最近、友達がいない人が増えているんだとか。

それは、ネットの普及によって現実でのコミュニケーションが少なくなってしまったことなど、様々な原因が言われていますよね。

しかし、付き合っている恋人が友だちがいない彼女だと知ったら、一体どう感じるのでしょうか。

付き合ったばかりだと、彼氏に引かれてしまうのではないか、性格などに問題があると思われてしまうのではないか等、色々心配になってしまったりするかもしれません。

そこで今回は、自分の彼女に友達が少ないと知った男性の本音や、逆に友達が多い女性と付き合ったときに起こる問題点をまとめていきます。

実は友達が多くても少なくても、苦労する可能性があるのです。

友達いない彼女ってどう思う?なんだか心配……

人は『友達のいない女性』をどう思うのでしょうか?

引かれてしまったり、おかしいと感じられてしまったり、寂しい人のレッテルを張られてしまうか、別に個人の自由だから気にしないという人もいると思います。

世間の意見は色々と分かれますが、自分の彼女に友達がいないと知った男性の多くは、残念ながら引いてしまったり心配になってしまったりするようです。

もちろん中には別に気にしないという男性もいます。

さらに、彼女に対して愛情を強くしてくれるなんてこともあります。

男子絵は女性に対して『守りたい』という本能的な願望があるんです。

そのため、友達がいない→寂しい子、かわいそうな子→自分が守らなきゃという風に感じるんだそうです。

ただ、どの男性にも同じことが言えるわけではありません。

やはり多くの男性は、『何か問題があるのでは?』と思ってしまったり『引きこもりだったのかな?』などと心配してしまうんだとか。

友達いない彼女にはとにかく心配


彼氏に『友達がいないこと』を打ち明けたり知られてしまったときは、彼も気にしないと言ってくれるかもしれません。

しかし、いざ付き合っていくと色々と不安になってしまう機会もあるようです。

付き合っていくと様々なイベントやその先には結婚、なんてこともあると思います。

そうなったときに、友達がいない彼女の状況に直面して、引いてしまったりがっかりしてしまうこともあるかもしれません。

そんな心配をずっと抱えていくのも不安ですよね。

彼氏に引かれる?

友達のいない女性にとって一番の心配事が、彼氏に引かれてしまわないかどうかだと思います。

ただ、多くの男性は少なからず引いてしまうかもしれません。

いくら友達がいないと言っても、さすがに一人くらいはいるだろうと考える男性が多いようです。

そのため、本当に一人も友達がいないとなると、さすがに何か問題があるのでは…と思ってしまうんだとか。

しかし、中には問題があろうとなかろうと今目の前にいる彼女を信じるという男性ももちろんいますので、そんな彼氏だと信じることも必要かもしれません。

若者は特に友達が少ない人が多い

はじめにもご説明しましたが、昔よりも友達のいない若者が増えているのです。

それはネット社会が普及して、現実世界でのコミュニケーションの機会が少なくなってしまったことも、原因の一つだといわれています。

たしかに昔は携帯をもっていても、電話やメールなどの最低限のものでしたが、最近では調べものやSNSなど生活の中心にネットがありますよね。

なので、最近の若者はリアルの世界での人付き合いよりも、ネットやSNS上での人間関係を優先してしまう傾向にあるんだとか。

男性は友達いない彼女のことをどう思う?

