人生を謳歌するために大切なものといったら、あなたは何を思い浮かべますか?

お金、恋人、仕事、趣味…などが思い浮かぶ方も多いと思いますが、最初に思い浮かぶのは、「友達」の存在ではないでしょうか?

飲みに行ったり、イベントに参加したり、旅行に行ったりというのは、1人でもできることではありますが、友達と一緒に行くことで、楽しみが倍増しますよね♪

また、苦楽を共にしてくれたり、何かあった時に助けてくれたり、話を聞いてくれる友達の存在というのは、人生を生きていく上で、非常に心強いものがあるのではないでしょうか。

友達の数は人によってさまざま。

少人数で濃く深く付き合う方もいれば、大人数でイベントに参加したりする人もいます。

人によって友達と呼べる人数が異なるのは、その人の価値観だったり、大切にしているものが違うからです。

大事なのは、友達の数ではなく、自分の価値観があった人で、一緒にいると人生を楽しめるかどうかであるといえるでしょう。

ですが、世の中には「友達がいない女」というのが存在します。

いやいや、一人くらいはいるでしょうと思う人も多いかもしれませんが、実際にいるんです。

もしかしたら、過去に1人や二人いたかもしれませんが、年齢を重ねるうちに、疎遠になった…。

いつのまにか、一人で飲みに行ったり、旅行にいったり、家でのんびり過ごすことに何とも思わなくなっていた。

世の中にはそんなかわいそうな女が存在します。

今回は、友達のいない女についてご紹介していきます♪

友達がいないって寂しいかも…

友達がいないと聞いて、世の中一般の人は、「寂しい人なんだ。」と感じることが多いと思います。

どんな人でも、友達がいるのが当たり前。

友達がいないというのは、その人に何かしら問題があるか、よっぽど一人でいるのが好きで友達に価値が見出せないかどちらかだと思います。

とはいえ、前者はあっても、後者のような考え方というのはそうはいないといえるでしょう。

つまり、あなたが友達がいないと感じているのであれば、それは必ずあなたに原因があります。

環境のせいでも、周りにいる人間のせいでも、タイミングの問題でもありません。

あなた自身に問題があるのです。

「友達なんていらない。」と強がっても、心の奥底では友達が欲しいと感じているはずです。

友達がいるだけで、人生の楽しみ方も変わりますし、価値観や考え方だって広がります。

友達という存在は、いるだけで価値がある存在なのです。

そのため、友達がいないという人は、確実に寂しい人生を送っているといえるでしょう。

理由を知れば友達は作れるはず!!

あなたが友達がいない女の場合、友達がなぜいないのかを考えたことはありますか?

