CoCoSiA(ココシア)

気まぐれな性格をしている人の17個の特徴。どんな性格をしているか徹底的に解説!


あなたの周りに「気まぐれだな」と思う人はいますか?

いつも何を考えているかあまり把握できなくて、急に違うことを始めたりどこかに行ったりと、自由な振る舞いに翻弄されているという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、気まぐれな性格をしている人の17個の特徴をご紹介していきます。

気まぐれな性格の人と一緒にいるとストレスを感じることもあるかもしれませんが、自分の気持ちに正直に生きるその姿に羨ましさを感じることもしばしば。

普段真面目で秩序を乱さないようきちんと物事に取り組んでいるという人ほど、気まぐれな性格の人を少しマネして肩の力を抜いてみるのも良いかもしれませんね。

️気まぐれな人の性格の特徴17個

まずは気まぐれな人の性格、特徴についてご紹介していきたいと思います。

あなたから見て気まぐれな人ってどんな人を指しますか?

まとまった考えがなく、常に気分で行動するような人だとか、やりたい事がコロコロ変わるといった風な考え方を持っている人の事ではないでしょうか?

恐らくみなさんが考える事は大体があっているかと思います。

その中でも、特に多いとされる特徴についてそれぞれご紹介していきたいと思います。

気まぐれな性格だと、なかなか理解されるのが難しい面もあるかもしれませんが、それが面白い特徴の人もいますので、個性という事で理解を示してあげる事が大切ですよ。

それでは見ていきましょう。

1.素直


まず、気まぐれな性格の人は素直であるという事がいえるでしょう。

気まぐれな性格といっても、一番は自分がしたい事をしたいと思って行動をするからです。

となると、気まぐれな性格というのは自分自身がしたいと思っている事をするので、自分自身に素直な性格をしているといえるでしょう。

人によっては、自分自身がしたいと思っている事でも、周りのしがらみや、周りからの目などを考えて、したい事もできなかったりする人がいらっしゃるかもしれません。

でも、自分自身に素直な人間の人は常に自分に正直な気持ちでいられます。

自分自身がしたいと思っていることをそのまま実行できるので、第一に素直な性格をしているという表現を行う事が出来るでしょう。

気まぐれな人が身近にいる方、その方は素直な人ではないでしょうか?

なんだかんだいっても、自分がやりたくない事はしたくないし、したいと思った事はどんな状況でもする人ではないですか?

2.天然

周りから見て、気まぐれな人はけっこう天然と言われる事が多いように感じます。

天然の人ってけっこう何を考えているのかわからないと言われる事も多いようですが、自分のしたい事にけっこう忠実である事が多いようです。

また、あまり他人がどう思っているからこうしようとかを考えないタイプの人が多いようで、自分がしたい事をしっかりと行うようなタイプが多いかと思います。

周りからは何を考えているのかまったくわからないと思われがちかもしれませんが、実はしっかりと天然さんの中では考えて行動はしているようですね、ただやりたい事もコロコロ変わったりするので、周りから見て一貫性のない行動なども不思議にとらえられがちなのかもしれませんね。

【天然については、こちらの記事もチェック!】

3.周りを気にしない


気まぐれな人は周りの人がどうだからとか、周りがこう言っているからとかなどはあまり気にしない傾向があるようです。

考えてみると、気まぐれな行動をとるという事は、周りからどう思われようが気にしないから取れるという事に繋がると思いませんか?

一貫性のない行動や言動を取っている場合、おそらく周りからは一貫性がないという事は、きちんとした信念がない人なんだな、とか筋の通っていない人間なんだなといったマイナスの目で見られるという事を恐れていない傾向があります。

そんな目で見られるんじゃないかという恐怖よりも、自分がしたくない事をする恐怖の方が勝っているからこそ、そのような行動パターンが形成されるのだと思います。

それが周りからみて、一種の気まぐれの行動のようにも見えるという事にすぎないのでしょう。

でもある意味、自分に正直な生き方をしているので、あまりストレスを感じなく生きていけるという意味では非常に良い考え方が出来ているといえるでしょう。

4.気を遣わない

周りの目をあまり気にしないという事をお伝えしていきました。

その上で、あまり周りに気を使わないという特徴も兼ね備えているといえるでしょう。

なぜなら、例えば飲み会に誘われていたとして、気分屋な人はその日の気分で飲み会に行きたいか行きたくないか判断をするでしょう。

もちろん、みんなとわいわいしたかったり、好きな人が行ってたり、お酒を飲みたかったらいくでしょうが、特段好きな人もいない、お酒も特に飲みたくない、なんとなく今日は行く気分じゃないなと思ったらいかないでしょう。

周りに気を遣うタイプの人だと、それでも約束したんだし行かないといけないと責任感を感じてしまうかもしれませんが、気を使わない気まぐれな人はそれでも今日はキャンセルしますと何事もないかのように伝えるでしょう。

そういった所を含めて、周りに気を遣わない人が多いのではないでしょうか。

そもそも周りに気を遣う人の場合、あまり気まぐれな行動をとるという事自体が少ないかと思いますから。

5.空気を読まない

気まぐれな人はあまり空気を読まないタイプが多いようです。

先ほどもご紹介した通りなのですが、気遣いをする人は、周りがどういう風に思うだろうかという事をしっかりと考えたり、心配したりするからこそそのような行動を取ったりします。

反対に、気まぐれな人はそのような変な気遣いだったり、色々細かい事を考えたりする事は少ないかと思います。