友情とはどのようなものだと思いますか?また、どのような人と友人同士になりたいと考えているでしょうか。

多くの人は、友人というと同性を思い浮かべるでしょう。

何でも話すことができて、滅多に恋愛関係にならない深い関係を築くことができるのは、同性の友人だと考えている人もいるかもしれません。

男女間の友情というと、何となく脆そうで危うい関係のような気がしてきますよね。

実際に、男女間の友情がきっかけで自分の恋愛が拗れてしまったという人もいれば、男女間の友情だったはずがいつの間にかれない関係になっていたというケースもあるかもしれません。

何となく色眼鏡で見てしまいがちな男女間の友情ですが、それは、必ずしも成立しないものであるとは限りません。

中には、何年も友情を継続している男女もいますよね。

それでは、長く続き、きちんとした絆がある男女間の友情ではいったいどのようなことが起こっているのでしょうか。

また、どのような特徴があり、どのような時に壊れてしまうのでしょうか。

男女間の友情について詳しく見てみることにしましょう。

男女の友情は成立する?!成功者から聞いたあるある

 男女間の友情関係が成立するのかどうか、と言うことは、色々な人が色々なことを言っていますよね。

男女間では友情が成り立たないと思っている人もたくさんいますし、それを信じている人もいるでしょう。

最も、それが本当ではない証拠に、世の中にはたくさんの男女間の友情が存在します。

それが恋かどうかというのは人に寄りますが、中には、お互いに結婚していて、それでも友情が続いているというパターンもあるでしょう。

周囲からも公認の「友人同士」であるのなら、それは本当の友情と言えるのではないでしょうか。

それでは、男女間の友情というのは実際にはどのようなものなのでしょうか。

男女間の友情だからこその「あるある」にはどのようなものがあるのでしょうか。

男女間の友情が成立するかどうかについて詳しく見てみることにしましょう。

男女の友情あるある


 男女間の友情は、やはり同性同士の物とは少し異なる部分がありますよね。

どのようなケースで成立するのかというところも、少し同性同士の物とは異なっているでしょう。

それでは、男女間の友情ではどのようなことが起こりやすいのでしょうか。

男女間の友情での「あるある」について詳しく調べてみました。

何をされても恋愛感情がわかない

 まず、男女間の友情が成立している関係の場合には、何をされても恋愛感情が湧かないということがあるようですね。

男女間でもちょっとしたボディタッチが生まれる瞬間もあります。

また、立場的な問題で男性の方が女性をエスコートすることもあるでしょう。

ですが、そのようなことをしてもされても、全く恋愛感情がお互いに生まれないのです。

普通なら、ドキドキして自分が恋愛感情を持っているのではと思ってしまうような場面であったとしても、全くドキドキしないということがあるのです。

そのような状態であり、でも、かなり仲が良いのだとすれば、それは友情が成立していると言えるのではないでしょうか。

むしろ、どう頑張ったとしても、二人の間には友情しか生まれないのだということになるかもしれません。

何をされても、もしくは何をしたとしても恋愛感情が生まれないということをお互いに知っているのなら、それは安心して一緒にいることができますよね。

結構深い話しができる

 男女間の友情が成立しているようなケースでは、かなり深いところまで話をすることができるということもあるようです。

結構深いところまで話をすることができるというのは、相手のことをきちんと信用しているからこそでしょう。

恋愛感情が混ざってきてしまうと、付き合ってもいない相手に深い話をするのは難しいですよね。

相手との関係が不安定な状態では、相手のことを完全に信用して、何でも話すことができるというわけではないはずです。

深い話をしようとしたときに、相手との関係が邪魔をしてしまうのです。

ところが、男女間の友情の場合ではそのようなことを考える必要がありません。

相手との関係は友人ということで安定しているのですから、深い話をするのを邪魔する者はありませんよね。

そのような前提条件があれば、威勢の友人というのは深い話をするにはとても良い相手です。

同性同士だからこそ、なかなか相談できないということもありますよね。

また、威勢からのアドバイスが欲しいということもあるでしょう。

そんなときに、威勢の友人はとても役に立つのです。

お互いまったくタイプじゃない


 男女間の友情が成立しているパターンでは、相手のことが全くタイプで花ないということがよくありますね。

相手のことは友人としては好きだけど、恋愛関係的な意味では全く隙になることができないということです。

これは、自分の同性の友達に当てはめてみると分かりやすいのではないでしょうか。

「同性の友人としてはとても魅力的ではあるけれど、異性の立場に立って見ると、こいつと付き合うのだけは絶対に御免だ」という人間がいますよね。

男女間の友情が成立しているパターンでは、異性であったとしても「こいつと恋愛は無理、友人としてはかなり魅力的だけど」という人間同士である可能性が高くあります。

