あなたの周りにも気まぐれな性格の人って一人や二人くらいいませんでしたか?
まさに自分自身がそうという人もいれば、私の友達にいるなぁ、と感じる人もいるかと思います。

あなたは気まぐれな人を見てどう感じますか?
気まぐれな生き方を羨ましいなぁと思って見ている人もいれば、筋が通っていなく、あまり好きではないと感じる人も中にはいらっしゃるかもしれません。

人それぞれ感じ方や受け止め方は千差万別ですよね。

今回はそんな気まぐれと言われる人の性格についてご紹介していきたいと思います。

きまぐれな性格だと言われる様々な特徴であったり、考え方についてまとめてご紹介していきたいと思いますので、是非周りにいる気まぐれな人を想像して考えてみてください。

もしくは、自分が当てはまっているのであれば、もしかすると自分が知らないだけで、周りから見るとけっこう気まぐれな性格をしていたかも…という事も判明したりするかもしれませんので楽しいかもしれませんよ。

では見ていきましょう。

️気まぐれな人の性格!特徴17個

まずは気まぐれな人の性格、特徴についてご紹介していきたいと思います。

あなたから見て気まぐれな人ってどんな人を指しますか?
まとまった考えがなく、常に気分で行動するような人だとか、やりたい事がコロコロ変わるといった風な考え方を持っている人の事ではないでしょうか?
恐らくみなさんが考える事は大体があっているかと思います。

その中でも、特に多いとされる特徴についてそれぞれご紹介していきたいと思います。

気まぐれな性格だと、なかなか理解されるのが難しい面もあるかもしれませんが、それが面白い特徴の人もいますので、個性という事で理解を示してあげる事が大切ですよ。

それでは見ていきましょう。

1.素直


まず、気まぐれな性格の人は素直であるという事がいえるでしょう。

気まぐれな性格といっても、一番は自分がしたい事をしたいと思って行動をするからです。

となると、気まぐれな性格というのは自分自身がしたいと思っている事をするので、自分自身に素直な性格をしているといえるでしょう。

人によっては、自分自身がしたいと思っている事でも、周りのしがらみや、周りからの目などを考えて、したい事もできなかったりする人がいらっしゃるかもしれません。

でも、自分自身に素直な人間の人は常に自分に正直な気持ちでいられます。

自分自身がしたいと思っていることをそのまま実行できるので、第一に素直な性格をしているという表現を行う事が出来るでしょう。

気まぐれな人が身近にいる方、その方は素直な人ではないでしょうか?
なんだかんだいっても、自分がやりたくない事はしたくないし、したいと思った事はどんな状況でもする人ではないですか?

2.天然

周りから見て、気まぐれな人はけっこう天然と言われる事が多いように感じます。

天然の人ってけっこう何を考えているのかわからないと言われる事も多いようですが、自分のしたい事にけっこう忠実である事が多いようです。

また、あまり他人がどう思っているからこうしようとかを考えないタイプの人が多いようで、自分がしたい事をしっかりと行うようなタイプが多いかと思います。

周りからは何を考えているのかまったくわからないと思われがちかもしれませんが、実はしっかりと天然さんの中では考えて行動はしているようですね、ただやりたい事もコロコロ変わったりするので、周りから見て一貫性のない行動なども不思議にとらえられがちなのかもしれませんね。

3.周りを気にしない


気まぐれな人は周りの人がどうだからとか、周りがこう言っているからとかなどはあまり気にしない傾向があるようです。

考えてみると、気まぐれな行動をとるという事は、周りからどう思われようが気にしないから取れるという事に繋がると思いませんか?
一貫性のない行動や言動を取っている場合、おそらく周りからは一貫性がないという事は、きちんとした信念がない人なんだな、とか筋の通っていない人間なんだなといったマイナスの目で見られるという事を恐れていない傾向があります。