友達がいない多くの人が、「周りに価値観が合う人がいなかったから。」とか「仲良くなるタイミングを逃したから。」という言い訳をする傾向にあります。

ですが、友達がいない理由は価値観の違いでもタイミングでもありません。

そもそも出会った瞬間に相手の価値観がわかる人なんていませんし、仲良くなるタイミングは何度だって訪れます。

むしろ、価値観が違ってもタイミングが合わなくても、友達にはなれるんです。

あなたに友達がいない理由は、あなた自身の欠点に気づいていないことが大きいのかもしれません。

つまり、あなたが友達ができない理由を知れば、おのずと友達は作れるようになります。

友達を作るためには、まずは、あなたが自分自身のことを理解するところから始まるのです。

友達いない女の20個の理由

とはいえ、自分のことを理解するなんてなかなか難しいでしょう。

友達がいないですから、他人に自分の欠点を聞くこともできませんし、家族に聞いたところで、身内ですから参考になる意見が出てくるとも思えません。

自分のことを理解するためには、友達がいない女にありがちな傾向を理解することからはじめるのが良いといえるでしょう。

そして、自分に当てはまるものを確認していき、自分の欠点を知っていくのが、改善の近道だといえます。

では実際に友達がいない女の特徴をご紹介していきたいと思います。

1.友達を作ろうとしない

まず、友達がいない女にありがちなのが、友達を作ろうとしないというところです。

頭のどこかで、友達とは自然になるものだと思い込んでいるのだと思います。

その結果、いつでも受け身姿勢で、自分からコミュニケーションも取ろうとせず、誰の印象にも残らない女で終わっている傾向にあります。

友達というのは、自然にできるものではありません。

そもそも、友達を「作る」というくらいなのですから、自分で努力しなくてはいけないものなのです。

2.自分の時間を大切にしすぎる

また、自分の時間を大切にしすぎる人も、友達ができない傾向にあります。

趣味に一人で没頭したり、好きな芸能人のテレビをみたりエゴサーチをしたり、ゲームや漫画、映画などを見て楽しむという、一人だけの時間を大切にする傾向にあるのです。

自分の時間を大切にするというのはもちろん大事なことです。

自分と向き合う時間や、自分ひとりでリラックスする時間を作るというのは、人生において必要なことでしょう。

とはいえ、一人で過ごしているだけでは、価値観も人生の幅も広がりません。

3.人と距離をおいてしまう


過去のトラウマや性格から、人と距離を置いてしまう人も、友達ができない傾向にあります。

人との距離をとることで、自分のダメな部分を隠したり、人から攻撃されないように自分をガードしているのです。

確かに、人と距離を近づけるということは、いいことばかりではありません。

友達とはいえ他人同士ですから、傷つくことなども出てくるといえるでしょう。

とはいえ、怖がって自分を守ってばかりでは、一向に友達はできません。

まずは勇気をもって、人との距離を近づけることが大事だといえるでしょう。

4.自分から行動しない

「いつか誰かが話しかけてくれるはず。」そんな思いからか、自分から行動せず、受け身姿勢な人がいますが、そういう方に友達を作るのが得意な人はいません。

友達というのはお互いに歩み寄ってなるものです。

自分から行動せず、他人任せという態度では、相手からしてみたら話しかけづらいですし、失礼な人だと思われてしまいます。

そもそも歩み寄ってくれない人と友達になろうと思う人はいないでしょう。

自分から行動しないということ自体が、相手に対して失礼なことをしているということ認識する必要があるといえるでしょう。

5.一人の方が楽だと思っている


一人の方が楽。

そう感じる人は多いと思います。

確かに、友達とはいえ他人同士。

価値観や考え方が、ばっちり合う人はなかなかいません。

友達とはいえ自分の考えや価値観を押し殺して付き合わなくてはいけないこともありますし、相手に合わせなければいけないことも出てきます。

一人の方が楽だと思っている人は、相手に合わせることが面倒くさいと思っている傾向があります。

とはいえ、世界はあなた以外は全員他人。

一人ぼっちで生きていくことなどできないのです。

これからの人生、他人と共存するということを覚えない限り、生きづらくなってしまいますよ。

6.コミュニケーションが上手く取れない

世の中にはコミュニケーションが上手くとれないことに悩む人も多くいます。

他人と話すときに挙動不審になってしまったり、思っていることをうまく伝えられず誤解されてしまったり…その結果、友達ができないという人も数多くいるといえるでしょう。

コミュニケーションをうまく取れない人の多くが、他人を意識しすぎている傾向にあります。

(こんなこと言ったらダメかもしれない。)(どうやったらうまく伝わるのだろうか。)ということを考えすぎてしまった結果、最も悪いコミュニケーションをとってしまうのです。