お互いに全くタイプではないので、間違っても恋愛に発展することがないのです。

扱いが雑

 男女間の友情の場合には、お互いの扱いがとても雑になっているのではないでしょうか。

友人同士なのですから当たり前ですが、同性同士のそれよりも雑だということがあるでしょう。

それは、お互いに恋愛感情を持たないようにしているという深層心理の表れでもあります。

あまり優しく扱っていると、本人たちよりも周囲が勘違いをするので面倒くさくなるのです。

雑に扱うということは、相手が大切な人間ではないということを表していますよね。

それでも仲が良いのなら、「恋愛ではなく友情の意味で仲が良い」ということを理解してもらえるでしょう。

また、本人たちにとっても「恋愛感情を抱くことができないのなら、わざわざ丁寧に扱う必要もない」という認識かもしれません。

話のネタは恋愛相談

 男女間の友情の場合には、話しのネタが恋愛相談であるということもよくあります。

同性同士の恋愛相談も楽しいものですが、同性同士であるからこそ、嫉妬などが混じって面倒臭いことになるということもあります。

また、恋愛の話をする場合には、異性の恋愛に対する気持ちを聞きたいと言こともあるのではないでしょうか。

男心、女心は、永遠に理解できないものとされています。

全く理解できないものを同性同士で話し合っても良いことなどないですから、それなら異性の友達に相談しようという気持ちになるのです。

そのために、男女間の友情が成立しているようなときには、つい、相手を便利な恋愛相談相手として扱ってしまうということもあるでしょう。

当初は違う予定で集まっているつもりだったはずなのに、いつの間にか恋愛相談に移ってしまい、同性の友達にも相談するようなことができないトピックについて深く話し合っているということも珍しくはありません。

素の自分をさらけ出せる

 男女間の友情は、相手に対して恋愛感情を抱かないことが前提条件となっています。

相手に対して恋心を出だしてしまっているような状態では、相手と本物の友情を作ることはできなくなってしまうのです。

だからこそ、素の自分をさらけ出すというのはとても大切ですよね。

恋愛の場合には、相手に良いところを見つけてほしいと思うものです。

もしくは、魅力のある人物だと思ってほしいあまりに、普段とは違う行動をとってしまうということも珍しくないはずです。

ところが、友情が成立しているケースでは、そのようなことを心配しなくて良いので、心おきなく素の自分をさらけ出しているのではないでしょうか。

よくカップルと勘違いされる

 男女間の友情というのは、有るとは知っていても、何となくそれが身近なものではないという人も少なくないでしょう。

男女の二人組を見ると、当たり前のようにそれはカップルだと見られてしまいます。

それは本人たちにとっては災難かもしれませんが、世間の目としては男女の二人組というと当たり前のようにカップルですよね。

それを利用して「カップル割引」などを利用する人もいますが、人によっては気まずい雰囲気になるから嫌だという人もいるかもしれませんね。

これは、友人としての時間が長くなるほど気にならなくなるようです。

夜2人きりになっても何も起こらない

 男女間の友人の場合には、夜に二人きりになったとしても何も起こりません。

ムードのある雰囲気にもなりませんし、安心して二人とも過ごしていられるのではないでしょうか。

恋愛感情が少しでもある場合には、夜に二人きりというシチュエーションはドキドキするものです。

何かが起こるのではないかと不安になる方もいますし、少し期待をしてしまうという方もいるかもしれません。

ですが、完全に純粋な友情しか持っていない場合では、夜に二人きりになっても安心のはずです。

お互い小さい時から知ってる

 恋愛感情が生まれる前から知っている相手なら、あまり恋愛献上が生まれないのではないでしょうか。

お互いを小さいころから知っている相手の場合には、相手が「人間としての魅力」が出る前のことも知っているはずです。

そのような相手の場合には、全く恋愛感情が湧かなくても仕方ありません。

いわゆる幼馴染という関係に当たりますね。

2人で写真を撮ることはない

 男女間の友人の場合には、二人で写真を撮ることはあまりないでしょう。

二人で写真を撮った場合にはどう見てもカップルにしか見えませんし、それを他の人に見られて誤解されるのも嫌だということがありますよね。

また、特に相手との写真を必要としていないということもあるでしょう。

二人で写真を撮ったとしても、それが何にもならないことを知っているからです。

撮影しても意味がないし、むしろ周囲への影響を考えると良いことがないので、二人で出かけたとしても写真を取ることは滅多にないでしょう。

企画などを2人に任されることが多い

 男女間の友情であるあるなことですが、男女間の場合には、企画などを二人に任されることが多くあるのではないでしょうか。

男女混合のイベントの場合などには、どうしても、男女一人ずついた方が楽だということがありますよね、連絡を取る際にも、何かの計画を立てる際にも、男性目線、女性目線のどちらもあった方が良いというケースが多くあるのです。