ここまで、友達のいない彼女のことを心配する男性のことを紹介してきました。

ですが、正直心配だけではないと思います。

心配のなかにも、どんなことを心配しているのか不安に思っているのかなどが分かれば、弁解したり、中には改善できることもあるかもしれません。

また、なんとも思わないと思っている男性も、ふとしたタイミングで疑問に思ったり、心配することが出てくることもあるでしょう。

それが一体どういったものなのか、ここからご紹介していきますので、参考にしてみてください。

きっと意外な本音もあると思います。

正直引く…

一番に出てくるのは、やはり正直引いてしまうというものです。

出会ったり付き合ったりしていくまでに、どんな人間関係を築いてきたかは友達を見たら分かる部分もありますよね。

その友達がいないとなると、過去に何かあったのかな?と勘ぐってしまう男性もいるんだとか。

もしかしたら今友達がいないのには、仕方がない事情があるのかもしれません。

人によって理由は様々だと思いますが、それは話さなければ分からないはずです。

もし、どうしても仕方ない理由があるのだとしたら、話しにくいことかもしれませんが、勇気を出して彼に話してみるのもいいかもしれませんよ。

あなたが正直に話してくれたことに対して、彼はあなたをもっと愛しく思ったり、これからは自分が守ってあげたいと思ってくれることだってあると思います。

訳ありなのかな?


今まで生きてきた中で友達が一人もいないというのは、やはり多くの人からは不思議に思われるものです。

そんなときは、何か特別な理由でもあったのかな?と考えるのは当然のことかもしれません。

学生時代からの友達が周りにいないのには、色々な理由がありますよね。

たとえば昔から転勤ばかりだったり、上京してきたので地元の友達とは疎遠になってしまったり。

また、引っ込み思案で臆病な性格だったり、悲しい過去を引きずっている人など。

一言『友達がいない』と言っても、その理由を話したら、彼は理解を示してくれるかもしれません。

もし仕方ない理由があるのであれば、タイミングを作って話してみるのも手です。

付き合っていく中でこういった疑問をいつまでも抱えたままでは、あまり良いことではありません。

もしかしたらどこかで分かってもらえる機会があるかもしれませんが、もし可能であれば正直に事情を話すことも考えてみてもいいと思います。

人付き合いが悪いのかな

心配の中には人付き合いが悪いのではないかと思ってしまう男性も。

たしかに、どんなに仲の良い友達だったとしても、遊びに誘ってもそのたびに断られていれば、友達はどんどん離れていってしまうかもしれません。

仕事が忙しかったり、遊べない理由は色々とあるでしょう。

しかし、自分の彼女が人付き合いが悪いと、将来的に自分の親戚との付き合いや子供ができたときの親同士の付き合いなど、問題なくクリアしていけるのか不安になってしまったりするんだそうです。

学生時代の友達などは、環境が変わるとどうしても疎遠になってしまうことも多いのではないでしょうか。

学生の頃は、毎日のように一緒に授業を受けたり部活動に励んだり、喧嘩をしても嫌でも顔を合わせなくてはいけないし、その中で友情を育んでいったと思います。

しかし、環境が変わって毎日会わなくなると、新しい友達もできて遊び相手も限定されていってしまった経験もあるのではないでしょうか。

こういった環境の変化の繰り返しで、ふと気が付いたときに友達がいなくなっていたなんてこともありますよね。

そういったことは彼に話せばきっと分かってもらえると思います。

もし、このような事情で友達と疎遠になってしまって、現在友達がいない状況なのであれば、これから誘われたら頑張って行くようにしましょう。

そうすることで、当時仲良かった友達以外に新しい友達の輪ができるかもしれませんし、友達がいない環境を打破することは不可能ではないと思います。

結婚式どうするんだろう?

年齢を重ねていくと、付き合うことで結婚までを考える人女性は多いと思います。

実はそれ、男性にも同じことがいえるのです。

周りが結婚をし始めると、自然とそろそろ自分も…と考える男性もいるでしょう。

そんなとき、この彼女と結婚したときに結婚式はどうなるんだろう?と心配になる男性もいます。

たしかに結婚式というのは、親戚や仲の良い友達などお世話になった人を招待するものです。

そこに友達がいないということに対して、不安を覚える人も。

結婚式に出席するようになれば、自分のときを想像することももちろんあるでしょう。

そのときに新郎側の友達はたくさんいるのに、新婦側の友達が一人もいないなんて…と、思う人もいるんです。

女性は結婚式に対して、招待客よりもウエディングドレスや食事、雰囲気などを重視する傾向にありますよね。

それに対して男性は、友達よりも大きな式にできるか、たくさんの人を呼べるかなど、回ありの人に対しての見栄えなどを気にしたりする人もいるんだそうです。

友達いない彼女と結婚できない!