そんな目で見られるんじゃないかという恐怖よりも、自分がしたくない事をする恐怖の方が勝っているからこそ、そのような行動パターンが形成されるのだと思います。

それが周りからみて、一種の気まぐれの行動のようにも見えるという事にすぎないのでしょう。

でみある意味、自分に正直な生き方をしているので、あまりストレスを感じなく生きていけるという意味では非常に良い考え方が出来ているといえるでしょう。

4.気を遣わない

周りの目をあまり気にしないという事をお伝えしていきました。

その上で、あまり周りに気を使わないという特徴も兼ね備えているといえるでしょう。

なぜなら、例えば飲み会に誘われていたとして、気分屋な人はその日の気分で飲み会に行きたいか行きたくないか判断をするでしょう。

もちろん、みんなとわいわいしたかったり、好きな人が行ってたり、お酒を飲みたかったらいくでしょうが、特段好きな人もいない、お酒も特に飲みたくない、なんとなく今日は行く気分じゃないなと思ったらいかないでしょう。

周りに気を遣うタイプの人だと、それでも約束したんだし行かないといけないと責任感を感じてしまうかもしれませんが、気を使わない気まぐれな人はそれでも今日はキャンセルしますと何事もないかのように伝えるでしょう。

そういった所を含めて、周りに気を遣わない人が多いのではないでしょうか。

そもそも周りに気を遣う人の場合、あまり気まぐれな行動をとるという事自体が少ないかと思いますから。

5.空気を読まない

気まぐれな人はあまり空気を読まないタイプが多いようです。

先ほどもご紹介した通りなのですが、気遣いをする人は、周りがどういう風に思うだろうかという事をしっかりと考えたり、心配したりするからこそそのような行動を取ったりします。

反対に、気まぐれな人はそのような変な気遣いだったり、色々細かい事を考えたりする事は少ないかと思います。

なので、基本的にそこまで細かい事を考えないので空気を読んだりするという事もあまりしないかもしれません。

もちろん、あまりにも重大な事であれば多少は考えて行動をするかもしれませんが、一般的に小さな問題の場合だと、そこまで考えて行動をする事は少ないかもしれませんね。

悪い意味で見ると、協調性がないかもしれませんが、良い意味で見ると、きちんと自分の考えをもって行動をしている、素晴らしい人間性だと思われます。

6.感情が読めない

気まぐれな人は天然な人であるという事をご紹介していきました。

天然な人って感情などあまり読めない事が多くなかったですか?
あなたの周りにいる天然な人を思う浮かべてみてください。

感情が読めない人って周りにいませんか?
もちろん、泣いたり笑ったり嬉しがったりなど人間ですから、当然しますが天然な人ほどちょっとその差が一般的な人と比べて乏しかったりしませんか?
感情が読めないからこそ、何を考えているのかわからづらかったりするのかもしれません。

だからこそ、天然と呼ばれるなど、それぞれが密接な関係を持っており、ひとくくりにしてそう呼ばれているのかもしれませんね。

7.自由に生きている

気まぐれな人は、そのままの意味ですが、本当に自由に生きているといえるでしょう。

なぜなら、自分がこうしたいと考えたり、思っている事を忠実に行おうとする人間性なので、自分に正直に生きているという事なのです。

変なしがらみをもって、ああしなきゃ、こうしなきゃといった面倒な事を考えたりはせずに、自分がしたいと思っている行動をしっかりと行えるので、行動力もあり、実現力もあるといえるでしょう。

自由に生きている分、何かをやらされているという事はあまり少ないのではないでしょうか、そうなるとストレスフリーな生き方をしているとおも感じ取れますし、幸せな生き方をしているという判断も出来ます。

あまりにも縛られて生きている、自分のしたい事が出来ていないと感じる方は少しこのきまぐれな生き方、考え方から学んで行動をしてみる事も非常に有意義かもしれませんよ。

8.気分の振れ幅が大きい

気まぐれな人ほど、それだけ自分の気分というものが非常に大事であるという事がお分かりいただけたでしょうか?
自分がしたいと思っている事はどんな事があってもしたいでしょうし、したくないと思っている事はどんな事があってもしたくないという事に繋がるのでしょう。