そう言ったときに、男女間の友情が成立している二人は便利に使われることが多いでしょう。

友人同士であれば、イベントの準備をしている最中に恋愛関係になって面倒くさいトラブルが起こることもありませんし、気心知れている仲なら企画が失敗してしまうということもありません。

周囲にとっても何かの企画などの際に「便利な二人組」と思われているかもしれませんね。

付き合わないことが前提

 男女間の友情というのは、そもそも、付き合わないということを前提としています。

いつか付き合うかもしれない相手の場合には、恋愛射程範囲内から抜けていないため、完全には男女間の友情が成立しているとは言えません。

男女間の友情の場合には、そこに恋愛感情が生まれないということがとても大切な条件になります。

絶対に相手とは付き合わないということが分かっているのなら良いですが、いつかそういう関係になる可能性を捨てきれないのなら、そこには友人以上の感情を持つ危険性が消えていないことになりますよね。

そのような状態では、安心して全てを信頼するということが難しいでしょう。

男女間の場合には、相手とは付き合わないということを前提条件にし、それをお互いの中でも明確にしておくことが必要でしょう。

ふとした弾みで付き合うような相手の場合には、友情が強固なものであり、純粋な友人であったとは言えないのではないでしょうか。

恋人優先

 同性同士の友人の場合であっても、恋人を優先するという人は多いでしょう。

ただし、友人同士の約束が先約の場合には、友人を優先するという方は少なくないはずです。

ところが、男女間の友情が成立しているパターンでは、常に恋人優先というのは当たり前でしょう。

友人同士の約束であったとしても、そこで「異性の友人」を優先することは、他の人から勘繰られる原因となりかねません。

自分たちが気持ちを勘違いしないように、ではなく、周囲の誤解を避けるために恋人優先の生活になるのです。

もちろん、お互いにそれを理解しているような状態でなければ、異性の友人として長く過ごすことはできないのではないでしょうか。

何があっても恋人の方を優先して大事にするからこそ、周囲からも「男女間の友情が成立しているパターン」だと認められるのです。

そこで「自分の方を優先しなかった」と文句を言うような相手では、友情を継続していくのは難しいでしょう。

男女の友情が成立しない理由も

 男女の友情は必ずしも成功するわけではありません。

もちろん、男女間の友情が成立するケースがあることは確かですが、男女の友情が成立しない状況もあります。

それにはいくつかの理由が考えられるでしょう。

これらの理由が非常の大きい、そしてよくあるために、男女間の友情は成立しないと言われてしまうこともあるのかもしれませんね。

それでは、男女間の友情を邪魔してしまう理由には何があるのでしょうか。

これは、男女間の友情をはぐくみたいと思っている方が注意しなければいけないところでもあります。

男女間の友情が成立しないケースについて詳しく見てみることにしましょう。

どちらかが好きになってしまう

 男女間の友情が成立しなくなってしまう一つの大きな原因としては、やはり、相手に対しての恋心を持ってしまうというものが大きいでしょう。

男女間の場合には、相手とどのような中であるのかということは関係なしに、男女であるというだけで恋愛守備範囲内になっているということがよくあります。

そのため、仲良くなればなるほど相手に対して恋愛の意味での気持ちを持ってしまうのです。

相手に対しての恋心というのはそう簡単に消すことができませんし、恋をすると欲張りになってしまいます。

相手の気持ちが欲しいと思ってしまうようになっては、友情もそう長くは続かないでしょう。

相手も恋心を悟ってしまうと、距離を置こうと思うようになるかもしれません。

もしくは、二人とも気持ちが恋愛モードに入ってしまうかもしれませんね。

これでは男女間の友情など成立するはずがありません。

相手に対しての恋心は止めようとして止めることができないので、こうなってしまうと、努力ではどうしようもない部分で友情を継続するのが難しくなってしまうことになります。

