「したたかな女だな」なんて、よく男性が女性に対して使う表現ですよね。

男性から女性に対して“したたか”と言う言葉を使う時、基本的には皮肉交じりの嫌味として言っていることが多いように思います。

主に「計算高い女」に対して、“したたか”を使いますよね。

それを言われる女性側は…やっぱり嫌味なので、良い気分では無い。

と思われる一方で、「ブス」と言われるほどのショックは受けていないのではないでしょうか。

筆者も女性ですが、場合によってはむしろ褒め言葉として受け取ってしまうかも(笑)
まぁ直接言われるというよりは、陰で言われることの方が多いとは思いますけどね。

でも「したたかな女」っていう表現は、「男勝り」って言われる感覚と似ている気がするんですよね。

女性に対して男っぽいって、本来褒め言葉では無いんだけれど、場合によっては女性としての強さを認めてもらえたようで嬉しくなったりします。

計算高い女として「したたかだ」って言われたとしても、計算を行っている自覚のある女性からしたら「バレちゃったか~」くらいの感覚なのかもしれません。

あなたの周りにもいる、したたかな女性たち

女性って、したたかさを身につけている人が多いと思います。

程度の問題もあると思いますが、あなたの周りの人を見てみても、したたかな女性ってパッと思い浮かぶんじゃないでしょうか?

ただ“したたか”っていう言葉、本来の意味とはちょっとズレて使われている面も多いみたいなんですよね。

計算高いことをしたたかというのは、近いけど正確な表現ではないんです。

筆者も、したたかの意味って分かっているようで分かっていなかったように思います。

性格や性質を表わす表現って本当に沢山あって、似ている言葉でも微妙にニュアンスが違うんですよね。

ですので今回は、“したたか”という性質がしっくりくるのはどんな人なのかっていうことも、詳しく調べてみたいと思います。

1. 「したたか」の意味


「したたか」の意味を調べてみると、“粘り強く、他の圧力に屈しない”や、それによって“手ごわい”ことなんですよね。

また、“強くて勇猛”なんて意味としても解説されています。

計算高いという意味は解説されていないので、計算高い女性に“したたか”というのは、ぴったり当てはまる表現ではないと言えます。

ただもっと意味を調べ見ると、“程度がはなはだしい”なんて意味としても解説されている言葉なので…嫌味として使われる場合は、この意味合いが強いのかもしれません。

また、計算高いってことは“手ごわい相手”ってことにもなるし、計算で動ける女性を男性から見ると“強い”と言えないことも無い。

そんな意味が混じりあって、計算高いような女性に対して「したたか」と言うようになったのかもしれませんね。

言葉って、良い側面と悪い側面を持っているもので、使う本人がどんな気持ちを乗せて使うかによって、意味合いが大きく変わってしまうんですよね。

たとえば「したたかに生きる女性」って言う表現も、どんな気持ちで発信された言葉なのかによっては、褒め言葉にも皮肉にもなります。

「したたかな女性」と言われて悪い気がしない女性がいるのも、良い側面で捉え、褒め言葉として受け取っているからなのかも。

ある意味プラス思考!嫌味で言ってもプラス思考で捉えちゃうようなところも、したたかと言えるのかもしれませんね。

2. 漢字で書くと?

