メンヘラというのは近年作られた新しい言葉の1つです。

若者に人気のある2チャンネルから生まれた言葉ですね。

いわゆるネットスラングになります。

元々はメンヘラというのは、メンタルヘルスが語源となっているそうです。

メンタルヘルスというのは、心の健康という意味になります。

意味合い的には普通に聞こえるかもしれませんが、2チャンネル的には何らかしらの精神病を意味すると考えて下さいませ。

全くもっていい意味ではありませんが、言い方的にはそこまで重度というものではありません。

あなたの周りにも精神疾患を患っている訳ではないけれど、そんな人間が周りにはいませんでしょうか?

メンヘラなめんどくさい友達との6個の上手な付き合い方

自分の周りにも精神疾患までとはいかず、精神的に病んでいるメンヘラな人はいませんか?

男性よりも感情的に行動する女性の方が、圧倒的にメンヘラが多いと言われています。

メンヘラというのは現実を見ていない、被害妄想が激しいお馬鹿さんですね。

一緒にいても何のメリットはありません。

しかし単純に現在病んでいる可能性がありますのげ、関係を断ち切る事は出来ないと思う人もいるでしょう。

どんな接し方をすれば良いか、またメンヘラはどんな人間なのか?

上手く付き合っていけるように考えていくと何とか対応出来るかもしれませんよ。

1.メンヘラについて理解しよう

メンヘラというのは精神的に疾患があるという感じで言いましたが、実際はそこまでではありません。

何せ2チャンネル発症なので、意味的にはかなりライトだと思って下さい。

精神疾患ではないけども、言動がやや独特な人間の事を指します。

変わっているような人間が多く、自分の事を分かってくれるような人間を好み、自分だけを可哀想だと思っている傾向が強いです。

更に厄介なのが、そんな弱っているような人間が好きなんですよね。

若干面倒くさい人間だというのは理解してあげましょう。

自分のことをわかってくれる人を好む

これは別にメンヘラに限った話ではありません。

自分の事を理解してくれるような人間は誰でも好きでしょう。

人間というのは勝手な生き物で、人の事を理解したいというよりも自分の事を理解してほしいと思っているのです。

それ故よほど興味のある話や関心のある人間の話でないと、どうでも良いと思われてしまうんですよね。

これもまたメンヘラに限っただけの話ではないのですが、自分に関心や関係が全くない相手にはどうでも良い態度を取る人が非常に多いです。

プライベートならともかく、仕事でもそのような対応をしてしまう人も少なくないんですよ。

結構態度を出しているので、第三者からは分かりやすく感じが悪いと思われてしまう傾向があります。

自分の話は生き生きとするくせに、他人の事はどうでも良い態度を取るなんて図図しいと思いませんか?

自分だけ可哀想と思っている

自分だけを可哀想と思ってるフシが非常に強いかもしれません。

基本的にメンヘラというのは寂しがり屋です。

それ故にかまってちゃんな人間もたくさんいます。

厄介なのは友達ではなく、恋愛関係に発展した場合でしょうね。

依存する傾向があると考えて下さい。

最初は別に普通と思っていても、友達になってくると異様に懐く人っているものです。

常に心が満たされていない状態にあるので、厄介なトラブルを自ら引き起こしてしまうような人も少なくありません。

わざと彼氏を試したり、人の嫌がるような事を言ったりなどしています。

罪悪感がないようなので、達はあまり良くはないです。

言うなれば悲劇のヒロインぶっているような感じかもしれません。

自分を可哀想だと思っているため、話を盛ったりして相手を悪者にしたりします。

話をややこしくさせるのも上手いので、やや適当な感じで聞くのが良いでしょうね。

そんな自分が好きでもある

悲劇のヒロインというのは自分自身に酔っているような状態ですね。

人間は自分の事が嫌いという人間が多いですが、本心は嫌いではありません。

自分の事を好きだと認めてしまうと、ナルシストになってしまうのでごまかしているという言い方が正しいでしょう。

嫌いよりはマシだと思いますけど、ネガティブな方向で自分の事を好きと言ってしまうのはいけませんよ。

2.過去のトラウマを癒す


トラウマというのは誰にでもあるものです。

家族、仕事、恋愛、人間関係などですね。

誰にでも闇を抱えてしまっている人間はいます。

しかし過去のトラウマは、どうしようもありません。

あの時ああしていればという思いがあるからこそ、人間はトラウマにさいなまれるのです。

トラウマは克服する事は可能です。

自分を受け入れる事しかないでしょう。

しかしそのトラウマは精神的苦痛を伴うほど、癒やされるものではないものもあります。

どうやって癒やすかは、認めるしかないのです。

楽観的に接する

トラウマというのは、基本的に誰にでも知られたいものではありません。

いじめにあって酷い事をされた人間など、思い返したくもない事でしょうね。

私も私の姉も幼少期は嫌な思いをしました。

今でも姉はトラウマにさいなまれる事があるようです。

正直私は面倒くさいと思い、楽観的に考えています。

他者に話すと結構ショックを受けるようなトラウマだとしても、気にしないのが一番ではないしょうか?