極端な場合、友達のいない彼女とは結婚できないなんて考えの男性も。

結婚式の場は、自分の親戚に対して妻となった彼女を紹介する場でもあります。

そんなとき、奥さんが友達が一人もいないなんて…と思う人もいるでしょう。

もし、彼の気持ちが絶対なのであれば、友達を作るか付き合いを続けていくか考える必要があると思います。

しかし、できることなら友達がいないことでお付き合いがダメになってしまうなんて避けたいですよね。

ただ、結婚式は何も絶対に友達や上司を呼ばなくてはいけないわけではありません。

親戚やごく身近な最低限の友達を呼んで、アットホームな披露宴だっておかしくはないのです。

そして、二次会を新郎の友達のみ呼んで新婦お披露目パーティーにする人だっているので、友達がいなくても結婚式はできると教えてあげることも手だと思います。

執着されそう

友達がいないとなると、仕事などの時間以外ずっと一緒にいなくてはいけないのかなと、執着されそうで心配という人もいるんです。

たしかに友達がいれば、仕事が終わったあとや休日に飲みに出かけたり遊びに行ったりすることもあるでしょう。

しかし、その全部の役割を自分がしなくてはいけないのでは?と不安に思う人もいます。

どこか出かけたい場所があったり、気分転換したいときに彼氏しかいなかったら、ついつい彼氏ばかりになってしまうのも仕方のないことです。

ただ、彼には彼の時間も必要なはずです。

彼の友達との時間や、彼女とは違う男同士の付き合いでしか発散できないものもあります。

そんな彼だけの時間がなくなってしまう心配をする男性もいるんです。

めんどくさい

男性とは基本、めんどくさがりです。

仕事で疲れているから、休みの日はなるべくゆっくりしていたいと思ったり、映画やゲームに没頭したいときもあるはずです。

ただ、女性は休みの日はどこかに出かけたいですよね。

買い物に行ったり、どこかに二人で出かけてプラプラするだけでも楽しいと感じると思います。

そんなときに友達がいれば、そのいくつかは友達と行ってくれるものを、全部彼氏と一緒にという風になってしまっては、彼もめんどくさいと思ってしまう可能性ありです。

本音を言ってくれているのかな?

友達がいないということは、人と上手く付き合えないのかな?過去に何かあったのかな?など、考えてしまうことは様々です。

ただ、その中でどうしても考えてしまうのが、自分に対しては本音で向き合ってくれているのかな?ということではないでしょうか。

友達が一人もいないと、何かしら問題や原因を考えてしまうのも無理はありません。

その中で仮に辛い思いをしていたら、それ以降の人間関係を上手に築けないのでは、と考えたり、なかなか踏み込めないんじゃないかと考えたり、色々と憶測されてしまうと思います。

そんなときどうするかは一つしかないかもしれません。

誠心誠意本音で向き合い、あなた自身を信じてもらうことです。

もちろん言葉で伝えることも大切ですが、心から思うことできっと彼にも伝わるのではないでしょうか。

彼女は周りからどう思われているのかな?