因みに“したたか”を感じで書くと、“強か”となります。

漢字を見ても分かるように、強さを表わす言葉として使う方が、正しい使い方。

筆者が感じている「男勝り」と言われた時と同じような感覚っていうのは、したたかを本来の意味で捉えていたからなのかも。

だけどもちろん、嫌味で使われるということも知っています。

結局は、使う本人の気持ち次第で意味合いは変わってくるので、その言葉のニュアンスをどう受け取るかっていうことが、重要なんですよね。

つまり、空気が読めるかどうかってことなのでしょう。

でもしたたかな女性なら、空気を読んだうえでも尚、したたかでいられるのかもしれませんね。

それだけ手ごわい相手ってことです。

筆者自身は、したたかさってあるような無いような…。

でも、したたかさは身につけていきたいって思いますね。

男性に「したたかな女だ」って言われるくらい(笑)
したたかさを持って、生き抜いていける女性でありたいって思いの方が強いですから♪

3. したたかな女性になってしまう原因


最初にもお話した通り、“したたか”って基本的には女性に使われる表現ですよね。

女性は弱いものというイメージからも、強さを示すしたたかという言葉は、男性から見て女性らしくない強さをもった女性に、使われるようになったのかもしれませんね。

そんなしたたかな女性たち。

“粘り強くなかなか屈しない”という意味でも、男性の使う“計算高い”という意味においても…彼女たちはどうしてしたたかさを身につけるに至ったのか。

したたかな女性でありたい筆者としても、とっても気になるところです。

したたかという言葉にいろんな側面があるように、したたかな女性たちの背景にも様々な側面があるみたい。

ここからは少し、したたかな女性の背景を探ってみましょう。

1. 育った環境が貧しかった

したたかな女性になった人の中には、育った環境が貧しかったということが原因になっている場合があるようです。

人の性格や性質って、子供のころからの育った環境が大きく影響していることって多いんですよね。

置かれた環境の中で感じてきた思い、それに、性格が形成されていくにあたっては、親の性格や行動が影響するものです。

親のことが嫌いで、親のようにだけはなりたくないと思っていたとしても、大人になってみれば自分も同じような性格になっていたってことは、よくある話なんですよね。

だって子供からしたら、一番身近な人をお手本とするしかないのですから。

育った環境が貧しかった場合、それによって我慢したことや、嫌な思いをしたことも沢山あったでしょう。

でも、したたかという言葉を、“生き抜く強さ”という良い意味で捉えるのなら、貧しい環境に育ったからこそ身に付いた強さとも言えます。

それは大人になってから、女性が世の中を渡り歩いていく上で、必要なスキルでもありますよね。

2. 人に騙された経験

また、人に騙された経験から、したたかな女性になる場合もあるようですね。

育った環境もそうですが、人は経験の中でいろんなことを感じ取り、いろんな思いをして成長していくものです。

人に騙された経験がある場合は、その経験からどんな思いを感じるかもまた、人によって違い、対応も変わってくるでしょう。

この経験でしたたかさを身につけていった女性は、負けたような悔しさを強く感じたのだと思います。

悔しさを感じれば、「もう騙されるようなことは絶対にしない」と強く決心するでしょうし、負けた悔しさから逆に、「自分が騙す側の人間になってやる」というような気持ちも沸いてくる。

そうやって、したたかに生きることを決意するのです。

もともと損得勘定が強い人は特に、騙された経験によってこういった感情の動きになりやすいのでしょうね。

人に騙される経験があっても中には、したたかさを身につけるに至らない人だっています。

「相手の為になったのなら」という利他精神の持ち主だったり、ただただ現実を受けとめられずに悲しむばかりの人なら、したたかさを身につけるような反骨精神は沸いてこないでしょう。