コミュニケーションをとるうえで大事なことは、過剰に考えすぎないこと。

考えすぎて悩んでいる様子は、相手にも伝わります。

結果、相手に良い印象を与えないということにつながります。

コミュニケーション悩んでいるかたは、一旦、考えすぎるのをやめることが必要だといえるでしょう。

【コミュニケーション能力を向上させるためには、こちらの記事もチェック!】

7.自分中心

本来、人は相手のことを思いやる生き物。

ですが、世の中には自分のことしか考えていない人間がいます。

何をするにも自分が優先。

世の中が自分を中心にまわっているといわんばかりの対応をする人がいるのです。

自分中心の考え方をする人の多くが、自分中心の考え方をしているということに気づいていません。

そもそも気づいていたら、改善しようとしていますよね。

気づいていないからこそ、悪循環となり、どんどん自分中心な考え方になっていくのです。

まずは、相手が何を思っているか知るということを始めることが、自分中心の考え方をしている人には必要だといえるでしょう

8.価値観を押し付ける

自分の価値観にプライドを持っている人は、相手に対して価値観を押し付ける傾向にあります。

「これはこうであるもの。」「こうでなくてはおかしい。」という固い価値観は、意思が固くてよいかもしれませんが、他人に嫌悪感を与えます。

そもそも価値観が、他人と全て一致することなんてありえません。

人によって大切にしているものも異なりますし、考え方だって違います。

そのため、価値観が異なった場合は、場合によっては、考え方を変えて、価値観を近づける必要があるのです。

自分の考え方に固執してばかりですと、相手に良い印象は与えません。

結果、誰からも会話してもらえなくなってしまうのがオチですよ。

9.裏表が激しい

世の中には裏表が激しい人がいます。

目上の人ばかりに良い態度を取ったりする人や、良い態度をとっていたかと思いきや裏でこそこそと悪口を言っていたり…。

こういう態度がばれていないと思っているのは本人だけ。

あまりにも激しい裏表は、周りの人にもばれています。

少なからず、人は二面性を持つ生き物だと思います。

しかし、ほとんどの人はばれないように生きているもの。

あまりにも裏表が激しいと、周りの人にも、性格の悪さが伝わってしまいますので気をつけましょう。

10.プライドが高すぎる

プライドが高すぎるというのも、友達を作るのを妨げる原因になります。

プライドが高い人間は、周りの人を自分以上か以下か判断する癖があります。

そして、自分以下の人間だと判断した人に対して傲慢な態度を取ったり、高圧的な態度を取ったりします。

そうすることで、自分のポジションを確立しようとしているのです。

しかしプライドの高さというのは、周りの人からも分かります。

そもそも、周囲からわかるプライドが高いということは、自身の評価を高めることには繋がりません。

むしろ、評価を低く見せるだけです。

あなたが出来る人間かどうかというのは、周囲が判断するものです。

本当に出来る人というのは、謙虚で素直な人が多いということを忘れないようにしましょう。

11.自慢話が多い

自分を良く見せるためか、やたら自慢話をする人がいます。

そして、その自慢話の質も、人からすると「?」がついてしまうような内容が多かったりします。

例えば、芸能人と知り合いであったり、海外に◯カ国行った、過去◯人に告白など、人からするとどうでもいいような自慢話を延々としてくるのです。

話している本人は気持ちいいかもしれませんが、どうでもいい話を聞かされている方にとっては、苦痛でしかありません。

早くこの場から立ち去りたいと感じているはずです。

友達がいないと感じる人は、あなたの話が自慢話ばかりになっていないか、一度チェックする必要がありそうです。

12.激しい人見知り

友達が出来ない人の多くが、激しい人見知りというケースも多いと思います。

他人と話すどころか、目も合わせられない。

結果、人と関わることが出来ず、友達を作るにも到底及ばないというケースの方いると思います。

人見知りをなおすには、人と話すことに慣れるしかありません。

たとえ緊張したとしても、人と話すことからはじめ、自分の緊張を解いていく必要があります。

