますし、良い刺激にもなりますよ。

デメリットを強いて上げてしまえば、会社の人や他の人に見られた時に面倒なくらいですね。

意外と知り合いに出会う事って結構多いんですよね。

堂々としていれば特に問題はないでしょう。

一緒に寝る

恋人でもない男女が一緒のベットで寝る事ほど、軽率な行為はありません。

もしも男友達に襲われた、男女の関係を持ってしまったという事になっても、誰からも同情なんてされないので気をつけましょう。

自分はそんなつもりではなかったなんていう言い訳は通りません。

一緒のベットでなくても、一緒の部屋で寝る事自体あってはいけないのです。

そこが同性の友達との大きな差ですね。

同性の友達なら一緒のベットや部屋で寝ても何の問題もありませんが、男友達ではそうはいきません。

反対にもしも襲われなかったとしても、それは自分を女扱いされていない、もしくは女性として見られていない事になります。

女性として意識されてしまうのも問題ですけどね。

男友達が同性愛者なら良いかもしれませんが、男でも友達だから大丈夫なんて事は本当に絶対にないのです!

電話


電話は必要以外の時はしない方が良いでしょう。

同性の友達でも、メールはあっても電話をするまで事ってそんなにないですよね?

電話をするまでになると、かなり気を許している証拠ではありますが、ほどほどにしておきましょう。

頻繁にLINEを送る

LINEはOKですが、あまり頻繁に連絡を送り過ぎないようにして下さいね。

男友達がフリーならともかく、彼女がいる場合は連絡はあまりしない方が良いです。

あなたが送っているLINEのせいで修羅場になってしまうかもしれません。

自分がもし彼女の立場で彼氏が女友達と頻繁にメールしていたら、どんな気持ちになるでしょうか?

やっぱり良い気はしませんよね。

2ショット

これはグレーゾーンに入ります。

自分達は良いかもしれませんが、他の人に見られたら確実にこの2人は付き合っていると誤解されても仕方がありませんよ。

今ではFacebookやInstagramに、平気で自分の写真などを乗せている人も多いです。

SNSは誰もが見やすいものですが、反対に危険度は高いと認識しておきましょう。

自分の友達や知人、そして恋人に見られてしまう可能性があります。

自分に置き換えて、もしも彼氏が自分の知らない女性と2ショットの写真をSNSで上げていたらどうですか?

絶対に気分を害しますよね。

今まで男友達と2ショットを撮っていた人は、かなり軽率な行動をとっていた事を自覚して下さい。

彼氏からすれば女友達の1人かもしれませんが、異性との2ショットの写真は彼氏彼女以外に撮らない方が良いですよ。

余計な誤解を招いてしまうことになります。

腕を組む

仲の良い女性同士でも腕を組む事はあります。

三十路の私でも仲の良い親友から、よく二の腕をつかまれたりしますよ。

心を許している親友だからこそ、二の腕を組まれるのは嫌ではないですね。

相手の体に触れる、自分の体に触れられても嫌悪感を抱かないのであれば、相手に親しみを持っている証拠です。

しかし男性の腕を組むのは大きな間違いだと認識して下さいね。

いくら仲が良くても、男友達の腕を組んではいけません。

男友達ではなく、彼氏の腕を組みましょう。

男友達の腕を平気で組んでいると、周りから軽い女だと認定されてしまいます。

基本的に女性は恋人でない男性の腕を組む事はありません。

私から見ても、このケースはないですね。

正直に言えばこのケースは、その他の女性を敵に回してしまうでしょう。

女性は男性にだらしない人が好きではありません。

自分の軽率な行動を行動により、同性を敵に回してしまい、同性の友達が一切いなくなってしまうかもしれませんよ。

軽めのボディータッチ

女性はボディータッチをする事が多いです。

異性関係なく、軽めのボディータッチを行うので、そこまで気にしなくても構いません。

何故女性はボディータッチを行うか、それは親愛の証みたいなものだと思って下さい。

親しくない人間には基本的にボディータッチなんて行いません。

問題なのは男友達の受け取り方にもよりますね。

実は男性は、女性からのボディータッチが大好物なのです!