男性は周りの目を気にするものです。

自分の前では何も問題はなさそうな良い子なのに、もしかしたら友達の前ではものすごい悪態をついたり、性格に問題があって、周りからの評判が悪いのではないかと心配になることもあります。

また、友達がいないことで男に依存して生きてきたのではないか、なんてあらぬ想像までしてしまうんだとか。

男性の中には女友達がいない子は彼女としてNGなんて考えている人もいます。

そういった男性は、自分の目で見ているあなただけでなく、友達がいることでみんなに好かれている良い子だと判断するようです。

たしかに女性の中には、彼氏の前と女友達の前で態度がガラッと変わる人もいますよね。

そのため、過去にそういったことを目の当たりにしていると、自分の目で見ているあなただけでなく、周りの評価などを気にする男性もいるそうです。

信用できない

男性の中には、友達のいない女性を信用できないとまで考えている人もいます。

同性の友達の多さで、あなたの人間性の良さを判断している男性もいて、人間性を判断するための同性の友達がいないということは、信用できないとしてしまう男性もいるんです。

あなた自身を見て判断してもらえないのは悲しいことですが、反対に彼に友達が誰一人いなかったら、あなたも不思議に思ってしまうかもしれません。

信用できないところまでいってしまうと、どうすることもできませんが、少なからず不安に思ってしまったり、疑問に思ってしまうのは仕方ないと思います。

ただ、同性の友達の評価を100%で考えることはないまでも、2人のコミュニケーションの上で他の人からの評価も大切に考える人も多いそうです。

これまでお互いに全く別の知らない環境で育ってきていたら、お互いの信頼をよりしっかりしたものにするために、自分が感じているあなたと、周りの友達からの評価を総体的に判断したい男性もいるはずです。

友達の信頼=彼女の信頼

これまで普通になんの問題もなく生きてきていたら、友達が一人もいないなんて何か問題があるはずと考える男性も意外といます。

そのため、友達がいない=信頼がない=彼女の信頼もないと繋がってしまうこともあります。

男性が全員そういったわけではもちろんありません。

友達と付き合うわけじゃないから、友達がいなくても気にしないという男性だっているんです。

あなたが付き合っていく彼がどういった彼かは分かりませんが、好きなら理解しようとする男性もいるそうです。

友達いない彼女は苦労するのは間違いなし!

男性によって様々な本音があるでしょう。

また、あなたの性格やあなたと彼の関係性によっても男性が持つイメージは変わってくると思います。

では、友達がいないことをマイナスイメージにとる男性は、どんなことを懸念しているのでしょうか?
もしかしたら以前にも友達が少なかったり友達がいない彼女と付き合って苦労した過去があるのかもしれません。

ここからは実際に男性が苦労しそうと考えていることをご紹介していきます。

もし、あなたが友達のいない女性だったとしても、こうなってしまわないか、彼にそう感じさせてしまっていないか考えてみてください。

ずっと一緒にいて疲れそう

まず男性が一番心配するのが、自分との時間ばかりになって、いつも一緒にいることになってしまいそうなことです。

女性は何をするにも彼と一緒にいたいと思う人が多いですよね。

しかし、男性には一人の時間や同性の友達との時間も必要なんです。

そのため、いくら好きな相手だったとしても別々の時間がないと疲れてしまうんだとか。

なので、仕事などの時間以外いつも一緒にいると感じたら、少し別々にいる時間も作るようにしましょう。

たとえば一人で家でゆっくりしたいと言ったり、仕事仲間と飲みに行くようにしてみたりするのもいいと思います。

そうやって別々の時間を作ることで、彼も気分転換ができ、お互いの関係もより良いものになるかもしれないですね。

コミュニケーション取れなさそう

友達がいないとなると、人との距離感やコミュニケーションに問題があるのでは?と考える男性もいるんです。

友達といると、色々なことを話したり遊んだりして楽しいときもあれば、意見の食い違いから言い合いや喧嘩してしまったりすることもあるでしょう。

しかし、そうした中で自分も成長して友情も深まっていきますよね。

なので、その経験がないかもと考えると、きちんとコミュニケーション取れるのか疑問に思ってしまうんです。

普段はコミュニケーションに何も問題はなかったとしても、喧嘩したり二人の間に普段と違うことが起きたときに、どうにもならなくなるんじゃないか、驚くような行動に出るんじゃないかと考えるのかもしれません。