目を見ることができなかたら、眉毛の間を見るのも一つの手。

相手からすると、自分の目を見て話してくれているように見えます。

また、「初対面の人は緊張してしまい、上手く話せなくて、変な事言ってしまうかも。すいません。」と先手を打っておくのも一つ。

相手も「そんなこと気にしなくて大丈夫だよ。」と言ってくれるケースが多いので、あなた自身の緊張も解きやすくなるといえるでしょう。

13.口が軽い

友達が作れない人の多くが「口が軽い」ということ。

どこから仕入れてきた噂話かは分かりませんが、それを面白がって人に広めたり、内緒だと伝えられていたことを平気で話したり…。

口が軽い人はそれだけで、信用が出来ない人だと思われます。

結果、この人に話すことはやめよう。

関わるのはやめようとなり、誰からも仲良くしてもらえなくなるのです。

人には多くの人に話してもらいたくないことはたくさんあります。

他人に、他の人のことをペラペラと話すのは、人間関係を構築する上でタブー中のタブー。

あなたの人間性を疑われます。

人の話をするときは、話していい話かどうかというのをしっかりと判断すること。

判断できないのであれば、人の話をしない方が賢明だといえるでしょう。

14.彼氏にばかり気を取られる

友達より彼氏を優先。

友達と話していても彼氏の話ばかり。

彼氏ばかりに気を取られている方、いると思います。

もちろん、彼氏を大切にするということはとても大事なこと。

ですが、周りに嫌悪感を与えるレベルでは、友達がいたとしても去って行ってしまうはずです。

例えば、あらかじめ約束していた予定を、彼氏とデートに行きたいからとすっぽかすしたり、会話をしているのに、彼氏からの連絡がきたら優先してしまったり、彼氏ができたら急に音信不通になったり…そんな態度は、嫌悪感を与えるレベルになりますので気をつけましょう。

そもそも、彼氏というのは、いつか別れてしまう可能性もありますし、長い間連れそうパ―トナーになったとしても、いつでもあなたを助けてくれる存在にはなってくれません。

一方、友達は絶交しない限りは、延々と仲良くいれる存在。

そして、何かあったときにあなたのことを助けてくれる存在になりえるのです。

彼氏が大切なのもよいですが、同じくらい友達も大切にして、彼氏以外の人間関係も構築しておくことが、あなたの人生の助けにもなります。

彼氏にばかり気を取られているという人は、一度考えを改めた方が良いといえるでしょう。

15.清潔感がない

人は見た目が大事だと言います。

そのため、清潔感がないということは、それだけで、見た目が減点されてしまいます。

ボロボロの服や黄ばんでいるような汚い服をきていたり、お風呂に入っていないような汚い髪は、相手に対して嫌悪感を与えるレベルに至ります。

口臭や体臭などの臭いに考慮が出来ない人は、それだけで、人が近寄ってこなくなるから注意しましょう。

清潔感がない人とは、そばにいたくないと思うのが人間の性です。

むしろ、自分も同類にされてしまいたくないから、距離を置くというのが普通だといえるでしょう。

清潔感というのは、少し気をつかえば身に着けられるもの。

清潔感を身に付けられていない人のほとんどが、他人に対して気をつかえないどころか、自分に対しても気を遣うことができない、怠け者だといえます。

本来、人に気を遣うことができれば、自分の見た目にもそれなりの配慮ができはずです。

自分の身だしなみに気を使っていないという方は、一度自分がどう見られているかというのを考え、自分自身の身だしなみに気をつかう必要があるでしょう。

16.都合がいい

都合がいい女というのも、女性から嫌われるタイプの1つとしてあげられます。

自分にとってメリットがないと感じたら何も協力せず、見向きもしない。

にもかかわらず、自分にメリットがあると分かったら、手のひらを返したように参加しようとしてくる人は、「現金な人」だと判断されます。

物事は自分にとってメリットがあるかないかで判断するのも大事です。

しかし、その判断は、その裏にある人間関係なども考慮配慮すべきです。

自分にとってメリットがない物事だからやらないではなく、メリットはないけど、今後の人間関係に影響を与えるかもしれないという判断軸で、物事を判断するのは、大切な要素であるといえるでしょう。