私も他の人がトラウマで悩んでいる時には、重く聞かないようにしています。

時々笑いを交えたりする感じですね。

楽観的というのは物事を上手く行くものだと考えて、気楽にする感じでしょうか。

ただ楽観的というと人からすれば馬鹿みたいに思えるようですが、トラウマで悩んでいる方がお馬鹿さんですよ。

昔は昔、今は今なのです。

いつまでも過去に囚われていても、何か解決するんですか?

気楽にやれば良いんです!

私も友達に励ます時は悩みすぎるなと話しています。

3.共に考える

共に考えるというよりは、正確には色んな選択肢を与えるという言い方が正しいかもしれませんね。

一緒に悩んでも仕方がありませんし、共に考えると言うとそんなに大差ない場合もあります。

特に幸せに生きてきた人間にとっては、共感が出来ない事もあるのです。

不幸に生まれてきた私からしてみれば、別に一緒に考えてほしくはありません。

大体人の気持も考えないでロクな事を言わない人間もいるんですよ。

それなら何かしらのアドバイスをくれるか、自分と一緒にいてくれるだけで楽しいのです。

一人で考え込ませない

この当たりになると自分で何かしら行動しろと思いますけどね。

一人で考え込んでしまうと、ロクな解決は出来ません。

人間というのは誰かと関わる事によって力が発揮できる生き物です。

一人で考え込んでいると、何も良い事はおきませんし余計に悪化します。

今の時代LINEという便利なツールが存在するのですから、そちらを利用して下さい。

気になるのであれば、時々相手に連絡を送ってみましょう。

頻繁に連絡を取ると面倒くさいと思われてしまうので、1週間に1回ペースで構いません。

ただし内容はそれとなく変えてみましょう。

相手の気晴らしになるような感じですね。

定期的に会う約束をしても良いかもしれませんよ。

4.体調を気にかける

相手の体調は特に気にかけてみましょう。

生き物は1ヶ月くらいすると何かしら身体の調子が変わってくるものです。

基本的にはもちろん悪い方向ですね。

あまり良くなるというのは聞いた事がありません。

体調を気にしてあげる事で、相手もあなたに少し関心を持ってくれるでしょう。

規則正しい生活ができるように

生活リズムが極端に変な人はいるとは思えませんが、精神的な事で崩れてしまう人も少なくはありません。

1ヶ月前は普通でもある日突然大病をしてしまった、妊娠してしまった、精神的な病気で体調を崩してしまう事もあったなどが考えられます。

実際私自身がリアルにそうでした。

端から見れば規則正しい生活を送れているにしても、ストレスを抱えているといつも通りの日常には程遠い事になります。

体調なんて気にしてもと思うかもしれませんが、なるべく気にしてあげる方が良いですよ。

負のループほど恐ろしいものはないですからね。

悪循環を生みださないように

体調というのは普段から気をつけていないと難しいものです。

特に精神的な病というのは、再発する可能性がとても高いですよ。

私の親友が突発性難聴になったのですが、1ヶ月後くらいにまた再発しましたからね。

病院でちゃんと治療していたのにも関わらず、再発する事はあります。

生きている限り、病気というのは必ずなるんですよ。

ただ精神的に落ち着いていれば、抵抗力などもアップし病気に簡単には負けない身体にもなります。

悪循環を生み出さないようにするには、生活を少々変えてしまえば良いだけの話です。

家に引きこもらず、外に連れ出す

家に引きこもらず外に連れ出すというのは良い手ですね。

ただしノープランで計画すると相手が白けてしまいますので、言う前に何かしら計画を立てておきましょう。

外に連れ出すにしてもどこが良いか、相手の好みや行きたい場所を考慮してみる事が大切です。

いつも遊んでいる所でも構いませんし、水族館や遊園地など比較的拒否されないような所でも良いかもしれません。

別にどこかに行くのが重要という訳ではなく、少しでも環境を変えてみるというのが正解ですね。

いつも同じ事をしていても気は晴れる訳ではないですよね。

ただ相手がよほど体調が悪い時だと、動けるような状態ではないかもしれませんので、無理強いは止めておきましょう。

せっかく誘ったのにと思うかもしれませんが、相手の気が乗らない時に無理に誘ってしまっても迷惑になってしまうだけです。

人を誘う時は、相手の気が向いたらで構わないという言い方をしておいて下さいませ。