たしかに何か自分に問題があって、友達がいない場合には、性格に問題があることも十分考えられますよね。

自分が悪かったとしてもなかなか謝れなかったりするんじゃないか等、色々不安に思ったりもするんだそうです。

性格に問題があっていろんな問題が出てきそう

普通に過ごしてきていればいるはずの友達がいないのは、実は性格に問題があるからなのだと考える男性も多いはずです。

女性に限らず、男性も初対面の人と仲の良い人の前では性格に多少の違いは誰にでもあるでしょう。

態度や言葉使いが違っていたとしても、根本的な性格は変わらないことがほとんどですよね。

しかし、中には同一人物とは思えないほど性格が変わってしまう人がいるのも事実です。

気になる男性の前では猫をかぶり、付き合いが長くなっていくうちにその化けの皮がはがれていくパターンです。

はじめは優しくても、だんだんわがままが過ぎて手をつけられなくなることもあるでしょう。

また、だんだんと変わっていかないにしても、何かあったときにとんでもない一面が出てきてしまうんではないかと考えてしまうんだそうです。

ネガティブ思考で一緒にいて楽しめない

友達がいないのは、引きこもりやオタク体質で、何かとネガティブ思考なんじゃないかと考えることもあります。

ネガティブ思考だと、何をするにもブレーキをかけられて、一緒に何かしても思い切り楽しめなさそうと考えてしまうんです。

何かをするとき以外にも、ネガティブ思考なだけで、人一倍落ち込んだり悩んだりする機会もあるかもしれません。

付き合っていくには、お互いがずっと好きでいる必要がありますよね。

しかし、ネガティブが続けばその気持ちが冷めてしまうことも。

なので、自分がネガティブ思考だなーと思ったり言われたりしたら、なるべくプラスに考えるように気を付けるだけで変わっていけるかもしれませんよ。

付き合っても友達に紹介しにくい

友達がいないとなると、自分の友達とも上手くいかないんじゃないかと考えてしまうようです。

普段から友達との付き合い方を見ていれば、自分の友達とも仲良くしてくれるんじゃないかなと感じ、友達にも自分の彼女を、彼女にも自分の友達を紹介したいと考えるのは、当然のことですよね。

また、友達に紹介したときに彼女を気に入ってもらえず、あまり好印象じゃなかったり、付き合いを反対されてしまったら、いくら気にしない男性でもギスギスしてしまったり、一歩引いてみてしまったりすることも考えられます。

そうしたことから、なかなか紹介しにくくなってしまうので、友達には『紹介してほしい』とせっつかれたりして、彼女のことがよく見えなくなってしまう可能性も。

繋がりがなさそう

彼の友達と仲良くなるためには、何かしらの繋がりがあるほうが早く仲良くなれるはずです。

そのため友達がいないことで、共通の趣味や好みや話題など、なんらかしらの繋がりも見つからなくて、ぎこちない微妙な空気が流れてしまうんじゃないかと不安が募ってしまったりすることも。

なので、友達がいなくても自分の趣味や知識など、様々なことに興味をもつようにしておけば、自然と彼氏も友達に紹介したいと思ってくれるかもしれませんよ。

だからといって友達が多い彼女も大変!

ここまで友達がいないと大変だという話をしてきました。

しかし実は、友達がいればいいわけでもないのです。

友達が多い彼女を持つ男性には、友達が多い彼女を持つ男性なりの苦労や不満が色々あるそうです。

男性は、ずっと一緒にいることにもストレスを抱えてしまいますが、あまりにも放置されることにも同様のストレスを感じます。

彼女にとって、自分が一番じゃないと嫌だという男性もいるんです。

最後に、友達が多い彼女を持つ男性が苦労する部分をご紹介していきます。

遊びまくって放置される

まず男性が不満を募らせることの一つが、多くいる友達と遊びまくって、自分との時間を作ってもらえないことです。

友達が多いのはいいことですが、その友達を大切にするあまり、彼氏との時間もほかの友達と同じかその合間に短時間会うというなんて付き合い方になってしまうこともあるんだとか。