男性側が女性の魅力を感じることが多い

 女性と男性では、特に男性側が女性の魅力を感じることが多く、その所為で男女の友情が成り立たないと思ってしまうことがあるようです。

女性の場合には、「この人と友情を築こう」と思った場合には、それを継続することができます。

男性の魅力を感じる恋愛モードのスイッチを意図的に切ることができるからです。

また、即物的に反応するものがないので、男性側の魅力にどうしようもなくドキドキしてしまって友情を覆す気持ちを抱くことができないという点はあるでしょう。

性欲が男性よりも女性の方が低いからという理由ももちろんあります。

男性の場合には、女性の外見的な部分に即物的に反応してしまうというところがあるのではないでしょうか。

だからこそ、女性に対してドキドキしやすいところがあるのです。

意図的に恋愛のスイッチを切っていたとしても、それが入りやすい状態にあるとも言えるでしょう。

そのために、男女間の友情がなかなか成り立たないということがあるかもしれません。

遊び相手として見ていることも

 確かに男女間の「恋愛関係にない状態」を友情と呼ぶのであれば、相手を遊び相手だと考えていたとしても、男女間の友情が成り立っていると言えるでしょう。

ところが、男女間の関係だと、それほど単純ではないものもありますよね。

相手のことを遊び相手だとして見てしまっていると、確かに恋愛関係以外の感情がそこに生まれるはずです。

ところが、それが必ずしも純粋な意味での友情であるとは限りません。

例え、どちらかが友情だと考えていたとしても「いつかは遊び相手にする」という想いをどちらかが持っていれば、それが完全な友情であるとは言えない以上、男女間の友情が成り立たないケースだと言うことができるでしょう。

男女間の場合には身体の関係が成立するケースが同性同士よりも多く発生しますから、そのために、友情がかなり危ういものであるとみることは難しくありません。

男女の友情を成立させるためのコツ

 男女間の友情を成立させるのは、同性同士のときよりは難しくなってしまいます。

世の中には異性愛者の方が多いですから、そう言った意味で、同性同士よりも友情の基準が難しくなってしまうのです。

お互いが異性愛者であった場合には、お互いを恋愛対象範囲内にすることができるからです。

それでは、そんな関係の中で男女の友情を成立させるためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

男女間の友情を成立させるためには、コツを抑えておくことが必要です。

気を遣わなければいけない部分もできるということです。

そのコツについて知っていれば、普通よりも男女間の友情を成立させることができるようになるのではないでしょうか。

このコツについて詳しく見てみることにしましょう。

勘違いさせるような行動はしない

 男女間の友情を成立させたいと思っているのなら、まずは勘違いさせるような行動はしないようにしましょう。

友人同士であるのなら、恋人に求めているようなことを求めるのは違いますし、他の友達と比べて特別扱いするのも違いますよね。

自分の「異性としての魅力」を使うような子とはしないようにしてください。

勘違いさせるような行動をしておいて、男女間の友情を成立させようとしているのはおかしいですよね。

友人だというのなら、相手に対しての行動に少し気を遣うようにしてください。

もちろん、友人だからこそ、同性の友人にしているようなことをしたくなることもあるかもしれません。

わざわざ異性だからと言って行動を変えるのはおかしいと思われる方もいるでしょう。

ですが、元々、男女間の友情は同性同士とは異なるものなのですから、男女間の友情を成立させて、かつ継続させるためには、それなりの気遣いを持って勘違いさせるような行動を控えなければいけません。

みんなの前で友達宣言

 男女間の友情というと、周囲から勘繰られてしまうこともあるでしょう。

仲が良さそうにしているというだけで恋人扱いされてしまうこともあるのです。

ですが、それでは自分の恋愛には支障がありますよね。

外堀を固められているようで、友情を継続させるためにはあまり良くない環境出るというのは確かです。

一緒にいてもだんだんと気まずくなってしまいますから、それでは、相手との関係を健康的なものにすることなどできるはずがないでしょう。

そうしているうちにだんだんと相手に対しての恋心が生まれないとも限らないのです。

そうならないためにも、友人たちの前でしっかりと「友達宣言」をしておいた方が良いかもしれませんね。

「全然恋愛感情は関係ない友人なんだ」と言って、常にそのように振舞っていれば、友人たちも理解してくれるようになるでしょう。

周囲からの誤解を避けるというのは絶対に必要ですね。

好きな人ができた時、恋愛相談する

 好きな人ができたときには、恋愛相談するということも大切ですね。

相手と恋愛関係に陥らないということを確実に保証するためには「自分の恋愛においては、あなたは第三者の立場である」ということを、きちんと相手に突き付けておかなければいけません。