今すぐではなくても、気が向いたら一緒に行くという方が相手も自然と乗り気になってくれるでしょう。

5.笑いを誘う


笑いを誘うというのは簡単な事ではありません。

何故なら人によって笑いというのは大きく異なるからです。

メンヘラの人間の笑いというのは、嫌な言い方をすれば基本的に人を見下しているような笑いが多いかもしれませんね。

誰かの不幸を好むのです。

ただ誰かの不幸を好むという言い方は悪いのですが、別に悪口やそういうものではありません。

正確に言うとドジや失敗などだと思って下さい。

笑いを誘うのであれば、お笑いのDVDを見せて見せてみましょう。

笑ってはいけないシリーズか、月曜から夜ふかしがベストですね。

何故笑う方が良いか?

笑うと元気になるからです。

嫌なことも悲しい事も、大笑いをすると頭が真っ白になるからですよ。

私はお笑い芸人ではありませんが、人を笑わす事が大好きです。

単純に自分のドジもあるのですが、いつも笑われています。

メンヘラの友達からすればそういうのが良いらしく、いっつも爆笑されていますね。

ただある友達からすれば、自分より下がいるという見下した発言もされるので、それでも容認できるかどうかにもよります。

笑顔になれることを共にたくさん経験する

落ちこんでいる人を励ます時ってどうやってしていますか?

言っておきますが、絶対に頑張れとか貴方なら出来るとか言ってはいけません。

単純に人を心から笑顔にすればよいのです。

笑顔になれば人は幸せな気持ちになります。

たくさん笑顔になれる事を一緒に経験していけばよいのです。

別に笑顔になれる事を難しく考える必要がありません。

その人にとって何が楽しいかを考えてみましょう。

決して自分の楽しい事を相手にゴリ押してしまうのはだめですよ!

自分的に考えたのが何も考えずにただ笑顔になれる方法が、面白いものをするという事ですね。

お笑いのDVDもそうですが、体感系もおすすめです。

正直な話、メンヘラの人は1回くらい死んだ方が良いかもしれません。

これは死ねと言っている訳ではなく、臨死体験だと思って下さい。

ちなみに臨死体験とは読んで字の如く、死にいくような体験の事をさします。

手短なところだとバンジージャンプやスカイダイビング、海外で3ヶ月くらいお金を持たず自力で生き延びるなどが良いですね。

確実にやばいと思わせるような体験をすれば、人間ちょっとした事くらいでうじうじはしなくなるでしょう。

しんどい中に笑顔になれるような事はいくらでもあります。

6.素直な自分を見せる

素直に生きている人間はどれだけいるのでしょうか?

特に日本人は素直になれず、いつもモヤっとした生活を送っています。

あなた自身、自分は素直に生きているかと言われたらそうではないでしょうね。

一歩間違えてしまえば自分本位になってしまう可能性が高いです。

多くの人が我慢やら何やらしてはいますが、ただしそれは自分から枷をはめているような状態であるという認識をもっておいた方が良いでしょう。

素直な自分を見せるというのは多くの人が出来ません。

私自身基本的に人に対して素直に接しています。

別に嘘はついてはいませんよ。

しかしあえて言わないようにしている事はしています。

この当たりは駆け引きも多少必要だとは思いますが、ある程度自分の素直さを見せる事は大切です。

特に女性は男性と違い、嘘で塗り固められたメッキみたいなものですもの。

多くの人は自分の大切な人に嘘を付いている人もいます。

八方美人という言い方もあり、他者に対してよく見せようとするために、自分や周りに嘘を付くこともありますがそんな生き方をしているとメンヘラになってしまうのは当然でしょうね。

素直を見せるにせよ、最低限嘘をつかない程度で良いのです。

正直素直になれと言われて素直になれる人は少ないでしょう。

考え方を変えてみると上手く行きますよ。

プライドや見栄を捨てさせる

プライドや見栄なんてものは、はっきり言いますけど生きていく上で何の役にも立たない愚かな感情だという認識をお持ち下さい。

男はプライドで生きていく、女は見栄を張るような生き物だと言いますが、プライドや見栄で生活が出来ますか?

私も色んな人を見ていましたが、プライドや見栄なんてものは邪魔なものでしかありません。

そんなものは負の感情です。

何故ならプライドや見栄で、ご飯が満足に食べていけますでしょうか?