男性から女性にボディータッチを行う事は、セクハラ紛いになるため、意識的に気を付けているので触ってくる事はまずありません。

あまり親しくない人間に肩や頭を触られても、嫌悪感と警戒心をむき出しにするでしょうしね。

それゆえに男性は女性からボディータッチをされると、物凄く嬉しいのだとか。

女性に触れる機会が少ない分、触れてもらえると喜ばれる様です。

特に女性慣れしていない男性にとっては、ドキドキさせてしまうかもしれませんよ。

ボディータッチは女性特有の癖でもあるので、仕方がないですけどね。

好きな人や彼氏にならボディータッチは問題ありませんが、男友達に女性として意識をされたくないのであれば頻繁に行わないように気をつけて下さい。

相手を呼び止めるために肩や背中を叩く事はしますが、それ以外には触れない方が良いでしょう。

実はボディータッチするにしても触れる箇所によって、ドキドキ度が半端ない所があるのだとか。

肩や背中なら呼び止めるという意味で変には取られませんが、腕や足、そして頭などはかなり親しい間柄でないと触れない部分になるので注意して下さい。

男友達ならこれはNG!!

正確に言えば、友達以上恋人未満の関係や、男友達でもNGすぎる行為はいくつかあります。

グレーゾーンになるかならないかはお伝えしましたが、今回お伝えするのは完全にNGゾーンです。

帰国子女や海外の人なら文化の違いにより、スキンシップが激しいものもあります。

しかし全員が海外の文化に精通している訳ではないので、日本でやると確実にただのビッチに思われてしまうでしょう。

手をつなぐ


同性の友達でも時々手を繋いでいる人はいますが、男友達と手を繋ぐという行為は明らかにNGです。

普通異性と手を繋ぐのであれば、恋人だけですよね?

カップルでする恋人繋ぎのようなものでなくても、男友達と手を繋ぐのは気持ちが悪いです。

ただの友達なのに恋人に近い行為をしてしまっている、これは軽率以外の何物でもありません。

男友達に誤解を招いてしまっても仕方ないですよ。

キスをする

そもそも友達にキスなんてしますか?

私は彼氏や旦那以外に、キスなんてしたくありません。

酔っぱらってしまって事故チューをしてしまったと言うのであれば、まだ理解は出来ます。

しかしシラフでキスしている場合、神経を疑われてしまうでしょう。

男友達とキスをする行為は、軽い女に見られても仕方がありませんよ。

同性からは穢らわしい女だと認定されてしまうもとです。

またキス自体感染などの恐れがあるので、誰にでもして良いわけではありません。

口内自体に雑菌が繁殖しているので、男友達がどんな菌を持っているか分かりませんよ。

キスは友達とはしないようにして下さいね。

【男友達からキスされたなら、こちらの記事もチェック!】

一線を超える

一線を越えてしまった場合は、単なる男友達ではなく体の関係に変わります。

お互いの性欲を満たすための友達のようなものです。

そのような友達を持っている女性は、私達が思っているよりもそれなりにいるのだとか。

彼氏が下手で満足できない、雰囲気に流されてしまってからずるずるそんな関係になってしまったなど、かなり情けない理由で一線を越えてしまったケースばかりのようです。

男友達と一線を超えてしまうなんて、言語道断すぎます!

もし一線を超えてしまった事で、性病に感染してしまった、妊娠してしまったなんて取り返しのつかない事になってしまっても、自己責任なので誰からも文句は言えません。

大げさかもしれませんが、元々は人体にリスクのある行為なのです。

それゆえに行きずりで体の関係をもってしまい、後悔する人も何人かいます。

妊娠してしまったケースで、よくシングルマザーとして育てるという人がいますが、子供にとって父親がいないという事実ほど悲しい事はありません。

親は子供を選べるのかも知れませんが、残念ながら子供は親を選べないのです。

恋人や旦那以外の人間と、軽々しく一線を越えないようにしましょう。

ハグ

いくら男友達でもハグされたら、嫌悪感がしませんか?

手を繋ぐ以上に、気持ちが悪いと感じてしまう行為ではないでしょうか。

外国では挨拶変わりにハグやキスをする文化が多いですが、日本にはそんな文化はありませんよね。

そのような文化であれば仕方がありませんが、日本ではハグというものは同性の友達や家族、そして恋人や旦那以外にはしません。

ハグ自体かなり相手と密着する行為になるので、当然異性として意識しない訳にはいかないでしょうね。

相手の体温やにおい、身体を直に感じ取る事ができてしまうのですから。

ハグは彼氏のみ、それだけは忘れないようにしましょう。

彼氏と男友達の境界線とは?

彼氏男友達のボーダーラインとはどこまでか?

同性の友達とは違うので、かなり気を使う事もあるかとは思います。

私は一線を越えたくないので男友達を作らないようにしていますが、境界線が分かりにくいという人は、あらかじめ予防線をはっておきましょう。

彼氏と男友達の境界線の違いとはどんなものか、詳しく解説していきますね。

一緒にいて落ち着くのが彼氏、楽しいのが男友達

彼氏と男友達の違いとはそもそも何なのかを考えてみましょう。

彼氏は特別な存在であり、一緒にいて楽しいく落ち着く存在と言っても良いです。

落ち着くという事は、気を許している事に繋がります。

そして気を許していると事は、かなりの信頼と愛情を持っているという事なのです。

男友達の場合は一緒にいて楽しい存在ですが、落ち着く存在ではありません。

落ち着く存在ではないので、気を使っているため自分の素を見せてはいないでしょうね。

男友達には弱みを見せない

弱味を見せて良いのは、彼氏や同性の友達、そして家族だけにしておきましょう。

男友達には弱味を絶対に見せてはいけません。

何故男友達に弱味を見せてはいけないか?