また、中には誕生日は友達と過ごすことが毎年の恒例で、恋人である自分は当日祝えないなんてことがでてきてしまう人もいるようです。

友達が多く、人気者なのはとても良いことですが、恋人に寂しい思いさせてしまうのは良いことだとはいえませんよね。

浮気の心配がある

友達が多い彼女だと、同性の友達だけではなく、異性の友達も少なからずいるはずです。

そうすると嫌でも気にしてしまうのが、浮気かもしれません。

もちろんその友達との関係を疑ってしまうこともあると思いますが、友達と遊ぶとウソをついて浮気をしているのではないかと思ってしまうことも。

一度疑い始めてしまうと、なかなかその疑いを晴らすことができず、悶々としてしまって、付き合いにも支障がでてきてしまうことだってあります。

そうなれば、友達が多いことはプラスに働くだけとは言い難いと思います。

一人の時間の使い方が下手

友達が多い女性は、一人になることがなかなかありませんよね。

そのため、一人きりの時間の使い方が下手なことも少なくありません。

たとえば、一人でぼーっとすることができず、ついつい買い物に出かけて散財してしまったりすることも。

また、友達が多い人の中には寂しがりやな人もいます。

なので、思いがけず一人の時間ができてしまうと、ほかの男性に目移りしてしまった経験のある人もいるかもしれません。

その点、友達のいない女性は一人の時間の使い方には慣れているので、何か間違いを起こす危険性も少なく、安心できるなんて一面も。

いろんな友達を連れてきてデートができない

友達が多い女性の中には、彼氏を友達の輪の中に招きいれる人もいます。

そして、彼氏とのデートにも友達を連れてきたり、なかなか二人きりの時間が作れない状況に陥るカップルもいるんだとか。

そうなると、男性は面白くありませんよね。

たまに彼女の友達と遊んで自分も親交を深めることは嬉しいことなはずですが、それが毎回になると自分が彼氏として見られているのか不安になってしまうこともあるでしょう。

忙しくて時間が合わなくなる

友達が多い女性は、様々な友達との時間を作るので多忙です。

そのため、お互いに仕事をしていると、なかなか時間が合わなくなるなんてことも。

何人かの友達で集まる場合、比較的前もって予定を立てると思います。

しかし、彼との約束が全てそうだとは限りませんよね。

なので、たまたま仕事が早く終わって急に会えるようになっても、彼女は友達と飲みに行っていたり遊んでいるばかりだと、前もって予定を空けておかなければいけなくなるので、気持ちが高まったときに会えずに不満が溜まってしまうかもしれません。

友達が多いと何かと時間が持てず、もやもやしてまうこともあるでしょう。

そんな不満を持つこともあまり良いこととは言えなさそうですね。

このように、友達が多いことも一概に良いとはいえないのです。

あまりに友達が多いと、彼の気持ちが気が付いたときには離れてしまっていたなんてこともあるので、付き合いを続けていきたいのなら、色々と注意する必要があるかもしれません。

友達が少なくても多くてもメリットとデメリットはある

今回は友達がいない女性と付き合った男性の本音や心配事をまとめてきました。

友達がいないことには様々な理由があると思いますが、色々な憶測を生んでしまうことも考えなくてはなりません。

そのため、何か理由があって友達がいないのであれば、彼が色々な心配にぶち当たってしまう前に、正直に話してみるのも手だと思います。

もしかしたら、彼が理解してくれ、友達を新しく作るお手伝いをしてくれる可能性だってあるでしょう。

ただ、だからといって友達が多いのがいいわけでもありません。

友達が多いと、友達との時間がどんどん増えてしまい、彼との時間が上手に持てないなんてことだって大いにあります。

なので、友達がいないことを悲観しすぎず、前向きに考えてみてもいいと思います。

また、大人になっても友達はできるので、友達を作る努力をしてみるのもおすすめです。