プライドや見栄というのは人によっては生活の邪魔でしかなく、自分の足枷になってしまっているのです。

メンヘラの人に限った話ではありますが、ほとんどの人はプライドや見栄を持っているんですよね。

プライドが見栄があると、プライベートだけではなく仕事にも支障が出ます。

特に自分の失敗を素直に認められないような人間は、何度でも同じ様な失敗をしたり失敗をごまかしている状態とも言えるのです。

私は自分に素直に生きています。

我慢していると身体にも良くありませんし、ウジウジするのは性に合わないからというのもありますが、つまらない気がするのです。

素直過ぎて人から微妙に恐れられている事もあるようですが、素直にものを言わない人間よりはマシではないでしょうか。

メンヘラになる原因

そもそも人間はメンヘラに生きてきた訳ではありません。

実際に何かしらの精神的な苦痛を味わってきているのです。

持病、家庭環境、仕事の悩み、いじめ、ストレスなどですね。

人間というのは他の動物と異なり、心というものがある生き物なのです。

その他の動物は本能に基づいて行動しており、人間のように心というものが明確にあるわけではありません。

人間は他の動物よりも優れているように見えますが、不自由さは動物以上でしょう。

誰もが最初からメンヘラだった訳ではないのです。

メンヘラという言い方はネットスラングなので軽く聞こえるかもしれませんが、実際は深刻な悩みを抱えている人間もいます。

特に家庭環境やいじめは、自力ではどうしようも出来ない部分かもしれませんね。

1.持病

持病というのは人それぞれにあります。

生まれつき子供ができにくい体質、食物アレルギー、喘息、腎臓病、ニキビなどなどです。

命に関わるようなものではないものもありますが、一生治らず縛り付けられてしまうので、ストレスになるケースも多いと考えておいて下さい。

例として私は魚介系の食物アレルギーを持っています。

食物アレルギーは現在発症している人間が多く、他の人にとって当たり前の物が食べられないという不便なものです。

私は発症したのは小学生の頃で、一生治らないと言われています。

知識のない人間だとアレルギーのものを食べなければよいのではという単純な発想で済ますようですが、残念ながらそうもいきません。

食品袋の裏に書かれている事があるのですが、アレルギー物質を使用している工場で生成されている場合、少量ではあるのですがアレルギー反応が出る事があります。

つまりどういう事かというと、全てのレストランや公共機関などエビやイカなどを使用した鍋やまな板が使われている可能性があり、別にアレルギーのものを食べている訳ではないのに発症してしまう事もあるという事なのです。

言ってみればちょっとした闇鍋状態ですね。

私の場合は下手をすれば、頭痛が起こってしまうので命に関わってきます。

他の人からすればたかがそんなもの程度なのかもしれませんが、単純そうなものに見えて結構厄介だったりするんですよ。

命には別状が無いにしても、ストレスというのは確実に溜まってくると思って下さいませ。

2.家庭環境

家庭環境は一番どうしようもない話です。

今現在ニュースなどで一番よく見るような問題というのは、家庭環境に関してですからね。

母親や父親が虐待していた、子供が親や家族を殺したなんていう物騒な時代でもあります。

幸せに生きてきた人間にはわからない事でしょう。

家庭環境が最強に厄介以外何ものでもありません。

最悪のケースとしては殺人ですが、大体は虐待やネグレクトやドメスティック・バイオレンスなどです。

一番虐待が多いですが、中途半端になっている家庭もあります。

家族の仲が悪いなどですね。

私自身家庭環境が良くない状況で生きてきました。

今でこそそれなりに平和にやっていますが、しんどかったです。

家庭環境が悪いと本気で最悪ですよ!

学校や仕事から疲れて帰って来ているのに、家に帰ったら地獄が待っているなんて事、想像してみたら嫌でしょう?