自分の経験からしたたかさを身につけていく女性は、もともと強さを持った女性でもあるのだと思います。

ただ、騙された経験から自分が騙す側へと発展していくのは、“したたか”の、程度がはなはだしいなんて意味に当てはまりますよね。

「もう騙されないように気をつけよう」くらいなら、経験から二度と同じ失敗をしないようにと学んだに留まりいいのですが…やっぱり程度の問題。

育った環境や性格によって、経験がどう生かされるのかも変わってくるのだと思います。

3. 執着心の強さ

したたかには、粘り強く他に屈しないという意味がありますよね。

そんなことからも、したたかな女性になった原因として、執着心の強さも挙げられています。

粘り強く屈しない強さは、どちらかと言えば良い意味。

社会で生き抜く強さを持った女性を意味すると思います。

ところが、執着心が強いというのが根本にあると、また少し意味合いは変わってきますよね。

粘り強さと執着心は、似ているようで違います。

粘り強さは、言葉を置き換えると“我慢強さや辛抱強さ”。

自分の中で耐える力で、どちらかと言えば自分との闘いです。

一方執着心は、“特定の物事に対する強い欲望”を持っていることを意味します。

粘り強さとは逆で、どちらかと言えば自分の欲望を押えることが出来ていない状態です。

だけどこの執着心が、したたかな女性になっていくベースになる場合もあるんですよね。

執着する物事への欲望を押えられないがゆえに、その欲望を叶えるためならなりふり構わない粘り強さを発揮するのかもしれません。

こういった女性が、計算高いとも言えるのでしょう。

計算高い女性がしたたかだと言われるのは、執着心が根本にあるからなのかもしれませんね。

4. 男勝りの気の強さ

したたかな女性になったのには、男勝りの気の強さが起因していることも。

筆者がしたたかと言われて褒め言葉と感じる、男勝り!
これが褒め言葉になるのかどうかは、発する側の思いや、受け取る側の感情によっても違うのでしょうね。

それでもやはり、女性は男勝りの気の強さくらい持ち合わせていないと、したたかにはなれないと考えると…女性の社会進出が加速化している今、褒め言葉にも成り得るように思います。

それに女性のしたたかさというのは、女性ならではの強さでもありますよね。

単に男勝りに強いというだけではなく、女性らしいしなやかさを兼ね備えた強さを持っているのが、したたかな女性なのではないでしょうか。

力任せに張り合う男性がいるなかで、しなやかに男性を出し抜いて勝ってしまう女性。

こんなところもまた、叶わないと思わせる強さを感じさせるだろうし、計算高くも見えるのかもしれませんね。

4. 必ずしもマイナスイメージではない

これまでにもお話してきた通り、したたかというのは必ずしもマイナスイメージではない言葉。

発信する側の気持ち、また受け取る側の印象によって、言葉の意味はいかようにも変化します。

まぁでも、「したたかな女」と言われる場合は、皮肉交じりのことが多いのかもしれませんね。

強さを認めつつも、「女のくせに可愛くない」なんて気持ちが乗せられているのだと思います。

また、したたかさにも程度がありますよね。

しなやかな強さを持った女性なら、したたかでも芯の強さをもった女性というような良いイメージですし、度が過ぎる執着心や下品にも見えてしまう計算高さを持った女性だと、したたかと言ってもイメージは悪くなってしまいます。

筆者が憧れるのは、女性らしいしなやかな強さを身につけた女性。

そうでありたいと願っている以上、「したたかだ」って言われたら喜んじゃいますけどね(笑)

したたかな女性の14個の特徴

ここまで、“したたか”の意味や、女性がしたたかになるその原因を見てきました。

したたかといっても、どんな意味合いで発信されているかは、したたかという言葉を使う人次第なんですよね。

女性は弱く儚いものだという固定概念から言えば、強さを表わすしたたかという言葉は良い意味ではないけれど、現代社会に女性が進出していくことを考えたら、したたかさも持っていなければ、男性と渡り合っていけません。