17.壁を作っている

人との壁を作っている人は、友達作りも苦手な人が多いです。

壁をつくるということは、人と接する時に、一歩引いて、自分に近寄らないような対応をしているということ。

そんな対応をする人に対して、自分からどんどん近づいていくなんて人はいません。

一歩引かれたら、相手も一歩引いた対応をするはずです。

壁を作るというのは、人間関係を構築するためには邪魔なものとなります。

一度のその壁を外すことが大切だといえるでしょう。

18.空気が読めない

人との会話をしているのに、突拍子もない会話を入れてきたり、相手に不快感を与えるような会話をしたり…。

そんな空気が読めないという女子がいます。

空気が読めないため、相手とのコミュニケーションの取り方がわからず、結果相手の逆鱗に触れたり、嫌悪感を与えるような発言をするのです。

空気感が読めない人は、状況を把握せず、発言をする癖があります。

そのため、まずは状況を把握することに努める必要があるといえるでしょう。

その上で、自分の発言相手にどういう印象を与えるかしっかりと考えることも大切な要素。

まずは、「考える」ということからはじめてみましょう。

話せなくても相槌をうったり、笑ったりして、様子を見ることができれば、その場から浮くことはなくなります。

まずは、状況を把握できる力を身につけること。

そうすれば自ずと空気が読めないということは、改善していくはずですよ。

19.わがまま

自分の要求ばかり相手につたえ、相手の要求は受け入れない。

自分の要求ばかりを叶えることを考えている、そんなわがままな人は、もちろん友達なんていません。

そもそも、自分の要求を叶えることを人に押し付けるというのは、人間関係を構築する上ではタブー中のタブー。

また、他人から受けた恩恵に感謝できず、当たり前だと思っている人は、それだけで人が去っていきます。

わがままな人の多くが、自分の立場や人からどう思われているかを理解せずに、傲慢な態度をとってしまうケースが多いです。

傲慢な態度をとる人と仲良くなりたいと思う人は、そういません。

だからこそ、わがままな態度は封印する必要があるといえるでしょう。

20.自分のことをかわいいと思っている

自分に自信をもつということはとても大切。

でも、自分のことを心底かわいいとおもっており、それが態度に出てしまう人は、周囲に嫌悪感を与えたり、バカにされてしまいます。

そして、自分のことをかわいいと思っている大半の人が、そうでもないケースも多く、その嫌悪感を増長させてしまうのです。

また、自分の事をかわいくみせようと、ぶりっこをしたり、人に媚びたりするのも、悪い印象を与えます。

それが、異性に対してだけであれば、なおさら同性に嫌われてしまいますよ。

「あいつ大した顔していないのに、自分のことを可愛いと思っている。」と思われてしまうのがオチです。

自分のことを可愛いと思っていても、それが周りに伝わってしまっては、人間関係にひびがはいるので、気を付ける必要があります。

また、可愛いかどうかは他人が判断することであって、自分からアピールするものではありません。

そのアピールする行為そのものが、人に嫌悪感を与えているということを、理解する必要があります。

友達は誰でも作れる!その対策とは?

友達はできない理由は理解したけど、本当に知りたいのは、友達の作り方だと思います。

友達を作るためには、自分の欠点を理解することがまず大事。

そして、その欠点を治すことがまず肝心です。

治さず友達作りに励んでは、せっかくできた友達が去って行ってしまったり、悪い噂が流れる原因にもなります。

そのため、まずは自分の欠点をなおしてください。

その上で、友達作りに挑んでいくことが大切です。

正直、友達は誰でも作れます。

あなたの欠点と積極性があれば、友達はできるのです。

本来、友達作りというのはそこまで難しいものではありません。

難しく考えるからこそ、難しくしてしまっているのです。

では、具体的な友達の作り方について、お伝えしていきたいと思います。

これを身に付ければ、きっとあなたも友達を作れるはずです。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

積極的に行動しよう

まず、友達を作るには、積極的に行動することが大切な要素だといえます。

受け身にならず、積極的に自分から話しかけましょう。

相手から話しかけられるのを待っているだけでは、なかなかチャンスを掴めません。

「この人と友達になりたい。」と感じたのであれば、自ら行動して、話しかけることです。

話しかけられて悪い気持ちになる人というのはなかなかいません。

ましてや、友達になりたいと思ってくれているというのは、相手からしてみたらとても嬉しいことです。

だからこそ、自信をもって積極的に行動していきいましょう。

出会いの場や趣味の場所に参加しよう!