家というのは疲れや憩いの場所のハズです。

それなのに家がそのような状況だと、誰がいい気をするのでしょうね。

はっきり言いますが精神的に狂うか、トラウマは確実に残ります。

こればかりは当人ではなく、親の責任でもあるのでどうしようもありません。

弱い人間は自分に自信がなく、辛い気持ちで生きてしまう事になり、早く死にたいと思ってしまうのです。

解決としては家から出るのが最良の解決策なのですが、中々出る人がいないんですよ。

3.仕事の悩み

仕事の悩みというのは尽きる事はありません。

何せ仕事の悩みというのは、仕事をしていれば必ずあるからです。

そんなに悩みがないのは、バイトや単純作業をしているような人間でしょう。

正社員として働いていると、仕事の悩みというのは必ず出てきます。

大体仕事の悩みというのは上司が出来損ない、仕事が出来ない、ブラック企業、人間関係だという感じでしょうか。

よくあるあるな話なのですが、これがまたどうしようもないんですよ。

特に厄介なのが、上司が出来損ないという部分ですね。

何せ上司が出来損ないだと、指揮は大きく下がってしまいます。

実際私の周りでもそういう人はたくさんいました。

特に厄介なのが人間関係なのかもしれません。

人間関係での悩みは誰にでもあります。

上司と上手くコミュニケーションが取れないという人や、周りとの衝突などですね。

仕事の悩みというのは本当に尽きるものではないのですが、上手くやっていかなければ仕方がありません。

ただ仕事の悩みがひどくなってくると、精神的に病んできてしまい体調に異変をきたしてしまう事になります。

私の親友が実際仕事の悩みのせいで、突発性難聴を引き起こしてしまいました。

突発性難聴とは何が原因かは分かりませんが、主にストレスのせいと言われているものです。

命には別状がある病気ではありませんが、日常生活に大きな影響が出ると思って下さい。

聴力が低下してしまうとどういう事になるのか?

めまいや、耳鳴りに悩まされる事になります。

それも重度だという人がとても多いですね。

別に突発性難聴に限った話ではありませんが、その他にも精神的に病んでしまい身体的ではなく心にも影響が来ます。

4.いじめ

あなたはいじめを受けた事がありますか?

もしくは誰かをいじめた事がありますでしょうか?

小中学生にはとても多い話ですが、いじめというのはどこに行ってもあるものなんですよ。

今やいじめられる人間は当たり前のように自殺をするという事がとても多くなっています。

私も昔いじめられていました。

正確には人からいじられるくらいのものでしたが、最初はそれが苦痛でしたね。

いじめられていた人は思い返して頂きたいのですが、いじめというのは何かしら自分自身に原因がある場合も考えられます。

何故なら私自身がそうでした。

デブ、ブス、バカの三拍子揃っていましたよ。

姉からよく言われていましたが、いじめというのはいじめられる方が悪いという事です。

自分が気が付かない内に人に対して嫌な事をしてしまっていないか、気持ちが悪い容姿をしていないかというものも考えられます。

大人になってある程度の常識が身についてくるようになると、いじめなどはなくなるのですが、子供はリミッターがないから分からないんですよね。

ただし大人になってもいじめというものは存在します。

会社のお局様や女子社員などにいじめられるというものです。

あえて言いますが、基本的にどの場所も自分をWelcomeしてくれるような所はありません。

自分が適応出来るか出来ないかくらいの違いでしょう。

いじめに負けないというよりも、いじめに立ち向かう心を持たないと無理なんですよ。

大概の人はいじめに対して屈してしまうんですよね。

何故いじめられるままでいるのか理解が出来ません。

5.ストレス

ストレスというのは誰にでもあるものです。

そのストレスと上手く向き合っていけるかどうかでしょうね。

ストレスの原因は主に上記の持病、家庭環境、仕事の悩み、いじめなどから成り立っています。

それ以外にももちろん原因はありますよ!

環境の変化や恋愛関係の悩みなどでしょうね。

ストレスは常にあるものです。

こればかりはなくなる訳ではありませんし、大体が悩まされるんですよ。

上手くストレス発散出来ているのであればよいのですが、それ以上精神が病んでいるとちょっとした事でもストレスになってしまうので難しい所です。

定期的にストレスというのは解消していかないといけないものですが、ストレス解消方法は人によって異なります。

何かしら夢中になるものがあれば人はストレスがそこまでひどくはならないのですが、正直難しいでしょう。

本当にストレスがたまっている時は身体がおっくうになってしまい、何もしなくないのです。

どうして良いかわからない事も多いんですよ。

ただここでいけないのはストレスに負けてしまう事だと思っておいて下さいませ。

ストレスに負けてしまうと心が弱いままになってしまいます。

どういう風に解決するのが良いか、自分と向き合わないとストレスなんて解決する事が出来ません。

大切な友達なら心のケアをしてあげよう

メンヘラな友達というのは確かに面倒くさいものかもしれません。

精神的に病んでいる人間というのは、正直一緒に居て気持ちの良いものではないです。

しかしそれはあくまでも一時的なものでしょう。

誰だって精神的に病んでしまっていると、何をしても楽しいとは思いませんよね?

あなた自身困った時見捨てられたら嫌ではないですか?

本当に大切な友達なら、心のケアをしてあげる事が大切ですよ。

何かしてあげたりしてあげるのが友達ではなく、一緒にいて面白いと思える人間というのはとても大切な存在のハズです。

アドバイスなどではなく、話を聞いたり一緒にどこか行くだけでも違います。

暖かく見守ってあげてくださいね。