それは男友達に隙を与えてはいけないからです。

男性ハンターとしての本能を持っています。

弱った獲物を見ると捕らえたくなってしまうので、それまで意識していなかった女友達ので存在であったとしても、恋心を抱かれてしまうでしょう。

男友達の厄介なところは、隙を見せられないところですね。

同性の友達なら弱みを気軽に見せれますが、男性と女性の本能は違うので同じように考えてはいけません。

友達とは言え、男友達も異性だという事をお忘れなく。

男友達には特別感を出してはいけない

特別感を出すのは彼氏以外には出してはいせません。

実は女性は男性だと意識していなくても、平気でお世辞を言う事が出来ます。

どちらかと言えばおべんちゃらという言い方の方が正しいかもしれませんね。

お世辞はコミュニケーションの1つとして必要なのですが、ただやり過ぎてしまうと相手からは自分はあなたにとって特別な人間だとと思われてしまいます。

人にとって特別感=異性として好きと認識されてしまうでしょう。

特別感を出さないようにするためには、あまり親しくならない方が良いのです。

ただ地域によって考え方は異なります。

男女ともにノリの良い関西圏だと、ギャグやジョークだととらえてもらえるのでかなり楽ですよ。

男友達には男友達と伝える

あらかじめ男友達には男友達という存在であると伝えておきましょう。

何故伝えた方が良いか?

最初から男友達だと伝える事により、あなたは友達の存在だから彼氏ではないという意味を込めているのです。

そして男友達なので異性としては見れないという、少々厳しいニュアンスも含んでいます。

男友達には男友達だと事前に伝える事によって、先制パンチすることが可能となりますよ。

先制パンチをしておく事により、相手は自分はあなたにとって友達という存在だと認識してもらえるので、一線を越える心配はまずありません。

しかし中には上手く理解してもらえない人もいるので、そういう人には男友達だから異性としては見れないという事を伝えた方が良いかもしれませんね。

男友達と一線を超えないようするには?

男友達と一線を越えないようにするためには、貞操はしっかり守っておきましょう。

貞操観念が緩いと、簡単に男友達と一線を超えてもしまいます。

雰囲気に流されない、優柔不断にならない事が大切ですよ!

勘違いさせる行動は取らない

男友達に特別感を出す、手を繋ぐ、電話など勘違いをさせる行動は避けましょう。

かと言って何が悪いのか、分かりにくいですよね。

男友達にしてはいけないのが、スキンシップです。

相手の体に触れるような行為は慎みましょう。

言葉よりも何よりも、男性が一番ドキドキしてしまうのはスキンシップなので、自分にはそのつもりがなくても、男友達は勘違いをしてしまいます。

女性特有の癖でもあるのですが、最初から男友達にはスキンシップしないように意識する事が重要ですよ。

程よい距離感を保つ

男友達とは常に程良い距離感を保つようにしておきましょう。

距離感が近すぎてしまうより、やや距離があると思えるのがベストです!

近すぎてしまうとやはり異性として意識されてしまい、そして自分も男友達を意識してしまうかもしれません。

その場合単なる男友達だったのに、いつの間にか友達以上恋人未満の存在にまで発展してしまう可能性があります。

距離感はミスしないようにしましょう。

何年も同じ関係を続ける

男友達として何年も同じ関係を続ける事は、とても重要な事です。

同性の友達であれば、距離が近ければ近いほど普通の友達から親しい友達に昇格しますが、男友達ではそうはいきません。

少しでも距離感を間違えてしまえば、すぐにでも友達以上恋人未満の存在になりますよ。

ここが男と女の差なのかもしれませんね。

何年も同じ関係を続ける事により、良い友達として付き合って行く事が可能です。

ただ何年も同じ関係を続けるというのは、完全に割り切らないと難しいでしょうね。

それこそその場の雰囲気に流されない、さっぱりとした正確であまり女性を感じさせないようにする必要があります。

私の姉も男友達から告白される事はありましたが、完全に男友達だと割り切っていたので、関係は今でも持続しているようです。

元々姉に告白してきた男友達も軽いノリで告白してきた感じみたいですしね。

男友達に気を持たせないようにするのも大切ですが、自分の気持ちもしっかり持っておいて下さいね。

彼氏を優先させる

常識中の常識と言っても良いかもしれませんが、男友達よりも彼氏を優先させましょう。

同性の友達なら彼氏と同格でもかまいませんが、男友達を彼氏以上に優先させる必要はありません。

もしあなたが彼女の場合、自分より異性の友達を優先させられたらどうしますか?