ですので、女性が社会進出することを良く思わない人達は、皮肉でしたたかという言葉を使い、女性を受け入れている人達は、褒め言葉の意味で使うのかもしれませんね。

また、したたかな女性と言われる人達の中にも様々なタイプがあり、したたかと言っても、そうなった原因によっては性質は全く別物だったりもするんですよね。

それでも“したたか”という一言に集約されれば、一緒くたにされてしまうしたたかな女性たち。

彼女たちには、どんな特徴があるのでしょうか?
ここからは、したたかな女性として挙げられている特徴をご紹介していきます。

1. 自己中心的

したたかな女性の特徴としてまず挙げられているのが、自己中心的だということです。

自己中心的というのは…あまりいい意味ではありませんね。

自己中心的な特徴を持っている場合、執着心が原因となったしたたかな女性であることが考えられますよね。

執着心とは、譲れない拘りがあるなど、自分の欲求によるものです。

強い執着心を持っている場合、その自分の欲求を満たす為になりふり構わず行動するので、周りが見えずに自己中心的になりやすいと思います。

良い意味でのしたたかな女性の場合、自己中心的というよりは自立心があると言った方がしっくりきます。

ひとりの自立した女性として、自ら行動や発信ができる強さを持っているということですよね。

自己中心的というのは、単に自分勝手でワガママなだけ。

他の特徴もあわさって、したたかな女性に自己中心的という特徴が挙げられるのだとは思いますが…筆者は、自己中心的な要素がある場合は、したたかとはちょっと違うようにも思えます。

でも、世の中言葉の使い方には正解があって無いようなものなので、こういった女性も、したたかな女性として認識されているということのようです。

2. 野心家

野心家というのも、したたかな女性の特徴として挙げられています。

これは、男性社会を強く生き抜く力を持った、したたかな女性に当てはまる特徴と言えますよね。

野心家の野心の意味は、“密かに思い描く大きな望み”。

昔から女性は、自分から動いたり新しい何かを発信しよう!というよりは、男性に従い、サポートをする役割であるという考え方をされてきましたよね。

ですので当然、野心を持とうなんて考えもしなかったでしょうし、「男性より前に出てはいけない」と、野心を持つことも許されない立場なんだって…認識している女性が多かったと思います。

そんな考えが払拭しきれていない今、女性の野心家っていうのは「女らしからぬ」と思われてしまうでしょうね。

女性“なのに”野心家であるということがまず珍しく、野心家という特徴を持った女性は、したたかな女性だと言われるのだと思います。

またちょっと面白いのが、野心の、“野生の動物が、人に馴れ服さず害を及ぼそうとする心”というもう一つの意味。

“粘り強く、他の圧力に屈しない”というしたたかの意味とも、共通するものがありますよね。

野生動物が女性で、人が男性と捉えることが出来ます。

男性にも屈さず、時には牙をむく強さを持った女性なんて、したたかな女性をよく表わしていると言えるのではないでしょうか。

女性にとって野性的っていうのは褒め言葉じゃないかもしれないけど、社会に出たら男女は対等。

社会の中での野心家っていうのは、決して悪いことじゃないと思います。

3. すぐ損得勘定をする

したたかな女性には、すぐ損得勘定をするっていう特徴もあるようですね。

したたかな女性になった原因として挙げた“人に騙された経験”の中でも、損得勘定があると逆に、騙す側にも発展していくこともあると指摘しました。

物事を損か得かという側面で見る人は、その損得勘定で行動が左右されるんです。

だから、騙されると損。

じゃあ騙したほうが得!という方向転換をしやすいと思うんです。

もちろんここに、良心が加われば歯止めがかかると思いますけどね。

損得勘定をする女性の場合、計算高いという意味でのしたたかさとなるでしょう。

感情に行動が左右されるのが女性という認識がされるなか、計算で動ける女性というのはある意味強くも見えるのかもしれません。

でもこの場合に「したたかな女」と言われる時は、「卑しい女」なんて気持ちを乗せて発信されている可能性も大きいでしょうね。

4. 他人を利用する

したたかな女性の特徴としては、他人を利用するなんてことも挙げられています。

他人を利用するということは、これもやはり計算高いという意味でのしたたかさなのでしょうね。

本来のしたたかさは、他人に屈しない強さがあるということで、他人を利用するという意味ではありません。

でも、他人を利用してでものし上がろうとする執念は、捉えようによっては野心家にも見えます。

どこで他人を利用することを身につけたかと言えば…育った環境が貧しかったことによる反骨精神が強く出たことや、人に騙された経験によって損得勘定をするようになったことと言えるのでしょうね。