相手の恋愛相談に対して快く乗ってくれるということは、それは恋愛感情を抱いていない異性だからこそできることだと言えるでしょう。

もちろん、腹の底で何を思っているかは知りませんが、それでも、きちんと恋愛相談に乗ってくれるということは、少なくとも、相手にとっては「友情関係を維持したい」と思っているという気持ちの表明になります。

同性同士の場合には恋愛相談をすることは普通ですよね。

男女間の友人関係である場合にも、「あなたと恋愛関係にはならない」ということをそっと表明するためにも、きちんと恋愛相談をしましょう。

男女だからと言って遠慮する必要はありません。

もちろん、その友達と二人きりのときにもそうですし、他の友人を交えているときにもその相談をすれば、他の友達に対しても「この人に対して恋愛感情を抱いていない」という宣言の代わりになるかもしれませんね。

支払いは必ず割り勘

 男女間の友情を成立させるためには、支払いはきちんと割り勘にしておきましょう。

どちらかに奢るというのは、相手に対して対等ではないという意味になってしまいます。

また、彼女、彼氏の関係ではないのに奢る、奢らないという関係になるのはおかしいですよね。

もちろん、もう既に男女間の友情が成立してかなり長い、お互いの恋人からも友人関係を理解されているというような状態なら、何かの機会に奢ってあげるというようなことがあってもおかしくはないかもしれません。

ですが、男女間の友情が成立しきっていないうちは、絶対に相手との関係をしっかり保っておくためにも、割り勘にすることにしましょう。

きちんと相手とは対等な目線で同じ立場であるということを示すためにも、それは必要です。

特に女性の場合には、都合の良い時だけ女性という立場を利用しないようにしてくださいね。

素をさらけ出す

 恋人同士の関係であれば、ある程度は自分を作ってしまうということもあるでしょう。

自分の嫌な部分を隠そうとしてしまうはずです。

相手に好きになってもらおうと考えているときにはそうなってしまってもおかしくはないのです。

ですが、友人同士の場合にはあまりそれは気にしなくて良いですよね。

相手とは恋愛関係にならないわけですから、自分の良いところばかりを見せようとしなくても良いのです。

そのため、相手といるときには肩ひじ張らずに巣をさらけ出すようにすることも大切です。

自分らしく過ごすことができるというのはお互いにとても重要なことですよね。

体の関係は絶対NG

 友人同士でセックスをするようなことは絶対にありません。

セックスフレンドという関係も世の中にはありますし、それを否定するわけではありませんが、純粋な友情をはぐくもうとしているような場合には、身体の関係は絶対にNGです。

身体の関係になってしまうと、相手との間に明確に「男と女」という線が引かれてしまうことになります。

また、お互いの恋愛に確実に影響は出てしまうでしょう。

そう言ったことがなく、純粋な男女間の友情が成立する条件としては身体の関係を持たないということがありますね。

酔っているときであったとしても、相手とはセックスはしないようにしてください。

同性の友人同士では滅多にそのような関係になることがないので心配ないかもしれませんが、男女間の関係の場合には、理性を失っているときには少し危ない状況になりますよね。

友情の在り方を考えたときに、しっかりと「男女」としては一線を引いておくことが大切です。

男女の友情は100%ではないが成立する!(まとめ)

 いかがでしたか?
 男女間の友情を成立させるのは、そう簡単なことではありません。

人間は自分のことをよく知っている人間に惹かれるものですから、相手のことを知れば知るほど、友情以外の感情が生まれてきてしまう可能性が高いのです。

ですが、だからと言って男女間の友情を成立させることが不可能であるわけがありません。

世の中には、男女間でありながら、同性同士よりも深い友情を築いているケースがあります。

つまり、男女の友情は成立することもあるということです。

そのためには、お互いに気を遣っていなければいけない部分もありますし、振る舞いが同性同士のそれとは少し変わってしまうこともあるでしょう。

そう言ったことをきちんと頭に置いておく必要は絶対にあるはずです。

ただ、そう言ったことに気を遣っていれば、男女間の友情を成立させるのもそう難しくはないでしょう。

もちろん、相手が恋愛対象内に入っているのであれば、友情が成立するのは100%とは限りません。

ですが、同性同士であったとしても、友情というのは脆いものですから簡単に崩れてしまいますよね。

それを考えると、男女間の友情であったとしても、少し気を遣うだけで同性同士のそれと変わらないくらいの友情を築くことができるのではないでしょうか。

男女間の友情だからと言って諦めるのではなく、気の合う友人といつまでも友情を継続するために、少し自分の振る舞いに気をつけてみると良いでしょう。