嫌な気分どころか、その異性の友達との関係を疑ってしまいますよね。

実際問題私が過去に付き合っていた男性で、女友達と遊んでいる内に好きになってしまったから別れて欲しいと言われた事がありました。

あなたの彼氏からしてみても、もしかしたら自分よりその男友達が大切なのではないか?

、心変わりしてしまったのでは…という風に不安にさせてしまうでしょう。

何か急ぎの用事以外で、彼氏よりも男友達を優先するのは控えておいた方が良いです。

男友達を彼氏よりも優先させてしまった場合は、その男友達があなたにとって自分は特別な存在なのではと勘違いさせてしまうでしょう。

彼氏は大切な存在でなくてはならないもの、男友達も大切ではあるが彼氏よりも優先しなければいけない存在ではありません。

むしろどちらかと言われたら同性の友達よりも、ランクは低いかもしれませんね。

弱みは見せない

彼氏以外の男性に、簡単に自分の弱みを見せてはいけません。

男友達に自分の弱みを見せる事で、一線を超えてしまう危険性があるからです。

弱みを見せる事でスキが生まれてしまします。

スキを見せてしまう事により、簡単に男友達に付け込まれてしまうのです。

泣きそうになっても、男友達の前では泣かないように我慢してください。

愚痴や弱みを見せるのであれば、同性の友達に言う方が同調してもらえますよ。

2人で頻繁に会わない

そもそも男友達と2人きりで頻繁に会う必要はありません。

彼氏がいるのであれば尚更です。

男友達と2人きりで会うにしても、1年に1回あるかないかくらいで構いません。

そこまで重要視しなければいけない存在ではないからですね。

もし外に出ていて自分達の親しい友達や恋人に目撃されてしまった場合、物凄く面倒くさい事になりますよ。

もしも自分の彼氏が異性の友達と一緒に2人きりで歩いているのを見かけてしまった場合、浮気をしていると思ってしまいますよね?

更に手を繋いでいたり、ハグをしていたりすれば、どう見ても浮気にしか見えないでしょう。

2人きりで頻繁に会う事は周囲に余計な誤解を招く事になり、男にだらしのない軽い女だと思われてしまいます。

男友達と会う時は、必ず彼氏に了解を得てからにしましょう。

人によって異性と遊びに行くのが嫌だという人がいます。

心が狭いと感じられるかもしれませんが、異性と2人きりで会う事自体グレーゾーンになりますよ。

男友達と会う時は、基本的に何人かのグループと一緒に会う方が良いかもしれませんね。

連絡も必要なときだけ

男友達に対して、頻繁に連絡を送る必要はありません。

相手から頻繁にメールが送られてきても、1日1回返信を返すか返さない程度で大丈夫です。

男友達との連絡は本当に必要最低限で構いませんよ。

緊急時ならともかく、電話も一切かけなくて結構なくらいです。

そのくらい割り切らなければ、男友達とは付き合っていけないですよ。

男友達との接し方を考えよう!(まとめ)

正直な話、男友達は必要がありません。

確かに異性慣れするにしても、男友達の存在は大きいものかもしれませんが、私は割り切る事が出来ないので同性の友達しか作らないようにしています。

学生時代に共学だった人であれば男友達はいると思いますし、ある程度親しい仲なので問題はないかもしれませんが、同性と比べてみてもそこまで気楽さはなかったように思えますね。

それは私が男性に女性扱いをされたいからかもしれません。

男友達がたくさんいた知人からは、自分の事は女扱いしてもらっていないと複雑そうな顔をしてしました。

女扱いをしていないとい事は、同格に見られている証拠でもありますが、女性として意識をされていない事は女性としての魅力がないという風にも感じ取る事が出来ます。

確かに男友達と遊ぶにしても異性として見られていては面倒くさい事に発展してしまいますが、女として見られなくなったらそれはそれで終わりなような気がしました。

そして男友達は同性の友達と同じように気軽には遊べません。

温泉やプールなど薄着になる必要があるところには一緒に行くことはできませんしね。

私の姉のように完全に男友達は男友達で割り切るようにすれば、上手く行くかもしれませんが、そんな簡単に割り切れない人も多いです。

男友達と遊ぶ時は絶対にグループで遊ぶ、そして距離感は必ず空けすぎて置くようにしましょう。