ある意味賢く生き抜く術を身につけた女性が、計算高いしたたかな女性と言われるのでしょう。

5. 罪悪感の感性が低い

罪悪感の感性が低いという特徴も、したたかな女性にあるとされています。

自分がのし上がっていくためなら、他人をも利用することが出来たり、騙された経験から騙す側へとまわったり。

こういうことが出来るのは、罪悪感の感性を持ち合わせていないことが原因でもありますよね。

普通人は、いくら叶えたい野望や押えられない欲求があっても、人を騙したり利用したりしてまで自分の思いを優先することは出来ないものです。

それは、罪悪感が歯止めをかけるからでもあります。

そういった感性が根底にないと、自分に歯止めをかけてくれるものがありません。

もちろん罪悪感の感性が無いのがしたたかな女性とはなりませんが…
他人から見れば、人に良心を疑われようが、「罪悪感は無いのか」とののしられようが、自分の野望や欲求を優先するところに、図太さを感じるのものです。

その図太さが強さとも捉えられ、罪悪感の感性が低い女性をしたたかだと表現されるようになったのかもしれませんね。

6. 芯が強い

芯が強いという特徴は、したたかな女性といってしっくりくる特徴なのではないでしょうか?
したたかの本来の意味である“粘り強く、他の圧力に屈しない”のは、芯が強いとも言いかえられると思います。

芯が強い女性をしたたかな女性だと表現するのが本当は、したたかさの正しい使い方なんですよね。

自分の芯をしっかりと持っている女性は、他人の言葉に惑わされることなく、コロコロと発言が変わることもありません。

自分の大切にすべき信念がしっかり分かっていて、自分の中にある芯に従って行動します。

だから、他から圧力があろうが屈しない強さを持っているのです。

粘り強くて、他の圧力に屈しないというのは、ただワガママで頑固なだけのようにも思えますが、芯の強さを持っている場合は違います。

ワガママな頑固さは、自分勝手な欲求を譲れないだけ。

芯の強さからくる、粘り強さや圧力に屈しないさまは、広い世の中を正確に捉えた中でのもっと正当性のある信念です。

だから、男性から見ても叶わない強さをもっていると思われる、したたかな女性と言われるのです。

7. 自立している

したたかな女性の特徴には、自立していることも挙げられます。

これも、良い意味で、したたかが使われる場合の特徴と言っていいのではないでしょうか。

自立している女性というのは、ひとりで世の中を渡り歩いていける強さを身につけた女性です。

男性に頼ることなく、自分の足で立っていられるのです。

女性の社会進出が叫ばれる今、自立心というのは女性に求められる資質でもあるでしょう。

したたかに、それでいて女性らしく。

そんな女性は今、増えてきているのではないでしょうか。

【自立については、こちらの記事もチェック!】

8. 良くも悪くも知恵者

したたかな女性の、良くも悪くも知恵者という特徴。

知恵者というのは、ある意味では計算高さがあるとも言いかえられ、それが良くも悪くもと表現されるのだと思います。

でも、女性はどうしたって、力では男性に叶いません。

それでも太刀打ちするには、知恵が必要なんです。

知恵は、男性でも女性でも身につけられるもので、本人の努力と工夫次第。

力では叶わない男性に対しても、知恵で形勢逆転する可能性は大いにあります。

そんな知恵者の女性は、男性からしたら腕力で押さえつけることの出来ない怖い存在でもあるのでしょう。

知恵があるのは良いこと、でも男性の立場が危ぶまれる点では悪いこと。

そんな複雑な気持ちが入り混じって男性は、皮肉交じりに「したたかな女だ」なんて言うのかもしれませんね。

9. 二面性がある

したたかな女性には、二面性があるとも言われています。

これも、良くも悪くも…と言っていいのかもしれませんね。

計算高いという意味でのしたたかな女性には特に、二面性が現れやすいのだと思います。

損得勘定など、どう動くことで結果がどう変わるか、自分にとって有益になるのはどっちなのかって計算が働くと、行動に一貫性は見られません。

物事や相手によって、コロコロと態度や言動が変わるはずです。

その両面が見えてしまえば、二面性がある計算高い女だと思われて当然です。

例えば、男性の前と女性の前で態度を変えたりなど…。

女性には多いですよね。

一方、芯の強いしたたかな女性は、一本芯が通っているので二面性は無いようにも思えますが…それでも、社会で男性と対等になる男勝りな芯の強さがある一方で、女性らしい側面も持ち合わせているのが、したたかな女性なんだと思います。