その思いが強いからこそ、周りからどう思われようとも自分がしたいと思った行動をとる事が出来る事に繋がるのではないでしょうか。

なので、気まぐれな人はそれだけ気分の揺れ幅が広い、大きい人間であるという事をしっかりと覚えておきましょう。

9.感情のコントロールができない

感情のコントロールが出来ない人が多いように感じるのが、もちろん急に泣いたり、暴れたりといった子どものような事を指し示すのではないですが、一般的な大人の人に比べた時に少し感情が薄い人だとか、感情が激しい人はいるかと思います。

そういった人達のような感情の出し方をするという意味なのですが、周りにそのような感情のコントロールが少し激しい人だったり、むしろあまり感情を出したりする事自体が苦手な人っていませんでしたか?
そういった人で、なおかつ気まぐれな人はこのような特徴を持っている可能性があるといえるでしょう。

10.日によってキャラが違う

気まぐれな人は行動であったり、はたまた性格まで少し変わってしまうという人も中にはいらっしゃるかもしれません。

その行動の一つとして、日によってキャラが違ったりするという事です。

何かに影響をされてそういう性格になりたいという変化を受けたりだとか、今日はこういう自分でありたいとかそういった様々な事を受けて、理想の自分になりたいからなのかもしれません。

そういった影響を受けやすいという事も含めて、気まぐれな性格だからこそ起こり得ている事なのかもしれませんね。

なので、気まぐれな人ほど、日によってキャラが変わっている可能性もありますので、ちょっと違うなと感じてもあまり気にするべき事ではない事をしっかりと覚えておきましょう。

11.楽天家

気まぐれな人ほど、あまり深刻に物事を考えない傾向があります。

先ほどご紹介した通りなのですが、あまりこういう事をして周りからこういう風に思われたらどうしよう…といった心配などをしない事からもわかるように、そこまで深く物事を考えないようしています。

なので、気まぐれな人は基本的に楽天家な人が多く、なんとかなるという精神を持っている人は多いように感じます。

これも一概に悪いという事ではなく、少しくらい余裕をもって物事を考える、行動をする事が出来るので、しっかりと自分自身の行動力を制限する事なく行動出来るという事も非常に良い事であるといえるでしょう。

12.言うことがコロコロ変わる

気分屋だという事もあり、基本的にいう事などもコロコロ変わったりする事が多いでしょう。

あなたの周りにもこの特徴に関しては天然、気まぐれというキーワードに当てはめなくてもいる人はいるのではないでしょうか?
昨日こう言っていたのに、今日はああいっているというような、矛盾したような考え方、行動の仕方をしている人はおそらく一人や二人はいたのではないかと思います。

それが相手に対して迷惑をかけるような事であれば、本当に見ていても不快感を感じるかもしれませんが、特に問題ない事に関しては許容範囲かと思います。

具体的にどういう事がコロコロ変わるのか?という事を少しご紹介していきたいと思いますので、周りの人のこういう言動をする人がいないか確認してみてくださいね。

では見ていきましょう。

食べたいもの

これはけっこうあるかもしれませんが、食べたいものが次から次に変わっていくという人ですね。

例えば、最初はごはんが食べたいと言っている人が、急に途中からパンが食べたいと言い出したり、洋食と言っていたのに中華とか、まったくジャンル違いの食べ物が食べたいと言い出した時には非常に大変ですよね。

これはケースバイケースかもしれませんが、食べたいといった人に合わせて店まで決めたのに文句を言うのはルール違反ですし、気持ちが良いものではないですよね。

なので、きちんと状況に沿って、しっかりと発言を行う事が大事であるという事を覚えておきましょう。