また、友達のいない人は、出不精の傾向があります。

まずはここを改善すること。

出会いの場や趣味の場所に積極的に参加してみましょう。

友達をつくるには、たくさんの人に会う必要があります。

そして、共通の趣味などがあれば、会話をするきっかけにも繋がりますし、仲良くなりやすいといえるでしょう。

そのため、まずは出会いの場や趣味の場所に積極的に参加することから始めることが、友達作りへの一歩だといえるでしょう。

また、最近ではSNSという便利なツールあります。

あまり話せなかったとしても、SNSで繋がっておくことで、コミュニケーションをとることができ、結果距離を縮めることができます。

そのため、仲良くなりたい人は、意見交換と題して、SNSの交換をしてみるというのも、友達をつくる良いきっかけになるのではないでしょうか。

心を開く

そして、友達を作るためには、あなた自身の心を開くことが大切です。

心を閉じたまま、他人と接してしまうと、相手との壁を作ってしまい、結果仲良くなることができません。

そのため、まずはあなた自身が心を開いて、相手と接することが大切だといえるでしょう。

勇気を出して自分から相手に歩み寄ろう

また、心を開いているだけでは、仲良くなることはできません。

勇気を出して、自分から相手に歩み寄るということも、人間関係を構築するのでは大切な要素だといえます。

その一歩が、友達ができることに繋がります。

まずは、勇気を出して歩み寄ってみましょう。

相手に合わせる

人間関係を構築できない人の多くが、自分の意見ばかりを押し付けて、人に合わせることができない人。

友達を作りたいのであれば、まずは相手に合わせることが肝心です。

相手に合わせることを知れば、相手も歩み寄ってきてくれますし、結果相手が自分に合わせてくれることもあります。

相手が合わせてくれないケースは、あなた自身が、自分の考えに意気地になって、自分よがりになっているからです。

結果、相手も意気地になって、お互いの心の距離がどんどん離れて行ってしまいます。

自己主張ばかりしないようにしよう

自己主張というのも大切ですが、度を越してしまうと、人間関係にヒビがはいります。

より良い人間関係を作るためには、相手に合わせることも大切な要素。

相手に合わせるということは、相手に歩み寄る事です。

歩み寄りがなければ、いつまでたっても良い人間関係を築くことができないので、気をつけましょうね。

友達を尊重する

友達のいない人の多くが出来ていないことが、友達を尊重するということ。

自分ではしているつもりなのかもしれませんが、多くの人が出来ていなかったり、伝え下手だったりします。

友達を尊重し、それが相手に伝われば、相手も尊重してくれて、大切にしてくれるようになります。

大事な友達を大切にしよう

友達というのはかけがえのない存在。

長い人生、あなたに寄り添ってくれる、大切な存在なのです。

だからこそ、ぞんざいに扱ったり、いい加減な対応をするというのは厳禁。

大事な友達は大切にすることが、肝心だといえるでしょう。

思いやりの心を忘れない

他人と関わるときに忘れてはいけないのが、思いやりの心です。

相手がしてくれたことに感謝したり、困っている時に助けたり、寄り添ってあげること。

相手がしてほしいことを察してあげること。

落ち込んでいるときは励ましてあげたり、元気づけてあげること。

これが思いやりの心です。

人と人との繋がりを大切に

相手のことを考えれば、自然と思いやりの心は身に着けることができます。

大切な友達だからこそ、思いやりをもって接すること。

そうすれば、強固な人間関係を築くことができます。

人と人との繋がりは、縁によってできるもの。

そして沢山いる人の中で出会えたのは奇跡。

そして仲良くなるに至ったというのは、大切にしなければいけない存在なのです。

だからこそ、繋がりを大切にして、関係を継続できるように、思いやりをもって接する必要があるといえるでしょう。

今からでも友達は作れる!

友達の作り方、いかがでしたか?

今後、あなたが友達を作るための参考になったでしょうか?是非、あなたの友達作りの参考につかってみてくださいね。

友達作りの時期に、遅いも早いもありません。

今からだって友達は作ることができます。

そして、友達作りに大切なことは、あなたの人に歩み寄る勇気と、他人を思いやる気持ちが肝心です。

自分の気持ちばかりを優先にして、他人に歩み寄れないようでは、いつまでたっても一人ぼっちになってしまいますので、改善しましょうね。

他人のことを思いやることができ、相手にもそれが伝われば、相手もあなたのことを思いやってくれるようになります。

そして、そのことが人生において、とてもかけがえのない大切なものになっていくはずです。

友達がいるだけで、あなたの人生を楽しく幸せなものにしてくれます。

かけがえのない友達があなたにも出来ることを、応援しています!