他に屈することの無い強さを見せている男性的な人が、ふと女性らしい弱い一面をのぞかせる。

そんなところに惹かれる男性がいるっていうのも、また事実ですよね。

したたかではなくとも女性は、誰しも二面性を持ち合わせているのではないでしょうか。

10. 生命力が強い

したたかな女性の特徴としては、生命力が強いなんてことも特徴として挙げられています。

ここでいう生命力とは、単に長生きできる健康な身体の持ち主ってことではありません。

社会を生き抜くために必要な力で、それが知恵や能力となるでしょう。

もちろん、そういった生活を維持していくためには身体も大事。

なので、見た目にもある程度、体を鍛えて健康的であったりもするでしょう。

そして、何よりメンタルの強さですよね。

心が折れないことや、自立心があることが、メンタル面の強さを支えていると思います。

女性はか弱くて可憐なものであるというイメージを払拭し、パワフルに生きぬく生命力がある女性。

それが、したたかな女性と言えるのでしょう。

11. 心が折れない

したたかな女性には、心が折れないという特徴も言われています。

粘り強く、屈しない強さがあるのですから、心が折れないなんて特徴もあって当然ですよね。

どれだけ圧力をかけても、虐げられても…皮肉を言われても心が折れない。

それはある意味、誰にも太刀打ちできない強さなんだと思います。

12. 困難を力強く乗り越えられる

困難を力強く乗り越えられるという特徴があるのも、したたかな女性ですよね。

したたかな女性がしたたかになるのも、困難を乗り越えて力強く生き抜いていこうという願いがあるからなのではないでしょうか。

今この日本は、困難だらけです。

女性であっても、男性に頼り寄りかかっているだけでは生き抜いていくことが出来ません。

自立することを求められているのです。

特に女性は、子供を持てば自分の子供を守り抜いていかなければなりません。

それには、自分がしたたかにならざるをえない状況も多々あるでしょう。

自分ひとりじゃないと思ったら、女性は誰にも負けない強さを身につけます。

こういった、困難を力強く乗り越えられる女性が増えたことも、昨今の離婚率にも影響しているのかもしれませんよね。

13. 人間を観察する力がある

したたかな女性には、人間を観察する力があるとも言われています。

この辺りは、計算高さとも通じるところがあるのかもしれませんね。

自分の周囲を取り囲む人々を観察し、自分がどう動くべきかを判断する能力。

この判断が、損得勘定によるものなら計算高いと言えますよね。

また、芯の強い女性なら、自分の置かれた環境と、自分の信念を照らし合わせて正当性のある判断を下すのでしょう。

自己中心的な要素を持ち合わせているしたたかな女性だと、人間を観察したり状況判断の能力は無いと思われますが…したたかな女性は基本的に、周囲を観察し判断できる能力は高いと言えるのだと思います。

14. 相手によって態度を変える

先ほどの、二面性があるという特徴のところでも触れたように、計算高い意味でのしたたかな女性だと特に、相手によって態度を変えるという特徴があるんですよね。

計算高い人は損得勘定で動くので、その相手にどんな態度をとることが、自分にとってプラスに働くかって考えで動きます。

ですので、相手によって態度は変わってしまうんですよね。

また、計算高い人が特徴的なのは、その態度の差が激しいってことなのではないでしょうか?
人は誰しも、他人に良く思われたいって思いで行動することがあるはずです。

かといって、得の無い相手には真逆の態度を取るなんてことはしませんよね。

それをやってのけるのが、計算高い人のしたたかさとも言えるのでしょう。